薬物依存は、がんを進行させる・鎮痛剤の薬物耐性

便利ですよね。

便利がゆえに服用する機会は多くなっています。

痛み止めを数時間おきに飲まれていた方

最初は効果があっても、徐々に効かなくなってしまい、気がつけば服用する量、回数だけが増えています。

これが薬剤耐性です。

痛むときに飲んでいた薬ですが、いつしか薬が切れたら痛み出す体になっています。

慢性の頭痛は薬物中毒の禁断症状?

体が薬物を求める症状

気付かぬうちに薬物依存になっているかもです。

簡単に買える市販薬は、危険じゃない、なんて大間違いです。

よく見かける頭痛薬

効能は、頭痛、肩こり痛、歯痛、生理痛、関節痛、腰痛、神経痛など

とくに女性は生理痛でもよく飲まれています。

船瀬俊介氏のご著書によれば・・・

この頭痛薬の使用禁忌は 「本剤成分でアレルギーを起こした人」 「かぜ薬でぜんそくを起こした人」 「15歳未満の小児」 「他の解熱鎮痛剤、かぜ薬、鎮静剤、乗り物酔い薬を服用している人」 「服用後、乗り物や機械類の運転禁止」 「服用後の飲酒禁止」 「長期服用しないで」 です。

副作用は胃痛、胃もたれ、腹痛、下痢、血便など

重篤な副作用としては、アナフィラキシーショック、SJS、無菌性髄膜炎(頭痛、発熱、嘔吐など)、ぜんそくなどがあります。

あまりにもリスクが高いですね。

怖いです。

頭痛薬を飲んで仕事をしている人、車を運転している人はたくさんいるように思います。

使用禁忌ですよ!

それだけリスクがある薬に依存してしまうとどうなるでしょう。

飲めば飲むだけ、活性酸素を出し、血流を悪くし体温を下げ、残念ながら癌になりやすい体質、また癌が進行しやすい環境をつくってしまいます。

風邪などのとき、薬で熱を下げると血流が低下します。

血流が低下するとリンパ球が減少し、菌やウイルスと闘えなくなり、返って治りが悪くなることもあります。

薬物には、デメリットや危険があることを理解して服用する必要がありますね。

なぜ痛むのか・・・

その理由を考えてみることが大切です。

痛みは体を修復しようとする作用です。

痛みを抑え込むのではなく、痛む原因を取り除くことに目を向けてみることです。

これがないと過ごせない、不安、痛む、眠れないは、すでに薬物依存です。

自ら抜け出せない道に足を踏み込んでいませんか?

がんを治す生き方とは、薬物に依存しないことです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

焼き芋にすると食物繊維がます?

栄養素は加熱することにより壊れやすくなりますが、さつま芋の栄養素は加熱しても比較的壊れにくいといわれています

なかでも注目すべきは、ビタミンB6やB1などのビタミンB郡がとても豊富なことです。

その他にもカルシウム、カリウム、鉄分、亜鉛など多く含まれており栄養面でもとてもよい野菜ですね

しかも、焼き芋にすると食物繊維が生の状態に比べ30%も増加するそうです。

そして、焼き芋を食べるとストレスが軽減されるとか・・・!?

これは焼き芋に含まれるカルシウムの効果ともいわれます。

そして、焼き芋を食べる時は、皮ごと食べるといいでしょう

焼き芋の皮に含まれる「アントシアニン」は、葡萄などにも含まれているポリフェノールで、抗酸化作用や肝機能改善などに効能があるとされています。

参考までに・・・

焼き芋をつくる時は、ゆっくりと焼いた方が甘みがでますよドキドキ

ゆっくり熱を加えることで、さつま芋に含まれる酵素アミラーゼの働きが活発になり、でんぷんが糖に変わり甘みが出てくるのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんであっても病人にならない・自分で治す

癌の三大療法は、抗ガン剤や放射線をつかって直接的にガンを攻撃します。

現代医学は、がん細胞は宿主が亡くなるまで、無限増殖し続けると考えます。

「毒をもって毒を制す」 という方法です。

これは、19世紀のヨーロッパの細胞病理学者ウイルヒョウの定義で成り立っています。

このウイルヒョウの定義は、200年間にわたり私達の中に固定観念として定着してきました。

そして、ほとんどの人がこの定義を基本とした療法を抵抗なく受け入れます。

しかし、がん治療をやってもやっても治らない、再発転移がとまらない、治らないどころか弱っていく

そんな声をよく聞きます。

それは、抗がん剤、放射線、手術で免疫機能が低下したことによって起きています。

今、三大療法に疑問や不信を持ち始めている人は少なくありません

そこで、化学療法を使わず、免疫細胞を活性化させ、癌を自然治癒させていく方法を選択する人も増えてきました。

自然療法とは、食事療法、温熱療法、気功や健康食品、運動療法、鍼灸、ヒーリングなどを使います。

免疫を上げ、NK細胞、ミトコンドリアを活性化することで、癌細胞の増殖を抑え、自己治癒力によって癌を自然退縮させていきます。

自然療法は、がんという塊だけにとらわれるのではなく、からだ全体、そして心をきれいにしていきます。

がんになった原因を取り除くことで、落ちていた免疫を上げ、低い波動を高くしていきます。

そして、癌細胞が住みにくい体づくりによって、がん細胞に自ら消えていってもらうのです。

つまり・・・

『がん治しは生き方治し』

ですから、病院治療とは違い、自宅で自分で治していきます。

病院では治療がもう出来ないといわれた末期癌の方でも、自助努力によって免疫を上げ、がん細胞の増殖を抑え、自然退縮させた方はたくさんいらっしゃいます。

がんであっても病人にならない

人間らしく、豊かな心で、美しくありたいと思います。

どれを信じるか、どの方法を選ぶか・・・

自分自身です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った女性社長        塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治しはまず心の毒出しから

ガンが原因で、鬱になった。

鬱が原因で、ガンになった。

いずれにせよ、心の病に苦しんでいらっしゃる方が多き時代です。

抗ガン剤は、拒否しているのに、抗うつ剤、睡眠導入剤は使っている。

心当たりがある方もいらっしゃるでしょう。

抗うつ剤は、自殺リスクが10倍に激増。 他殺や暴力衝動も増え、犯罪多発の元凶にもなっている (船瀬俊介氏)

鬱になると、ガンのリスクが高くなると心配になり、不安が増し、CT検査などを受けたくなる傾向があるようです。

すると、今度はCT被曝による発ガンが心配になってくるという、まさに負のスパイラルになります。

それもそうです。

日本人のガンの1割はCT検診のX線被ばくで発ガンしている (近藤誠医師)

1割とは、恐るべき確率

自分でガンをつくっているということです。

抗うつ剤、睡眠導入剤も同じです。

薬は、体温を下げ、ガンが出来やすい環境をつくります。

そうでなくても、心が苦しいと、交感神経が優位にな血流も悪く、体温が下がりがちです。

また、薬の副作用による、新たな不調も起き、さらに薬を必要とします。

なにか、矛盾していると思いませんか?

鬱は、薬でなおせません。

薬は、症状をぼかしているだけです。

根本をなおさない限り、良くなることはないでしょう。

鬱とまでは、いかないにしても、ストレスが強い方

ストレスをつくるのも軽減するのも、自分次第です。

昔、ガンといえば、極度な肉体的疲労が原因で起きていた病気です。

今は、精神的ストレスからガンになっています。

ガンになる前の自分を振り返ってみると、よく分かります。

感謝があったか、愛の思考があったか・・・

不平不満、愚痴、傲慢さ、頑固さ、妬みや恨み、不安

そんな思考で、心の毒がたくさんです。

その思考を取り除くには、心の持ち方を変える、ものごとの捉え方を変えるしかありません。

自分を変えたければ、心の毒を素直に認めること

心の毒を排出しなければ、ガンはなおりません。

また再発転移を繰り返します。

これを機に、少し自分を振り返ってみませんか?

自分を素直に振り返ることが出来る人は、新たな価値観を構築できる人です。

ガンなおしには、新たな価値観の構築が必要

心の毒を素直に認めることで、その意味がわかる時がきます。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

サッパリ塩麹漬けで腸もスッキリ

塩麹は、塩、麹、水を混ぜ合わせ発酵させたもの

大豆の無い味噌といったところでしょうか

ぬか漬けと同じように、塩麹に野菜を漬けておくと、最高のお漬物が出来ます。

この時期は、きゅうりや茄子がいいですね

ビニール袋にカットした野菜と塩麹を入れ、軽く揉んで2,3時間置いておくだけ

麹の甘みと塩の辛みがとてもマッチしたお漬物ができます。

麹には、麹菌がつくりだす 酵素 がたくさん含まれています。

酵素は、食材に含まれる タンパク質やでんぷんを分解して、 食材を軟らかくしてくれる性質があります。

だから、塩麹につけたお肉は軟らかくなるのです。

また、麹菌は、乳酸菌であるヨーグルトやぬか漬け、納豆などと同じように、腸にしかりと働きかけてくれる最高の食材です。

ただし、麹菌は、熱が加わると死滅していまうので、そのまま使うのが一番いいですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

魂からの思いでがんを治す

私たちは、子どもの頃に経験したこと、聞いたことが潜在意識の中にしっかりと刻み込まれています。

さまざまな経験を重なていくうちに、人間の負の思考がつくられていきます。

どんな人でも生まれた時は、負の思考と言うものは一切ありません。

愛の思考だけが、存在します。

しかし、成長と共に、痛い、悲しい、苦しい、悔しいなどの経験をすることで、人を恨む、妬む、不平不満といった負の思考が気付かないところでつくられているのです。

だから、人は心無いことを言って、他人を傷つけたり、相手を戸惑わすような言葉を投げかけたりしてしまうのです。

ガンなおしには、変わらぬ信念と、魂からの思いが必要

しかし、ガンの方を見ていると、人の言葉によって悩み、振り回されています。

酷い人は、立ち直れないほどになります。

今まで自分が信じてやってきたことも、あっという間に崩れていきます。

もし、自分がそうであるなら、周りをよく見てください。

自分がぶれる理由

それは意外にも、肉親であったり、身近な人ではないですか?

これが、なおらない自分をつくっている原因です。

肉親や、身近な人に言われるほど、ショックなものはありません。

ただ、人はみな、未熟であるということなのです。

未熟であるから、肉親であっても恨み、妬みの負の思考が働きます。

だから、自分は自分

負の誘惑に引っ張られない魂を持つこと

自分が信じたものが一番

自分が信じたこと、直感が働いたことが一番の療法であり、一番の生き方なのです。

さあ、自分と神様を信じて、心豊かに美しく生き生きと輝いてくださいね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

低下したリンパ球を睡眠で増やす

リンパ球が集まっている組織が免疫組織になります。

この免疫組織は、リンパ腺や腸などウイルスや細菌が侵入しやすい場所に存在しています。

例えば、子宮

子宮もウイルスや細菌が侵入しやすく、リンパ球がたくさん集まる免疫組織のひとつです。

だから、リンパ球はとても大切な存在です。

カンジタ症になるのは、まさにリンパ球の減少からですね。

つまり免疫の低下です。

リンパ球を増やすには、早寝早起きを心がけることです。

夜遅くまで起きていると交感神経が働き、顆粒球が10%増加します。

顆粒球が10%増加すると、リンパ球が10%減少します。

リンパ球は免疫の中心となる細胞

リンパ球の減少は、NK細胞の働きも低下させてしまいます。

がんの人は、リンパ球が減少しています。

NK細胞の働きは、ガンなおしにとってとても大きな役割をしています。

リンパ球を増やすには、早寝と質の良い睡眠が必要

睡眠時は部屋は暗くし、照明は足元などに間接照明を使い、直接、頭部に光が当たらないよう工夫することをおススメします。

夜は休息、リラックスの時間です。

22時~3時の間は、しっかりと心も体も休ませ癒してください。

しかし、休ませ過ぎはリンパ球が過剰になり、これも癌やアレルギーの原因になります。

メリハリのある生活を送ることで免疫を高めるリンパ球は保たれます。

バランスのとれた栄養で体を温め、明るく前向きな心が、がん治しの秘訣です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

大根おろしに医者いらず

大根の美味しい季節が近づいています。

食べて美味しい大根ですが、民間療法でも昔から愛されています。

大根には、すりおろすことで出る辛み成分「イソチオシアナート」に、解毒作用や殺菌作用があります。

「大根おろしに医者いらず」

この辛み成分を利用した民間療法です。

【大根おろしを飲む】

体のむくみを取る効果がある。

【大根をおろした汁でうがい】

口の中で起きる炎症・口内炎や虫歯などの症状緩和効果

【大根おろしに生姜、醤油を加え熱い番茶を注いで飲む】

解熱剤・発汗剤として効果

【脱脂綿に大根をおろした汁を浸し、鼻に詰める】

鼻の粘膜の炎症を緩和し、鼻の通りをよくする

【大根をおろした汁に、はちみつを混ぜて飲む】

粘膜が強くなり、喉の炎症を鎮める

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治しで最も不安なこと

ガンなおしには、不安がつきものかもしれません。

何が正しいにか、何がいけないのか・・・

本など読めば読むほど、違いに戸惑う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、それ以上に不安をつくる要因は、家族との関係です。

ガン治療に対する考え方が違うことです。

ガンという宣告を受けただけでも不安になるのが普通でしょう。

そこに家族とに意見が対立すれば、なお一層不安は大きくなります。

それが原因でストレスとなり、ガンが悪化してしまうことも少なくありません。

当然、孤独も感じるでしょう・・・

ガンなおしには、家族のサポートが大きな力になります。

それだけで、免疫は上がったり下がったりします。

なぜなら、最終的には、自分以外で、自分を守ってくれる人は家族でしかないからです。

しかし、あくまでも、なおすのは本人です。

家族は、サポートする側です。

本人の意思を尊重してあげることが、一番のサポートであり、療法ではないでしょうか・・・

また、家族に反対をされ、寂しい思いで独り、ガンなおしに励んでいらっしゃる方もいらっしゃいます。

今は、寂しいと思いますが、自分が直感で感じたことを大切にすることです。

揺るがぬ信念は、やがて現実になります。

訴えなくても家族は、いつかわかってくれます。

決して争わないこと

争いは、ガンをつくってしまいます。

争わず、意見を押し付けず、家族に感謝することです。

残念ながら、家族ですら、人を変えるということは出来ません。

まずは、自分が変わることです。

感謝して、自分が変わることで、周りが変わってきます。

それには、まず自分を信じることです。

きっと、このような悩みを抱えていらっしゃる方は、多いと思います。

わかってもらえない、ではなく

家族だって、私が大事だから言っていることなんだ・・・と感謝することから始めてみてはいかがですか・・・?

必ず、自分自身も変わってきます。

心の持ち方、ものごとの捉え方がすべてです。

ストレスが軽減されると、体も変わってきます。

より良いガンなおしには、心の持ち方、ものごとの捉え方を変えることがキーポイントです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

お漬物で腸内環境を整え、抗酸化力を高める

腸は、免疫の7割をつかさどっている重要な存在です。

私たちの腸管にいる腸内細菌たちが大きな活躍をし、免疫向上に働きかけています。

腸内環境が乱れていると、免疫低下が起き、ガンをはじめとする、さまざまな病気をつくってしまいます。

私たちの体は、常に活性酸素を生んでいます。

この活性酸素は、正常細胞の遺伝子に傷をつけ、ガン細胞をつくっていきます。

活性酸素が大量に放出されると、体が酸化し、ガン細胞もどんどんと増えてしまいます。

実は、腸内細菌は、活性酸素を除去してくれる強い抗酸化力をもち、重要な役割をしています。

ですから、腸内細菌が減ってしまうと、抗酸化力も弱まり、活性酸素が除去出来なくなるのです。

ガンの原因である活性酸素から体を守るには、腸内環境を整え、しっかりと抗酸化力を高めることですね。

抗酸化力の高い食品はこちらから

腸内細菌を増やすにはヨーグルトと思われがちですが、ヨーグルトは腸のなかで腐敗しやすい食べ物です。

腸のなかで腐敗しやすい動物性の食べものは、有害なガスを発生させてしまい、血液が汚れ、内臓の機能が低下て、ガン細胞をつくってしまいます。

ガンの方は尚更、腸のなかで腐りやすい動物性の食べ物は避けるべきですね。

腸内細菌を増やしてくれるのは、植物性の発酵食品です。

日本のお漬物は、最高の植物性発酵食品ですね。

なにより日本人の腸は、植物性のものを摂るように出来ています。

また、腸内環境はガンだけでなく、不安神経症や鬱とも大きく関わっています。

セロトニンの9割は腸に存在すると言われています。

このセロトニンは、幸せの物質と言われているのもですね。

つまり、腸の働きと、心の働きは繋がっているとうことです。

現代は、強いストレスにさらされ生きています。

だからこそ、腸を整える食べ物を摂ることは、心と体にとって非常に重要と言えますね。

自分の手で混ぜ、自分に合ったお漬物が一番良い菌です

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)