自分にあったがん療法は直感で決まる

突然ガンと言われ、どうするべきか、色々と調べますね。

特に、現代はネットという便利な環境があるので調べることは簡単です。

私もガンになった時そうでした。

まずは、自分が置かれた現状を知るために、震えながら、ガンのステージ、治療法について調べました。

怖くて仕方なかったのを覚えています。

そして、次に 『ガンに効く』と言われているものについて調べました。

藁をもすがる思いだったですね。

そんななかで、私は直感が働いたものをやろうと決めました。

しかし、他にも良いものがあるのではないかと気になり、また次を調べていた自分がいました。

ところが、いろいろ調べていると、気持ちが揺れ、何が正しいのかわからなくなり、自分の直感すら、疑うようになってきました。

私もこのような経験をしているので、気持ちはよく分かります。

ですが、調べれば調べるほど、大事な直感を鈍らせてしまいます。

ガンなおしは人それぞれです。

これをやったらガンがなおる

これを飲んだらガンがなおる

それも人それぞれ違うのです。

他人を参考にするのではなく、自分の直感を大事にすること

この療法はどう思いますか?

このサプリはどう思いますか?

とよく聞かれますが、それもみんな違うのです。

皆に100%効くものはありませんね・・・

自分で選ぶことが、ガンなおしです。

人や物に依存するのではなく、なおすのは自分であることをしっかりと自覚することが重要です。

あれもこれもと欲が出たり、悩みすぎると、直感が鈍り、信念までもが揺らいできます。

これが、失敗を招くもとです。

これだと決めたら、自分を信じて、徹底してする

プラスの思考が、揺るがぬ信念となり、やがて現実をつくるのです。

悩み過ぎると、エネルギーも失い、ガンの道に進みます。

何が正しいかは、誰にもわからないこと

神のみが知る世界です。

自分の直感を信じて、おおらかな心でガンなおしに励まれることを祈っています。

直感が働く自分になるには、執着を捨てること

自分を信じたいなら、朝陽を拝むことです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

大根を使った民間療法

大根シロップ・大根のど飴は、昔から伝わる民間療法です

大根に含まれるビタミンCは、大根の中心部分よりも皮のほうが約2倍も多く含んでいると言われています。

皮はむかずに、丸ごと使うことをおススメします!

ビタミンCは、風邪予防やストレス緩和に効果があり、また、発ガン性物質の生成も妨げると言われています。

そこで、民間薬として昔から親しまれてきたのが、大根シロップや大根のど飴と言われるものです。

風邪の引きはじめや、のどの痛み、炎症などの改善にとても有用です。

【作り方】

大根を皮のまま、さいの目に切り、タッパーなどの容器にいれます

大根がかぶるように、はちみつをたっぷりかけ、ひと晩おきます

大根のエキスがしみ出たはちみつを飲みます。

紅茶や番茶に入れて飲んでも、体も温まりいいですね

また、水か、ぬるま湯で薄めて、うがいに使ってもいいですね

特に、薬を避けたい小さな子どもさんの咳などには、ぴったりです

もちろん大根も食べれますよ!

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんには植物性発酵食品を・・・

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない生き方を・・・・・  「がんと自然治癒研究所」

 

『腸』 は動物の進化で最初にできた臓器 と言われています。

やがて脳ができ、血管ができ、手足ができた・・・

腸の働きは、栄養を吸収するだけでなく、生命活動の要とも言えます。

要である腸が汚れていると正常な生命活動が出来なくなります。

お母さんのお腹の中にいる胎児の腸の中は無菌状態です。

赤ちゃんは、出産と同時に無数の菌に触れ、一気に菌が腸に入り込み、元気な腸をつくる為に、いったん腸の中は悪玉菌でいっぱいになります。

そして数日後、ビフィズス菌などの善玉菌がしっかりと住み着いてくれます。

赤ちゃんも離乳期を経て、大人と同じ食べ物を摂り出すと、善玉菌が減り、悪玉菌が増えてきます。

通常、腸の中には1000兆もの細菌がいると言われています。

その種類も100種類を超える数です。

食物繊維、発酵食品から有機酸やビタミンなど生命活動に有用な成分を作る 『善玉菌』

動物性脂肪や動物性タンパク質から有毒な成分をを作る 『悪玉菌』

肉、卵、乳製品など動物性の食べ物は、腸で腐敗しやすく、インドール、スカトロールなどの有毒物質を出して、悪玉菌が優位な腸内環境にさせてしまいます。

悪玉菌優位な腸内環境は、肌荒れ、アレルギー、アトピー、リウマチ、ガン、心筋梗塞、慢性的肩凝りや疲労感、子宮内膜症など様々な病気の原因となってしまいます。

腸の汚れ、腸内の環境がガンをつくる

ガンを治すには腸の中の環境を整えることが非常に重要です

しかし、腸内細菌は歳と共に悪玉菌が増えてきます。

善玉菌を増やし、綺麗な腸環境をつくるには、食事でコントロールすることが重要になってきます。

善玉菌の代表ともいえる乳酸菌は、ヨーグルトで補うというイメージが強いですね。

間違いではありませんが、ヨーグルトは乳製品であるため、乳酸菌と同時に有害な物資も発生させてしまう可能性は否定できません。

特にガンの方は動物性食品であるヨーグルトには注意が必要ですね。

実は、日本人が昔からよく食べてきた、味噌、醤油、納豆、麹、酢にも乳酸菌はたっぷりと含まれています。

これら植物性の発酵食品は生きたまま腸に届きやすいことも分かっています。

生きた味噌を選ぶことも大切です

やはり日本人の腸には、昔からの日本食の発酵食品の方が適しているでしょう。

また、日本古来の発酵食品は、発ガン性を抑える効果もあります。

さらには、乳酸菌の細胞壁には免疫を高める物質もあり、植物性発酵食品はガン治しにとって必要不可欠な食品と言えるでしょう。

食べものがガンをつくり、食べものがガンを治します。

私も夕食に納豆と自家製塩麹は必ず頂いています。

納豆は夕食が有効的 ですよ

わたくし数カ月おきにファステイング(断食)をやっています。

3日間の断食です。

腸の中の有害物質であるインドール、スカトロールを排出して、腸内細菌を増やし、腸の環境を整えていきます。

胃腸のリセット、細胞のリセット、心のリセットを目的とします。

これも、ガンを経験したからこその私の生き方です。

がんと自然治癒研究所推奨発酵食品はこちらから

人間は完璧に、すべて理想通りには生きられません

だからこそ、体も心も修正をかけながら、喜びと辛抱とでバランスをとっていくのです。

がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない生き方・がんと自然治癒研究所・所長 塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)

土と太陽のエネルギーを浴びた野菜を食べる

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

『水耕栽培』の野菜や果物

水耕栽培と聞くと、清潔でお上品な野菜や果物というイメージがあるようです

実際、土に触れていないネギやイチゴは本当に綺麗です。

水耕栽培とは、字のごとく、栄養分を溶かしている液の中に野菜の根を置き育てています。

この栄養の液体が非常に問題な部分です。

この液のなかには、化学肥料やホルモン剤など成長を促す薬品がたくさん入っています。

それもそのはず・・・

本来は栄養の源となるはずの土を使わない、陽が当てないハウスでつくる訳ですから当然、成長を促してやるためのホルモン剤が必要になってきます。

確かに綺麗に育っている野菜や果物ですが、自然に反して育てた野菜が体に良いとは思えませんね

やはり、土にしっかりと根を生やし、太陽のエネルギーをしっかり浴びて育った野菜や果物を食べたいですね

清潔さや見た目に誘惑され、その代わりに薬品が体内に入ってきていることを忘れてしまいがちです。

何が大切なのか考えてみたいですね

自然農法の野菜が安心ですね

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
084-925-1271

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

サッパリ塩麹漬けで腸もスッキリ

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

塩麹は、塩、麹、水を混ぜ合わせ発酵させたもの

大豆の無い味噌といったところでしょうか

ぬか漬けと同じように、塩麹に野菜を漬けておくと、最高のお漬物が出来ます。

この時期は、きゅうりや茄子がいいですね

ビニール袋にカットした野菜と塩麹を入れ、軽く揉んで2,3時間置いておくだけ

麹の甘みと塩の辛みがとてもマッチしたお漬物ができます。

麹には、麹菌がつくりだす 酵素 がたくさん含まれています。

酵素は、食材に含まれる タンパク質やでんぷんを分解して、 食材を軟らかくしてくれる性質があります。

だから、塩麹につけたお肉は軟らかくなるのです。

また、麹菌は、乳酸菌であるヨーグルトやぬか漬け、納豆などと同じように、腸にしかりと働きかけてくれる最高の食材です。

ただし、麹菌は、熱が加わると死滅していまうので、そのまま使うのが一番いいですね

私の愛用天然塩はこちらから

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

プロポリスの感想をお電話下さいました

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

先月、ホームページの方から「蜂粋ゴールドプロポリス」120㎖をご注文下さった方からお電話を頂きました。

ホームページからのご注文は、どんな方が飲まれているのか、どんな目的で飲まれているのか全くわかりません。

でも、何らかで「蜂粋ゴールドプロポリス」を必要として下さっている方でしょうから、お役に立ちますように・・・と祈りを込めて、お送りさせて頂いています。

そして、一昨日、お電話を下さった方

肺ガンの58歳の方です。

全く、ネットが使えない方で、息子さんが調べてご注文されたそうです。

『息子がこれを飲んでくれ、と言って持ってきてくれたので、よく分からないまま飲み始めました。
私は、抗ガン剤治療を今までしてきましたが、結局、再発をし、転移もしています。
抗ガン剤をすることで、体力がなくなり、精神的にも弱ってしまったんです。
何のために生きているのかと考えるようになりました。
今回も、抗ガン剤をすすめられましたが、もうやめたいと心底思ったんです。
前から、息子は抗ガン剤はやめたほうがいいと言っていたので、治療をやめることを伝えると、プロポリスを買って持ってきてくれたんですよ。
信じて飲んでみようと思い、毎日8mlずつ飲んでいます。
半月ほどで、真っ黒になっていた爪が、きれいになりました。
痛みもすごく楽になり、外に出て体を動かすことが出来るようになったんですよ。
せっかく良くなっているので、このまま続けたいので送って欲しいと思って、お電話しました』

愛される蜂粋ゴールドプロポリスはこちらから

なんて優しい息子さんなんでしょう

聞いているだけで、私の方が心が温かくなりました。

息子さんを信じるお母さんの力も凄いですね。

信じるものは救われる

何より素直な心は大事です

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

熟成期間が長い味噌を選ぶ

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

熟成期間が長いお味噌を食べてますか!?

お味噌は、放射線の害を緩和させてくれる優れもの

活性酸素を除去してくれる抗酸化作用の高い食品です

ただし、お味噌なら何でもいい訳ではありません

熟成期間の長いお味噌ほど、発酵菌が豊富です。

菌が多いほど、抗酸化作用が高いと言われています。

残念ながら、スーパーに置かれているお味噌は、人工的に短期間で作られた物がほとんどです

しっかりと熟成させた本物のお味噌を頂きたいですね

そして、お味噌汁に入れる野菜からは、しっかりとフィトケミカルが煮出されます。

安全な野菜を使いたいものですね

農薬のない野菜を使いたいですね

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

嬉しいことラッシュ☆がんでも輝けます

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

嬉しい報告ラッシュでした

【肝臓ガン 30代女性】

プロポリスを飲みだして1週間ですが、舌下の体温が37℃以上をキープしています。

今まで、何をしても上がらなかった体温が、上がってくれたので、とにかく嬉しいです。

指先が温かくなったのを実感してます。

【大腸ガン 40代女性】

手術の3週間前よりプロポリスを飲み始めたのですが、おかげで長時間に渡った手術にもかかわらず、回復が異常なほど早く、周りの人もびっくりしていました。

手術後は、プロポリスの量を増やし、病院でも出来る限り体を動かしていると順調に回復でき、予定よりも随分早い退院となりました。

来週からは、仕事にも復帰します。

【子宮ガン 40代女性】

前回の抗ガン剤で、大変な副作用を経験しました。

その頃から、プロポリスを飲むようになり、抗ガン剤の副作用は随分軽減され、仕事をしながら治療が出来るまで、体が楽になりました。

その後も抗ガン剤の二次発ガンを恐れていたのですが、先日で再発もなく2年を迎えることが出来ました。

【乳ガン 50代女性】

過去に抗ガン剤をしているので、再発転移が怖くて仕方ない日々で、その気持ちだけで、またガンになりそうな毎日を送っていました。

眠れないので、睡眠薬も飲んでいました。

そして、血流が悪くなると、手術あとも痛み、鎮痛剤も悪いと分かっていても飲んでしまう状態でしたが、プロポリスを飲むようになり、鎮痛剤は飲むことがなくなりました。

夕食前にプロポリスを多めに飲むようにしてみると、夜も眠れるようになりずっと気になって睡眠薬も今は飲むこともなくなりました。

それと、恐怖感も薄れ、最近はよく笑うようになりました。

お電話やメールを下さり、本当に嬉しいですね

思わず、私も一緒にウルウルしてしまう嬉しいご報告、またお言葉に感謝いたします。

目に見える腫瘍だけにとらわれないこと

全体を見ることが大事ですね

皆さまの色々な体験を、ご報告できればと思っています。

私の愛用品はこちらから

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

秋茄子は嫁に食わすな

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

秋茄子は嫁に食わすな

昔からよく使われるこの言葉には嫁に対する2つの説があります。

秋茄子は、とても味がよいので、憎い嫁に食わすなといった姑の嫁いびり説

そして、茄子は体を冷やすので大切な嫁に食わすなといった嫁思いの説

種子が少ないので、子種が少なくなるから嫁に食わすなという説も・・・

本当のところはわかりませんが、大切な嫁を思う説と思っておきたいですね

秋茄子は、皮が薄く実がしっかりとしていて美味しく、露地栽培の収穫期は7月~10月頃です。

茄子は、カロリーが低くとってもヘルシーな野菜です。

 
ですが、茄子の紫色の皮には、ポリフェノールがどっさり

茄子の皮には、強い抗酸化作用があり、血液をサラサラにしてくれ、動脈硬化の予防効果があります。

体を冷やすため食べ過ぎはよくありませんが、ガン予防にはとてもよい茄子です。

冷やす作用を利用して、軽い火傷のときには、冷蔵庫で冷やした茄子を湿布をすると炎症がおさまります。

また、茄子はぬか漬けにするとビタミンB1やカリウムが倍増するので、昔からぬか漬けには欠かせない野菜ですね

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

生き方を見直す時間を与えてくれたがん

9月11日といえば、誰しもが記憶に深い日です。

2001年9月11日 航空機等を用いたアメリカ同時多発テロ事件

航空機が使用された史上最大規模のテロ事件であり、全世界に衝撃を与えました。

ニュースで流れてきた最初の映像は、今でもはっきりと覚えています。

一瞬にして奪われた尊い命を思うと、悔しくて胸が張り裂けそうですね。

数分前まで笑って話をしていた人が・・・

朝、いつものように送り出した家族が・・・

今日も当たり前に帰ってくると思っていた人が・・・

このような事件だけでなく、事故、災害、突然死、誰もが死の可能性を持っています。

どんな人でも明日はどうなるか、分かりません。

ガンになると、どうしても死に対する恐怖感を強く感じてしまいます。

今でも苦しい思いをされている方がたくさんいらっしゃるでしょう。

しかし、ガンは気付きと取り組む時間を与えてくれています。

その与えられた時間を大切に使ってみませんか?

ガンは血液の汚れからつくられた病です。

貴重な与えられた時間に、なぜ血液が汚れたのかを考えてみませんか?

食べ過ぎ・動物性食品の摂りすぎ・薬の飲みすぎ・砂糖・ストレス・冷え・・・・

これらは血液を汚し、体温を下げてしまいます。

低体温はガンの道・・・がんや病気の原因を知るはこちらから

同じことを繰り返していたのでは、当然、ガンは治りません。

血液をキレイにしなければ、また再発を繰り返します。

与えられた時間にもう一度、食事、生活、環境、生き方、心の持ち方を見直すことは出来るはずです。

全身の血液の汚れを一ヶ所に集め、塊となって教えてくれたのがガンです。

ガンになっていなければ、敗血症で突然死していたかもしれません。

ガンは、気付きと猶予を与えてくれた感謝すべき存在

生き方を見直し、今日の与えられた時間を大切に、感謝して生きていきたいものですね。

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝くガン治しでありたい

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ