治療への不安・恐怖感を取り除く

日本には130万人を超えるガン患者がいるといわれています。

そのうち半数が、治療への不安、不信感でさまよっているとも・・・

末期で病院からも手の施しようがないと言われ絶望に陥っている

余命宣告を受けてまでつらい治療は選択したくないと考える

治療に不安を持ち、自ら病院を離れたいがどうしてよいかわからない

このような不安を抱え、時間を過ごされている方がたくさんいます。

特につらい治療に耐えたにもかかわらず、数カ月で再発、転移をしてしまえば、心が折れてしまいます。

また、抗ガン剤の壮絶な副作用で心まで弱り切ってしまうとどんどん衰弱する

体以上に心が壊れていく恐怖感・・・

悲しいですが、この苦しみを抱えて過ごす人が多いのが現実です。

周りの人が心配をしてくれて色々とアドバイスをしてくれて有り難いのだけれども

理解は出来ても、腑に落ちるというところまでいかず、またひとりで悩んでしまう・・・

苦しみが苦しみを生んでしまいます。

そうだな・・・と納得される方も多いと思います。

この苦しみから抜け出すには、自分を信じるしかないのです。

そして、がんが治る生き方をすることです。

がんは治ると念じ、がんが治る生き方を実践することで心の苦しみから解放されていきます。

念じる力が強ければ強いほど、恐怖感も和らいできます。

自分を信じることが出来たら、心は穏やかになります。

冷静に自分を観察してみると、愚かさに気付かされます。

自分の愚かさに気付き、生き方を180度変え、末期ガンを克服した人はたくさんいます。

私の愛用品はこちらから

心の苦しみは、体の苦しみ

心の喜びは、体の喜び

心と体が喜ぶ生き方をすれば、がんは上手に共生してくれ、やがて消えていくのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自然栽培玄米麹とミネラルたっぷりの天然塩で作る塩麹

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

待っていた麹が昨日無事届いたので、塩麹を作りました

自然栽培米の玄米麹を使います

生きた麹は酵素をたっぷり含み、ミネラルたっぷりの天然塩で塩麹にすることで、さらに酵素の働きが活性化されます。

ミネラルたっぷりの天然塩にも絶対的こだわりがあり、私は「心と体にしみる塩」しか使いません。

この天然塩は満潮時の海水をセラミック(陶器)を敷き詰めた塩田に引き込み、天日とセラミックのふく射熱だけで濃縮して結晶化。

さらに、半年以上寝かせることによって、まろやかな甘みが生まれています。

塩麹は混ぜて常温で2週間発酵させるだけ

麹と塩の割合さえ間違わなければ誰でも出来ます

酵素はとても重要な働きをしてくれますが残念ながら市販の塩麹のほとんどが死んでいます。

生きた塩麹は自分でつくるのが一番です

酵素を動かすのはミネラルです

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

動物性食品は腸を汚し有害物質を作る

食が病をつくり、食が病を治すと言っても過言ではないでしょう。

『動物性たんぱくこそ、優良』

『最も理想的な栄養源は、高たんぱく、高脂肪、低炭水化物である』

肉や、卵、乳製品などの動物食をしっかり食べるように教えてきたドイツのフォイト氏

この栄養学は、今でも現代医学のなかでうたわれています。

それを覆したのが、アメリカのマクガバン・リポートです。

『アメリカ人を悩ませるガン、心臓病、糖尿病などの病気の大半は、食事の間違いから起こっていた』

『今すぐに食事を改めなければならない』

アメリカのマクガバン・リポートより 今村光一さん翻訳

間違った食がガンをつくります。

これを裏付けるさまざまな報告があげられています。

肉好きの人は、ガン死の危険性が4倍、5倍と高くなります。

大腸ガン、乳ガン・・・

本来、穀物を食べるように出来ている人間の体は、肉食動物に比べ、腸の長さが4倍も長くなっています。

長い腸を通過していくうちに、肉は腐敗してしまいインドールやスカトールなどの有害物質を発生してしまいます。

その結果、有害物質で血液が汚れ、血流が悪くなります。

血流が悪くなり、毒素が溜まると悪玉菌が増え、腸内環境が悪くなります。

腸内環境が乱れると、抗酸化力が弱まり、活性酸素の除去が出来なくなります。

必要以上に増えた活性酸素は、正常細胞の遺伝子に傷をつけ、ガン細胞をつくっていきます。

腸は、非常に重要な臓器といえます。

免疫機能の7割が集中する腸

肉だけでなく、卵、牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品も腸を汚してしまいます。

ガンになったら、腸をキレイにすること

動物性食品は摂らない自助努力は必要です。

私の愛用品はこちらから

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんは最高の主治医・治療家は自分自身

本当にがんを治せるのは、癌である自分自身だけです。

自分自身が主治医であり治療家なのです。

そのサポート役が家族が周りの人達です。

私自身、病に倒れたとき、まず周りをみました。

友人、知人に癌の人がいましたが、残念ながら私の周りでは治った人がいなかったのです。

つらい治療をしたにもかかわらず最後は別人のように変わり果てた姿で亡くなっていく・・・

なぜなの・・・?

考えただけで、とてつもない恐怖感に襲われました。

そう気付くまでは、不安や恐怖感で家族にも散々当り散らしていた私がいました。

毎日毎日泣き続け、家の中は負の言葉だらけ

カーテンも開けたくない日が続きましたね。

体だけでなく心にまで癌が出来た私・・・

まさに負のスパイラルに陥っていたのです。

本当にこのままでいいのだろうか・・・

こんなことをしていても治るわけがないと・・・

そんな私にたったひとつの出逢いがあり、気付かされました。

このまま病院や人に依存すると癌は治らない、と思ったのです。

だから自分で治すというところに意識を向けたのです。

変わろう、心の癌を取り除こう、体の癌に消えてもらおう、自分で治そうと決心しました。

私の愛用品はこちらから

今日から自分が主治医です。

今日から自分が癌の治療家です。

そして、家族が助手となってくれました。

そしたら、今までつらくて悲しくて怖くて涙が出ていた私ですが、その日以降の涙は感謝の涙に変わったのです。

夫は毎晩毎晩、私の癌にそっと手を当ててくれました。

ありがとう、ありがとうを繰り返しながら、1時間以上の時間をかけ手のひらで癌を温めてくれました。

子どもたちも同じようにしてくれました。

不思議なくらい 体が温かくなり、夫の手のひらも温かくなった感覚を今でも忘れません。

決心をしたあの日から私の心のなか、「死にたくない」 から 今生きていることに感謝しようという気持ちに変化していました。

朝は、家じゅうの窓を開け、生きた花を飾る

朝陽とともにご先祖様に感謝する

トイレはいつもピカピカに素手で磨く

朝起きたら まずは 「ありがとう」 を百回言って、今日の思考を自分の脳に覚えさせます。

そんな毎日を送るようになりました。

がんを治すことって、食事や温熱や運動も大切だけれども、それだけではないのです。

それ以上にがんを治す 「場」 をつくることが大切

そして心の癌を取り除くことが最も大切なのです。

自分で治すと決めたら、多くのことにに気付かされます。

暗く淀んだ場では、神様は味方してくれない

こんな愚痴、泣き言の生き方をやってても、がんが治るわけないのです。

がんを治す場(家のなか)はいつも綺麗で明るく、良い氣を入れる

波動を上げれば、運が良くなる

運が良くなれば、困難を乗り越えれる出来事や奇跡、出逢いがたくさん起きるということに気付かされたのです。

おかげさまで今があります。

がんを治すのは自分です。

最高の主治医、治療家は自分であることに気付けたら、心も体も大きくかわってきます。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんを治すきっかけ・健康食品の活用

癌になると、がんに効く健康食品はないかと探している人も少なくありません。

医療だけに頼ることの不安もあり、また治療の副作用を軽減させたいためであったり、落ちている免疫を高めるためであったりと、様々な目的で健康食品を飲まれているようです。

健康食品やサプリメントを飲めば癌が治るという考えで飲むのは、間違いと思います。

しかし、健康食品を飲んで癌が治った人はたくさんいます。

これは健康食品やサプリメントの栄養や有用成分によって、免疫が高まり、それが癌が退縮していくきっかけとなったということでしょう。

ですからとくに不思議ではないことですね。

実際に癌が自然退縮した人は、かなりの高い確率で何らかの健康食品を摂っています。

つまり健康食品をきっかけに生き方を変える取り組みをした結果、癌が退縮していったのでしょう。

がんが治る生き方のきっかけとなるアイテムということです。

健康食品やサプリメントなど効くわけがないと、お医者さんはよく言われたりするようですが、実はお医者さんも同じだったりします。
(非常に残念ですがなかには粗悪品もたくさんありますので注意する必要はあります)

私も健康食品が人生を変える大きなきっかけとなりました。

私の愛用品はこちらから

毎日恐怖に襲われていた私にとって、健康食品は身を守ってくれる神様のような、また強い武器のような存在になってくれたのです。

恐怖感や不安感に支配され、全くの余裕もなかった私ですが、おげさまで心に空間が出来たのです。

その空間、ゆとりができたおかげで、自然と自分の生き方、思考に目が向くようになったのです。

そして、がんを治す生き方が取り組めたのです。

この価値はとても大きなものだったと思います。

ここで気を付けることは、依存しないことです。

健康食品は心にゆとりをもたらしてくれるアイテムです。

大切なのは日々の食事であり、健康食品はそれを補う栄養です。

日々の食事を大切に考え、健康食品を選ぶときも、食品と同じように無添加であることはもちろん、天然素材でつくられているもの、原材料が無農薬栽培であること、また製造工程、使用容器などをしっかりと聞いて買われることをおススメします。

健康食品といっても薬品を用いているものもたくさんありますので、きちんと確認することが大切です。

そして大切なことは、自分の直感に従うことです。

迷いに迷い、たくさんの種類の健康食品、サプリメントを摂られている方のいますが、1種類か2種類までにとどめた方が、良い結果を出されているようです。

バランスのとれた栄養と、体を温め、明るく前向きな心で生きることが、がんを治す近道です。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

がんと心・がん細胞を正常細胞に戻す

がんを治すには心も持ち方が重要になります。

癌になると治療法にとらわれがちですが、もっとも大切なことは心

そして、最も苦戦する部分です。

不安をどう乗り越えるのか

恐れをどう取り除くのか

悲しみをどう喜びに変えていくか

これも治療のひとつです。

癌と心は切っても切れない関係

特に自分の持つ自然治癒力によって癌を治す自然療法では、心の持ち方、心のあり方がとても重要になってきます。

これには、まず癌と闘わず、癌も大切な自分の体の一部として受け入れることから始まります。

闘うと心も体も疲れます。

癌と闘うということは、自分の体(細胞)を攻撃しているのと同じ

つまり自分の体を痛めつけているのです。

体を痛めれば、心も痛み、不安、恐れ、悲しみが増えてしまうことも・・・

恐れや悲しみ、闘う心はアドレナリンやドーパミンが放出され、血圧や脈拍、血糖値が上がってしまいます。

この状態が続くと免疫力まで低下してしまうことにも・・・

癌=自分の大切な細胞です。

自分の間違った生き方によって、正常細胞を変化させてしまい出来たのが癌

がん細胞も元々は自分の正常な細胞だったのです。

だから癌は攻撃するのではなく、癒して元の正常細胞にもどしてあげるのです。

癌細胞も自分の心も体も傷つかずに治していくことが理想ですね。

癌を攻撃すれば、自分の体も傷つきます。

攻撃すれば、苦しみは自分に返ってきます。

ズタズタに傷つかないと気付かないこともたくさんありますが、出来ることなら深く傷つく前に気付いて頂きたいと、経験したからこそ思い、伝えます。

栄養を隅々まで行き渡らせ、ふんわりと温め、おおらかな心で過ごすことで体は回復へと向かいます。

体が正常な状態になれば、自然と癌は退縮していくのです。

これが、自然治癒力です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

蜂粋ゴールドプロポリスが出来るまで

蜂粋ゴールドプロポリスが出来上がるまでの工程です

ユーカリを起源植物としたプロポリスの原塊を、厳しい検査基準のもと国内の工場で行っております。

まずは、プロポリスの原塊を溶解しやすい食用アルコールで漬け込み、抽出、ろ過します

さらにアルカリイオン水に漬け込むことにより有効成分を最大限抽出することができています

そして、そして・・・

二段階抽出したプロポリスを木の樽で、10年以上の歳月をかけ長期熟成させたものが蜂粋ゴールドです

熟成時に容器の成分が溶け出さないよう安全性を考え、木の樽で熟成させています。

長期熟成させたプロポリスは、コロイド化が進み、体に吸収されやすくなります。

熟成されることで、さまざまな物質を無毒化し、成分の増幅を促進させ、味と香りをまろやかになっています

過去にプロポリスを飲んだことのある方は、蜂粋ゴールドプロポリスを飲んで、味がとってもまろやかであることに驚かれます

蜂粋ゴールドプロポリスは、安心・安全な無添加プロポリス

蜂が樹液を摂ってくる起源植物もユーカリを限定とし、オーガニック認証を取得

私の愛用プロポリスはこちらから

ガンの方だけでなく、お子様から、おじいちゃま、おばあちゃままで、ご家族で愛して下さっています

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

日本の農薬使用量は世界トップクラス

中国産のものは、ちょっと・・・

海外のものは、ちょっと・・・

と言われる方、多いですね

では、日本の野菜はどうなのでしょうか・・・

日本の野菜、果物への農薬使用量は、世界でもトップクラスですよ

以前にもお伝えしましたが、イチゴの農薬使用基準は、他国の4倍、5倍、6倍といった極めて高い数値になっています。

特にイチゴは丸ごと食べる果物ですから、そのまま農薬が体に入ってしまいますね

お茶の葉などは、恐るべき農薬基準です。

毒性が強いため、他国では使用禁止になっている農薬でも、日本は規制がない状況です。

中国より、農薬使用量が高い日本の野菜はたくさんあります。

特に、グリホサート系の農薬は、発ガン性が高く専門家からも危険性を指摘されています。

なぜ、こんなに農薬を使うようになったのでしょう。

それは、安全性より、とにかく安く買いたい消費者のニーズと、虫食いの野菜は不衛生と考える人が増え、綺麗な野菜でないと買わない、といった考えから、農薬野菜が主流となったのではないでしょうか・・・

日本の野菜、果物は安心と思わず、選んで買うことですね

そして、大切な家族の健康のためにも、農薬を除去を家庭でしっかりとされることをおススメします

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

里芋で解毒・がんに良いと言われる民間療法

ガンなおしにとって、里芋は切ってもきれない存在です。

里芋は、毒性を引き出してくれる作用があります。

里芋に含まれるムチンというヌメリの物質が、肝臓や腎臓の働きを助け、補益するともいわれています。

これらの性質を利用したのが、里芋パスタ(湿布)です。

【里芋パスタ】

里芋・・・適宜
生姜・・・里芋の1割
小麦粉・・・里芋と同量
自然塩・・・少々
ゴマ油・・・少々
ガーゼ

里芋は、厚めに皮を剥きます。

皮を剥いた里芋をすりおろし、生姜もすりおろして混ぜます。

その中に、自然塩を少々入れ、混ぜ合わせます。

最後に、里芋と同じ分量の小麦粉を少しずつ加えながらしっかりこねます。

目安は、耳たぶの軟らかさです。

ガーゼなどの布の上に、練った里芋を厚さ1センチくらいでのばしていきます。

体に貼り付けた時に、里芋が広がってもいい様にガーゼの上下左右3センチはあけておく方が良いですね。

あらかじめ、かぶれやすい人は、患部にゴマ油を塗っておきます。

患部に、里芋面を当てて貼り付けます。

この状態で4時間、里芋湿布の効果が保たれます。

里芋湿布の前に、生姜湿布で血行を良くしてから行うのが基本です。

湿布が冷たく感じるようであれば、カイロを上に貼るなど工夫するといいですね。

ガンなおしは、手間と時間、毎日の自助努力が大切です。

解毒をしっかりとしていきたいですね。

大自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

抗がん剤によって、がん細胞は自らの遺伝子を変化させる

癌が治らないのはなぜなのか・・・

抗がん剤論争は止みそうにありません。

抗がん剤はもともと毒ガス兵器が起源なのですから、体にとって悪いことはわかっています。

でもそれ以上に癌の方が悪者なのでは・・・と不安になり、抗がん剤をするかしないか悩んでいると言われます。

抗がん剤、放射線は癌に対して耐性をつくってしまいます。

そして癌細胞はたちまち自らの遺伝子を変化させ、さらに狂暴化させてしまうのです。

これらを理解、納得したうえで抗がん剤を選択するべきです。

抗がん剤には二次発がんという副作用があります。

つまり再発転移が起きても、誰を責めることも出来ない状況なのです。

にわかに信じがたい アメリカ下院議会での 「抗ガン剤による化学療法は無力だ」 という米国立ガン研究所(NCI)所長の証言(1985年) は衝撃的なものです。

NCIは、世界最高レベルのがん研究機関です。

この内容は、抗がん剤によって癌が耐性をつくってしまうということ・・・

私たち人間の体は攻撃されて潰されそうになっても、生き残るためにまた新しい細胞をつくろうとします。

しかし、抗がん剤などの毒性の強いものが体内に入ってしまうと血液が汚れ、それによって正常な細胞はつくられなくなり、また癌細胞をどんどんつくってしまうのです。

癌は血液の汚れからつくられる細胞です。

私の強い味方はこちらから

癌を治すには、血液を汚さないことが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)