がん細胞には抗酸化物質を・酸化を押さえる

菜食主義の人に必要な成分は、良質な油脂です。

肉などを摂っていた人が菜食に変えると体に様々な変化が起きてしまいます。

肌、頭皮の乾燥、爪の変形など・・・

そんなとき、良質な油脂を含む食品が必要となってきます。

良質な油脂を最も摂りやすい食品といえばゴマです。

ゴマといえば、がんを治す食事には欠かせない食品のひとつですね。

ゴマは、がんや胃潰瘍に有用な成分を多く含んでいます。

またゴマに含まれるリノール酸は、血管壁に付着したコレステロールをきれいに洗い流し、弾力性のある丈夫な血管をつくる作用があります。

そして、最も酸化しにくいといわれている油がごま油です。

これは、ごま油にたっぷり含まれる抗酸化物質のおかげです。

がんは、体の酸化現象から起きた病気です。

生きている以上、体は酸化し続けます。

しかし、食べるものによって酸化を抑えることは出来きます。

酸化に強い食品はこちらから

サビがついて、茶色く変色してしまった細胞を、きれいな細胞に戻してあげることも可能です。

さびたままの細胞を放置しておくと、癌という病気を引き起こしてしまうのです。

酸化を防いだり、正常に戻していくには、抗酸化物質といわれるものを毎日しっかり摂ることをおススメします。

●ごま ●キャベツ ●納豆 ●わかめ ●にんにく ●しょうが ●人参
●かぼちゃ ●そば など・・・

ただし、現代の野菜類は栄養価が非常に低くなっていますので、フィトケミカルを多く含む健康食品やサプリメントを一緒に摂ることをおススメします。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん細胞は自分次第で変化する

ガンが見つかり、強いストレスを受けます。

転移と聞いて、さらに強いストレスを感じます。

ガンは、私たちにとって、死の病気だと潜在能力にしっかりと刻み込まれているからです。

テレビなどの報道で、ガンであることを告白した有名人は、抗ガン剤でやつれ切ってしまい、以前の姿は見る影もない・・・

そして、訃報

これを見ると、元気な人でもガンに対する恐怖は増すでしょう。

ましてや、現在、ガンである人は言葉で言い表せない恐怖に落とされる人もいるでしょう。

このようなストレスは、ガンを急激に大きくしてしまいます。

自律神経を乱してしまうストレスは、体温も下がり、呼吸も浅くなり、ガンが増殖する環境をつくってしまいます。

たった1日で、大豆ほどの大きさになることもあると言われています。

この逆もあります。

囚われ、ストレスから解放されると、ガンが一気に退縮することもあります。

よく考えてみると、不思議ではないと思いませんか?

どんな人でも、ガン細胞は、数千個から数万個も毎日生まれ続けています。

特に、血行が悪くなっている場所に、ガンはできやすくなります。

しかし、ガン細胞は、誰しもが持っているのですから、検査をしてガンが発見されても、驚くことではないのです。

事故などで、解剖をすると、あちこちにガンがある方が結構いるそうです。

知らずに元気に過ごしていたわけです。

知らないところで、ガンは出たり、退縮したりを繰り返しています。

元気だと思っている人も、ガンが出来ている可能性は充分ありますね。

ガンでなくても、これを機に生活や心の持ち方を見直してみませんか?

ガンは恐れてはいけません。

恐れれば恐れるだけ、心と体にストレスを与えます。

ガンなおしは、恐れを手放すことから始まります。

人間には、自然治癒力が備わっています。

誰にでも、治る力があるということです。

その治癒力を活性化するか、しないかは自分次第です。

生命は、神秘と奇跡の力を秘めています。

私もガンになるまでは、病気になれば病院で治してもうのが当たり前と思い込んでいたわけです。

いわゆる洗脳というものです。

ですが、同じようにガンになり、病院で手術、抗ガン剤、放射線の治療を受け、亡くなっていった友人をみて、疑問を感じました。

その直後にも、また知人が治療の甲斐もなく、亡くなりました。

そこで私もやっと目が覚めました。

常識を覆さなければ、ガンはなおらないと・・・

自然の摂理、そして頂いた生命について、よく考えてみると、自分の体に申し訳ないことをしてきた、と心の底から思いました。

大切な命が失われる前に、どうか気付かれますことをせつに願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

女性のおりものとがんの関係

生理痛、生理不順、おりもの異常、カンジタ、不妊、子宮筋腫、子宮ガン、卵巣ガン、乳ガン・・・

女性特有の病気は、どんどん増え続けています。

しかも低年齢化・・・

病気が増えると同時に、女性のおりものも変化してきているようです。

昔の女性は、おりものが今の人のように無かったと言います。

おりものは、食べ物や環境で変化します。

細菌など、異物を出そうとする反応のひとつである、おりもの

おりのもが多いということは、体にとっての異物が多いということ

動物性の食事が増えたうえに、食べ過ぎている現代

これが、原因のひとつです。

動物性の食事や食べ過ぎは、おりものを増やします。

そして、おりものが増えると、不快感を軽減するために、おりものシートを使います。

このおりものシートが、体温を下げる原因です。

そして、消毒や漂白の化学物質がたっぷりとほどこされたナプキンやおりものシートを使えば、当然、抵抗力が弱ってきます。

膣の酸性度合いもバランスを崩し、細菌などに対する自浄力も弱まってしまいます。

そして、カンジタ膣炎を繰り返し起こしてしまうのです。

子宮ガン、卵巣ガンの方は、過去にカンジタに悩んだ経験をもつ方が非常に多いですね。

私が相談を受ける方もそうです。

意外かもしれませんが、乳ガンの方もです。

細菌とガンの関係は、興味深いものがありますね。

抵抗力を低下させ、体に害を及ぼすもの

これらを使わなくて済むような生活をすることが大事です。

そのためには、まずは食生活の改善ですね。

私の愛用品はこちら

https://www.qualitypro.jp/health-food/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った             女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

プロポリスとは?

プロポリスって聞いた事あるけど、ローヤルゼリーのことですか!?

とよく聞かれます。

全く別のものです

プロポリスとは、ハチの巣の入り口の部分です。

ミツバチが樹液を摂りに行き、自らの酵素と混ぜ合わせたものを巣の入り口に塗ったものがプロポリスです。

ミツバチは、外敵の侵入を防ぐために巣の入り口にプロポリスを塗ります。

こうすることで、巣のなかを、ほぼ無菌状態にして、生命を守っています。

クレオパトラが老化防止のために愛したと言われるプロポリス

また、古代エジプトでは、ミイラの腐敗を防ぐために使われてきました。

私のこだわりは、ミツバチが採取する樹液がオーガニックであること

なので、私はブラジルのユーカリを起源植物としたプロポリスにこだわっています。

蜂粋ゴールドプロポリスの一番多いファンは

ガンの方

続いて肝炎、糖尿病、アレルギー

加工工程は、また詳しくお伝えしますね

 

私の愛用品はこちら

https://www.qualitypro.jp/health-food/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

がん治療の選択・自分で決める

がんを告知された人、またその家族

混乱が起きます。

なぜなら、がんで死ぬかもしれないという恐怖心が出てくるからです。

転移を最も恐れ、一刻も早くと治療を急いでしまいます。

昨日まで健康な人と変わらぬ生活をしてきたのに、がんが見つかった途端、恐怖心や不安から病人になってしまいます。

そうなると病院任せになってしまうのです。

つい数日前まで元気だった人が手術や抗がん剤治療をしたことで、一気に弱り生気を失ってしまうことも少なくないですね。

そして病院に言われるまま治療をしたら、あっという間に転移をして、さらには体力も激減し、心身ともに弱り切ってしまった・・・と泣きながら相談される方も多くいらっしゃいます。

病院に押し付けられた、断れなかった、あまりにも急で言われるがままだった・・・とあとになって後悔をされる・・・

悔しくつらい気持ちはよくわかります。

しかし、自分が選んだ結果です。

たとえ悪い結果が出ていても、自分で充分考え、納得して選択したことであるなら、ここまで気持ちが乱れることはないでしょう・・・

がんという病で、自分自身の気持ちを支えていくには、すべてを自分で決めることが大切です。

手術、抗がん剤、放射線といった三大療法を選択するのか、しないのか

ここがまず分かれ道となります。

しかし、実際は選択どころか、がんを治す方法は病院での三大療法しかないと思っている人がほとんどです。

ある日、突然がんが見つかり、何も方法を知らなければ、あれよあれよのうちに治療が開始されます。

恐怖と不安で、冷静に考えることが出来なくなってしまうのです。

恐怖や不安からくる焦りに惑わされず、冷静に選択するには、がんを他人ごとと考えず、がんの仕組みや治療の選択を勉強し、家族と話しておくことは大切ですね。

そして、恐怖や不安があるからこそ、立ち止まってみることが大事であると、いち早く気付いて頂きたいと思います。

がんを治せるのは、自分だけです。

私の愛用品はこちら

https://www.qualitypro.jp/health-food/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

セロトニンを活性化してがん治し

腸内環境を整えると、改善される病気があります。

腸は、とても賢い臓器

腸内の環境が良くなると、セロトニンという物質が増えてきます。

セロトニンとは、心のバランスを整えると言われている伝達物質で、精神面において大きな影響与えています。

心の安らぎや安定など、心身に働くセロトニンは 『幸せホルモン』 とも呼ばれています。

ですから、セロトニンが不足すると、鬱や不眠症などの精神疾患に陥りやすくなります。

また、攻撃的な心になると言われています。

負の心、攻撃的な心は、ガンの道です。

このセロトニンは、90%が腸に存在し、脳をはじめとするさまざまな器官に運ばれています。

心が不安定な人、攻撃的な人は、腸内環境、つまり腸内細菌の状態が悪くなっている可能性が大ですね。

・仕事をしていても眠い

・小さなことでも、すぐにイラッとくる

・人と会うのが億劫

・掃除などがめんどうで苦痛

・体を動かしたり、外に出るのが苦痛

・自分が嫌い

思い当たる点があれば、セロトニンが不足しているかもしれません。

セロトニンは、豆や魚などに含まれる必須アミノ酸とビタミンで合成されています。

しかし、このような物を食べても、ストレスや食品添加物から発生する活性酸素が多量に出ていては、セロトニンを保つことが難しくなります。

セロトニンを活性化する食べ物を摂るだけでなく、活性酸素を除去する抗酸化作用のある食品を摂ることが大切で
す。

抗酸化作用のある食品はこちらから

【幸せホルモンは、ガンをなおしの強い味方】

腸内環境を良くすることが、心の安定へと繋がっていきます。

もっと言えば、腸内細菌は、免疫力の7割をつくっています。

腸内環境を良くすれば、精神面だけでなく、免疫力も上がるということです。

私は、毎日夕食には納豆と塩麹をつかったものを頂くようにしています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ガン細胞はブドウ糖で大きくなる・食事療法

がんに勝つために、朝昼晩 三食しっかりと食べてます、と言われた方がいます。

朝は、たっぷりの生野菜にパン、牛乳、フルーツ入りヨーグルト

昼は、うどんに日替わりの丼ぶり

夜は、刺身、煮物、味噌汁、白米

食欲がない日も、奥様が考えつくられる食事を一生懸命食べられているそうです。

お肉は良くないと、聞いてやめているそうです。

糖が癌細胞を増殖させることは、よくご存知です。

しかし、精製されたお米やうどんも、同じく癌細胞を増殖させる糖です。

つまり、ブドウ糖によって、がんが大きくなっていくのです。

その他にも彼の食事には、まだまだ改善点があります。

とても素直に話を聞かれる方ですから、奥様に感謝しながら、これからは一緒に食事づくりをすることにしたそうです。

間違った食がガンをつくります。

『アメリカ人を悩ませるガン、心臓病、糖尿病などの病気の大半は、食事の間違いから起こっていた』

アメリカのマクガバン・リポートより 今村光一さん翻訳

肉好きの人は、ガン死の危険性が4倍、5倍と高くなります。

長い腸を通過していくうちに、肉や乳製品(牛乳・ヨーグルト・チーズなど)は腐敗してしまいインドールやスカトールなどの有害物質を発生してしまいます。

その結果、有害物質で血液が汚れ、抗酸化力も弱まり、活性酸素の除去が出来なくなります。

必要以上に増えた活性酸素は、正常細胞の遺伝子に傷をつけ、がん細胞をつくっていきます。

このくらいは、いいかな・・・

という甘い考えが、知らないところで活性酸素を増やし、がん細胞を元気にしてしまっています。

この他にも、がん患者さんにとって、最悪ともいえる食べ物・・・

食が病気をつくり 食が病気を治す

がんを治せるのは、自分自身です。

バランスのとれた栄養と、体を温め、明るく前向きな心で、自分の自然治癒力を高める生き方をすることが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんを通して気づいたこと

信じる力は、素晴らしいパワーを発揮します。

「病の根源は心にある」

心が和むと、副交感神経が優位になり、血流がよくなります。

血流がよくなると、体温が上がり、内臓の動きも良くなります。

内臓の働きが良くなると、体内に溜まっている老廃物の排出もスムーズになります。

先週のクライアントさんのメールやお電話でのお話を順番にご紹介します。

【卵巣ガン 50代 女性】

西洋医学では、出来る治療はもうない、と言われ、そこで初めて自分がバカだったことにやっと気付きました。

ガンを告知され3年間、見えるガン細胞を消滅させtることだけに囚われてきいた毎日でした。

ブログを見て、電話をしたのが2月の半ば。あれから4か月近くなります。

みづほさんと話すうちに、とても気持ちが楽になり囚われてた自分にも気付きました。

今は、プロポリスの力も借りながら、以前は出来なかった感謝の気持ちで毎日が過ごせています。

心が楽になると、不思議と体調が良く、痛みもないので、末期ガンであることが嘘の様です。

ガンがあることも忘れてしまうくらい、元気です。

なんだか死なない気がします。

【肺ガン40代 男性】の奥様より

抗がん治療を終え、主人が退院しました。

あの頑固で何も信じない主人が、なぜかプロポリスだけは病院に持って行っていたので、私の方がびっくりしたんですよ。

病院でも毎日欠かさず飲んでいたようです。

しかも、家にいた時の2倍の量を飲んでたようで、1日20㎖

やっぱり抗ガン剤の副作用や、二次発ガンが怖いのでしょうね。

でも、おかげさまで、副作用らしき症状もなく、髪もそのままなんです。

一番私が驚いたのは、主人が「ありがとう」を言ったことです。

前の抗ガン剤の時には、当り散らすばかりで、そんな言葉聞いたこともなかったのに・・・

私も嬉しくなりました。

ブログを読んでいるからかな・・・?

主人は、昨日から仕事にも行っています。

【胃ガン40代 女性】

ガンになる前から、飲んでいた抗うつ剤のことがずっと気になっていました。

おの薬のせいで、ガンになったのかも・・・と考えたら怖くなり、さらに鬱が強くなりました。

でもこのままでは、絶対にいけないと思い、いつか抗うつ剤をやめると決め、プロポリスを毎日欠かさず飲んでいます。

自然の恵みに感謝しながら・・・

今まで、口にする物に対して、感謝なんて考えたこともなかったです。

これが私のガンと鬱の原因だと気付かせてくださったことに感謝しています。

そういえば、家族にも感謝が出来ていなかったかも・・・と最近は思います。

お通じも良くなり、今は鬱のお薬を飲む日はほとんどなくなりました。

先日のガンの検診でも異常なし、と言われホッとしました。

みなさん、色んなことに気付かれ、それぞれの思いで取り組まれています。

私のクライアントさんは、みんなとっても心が優しい方ばかりです。

素直だから、感謝やありがとうが、ガンなおしに必要であることに気付かれるのです。

でも時には、切なくなって泣いてみたり、落ち込んでみたり・・・

そんな日もありますが、それはガンでなくても、みんなあります。

いかにその時間を短くするかだけです。

療法、健康食品は、あくまでも、ガンなおしのアイテムのひとつ

当然、良いものなら、使わないより、使った方が良い

しかし、基本は自分自身

心の持ち方、生き方を変えることです。

悩まないことですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんに対する防御機能を失わないために

ガンの療法は、自分で選ぶものです。

病院任せの西洋医学から、自分でなおす自然療法に切り替える人も増えています。

とはいえ、まだまだ西洋医学一辺倒の人が多い日本です。

残念ながら、病気は薬でなおす、病気は病院でなおす、と育てられた日本人ですから・・・

そんな中でも、少しずつ気付き始めた事実

ガンでつらい治療をしたにも関わらず、亡くなっていく人を見て疑問が出てくるものです。

私もその一人でした。

そんな中で目にした衝撃的な言葉

「治療を拒否した患者の平均余命は12年6カ月である。しかし外科手術、その他の(ガン)治療を受けた患者は平均すると治療後わずか3年しか生きていない」

「原因は手術による外傷が、生体の防衛機構に影響したためである、と私は考える。人体には本来、あらゆる種類のガンに対抗する防衛機構が備わっているのだ」

(ハーディン・ジェームス博士、カリフォルニア大学)

その言葉が妙に納得出来た私でした。

初期の乳ガンであった知人は、念のためといい、全摘手術を受け、その1年後、リンパへの転移が見つかり、言われるがままリンパを切除

その3ヶ月後、転移が見つかり、抗ガン剤、放射線治療を繰り返した。

半年の間に、脳、肺、肝臓、骨へと転移し、それでも亡くなる直前まで抗ガン剤を投与し続けました。

結局、初期ガンから2年で彼女は天国へと旅立ちました。

亡くなる2ヶ月ほど前から激痛が走るようになり、モルヒネが手放せない状態に・・・

モルヒネを使った後は、まるで別人でしたね。

生気が無くなり、薬が生命力を無くしていることがはっきりとわかるくらい、目はうつろで口数も減りました。

生命の中心である腸の機能も完全にやられていました。

モルヒネの量は増すばかりで、幻覚を見るようになり、見ていて本当につらかったです。

最後の1ヶ月は、起きている時間が日に日に短くなり、最後はほとんど寝ている状態でした。

2年後、こんな姿になっているなんて誰が想像したでしょう。

ガンは切ったら治る、彼女はそう思っていたはずです。

一方、乳ガン ステージⅣで見つかったクライアントさんは、ガン宣告から2年経ちますが、普通に生活をしています。

彼女は、手術不可能と言われたことを機に、すべての治療を断り、食事や健康食品、運動、温熱など自分に合った自分療法を見つけ実践しています。

この2年のなかで、ご自身の生きる喜びも見つけることが出来、ガンになる前より笑顔がずっと増えています。

なぜ、このような結果が出るのでしょう・・・

野生の動物はガンにならないのに、なぜ人間はガンという病ができたのでしょう。

人間も野生動物のような生き方をしていれば、ガンにならない

つまり、ガンは、不自然な生き方をしてきた結果ということです。

ガンになった原因

まずは原因を見つけることからです。

原因を取り除かずして、ガンをなおすのは不可能です。

同じことの繰り返しになります。

西洋医学だけに頼っていたのでは、気付かぬまま終わってしまいます。

生き方を変えることが、ガンなおしです。

ご縁を頂いた方々が、ひとりでも多く気付いて下さることをせつに願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

梅の薬効が凝縮された梅肉エキス

梅には浄血、解毒、殺菌、など健康に欠かせない重要な働きがあり、「食物、水、血」の三毒を断つと言われて、古くから親しまれています

特に梅を煮詰めた梅肉のエキスは、梅の薬効が凝縮されます。

梅は加熱すると、含まれる糖とクエン酸が結合しムメフラールという成分が生れるのです

メフラールには、血液をサラサラにする効果があることが証明されています

血流改善には最高といわれる梅肉エキス

梅肉エキスは、冷えの改善、疲労効果に優れ、はちみつと一緒に摂ることで、はちみつの整腸作用と梅肉の血流効果で胃潰瘍予防や便秘予防にとても良いと言われています

特に女性は毎日摂るといいですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った女性社長        塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)