番茶は優れもの

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家塚本みづほ

日本のお茶にはガン抑制効果がたっぷりです

緑茶に含まれるカテキンには、強力な抗酸化作用があり、細胞の突然変異を抑えてくれる働きがあります。

緑茶でも高級な玉露より一番茶

一番茶より、三番茶、四番茶の 『番茶』 がガン細胞抑制効果が高いと言われています。

番茶は優れもの・・・

我が家ももちろん番茶です

しかし、日本のお茶の農薬許容量値は非常に高いので、実は農薬まみれのお茶が多いので注意です.

農薬などの栽培方法を確認して買うと良いでしょう

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちら  

私は出掛ける時も、出来るだけ市販のペットボトルのお茶を飲まなくて済むよう必ず持参しています

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

酵素とミネラルの関係

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

酵素ブームの影響ですかね・・・

酵素はどうやって摂ればいいですか?

酵素ジュースを飲んだ方が良いですか?

と、よく聞かれます。

確かに、酵素は体にとって非常に重要な役割をしています。

酵素の働きは2種類に分類分けされます。

ひとつは、唾液や膵液などの消化液に含まれている消化酵素

この消化酵素は食べたものを消化し、栄養を取り込んむ仕事をしてくれています。

もうひとつは、細胞をつくる代謝酵素です。

代謝酵素は生命活動の中で重要な働きをしています。

消化酵素が取り込んだ栄養素をもとに、細胞をつくったり、傷んだ細胞を修復したり、また毒素を排出する仕事もしてくれています。

私達の体は、食べたもので栄養を取り込み、細胞や血液をつくっています。

体内の酵素が少なければ、当然、細胞の修復が出来ません。

また、毒素の排出も出来なくなります。

そのくらい酵素は重要な役目をしてくれているのです。

酵素が人間の自然治癒力に大きく関わっていることは言うまでもありません。

だからこそ、酵素を重要視されている方が多いのですが

実は・・・

酵素はミネラルがないと活性化されません。

知らなかったという方が非常に多く、野菜やジュースで食物酵素を取り込んでいるから大丈夫!と思われていたようです。

今の日本の食事は、加工食品が多く、しかも野菜そのもののミネラル量が非常に低くなっており、ミネラルが充分に摂取出来ない食事になっています。

これが、ガンが増えた原因です。

ミネラルが不足すると生命活動に影響が出てきます。

酵素も働かなくなります。

どんなに良い酵素を取り入れてもミネラルがないと酵素が活躍出来ていない状況になっているのです。

この様な状況は、エネルギーが燃焼できず、免疫力も下がってしまいます。

体温を上げるためにもミネラルは絶対に必要な栄養素なのです。

ミネラルは足りていますか? 

酵素とミネラルはセットと言ってもよいでしょう。

サプリメントも1種類のものより、総合的にバランスがとれた天然のものをおススメします。

健康食品は成分バランスが肝要 詳しくはこちらから

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちら  

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

がん治しのアイテム・血流改善・解毒・浄化

夏なのに思った以上に体に冷えが起きていることも・・・

その原因は、エアコン

冷たいものを飲む、食べる

夏は体を冷やす食べ物が多い (トマト・きゅうり・なすなど)

湯舟につからず、シャワーで済ます

このようなことから、気付かないうちに血流が悪くなり、血液を汚している可能性も・・・

出来るだけこれらのことは避けるようにしたいものです。

夏場であっても白湯を摂り、食事には根菜を取り入れると良いでしょう。

そして、汚れた血液にならないよう1日1粒の梅干しも欠かさずとる

梅には浄血、解毒、殺菌、など健康に欠かせない重要な働きがあり、「食物、水、血」の三毒を断つと言われて、古くから親しまれています。

梅に含まれる有機酸は、肝臓の機能を高めるといわれ、梅の解毒作用は非常に優秀です。

そして、放射能を含む体内の有害物質を体外に排出してくれると言われています。

これは、梅干しに含まれるクエン酸の働きであり、梅干しにはレモンの5倍のクエン酸が含まれているからです。

私たちの体は食べものを摂ると、エネルギーに転換され、最後に尿と炭酸ガスになって排出されますが、ここで乳酸という物質が発生します。

この乳酸の発生は、細胞や血管を硬化させ疲労や老化の原因となります。

梅干しに含まれるクエン酸は、乳酸の発生を抑えるという重要な役割もしてくれます。

また私たちの体は、体液を弱アルカリに保とうとするため、体が酸化するとカルシウムを消費し、酸性を中和しようとします。

カルシウムが足りなくなると、イライラや精神的不安定な状態が起きてしまいます。

ですから、カルシウムを補いたいところですが、カルシウムは非常に吸収しにくいため、カルシウムの吸収を良くするにも梅干しに含まれるクエン酸が役立ちます。

その他、強い殺菌作用、ガン予防、疲労回復、アレルギー体質の改善、ストレス、老化防止、胃腸障害の改善など多くの効用があると言われている梅干し

1日1粒 とくに自然塩を使った梅干しがおススメです。

また加熱した梅肉は、血流をよくする働きがあります。

フライパンで焼いた梅干しもおススメです。

癌になり自然療法に取り組んでいくと、昔の人の知恵がたくさん見えてきます。

身近に、がん治しのアイテムがたくさんあることにも気付きますね。

癌を治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちら  

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

お醤油選び

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

日本人の食卓に欠かせないお醤油

お醤油選びはとても重要だと私は考えています.

お醤油にグルタミン酸ナトリウム(化学調味料)使われているものが多くあります。

グルタミン酸ナトリウム以外にも様々なものが使われています。

脱脂加工大豆、調味料、PH調整剤、甘味料、カラメル色素

これは、お醤油ではないですね・・・

まさに化学調味料です.

グルタミン酸ナトリウムは、脳に影響すると言われており、特に胎児に与える影響は心配です。

脳の発育を遅らせたり、血液中の毒が脳に行かないように門の役割をする脳血液中関門を傷つけてしまいます。

また、神経の働きを阻害するため、直感力が鈍るとも言われていますし

がんの原因にも・・・・

そして、脱脂加工大豆とは、簡単に言えば大豆の搾りカスです。

大豆の残りカスを塩酸で加水分解したものです。

この原料を使えば、時間をかけて発酵させる必要が全くないのです。

安く、早く、簡単に作った醤油風味の化学調味料が普通に使われているのです。

通常、お醤油は、大豆、小麦、食塩でつくられています。

お醤油を買うときには、ぜひ表示を確認してみてくださいね

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

がんを忘れるほど一生懸命生きる・がんが消えた

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

手の施しようがないといわれ、病院をあとにした人

余命宣告を受けてまで治療をしたくないと思い、病院を出た人

いわゆる末期がんと言われる人ですが、その後 癌が消えたということも・・・

病院を出て家に帰れば、誰も治療をしてくれないのですから、自分でするべきことをしていくしかないのです。

そこでやっと、食事も変え、体を動かさなくてはいけないことに気付き、自分の体は自分で管理するようになったと言われます。

今まで、何と勿体ない時間を過ごしてきたのだろうか・・・と言われた人もいます。

医者が治そうとしても治らなかった癌が治るのはなぜでしょう。

それは生活だけでなく、心のあり方を変えたからです。

目が覚め、朝が迎えられたことがこんなに有り難いとは、今まで気付きもしなかった。

朝陽がこんなにキレイで感動するものだとは、今まで思いもしなかった。

家族で食卓を囲むことがこんなに大切な時間だったとは、今まで考えもしなかった。

庭に咲く花がこんなに美しく、花も気を感じて生きているとは、今まで知らなかった。

この気付きが心からの感謝を生み出します。

今、生きてることに感謝出来る人

癌を忘れるくらい今日一日を一生懸命生きる人

このような人が、癌の自然退縮を起こしているのです。

そもそも命の期限は誰にもわからないのです。

今日一日、自分がやるべきことを淡々とこなして、後は天にお任せする

やるべきことが本当に出来ていれば、お任せすることが出来るのです。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちら  

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

経皮毒を入れない・塩で歯磨き

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

皮膚から吸収される毒「経皮毒」には様々なものがあります。

毎日使うもののなかにもたくさんあります。

リンス、ボディーソープ、歯磨き粉、…

私はシャンプーは基本はお湯シャンプーなので、シャンプーもリンスも使いません。

夏場の汗をかく時期は、無添加せっけんを使い、リンスの代わりに酢を使います。

お湯で薄めた酢を流すだけなのでとても楽で、しかも髪の毛がすべすべになりますよ

そして、口の中に直接入ってしまう歯磨き粉

市販されている歯磨き粉のほとんどが、知れば恐ろしい化学物質がたくさん使われています。

市販の歯磨き粉には合成界面活性剤という成分が入っているのがほとんど

舌の細胞が合成界面活性剤によって損傷したり、化学物質が口の粘膜からは体内に吸収されやすく副作用などが心配です。

成分表示の「ラウリル硫酸塩」 「ラウリル硫酸Na」 「ラウリル硫酸ナトリウム」などには気を付けてください。

また、毒性の強いフッ素も含まれていたりします。

特に飲み込む危険性のある子どもさんは注意が必要です。

子どもは基本、何もつけなくて大丈夫

歯磨きは、水でブラッシングをした後、歯磨き粉の代わりに安全な天然塩を使って指で優しくマッサージがおススメです。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

断食でがんのアポトーシス(がんの自殺)

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

断食は万病を治す妙法です。

この言葉が随分浸透してきたように思います。

目的は、胃腸、細胞、心のリセット

そして、毒素の排出です。
 

断食でガンや様々な難病、アトピー、花粉症、腎臓、肝臓病など、断食で改善された報告は多くあげられています。

逆を言えば、食べ過ぎてこれらの病気をつくったということです。

『腹八分で医者いらず』

『腹六分で老いを忘れる』

『腹四分で神に近づき悟りを開く』

これは、心身ともにもっとも調和のとれた状態ということです。

日々の食事は、想像以上に消化吸収にエネルギーを消費しています。

消化吸収にエネルギーを使いすぎてしまい、本来、働くべく免疫力、治癒力、排毒力にエネルギーがまわせず、病気が起きてしまいます。

断食は、免疫力、治癒力、排毒力にエネルギーを集中させるのです。

集中することで、細胞レベルでの排毒をし、体質の改善へと繋がっていきます。

断食で空腹になると、いわゆる飢餓状態と感知した体は、これは危険だと察知し、生命力にスイッチが入ります。

スイッチが入った体は、免疫細胞をどんどん増やし、自然治癒力が高まります。

NK細胞は空腹の時に活性化する

ガンは血液の汚れから起きた病気です。

食べ過ぎで血液を汚し、宿便を溜めています。

宿便は、怖ろしい老廃物であり、宿便の毒素は全身に広がり、やがてガンや膠原病、アレルギーなどの病気を引き起こす原因になります。

宿便の排出は、断食で最も期待したい働きと言えるでしょう。

そして、毎日働き詰めの胃腸に休息を与え、腸内細菌を増やしてくれます。

ただし、断食は断食終了後の復食期が大切です。

3日間の断食なら最低3日間の復食期間が必要です。

いきなり通常の食事にすることの無いよう、お粥からゆっくり始めることが大切です。

倦怠感、頭痛などのつらい好転反応を防ぐには、無理のない自分に合った方法で行うと良いでしょう。

ガンの原因にもなる活性酸素

断食は、活性酸素とも関係しています。

朝食抜きのプチ断食では、酸素消費量が13%も減るという実験結果も出ているそうです。

つまり、活性酸素の排出量が抑えられるということですね。

活性酸素を除去する物質を摂りながら断食をすると、ガンのアポトーシス(自殺)が期待できます。

活性酸素を除去する抗酸化物質はこちらから

私も必ず抗酸化物質を摂りながらします。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちら  

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

がん治しは生き方治し・がんの原因を取り除く

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

自分が癌だと知った途端、急に病人のようになる方も少なくありません。

2人に1人が癌になる時代

いざその時が訪れると恐怖や不安に襲われ、冷静に受け止めることが出来ないものです。

これは単純に、「癌は命を奪う怖ろしい病だ」 と思いこんでいるからではないでしょうか・・・

このように潜在意識のなかにしっかりと刻み込まれた情報

実際に癌で命を落としている人が非常に多いのも事実です。

ただ、この命を落とした原因が本当に癌でなのか、それとも違うものなのか・・・

ひと昔前までは、一般の人は知る由もなかったことです。

しかし、時代と共に明らかになってきました。

実は、癌そのもので命を落とす人は2割、あとの8割は治療による免疫力低下によって起きる感染症で命を落としているのです。

いざ癌になったとき、このようなことを突然聞かされて、素直に聞くことが出来るでしょうか・・・

医師から「治療しなければ進行しますよ」 と言われるなかで、始めて聞いたことを迷いなく選択して、治療はしないと決めることが出来るでしょうか・・・

癌を他人ごとと思わず、三大療法の是非を知っておけば慌てず恐れず選択することが出来ます。

癌は怖ろしい病だと思っていれば、自分が癌宣告を受けただけで免疫力が落ちてしまいます。

癌といわれると誰でも気分が滅入ってしまい、ショックで心のなかは鬱状態になります。

その状態が長くなればなるほど、免疫力は落ち、自力で癌を治すことが出来ず、再発転移をしやすくなります。

癌になる前から、癌は怖くないことを知っていれば恐怖心や不安も減り、免疫力が低下しなくてすみます。

まず、癌になったらするべきこと

癌になった原因を知り、原因を取り除くことを始めることです。

手術は、出来上がった塊を取り除くことだけです。

原因がある以上、原因を解決しない限り、塊はまた簡単に出来てしまいます。

抗ガン剤、放射線も同じです。

免疫力が弱っているから癌が出来るのです。

それなのに免疫力を落とすようなことをすれば再発や転移をするのは当然のこと

結局は、癌は自分で治すしかないのです。

免疫力は、年齢とともに低下します。

当然、年齢と共に癌は出来やすくなります。

40代の免疫力は20代に半分と言われています。

ストレスが強い人、薬を飲むことが多い人、寝不足、栄養の偏り、運動不足・・・

このような人は、さらに免疫力が低下しています。

免疫力をあげていくには、生き方を見直していくしかないのです。

つまり、がん治しとは生き方なおしなのです。

ストレスが強い人は、ストレスをつくらない生き方に変える

心の持ち方でストレスは軽減できます。

悪いことであっても必要だから起きていることと捉える

おおらかな心で笑って過ごす

これも生き方なおし、がん治しの訓練です。

薬で癌を根本から治すことは出来ない

治すことが出来るのは、自分自身の免疫力・自然治癒力です。

命を無駄に落とすことがないよう、ひとりでも多くの方が気付かれるよう願っています。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちら  

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

がん治しは自分の体が心地よく感じることを・・

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

出来る限り自分自身の治癒力でガンを自然退縮させたいと考えている方

再発転移をさせないよう、治療後も自然療法に取り組んでいる方

その中で最も悩まれるのが食事です。

どの学者も声をそろえ、摂ってはいけないというものは、砂糖と添加物です。

それだけ、砂糖と添加物は、ガンにとっては危険な存在であるということです。

砂糖とストレスでがんを増殖させるはこちらから

健康な私たちでも、ガン細胞は毎日数千個から数万個生まれ続けています。

ガンでなくても、砂糖を摂ると体の中のガン細胞が増殖することには変わりありません。

また、日本は添加物の王国です。

こんなにも多くの危険な添加物を認めている国は、世界的にも珍しいですね。

グルタミン酸ナトリウム、トランス脂肪酸など、気付かないところでたくさん使われています。

これらが、ガンの原因になっていることは言うまでもありません。

トランス脂肪酸の危険性

また、同じ代替療法でも食事については意見は様々です。

ガンには玄米菜食派がやはり多数ですが、そうでない考えもあります。

玄米には毒性があり、負担が大きい ⇔ 玄米は栄養素が豊富 白米のような糖の心配がない

生野菜は体を冷やす ⇔ 生野菜で酵素をつくる

加熱すると酵素がなくなる ⇔ 温野菜は体を温める

動物性のものはガンのもと ⇔ 肉を週1~2回食べた方が良い

どれが正しいの? と戸惑う人もいるでしょう。

私は、絶対的なものはないと思います。

摂ってはいけないもの、摂った方が良いもの この境は必要だと思います。

しかし、食に対してあまりにもがんじがらめになってしまい、それがストレスになってしまう方も少なくありません。

ストレスどころか、意地になってしまう方も・・・

以前にも、数カ月間、ほんの少しの穀物と具の無い味噌汁しか摂っていないという方がいっらっしゃいました。

それで、心身ともに調子が良ければ、それは何ら問題もなく良いことです。

しかし、彼女の場合は、残念ながら食事がストレスになっていました。

最初は、ガンを治すために頑張るわよ!という意気込みだったのでしょうが、長期になればいつまでもその勢いは続く人ばかりではありません。

食事へのストレスが、やがて家族に向けられ、家庭の中までが崩壊寸前という状態でした。

そこでまた、彼女のストレスは増していきます。

痛みが強くなった彼女

家族の争いが絶えない精神状態ですから、感謝なんてどこへやら・・・

痛みが出てくるのも当然です。

この状態で、本当にガンが自然退縮してくれるでしょうか。

これでは、どんなに良いと言われている食事療法であっても、良い方に作用はしてくれません。

ガンが自然退縮してくれる自分にならなくてはけませんね。

その為には、穏やかな心、おおらかな心を持つことです。

ストレスで活性酸素を生み、交感神経が優位になると、リンパ球が減ります。

そして、低体温、低酸素様態になります。

これでは、ガンが居座る状況を作ってしまっています。

自律神経のバランス はこちらから

摂ってはいけないものを避ければ、あとは、自分の体に合ったもの、心地よく体が感じるものを選び、自分のペースで黙々と続けることです。

毎日青汁だけで何年も生きてらっしゃる方もいます。

体が心地よく感じ、ストレスにもならず、病も快方に向かい、青汁療法はその方にとっては正解なのです。

体質も細胞も環境も性格もみんな違います。

だから、絶対も正解もないのです。

何より大切なことは、感謝して頂くことです。

頂く喜びと、自然、大地の恵みを感じる楽しみは置き去りにしてはならないと私は思います。

ガン治しは心と体のバランスが必要です。

ガンと心は繋がっています はこちらから

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちら  

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

クライアントさんからの報告です

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

卵巣ガンのクライアントさんからの1本の電話

電話が鳴り、着信を見たときに
「そういえば先日、検査をするって言われてたなあ…」と思いながら電話をとりました。

飛び込んできた第一声

『7センチの腫瘍が半分の大きさになってました』

『それは良かったですねラブラブ努力の結果ですね』

彼女は抗ガン剤、手術、放射線の三大療法は一切受けていません。

自助努力のみ

そして私と同じ健康食品を飲み始めて約3カ月です。

私の愛用品はこちらから

彼女は特に心の持ち方に気を付けていて、健康食品ひとつにしても毎回感謝して飲まれていました。

全ては自分の心の持ち方です。

私も本当に嬉しいですね~

本当に良かったです

何よりこれがまた彼女の励みになるでしょう

もうひと踏ん張り、楽しんで取り組んで頂きたいです

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ