プラスの心理とマイナスの心理の折り合いをつける

ガンになって、今まで当たり前と思っていたことがそうではなかったことに気付かされたり、人の言葉や優しさが身にしみたりします。

ガンは死を連想させます。

人はいつか死ぬものとわかっていても、こんなに早く自分が死と向き合うことになるとは思ってもいなかったでしょう。

不安でいっぱいになると周りが見えなくなります。

気付きや感謝というプラスの心理と、不安や苦しみから愚痴、泣き言というマイナスの心理が入り乱れ、心のバランスが取れなくなります。

人間ですからどんなときもプラス思考で完璧な人ばかりではないでしょう。

プラスとマイナスの折り合いをつけることが大切です。

マイナスに傾いているとき、自分のことだけになっていませんか?

人が喜ぶことにエネルギーを使ってみる

自然とプラスの心理状態になります。

末期ガンから生還した人は、人様のためになることをしています。

自分の残されたエネルギーを人様のためにつかっています。

どこかで人は生きている証を求めています。

認めて欲しから、人様のためにいきるのです。

人様に喜んで頂けたことによって、自分の大きな喜びとなる

喜びは、生命エネルギーにスイッチをいれ、細胞が活性化されます。

人様のために生きたことが、結果、自分にかえってきているのです。

明るく輝いた人生を手にいれましょう

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

子どものシロップ剤は抵抗ない?

甘いものは、体に悪いから!

飴やチョコレートなど甘いお菓子、ジュースは小さな子供に与えないよう制限されているお母さん

正解ですね!

お砂糖は脳を破壊してしまいますから

でもね…

病院で出されたシロップ剤は、なんの抵抗もなく飲ませてるお母さん

実は、シロップ剤にも、ジュースなどに使われている甘味料 果糖ブドウ糖液が使われていますよ!

薬を使わない薬剤師・宇多川久美子先生のご著書にも…

子どもが飲みやすいように甘くしたシロップ剤は簡単に腐るので、防腐剤を入れます。

そして、見た目がいいように「赤色◯号」などで色をつけるのです。

と書いてありますよ!

錠剤も同じですね

甘味料、防腐剤、着色料を気にしてお菓子やジュースは与えないよう気をつけているのに、こんなところにも使われてますよ!

それ以前に、お薬って本当に危険はないのか考えてみた方が良いですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自然治癒力によってがんが自然退縮に向かう時

がんを治すには、強い精神力が必要です。

人が最も恐れるものは苦難です。

苦難を天の試練だと思い、耐え忍ぶことが出来るかどうか・・・

どんなときも動じない、ブレない精神力

そして、どんな時も喜びを見つけ、感謝する心を持って、笑顔を絶やさない

まさに訓練、修行の世界です。

何かを乗り越えようとすると、苦難が押し寄せてきます。

がん治しも同じです。

癌は、全身の血液の汚れを一ヶ所に集め、毒の塊となってくれています。

免疫を上げ、毒素の排出をして、自然治癒力によってがんが自然退縮に向かうとき

腫瘍マーカーが急激に上がる

(500から10000位にあがることも)

増殖が止まり、がん細胞が壊死していくとき細胞が膨張する現象がおき、腫瘍マーカーと画像での腫瘍増大が起こる

追い詰められた癌細胞はリンパ節へと転移する

その後、自然退縮が起きると安保医師も言われていますね。

この現象をどう捉えるか・・・

また、心がブレずにいることが出来るかどうか・・・

多くの方は、病院で 「このままのスピードだと長くは生きれません、大変なことになりますよ」 と言われ治療を開始します。

今までやってきたことが、一気に覆される瞬間です。

試されるときなのでしょう・・・

自分が決めたことを貫き通した人は、自然退縮をしています。

多くのがん患者さんを見てきて、何が正しいではなく、信念を持ち続けることで結果が生まれてくるのだと、強く感じます。

ときにはブレそうになることもあるでしょう。

選択を迫られたとき、他人に委ねてしまいそうになるときもあるでしょう。

数ヶ月後、弱り切ってまたお電話を下さる方も少なくありません。

苦難の向こうには大きな喜びがあると信じ、しっかりと足を踏みしめて頂きたいとせつに願っております。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

瞑想と呼吸法で細胞の活性化

私たちは、無意識に息をしています。

自分の呼吸が深いか、浅いかはなかなか気付くこともないでしょう。

ストレスがかかっていると、交感神経が優位になり知らず知らずのうちに浅い呼吸になっている可能性があります。

悩みごと、ストレスを抱えていると、顔色も悪く、血流の悪さがうかがえ、低酸素状態をつくっています。

これは、ガン細胞が増殖する原因です。

ガンは、酸素が不足すると増殖します。

人間は、恒温動物であり生きていくためには一定の酸素と体温が必要です。

私たちの呼吸によって、体の中の60兆個の細胞も呼吸をしています。

細胞にも酸素が届けられ活性化することで、健康が守れているのです。

酸素をしっかり取り込むには、副交感神経を上手に使って生きることです。

1日1回 瞑想しながらしっかりと酸素を取り込む呼吸を意識的にしてみると良いでしょう。

リラクッスして、目を閉じ、口からゆっくり息を吐き出します。

副交感神経を優位にしていきます。

自分のなかの悪いものが抜け出ていくようなイメージを描きながら、出来るだけゆっくりと長く吐きます。

吐き出したら今度は、なりたい自分をイメージしながら鼻でゆっくりと息を吸い込みます。

胸にしっかりと空気が入っていくことを意識していきます。

心のなかで、ありがとうを唱えるといいでしょう。

瞑想は、無理に無になる必要はありません。

なりたい自分をしっかりイメージして、自分にコミットメンとすることで、現実の自分の行動を変えていきます。

瞑想、呼吸法をすると体温が上がってきます。

朝は朝陽に向かい瞑想すると、エネルギーに満ち溢れた1日を過ごせます。

夜は、照明を少し落とした静かな落ち着いた空間でを活用すると副交感神経がしっかりと優位になっていきます。

心と体の毒だしにも瞑想や呼吸法は効果的です。

また、お休みの日は森林浴をなどを楽しみ、樹木の香り感じたり、新鮮な空気を取り入れるなど、癒し効果のある場所に身を置くことは非常に有用的になりますね。

リラックスすると、自然と酸素がしっかり入ってきます。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんの原因は自分にあることを自覚する

ガンなおしで一番大切なことは、食事療法でもなく、運動療法でもありません。

ガンが出来たのは、自分に原因があると自覚することです。

ガン家系だから・・・そんなことを言っている間はガンはなおりません。

なおらない、なおらない、と嘆いている人もなおりません。

自分に原因があるから、なおらないのです。

誰のせいでもなく、なおらないのは自分に原因があるということをしっかりと見つめることは大事ですね。

その治療を選択したのも自分

それも自分の責任です。

食事療法に毎日励んできたけど、転移をしてしまった・・・と相談してこられた方がいます。

毎日笑ってますか・・・? とおたずねすると、笑うことを忘れていたと言われました。

その方にとって食事は、ガンをなおすためのものであり、感謝して頂くことなど忘れていたそうです。

どんなに完璧な食事をしても、毎日しかめっ面をしていては、ガンはなおらないですね。

ここにもなおらない原因があったわけです。

また、健康食品でガンがなおった、温熱療法でガンが消えた

ここに興味を持たれますが、ガンを克服した人たちは、決してこれだけでガンをなおした訳ではありません。

愚かな自分を見つめ、覚悟をもって自助努力に励んでいます。

ガンという塊をつくったのは自分

だから自分でなおすしかないことを覚悟して取り組んでいます。

そして、生きていること、今ここのいることに心から感謝をしています。

私たちは、決してひとりではなく、ご先祖様をはじめ、多くの人に守られ支えられて生きています。

感謝することは数えきれないほどあります。

心から感謝を持てたとき、恐怖心や不安は自然と薄れていきます。

ひとつでも多くの喜びを見つけ、『ありがとう』 をたくさん言ってみませんか?

『ありがとう』 は感情のなかの最高峰です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんは自分で治す意識が大切

本当にこのままでいいのですか?

と言いたくなるような方がたくさんいらっしゃいます。

病院での標準治療しか知らない

だから病院から、もうこれ以上出来ることはない、と言われたから終わりだと思ってしまう

なおらない、しかも状態は悪くなっているにも関わらず、西洋医学に依存している

ガンは自分でなおすという意識が絶対に必要です。

そして、ガンの療法は自分で学び選ぶものです。

病気は薬でなおす、病気は病院でなおす、と育てられた日本人は何の疑いもなく西洋医学一辺倒でガン治療をしている人が大半です。

アメリカは違います。

ガン治療には、半数以上の人がヒーリングやアロマ、健康食品などを使った代替医療を取り入れています。

どんな治療をしても、免疫を高めなければ意味がないということです。

つまり自然治癒力を高めるということを大切にしています。

日本人も遅れながらも少しずつ気付き始めています。

ガンでつらい治療をしたにも関わらず、亡くなっていく人を見て疑問が出てくるものです。

私もその一人でした。

私が目にしたカリフォルニア大学のハーディン・ジェームス博士の衝撃的な言葉

「治療を拒否した患者の平均余命は12年6カ月である。しかし外科手術、その他の(ガン)治療を受けた患者は平均すると治療後わずか3年しか生きていない」

「原因は手術による外傷が、生体の防衛機構に影響したためである、と私は考える。人体には本来、あらゆる種類のガンに対抗する防衛機構が備わっているのだ」

その言葉は衝撃でもあり、考えるきっかけとなりました。

確かに、この前まで元気だった人が手術と同時にどんどん弱り、数ヶ月後にガンが再発

そんな方も少なくありません。

ガンは切ったら治る、そう思っていたはずです。

一方、末期で手術不可能と言われたことを機に、すべての治療を断り、食事や健康食品、運動、温熱など自分に合った自分療法を見つけ元気に過ごしている方もいます。

この差は、まさに免疫力です。

そして、毒だしが出来ているかどうです。

「ガンは自分でなおす」 この意識がすべてを変えますね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

身を置く環境でエネルギーが変わる

ガンを克服して感じたこと

ガンなおしって大事なことは、療法だけじゃない

もっともっと大事なことがある

療法ばかりに目を向けているの、もっと大事なことを見落としてしまってます。

自分が身を置く環境

これが大事です

健康で生き生きとしている人

ポジティブでエネルギーに満ち溢れている人

自分の夢をすでに叶えている人のそばに身を置くことが大事です。

身を置くことは、距離ではなく、関わるということです

こんな人になれたら素敵

こんな風に健康を手に入れたい

こんな豊かな生き方をしたい

会ったり、会話したりしてエネルギーを感じる

すると自然と同じエネルギーとなっていくものです。

関わる人によってエネルギーが変わる

まずは自分が身を置いている環境を再確認してみることですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

生き方に合わせて、生命を維持する働きが起きている

私たちの体内では、生き方に合わせて生命を維持するために働きが起きています。

ガンという病もそのひとつです。

自分の意識に関係なく生命の働きは体内で起きていますが、実は自分の生き方そのものがすべてを支配しているのです。

自然の摂理にそっていれば病気になることもなかった

違う生き方をしていれば病気になることはなかった

気付けたら感謝ですね。

病気をなおすためには、自然の摂理を学べばいい

病気をなおすためには、生き方を見直せんばいいのです。

私も気付かせて頂いたひとりです。

自然の摂理を無視してきた私がいます。

無理な生き方をしてきた私がいました。

ガンに出逢い体得したライフスタイル

今、生かせれていること

そして、今日のこの時間を家族とともに迎えることが出来ることも奇跡です。

食事、睡眠、運動は大切なことです。

しかし、それ以上に大切なことがあることを伝えてきました。

ものごとの捉え方を変えてみる

ちょっとしたきっかっけで人は変化をします。

別人のように元気になっていかれた方はたくさんいらっしゃいます。

すべて自分自身の気付きです。

新たな価値観の構築で、心豊かに美しく生き生きと輝いて生きてみませんか?

捉え方が変われば、体も変わります。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治しは家庭治し

心が体をつくります。

病気は、ライフスタイルの警告

このすべては、家庭生活からつくられています。

生活のなかで楽しみや喜びを感じることが大切です。

愛し合い、認め合う父と母の間に生まれた子は、多くの祝福を受け、愛され認められ、心身共に健全な成長をします。

人が愛し合うことも、認め合うことも、その子どもにとっては当たり前のこと

社会に出ても、親と同じように人を愛し、認めていくことが出来ます。

そして、親となっていきます。

逆に、いがみ合い、けなし合う父と母の間に生まれた子は、孤独を感じ、悲観的で自分に自信が持てず、いつも寂しさと不安を抱えています。

社会に出ても、人間関係がうまくつくれなかったり、何より自分を愛すことが出来ない人になります。

そして、悲観的な思考癖が根付いてしまい、現実をつくってしまいます。

すべては、家庭です。

どんな人でも、毎日数千から数万のガン細胞が生まれてきています。

ガン細胞を退治してくれているナチュラルキラー細胞の働きが活発だと、ガンになりにくいとされています。

そして、ナチュラルキラー細胞を活性化するのは笑い

笑うと生成される神経ペプチドは、血液やリンパ液から流れ、ナチュラルキラー細胞にくっつき、ガン細胞だけでなく免疫に働きかけ、病気を防いでくれています。

真の健幸美の絶対的条件は、明るい家庭

病気をなおしは、家庭なおしから・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ナスと味噌のコンビネーション

原産はインドで、日本へは奈良時代に中国を経由して渡ってきたそうです。

なすは、『正倉院文書』の中にも出てくる、由緒あるお野菜ですよ

なすの紫紺色の皮には、ナスニン(ポリフェノールの一種)というアントシアニン系色素が含まれています。

アントシチニンは活性酸素の働きを抑制し、ガンや動脈硬化、高血圧などの生活習慣病を予防する効果があります。

ガン予防に良いと言われているなすですが、体を冷やす作用をもっています。

のぼせなどにはおススメですが、食べ過ぎると体を冷やしてしまい、ガン予防には逆効果となります。

冷やす作用を活用して、軽い火傷には、冷蔵庫で冷やしたなすで湿布をするといいですよ!

我が家のなす料理

ゴマ油でなすを焼き、水で溶いた生味噌をさっとかけ、さいごにゴマをふりかけます。

器に盛ったあとに、抗酸化のネギをたっぷりのせて完成です

なすと生味噌の愛称は抜群です

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)