大根を使った民間療法

大根シロップ・大根のど飴は、昔から伝わる民間療法です

大根に含まれるビタミンCは、大根の中心部分よりも皮のほうが約2倍も多く含んでいると言われています。

皮はむかずに、丸ごと使うことをおススメします!

ビタミンCは、風邪予防やストレス緩和に効果があり、また、発ガン性物質の生成も妨げると言われています。

そこで、民間薬として昔から親しまれてきたのが、大根シロップや大根のど飴と言われるものです。

風邪の引きはじめや、のどの痛み、炎症などの改善にとても有用です。

【作り方】

大根を皮のまま、さいの目に切り、タッパーなどの容器にいれます

大根がかぶるように、はちみつをたっぷりかけ、ひと晩おきます

大根のエキスがしみ出たはちみつを飲みます。

紅茶や番茶に入れて飲んでも、体も温まりいいですね

また、水か、ぬるま湯で薄めて、うがいに使ってもいいですね

特に、薬を避けたい小さな子どもさんの咳などには、ぴったりです

もちろん大根も食べれますよ!

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

玄米とリッキーガット症候群

食事療法で一番 悩まれること

玄米が良いかのか悪いのかです。

玄米に関しては、賛否も様々ですね。

玄米は確かに、農薬の問題をクリアすれば、栄養面からみてもかなり優れた食品です。

ビタミン、ミネラル、食物繊維などを豊富に含み、白米に比べると天と地の差です。

そして、玄米は、白米のように急激に糖を吸収する心配がないことからも健康食として、とても評価されています。

しかし、問題となっているのが玄米食によるリーキーガット症候群といわれるものです。

リーキーガット症候群とは、腸管壁に穴がたくさんあいてしまう症状です。

リーキーガット症候群の原因はいろいろとありますが、そのひとつに玄米があります。

玄米は、しっかり噛んで食べないと、消化吸収障害が起きやすく、腸管壁に穴があきやすくなります。

玄米を食べる時には、ひと口で30回噛むことです。

栄養などを吸収する大切な腸管壁に穴が開くと、未分解の毒素や、細菌まで体内に吸収してしまいます。

よって、健康状態に悪影響を及ぼし、ガンや肝臓病、免疫系の病気などを引き起こします。

ガンにとって最高の食ともなり、毒ともなるのが玄米です。

世間の賛否だけでなく、自分の体の声をしっかりと聞いて判断することが大切です。

玄米は無農薬であることが絶対条件です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ごまで健康づくり

ゴマは、栄養たっぷりの超健康食品です!

栄養価は植物の中で最も高いレベルと言われます。

良質なアミノ酸、ビタミンE、ゴマリグナンとアントシアニンなどの抗酸化物質を豊富に含んだゴマは、老化防止・若返り、そして免疫向上に優れていて、ガン予防にもなります。

これらの成分は、血中のコレステロールの排泄を促し、活性酸素を減少させることで、血管年齢を若返らせ血管の老化から生じやすい脳梗塞なども予防してくれると言われています。

そして、ゴマは良質の油分を多く含んでおり、肌の水分・油分・弾力を取り戻す美肌効果もあるので女性には有り難い食品です。

なかでも黒ゴマに含まれるリノール酸やリノレン酸など良質な不飽和脂肪酸、不溶性食物繊維、鉄分は、生活習慣病予防、便秘予防、貧血予防にはとても効果的ですから積極的に摂っていきたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治しはまず心の毒出しから

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

ガンが原因で、鬱になった。

鬱が原因で、ガンになった。

いずれにせよ、心の病に苦しんでいらっしゃる方が多き時代です。

抗ガン剤は、拒否しているのに、抗うつ剤、睡眠導入剤は使っている。

心当たりがある方もいらっしゃるでしょう。

抗うつ剤は、自殺リスクが10倍に激増。 他殺や暴力衝動も増え、犯罪多発の元凶にもなっている (船瀬俊介氏)

鬱になると、ガンのリスクが高くなると心配になり、不安が増し、CT検査などを受けたくなる傾向があるようです。

すると、今度はCT被曝による発ガンが心配になってくるという、まさに負のスパイラルになります。

それもそうです。

日本人のガンの1割はCT検診のX線被ばくで発ガンしている (近藤誠医師)

1割とは、恐るべき確率

自分でガンをつくっているということです。

抗うつ剤、睡眠導入剤も同じです。

薬は、体温を下げ、ガンが出来やすい環境をつくります。

生命の根源はこちらから

そうでなくても、心が苦しいと、交感神経が優位にな血流も悪く、体温が下がりがちです。

また、薬の副作用による、新たな不調も起き、さらに薬を必要とします。

なにか、矛盾していると思いませんか?

鬱は、薬でなおせません。

薬は、症状をぼかしているだけです。

根本をなおさない限り、良くなることはないでしょう。

鬱とまでは、いかないにしても、ストレスが強い方

ストレスをつくるのも軽減するのも、自分次第です。

がんと心は繋がっているはこちらから

昔、ガンといえば、極度な肉体的疲労が原因で起きていた病気です。

今は、精神的ストレスからガンになっています。

ガンになる前の自分を振り返ってみると、よく分かります。

感謝があったか、愛の思考があったか・・・

不平不満、愚痴、傲慢さ、頑固さ、妬みや恨み、不安

そんな思考で、心の毒がたくさんです。

その思考を取り除くには、心の持ち方を変える、ものごとの捉え方を変えるしかありません。

私のがん体験・がんに感謝してはこちらから

自分を変えたければ、心の毒を素直に認めること

心の毒を排出しなければ、ガンはなおりません。

また再発転移を繰り返します。

これを機に、少し自分を振り返ってみませんか?

自分を素直に振り返ることが出来る人は、新たな価値観を構築できる人です。

ガンなおしには、新たな価値観の構築が必要

心の毒を素直に認めることで、その意味がわかる時がきます。

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

土と太陽のエネルギーを浴びた野菜を食べる

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

『水耕栽培』の野菜や果物

水耕栽培と聞くと、清潔でお上品な野菜や果物というイメージがあるようです

実際、土に触れていないネギやイチゴは本当に綺麗です。

水耕栽培とは、字のごとく、栄養分を溶かしている液の中に野菜の根を置き育てています。

この栄養の液体が非常に問題な部分です。

この液のなかには、化学肥料やホルモン剤など成長を促す薬品がたくさん入っています。

それもそのはず・・・

本来は栄養の源となるはずの土を使わない、陽が当てないハウスでつくる訳ですから当然、成長を促してやるためのホルモン剤が必要になってきます。

確かに綺麗に育っている野菜や果物ですが、自然に反して育てた野菜が体に良いとは思えませんね

やはり、土にしっかりと根を生やし、太陽のエネルギーをしっかり浴びて育った野菜や果物を食べたいですね

清潔さや見た目に誘惑され、その代わりに薬品が体内に入ってきていることを忘れてしまいがちです。

何が大切なのか考えてみたいですね

自然農法の野菜が安心ですね

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
084-925-1271

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

自然の摂理に従ってがん治し

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

自然療法を選んで私のところに相談のお電話を下さる方

ほとんどの方が女性です。

自然の摂理に反して生きてきたことに気付き、気付かせてくれたガンに感謝が出来る自分になることから始まります。

がん治しは野生動物を見習えはこちらから

ガンと闘わず、ガンを癒す

ガン細胞も自分の体の一部です。

ガンも自分の大事な細胞の一部ですから、切り取ったり、焼いたり、毒を与えたりすると、自分の体を痛めつけていることになります。

心や体に負担をかけてきた、今までの不自然な生き方がもたらした結果

それが、ガンです。

だから、不自然な生き方を見直すことが、ガンなおしなのです。

がんに感謝・自分と向き合うはこちらから

男性は、男性ならではの生き方

性は、女性ならではの生き方

男性は、凛々しさや逞しさ

女性は、美しさや柔らかさ

これが自然な生き方です。

戦い抜いて勝ち負けをはっきりさせることは、本来女性には向かない生き方です。

女性が社会にどんどん進出している現代

女性が社会で、一生懸命働き、キラキラ輝くことは本当にすばらしいですね。

そんな中でも、女性ならではの生き方を上手に生かしている人こそが、厳しい社会の中でも長期的に生き残っています。

これが自然の摂理に則っている女性の上手な生き方です。

ガン療法においてもそうですね。

女性であるから、美しくいたい、柔らかくいたい

だから、女性は、ガンと闘うのではなく、ガンを癒すということが受け入れやすいのです。

とは言え、ご相談くださる方が最初からこの考えだったわけではありません。

当たり前に、三大療法を受けてきた結果、再発転移の壁にぶつかり、疑問を持ったり、気付いたりして、お電話を下さる方が大半です。

自分の大切な細胞であるガンを薬剤でさんざん攻撃してきたことも、不自然な生き方のひとつであったと後悔されています。

がんの療法は自分で決めるはこちらから

しかし、実はこのような生き方、考え、療法があることさえ知らなかったと言われる方がほとんどですね。

無知は恐ろしいことです。

知ったことを柔軟に自分の中に落とせるのも女性ならではの特徴です。

女性ならではの生き方を、ぜひガンなおしにも生かしてほしいと切に願っています。

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL084-925-1271

新医学宣言に協賛しております
詳しくはこちらから

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

自分にあったがん療法は直感で決まる

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

突然ガンと言われ、どうするべきか、色々と調べますね。

特に、現代はネットという便利な環境があるので調べることは簡単です。

私もガンになった時そうでした。

まずは、自分が置かれた現状を知るために、震えながら、ガンのステージ、治療法について調べました。

怖くて仕方なかったのを覚えています。

がん自然治癒・がんを恐れないはこちらから

そして、次に 『ガンに効く』と言われているものについて調べました。

藁をもすがる思いだったですね。

そんななかで、私は直感が働いたものをやろうと決めました。

しかし、他にも良いものがあるのではないかと気になり、また次を調べていた自分がいました。

ところが、いろいろ調べていると、気持ちが揺れ、何が正しいのかわからなくなり、自分の直感すら、疑うようになってきました。

私もこのような経験をしているので、気持ちはよく分かります。

ですが、調べれば調べるほど、大事な直感を鈍らせてしまいます。

がんの治療法の選び方・自分で決めるはこちらから

ガンなおしは人それぞれです。

これをやったらガンがなおる

これを飲んだらガンがなおる

それも人それぞれ違うのです。

他人を参考にするのではなく、自分の直感を大事にすること

この療法はどう思いますか?

このサプリはどう思いますか?

とよく聞かれますが、それもみんな違うのです。

皆に100%効くものはありませんね・・・

自分で選ぶことが、ガンなおしです。

人や物に依存するのではなく、なおすのは自分であることをしっかりと自覚することが重要です。

あれもこれもと欲が出たり、悩みすぎると、直感が鈍り、信念までもが揺らいできます。

がんを治す・信念と執着の違いはこちらから

これが、失敗を招くもとです。

これだと決めたら、自分を信じて、徹底してする

プラスの思考が、揺るがぬ信念となり、やがて現実をつくるのです。

悩み過ぎると、エネルギーも失い、ガンの道に進みます。

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL 084-925-1271

何が正しいかは、誰にもわからないこと

神のみが知る世界です。

自分の直感を信じて、おおらかな心でガンなおしに励まれることを祈っています。

直感が働く自分になるには、執着を捨てること

自分を信じたいなら、朝陽を拝むことです。

がんを治す・感謝の心はこちらから

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

温洲みかんで骨粗しょう症予防

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

冬の代表的な果物といえばみかんですね

数多くある柑橘類のなかでも皮が簡単に剥け、気軽に食べれる温州みかん

温州みかんをたくさん食べると手のひらが黄色くなりませんか?

これはみかんを黄色くする色素であるβクリプトキサンチンが、血中に蓄積されるためだそうです。

βクリプトキサンチンは骨を壊す破骨細胞を抑制します。

このβクリプトキサンチンの含有量は、柑橘類のなかでも温州みかんがずば抜けて高くなっています。

さまざまな研究から、閉経後の女性でβ-クリプトキサンチンの血中濃度が高い人は、骨粗しょう症の発症率が低いことが判明しています。

温州みかんを食べると、健康な骨の維持に有用で、骨粗鬆症の予防になるということですね!

ある地域の閉経後の女性を調べたところ、毎日4個みかんを食べる人は、みかんを毎日食べない人に比べ、骨粗鬆症になるリスクが92%低いことがわかったとか・・・

これはすごい効果ですね
 

果物などで予防できるなら有り難い話です

喉のケアに・・・プロポリス蜂粋ハンディ・スプレー(甘草エキス入り)はこちらから

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

みかんで漢方生薬を・・・

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

一般的にみかんと呼ばれているのは 『温州みかん』 です。

温州みかんのなかにも約200種類もの系統があり、青いものや酸味の強いものなど、収穫する時期によっても名前が違います。

みかんにはさまざまな栄養素が含まれています。

安くて美味しいみかんは、実だけでなく、皮まで活用できるのですから冬にはなくてはならない存在ですね

まずみかんの実にはビタミンCが豊富に含まれています。

寒い冬の時期、ビタミンⅭは風邪の予防や細胞の修復にしっかり効果を発揮してくれます

もうひとつの嬉しい効果は、疲労回復効果や便秘の解消があるクエン酸です。

そして、みかんの実の周りの房には、毛細血管を強化して元気にする効果があるヘスペリジンと、コレステロール値を下げるペクチンが含まれています。

房に含まれるペクチンは、実の4倍も多くなっています。

みかんは房をとらずにそのまま食べた方がいいですね

皮は乾燥させ、漢方の生薬として使われていてます。

咳を鎮めたり、のどの痛み、胃炎などを緩和してくれます。

皮をザルやネットなどにいれ、風通しのよい日陰に干し、1週間から10日ほど乾燥させます。

乾燥は長ければ長いほど良いそうです。

乾燥させた皮をミルまたはミキサーで粉状にします。

粉状にしたみかんの皮を小さじ1杯を急須に入れ、お湯を注ぎ少し蒸らして飲みます。

ただし、皮の農薬にはご注意くださいね

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

ワクチンの中身を知ることも大切

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

インフルエンザワクチンは効かないことは百も承知

実際の現場でのインフルエンザの罹患率を調べても何の効果もなかったことは証明されています。

そもそもインフルエンザウイルスは鼻や喉から感染します。

私たちの鼻水や唾液に含まれる免疫IgAが感染を防いでくれているのですが、現行のワクチンの内容では全く予防になっていないことは多くの専門家も指摘していますね。

しかも、多くの発ガン物質を含んでいること

ワクチンは多種多様の猛毒でつくられていますね。

『ワクチンには、80~100種類の猛毒が入っている。有機水銀化合物のチメロサールなんていう神経毒が、子どもに与えていい安全基準量の1000倍も2000倍も入っているし、発ガン物質のホルマリンも入っている。それから豚とか牛とか猿の体液が入ってるんだ。子宮頸ガンなんか、蛾の細胞からできている』

船瀬俊介氏のご著書にもありました

多くのワクチンに使われている『チメロサール』は水銀の一種で非常に危険であり、特に子ども達に与える影響はどうでしょう。

これからインフルエンザの季節ですね

ワクチンもよく考えたいものです

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ