低体温・低酸素はがんの道

がんをつくる血行不良を、自分でも感じることがあるでしょう・・・


それと同時に不調は・・・


その原因は、冷えです。

身体が冷えると、血管も冷えます。


血管の冷えは、血液の通りを阻害してしまいます。

血液がドロドロになってしまうと・・・

 

栄養も酸素もスムーズに運ばれなくなり、同時に体に不要なものを外に排出することもできなくなります。


1950年代の調査で、36.89℃だった日本人の平均体温・・・

 

今では35℃台という人がたくさん・・・


体温を自分で調整する機能が衰えているということです。


これでは、スムーズに酸素や栄養を運ぶことができません。


低体温、低酸素はがんの道です。


だから血流を良くすること

体を温め、栄養補助食品に運動そしてストレスを回避

 

明るく前向きに生きること


体が温まっているときは、血液の流れも良くなっているときです。

 

栄養補助食品を効率よく使うには、体を温める前や温めた時がベストです。

 

摂取した栄養補助食品も血管の末端までしっかりと運ばれていきますね。


また、じっとしていたり、同じ姿勢でいると筋肉が緊張し、血管を圧迫してしまい、その部分の血流が悪くなり、筋肉に酸素が供給されず、 肩凝りなどの痛みが発生します。

  
これを回避するには、適度な運動が必要です。


女性に多い手足の冷えも血行不良が原因です。


解消するには、手足の運動が一番


手を胸の高さまで上げ、手首を動かさず、グーパーを20回を1日数回


足も同じように、椅子に座り、足を持ち上げ足首を動かさず、指先だけを上下に動かす感覚で20回、これを1日数回繰り返します。


たったこれだけの簡単なこと

 

それでも血流は変わってきます。


私は運動前にもプロポリスを飲みます。


 たかが栄養補助食品と思うかもしれません

 

ですが使うタイミングが重要です。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がんになって出会った、プロポリス

突然のがん宣告

 

途方に暮れたあの日

 

でも今 思えば、突然ではなく、起こるべきして起きたガン

 

がん宣告を受ける前、私は長期間、度重なる体調不良に悩まされていたのです。
 

めまい、頭痛、倦怠感、極度な便秘、重度の肩こり、吐き気、原因不明の発熱など・・・

 

その度に病院で薬をもらい、点滴を受けていました。

 

プロポリスとの出逢いが私の体調不良を根っこから変えてくれました。

 

きっと同じ思いをしている人がいるはず・・・
 

苦しみから抜け出て欲しい・・・

 

そんな思いを込め、出来たのが 『蜂粋ゴールドプロポリス』 

 

蜂粋ゴールドプロポリスは、あのSNSでも大人気の Tokyo DDクリニック  院長 内海聡先生のうつみんセレクトショップ♪ さんで販売して頂いております

 

ぜひお試しくださいね

 

年齢+100日 

 

まずは体の変化を体感してください。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

条件が一致してがんの自然退縮が始まる

【がん治しは生き方なおし】

癌を克服した人たちは、療法はみんなそれぞれ違います。

しかし、今までの生き方を変えたという共通点があります。

がんを治す法則に気付き、取り組んだ人

自分が感じるまま実践したことが、実はがんを治す法則であったと後から知った人

さまざまですが、生命力を活性化させるための項目は共通しています。

バランスのとれた栄養で、体を温め、おおらかな前向きな心で過ごせば生命力は活性化されます。

色々やっているのに治らない・・・とよくご相談を受けます。

よく聞いてみると、あれもこれもといっぱいされていたりします。

あれも試した、これも試した、あれも効かなかった、これも効かなかった・・・

あちこちで色んな情報を聞き、結局自分に落とし込めてない人です。

自分で決めて取り掛かっても、新たな情報が入ればまた気持ちがブレる

有名人のがんの報道は影響を受けるようですね。

そして調べれば調べるだけ、不安が増え、心が揺れます。

結局、治らないのは物のせい、他人のせいになってしまいます。

これでは、他人との関係まで悪くなり、また孤独を感じるようになります。

そして交感神経を過剰にさせてしまい、リンパ球を減少させ顆粒球を増大させてしまうのです。

白血球は、生き方に影響を受けやすいのです。

不安や心配事はリンパ球を減少させ、ナチュラルキラー細胞が働かなくなります。

結果はそんなに早く、簡単には出ないのが当たり前

血液細胞の生まれ変わりは100~120日です。

リンパ球が増え、そこからやっと好転し始めるのです。

せっかく良くなりかけていても、残念ながら結果を焦ってしまったばっかりに、止めてしまい振り出しに戻ってしまう人も少なくないのです。

なかには2、3週間で劇的な変化を起こす人もいます。

これらの人は、悩むことなく強い強い決意で、良いこと悪いことを判断し、即行即止で実践しているからです。

そして、すべての条件が一致して癌細胞の自然退縮が起きているのです。

がん治しは、信念を持って黙々と続けること

続けることで治癒力が高まり、条件が一致して自然退縮が起きるのです。

大自然の恵み・自然界の波動をしっかりと受け取ることが出来れば、がんは治るのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

免疫アップだいこん湯

体の冷えは様々な病気を引き起こしてしまいますので、根野菜で体を温めましょう。


大根おろしでつくる 『だいこん湯』


大根をすりおろし:すりおろした生姜汁  を6:1(お好みで)器に入れます。




お好みでお醤油を少しだけ加えます。





そこに熱い番茶を注ぐだけ






完成です


簡単すぎ・・・

 

でも!結構な効能です




薬味で使う大根おろし


大根はすりおろすと、「イソチオシアナート」 と呼ばれる辛みの主成分が生成されます。


「イソチオシアナート」には、免疫力アップ、がん細胞抑制、消化酵素が胃腸を助け、殺菌効果まであります。


こんなに優れた効能がある大根おろし

 

使わない手はないですね!


ただし大根はすりおろして時間が経つにつれ、ビタミンなどが減少してしまいますので使う直前におろすことをおススメします


そして、この「イソチオシアナート」は、大根の皮付近にたくさん含まれていますので、皮のまま使いたいですね。


気になる野菜の農薬やワックスはしっかり落としてください



自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

 

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)











薬物への依存ががんの原因?

痛み止めを常時飲んでいた人



最初の頃は少しの量で効果があったそうです。



しかし、痛み止めは徐々に効かなくなっていき、気がつけば服用する量や回数が増えているそうです。



これは痛み止めに限ったことではありません。
 
 
 
抗ガン剤、抗生剤、その他さまざまな薬剤で言えることですね。




これが薬剤耐性なのです。




痛むから薬を飲んでいたはず
 
 
 
しかし、薬が切れたら痛みが出る体に・・・




これが薬物依存です。




薬物を求める体をあらわすのです。




痛み止めを飲めば飲むだけ、活性酸素が発生、血流が悪くなり体温を下げてしまいます。



がんが増殖しやすい体です・・・




すなわち、誰だって出来るだけ薬は最小限に抑えたいと思うはずです。




解熱剤なども同じです。




風邪などのとき、薬で熱を下げると血流が低下します。




血流が低下すると・・・
 
 
 
リンパ球が低下し菌やウイルスと闘えなくなります。
 
 
 
その影響でなおりが悪くなることも・・・




薬には、デメリットもあること・・・




そして、あくまでも対症療法であること・・・



 
急性期のときは薬の力を借りることも必要です。




まさに対症療法は急性期には素晴らしい力を発揮するのです。




なぜ痛むのか、なぜ病気になっているのか・・・その原因を考えてみることが大切です。




痛む原因、免疫力が低下した原因を取り除くこと・・・
 
 
 
 
そこに、目を向けてみることが大切です。





根本原因を取り除いていくことが、治癒への道です。



自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

 

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)






















 
 
 
 

がんは自分で治す意識と治せる自信が大切

ガンを告知されると大きな衝撃を受けますね。

まさか自分が・・・とショックです。

でも、告知されて良かったと思ってみませんか?

それは、生き方を変える大きなチャンスだから

今まで体に無理を与えていたからガンになったわけです。

その無理とは何だったのでしょう・・・

悩み、苦しみ、心の傷

つらい、しんどい、体の負担

いずれにせよ、自分の容量を超えた問題を抱えていたということです。

自分でつくったガン

心や体の限界に気付かせてくれたガンに感謝です。

気付いたら、なおせばいい

自分でつくったガンですから、自分でなおせるはず

周りの力を借りながら、ガンなおしのアイテムを上手につかいながら

しかし、基本は自分です。

自分がなおすという意識と、なおせる自信を持つことが大事です。

不安で仕方ない人は、自分を信じられていないから

自分が信じられないと、数値や人の言葉に振り回されてしまいます。

そして、不安がさらに大きくなり負のスパイラルに陥りやすくなるのです。

自分でなおす・自分を信じる

心を鍛えるのも毎日の訓練です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

いわしのパワー

我が家の一品

{5F88DD94-4DA0-4A4F-8620-3C2021D0BD0C}

美味しそうなイワシを、早速 お料理しました

{E2FDE8C2-19C1-40D9-B8DA-FC275FDF3F29}

イワシはビタミンDがとても豊富

お魚のなかではトップクラスの含有量を誇ります

ビタミンDは、インスリンの分泌を促す作用があるので、糖尿病の予防にも・・・

高血糖はがんの道!!

血糖値が気になる方におススメです

また青魚の脂に多く含まれているEPAは、血液の流れを促しますので、血小板が固まるのを防いでくれます。

まさに血栓予防です。

体内で生成することができないEPAは、食品から摂る必要があります。

食材も学びながらお料理すると楽しいですよ。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長のブログ

塚本みづほ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

生命の原動力となるもの

【今日の心の持ち方】

「ありがとう」

「おかげさま」

心から発する言葉は

人を動かします。

環境を変えます。

発する言葉が生命の原動力となるのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

幸せホルモンでがんを乗り越える生き方

嬉しい、楽しい、好きなど、これらの愛の感情は、ドーパミンやβエンドルフィンという物質が脳内に大量に分泌されます。

これが「幸せホルモン」と呼ばれるものです。

幸せホルモンが分泌されると、前向きな明るい気持ちがどんどんわいてきてます。

そして、ドーパミンやβエンドルフィンなどの物質は血液にのって全身に流れ、これらの物質に刺激されたナチュラルキラー細胞は元気になります。

悲しい、寂しい、嫌いなど、これらの負の感情は、アドレナリンという物質を分泌し、活性酸素を発生さます。

これが 「ストレスホルモン」 と呼ばれるものです。

活性酸素とともに細胞を酸化させナチュラルキラー細胞の働きを弱めてしまいます。

ストレスホルモンが大量に分泌されると、心と体の病気を引き起こすことになります。

大量に分泌させないことが大事ですね。

ナチュラルキラー細胞の働きを弱めてしまうようなことは、適度に自分から離すことです。

幸せホルモンが分泌されるように、自分が好きになり楽しいと思うことをすることも、がん治しのひとつなのです。

がんを乗り越えた方は、みんな、生きることに喜びを見つけています。

楽しく毎日をして過ごしています。

楽しみが見つけられない人は、まずは人が喜ぶことをしてみてはどうでしょう。

人に喜んで頂けると、「ありがとう」 の言葉がもらえます。

「ありがとう」 をいわれると誰でも嬉しくなりますね。

そして、喜んで頂けることが、楽しくなります。

人から頂く 「ありがとう」 の言葉は、最高の幸せホルモンを分泌させてくれます。

「幸せホルモン」

「ストレスホルモン」

あなたは、どちらを分泌してますか?

幸せホルモンを分泌してがんを乗り越えましょうね。

~ 自分の体は自分で守る ~

がん自然療法の秘訣とは・・・(抗がん剤・放射線・手術だけに頼らない)

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

ご相談・お問い合わせは

☎0849251271  (8時~20時 土日祝も受け付けております)

混み合う時間帯:18時~20時

※混み合っている場合は、こちらから折り返しお電話させていただきます。

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自然の恩恵を受けてがんを癒す

自然の恩恵を受けた私が、皆さんに伝えたいものがブラジル産ユーカリ系プロポリスです

『なぜ、昔から がんの人が飲んでいるの??』

よく聞かれる質問ですが・・・

お伝えしますので直接、お聞きくださいね

そして、蜂粋ゴールドプロポリスは、あの 【医学不要論】 のご著者・Tokyo DD Clinic 院長、NPO法人薬害研究センター理事長・

内海聡先生のうつみんのセレクトショップで販売して頂いております

https://utsumin.com/

うつみんセレクトショップはこちらアップアップ

プロポリスはなぜ必要?

ご相談・ご質問は・・・

☎0849251271

(経験者とプロポリス認定アドバイザーが詳しくご説明します)

私が毎日愛飲する・木樽熟成プロポリス

http://www.qualitypro.jp/health-food

詳しくはこちらアップ