食べ過ぎはNK細胞の働きを抑制する・がんの原因

食は生きる源であり、がんの原因にもなります。

【食ががんをつくり、食でがんをなおす】

アメリカのマクガバンレポートでも報告があるように動物性の食べ物が癌を増やしています。

ガンになり、初めて食事について本気で考えたと言われる方も少なくありません。

癌は、病ダレに口3つ(品)に山と書きます。

品のあり過ぎ、食べ過ぎががんと言われています。

食べ過ぎは体の免疫を下げ、酵素の働きも低下させてしまいます。

酵素は、食べたものを消化するとき、また排毒やガン細胞など、細胞の修復に使われています。

消化の方で酵素を使いすぎると、残った酵素だけでは正常な排毒や修復が出来なくなります。

特に朝昼晩の食事以外に1日中だらだらと食べてしまう人

大切な酵素を使いきってしまうだけでなく、NK細胞の働きを低下させてしまいます。

私たちはお腹がいっぱいになると動くのが億劫になったり、眠たくなったりします。

NK細胞も私たちと同じように、お腹がいっぱいになると活動をしなくなります。

NK細胞がお腹いっぱいになり、動かなくなると何が起きるでしょう・・・

日夜、私たちの体内をパトロールして癌細胞を見つけては攻撃してくれているNK細胞です。

このNK細胞の働きが抑制されると、癌細胞は増殖し続けることとなります。

逆にお腹を空かせたNK細胞は、がん細胞を瞬時に捕らえる最強のハンターになるのです。

人間は食べたもので細胞をつくっています。

質の良い栄養を摂ることで、質の良いNK細胞がつくられます。

そして、NK細胞が最強のハンターになってくれる空腹の時間をつくることが大切です。

そのために注意すること

●必要以上に食べない

●決まった時間に食事をする

●消化に悪いものは避ける

●1日1〜2食を目指す

●食事中の水分は消化を遅らせるので控えめにする

バランスのとれた栄養で体温を上げ、明るくおおらかな心で過ごす

日々の食事をより良く生かすため、生命エネルギーを高める食品をおススメします。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

殺菌剤より免疫力が高い体を作ること

ハンドソープでごしごし手を洗っていませんか?

風邪や病気予防には殺菌、抗菌剤で手を洗いましょうとよく耳にします。

ばい菌をやっつけるために、ハンドソープで手を洗い、薬品でうがいをする

しかし、このハンドソープやうがい液には、病気予防どころか大きな落とし穴があります。

市販されている殺菌、抗菌をうたうほとんどのハンドソープに、体に悪い毒薬成分が含まれています。

よく使われる成分では、元々は殺虫剤の成分として開発されたものがあり、アメリカのミネソタ州などでは、すでにこの成分を含む商品の販売禁止を決めています。

それだけ毒性の強い成分だということです。

しかし、日本では規制どころか、これらの成分は殺菌、抗菌剤としてどんどん使われています。

殺菌、抗菌に使われている毒性に強い成分は、筋肉の収縮障害、生殖ホルモン障害、肝臓ガンを引き起こすなど報告があがっているものも使われています。

これらの成分は、皮膚に浸透するだけでなく、血液の中にまで入り込むこともわかってきています。

また、母親の母乳からも検出されるほどだとか・・・

当然、これらの有害物質が体内に入れば、免疫力を落としてしまいます。

ばい菌より危険な有害物質です。

殺菌、抗菌剤によって清潔にし過ぎたために、ちょっとした菌に過剰に反応する体になってしまったり、また、大切な体を守る菌まで殺してしまい、さまざまな病気もつくっています。

ばい菌は自分の免疫でやっつける、そんな免疫力の高い体をつくることが大切ですね。

うがい液も同じです。

口から有害物質を吸収してしまいます。

原材料をしっかりと確認すること

天然素材のものを使われることをおススメします。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

奇跡的な胃ろうからの復活

胃ろうからの復活を遂げられた食道がんO様

オプジーボに変わり、とってもお元気なご様子です

少し気管支炎ぎみでいらしたそうですが、悪化することもなく、すっかりお元気になられ今も変わらずお仕事に励まれておられます

プロポリスの飲むようになられる前は、胃ろうの状態で弱っていく姿に本当にご家族様が心配をされていました。

なんとかしなくては・・・と

プロポリスを生はちみつで溶いてお口に運んであげるなど、ご家族様も考え、必死な思いだったあの頃を思い出します

そのO様がお元気にお仕事をされていることが、ご家族様にとっても本当に夢のようなことで、とても喜んでいらっしゃることを私も嬉しく感じます

 

O様 これからもお元気にお仕事 頑張ってくださいませ

抗がん剤真っ只中のM様

奥様からすすめられて飲みだした蜂粋プラチナカプセル

最初は強制的に奥様が渡されたそうです。

でもそれが愛だと思われたのでしょうね

こんなに楽になるなら、もっと早くから飲んでおけばよかったな・・・と言われたそうです。

今では、プロポリスなしの生活は考えられないとのこと

損得を考えない奥様の行動力がご主人様を救ったのですね

 

いつまでも仲良くお過ごしください

最近、がん患者さんのご家族様からのお問い合わせが多いようです

たった1日のことで人生を左右させることもあります。

というよりも、この瞬間が人生を決めているといった方が正しいかもしれません。

ですが・・・ご家族様の思いが伝わらず、イライラされることもあるでしょう。

1日の早く思いが伝わりますことを祈ります

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

 

がんの原因である活性酸素を除去する食

ガンの原因となる活性酸素

活性酸素を生み出すものは数えきれないほど身近に溢れかえっていますが、活性酸素を消してくれるものは意外にも身近にはなかなかないものです。

身近に少ない活性酸素を消す方法ですが、誰でもが、生活の中でしようと思えば出来るのが食での除去です。

活性酸素で酸化していく体には、抗酸化力のある植物性の食品を摂る必要があります。

例えば、ねぎ、にんにく、パセリ、玉ねぎ、人参、大根、ブロッコリー、トマト、キャベツ、ごぼうなど…

これらは、フィトケミカルと呼ばれる抗酸化物質を大量に持ち備えた植物です。

フィトケミカルは、活性酸素を無毒化にする働きがあります。

ガン治しには、フィトケミカルは必須食品です。

フィトケミカルをしっかり摂り入れようと思ったら、野菜もハウス栽培ではなく、太陽をしっかり浴びた露地栽培のお野菜をおススメします。

紫外線をしかり浴びた植物は、活性酸素から自分の身を守るために抗酸化物質であるフィトケミカルを植物自身が持ち備えています。

ですから、同じ野菜も産地によってフィトケミカルの含有量が違ってきます。

紫外線が強い、南の方の野菜がフィトケミカルを豊富に含んでいます。

加工したものにも抗酸化力の強いものがあります。

味噌や梅干しがそうです。

梅干しには、天然由来のクエン酸がたっぷりと含まれています。

このクエン酸は、殺菌効果だけでなく、放射線物質や化学物質の解毒効果が認められています。

梅干しは納豆や味噌などと同じように、すぐれた発酵食品です。

梅干しを見ると無意識に唾液が出てきます。

この自然に出る唾液の中に含まれるグルタチオンペルオキシダーゼとカタラーゼという酵素が活性酸素を除去する効果をもっています。

この酵素には、発ガン性のある物質の毒素を消してくれる作用もあると言われています。

また梅干には、胃腸の蠕動運動の働きを活発にする作用がありますますので便秘解消にも良いですね。

活性酸素除去と毒素の排出は、おのずと血液サラサラ状態をつくるということです。

ただし、梅干しも添加物が使ってあるようなものでは意味がありません。

添加物は、活性酸素を増やしてしまうだけです。

加工した食品は特に注意が必要です。

梅干しであっても添加物がたくさん使われていたり、危険なお塩も使われていたりします。

安心な材料で自分でつくるのが一番です。

最近、お塩のお問い合わせが増えていますが、梅干しに使われるのでしょうね。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

感情は横に置いてみる

生きていると

様々な問題にぶつかります。

事実はひとつ

感情は横に置いてみる

ありのまま、事実だけをしっかりと見つめる

すると、思いは軽くなります。

【300の栄養と80余種の有用成分・木樽熟成プロポリス】 こちらから

https://www.qualitypro.jp/health-food/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治療の選択はよく考えてから

ガンの痛みは様々です。

ガンは手術をした分だけ、痛みます。

ガンは放射線をした分だけ、痛みます。

ガンは抗ガン剤をした分だけ、痛みます。

三大療法を受けなかった人は、痛みはほとんどないと言われます。

ガンが皮膚から突き出るような大きさになっても、三大療法をした人に比べ、痛み止めがよく効くようです。

手術、放射線、抗ガン剤を受ければ、組織が破壊され、のちのちにも痛みを伴ってしまいます。

『抗ガン剤・放射線・手術などのガン治療を受けた人は平均3年しか生きていないが 治療を拒否した人は平均12年6ヶ月も生きた』

『ガン治療を受けなかった人のほうが4倍以上長生きしている!』

アメリカの「ハーディン・ジェームス博士」の有名なエピソードにあるように、化学的治療の後、何らかの組織破壊に苦しむ現状があります。

例えば、手術であればどんなことが起きるかというと・・・

手術により、組織のバリアが傷つき、ガンが他の組織に散ってしまうことも充分ある。

血液に流れているガンを細胞レベルまで手術で取り除くことは出来ない。

手術時には大量の薬剤を使うため、抗ガン剤と同じように大量の活性酸素を出してしまい体が酸化し細胞をも傷つける。

体を開くということは臓器が空気や光に触れ、大きなストレスとなり、一気に酸化する。

ガンが食道や気管、胃、腸などをふさぐという状況を除き、体にはメスを入れない方が長生きできる、しかも痛みを伴わず生活できるということです。

必要でない臓器はありません。

ガンの宣告を受けると、パニックになり周りが見えなくなります。

少しでも早くしなくては!と焦ってしまいます。

手術した後から、様々なことに気付き、しなければよかった・・・と言われる方も結構いらっしゃいます。

自分の体です。

一度、取ってしまうと元には戻せません。

よくよく考えて決めなければいけません。

手術は体を一気に弱らせてしまいます。

手術を受けるなら、体力をつけ、しっかり免疫を上げておく準備が必要です。

手術を受けるからには準備とフォローが必須

すでに手術を受けられた方は、酸化した体を元に戻していかなければ、またガンの原因になります。

抗酸化の食品をしっかり取り入れることです。

手術の後には抗酸化物質を

手術前後の自助努力が将来を大きく変えると言っても過言ではないでしょう。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女社長、塚本みづほのひとり言ブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

発する言葉が原動力となる

発する言葉が生命の原動力となります。

「ありがとう」

「おかげさま」

心から発する言葉は

人を動かし、環境を変える力があるのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

末期がんであっても元気に暮らせる人

抗ガン剤、手術といった治療を一生懸命してきた乳ガンの方

手術でガンはすべて取り除いたと医師から説明があったあと、念のためにと、抗ガン剤治療をすすめられたそうです。

手術で体力が落ちていたにも関わらず、抗ガン剤が開始されました。

抗ガン剤治療終了から半年後、再発が見つかりました。

さらに抗ガン剤治療を受けたそうですが、3ヶ月後、肝臓に転移が見つかったそうです。

本当にガンは手術ですべて取り除けるのでしょうか・・・疑問です。

私たちの体はすべて繋がっているのですから、ガン細胞は全身のどこに流れ、どこに住み着いているかはわかりません。

ガンが見つかってから1年後、彼女は余命宣告を受け、抗ガン剤の怖ろしいリスク、そして、抗ガン剤ではガンがなおせないことに気付いたそうです。

逆に、乳ガン末期で見つかった方

医師からは、どの治療も効果は期待できないといわれ、治療はせず、自分でなおす決心をしたそうです。

1日3回の入浴と、早朝の散歩、そして健康食品1種類だけ摂ると決め、あとは心の寂しさ、孤独感を埋めるため、清掃ボランティアをされています。

今も変わらぬ生活をされ、3年が過ぎています。

しこりは小さくなり、特に具合が悪いところもなく、健康な人と変わらない生活をされています。

この違いは何でしょう・・・

生きたいという思いは同じです。

他人になおしてもらうのか、自分でなおすのか、意識の違いです。

ガンの名医は自分自身です

そして末期で病院からも見放された彼女は、ガンに対する執着を手放し、人のために生き、天に委ねたところでしょう・・・

執着を持つとガンに対する恐怖心や不安は強くなります。

恐怖心や不安は、ガンを悪化させるだけ

ガンの原因の多くは、心にあり

他人に委ねるのではなく、自分を信じてみませんか・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生きかた

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

思考と言霊の力で痛みが和らぐ

交感神経の過剰な緊張が長く続き、発症したと思われるガンですが、その過剰な緊張は精神的ストレスがとても大きな割合を占めていると思われます。

昔のガンは違ったと聞きます。

冷えや貧しさによる環境の問題、そして過酷な労働からだと言われています。

それが今は、精神的ストレスが原因と考えられるガンですが、まずそこに目を向けなければ、どんなに体を温める環境があっても、どんなにガンに良い食材があっても根本から体を癒してあげることは出来ません。

ガンになったということは、自分を見つめ直す必要があるということなのです。

ガンと心は繋がっている

どちらが良いという訳ではなく、これが心筋梗塞だとどうでしょう・・・

一瞬です。

神様が、ガンという形で自分を見つめ直す機会を与えて下さったと考えてみてはいかがでしょうか。

これも物事の捉え方です。

『ガンになって自分は苦労が多い、不幸だと捉えるのか』

『ガンになって自分の考えや生き方を変える機会が出来たと捉えるか』

まったく違ってきます。

苦労が多い、不幸だと感じれば、マイナスの思考からマイナスの波動を引き寄せ、苦労と不幸の現実をつくります。

不平不満、愚痴、泣き言、悪口は免疫を下げてしまいます。

一方、自分の考え、生き方を変えたいと感じれば、プラスの思考からプラスの波動を引き寄せ、自分が変わる現実をつくります。

自分が変わる喜びから希望へと膨らみ、免疫を上げていきます。

誰だって、プラスの思考で居たいと思うでしょう。

それが思うようにいかないのが人間です。

耳も鼻も目も口もある人間は常に周りの言葉や情報、環境に振り回されています。

感情があるが故に、プラスもマイナスも影響を受けてしまうのです。

では、どうしたら良いのでしょう・・・

まずは、自分の何が原因でガンになったかを考えることです。

クヨクヨ考える自分、すぐ不安になる自分、人と比べてしまう自分、ひとりで抱え込んでしまう自分、嫌と言えない自分、素直になれない自分、人を攻撃してしまう自分、イライラしてしまう自分、人に心が開けない自分、孤独を感じる自分、深く深く考えすぎてしまう自分、人や物のせいにしている自分・・・

何かが当てはまりませんか?

この原因をとっていくには、自分を変える、生き方を変えるしかありません。

具体的に言えば、物事の捉え方を変えるということです。

自分の思いとは違うことが起きても、イライラせず、人を攻撃せず、またクヨクヨもせず、

「人生は、そもそも思い通りにいかないもんだ」

と思えばイライラも消えます。

人を攻撃する必要も、クヨクヨする必要も無くなります。

嫌なことが起きても

「これは気付きなさいというお知らせだ」

と捉えると嫌なことも感謝に変わってくるのです。

捉え方を変えることもそう簡単なことではありません。

私のクライアントさんは、その捉え方の発想が浮かんでこないとよく言われます。

最初はそうです。

これには、毎日の訓練が必要です。

まずは、変えたい自分を頭に描き、言葉に出すことです。

思考と言霊が現実をつくります。

明るく喜びいっぱいの自分を頭に描き、善い言霊を使うことです。

プラスの思考を持ち、プラスの言霊を使うことで、物事の捉え方が自然と変わってきます。

気付きがどんどん増えてきますよ。

先日、お電話でお話をした卵巣ガンのクライアントさん。

ここ最近の不安定な天候も影響しているのか、少し鈍痛が続いている様子でした。

とは言え、とても軽快に楽しくお話をされ、私もプラスの言霊をたくさん出してみました。

30分ほど話した頃、クライアントさんから出た言葉は・・・

「なぜか鈍痛が消えてます!!」

ご本人さんは不思議な様子ですが、これが言霊の力なのです。

思考、言霊がストレスをつくり、ストレスを和らげます。

人から受けたように思えるストレスも、実は自分自身がつくっているのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

背筋を鍛えストレスに強い体を作る

筋肉疲労と聞いても、運動をしない人は一見無関係のような気がします。

筋肉疲労はストレスからも起きます。

ストレスを感じると肩に力が入り、コリが出来ます。

ストレスが長引き、交感神経が緊張状態となる筋肉は疲れ果て慢性筋肉疲労になります。

筋肉が炎症を起こすと重く、痛みを感じ熱をもつこともあります。

痛みや熱の原因は、プロスタグランジンという血管拡張作用のある物質です。

慢性筋肉疲労を改善しようと体が働くとき、この物質が分泌され痛みや熱を伴います。

この痛みや熱といった道を通り回復していくのですが、この反応を消炎鎮痛剤などで止めてしまうと痛みは止まれども、体温は下がり血流は滞り、また同じことが繰り返されます。

日頃から筋肉を鍛えることが大事ですね。

ガンなど病気になると、悩んだり落ち込んだりして、体が凝り固まっています。

気付かぬうちに慢性筋肉疲労を起こしているかもしれません。

慢性筋肉疲労を起こさないためには、日頃から背筋を鍛えるといいでしょう。

特に難しい運動でなくても、ウォーキングなどの有酸素運動が効果的です。

また、背筋を伸ばし、よい姿勢を意識するだけで背筋は鍛えられます。

疲労しにくい筋肉をつくると、心身共にタフな体になります。

姿勢を正し、コリをつくらない生き方をしたいですね。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)