苛立ったときこそ・・・

【今日の心の持ち方】

世の中には、理不尽なことがたくさん

しかし、苛立ちをぶつけることは、天に唾を吐いているのと同じ

吐いた唾は自分に返ってくる

だから、苛立ったときこそ笑ってみる

笑顔に変えれた自分は素敵です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

効果的な排毒は・・・

がんは毒素のかたまり

だから・・・

がんをなおすためには、体に溜まった毒素を排出する

最も効果的な排毒は、汗です。

汗が出てますか??

低体温の人は血流が悪く、皮脂腺や汗腺が閉じいるため、汗をかきにくい体質です。

人と同じように動いても汗が出ないと言われます。

私も癌になったときの体温は、35.1~35.2℃

だから、運動しても汗をかくことなどほとんどありませんでした。

ですが、体温を上げたことでしっかりと汗が出るようになりました。

汗をしっかり出すこと

そのアイテムに私はプロポリスを活用しています。

プロポリスを3〜5㎖飲んでから半身浴をします。

38〜39℃のぬるめのお湯に1時間ほどみぞおちから下だけつかります。

寒い時期は肩にタオルなどをかけて上半身を冷やさないようにします。

最初はさらさらの汗が出てきます。

この水分が出来ったら、皮脂腺からどろっとした毒素の排出が促されます。

このどろっとした汗には、ダイオキシン、水銀、ヒ素、重金属などの化学物質が含まれています。

活性酸素などの有害物質もそうですね。

細胞内に蓄積された毒素が排出されると細胞は活性化され、蘇ります。

私自身、低体温で血流が悪いうちは、半身浴をしてもなかなか汗が出ませんでした。

しかし、やっていくうちにだんだんと体温も上がり、皮脂腺や汗腺が開きやすくなり汗が出るまでの時間が短くなりました。

アロマキャンドルなどを使い、好きな音楽を聴きながら、好きな本を読みながら~

自宅で体を温める

リラックスできる環境を整え、副交感神経を刺激することでリンパ球の増加が期待できます。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

子宮を冷やさない・毒を入れない

大切な子宮に毒を入れていませんか??

経皮毒の吸収率は、二の腕を1としたら

性器・・・ 43倍

頬・・・  13倍
 

頭皮・・・ 3.5倍
 

性器はとてつもない数字です。

特に女性器は、子宮へと通じているため、吸収された経皮毒は子宮や卵巣にも影響を与えます。

多くの生理用品は、月経血や尿を吸収するために高分子ポリマーが含まれています。

水分を吸収して漏れないように凝固させる高分子ポリマーは、非常につよい化学物質といわれています。

これは、発熱時などに使用する冷却シートと同じ仕組みになっており、有害物質の吸収だけでなく、子宮を冷やすことにもなります。

そうでなくても子宮は、袋状の冷えやすい臓器です。

冷えれば冷えるだけ、毒素の排出が困難になります。

だからこそ、物理的な要因で子宮を冷やしたくないものです。

口から吸収した化学物質は、通常、肝臓で分解され排出される仕組みがあります。

しかし、皮膚から吸収したものは、肝臓を通ることなく、そのまま皮下脂肪に蓄積されていきます。

血液を介し、子宮や脳に蓄積されると言われています。

子宮に毒素が溜まれば、癌などの原因になるのです。

がんになったら

がんになる前に

日用品も見直してみるといいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自分を変えるためには思い込みを解き放す

【今日の心の持ち方】

過去の経験が思い込みをつくります。

思い込みは自分を縛りつけ

行動を制限していることを知る

自分を変えたいならば、自分を縛りつけている思い込みを解き放す。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

身の回りの整理と心の整理が自分を変える

【今日の心の持ち方】

心が乱れているとき

心がしんどいとき

こだわりが強くなっていませんか?

不要なものを捨ててみる

身の回りの整理と心の整理は自分を変えるチャンスです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

食は生きる源・がんの元

私たちは食事をすると胃腸で消化されます。

そして血液に吸収されていきます。

この血によって肉にあたる体内のあらゆる器官、臓器が養われています。

血が汚れると細胞の働きも低下します。

栄養が不足すれば、60兆個の細胞も栄養不足を起こし、さまざまな障害がでてきます。

癌もそのひとつ

現代人は、食べ物に不自由することもなく、しっかりと栄養を摂っているように思われます。

ですが・・・

ジャンクフードの普及、食卓の欧米化によって高カロリー、低栄養の状態になっています。

戦後、圧倒的に動物性食品の摂取量が増えている日本

同時に心臓病、糖尿病、癌などの慢性病が増え続けています。

動物性食品に含まれる飽和脂肪酸が血管内でかたまり、栄養の運び抑制させ、高カロリー、低栄養、そして血液も汚してしまっているのです。

「腐る」という字は、府のなかに肉と書きます。 

五臓六腑の腑  

消化器系に肉が入れば腐る、と昔の人は表現したとか・・・

食を変えれば、がんを防ぐことが出来ます。

食を変えたことで、がんをなおした人がいます。

食は生きる源

誤った食を、病気という形で教えてくれているのかもしれませんね。

私は低栄養の状態をいち早く底上げするためにプロポリスの力を借りました。

少しずつの積み重ねが、1日3回 1年365日ともなると大きな違いとなりますね。

まずは夕飯を見直してみませんか??

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

早寝早起きで細胞修復

朝は何時に起きていますか?

私は、毎朝3時半には起きます。

それって私の寝る時間と変わらない~! と言われる方がいらっしゃいます。

お仕事などの都合もありますが、ガン治しの秘訣は早寝早起きです。

克服された方の共通点でもあります。

もちろん、最初から早寝早起きだった訳ではなく、ガンになって生き方の見直しをして早寝早起きに生活を変えられ、実践されている方がほとんどです。

私もそうでした。

ガンになる前は、夜型人間で、寝るのが1時や2時になる日も多かったですね。

早くても日にちが変わるか変わらないか、そんな生活でした。

それは、ガンにもなるはずだ・・・と反省しましたね。

細胞が生まれ変わったり、またガン細胞が修復されたりする時間に起きている訳ですから、正常な修復をしてくれません。

酵素やミネラルが働いて、夜の10時から3時の間の細胞が作られます。

ガン細胞のように傷ついた細胞もこの時間に修復されます。

ガン細胞修復時間

また、成長ホルモンの分泌も夜の10時から2時までと言われています。

成長ホルモンはアミノ酸で構成される物質です。

主な働きは、組織の成長を促すこと、そして代謝のコントロールです。

具体的には、体の成長、肌や筋肉など体組織の修復・再生、疲労回復、脂肪の燃焼、免疫力です。

夜の副交感神経が優位な時間帯に成長ホルモンは分泌されます。

成長ホルモンを分泌させるためにはしっかりとした睡眠が必要です。

その名の通り、体をつくる子ども達には絶対必要であり、成長に影響するホルモンです。

ですから当然、子どもは寝ていないといけない時間です。

私達、大人にとっても成長ホルモンは大きな役割をしてくれています。

しっかり寝ると疲れがとれるのも、この成長ホルモンのおかげです。

睡眠中に成長ホルモンが体のメンテナンスをしてくれているのです。

睡眠が不足すると、疲れが取れなくなります。

それだけでなく、成長ホルモンは組織を修復し、体力を回復させることで病気への抵抗力・免疫力を高める働きがあるので、睡眠が不足すると病気への抵抗力・免疫力が下がり、病気にかかりやすくなります。

ただしこれは、睡眠が長ければ良いという訳ではなく、成長ホルモンが分泌される時間に寝ている必要があるということです。

成長ホルモンの分泌時間は夜の10時から2時です。

この時間はしっかり寝るように心がけましょう。

私は、毎朝3時半に起き、すぐに仕事を始めます。

朝の時間をしっかりと活用し、夜は家族との時間を大切にし、お風呂で疲れを癒し、副交感神経を働かせ、質の良い睡眠で細胞の活性化を心がけています。

【早起きは三文の徳】

その通りですね。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長のブログ

塚本みづほ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんがなおった人は、自分を信じて進むことが出来た人

がんがなおる人、なおらない人

がんなおしが上手くいく人、いかない人

がんであっても前向きに楽しんで暮らせる人、心まで病人になる人

その違いはなぜ起きるのでしょうか・・・

がんをなおした人は、直感で感じたことを疑いません。

疑ったり、不安を感じることなく進みます。

がんをなおした人は、即行で実践します。

時間が限られていることを常に意識して進みます。

がんをなおした人は、自分で決めます。

決心して、自分を信じて進みます。

がんをなおした人は、自分に責任を持っています。

選択も結果も自分で責任を持ち進みます。

がんをなおした人は、優先順位をつけています。

自分が今やるべきことを明確にして進みます。

強い信念で、自分に責任を持ち、腹をくくり取り組んだ人達が、がんを克服しています。

決して二兎を追わず、今のやるべきことに集中し、黙々と続けています。

一方、決断できない人、即行出来ない人は、チャンスを逃がしている可能性も・・・

悩んでいる間、迷っている間も、がんは休んでくれません。

もし、○○だったら・・・?

不安を自分でつくっているうちは好転しません。

もしも、こうだったらどうなるの・・・?

不安を持ちながら取り組むことは続きません。

誰にでも効果がある夢の治療薬があれば嬉しいですね。

しかし、そうもいかないのが人間の体ですから

自分の大切な人生のために、自分を信じて、ひとつに思いを込めて、取り組まれることを願っています。

そうすることで、不安が安心に変わるのです。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長のひとりごとブログ

塚本みづほ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

合成甘味料が使われていませんか?

日本人は、1日に100種類近い食品添加物を摂っていると言われています。

食品添加物は、便利さ、安さだけでなく、添加物が欲しくなる体にさせていきます。

特に人工甘味料は依存性が高い食品添加物です。

お酒やタバコ、麻薬と同じです。

人工甘味料は脳に作用し、知能の低下やキレる人間をつくってしまいます。

脳に作用するわけですから当然、これだけではなく、脳全体の機能低下をさせてしまいます。

特に人工甘味料の中でも問題となっている「アスパルテーム」は、砂糖の180~200倍の甘さがあります。

使用量が砂糖の約1/200で済むことからダイエットタイプの飲料や食品に使われています。

甘いのにカロリーなしとは、不自然な物質だと感じませんか?

この甘味料アスパルテームは、失明や死亡、腫瘍、脳障害、頭痛、卵巣収縮、不眠症、鬱、知能低下などの影響もあるとの見解を示しており、危険な食品添加物であると指摘されています。

アスパルテームだけでなく、人工甘味料はいずれにせよ危険であることは間違いありませんあせる

体に良いと思って、あえて毎日飲んでいるもの、食べているものに人工甘味料が使われていないか確認してみると良いでしょう。

高価なものであっても、体に良いと言われているものであっても、意外と使われていたりします。

原材料を自分できちんと確認することが大切です。

不自然なものは避ける方が安全ですね!

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長のブログ

塚本みづほ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

シャンプーでがん⁇

私たちは、日々の生活のなかでさまざまな有害物質を皮膚から吸収しています。

経皮吸収(皮膚からの吸収)で有害な化学物質を体内に取り入れてしまうと、毒素の排出が困難とされています。

口から吸収した化学物質は、通常、肝臓で分解され排出される仕組みがあります。

しかし、皮膚から吸収したものは、肝臓を通ることなく、そのまま皮下脂肪に蓄積され、血液を介し、子宮や脳に蓄積されると言われています。

シャンプー、リンス、ボディシャンプーなど市販されているほとんどのものは、界面活性剤が使われています。

界面活性剤は水と油を混ぜ合わす、つまり自然では混ざり合えない性質のものをなじませ、汚れを落とすものです。

まぎれもなく化学洗剤で体や頭皮を洗っているということです。

昔ながらの石鹸が良いことは言うまでもありません。

しかし、なかには石鹸であっても危険なものもあります。

ベトナム戦争で使われた枯葉剤と同じような化学物質をつかったものもあるので、表示をよく確認する必要があります。

これらの化学物質はしっかりと経皮から吸収され、気付かぬうちに皮下脂肪、脳や子宮に溜まっていくのです。

そして、これらはやがてガンという病を引き起こすのです。

ガンになっても、まだシャンプー、リンス、ボディソープを使っていますか?

さらに毒素は溜まっていきます。

シャンプーは、お湯を流しながら優しくマッサージするお湯シャンプーで充分です。

匂いが気になる場合は、無添加石けんで洗い、リンスの代わりに酢を使います。

酢とお湯を洗面器に入れ、髪に馴染ませ、最後にすすぐと石鹸のギシギシがなくなり指通りがよくなります。

まずは、リンスを酢に変えるなど少しずつ変化させていくと良いでしょう。

頭皮からの吸収は、二の腕の3.5倍です。

特にこれから出産を考えている女性は、子宮が汚れていると生まれてくる子どもの将来に健康被害が起きます。

日々の生活を気をつけていくことで、病気は防ぐことが出来るのです。

そして、治療だけに頼らず、自助努力が必要です。

子宮ガン、卵巣ガンの人は、経皮毒を特に避けたいですね。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)