失敗は多くのことを教えてくれています

失敗によって遠回りをするときもある

遠回りをしなければ、知ることが出来なかったこと

遠回りをしなければ、出逢えなかった人

人生には無駄なことなど何ひとつない

失敗は多くのことを教えてくれているのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自然治癒力によって人間は、生かされている

私たち人間は、自然治癒力という自分自身の力によって生命を保っています。

体に異変が発生すれば、自然に治そうとする力が働きます。

擦り傷をすれば→かさぶたが出来て→皮膚が再生される

体の正常な状態を保とうとする働き

ウイルスや菌が→体内に侵入してくれば→発熱、咳、鼻水といった症状で→ウイルスや菌を外へ→出そうとします。

この働きが自然治癒力です。

がんも同じ働きが起こります。

がんが出来れば→治そうとする働きが→体には備わっています。

本来は、がんそのものが、生命を守ろうとする働きなのであり毒素の塊です。

あのまま全身の血液が汚れ、毒素がからだじゅうに回っていたらあっという間に命を落としてしまいます。

そうさせないために、毒を一ヶ所にあつめ、できたものが「がん」なのです

そこに気付けば、がんに対する新しい価値観や考え方も生まれてきます。

人間は全て、自然治癒力を持ち備えています。

医学の父 ヒポクラテスの有名な言葉

「ひとは、体の中に100人の名医を持っている」

この名医とは、自然治癒力のこと。

自然治癒力がしっかりと活動していれば、がんになることはないのです。

自分のなかの100人の名医(自然治癒力)を活かす生き方をしてみてはどうでしょうか。

せっかく持っている治癒力を眠らせたままでは、本当に勿体ないことです。

がんを治すには、人間が本来持つ自然治癒力を最大限に活かすことです。

 生命の根源である 「ホメオスタシス」 

自らの治癒力によって生かされていることに気付くことは大切です。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

最高品質のプロポリスだから・・・

自然の恵みを自然の環境のなかでじっくりと時間をかけ、生きたエネルギーを詰め込んだ蜂粋プロポリスを毎日の生活に・・・

【子宮頸がん W様】 

蜂粋ゴールドプロポリス毎日10㎖が私の支えになっています。

痛みもなく過ごせることに感謝しかありません。

あのときすぐに始めて本当に良かったです!

もうプロポリスがない生活なんて考えられないです。

出逢って本当に感謝しています。

【肺がん  Y様】

毎朝の林檎と野菜の生ジュースに入れて飲んでいます。

リンゴとよく合うので美味しく頂けています。
夜はハチミツと混ぜて頂いています。

今は朝5㎖、夜3㎖ですが、もう少し増やしたいと思っています。

周りに少しずつインフルエンザが増えてきたので、子ども達にも私のプロポリスをひと口ずつ飲ませています。
今年も冬も風邪知らずで過ごしたいです(^.^)

W様、Y様 ありがとうございます。
ご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

プロポリスには300種以上の栄養素と80種以上の有用成分が含まれています。

プロポリスはビタミンCと一緒に摂ることで、相乗効果が期待できると言われているのです。

だったら・・・

さらにより良く、プロポリスの有用成分を働かすために・・・と考えたのが、私が愛用する 『蜂粋ゴールドプロポリス』です。

『蜂粋ゴールドプロポリス』 は、高濃度プロポリス原液に、ビタミンCたっぷりの天然アセロラエキスを混ぜ合わせています。

蜂粋ゴールドプロポリスは、多くの栄養素をバランスよく含んだ 有用成分豊富な総合健康食です。

最高品質のプロポリスだから、愛されています。

【プロポリスの見分け方】

◎製品の箱に記載されたプロポリスの産地、起源植物、原材料を確認する

 原材料:プロポリス、食用エタノール(アルコール)など  注)防腐剤、界面活性剤などが含まれていないか

◎プロポリス含有量が30%以上の濃度プロポリスであることを確認する

◎プロポリスの販売容器は、ガラス瓶であること(発がん物質の溶解を防ぐため)

◎色は透明ではなく、色のついた遮光瓶であること(プロポリスの主成分であるフラボノイドが紫外線によって分解されるのを防ぐため)

◎色は目安として褐色やややグリーンがかかったものが一般的ですが、色素を混入したものもあるので注意

◎天然、本物のプロポリスは、芳ばしい樹脂様のどこか懐かしい香りがする

◎口に入れたときピリッとした軽い刺激味があり、その後、さわやかに消えていくのがユーカリ系プロポリスの特徴

◎木樽で長期熟成させたプロポリスは、風味にまろやかさがある(舌に甘みが残るプロポリスは添加物が加えてある可能性があるので注意)

【私が愛用の蜂粋ゴールドプロポリス】はこちらから

 https://www.qualitypro.jp/health-food/

より良く働かせる飲み方、お得な飲み方等 お電話でご相談ください。

☎ 084-925-1271

【蜂粋ゴールドプロポリスの詳しい飲み方】 こちらから

 https://www.qualitypro.jp/puroporisu-nomikata/

《300の栄養と80余種の有用成分を含む・蜂粋プロポリスの特徴》

●ブラジル産ユーカリ系原塊使用

●アルカリイオン水とアルコールの2段階抽出

●安全な木樽長期熟成

●高濃度成分

●吸収率アップ・粒子の細分化

●ハチ毒の無毒化

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ゴール間近で失敗しないために

ここぞというとき

ゴール間近で失敗しないために

日々の後始末を大切にする

ひとつひとつの出来事

行動の繋がりによって人生は成り立っているのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0869-92-4631
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

低体温からの脱出・筋肉をつける

体温が低い人が多い時代。

そして、女性の方が低体温に悩んでいる割合がが多いのです。

低体温は、がんなどのさまざまな病気を招いてしまいます。

体温が1度下がれば免疫が30%下がるといわれ、体温は免疫機能と深い関係をもつ重要な存在です。

体温が低い→手足が冷える→一番の原因→筋肉不足

体の熱は、筋肉が作っています。

人間の体は、7割以上の筋肉が下半身に集まっています。

つまり下半身の筋肉を鍛えていれば→効率よく体温を上げていくことが出来るのです。

人間の体は、冷えると手足の表面の血管を細めて血液の流れを減らそうとします。

これは体を冷えから守るために→血液を内臓に集めようとする働き。

手足にも血液を沢山運ぶには→内臓を冷やさないこと

そして下半身の筋肉を鍛えることで体温の底上げをすることが大切です。

男性に比べ筋肉がつきにくい女性

体温プラス4℃の湯舟でふくらはぎをしっかり揉んであげるといいでしょう。
 

ふくらはぎを強めに押さえると痛いと感じる人は→冷えがあるので要注意

ふくらはぎが温まると血液が流れます。

そして、自然と足先が温まります。

また強いストレスが筋肉を減少させてしまうことで、低体温を引き起こしてしまいます。

ストレスで分泌されるホルモンは→筋肉を分解させてストレスを緩和させようとします。

 日々、いくら筋肉を鍛えても、強いストレスがかかり続けると筋肉は分解されていくのです。

まずはストレスを軽減する生き方そして、運動で心と体を鍛えていきたいですね。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

免疫を上げてカンジタ菌を増やさない

多くの女性の悩みであるカンジダ膣炎

カンジタ膣炎はカンジダ菌が膣に侵入→異常増殖したことで起こる感染症のひとつです。

免疫が低下すると起きやすくなり、何度も繰り返します。

このカンジダ膣炎の原因のひとつに、体の冷えが関係していると考えられます。

女性の骨盤内には、子宮、卵巣、尿道、膀胱、直腸などが多くの器官がぎっしりと詰まっているため、男性に比ると血液の流れが滞りやすくなっています。

血液の流れが悪くなると、細胞への栄養や酸素もいきわたりにくくなり、老廃物を排出することが難しくなってしまいます。

老廃物が体に溜まると体に大きな負担を与え、免疫力が低下します。

全身の血液の流れが悪くなり更に、女性は物理的なことが原因でおきる骨盤内の冷えが考えている以上に起きています。

カンジタ膣炎になるということは→子宮内が冷えている証拠、そして気が付かないうちに生理用品で子宮を冷やしている可能性も・・・

販売されている、多くの生理用品は、月経血や尿を吸収するために高分子ポリマーが含まれております。

高分子ポリマーは、大変な有害物質と言われています。

これは発熱時などに使用する冷却シート(額などに貼って使う)と同じしくみになっており、高分子ポリマーを含む生理用品を使うということは冷却シートを当てていることになります。

特に子宮は袋状の臓器であり冷えやすい場所。

毎日おりものシートをつけていれば→高分子ポリマーで子宮をずっと冷やしていること

子宮がん、卵巣がん患者さんの多くは、おりものシートの愛用者しています。

そして、ほとんどの方がカンジタ膣炎を経験していまあす。

冷えが影響するカンジタ膣炎と、冷えが原因で起きるがん

まさに連動していますね。

体の表面の体温だけでなく、内臓温度も気にしてみるとよいですね。

安全な生理用品を使い下半身をしっかり温めたいですね。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

克服・成功する人は大切なことを先延ばしにしない人

明日に先延ばしにする人は、チャンスを逃す人

克服・成功する人は、大切なことを先延ばしにしない人

だから、迅速を習慣づける

最適な日は今日

迅速な行動が、夢を叶え、人生を豊かにするのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

内臓温度を上昇させ、溜まった毒素を排出する

お休みの間は食べ過ぎや飲み過ぎ・食生活が乱れがちになります。。

食べ過ぎや飲み過ぎは、内臓温度を低下させてしまいます。

体温が1度低下したら→免疫力は30%低下してしまいます。                    

がん細胞は体温が35度台で動きが活発になり増殖します。

それに加えて、食べ過ぎや飲み過ぎは体の中に毒素を溜めてしまいます。

内臓温度が低下していると、体の中の毒素を排出する力も低下してしまいます。

毒素が溜まれば→がん細胞も増殖します。

このように食べ過ぎや飲み過ぎは、負のスパイラルを引き起こす原因になるのです。

食べ過ぎない飲み過ぎない、ほどほどの食事で腹7分目を心掛けて内臓温度を上げることが大切です。

内臓温度が上がれば→排毒機能も上昇し、免疫力も数倍になります。

冷え切った内臓の温度を上げるには、白湯が好ましく、消化に負担をかけず、内臓を温めてくれます。

白湯は→血液の流れを促し→代謝をアップさせる→体温は自然と上がってきます。

免疫力のアップにとても適している飲み物ですね。

排毒機能を上昇させ、特に女性にとっては、冷え症や浮腫み、便秘の改善にも効果的なのです。

内臓が温まることで→胃腸の働きも活性化され→消化や分解が促され→老廃物の排泄もスムーズになります。

白湯を飲む時間も大切です。

最も排毒効果が上昇するのは朝一番の白湯です。

起きたら、まずはトイレ(小)に行き→溜まった毒素を出します。

そして熱すぎず、飲みやすい温度の白湯を飲み、内臓を温めます。

毒素が気になる、体温が低い、血流が悪い、浮腫みやすいなど気になる方は、ひとつまみの自然塩を入れてみてください。

すると、さらに白湯の効果を高めます。

白湯は排毒作用が強いので→飲み過ぎると→ぜんぶ出してしまいます。

体にとって必要な毒素もあるので・・・

朝の白湯はコップ1杯がいいですね。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631
(岡山県和気郡和気町)

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

喜びは働くことで与えられる

靴を揃える

ごみを拾う

それも立派な働き

どんな小さなことでも喜んで働く

喜びは、働くことで与えられ

その喜びと働きが、細胞を活性化させるのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

過剰診断?がん検診より、がんにならない生き方を

増え続ける乳ガン、しかも低年齢化してますね。

検診への呼びかけで、癌が早くに発見される

それも影響してるでしょう。

急激に増えた癌のなかには、過剰診断もあるようです。

2012/04/17号◆特別リポート「検診による乳癌の過剰診断(ノルウェーの研究)」

NCI Cancer Bulletin2012年4月17日号より

ノルウェーで広範に行われている市民検診マンモグラフィー検査プログラムで、浸潤性乳癌と診断された女性うち、多ければ4人に1人は放置しても害はなかった、あるいは治療の必要はなかったと、4月3日付Annals of Internal Medicine誌に報じられた。同国の乳癌検診プログラムの分析に基づくこの知見で、乳癌やその他の癌の過剰診断に対する懸念がさらに高まった。
過剰診断とは、放置しても何ら病気の症状が現れず、死にも至らない腫瘍の発見を指す。医師はこうした腫瘍と潜在的に致死性の癌とを確実に区別できないため、検診で発見された浸潤性乳癌のほとんどに対し、手術および術後療法(放射線治療に加えてホルモン療法、化学療法またはその両方)が行われている。
既存の研究結果に加え、この新たな知見は、検診を受けた女性のかなりの割合が不必要に浸潤癌の診断を受け、不要な治療による有害な影響にさらされていることを示唆している。
研究者はノルウェー乳癌検診プログラムのデータを分析した。このプログラムは、1996年にノルウェーの19郡のうち4郡で試験的に開始され、その後9年間で全ての郡に拡大された。研究者は特に検診プログラムがある地域における乳癌診断者の数と、同じ期間に検診プログラムがなかった地域の乳癌診断者数を比較した。
その結果、マンモグラフィーによる検診プログラムの実施に伴い、浸潤性乳癌の15~25%は過剰診断だったことが示唆された。10年間にわたる隔年の検診の後、検診を勧められた2500人の女性につき、6~10人が過剰診断、20人が治療を要する乳癌の診断を受け、また1人の乳癌による死亡を防ぐことができたと、本研究の著者らは推定した。
乳管上皮内癌(DCIS)と呼ばれる非浸潤性腫瘍は、ほとんどがマンモグラフィーでしか発見されない病変であるが、この分析には含まれていない。著者らは、DCISは異なる分析手法を要するため、別個に分析されるべきと話した。DCISの大部分は、生命を脅かす癌になることはないので、DCISを含めれば過剰診療の推定がさらに増えることになる。
本研究の著者らは、検診以外の要素がノルウェーの乳癌率に影響した可能性があることも認識している。
しかしながら、「非致死性の癌に対する過剰診断や不要な治療は、倫理的、臨床的に大きなジレンマを生じ、マンモグラフィー検診プログラムの存在に疑念をもたらす可能性もある」と、著者らは述べている。死に至る可能性があり、早期発見と早期治療を要する癌を医師が確実に特定できるまで、「検診対象の女性に、過剰診断のリスクを総合的に知らせる必要がある」と結論づけた。
付随論説の著者らは、ノルウェーの女性は50歳から隔年の検診を受け始めるのに対し、米国の女性はたいてい40歳から毎年のマンモグラフィー検診を受け始める、と強調した。「米国の方がより頻繁にかつ長期間検診を受けるため、おそらくノルウェーよりも過剰検診の頻度が高いだろう」と記述している。
しかしながら、過剰検診は件数にかかわらず深刻な問題であり、この問題への対応策がとられるべきであると論じられた。大部分の患者向け情報は、過剰診断に言及しておらず、ほとんどの女性はその可能性を知らずにいる。「われわれには、この現象について女性に警告する倫理的責任がある」と、著者らは結論した。
「癌検診による過剰診断は、癌検診分野において最も切迫した臨床問題の一つです」と、NCI癌予防部門主任でPhysician Data Query(PDQ)の検診と予防編集委員会編集長を務めるDr. Barnett Kramer氏は語った。
「様々な癌で、感度の高い検査が増えるにつれ、過剰診断の問題も増えるだろう」とKremer氏は続けた。「そうした理由からNCIは、命にかかわる癌と過剰診断の癌を見分ける研究を、高い優先度に位置づけています」。
— Edward R. Winstead
******
片瀬ケイ 訳
原 文堅(乳癌/四国がんセンター) 監修
******

癌細胞は毎日生まれ続け、常に前癌病変になったり治ったりを繰り返していますが、見つければ当然 治療をします。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)