体内に入った異物を出す反応と癌の関係

ガンの原因の多くは、ストレスや乱れた生活習慣

細胞が傷つき破壊され、ガン化されていきます。

細胞のガン化は、どんな人でも毎日、起きています。

人は日常生活において、少なからず壊れた細胞である癌細胞を生み出してしまいます。壊れた細胞が分裂し増殖してしまうと癌として大きくなってしまい、症状として現れるわけです。

通常は、そこで免疫力が働き、ガン細胞を攻撃してくれます。

壊れた細胞が分裂し増殖するとガンという塊になり症状として現れてくるわけです。

また、免疫力が高すぎるとアレルギー反応が起きてしまいます。

免疫が働きている時は、体内の異物であるガン細胞にも免疫が働き、ガン化を防ぐことが出来ます。

しかし、アレルギーが起きることによって、ステロイド(免疫抑制剤)などの薬をつかうとどうなるでしょう。

ステロイドなどの薬をつかうと免疫力を抑えてしまい、ガン細胞を攻撃してくれる免疫細胞が働かなくなります。

ステロイドはアレルギー以外に、ガンの痛みなどの症状を緩和するなどにも使われます。

これは、痛みを緩和することの代わりに、免疫を低下させることになります。

話は戻りますが、アレルギーは悪い反応とばかりにとられがちですが、自分の体内に異物を排除してくれる免疫の働きです。

ガン細胞などの異物も排除してくれています。

しかし、アレルギーはつらい症状ですから、アレルギー反応を出さずに異物の排除もしていけることが理想です。

体に入った異物は溜め込まずに出すことが大切です。

そのためには、腸内の環境を整えることです。

アレルゲン、添加物など体内に入った余分なものはしっかり出すことが重要です。

そして、腸内環境を整えるために、発酵食品をしっかりと摂りいれるといいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

手足が冷える原因

低体温は、ガンなどさまざまな病気を招きます。

体温が1度下がれば免疫が30%下がるといわれるくらい体温は免疫機能と深く関わりをもっています。

体温が低い、手足が冷える一番の原因は筋肉不足

体の熱は筋肉で作られます。

私たちの体の筋肉は、7割以上が下半身に集中しています。

つまり下半身の筋肉を鍛えることで、効率よく体温を上げていくことが出来ます。

そして私たちの体は、寒くなると手足の表面の血管を細めて血液の流れを減らそうとします。

これは、血液をできるだけ内臓に集め、体を冷えから守ろうとするためです。

手足にも血液をしっかりと運ぶには、下半身の筋肉を鍛え、体温の底上げをすることです。

屋内でも出来るスクワットなどいいですね。

男性に比べ筋肉がつきにくい女性は特に、体温プラス4℃の湯舟でふくらはぎをしっかり揉んであげるといいでしょう。

ふくらはぎが温まると血液が流れだし、自然と足先が温まります。

また、強いストレスは筋肉を減少させてしまい、低体温を招いてしまいます。

ストレスによって分泌されるホルモンが、ストレスを緩和させるために、筋肉を分解してしまう現象が起きるからです。

筋肉を鍛えることに加え、ストレスを回避できる生き方をしたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ 

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

癌に導く血行不良を改善するには・・・

こんばんは

今日は、血行不良が癌に与える影響について書いてみました。

ガンをつくる血行不良

自分でも感じることがあると思います。

それと同時に不調も感じるでしょう。

逆に、血行が良いと手足や頭の先まで血が通い、頭もさえ、体も軽くなります。

その原因は、冷えです。

身体が冷えると、血管も冷えます。

血管が冷えると、血液の通りを阻害されてしまいます。

血液がドロドロになってしまい、栄養も酸素もスムーズに運ばれなくなります。

同時に体に不要なものを外に排出することもできなくなってしまいます。

1950年代の調査で、36.89℃だった日本人の平均体温は、今では35℃台という人が増えています。

体温を自分で調整する機能が衰えているということです。

これでは、スムーズに酸素や栄養を運ぶことができません。

低体温、低酸素はまさにガンの道です。

この状態では、ガンもなおりません。

血流を良くするには・・・

体を温める

健康食品などを使う

運動をする

ストレスを回避する

健康食品をより効果的に使うには、体を温めた時に飲むことです。

体が温まっているときは、血液の流れも良くなっているので摂取した健康食品も血管の末端までしっかりと運ばれていきます。

また、じっとしていたり、同じ姿勢でいると筋肉が緊張し、血管を圧迫してしまいます。

当然、その部分の血流が悪くなり、筋肉に酸素が供給されず、 肩凝りなどの痛みが発生します。

これを回避するには、適度な運動です。

女性に多い手足の冷えも血行不良です。

解消するには、手足の運動が一番です。

手を胸の高さまで上げ、手首を動かさず、グーパーを20回を1日数回繰り返す。

簡単そうに見えますが、筋肉量の少ない人はこれが出来ないのです。

足も同じように、椅子に座り、足を持ち上げ足首を動かさず、指先だけを上下に動かす感覚で20回、これを1日数回繰り返します。

これだけでも血流が変わってきます。

健康食品飲む前後にするとより効果的です。

どこでも出来る運動ですから、早速始めてみませんか・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんの原因になる酸化現象を抑える

初期ですから取り除いてしまえば安心です、という言葉を鵜呑みにしていたら、

気付けば末期になっていた・・・という方から相談をうけます。

ガンになった原因を取り除かない限り、誰しもがそうなる可能性はあります。

必ず原因があって、ガンという塊が出来ています。

食生活の乱れや、睡眠の問題、体の冷えや、運動不足、そしてストレス・・・

原因はさまざまですが、これらは体の酸化を引き起こします。

そして体の酸化は、ガンをつくります。

体が酸化する原因をそのままにしていては、また同じことを繰り返してしまいます。

また、手術などで傷ついた臓器は酸化が進み、ガン化しやすい状態になります。

再発の原因になる酸化現象を出来るだけ抑えることが大切です。

初期のガンだけでなく、前がん病変でも同じですね。

特に、子宮頸ガンの前がん病変による円錐切除術をうけた数年後、進行ガンとなって見つかるケースが多いですね。

切り取ってしまったら安心ではなく、その分、リスクを背負っていることを知っておかなくてはいけません。

また、人の臓器には、ガンに対抗する防衛機能がそれぞれ備わっています。

体を守ってくれているものを取り除いてしまうのですから、生体の防衛機能を失い、自然治癒力を低下させてしまうことはいうまでもありません。

大切なことは、人任せにせず、体に対する自分の意識を変えることです。

初期であっても再発転移を起こし、残念な結果になる人はたくさんいます。

末期であっても、ガンになった原因をきちんと取り除き、今までの常識を覆し、生き方を変え、ガンを克服する人はたくさんいます。

ガンは自分がつくった病気ですから、自分の心と体にしっかりと向き合い、意識を変えて取り組むことが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

余命宣告を受けても元気になる人は

余命宣告を受けたことで本人はもちろんのこと、ご家族にとっても大きな衝撃となります。

途方に暮れ、相談してこられる方が多いのですが・・・

まだまだやっていないことがたくさんあり過ぎます。

出来ない理由をつくっている方もたくさんです。

出来ないのではなく、やっていないだけのことも多くあります。

命と本気で向き合うときは、出来ない理由などないはずです。

ガン宣告を受け、今まであれだけの時間があったのになぜ?と思うところですが・・・

自分次第であることにまずは気付いていかなくてはいけません。

そして、何かのせいになっていませんか?

方法は人それぞれですが、なおる人は覚悟を決め、自分の信じた道を徹底して取り組んでいます。

なおらない人は、どれもが中途半端になっている人です。

上手くいかなければ何かのせいになったり、すぐに結果を求めてしまい途中でやめてしまうなど、何もかもが中途半端になっています。

なおしたいといいながらも、優先順位が違っていたりします。

人生には、我慢をしなくてはいけないときもあります。

人生には、必死に取り組まなくてはならないときがあります。

人生には、自分と徹底して向き合い、孤独に耐えないといけないときもあります。

それが、ガンになった今であることに気付かなければ、また同じことが繰り返されてしまいます。

長い期間をかけつくってきたガンです。

克服、共生される方は、徹底しています。

新たな価値観を構築すること

ライフスタイルを徹底して改善していくことです。

どんなに周りが騒いでも、やるのは自分しかないのです。

すべては自分次第です。

余命宣告を受けても、元気になられる方はたくさんいます。

キーワードは、気付きです。

そして、執着を手放すことです。

何より実践です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

砂糖は血液を汚しがんを増殖させる

体内にあるガン細胞は、糖を栄養として増殖します。

つまり、砂糖はガンのエサになり、ガンを元気にさせてしまいます。

糖分は、血液をドロドロにし、酸化させます。

血液がドロドロになると血流が悪くなり、ガンが増殖しやすい低体温をつくってしまいます。

砂糖はガン細胞のエサになるだけでなく、正常な細胞をも破壊させやすく、ガンだけでなく細菌の感染、アレルギーなども引き起こしやすくします。

疲れたり、ストレスが溜まるとついつい食べたくなる甘いもの

甘いものを食べれば、気持ちが落ち着く

これが砂糖の持つ依存性です。

糖分が無ければ落ち着かない体になっていきます。

砂糖は摂取すればするだけ、心も体も狂わせます。

そのくらい砂糖は、精神面でも影響を及ぼします。

心の状態は、ガン細胞にも大きく影響を与えます。

砂糖でガン細胞を増殖させ、ガンになり、ストレスで甘いものを食べ、またガンを増殖させる

まさに負のスパイラルです。

ストレスは、甘いものでは解決できません。

心の持ち方でストレスを緩和出来るよう、すべてを前向きに捉えていきたいものですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治療・・・・副作用も恐れない

日本には130万人を超えるガン患者がいるといわれています。

突然のガン宣告で、準備も知識もない状態で治療が始まります。

壮絶な副作用で衰弱し、治療の甲斐なく亡くなる人が後を絶ちません。

ガン治療による感染症で亡くなる人が減らないのは悲しい今の現実ですね・・・

副作用というものがつきまとう辛い治療

この副作用から体を守っていくのは自分でしかありません。

【毒をもって毒を制す】

これが現在のガン治療の現状ですから、副作用は起きても当然なのです。

だから、副作用は仕方ないことと諦めていませんか?

副作用の軽減も自分次第です。

まずは、副作用は自分で軽減することに意識を向けることが重要です。

副作用で苦しむことのないようすべては実践です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

体と心の毒素、両方の排出が必要

薬品、添加物、農薬・・・

不自然なものは、摂れば摂るだけ治癒力を低下させてしまいます。

不自然なものが、体内に入れば入るだけ、免疫を低下させてしまいます。

薬品、添加物、農薬など不自然なものは、組織破壊を起こす顆粒球を増加させてしまい、体内で毒素をつくってしまいます。

そして、体を酸化させます。

自然治癒力を高めるためには、不自然なものをマイナスしていくことが大切

例えば、ファステイング(断食)もそのひとつです。

薬、添加物、食べ過ぎ、ストレスなどで、足し算された毒素

ファステイング(断食)は、溜まった毒素を引き算していきます。

断食をすると、くっついた赤血球が離れ、毒素が腸内に流れ込み、宿便となって排出されます。

脂肪細胞も減り、正常化していきます。

私たちの体の中で、ガン細胞を見つけ、食べてくれているNK細胞

このNK細胞も空腹時にしっかりと役目を果たしてくれています。

生まれてからずっと足し続けてきた毒素

薬物依存から引き起こしたガンも少なくないでしょう。

このままでは、自然治癒力も働きません。

足し算でガンをつくったのですから、今度は引き算ですね。

ストレスも足し算した毒素です。

心とからだの毒素

どちらか一方ではなく、両方の毒素を出すことが必要です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

笑いで免疫力を上げる

どんな人でも、毎日数千から数万のガン細胞が生まれてきています。

毎日生まれてくるガン細胞を退治してくれているのが、リンパ球の一種であるナチュラルキラー細胞です。

ナチュラルキラー細胞の働きが活発だと、ガンになりにくいとされています。

ナチュラルキラー細胞を活性化するには、食事、呼吸法、運動、健康食品、温熱などさまざまな方法があります。

そして、ナチュラルキラー細胞を活性化するもっともっと身近にあるものは、笑いです。

笑うと、神経ペプチドが活発に分泌されます。

笑うことにより生産される神経ペプチドは、血液やリンパ液から流れ、ナチュラルキラー細胞にくっつき、ナチュラルキラー細胞を元気にすると言われています。

元気になったナチュラルキラー細胞は、ガン細胞だけでなく、体に害を及ぼす物質を退治してくれるので、免疫に働きかけ病気になりにくいとされます。

笑いは、免疫を高めるだけでなく、免疫システムのバランスを整える効果があることもわかっています。

その逆に、怒りや悲しみなどのストレスは、ナチュラルキラー細胞の働きを低下させ、免疫力システムのバランスも崩してしまいます。

笑いは自律神経にも働きかけ、日中であっても笑うと副交感神経が優位になります。

そして、体内に酸素がたくさん取り込まれるので、血流もよくなりますね。

「笑いに勝る良薬なし」 とはよくいったものです。

笑いは、モルヒネに勝る痛みなどを軽減する鎮静作用があるといわれています。

さあ!

今日から声を出して笑いましょう。

大きな声で笑う練習もガンなおしですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんの療法を選ぶのは自分自身

ガンに対する考え方はさまざまです。

ガンの三大療法は西洋医学であり、ガン細胞は宿主が亡くなるまで無限増殖し続けると考えます。

抗ガン剤や放射線をつかって直接的にガンを攻撃します。

「毒をもって毒を制す」 という方法です。

一方、化学的な薬物を使わず、食事療法、温熱療法、気功や健康食品、ヒーリングなどを使う方法があります。

これは免疫を上げることでガン細胞の増殖を止め、自然治癒力でガンを退縮させる考えです。

治癒に向かうときの現象も西洋医学とは真逆です。

『自然治癒力でガンが自然退縮するときに、腫瘍は増大し、マーカーが上がり、また転移をする』

自然治癒力を重きにおく考え、西洋医学の考えは、捉え方が全くといっていいほど違います。

現代医学は、19世紀のヨーロッパの細胞病理学者ウイルヒョウの定義で成り立っています。

このウイルヒョウの定義は、200年間にわたり、私達の中に固定観念として定着してきましたから、ほとんどの人がこの定義を基本とした療法を抵抗なく受け入れます。

この学説では、人が本来持つ自然治癒力・免疫力の存在は残念ながらありません。

ですが実際に、免疫を上げることでガン細胞の増殖を抑え、自然退縮させた方はたくさんいらっしゃいます。

どれを信じるか、どの方法を選ぶか・・・

自分自身です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)