子宮を冷やさない・毒を入れない

大切な子宮に毒を入れていませんか??

経皮毒の吸収率は、二の腕を1としたら

性器・・・ 43倍

頬・・・  13倍

頭皮・・・ 3.5倍

性器はとてつもない数字です。

特に女性器は、子宮へと通じているため、吸収された経皮毒は子宮や卵巣にも影響を与えます。

多くの生理用品は、月経血や尿を吸収するために高分子ポリマーが含まれています。

水分を吸収して漏れないように凝固させる高分子ポリマーは、非常につよい化学物質といわれています。

これは、発熱時などに使用する冷却シートと同じ仕組みになっており、有害物質の吸収だけでなく、子宮を冷やすことにもなります。

そうでなくても子宮は、袋状の冷えやすい臓器です。

冷えれば冷えるだけ、毒素の排出が困難になります。

だからこそ、物理的な要因で子宮を冷やしたくないものです。

口から吸収した化学物質は、通常、肝臓で分解され排出される仕組みがあります。

しかし、皮膚から吸収したものは、肝臓を通ることなく、そのまま皮下脂肪に蓄積されていきます。

血液を介し、子宮や脳に蓄積されると言われています。

子宮に毒素が溜まれば、癌などの原因になるのです。

がんになったら

がんになる前に

日用品も見直してみるといいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治しには揺るがぬ信念が必要

お電話くださった乳ガンの方

実は、以前にもお電話をくださっていました。

不安で仕方ない様子で涙ながらに話されたのを覚えています。

彼女は、直感が働きプロポリスを飲みたい言われました。

もちろん、それだけでなく心の持ち方を変えることが大切であること、そしてコツコツと続けることが最も大切であるとお伝えしました。

その後、彼女は転々とさまざまな療法を渡り歩いたようです。

そして、今回の再発は心も体も弱り切っていました。

なぜ再発したのかを一緒に考えました。

違うことが目に入れば、前のことをやめて違うものをする

そして、また新しい情報が入れば、前のことをやめて新しいものをする

これを何度も繰り替えしています。

その度に、ぐらぐらと気持ちが揺れています。

毎回、振り出しに戻っているのです。

投げかけたことが返ってくるのです。

ガンなおしには、揺るがぬ信念が絶対的に必要です。

自分を信じ続ける精神

周りに振り回されない、影響されない、しっかりとした自分を持つことです。

これも訓練です。

自分の体に愛情を持ちコツコツと辛抱に続けることが最大の武器になるのです。

そして、家族の最大の愛は、ただそばに居てあげることです。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

乳製品はがんを・・・・

お腹をキレイに整えるためにヨーグルト

骨を丈夫にするために牛乳

学校給食の定番ともいえる牛乳

私も乳製品を積極的に摂ってきた人のひとりです。

ヨーグルトをほぼ毎日のようにとっていたという世代が今、乳がん、卵巣がんを若くして発症しています。

畜産で育った乳牛は、早く成長させ、たくさんのお乳を出させるために一般的に大量の成長ホルモン、女性ホルモン、抗生剤が投与されているため、乳がん、卵巣がんなどのホルモン系の癌を増やしてきたことは多くの研究者が指摘をしています。

よく考えたら納得できる話ですね・・・

男性では前立腺がんです。

乳牛に投与されたホルモン剤、抗生剤が、乳製品などを通して、私たちの体に蓄積され、細胞が酸化していきます。

がんは細胞の酸化現象

また、成長ホルモンを多く含む牛乳は、体の防衛メカニズムを阻害すると言われています。

成長ホルモンは体の防衛機能を狂わせ、癌細胞のアポトーシス(死滅)を阻害し、結果、癌の発症に繋がっていくのです。

癌になっても、乳製品をとり続けていませんか??

また、子どもの頃から牛乳を飲み続けると、ぜんそくやアトピー、精神発達面にも害を及ぼす可能性も報告されています。

しかも・・・

「骨粗しょう症の発生はカルシウム摂取量が多く、牛乳などの酪農製品からとっている地域に生じる傾向がある」

(コーネル大学のキャンベル博士)

牛乳の大量消費が骨粗しょう症のを招いているのでしょうか・・・

牛乳は、リンとタンパク質を多く含んでいるため、摂取をすればリンとタンパク質を中和させるために体のカルシウムが溶けだします。

だから、牛乳を飲む人は、骨粗しょう症になりやすい、また骨折しやすいということになるのでしょうね。

ちなみに世界一牛乳を飲む国 ノルウエーの人の骨折率は、日本人の5倍だとか・・・

特に骨が弱くなっている人は、逆効果になっていないか見直してみるといいですね。

そして、腸を汚してしまう乳製品は、大腸がんを始めとしたさまざまな癌の発症リスクを高めてしまうので気をつけたいですね。

癌細胞の増殖リスクを上げないよう、嗜好品であるものは避けるようにしたいですね。

私も癌になる前は、毎朝、牛乳とヨーグルトを摂り、チーズを使った食事をよくしていました。

癌になって、生野菜ジュース、または生姜紅茶にプロポリスを飲んでいます。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんを子孫に連鎖させないために・使命

がんの自然治癒で起きる現象

がんが自然退縮するときには思いもよらぬ様々な症状がでると言われます。

発熱、転移、腫瘍増大、腫瘍マーカー上昇

どれをとっても心地よいものではありません。

ここに行くまでにも、精神的にへこみ、他人の意見や情報に惑わされ、信念がブレてしまう方がほとんどです。

がん治しの一番の敵は恐れから起きる心のブレです。

自分はなんのために癌という病気になったのでしょう・・・

苦しむために与えられたのでしょうか・・・

それは、違います。

もし、そう感じているなら、ぜひご相談ください。

がんは、私たちに生き方を変えなさい、と教えてくれているのです。

人は、真剣な生き方によって神様に命を救って頂くのです。

その人に使命がある限り、神様は死なせることはしません。

がんになったのは、大切な子孫へ連鎖させないお役目を頂いたのです。

自分の命より大切な我が子が同じように癌になれば、自分のとき以上に苦しむでしょう。

子孫へ受け継せない、負の連鎖を止める

これが使命なのです。

生命を生み出した大自然に感謝して、使命を真剣に生きる

自分を見つめ直し担った使命を真剣に生きることで、がんへの恐れがなくなるのです。

そして、自然と穏やかな心がつくられるのです。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

引き算の医学がNK細胞も活性化

まずは9割の医療を引き算!

***************以下 いのちのガイドブックより引用******************************

「地上から9割の医療が消え失せれば、人類は間違いなく健康になる」

メンデルソン博士の言葉を思い出してください。

つまり、現代医学の9割が不要なのです。

それどころか有害無益です。

日本の医療費40兆円のうち、36兆円は不要です。

世界の医療費、推計1000兆円のうち900兆円は不要ということになります。

これが引き算の医学なのです。

新医学への第一歩です。

**********************************************************************************

薬が足し算の医療であるなら、引き算の医療はファステイング(断食)です。

薬、添加物、食べ過ぎ、ストレスなどが足し算された毒素

これらを引き算する断食は心と体の毒素を排出します。

生まれてから足し続けてきた毒

この毒素を排出しなければ自然治癒力も働きません。

心身ともに浄化させなければならないということです。

断食でガンを治った人もいますから、どれだけ足し算の生き方がマイナスを生んでいたのかがよく分かります。

ガンのエサはブドウ糖以外にないという

そのブドウ糖を増殖させているのが、悪玉タンパク質をだそうです。

タンパク質が関与してブドウ糖を出させ、ガンを増殖させてしまう。

この悪さをするタンパク質をカットするには、断食しかないということです。

また、断食をするとどんなことが起きるかというと

くっついた赤血球が離れて、毒素が腸内に流れ込み、宿便となって排出されます。

脂肪細胞もどんどん減り、正常化していきます。

空腹時が細胞活性のチャンスです。

私たちの体の中を常にパトロールしてガン細胞を発見しては食べてくれているNK細胞

このNK細胞も空腹時にしっかりと役目を果たしてくれています。

私たちは、食事をすると眠くなったり、だるくなったりします。

それと同じく、私たちが食事をして血液を通し栄養が運ばれてくると、NK細胞もお腹いっぱいになり働き方が鈍くなってしまいます。

NK細胞をしっかり働かすためにも少食、または断食が効果的だといえます。

数カ月に1度、3日断食をします。

私の場合は水と塩と活性酸素を除去する抗酸化物質のみ摂取しています。

3日経過後は心身ともにスッキリです。

私の場合は、断食終了翌日あたりに一気におトイレで毒素が排出されます。

まずは腹7分目の少食から始めてみるのも良いでしょう

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女社長 塚本みづほのブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

お乳と心の関係

女性の象徴ともいえる乳房

女性ホルモンの感受性がある乳房

乳房は常にホルモンの影響を受けています。

卵巣ホルモンであるエストロゲンと黄体ホルモンであるプロゲステロン

この2種類のホルモンの量によって乳房も変化をしています。

また、女性の乳房は、生理前には大きくなり、生理後には小さくなります。

張りや大きさの違い、痛みなど 感じたことありますよね?

大きさでいえば20%も増量するという文献もあります。

排卵後に分泌される女性ホルモンであるプロゲステロンが、排卵から約7日後あたりにピークを迎えます。

このプロゲステロンが乳腺に働きかけることで乳房は大きくなります。

実は、この乳房の増量は、乳房の浮腫みなのです。

プロゲステロンは水分を体内に溜め込む性質があり、乳腺と乳腺の間に水分を溜め込んでいるのです。

だから胸の張りが出たとか、大きくなったと感じるのです。

そして生理を迎えるとその水分は経血と共に排出され、乳房が小さくなるのです。

このように乳房は常にホルモンの影響を受け、子宮や卵巣と繋がっているのです。

女性は子宮でものを考える、などと言われるように心配ごとやショックがあると子宮がきゅんとします。

子宮と繋がっている乳房も影響を受けています。

右のお乳と左のお乳

女性は、幼少期の親との関係、夫婦の関係など、家族間の悩みを抱えている人が多いのです。

右の乳房の異変は家庭の悩み

左の乳房の異変は仕事の悩み

心理的ストレスに影響され乳房に異変が生じます。

お乳に出た症状は、心の表れ

つらいことをたくさん抱えてきたのではないでしょうか・・・

心の冷えは、乳房の冷え

そんな自分を知り、受け入れ、今があることに感謝して、心を温め乳房も温めてあげたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんがなおった人は、自分を信じて進むことが出来た人

がんがなおる人、なおらない人

がんなおしが上手くいく人、いかない人

がんであっても前向きに楽しんで暮らせる人、心まで病人になる人

その違いはなぜ起きるのでしょうか・・・

がんをなおした人は、直感で感じたことを疑いません。

疑ったり、不安を感じることなく進みます。

がんをなおした人は、即行で実践します。

時間が限られていることを常に意識して進みます。

がんをなおした人は、自分で決めます。

決心して、自分を信じて進みます。

がんをなおした人は、自分に責任を持っています。

選択も結果も自分で責任を持ち進みます。

がんをなおした人は、優先順位をつけています。

自分が今やるべきことを明確にして進みます。

強い信念で、自分に責任を持ち、腹をくくり取り組んだ人達が、がんを克服しています。

決して二兎を追わず、今のやるべきことに集中し、黙々と続けています。

一方、決断できない人、即行出来ない人は、チャンスを逃がしている可能性も・・・

悩んでいる間、迷っている間も、がんは休んでくれません。

もし、○○だったら・・・?

不安を自分でつくっているうちは好転しません。

もしも、こうだったらどうなるの・・・?

不安を持ちながら取り組むことは続きません。

誰にでも効果がある夢の治療薬があれば嬉しいですね。

しかし、そうもいかないのが人間の体ですから

自分の大切な人生のために、自分を信じて、ひとつに思いを込めて、取り組まれることを願っています。

そうすることで、不安が安心に変わるのです。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自己治癒力と血液の汚れ

① ナチュロパシー(自然療法)

② オステオパシー(整体療法)

③ サイコパシー(心理療法)

④ ホメオパシー(同種療法)

⑤ アロパシー(薬物療法)

さまざまな療法があります。

①から④の療法は、自然治癒力を高めることで病気を治す療法です。

自然治癒力とは、人間が生まれながらにして持っている、ケガや病気を治す力です。

手術を施したり、人工的な薬物を投与したりしなくても治る機能のことであり、「自己治癒力」

とも呼ばれています。

誰もが持ち備えているものです。

菌やウイルスが体内に侵入したら、菌やウイルスを死滅させるために熱を出し、咳や鼻水で外に出そうとします。

ケガをすれば、傷口はやがてかさぶたになり、傷が治ります。

これが自然治癒力です。

この自然治癒力を高めるためのに、玄米菜食などの食事療法や健康食品、温熱、鍼灸、気功など①から④の療法があります。

アメリカのガン治療では、①から④の自然治癒力を高める代替療法は当たり前に使われています。

アメリカの医師の半数以上が健康食品など積極的に摂ることを薦めているのですから、日本とはガン治療も随分違います。

西洋医学一辺倒から脱出したアメリカはガンの発症もガンの死亡率も減ってきています。

いかに自然治癒力が大切なものかがよく分かります。

一方、⑤のアロパシー(薬物療法)は、残念ながら人間の自然治癒力を落としてしまいます。

石油製品である薬物が入ると、私たちの体は体温が下がってしまいます。

体温が下がると、自然治癒力、いわゆる免疫力が低下します。

血流も滞り、さらに血液を汚してしまいます。

また、薬物が体に入ると、活性酸素が大量に生み出されます。

この活性酸素が必要以上に増えると、細胞が酸化して体内の機能が低下します。

そして活性酸素が細胞核の遺伝子を傷つけ、ガンという異常細胞を作ってしまうのです。

これらを考えても薬物療法一辺倒のガン治療は、かなりの再発リスクを背負っていることがわかります。

私は、基本的に①から④の療法が人間らしい治療であり、人間に一番似合った療法だと思っています。

これらの素晴らしい療法がかき消されてきたのも、石油利権、医療利権によるものであり、私たちも洗脳され育ってきました。

日本人は、薬物療法だけに頼り切ってしまうところがあり、病院任せ、人任せの治療になりがちです。

石油製品である薬物を人間の体に入れれば害を及ぼすことは、考えればわかることです。

薬は悪魔でも症状を抑えるだけの対症療法であることを忘れてはいけません。

早く簡単に美味しく作れる化学調味料や添加物いっぱいの現代の食と同じで、病気も薬で簡単に症状を抑えてしまい、熱も痛みも薬でとってしまう・・・という選択になってしまっています。

しかし、根本から治したとはいえません。

それどころが、本来働くはずの自己治癒力を弱らせてしまっています。

病巣を切ったり、抑え込んだりしても、病気の原因である血液の汚れがある以上、必ずまた病気は襲ってきます。

まずは、汚れた血液をキレイにすることです。

血液の汚れを起こしている原因が必ずあります。

この原因の50%は心の部分ではないでしょうか・・・

残りの50%は、冷え、食事、睡眠、排泄、運動、薬物などです。

これらも、実はすべて心と関係を持っています。

根底に、『ガンは自分がつくった病気である』 と自分自身に認識があれば、残りの50%も心の持ち方次第で自然と変化を起こす考えや行動が起きてきます。

治すのは自分

名医は自分自身です。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

食で治せないものは医者でも治せない

『食で治せない病気は医者も治せない』

と言われるくらいガン治しに大切なのが食事の見直しです。

5000ページにおよぶ米国上院の公式報告書 『マクガバン報告』

当時のアメリカ上院、民主党のマクガバン上院議員を委員長とした人類史上、空前絶後の調査報告書と呼ばれています。

誤った食生活で、ガンなど生活習慣病が多発

「アメリカ人を悩ます、ガン、心臓病、糖尿病などの病気の大半は、食事の間違いから起こっていた」

この報告は、ガン、心臓病、高血圧、精神病などの最大の原因は間違った食であると結論付けています。

そして、ガンの発生も死亡も20%減らすことが出来る 『食事療法』 をアメリカ政府が公的に認めたことを証明しています。

誤った食とは・・・

高カロリー、高タンパク、高脂肪

動物性タンパク質が非常に危険であることを裏づけています。

動物性の食事は、植物性の食事に比べ、ガンの発症率が8倍にも上がるという。

これは、栄養学の父とも呼ばれるフォイト氏の栄養学を覆す形となりました。

フォイト氏は、『最も理想的な栄養源は、高タンパク、高脂肪、低炭水化物』といい、動物性タンパク質が優良であると唱え
今もなお、日本では 『フォイト栄養学』 が使われ続けています。

フォイト栄養学は必要?

これがガンや生活習慣病を増やした原因です。

アメリカ政府も認めた誤った食事を未だに続けているのが日本

ガン患者にとって、食事がどれだけ影響を及ぼすか・・・

全くもって無視している日本の現状があるのです。

肉食は、すべてのガンに影響すると言えますが、中でも大腸ガンの発症率は非常に高くなっています。

若年齢の大腸ガンが、ここ最近、やたらと目につくと感じるのは私だけでしょうか・・・

これも肉食、動物性の食生活が大きく影響していることは間違いないでしょう。

食の見直し、実践も自分次第

ガン治しの自分次第ですね。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

体温を上げがんをなおす・低体温でもあきらめない

がんをなおすには、体温を上げること

人間の免疫力が活性化される体温は、脇の下で測って36.8℃

脇の下で測る平熱が35℃台の人は、免疫力が低下している状態です。

なにか大きなストレスなど抱えていませんか??

癌が増殖する体温は35℃台ですから警戒体温です。

一刻も早く、35℃台から脱出することです。

私も癌になる前の平熱は、35.2℃

究極の寒がりで、35℃を下回っている日もあったのではないでしょうか・・・

35℃以下の体温はすでに病気を抱えている可能性がありますので要注意です。

体温が低ければ、当然 深部体温も低くなります。

自分の深部体温を知っておくとよいですね。

36.5℃以上の体温が理想です。

脇の下の体温がこのくらいあれば、脳や内臓の深部体温も理想の37.2℃を保つことができます。

この体温は、酵素や代謝が活発に働き、免疫力を保つことが出来ます。

舌下で測る体温は脇の下の体温より高め、また直腸の体温より少し低めです。

直腸の体温が、脳や内臓のある深部体温に最も近い体温です。

しかし、直腸の体温は家庭で手軽に測定しにくいので、舌下で測り、深部体温の参考にすると良いでしょう。

体温が低い人でも、体質だからといってあきらめる必要はありません。

私も低体温は体質のせいだとずっと思っていたひとりです。

このままでは癌細胞がどんどん増殖してしまう・・・と恐怖感を感じ、体温を上げる取り組みをしました。

生活のなかで体温を上げる方法はいくつかあります。

食事、運動、入浴、温熱、漢方や健康食品など・・・

外から体を温める方法は、手っ取り早い方法ではありますが、やめればまた徐々に下がってしまうこともあります。

自らが熱を発して体温を上げていく方法をおススメします。

私は、低体温から早急に脱出するために取り組み、短期間で35.2℃から36.5℃にあげ、現在も36.8℃前後を保っています。

どうやって体温を上げたのか・・・お伝えしています。

あきらめず、取り組んで頂きたいと切に願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)