体内バランス・不自然な生き方を整えていく

ウイルスや病原菌の感染によって起きる病気

病気は体内バランスが崩れ免疫系が正常に働かなくなったことから起きます。

免疫系がしっかりと働いてさえいれば、たとえ感染したウイルスや病原菌であっても一生涯 発症することもなく過ごすことが出来ます。

体内バランスが崩れる原因とはなんでしょう・・・

● 精神的ストレス (悩み、悲しみ、不安・・・)

● 肉体的ストレス (過労、睡眠不足、栄養不足・・・)

● 環境的ストレス (電磁波、低周波、農薬散布・・・)

● 毒素的ストレス (薬、添加物などの有害物質・・・)

どのストレスも、人間にとって不自然な生き方であり、体内のバランスを崩してしまうのです。

不自然な生き方は、がん細胞と闘うNK細胞(免疫細胞)を激減させてしまいます。

NK細胞が激減すると、がん細胞は増殖します。

病気の発生原因は、ウイルスや病原菌ではなく自分自身の内にあるということです。

不自然な生き方をしている自分に気付かなければ、病気をなおすことはできないのです。

というよりも、そもそも病気など存在しないのかもしれません。

バランスを崩したために起きた、からだの不調

だから、自分が気付いて整えていけばいいのです。

病気として扱えば、病人になっていきます。

まずは思い当たる不自然な生き方を見直してみませんか?

そして最も影響を与えるのは精神的ストレスです。

精神的ショックは、30%以上ものNK細胞を激減すると言われています。

NK細胞も自分でつくるもの

病気も免疫も自分次第ですね。

告知によってショックを受けている人も、NK細胞のためにも早く気持ちを切り替えてほしいと願っています。

私もそうでした。

そのとき、支えになってくれたのがプロポリスです。

そのプロポリスが多くの方のお役に立っていることは心から嬉しく思います。

明るく、おおらかな心で、前を向いて生きたいですね!

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った          女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

不安でたまらなくなったとき

不安でたまらなくなったとき

イライラがとまらないとき

腹式呼吸をしてみる

ゆっくり息を吐き出す腹式呼吸は、副交感神経の働きを高めます。

自律神経は、私たちの意思とは関係ないところで、勝手に交感神経と副交感神経を切り替えながら生きています。

このふたつの神経が上手にバランスをとることで健康は保たれます。

しかし、バランスが崩れると癌をはじめとした様々な病気が起きてしまうのです。

このバランスを整えるのが腹式呼吸です。

不安がつよくなったとき、イライラがとまらないときは、体が緊張状態になり、交感神経過剰になっています。

呼吸が浅く、酸素が少なくなっている状態です。

これを腹式呼吸で、深くゆったりとした呼吸で、交感神経過剰から副交感神経へとかわり、バランスをとっていきます。

呼吸は、吸うときに交感神経が優位になり、吐くときに副交感神経が優位になります。

お腹が膨らむように鼻から息を吸い、希望に満ちた喜びの思いで、がんがなおったとイメージします。

すでに成就したものとイメージすることが大事です。

そして吐き出すときは、吸い込むときの2倍以上の時間をかけ、お腹をへこませながら細く長く口から息を吐き出していきます。

悪いものをすべて吐き出すイメージをします。

気をつけることは、胸で息を吸い込んでいないか・・・

お腹の膨らみ、へこみを意識することです。

胸で息を吸うと、交感神経が優位になり、強い不安やイライラには逆効果になるため要注意です。

1回10〜20分の腹式呼吸を1日数回繰り返す

副交感神経が高まると免疫細胞が増え、がんなおしが優位になります。

何より、がんは酸素を嫌います。

たっぷりと酸素をとり入れたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った          女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

苛立ったときこそ・・・

世の中には、理不尽なことがたくさん

しかし、苛立ちをぶつけることは、天に唾を吐いているのと同じ

吐いた唾は自分に返ってくる

だから、苛立ったときこそ笑ってみる

笑顔に変えれた自分は素敵です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った          女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

寝るときは枕元から携帯電話を遠ざける

現代の生活では、携帯電話が手放せない存在となっています。

ですが・・・

この携帯電話をはじめとする電磁波が、体に大きな影響を与えているのも事実です。

電磁波とがんの関係も指摘されています。

携帯電話などから発生する高周波の電磁波について「発がん性の可能性あり」という評価結果を国際がん研究機関が発表しています。

24時間、肌身離さず持っている携帯電話も活性酸素をたくさん生み、体に大きなストレスを与えています。

寝るとき、携帯電話を枕元に置いていませんか?

寝ている間にも、活性酸素はどんど発生しています。

同じ部屋に置くなら、足元の方におくことをおススメします。

そして、携帯電話はイヤホンなどを使って、耳に当てないよう工夫をします。

携帯を耳に当てて10年以上使うと、脳腫瘍になる率は3.9倍も増える(スウェーデン報告)

これは発信している電波(マイクロ波)に発ガン性があるからですね。

特に発信(コール)中は危険だと言われます。

また、ホットカーペットは300倍もの危険

発ガンマットだと船瀬俊介氏はいわれています。

この季節、ホットカーペットに横になって、携帯電話を使っている人も少なくないのでは・・・

電気毛布も同じですね。

ホットカーペットや電気毛布より、湯たんぽがおススメです。

電磁波を避けては生活できない現代人ですが、使わなくても済むものは出来るだけ使わず、生活したいものですね。

ガンを促進してしまう報告がある以上、気をつけたいですね。

世界的権威ロバート・ベッカー博士の電磁波に対する警告

● 成長細胞ダメージ

● 発ガン性

● ガン促進

● 催奇形性

● 神経ホルモン混乱

● 自殺や異常行動

● 生理リズム破壊

● ストレス反応

● 免疫力低下

● 学習能力低下

ときには携帯電話を手放し、電磁波が少ない自然の中で、心身共に癒したいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った          女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

排毒のカギは足

がんは血液の汚れから起きた病

溜まった毒素を排出して体内をキレイにすることが大切です。

溜まった有害毒素をスムーズに排出するために重要なのは、下半身です。

下半身をしっかりと動かすことです。

運動をして足が温まると血流が良くなります。

すると、体の毒素は下半身に移動し、体外へ排出されやすくなります。

下半身を動かし、鍛えることが、毒だしのコツです。

がんを患っている人は、血流が悪く、体温(特に内臓の温度)が低いために、浄化機能が衰えています。

とくに手足が冷えています。

この季節、暖房をつけても、足元は冷たい空気が集まりやすいので注意です。

足踏みしたり、階段を上り下りしたり、家のなかであっても足を動かすよう心がけたいものです。

また椅子に座ったままでも足を持ち上げ上下させる運動など、できることはたくさんあります。

自分の体調や環境に合わせ、してみるといいですね。

そして、お風呂に入ったら、湯舟のなかで、ふくらはぎをマッサージするとリンパの流れも良くなります。

足の膝から下 側面から裏側にかけ、ツボを押すように親指で押さえると痛くないですか?

痛いと感じる人は、冷えが生じ、血流が滞っている証拠です。

また、膝の裏側を押さえるとプニュプニュ 痛くないですか?

プニュプニュ 痛いと感じる人は、毒素が溜まっている証拠です。

自分でマッサージをして、血流を促し、毒素を排出したいですね。

そして、忘れがちなのが、足の甲

指の付け根も自分でマッサージしてあげるといいですね。

夜が長い夜だから、できることを・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った          女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

失敗を財産とする

たとえ遠回りと感じることであっても

人生に無駄はことはないのです。

多少遠回りと感じても、しっかりと根付くこと

失敗も大切な財産になるのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                         女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

生理用品で子宮を冷やしてませんか?

下半身の冷えは、女性の生理不順や生理痛にも関係してきます。

下半身の冷えは、子宮の冷え

子宮の冷えは、下半身の冷え

子宮がん、卵巣がんを含め、病の多くは冷えから起きています。

生理用品で子宮を冷やしていませんか?

子宮がん、卵巣がんの多くの人

市販のおりものシートをずっとしていた・・・という共通点があります。

ほとんどの生理用品は、塩素系漂白剤を使用しています。

そして、月経血や尿を吸収するために高分子ポリマーが含まれています。

高分子ポリマーとは、水分を吸収して漏れないように凝固させるためのもの

大変な有害化学物質といわれています。

これは、発熱時などに使用する冷却シートと同じしくみになっています。

冷やすためのシートを、下着に当てているのと同じことです。

つまり、生理用品が体を冷やしているということです。

おりものシートともなれば、24時間365日使っている人もいます。

子宮は、袋状の臓器であり、もともと冷えやすい場所です。

その子宮を24時間冷やしてしまうことにも・・・

冷えは、子宮がん、卵巣がんの大きな原因になります。

だから・・・

子宮を冷やすものより、子宮を温めてくれる安全なものを使う

オーガニックコットンの生理用品をおススメします。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った          女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

余分な物は捨て、心を軽くする

行き詰ったとき

身の回りの物を整理してみる

物の整理は、心の整理

余分な物は捨て

心も軽くして、新しものが入る空間をつくることです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                         女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

乳がん、卵巣がんにならないために

学校給食の定番ともいえる牛乳、ヨーグルト

ほぼ毎日のようにとってきた世代

今、乳がん、卵巣がんを若くして発症しています。

骨を丈夫にするために牛乳

お腹をキレイに整えるためにヨーグルト

私も乳製品を積極的に摂ってきた人のひとりです。

牛乳、乳製品については、がん発症との関係を指摘する声が多くでていますね。

その理由は・・・

畜産で育った乳牛は、早く成長させるため、たくさんのお乳を出させるために一般的に大量の成長ホルモン、女性ホルモン、抗生剤が投与されます。

乳牛に投与されたホルモン剤、抗生剤が、乳製品などを通して、私たちの体に蓄積され、細胞が酸化していきます。

また、成長ホルモンを多く含む牛乳は、体の防衛メカニズムを阻害すると言われています。

成長ホルモンは体の防衛機能を狂わせ、癌細胞のアポトーシス(死滅)を阻害し、結果、癌の発症に繋がっていきます。

多くの研究者が、女性の乳がん、卵巣がん、男性では前立腺がん、これらホルモン系の癌を増やしていることを指摘をしています。

乳製品をとり続けていませんか??

子どもの頃から牛乳を飲み続けると、ぜんそくやアトピー、精神発達面にも害を及ぼす可能性も報告されています。

また、骨を丈夫にすると思っていた牛乳ですが・・・

「骨粗しょう症の発生はカルシウム摂取量が多く、牛乳などの酪農製品からとっている地域に生じる傾向がある」

(コーネル大学のキャンベル博士)

牛乳は、リンとタンパク質を多く含んでおり、摂取することでリンとタンパク質を中和させるために、体のカルシウムを溶かします。

だから、牛乳を飲む人は、骨粗しょう症になりやすい、また骨折しやすいといわれるのですね。

世界一、牛乳を飲む国 ノルウエーの人の骨折率は、日本人の5倍だそうです。

衝撃です。

腸を汚してしまう乳製品は、大腸がんのリスクを高めてしまうことも指摘されています。

嗜好品ですから、リスクがあるものは避けたいですね。

私も以前は、毎朝、牛乳とヨーグルトにパン、料理にはチーズやバターをよく使っていました。

がんになってからは、白湯、生姜紅茶に生はちみつ

そして、プロポリスを飲んでいます。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った          女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

50歳超えたら玄米で

がんに良いといわれる玄米

最も注意することは、農薬、化学肥料、除草剤です。

農薬たっぷりの玄米を食べていませんか??

せっかく、がんをなおすために玄米を食べていても、化学物質を体内に入れていたのでは、また毒素が溜まります。

玄米食なら、無農薬・無肥料・除草剤不使用の玄米を選ぶことが必須ですね。

玄米は農薬だけでなく放射性物質の影響をそのまま受けてしまいます。

農薬は特に米ぬかに溜まりやすいので、玄米で食べるときは要注意です。

しっかりと安全な農法で育てられた玄米を選んでくださいね。

栄養たっぷりの玄米ですが、特にどんな人にも向いているのでしょうか・・・

50歳を超えた人

不調を感じる人

毒素が気になる人

血糖値が気になる人

(がんは高血糖を好みます)

私たちの体は、50歳を過ぎると、細胞分裂を促す解糖系から細胞分裂を抑えるミトコンドリア系にが働きを切り替えていきます。

そのためには、白米から玄米に変える必要があります。

50歳を過ぎても白米がっつりは、細胞分解を促す解糖系のままになり、毎日生まれる癌細胞は分裂、増殖してしまいます。

それでは、がんになりやすくなるのです。

50歳からは玄米

もちろん、50歳以下であっても、がんの人は細胞分裂を抑えるために白米は避けたいですね!

白米はがんのエサ

玄米で食べるなら、無農薬・無肥料・除草剤不使用の自然栽培米をおススメします。

玄米は、栄養がとっても豊富です。

しかも、少量でもお腹がいっぱいになり、食物繊維が排毒を促してくれます。

だから、玄米は最高の食品なのです。

玄米を炊くのは、土鍋がおススメです。

玄米は、炊く前に8時間は水に浸しておいてくださいね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った          女性社長 塚本みづほひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)