自己治癒力と血液の汚れ

① ナチュロパシー(自然療法)

② オステオパシー(整体療法)

③ サイコパシー(心理療法)

④ ホメオパシー(同種療法)

⑤ アロパシー(薬物療法)

さまざまな療法があります。

①から④の療法は、自然治癒力を高めることで病気を治す療法です。

自然治癒力とは、人間が生まれながらにして持っている、ケガや病気を治す力です。

手術を施したり、人工的な薬物を投与したりしなくても治る機能のことであり、「自己治癒力」

とも呼ばれています。

誰もが持ち備えているものです。

菌やウイルスが体内に侵入したら、菌やウイルスを死滅させるために熱を出し、咳や鼻水で外に出そうとします。

ケガをすれば、傷口はやがてかさぶたになり、傷が治ります。

これが自然治癒力です。

この自然治癒力を高めるためのに、玄米菜食などの食事療法や健康食品、温熱、鍼灸、気功など①から④の療法があります。

アメリカのガン治療では、①から④の自然治癒力を高める代替療法は当たり前に使われています。

アメリカの医師の半数以上が健康食品など積極的に摂ることを薦めているのですから、日本とはガン治療も随分違います。

西洋医学一辺倒から脱出したアメリカはガンの発症もガンの死亡率も減ってきています。

いかに自然治癒力が大切なものかがよく分かります。

一方、⑤のアロパシー(薬物療法)は、残念ながら人間の自然治癒力を落としてしまいます。

石油製品である薬物が入ると、私たちの体は体温が下がってしまいます。

体温が下がると、自然治癒力、いわゆる免疫力が低下します。

血流も滞り、さらに血液を汚してしまいます。

また、薬物が体に入ると、活性酸素が大量に生み出されます。

この活性酸素が必要以上に増えると、細胞が酸化して体内の機能が低下します。

そして活性酸素が細胞核の遺伝子を傷つけ、ガンという異常細胞を作ってしまうのです。

これらを考えても薬物療法一辺倒のガン治療は、かなりの再発リスクを背負っていることがわかります。

私は、基本的に①から④の療法が人間らしい治療であり、人間に一番似合った療法だと思っています。

これらの素晴らしい療法がかき消されてきたのも、石油利権、医療利権によるものであり、私たちも洗脳され育ってきました。

日本人は、薬物療法だけに頼り切ってしまうところがあり、病院任せ、人任せの治療になりがちです。

石油製品である薬物を人間の体に入れれば害を及ぼすことは、考えればわかることです。

薬は悪魔でも症状を抑えるだけの対症療法であることを忘れてはいけません。

早く簡単に美味しく作れる化学調味料や添加物いっぱいの現代の食と同じで、病気も薬で簡単に症状を抑えてしまい、熱も痛みも薬でとってしまう・・・という選択になってしまっています。

しかし、根本から治したとはいえません。

それどころが、本来働くはずの自己治癒力を弱らせてしまっています。

病巣を切ったり、抑え込んだりしても、病気の原因である血液の汚れがある以上、必ずまた病気は襲ってきます。

まずは、汚れた血液をキレイにすることです。

血液の汚れを起こしている原因が必ずあります。

この原因の50%は心の部分ではないでしょうか・・・

残りの50%は、冷え、食事、睡眠、排泄、運動、薬物などです。

これらも、実はすべて心と関係を持っています。

根底に、『ガンは自分がつくった病気である』 と自分自身に認識があれば、残りの50%も心の持ち方次第で自然と変化を起こす考えや行動が起きてきます。

治すのは自分

名医は自分自身です。

ご質問お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おすすめのページはこちら
https://www.qualitypro.jp/

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

(このブログは私個人の考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

味噌汁で放射能障害を防ぐ

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線」)だけに頼らない・がんを治す生き方・・   がんと自然治癒研究所

味噌汁が体に良いことは一般的に知られています。

毎日飲んでいますか!?

味噌汁は、スープの中でも最高の健康スープです。

毎日飲むと肝臓ガンや乳ガンが3~4割も減るとか・・・

それもそのはず!

味噌汁は放射能を排出する作用があるからです。

また、原爆の後遺症の調査でも、味噌汁を飲んでいたから後遺症が軽くすんだという報告があります。

動物実験でも、味噌の放射能障害を防ぐ働きは、熟成期間が長い味噌ほど効果が高いと報告されているようです。

放射能が気になる時代だからこそ、毎日、味噌汁は頂きたいですね

昔ながらの日本食の効能の素晴らしさを改めて感じますね・・・

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

がんには植物性発酵食品を・・・

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない生き方を・・・・・  「がんと自然治癒研究所」

 

『腸』 は動物の進化で最初にできた臓器 と言われています。

やがて脳ができ、血管ができ、手足ができた・・・

腸の働きは、栄養を吸収するだけでなく、生命活動の要とも言えます。

要である腸が汚れていると正常な生命活動が出来なくなります。

お母さんのお腹の中にいる胎児の腸の中は無菌状態です。

赤ちゃんは、出産と同時に無数の菌に触れ、一気に菌が腸に入り込み、元気な腸をつくる為に、いったん腸の中は悪玉菌でいっぱいになります。

そして数日後、ビフィズス菌などの善玉菌がしっかりと住み着いてくれます。

赤ちゃんも離乳期を経て、大人と同じ食べ物を摂り出すと、善玉菌が減り、悪玉菌が増えてきます。

通常、腸の中には1000兆もの細菌がいると言われています。

その種類も100種類を超える数です。

食物繊維、発酵食品から有機酸やビタミンなど生命活動に有用な成分を作る 『善玉菌』

動物性脂肪や動物性タンパク質から有毒な成分をを作る 『悪玉菌』

肉、卵、乳製品など動物性の食べ物は、腸で腐敗しやすく、インドール、スカトロールなどの有毒物質を出して、悪玉菌が優位な腸内環境にさせてしまいます。

悪玉菌優位な腸内環境は、肌荒れ、アレルギー、アトピー、リウマチ、ガン、心筋梗塞、慢性的肩凝りや疲労感、子宮内膜症など様々な病気の原因となってしまいます。

腸の汚れ、腸内の環境がガンをつくる

ガンを治すには腸の中の環境を整えることが非常に重要です

しかし、腸内細菌は歳と共に悪玉菌が増えてきます。

善玉菌を増やし、綺麗な腸環境をつくるには、食事でコントロールすることが重要になってきます。

善玉菌の代表ともいえる乳酸菌は、ヨーグルトで補うというイメージが強いですね。

間違いではありませんが、ヨーグルトは乳製品であるため、乳酸菌と同時に有害な物資も発生させてしまう可能性は否定できません。

特にガンの方は動物性食品であるヨーグルトには注意が必要ですね。

実は、日本人が昔からよく食べてきた、味噌、醤油、納豆、麹、酢にも乳酸菌はたっぷりと含まれています。

これら植物性の発酵食品は生きたまま腸に届きやすいことも分かっています。

生きた味噌を選ぶことも大切です

やはり日本人の腸には、昔からの日本食の発酵食品の方が適しているでしょう。

また、日本古来の発酵食品は、発ガン性を抑える効果もあります。

さらには、乳酸菌の細胞壁には免疫を高める物質もあり、植物性発酵食品はガン治しにとって必要不可欠な食品と言えるでしょう。

食べものがガンをつくり、食べものがガンを治します。

私も夕食に納豆と自家製塩麹は必ず頂いています。

納豆は夕食が有効的 ですよ

わたくし数カ月おきにファステイング(断食)をやっています。

3日間の断食です。

腸の中の有害物質であるインドール、スカトロールを排出して、腸内細菌を増やし、腸の環境を整えていきます。

胃腸のリセット、細胞のリセット、心のリセットを目的とします。

これも、ガンを経験したからこその私の生き方です。

がんと自然治癒研究所推奨発酵食品はこちらから

人間は完璧に、すべて理想通りには生きられません

だからこそ、体も心も修正をかけながら、喜びと辛抱とでバランスをとっていくのです。

がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない生き方・がんと自然治癒研究所・所長 塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)

がん細胞は自分次第で変化する

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

ガンが見つかり、強いストレスを受けます。

転移と聞いて、さらに強いストレスを感じます。

ガンは、私たちにとって、死の病気だと潜在能力にしっかりと刻み込まれているからです。

ストレス⊳甘いもの⊳がんの道はこちらから

テレビなどの報道で、ガンであることを告白した有名人は、抗ガン剤でやつれ切ってしまい、以前の姿は見る影もない・・・

そして、訃報

これを見ると、元気な人でもガンに対する恐怖は増すでしょう。

ましてや、現在、ガンである人は言葉で言い表せない恐怖に落とされる人もいるでしょう。

このようなストレスは、ガンを急激に大きくしてしまいます。

自律神経を乱してしまうストレスは、体温も下がり、呼吸も浅くなり、ガンが増殖する環境をつくってしまいます。

がんと心は繋がっているはこちらから

たった1日で、大豆ほどの大きさになることもあると言われています。

この逆もあります。

囚われ、ストレスから解放されると、ガンが一気に退縮することもあります。

よく考えてみると、不思議ではないと思いませんか?

どんな人でも、ガン細胞は、数千個から数万個も毎日生まれ続けています。

特に、血行が悪くなっている場所に、ガンはできやすくなります。

しかし、ガン細胞は、誰しもが持っているのですから、検査をしてガンが発見されても、驚くことではないのです。

事故などで、解剖をすると、あちこちにガンがある方が結構いるそうです。

知らずに元気に過ごしていたわけです。

知らないところで、ガンは出たり、退縮したりを繰り返しています。

元気だと思っている人も、ガンが出来ている可能性は充分ありますね。

ガンでなくても、これを機に生活や心の持ち方を見直してみませんか?

ガンは恐れてはいけません。

恐れれば恐れるだけ、心と体にストレスを与えます。

ガンなおしは、恐れを手放すことから始まります。

人間には、自然治癒力が備わっています。

自然治癒力を上げるはこちらから

誰にでも、治る力があるということです。

その治癒力を活性化するか、しないかは自分次第です。

生命は、神秘と奇跡の力を秘めています。

私もガンになるまでは、病気になれば病院で治してもうのが当たり前と思い込んでいたわけです。

いわゆる洗脳というものです。

ですが、同じようにガンになり、病院で手術、抗ガン剤、放射線の治療を受け、亡くなっていった友人をみて、疑問を感じました。

その直後にも、また知人が治療の甲斐もなく、亡くなりました。

そこで私もやっと目が覚めました。

常識を覆さなければ、ガンはなおらないと・・・

自然の摂理、そして頂いた生命について、よく考えてみると、自分の体に申し訳ないことをしてきた、と心の底から思いました。

大切な命が失われる前に、どうか気付かれますことをせつに願っています。

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

サッパリ塩麹漬けで腸もスッキリ

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

塩麹は、塩、麹、水を混ぜ合わせ発酵させたもの

大豆の無い味噌といったところでしょうか

ぬか漬けと同じように、塩麹に野菜を漬けておくと、最高のお漬物が出来ます。

この時期は、きゅうりや茄子がいいですね

ビニール袋にカットした野菜と塩麹を入れ、軽く揉んで2,3時間置いておくだけ

麹の甘みと塩の辛みがとてもマッチしたお漬物ができます。

麹には、麹菌がつくりだす 酵素 がたくさん含まれています。

酵素は、食材に含まれる タンパク質やでんぷんを分解して、 食材を軟らかくしてくれる性質があります。

だから、塩麹につけたお肉は軟らかくなるのです。

また、麹菌は、乳酸菌であるヨーグルトやぬか漬け、納豆などと同じように、腸にしかりと働きかけてくれる最高の食材です。

ただし、麹菌は、熱が加わると死滅していまうので、そのまま使うのが一番いいですね

私の愛用天然塩はこちらから

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

がん治しでつまずかないために

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

女性のガンが増えたわけ・・・

女性は男性に比べ、甘いものが好きな方が多いですね。

これもガンが増える原因のひとつです。

糖分は、血液をドロドロに汚し、細胞を酸化させてしまいます。

甘いお菓子は免疫を激減させるはこちらから

その結果、血流が悪くなり、ガンが増殖しやすい環境である低体温をつくっていきます。

また、体内にあるガン細胞は、ぶどう糖を栄養として増殖します。

このことがわかりやすいのが、PET検査です。

放射線物質とからませ、撮影すると白く光るという原理

検査の際、ブドウ糖を流し、ブドウ糖が集中した場所が、ガンとして診断されます。

ガン細胞が、糖を好むことがよくわかります。

糖分は、ガン細胞のエサになるだけでなく、正常な細胞も破壊させやすく、細菌の感染、アレルギーなども引き起こしやすくします。

そして、ガンになり、ストレスをさらに感じやすくなり、今まで以上に甘いものを食べてしまう方も・・・

甘いものを食べれば気持ちが落ち着きますね。

これが砂糖の持つ依存性です。

ストレスがかかると、砂糖なしでは落ち着けない体になっていき、心も体も狂わせてしまいます。

がんを治す・食事と睡眠はこちらから

そして、いずれは甘いものでも落ち着かなくなり、薬を飲む羽目になります。

薬は、さらにガン細胞が増殖しやすい環境をつくってしまいます。

では、どうしたら良いのでしょう・・・

ストレスをつくっているのは、自分自身

他人のせいになっていませんか?

ストレスは心の持ち方ひとつです。

なにかにとらわれていませんか?

「こうでなければならばい」

「普通はこうである」

このように勝手な常識に自分を当てはめていませんか?

ガンなおしで、つまずくのはストレスです。

ストレスをつくらないためには、常識からの打破が必要です。

常識にとらわれず、自分なりの新しい価値観を構築すること

とらわれが体にストレスを与えていますはこちらから

すると、ストレスは消え、悩んでいた時間が勿体ない時間であったと感じます。

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL 084-925-1271

その時間、気付かないところで自分の体を痛めつけています。

私の毎日の愛用品はこちらから

心の持ち方・ものごとの捉え方を変えてみまませんか?

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

毒素は、便や尿以外からも排出されてます

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

毒素は、口や鼻、皮膚から入ってきます。

そして、肝臓などで処理され、便や尿として排出されます。

当たり前のようですが、実は・・・

出し切れていない毒素がたくさんあるのです。

私たちの体には、自然治癒力と同時に解毒機能が備わっています。

毒素の出口の役割分担は次のようになっています。

便 75%

老廃物や有害物質などの毒素が、もっとも多く排出されるのが便です。

毒素の多くが便から排出されます。

尿 20%

汗 3%

髪 1%

爪 1%

となっています。

髪や爪は、実際には、もっと多くの毒素が排出されているのではないか・・・

と、重要視されている先生も多いですね。

爪の色は、自分で健康チェックが出来る場所でもあります。

中医学は、このように爪も含め、体全体、環境に至るまでみます。

健康な爪は、薄いピンク色で艶があります。

爪の色は多くの病気の目安にもなります。

赤は、心臓、脳の病気の可能性が・・・

紫は、肺、心臓など循環器系の病気の可能性が・・・

黄は、リンパ系・糖尿病の可能性も・・・

白は、肝臓の病気、貧血の可能性も・・・

緑は、細菌感染(ネイルなど)の可能性も・・・

爪の色で、自分の健康チェックをしてみるとよいでしょう。

特に抗ガン剤をされた方は、爪が真っ黒になったり、割れたり、変形したり・・・

この爪に出る症状を見て、強い毒素を感じる方も多いですね。

抗がん剤治療の方へがんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

しかし、真っ黒だった爪が、キレイなピンク色に戻っていくのを見て、便や尿以外の場所からも、毒素の排出をされていることを実感したという声をよく聞きます。

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

がんは救世主でもある

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ガンは、生き方の偏りがつくった病です。

働き過ぎ

リラックスし過ぎ

頑固過ぎ

人が好過ぎ

神経質過ぎ

無神経過ぎ

この生き方の偏りが、ガンを招きます。

この偏り・過剰な生き方は、心と体に大きなストレスをかけています。

ガンになった現在も、このように偏った生き方をしていませんか?

働き過ぎや、心配し過ぎは、血行が悪くなり、体温が低下し、呼吸が浅くなります。

低体温、低酸素は、正常な細胞が生きにくい環境です。

細胞が生きにくい状況が起きても、私たちの体は、何とかして生き延びようとします。

低体温、低酸素という、最悪な環境下であっても、今度はそれに適応するための細胞がつくられます。

それが、ガン細胞です。

だから、ガン細胞は、低体温、低酸素の環境を好むのです。

宿主である私たちが、この環境を変えない限り、ガン細胞はそのまま生き延び続けます。

ですが・・・

ガンがすべて悪いわけではありません。

がんになる原因はこちらから

私たちが生き延びるために、この悪い環境でも適応できるガン細胞をつくって、生命の危機をくい止めているのですから、ガン細胞は、私たちにとって救世主でもあります。

ガンが出来ていなければ、一瞬にして命を落としていたかもしれません。

危機を救ってくれたガンには、感謝ですね・・・

まずは、偏った生き方を見直すこと

そして、体温を上げ、酸素をしっかり取り込む生き方をすると良いでしょう。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

偏りを無くすために、好きな言葉を身に着けるのもいいですね・・・

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

頭熱足寒でがんをつくる

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ガンの人は、足が冷えている方が多いですね。

特に末期ガンの方は、本当に冷たい

これでは、ガンに負けてしまいます。

ガン患者さんの多くは、【頭熱足寒】 になっています。

字の通り、頭部に熱がこもり、うっ血しています。

つまり、頭がのぼせている状態です。

熱は無いのに、おでこに冷却シート

見覚えがありませんか?

逆に、足が冷たくなっています。

ふくらはぎは、第二の心臓とも言われ、ふくらはぎで血液を押し上げています。

血液を循環させるにも筋肉が必要です。

下半身を鍛え毒素を排出はこちらから

冷えは筋肉さえも衰えさせてしまいます。

筋肉が衰えると血流が悪くなり、体内の毒素も排出できない状態になります。

この冷えが、やがて全身の冷えとなり、低体温の体になっていきます。

低体温は、ガンを増殖させてしまう環境です。

特に女性の子宮、乳房は冷えやすい場所

子宮は外界と繋がっていて、しかも袋状の臓器は冷えやすいと言われています。

乳房は、脂肪が多く、しかも突起しているため非常に血流が悪く冷えています。

子宮ガン、乳ガンは、やはり冷えが原因ともいえるでしょう。

本来は 【頭寒足熱】 であるべきです。

頭寒足熱の医者いらず、と言われるくらい手足を温めることは大事なことです。

そのためには、下半身を鍛えること

下半身の筋肉を鍛えると、血流がよくなり全身に酸素と血液がしっかりと巡っていきます。

すると、足は温かくなり、全身の体温も上がっていきます。

体温が上がると、体内の毒素の排出もスムーズになります。

ガンは、酸素と体温を嫌う性質です。

しっかりと全身に酸素を運び、体温を上げていくことが、ガン予防、ガンなおしに繋がっていきますね。

がんを治す生き方・・・ご相談くださいT
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

親子、夫婦でがんになるのはなぜか

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

うちはガン家系だから・・・

とよく聞く言葉です。

お父さんをガンで亡くなられ、息子さんもまたガンになる。

親子でガンになっている方、確かに多いですね。

しかし、遺伝性のガンは5%に過ぎないと言われています。

お父さんは肺ガン、息子さんは肝臓ガン

ガンの種類が全く違います。

しかし、なぜかみんなガンになっているのは、なぜでしょうか。

食べた物が、ガンをつくります。

生活環境が、ガンをつくります。

思考・行動が、ガンをつくります。

家族であれば、食生活が同じ可能性が大きいですね。

家族であれば、生活環境が同じ可能性が大きいですね。

家族であれば、思考・行動が同じ可能性が大きいですね。

こういうことなのかもしれませんね。

夫婦においてもそうです。

ですが・・・

ガンが家族間に発生する原因はこれだけでしょうか・・・

放射線、抗ガン剤の治療を受けた人は、汗などの分泌物、尿、便などの排泄物から、有害な成分が排出されると言われています。

有害な成分とは、発ガン物質です。

寝汗をかいたシーツを替えたり、それどころか、親子、夫婦なら肌をくっつけて、一緒に寝ています。

トイレも一緒、タオルを使いまわすことも・・・

調子が悪ければ、シャンプーをしてあげることも・・・

子どもさんが小さければ、抱っこもしますね。

排出された発ガン物質が付着したものを触ると、家族も皮膚から発ガン物質を吸収しているということですね・・・

知らず知らずのうちに吸収してしまった発ガン物質は、体内にしっかりと蓄積されていくのですから、ガンになっても不思議ではありません。

抗ガン剤はそのぐらい強力な薬です。

抗がん剤医薬品添付文書はこちらから

以下 船瀬俊介氏ご著書より一部抜粋 ****************************************

1988年 NCIリポートが「ガンの病因学」で「抗ガン剤はガンを何倍にも増やす増ガン剤だ」と断定していることだ。

アメリカ国立ガン研究所(NCI)といえば、全米トップのガン研究機関である。

そこの所長が「抗ガン剤は無力」と議会証言し、NCI自体が「増ガン剤に過ぎない」と公式リポートで断定しているのだ

********************************************************************************

家族の誰かが気付き、負の連鎖をとめるしかないのです。

縮んだガン細胞は、再び増殖してくることも、家族の誰かが気付くしかないのです。

ただ、幼い子どもを残して、夫婦ともにガンで亡くなっていく姿は、見ていられません。

残された子どもさんのことを思うと胸が張り裂ける思いです。

愛する家族のため、ひとりでも多くの方が気付かれますことを、せつに願っています。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ