放射能から体を守る

放射能による子どもの健康被害が関東でも心配されています。

福島市、郡山市などでは、多くの子どもが甲状腺ガンを発症しているという情報がありますが、関東にまで影響が出てきているのでしょうか・・・

福島原発事故前の子どもの甲状腺ガン発症の割合に比べ、今では145倍にもなっているそうです。

福島だけでなく、関東の子どもたちの白血球の数値も低くなってきているとか・・・

原発との関係性はわかりませんが、放射線を受けると骨髄細胞が白血球を作り出すことができなくなるのは確かですね。

いずれにしても、子ども達の健康状態は心配です。

もちろん、子どもだけでなく大人も同じです。

最近は、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都の方からのご相談が非常に増えています。

偶然ではないように思います。

なかでも30~40歳代の甲状腺ガンの方が多いように思いますが、部位はそれぞれです。

この地域は低レベルの放射線ということで、あまり意識されていなかったのではないでしょうか。

無防備できたために、数年経った今、表れてきたのかもしれません。

ガンでなくても、最近よく風邪をひくなど免疫の低下が気になる方も増えています。

ガン発症はこれからもっと増えていく可能性があります。

放射能からの体を守るためには、抗酸化物質を積極的に摂ることです。

ガンにならないように毎日味噌汁

ガンになったら味噌汁

生きた味噌を毎日摂ることをおススメします。

また健康食品を上手に活用して、自分の体は自分で守るしかないことを意識することです。

食事だけでなく、規則正しい生活と適度な運動を心がけたいですね。

風邪を引きやすい、胃腸炎を起こしやすい、そんな方は特に気を付けた方がいいですね。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

気付くがん治療・感染症を避ける

日本人の死亡原因のトップは癌ですね。

年間約35万人が癌で亡くなっているそうです。

今もがんに悩まされている人は少なくないでしょう。

亡くならなくてもよかったはずの命は多いはず

つまり、助かる命はもっともっとあると思います。

実は、がん患者さんの多くは癌以外の原因で亡くなっています。

その多くは感染症です。

投与された抗ガン剤、照射された放射線、必要以上の手術による免疫低下から起きることです。

副作用と言えば、嘔吐、脱毛などを思いがちですが、免疫を落とし感染症を起こすことも充分、副作用なのです。

免疫細胞のリンパ球などが低下し、ゼロに近づくと感染症に全身を侵されてしまいます。

歌手の忌野清志郎さんもそうでしたね。

がん細胞を攻撃すれば、自分の免疫力が落ちます。

なぜなら、がん細胞も自分の大切な細胞だからです。

しかし癌になれば、がん細胞を攻撃することを選ぼうとします。

がん細胞を攻撃すると、必ずしっぺ返しがあります。

がんは自分がつくった病気です。

がん細胞が住む体の持ち主は自分です。

お医者さんの多くは、自分が癌になったとき抗がん剤治療はしません。

抗ガン剤によって二次発がんすること

そして、免疫が落ちれば感染症を起こして命を落とすことを知っているからです。

抗がん剤を投与すると、一部には腫瘍縮小が見られますが、がん細胞は自らの遺伝子を変化させ、耐性を獲得し、勢いを増して凶暴化することはわかっているのです。

気付いて欲しいと願っています。

抗ガン剤をし続けてきた卵巣がんの方が3度目の転移をしてやっと気付いたと言われました。

4ヶ月ごとに転移が見つかり、初期がんから今では全身が癌で侵されています。

しかし、このままでは治らない、それどころか感染症で死んでしまうと思い、自分で治していくことを決心されました。

決して楽ではありませんが、末期がんが消えた人はたくさんいらっしゃいます。

体内に溜まった毒をいち早く排出すること

治っていく自分をイメージして、大自然の恵みと自然界の波動を感じながら実践するのみです。

私の経験を彼女に伝え、頑張って乗り越えていかれることを心から願っています。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

転移の時が治るチャンス?

現代医療においては、進行ガンの自然退縮などありえないと言われています。

しかし、実際には進行ガン、末期ガンを自然退縮させた人は多くいます。

この方々は、病院から離れた人が多いので、病院も把握できていない人たちであるからかもしれません。

どうやって、ガンを自然退縮させたのか・・・

人それぞれやり方は違いますが、生き方を180度変えたことが共通しています。

思考をはじめ、食事を変える・体温を上げる・体を鍛えるなど生活において様々な努力をされています。

副交感神経を優位にして、血流を促し、リンパ球を上げる

そして、免疫を高めて自然治癒力を上げることで、突如としてガンが消失しています。

免疫が正常に働きだすまでに時間は必要であり、退縮にも一定の期間はかかります。

その間には、転移や腫瘍の増大、腫瘍マーカーの上昇などさまざまなことが起きるかもしれません。

このとき、自分を信じて持ちこたえることができるか・・・

ここで大きく道は分かれます。

転移した後からガンがよくなっていくのがはっきりと見て取れる、と福田医師は述べています。

転移はなおるチャンス

これもガンがなおる仕組みを知れば、当たり前の現象ですね。

転移はガンがなおるチャンスととるか、それとも、転移は悪化したととるか・・・

しかし、残念ながら、多くの人が心がブレて、抗ガン剤、放射線、手術に流れていきます。

抗ガン剤は、急速に免疫力を落とします。

放射線は、免疫力をズタズタにしてしまいます。

手術は、本来、体が備え持つ病気をなおそうとする力を奪います。

せっかく免疫を上げてきたのに一瞬にして奪われてしまうのは、とても悔やまれます。

しかし、これも自分次第ですね。

ガンは自分でなおしやすい病気です。

だから、退縮が起きも不思議ではないのです。

ガンができる仕組み、ガンがなおる仕組みをきちんと知れば、恐れることもないのです。

ガンに学んでくださいね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自律神経のバランスを整えNK細胞活性化

自律神経は、白血球を支配しています。

交感神経・副交感神経がシーソーのようにバランスをとりながら成り立っている自律神経

交感神経の緊張状態が続くと、白血球の顆粒球が急激に増え、過剰になると炎症となります。

顆粒球は、細菌などを攻撃するために適度に必要な存在です。

しかし、過剰になると細菌だけでなく内臓そのものを攻撃してしまいます。

結果、顆粒球の攻撃によって潰瘍・ガンなどが出来てしまいます。

この状態を修復しようとする機能が働き、痛みや腫れ、熱といった修復するための症状があらわれてきます。

しかし、これらを悪い症状ととらえ、痛み止めなどのお薬を使って症状を抑え込んでしまいます。

この痛み止めは、血流を収縮させて血液の流れを悪くしながら、痛みをとっていくため、血流が低下し、体温も下げてしまいます。

がんは、血流が悪く、酸素、体温が低い状態を好みます。

薬によって、がんが喜ぶ住みやすい環境をつくってしまっているのです。

これらお薬は、そのときの痛みをとる一時しのぎであり、対症療法です。

血流を悪くしてしまうお薬は、出来るだけ避け、民間療法を活用していきたいものですね。

そして、交感神経過剰な状態から抜け出ることが最も大切

働き過ぎ、ストレス、睡眠不足、体の冷えなど交感神経過剰になる原因を断つことが、がんを体から遠ざけることになります。

そして、交感神経過剰から抜け出し、副交感神経が優位の状態が続くと、リンパ球が増えてきます。

リンパ球が増えると、がん細胞を退治してくれるNK細胞が活性化されます。

がん治しには必須となる免疫細胞です。

副交感神経が優位になるよう、体を温め、おおらかな心で規則正しい生活をおススメします。

ただし、副交感神経が過剰になりすぎるとアレルギーとなります。

昼間はしっかりと体を動かし交感神経を働かせ、夜はゆっくり休んで副交感神経を働かすよう、バランスを大切にして過ごしたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんを治す生き方の邪魔をするものとは

ガンになったら絶対に食べてはいけないもの

何点かありますが、守れていますか?

食べないほうがよいもの

ガンだから、絶対に食べてはいけないもの

この違いはきちんと境をつけなければなりません。

今日は特別に…と言って食べてしまう。

少しくらいいいよね…と言って食べてしまう。

お付き合いで断れないから…と言って食べてしまう。

今日は特別が頻繁にないですか?

少しくらいが頻繁にないですか?

お付き合いだからが頻繁にないですか?

絶対に食べてはいけないものであっても、理由をつけて食べてしまう。

お付き合いと命とどちらが大切なのか

断る勇気も大切です。

人生には、ラインをきっちり引かなくてはいけない時があります。

食べるなら、覚悟をして食べなくてはなりません。

頭では、わかっていても出来ない

それは、邪気を受けているからです。

邪気とは

人に害を与えようとする心

病気を起こす悪い氣

つまり邪気は、病気への起爆剤となります。

邪気はガンにとって点火剤です。

心に入り込む邪気が、体調を狂わせます。

また、生き方、環境、これらの調和が乱れると邪気を受けやすくなります。

不平不満、愚痴は、体に悪い氣を作り出し、心身全体に深く入り込んでしまいます。

執着や依存は、氣が滞り内に邪気を持ち、外の邪気を引き寄せます。

楽なことを選ぶ人は、外の邪気に隙を与え、簡単に入り込まれます。

邪気を受けない自分になること

邪気に振り回されている自分に気付くことです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんを作る原因、乳製品も?

末期がん、進行がんを克服した人の多くは、動物性食品を断つ食事を経験しています。

肉を食べて血や筋肉をしっかりとつくりましょう!といわれ、一生懸命 肉を食べてきた人もいますね。

このように、肉や卵、乳製品などの動物食をしっかり食べるように教えてきたドイツのフォイト氏

『最も理想的な栄養源は、高たんぱく、高脂肪、低炭水化物である』

このフォイト氏の栄養学は、今でも現代医学のなかでうたわれています。

それを覆したのが、アメリカのマクガバン・リポート

『アメリカ人を悩ませるガン、心臓病、糖尿病などの病気の大半は、食事の間違いから起こっていた』 今村光一さん翻訳より

本来、穀物を食べるように出来ている人間の体は、肉食動物に比べ、腸の長さが4倍も長くなっています。

長い腸を通過していくうちに、肉は腐敗してしまいインドールやスカトールなどの有害物質を発生してしまうのです。

その結果、有害物質で血液が汚れ、血流が悪くなってしまいます。

血流が悪くなれば毒素が溜まり、悪玉菌が増え、腸内環境が悪くなります。

腸内環境が乱れると、抗酸化力が弱まり、活性酸素の除去が出来なるのです。

必要以上に増えた活性酸素は、正常細胞の遺伝子に傷をつけ、がん細胞をつくってしまう・・・

お肉ばかり 食べ過ぎていませんか・・・?

また、動物性の食品は、早く肥育させるために成長ホルモン(エストロゲン)が乱用されている可能性があります。

成長ホルモンは、非常に強い発ガン性物質といわれています。

特に米国産牛肉の脂身は、残留度が高いといわれています。

発ガン率が5倍になると言われている成長ホルモン(船瀬俊介氏より)

日本人の乳がん、卵巣がん、子宮がん、前立腺がんなどホルモン系のがんが、凄まじい勢いで増えた背景には、このような食の影響があることは否定できないようですね・・・

思い当たる節がありませんか・・・?

特に女性は、ヨーグルトやチーズ、バター、生クリームといった乳製品を好む人は多いですね。

がんになったら、がんになった原因を取り除く

自分で意識していくことが、がんを治す近道です。

【がんの原因に働きかける】

三大療法(抗がん剤、放射線、手術)だけに頼らない

こんな方に選ばれています

●がんが治る生き方をしたい人

●再発転移を繰り返した人

●余命宣告された人

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

電子レンジで調理すると、胃がん、大腸がんになりやすい?!

どんどん便利になる時代とともに癌が増えてくる理由

そのひとつに電子レンジの存在があります。

電子レンジが強い電磁波を発生させ、体に良くないことは少しずつ知られてきました。

日本では電子レンジをはじめ、家電製品は進化を遂げる一方です。

しかし、ロシアは1976年には電子レンジの使用を禁止しています。

「電子レンジで調理された食品のタンパク質は、L型アミノ酸が自然界にはないD型アミノ酸に変化しており、代謝不可能となっている。それが原因となり、きわめて有害な活性酸素の発生が促進される。」

天才学者ライナス・ポーリング博士より

マイクロ波を浴びると食べ物の栄養価は著しく減ることが研究結果としてあげられています。

また、電子レンジで調理された物を食べていると、末梢細胞組織の変質や消化機能や排泄機能が悪く、血清内のガン細胞が増殖したという報告もあり、統計学的に胃がんや大腸がんになりやすいそうです。

電子レンジで温めると、食べ物の化学変化が起き、リンパ組織内の機能不全が起き、免疫力の低下が起こると言われています。

異常な活性酸素が発生すれば、当然、がん細胞は増殖しますね

電子レンジで簡単に調理できるレトルト食品がどんどん生活に入ってきています。

近年では30代、40代の若い世代が癌になり、また子どもたちの癌が増えているのは、こういった電磁波による影響があることも否定は出来ないでしょう。

食事によって、細胞を破壊したり、免疫を落とすことはとても残念なことです。

心身ともにキレイでいるためには、細胞を修復して、免疫を上げていく食事をしたいですね。

がん細胞は電磁波によって増殖されると言われています。

特に癌の方は進行を避けるためにも意識を持った方がいいですね。

鍋で温めるなど、そのひと手間が健康をつくるのです。

ちなみに私は土鍋をつかっています。

土鍋で炊いたご飯は、体に優しく、食材の本来の味を楽しめ、また冷めても美味しく頂けます。

どんな良い食材であっても、電磁波によって栄養価が下がったり、また免疫が低下するようなことでは困りますね。

せっかくの栄養を壊さないよう、ひと手間かけることをおススメします。

がんを治す生き方は、バランスのとれた栄養と、体を温め、明るく前向きに生きることです。

栄養を効率よく届けるために・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

薬物依存は、がんを進行させる・鎮痛剤の薬物耐性

便利ですよね。

便利がゆえに服用する機会は多くなっています。

痛み止めを数時間おきに飲まれていた方

最初は効果があっても、徐々に効かなくなってしまい、気がつけば服用する量、回数だけが増えています。

これが薬剤耐性です。

痛むときに飲んでいた薬ですが、いつしか薬が切れたら痛み出す体になっています。

慢性の頭痛は薬物中毒の禁断症状?

体が薬物を求める症状

気付かぬうちに薬物依存になっているかもです。

簡単に買える市販薬は、危険じゃない、なんて大間違いです。

よく見かける頭痛薬

効能は、頭痛、肩こり痛、歯痛、生理痛、関節痛、腰痛、神経痛など

とくに女性は生理痛でもよく飲まれています。

船瀬俊介氏のご著書によれば・・・

この頭痛薬の使用禁忌は 「本剤成分でアレルギーを起こした人」 「かぜ薬でぜんそくを起こした人」 「15歳未満の小児」 「他の解熱鎮痛剤、かぜ薬、鎮静剤、乗り物酔い薬を服用している人」 「服用後、乗り物や機械類の運転禁止」 「服用後の飲酒禁止」 「長期服用しないで」 です。

副作用は胃痛、胃もたれ、腹痛、下痢、血便など

重篤な副作用としては、アナフィラキシーショック、SJS、無菌性髄膜炎(頭痛、発熱、嘔吐など)、ぜんそくなどがあります。

あまりにもリスクが高いですね。

怖いです。

頭痛薬を飲んで仕事をしている人、車を運転している人はたくさんいるように思います。

使用禁忌ですよ!

それだけリスクがある薬に依存してしまうとどうなるでしょう。

飲めば飲むだけ、活性酸素を出し、血流を悪くし体温を下げ、残念ながら癌になりやすい体質、また癌が進行しやすい環境をつくってしまいます。

風邪などのとき、薬で熱を下げると血流が低下します。

血流が低下するとリンパ球が減少し、菌やウイルスと闘えなくなり、返って治りが悪くなることもあります。

薬物には、デメリットや危険があることを理解して服用する必要がありますね。

なぜ痛むのか・・・

その理由を考えてみることが大切です。

痛みは体を修復しようとする作用です。

痛みを抑え込むのではなく、痛む原因を取り除くことに目を向けてみることです。

これがないと過ごせない、不安、痛む、眠れないは、すでに薬物依存です。

自ら抜け出せない道に足を踏み込んでいませんか?

がんを治す生き方とは、薬物に依存しないことです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

野菜は丸ごとがいい

食材は『丸ごと食べる』のが理想です

穀物も野菜も丸ごと食べることが自然ですね。

農薬の心配もあり、思わず皮を剥きたくなりますよね。

しかし、玄米は、皮の部分にミネラルなどの栄養素がたくさん含まれています。

野菜も同じです。

例えば、じゃがいもの皮には、鉄、カルシウム、カリウム、マグネシウム、ビタミンが、中身よりはるかに多く含まれています。

たとえば、じゃがい丸ごとには、お肉の17倍以上の鉄分が含まれているそうです。

皮を捨てるということは、豊富な鉄分などを捨ててしまっていることになりますねあせる

また、野菜の皮や茎・種などには、抗酸化物質であるフィトケミカルがたっぷりです。

特にスープなどで使うと、だし汁でフィトケミカルが無駄なく摂取できます。

丸ごと使うって栄養が豊富で、家計も助かりますね

ただし、農薬の除去は必ずしてくださいね

がんを治す生き方・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

条件が一致してがんの自然退縮が始まる

【がん治しは生き方なおし】

癌を克服した人たちは、療法はみんなそれぞれ違います。

しかし、今までの生き方を変えたという共通点があります。

がんを治す法則に気付き、取り組んだ人

自分が感じるまま実践したことが、実はがんを治す法則であったと後から知った人

さまざまですが、生命力を活性化させるための項目は共通しています。

バランスのとれた栄養で、体を温め、おおらかな前向きな心で過ごせば生命力は活性化されます。

色々やっているのに治らない・・・とよくご相談を受けます。

よく聞いてみると、あれもこれもといっぱいされていたりします。

あれも試した、これも試した、あれも効かなかった、これも効かなかった・・・

あちこちで色んな情報を聞き、結局自分に落とし込めてない人です。

自分で決めて取り掛かっても、新たな情報が入ればまた気持ちがブレる

有名人のがんの報道は影響を受けるようですね。

そして調べれば調べるだけ、不安が増え、心が揺れます。

結局、治らないのは物のせい、他人のせいになってしまいます。

これでは、他人との関係まで悪くなり、また孤独を感じるようになります。

そして交感神経を過剰にさせてしまい、リンパ球を減少させ顆粒球を増大させてしまうのです。

白血球は、生き方に影響を受けやすいのです。

不安や心配事はリンパ球を減少させ、ナチュラルキラー細胞が働かなくなります。

結果はそんなに早く、簡単には出ないのが当たり前

血液細胞の生まれ変わりは100~120日です。

リンパ球が増え、そこからやっと好転し始めるのです。

せっかく良くなりかけていても、残念ながら結果を焦ってしまったばっかりに、止めてしまい振り出しに戻ってしまう人も少なくないのです。

なかには2、3週間で劇的な変化を起こす人もいます。

これらの人は、悩むことなく強い強い決意で、良いこと悪いことを判断し、即行即止で実践しているからです。

そして、すべての条件が一致して癌細胞の自然退縮が起きているのです。

がん治しは、信念を持って黙々と続けること

続けることで治癒力が高まり、条件が一致して自然退縮が起きるのです。

大自然の恵み・自然界の波動をしっかりと受け取ることが出来れば、がんは治るのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)