三大療法での酸化を防ぐ・がんの原因

酸化の原因と言えば、活性酸素ですね。

体の酸化とは、リンゴの切り口が茶色く変色するのと同じ状態が体のなかで起きています。

酸素を吸い込むと必ず発生する活性酸素

強い酸化力をもつ活性酸素は、侵入してきた菌やウイルスをやっつけてくれます。

しかし、この活性酸素は酸化力が非常に強いため、増え過ぎると私たちの体を酸化させてしまうと言われています。

そして、酸化した体はガンなどの病気を引き起こしてしまいます。

活性酸素が過剰に発生する原因

ストレス、薬品、添加物などがあげられます。

なかでも大量の活性酸素を生んでしまうのが、癌の三大療法です。

手術は、一気に体を酸化させてしまいます。

本来、臓器というものは空気や光に触れないもの

お腹を開き、空気に触れ、光を浴びた瞬間に、まさにリンゴの切り口のように臓器や血液が酸化してしまうのです。

抗ガン剤、放射線は非常に強い酸化力によってガン細胞を死滅へともっていきます。

しかし、それ以上に正常な細胞まで酸化させてしまいます。

ひとつの癌細胞を死滅させるために、周りの1000の正常細胞も傷め、免疫力を激減させてしまうのです。

酸化は、がんの進行に大きな影響を与えます。

体が酸化して癌になり、治療によってまた酸化が進めば、再発転移となります。

抗酸化食品をしっかりと摂り、酸化してしまった細胞、血液をキレイにしていくことをおススメします。

私の愛用品はこちらから

最も大切なことは、体を酸化させない生活をすることです。

不安、怒り、妬みは心と体に大きなストレスを与え、細胞を酸化させてしまいます。

添加物、農薬、精製された食品、砂糖は心と体に起きなストレスを与え、血液を酸化させます。

体を酸化させるさまざまな原因をひとつずつ取り除いていく

また、酸化させた細胞を常に正常に戻すよう、抗酸化食品をしっかりと摂る

人任せ、病院任せにせず、自分の体は自分で守ることが大切です。

バランスのとれた栄養と、体を温め、明るく前向きな心で、自分の自然治癒力を高める生き方をすることが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

電磁波の体への影響と対策

植物、動物、人間の体、すべて、原子の集合体でできています。


その原子同士が結合したものが電子です。

生き物の電子が減少してしまうと、細胞の酸化が起きます。


そして、細胞はエネルギーをつくることができなくなります。

 

生命活動が困難となり、その結果、がんや難病が発症してしまうのです。


電子を減らす(酸化)原因となるものの中に電磁波があります。 

体を酸化させてしまう電磁波

 

避けて生活出来れば良いのですが、現代社会において、これらを避けて生活していくことは難しいのです。

まずする対策として➡避けれるものは避ける

 

そして難しいところでは➡悪いエネルギーを良いエネルギーに変えていくこと


電磁波といわれるものには、「電場」と「磁場」 
 

そして、電場、磁場 両方の性質をもった高周波(マイクロ波)があります。


「電場」 は、空気中も短かい距離には流れますが、主に物質の表面を強く流れます。

●皮膚の表面、自律神経に変化


「磁場」 は、空気中・物質関係なく、すべての物質を通り抜けます。

●発がん性、内臓疾患、白血病の可能性


【電場・磁場の対策】

●コンセントを抜く(電源を入れてなくてもコンセントを差していると電場が発生します)
●コンセントから出来るだけ距離をとる
●アース電源をとる
●電源を切る
●コンセント、ブレーカーにブラックアイを貼る(コンセントは最低2個以上で偶数・ブレーカーは8個)

ブラックアイはこちらから https://www.qualitypro.co.jp/shop/catalog/7/br000006/
●表面を伝う電場はPCから机、机から腕などに伝搬するため近くで使用する家電にはMAXminiも貼る


MAXminiはこちらから https://www.qualitypro.co.jp/shop/catalog/7/ma0000m/


高周波(マイクロ波)➡主に通信に用いられる電波➡携帯電話、無線、通信衛星などで遠くまで飛びます。

電子レンジからも発生します。

Wi-Fiが普及した現代➡常に電子レンジのなかに住んでいる状態にあるといえます。

がん発症率の上昇、頭痛、発熱、目眩、睡眠、ホルモンの異常、学習能力への悪影響



【高周波 マイクロ波の対策】

● 不要な通信機器はオフにする
● 携帯電話の通話はイヤホンを使い、距離をとる
● 携帯電話やスマートフォンは枕元で充電しない(可能な限り頭から離す)
● PCなどは無線機能をできるだけ使わず有線を使う
● Wi-Fiルーターやスマートフォン、携帯電話にはMAXminiを貼る(より効果の高いMAXminiVがおすすめ)

 

特に強い影響を与えるWi-Fiルーターや電子レンジは MAXminiVを機器の両側面に貼る


最も強力なMAXminiVはこちらから https://www.qualitypro.co.jp/shop/catalog/7/ma0000v/


【体内に溜まってしまった悪い作用の電気の対策】

●土やコンクリートに触れて放電する
●ブラックアイを体に貼る
●足の裏にブラックアイ3個を貼って寝る(溜まった電気を打ち消す)

 

自分でできることはしっかりと対策をし、避けれないものは電磁波対策グッズを上手に活用してください!


自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

 

 

 

 

子宮頚がん予防は、ワクチンより免疫を上げること

20代、30代といった若い人の子宮頸癌が増えています。

これからもっと増えると予測されます。

子宮頸がんとは、子宮の出口付近の子宮頸部にできる癌ですが、ヒトパピローマウイルス(HPV)により発病すると言われてきました。

これによって子宮頸癌ワクチンが世に登場してきました。

本当にワクチンで子宮頸癌が防げるのでしょうか・・・

HPVの種類は200種類にもおよび、そのなかでも発がん性があるのが十数種類

ワクチンでの予防は、16型と18型のみです。

この子宮頸癌ワクチンは蛾の細胞の遺伝子を組み換えて使われていることは有名な話ですが、脳の細胞を壊すというマウス実験報告もされています。

子宮頸癌ワクチンの副作用は、他のワクチンの数十倍にもなっています。

ジャーナリストのマイクアダムスの告発では、子宮頸がん発生リスクは44.6%も増加させるとか・・・

事実、根拠に関してはわかりませんが、薬剤を体に入れるわけですから決して体に良くないことはわかります。

ワクチンは、化学物質ですから当然、多くの発がん物質を含んでいます。

多くのワクチンには『チメロサール』という水銀の一種が含まれ非常に危険であり、特に子ども達に与える影響は深刻です。

薬剤を入れたことによって血液は汚れ、発ガンをしたのでは何の意味もないのです。

がんを防ぐのはワクチンではなく、自分自身の免疫です。

がんを防ぐのも、がんを治すのも免疫力です。

HPVは感染しても、実はほとんどが自然に消失します。

良い栄養をとり、体を温め、免疫を上げる

子宮は、袋状の臓器であり冷えやすい場所です。

そして、膣は経皮毒をとても吸収しやすい場所

毎日使うおりものシートや生理用品は無添加素材のものを選んで使うことをおススメします。

子宮の冷えは下半身の冷えです。

下半身が冷えると解毒機能も低下し、子宮がん、卵巣がんを始めとしたさまざまな病気を誘発させてしまいます。

薬だけに頼らず、良い栄養を摂り、体を温め、前向きな心で免疫を上げていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

笑いで治す・ナチュラルキラー細胞活性化

『笑いに勝る良薬なし』

笑うとアセチルコリンという物質を分泌し、リンパ球を増やします。

リンパ球が増えると、ナチュラルキラー細胞が活性化され、がん細胞を退治してくれます。

そして、笑いは心を和ませ、緊張もほぐし、血液の流れがよくなります。

血流が良くなると、ナチュラルキラー細胞も血液の流れに乗って全身をくまなくパトロールしてくれます。

がん患者さんは、顆粒球の比率が高く、リンパ球が非常に低いことが分かっています。

これは、がん患者さんの交感神経緊張状態を表しています。

副交感神経を優位にして、リンパ球を増やすには笑いです。

しかし、癌になったことで笑うことを忘れてしまっている方がたくさんいらっしゃいます。

人前で笑顔を見せていても、心から笑う、喜ぶということが出来なくなった人も少なくないでしょう。

乳ガン闘病中の小林麻央さんのブログでもありましたね。

「知らぬが仏」

知らないで生きていられたら穏やかで幸せなこともたくさんあると思います。

と心境が語られていました。

癌であることを知らなければ、素直に楽しめ、喜べ、笑って過ごせたのに・・・と私も嘆いたことを思い出します。

人間の体の中では、健康な人でも毎日、数千から数万個の癌細胞が生まれています。

毎日、楽しく笑って過ごすことで、ナチュラルキラー細胞が活性化され、自己治癒力が働き、がん細胞を正常細胞に戻して健康な体を保っています。

私たちの体は、がん細胞が出たり引っ込んだりを繰り返しています。

笑って過ごすことで、出来てしまった癌も気付かないうちに自然退縮させていることもあるのです。

しかし、癌であることを知れば、笑えなくなる・・・

でも、笑いで癌が治った人がいる、と聞いたら、泣くより笑ってみようと思いませんか?

笑いは、周りの人にも喜びを与えます。

つらいときこそ笑って、リンパ球を活性化していきましょう。

そして、自分も周りも幸せになること、人生を楽しむことが、がん治しの秘訣です。

バランスのとれた栄養と、体を温め、明るく前向きな心で、自分の自然治癒力を高める生き方をすることが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

便利な干しエノキダケ

干しエノキ茸は、とっても美味しくて便利です

エノキ茸には、「エノキタケリノール酸」という成分が含まれているそうです。

「エノキタケリノール酸」は、体内のアドレナリンと脂肪酸がくっつき、内臓や皮下脂肪のダイエットに効果があると言われています。

ダイエットの脂肪燃焼効果は、生エノキ茸より干しエノキ茸の方が高いと言われています。

さらに、干したエノキ茸には、不溶性食物繊維が非常に多く含まれており、腸内環境を整えてくれます。

干しエノキ茸は、レンチナンという抗ガン作用を多く含み、代謝を活性させるビタミンB1もシイタケの1.5倍もある健康的な食品です。

干しエノキ茸の出汁は、とても上品な味になりますね

また、干しエノキ茸は、おやつ感覚でそのまま食べても美味しいですよ

まとめて干しエノキ茸をつくって保存しておくのもいいですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

感染症と二次発がん・免疫力を上げる

がんになっても元気に長生きしている人

そのほとんどに人は、治療は手術のみで終わっています。

なかには、抗がん剤をしても10年、20年と元気な貴重な方がいらっしゃいます。

生還率が1%も無いと言われている抗がん剤ですから、それでも元気でいらっしゃる方は相当な免疫力、生命力のの強さがうかがえますね。

多くの人が、抗がん剤の副作用に悩んでいます。

また、抗がん剤のリバウンドで、二次発がんに苦しんでいる人がたくさんいます。

がんを治すための薬といわれていますが、その副作用によって新たな癌(二次発がん)をつくってしまうのもおかしな話です。

抗がん剤でがんを治そうと思うなら、抗がん剤に勝つ、相当な免疫力、生命力が必要だということです。

そこに気付かなければ、感染症や二次発がんを起こしてしまいます。

最後には、手の施しようがない、助かる見込みが無いといわれ、余命宣告を受け、途方に暮れている人が溢れているのが現実です。

もしも、自分が癌という病にかかったとき、どんな療法があるのか、どれを選択するのか、なにをすれば良いのか、を知っておく必要があるでしょう・・・

つらい渦中のときは、なかなか冷静に見れなかったり、受け入れられなかったりするものです。

がんを治す知恵を持ち備えていれば、たとえ病院で、手の施しようがないと言われようと、助かる見込みが無いと言われようと、途方に暮れずにすむのです。

また、抗がん剤などの治療に対する知識も持っていれば、必要かどうかの判断も自分で出来ます。

副作用の危険性も自分で察知できます。

今の時代、癌の人で溢れかえっていても、それでもどこかで他人ごとになっているのでしょうね。

私もそのひとりでした。

がんを治すのは薬や手術だと思っていました。

自分の免疫が癌を治すなど、考えもしなかったのです。

栄養があるものを摂ったり、甘いものや添加物は避けることは知っていましたが、絶対に食べてはいけないものがあるなど知る由もなかったのですから、本当に自分の愚かさを痛感しています。

がんは自分がつくった病気

『がん治しは、生き方なおし・クセなおし』 です。

免疫力、生命力を上げる生き方を・・・

がん治しはあきらめない・・・・必ず治ると信じて

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

活性酸素のバランスを保ってがんを抑制

私たちの体は、約60兆個の細胞で出来ています。

この細胞は、寿命がくると、アポトーシス (細胞の自殺) をし、新しく生まれた細胞と入れ替わります。

ガン細胞も同じです。

ガン細胞にアポトーシス(自殺) を起こさせるのは、ミトコンドリアが出す活性酸素です。

活性酸素は悪いものじゃないの?

と思われた方もいらっしゃるでしょう。

活性酸素は、正常な細胞にとっては、害になります。

ガン細胞を増やす有害な物質である活性酸素

しかし、ガン細胞を自殺に追い込む役目もあります。

大事なことは、この活性酸素のバランスです。

活性酸素が過剰に増えると、ガン、糖尿病を引き起こしやすくなります。

マウス実験でも、活性酸素を除去する抗酸化物質を与えるとガンや糖尿病の発生が抑えらることがわかっています。

日頃から、抗酸化作用のある健康食品を取り入れたり、活性酸素に働きかけてくれる食品を摂るといいですね。

活性酸素に働きかけてくれる食品は、たくさんありますが、なかでも効果が高いと言われているのが、ニンニク、キャベツです。

ニンニクは、活性酸素の除去だけでなく、免疫細胞の働きも活性化すると言われています。

活性酸素のバランスをとるのに良いのが、1日ひとかけらのニンニクです。

また、ニンニクに少しの生味噌をつけて食べるとさらに抗酸化力が高まります。

ちょっとしたことですが、これが自分を守ることに繋がりますよ。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

おからに豊富に含まれる食物繊維はゴボウの2倍

『卯の花』とも呼ばれるおから音譜

おからは、豆腐をつくる際にできる豆乳を絞った残りカスです。

カスとは言え、『卯の花』という呼び名はなんだか可愛らしく素敵ですよね

おからの白さが初夏に白い花を咲かせる卯の花の色と似ているところから『卯の花』呼ばれるようになったそうです

おからには食物繊維やカルシウムをたっぷり含まれており、たんぱく質や炭水化物、カリウムも豊富な食材です。

この中でも食物繊維の量はすごい

なんとゴボウの2倍もあるそうです。

あからの植物繊維の「セルロース」は水に溶けないタイプの不水溶性食物繊維です。

不水溶性食物繊維は、腸のぜん動運動を盛んにし、消化管を通過する時間を短縮させます。

消化管内で水分をかかえ込んで腸内に残留物を掃除してくれるのです。

さらにおからは、大豆のカルシウムが多く残っており、炭水化物やカリウムもしっかり含んでいて、この炭水化物に含まれるオリゴ糖が腸内の善玉菌のエサになってくれます。

私もよく使います。

色々な使い方がありますが、私はサラダが好きです

私は必ずおからを乾煎りします。

その際にガーリックをほんの少し、香りづけに入れると、と~っても香ばしいですよ

冷めたら後はあるお野菜をどんどん足していくだけ

ポテトサラダの感覚ですが、ポテトサラダより簡単なので忙しい日には助かります

しかも大腸ガン予防にもなるのでいいですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんを家族に連鎖させないために

ガンになった原因

心のなかにありませんか?

ガンになった方、ほとんどの方がそうです。

夫婦の関係

親子の関係

金銭的な問題

仕事の問題

悩みはさまざまでしょう。

こんなはずじゃなかった・・・

と思うでしょうが、実はこの人生は、自分の思った通りになっているのです。

夫が相手にしてくれない

子どもが言うことを聞かない

収入が少ない

仕事が上手くいかない

悩みに対して、こんな風に思ったり、言ったりしていませんでしたか?

この思ったことが、現実になっているだけなのです。

負の思考が負の現実を起こし、さらには負の連鎖を起こさせています。

そして負の思考は、体にまで影響を及ぼします。

負の思考は、自律神経のバランスを崩してしまい、交感神経が緊張状態となり、

血流が悪く、体温が下がってしまいます。

呼吸も浅くなり、白血球の中の顆粒球が増えてしまいます。

この状態は、ガンをつくる環境そのものなのです。

この負の思考のままでは、ガンはまず治りません。

それどころか、自分だけの問題で終わりません。

一緒に暮らす家族にも同じように影響を及ぼしていることを忘れないで頂きたい・・・

自分が出す負の思考は負の環境をつくっていきます。

愛する子どもまで、ガンにさせたいですか?

そんな人はいませんよね?

ガンなおしは、喜びのある生き方が絶対に必要です。

笑いのある暮らしをすること

笑いがある生活は、家族にも幸せをつくります。

自分のガンなおしのため

そして愛する子ども達、家族にガンをつくらないためにも、喜びと笑いある生き方をしてくださいね。

喜び、笑いある生き方は、夫でも妻でも子どもでもなく、自分がつくるものです。

夫が相手にしてくれない ➡ 居てくれてありがとう

子どもがいうことを聞かない ➡ 生まれてきてくれてありがとう

このように原点に返ってみませんか?

すると、小さなことが喜びとなります。

人生は、苦労するためにあるのではありません。

人生は、喜びを見つけるためにあるのです。

一緒に喜びを見つけていきませんか?

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

子宮を温めるとがんのリスクが減る

子宮を大事にしていますか?

子宮は、子が宿る場所

「子のお宮」です。

お宮といえば、神社ですね。

神社には、参道があり、その奥にお宮があります。

参道とは、赤ちゃんが通って生まれてくる産道

お宮とは、子の宮である子宮

お宮には神が宿り、子宮には子(神の子)が宿ります。

だから女性は結婚すると、かみさん(神さん)と呼ばれるそうです。

そのくらい子宮は、大事な場所

決して冷やしてはいけない、汚してはいけない場所なのです。

エアコンや薄着、シャワー、夜更かし、薬の常用などで低体温の女性が増えています。

そして、現代人は、欧米化の食事で肉食、乳製品により子宮は汚れています。

レバーのような真っ黒い血液が出ていませんか?

生理が5日以上続いていませんか?

子宮の冷えや汚れは、生理周期の乱れだけでなく、子宮以外にもさまざまな病気を引き起こさせてしまします。

冷えや汚れで、血流が滞ると子宮の筋肉が硬くなり、子宮や卵巣が正常に働かなくなります。

すると、ホルモンや自立神経のバランを崩してしまい、代謝や免疫も低下してしまいます。

その分、子宮ガン、卵巣ガン、乳ガンのリスクが高くなってきます。

子宮を冷やさないよう、汚さないよう、食事にも気を配りましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)