便利な生理用品に落とし穴

女性に毎月訪れる生理

この生理をきっかけに、命を落としてしまった人がいます。

片足を切断しなければならなかった女性モデルもいます。

その原因は、トキシック症候群(TSS)

聞いたことがある人もいるでしょう。

このトキシック症候群(TSS)とは、黄色ブドウ球菌の生産する毒素が原因で起きる全身性の細菌性中毒症です。

高熱、激しい筋痛、全身の発疹、低血圧、嘔吐、下痢といった神経症状

多臓器不全で死に至ることも・・・

生理中になぜ起きたのか・・・?

それは、生理用品・タンポンです。

1980年代アメリカで、生理中にタンポンを挿入したことで、黄色ブドウ球菌が腟内に増殖し、たくさんの女性がショック状態になっています。

細菌感染による敗血症

黄色ブドウ球菌が生産する毒素に全身が侵されてしまうのです。

便利だと思って使っているものが、こんな恐ろしい可能性を秘めているとは驚きですね。

市販の生理用品・タンポンは、ナイロン、レーヨン、さらにはもっと安い化学繊維で作られているものがほとんどです。

これらの合成素材が、トキシック症候群(TSS)を引き起こす原因になっているのです。

女性の膣は、体の中で最も毒を吸収しやすい場所です。

その膣に、化学繊維のタンポンを挿入し、数時間も放置しておくとどうなるでしょう・・・

そうでなくても現代は、食の乱れやストレスで生理痛がひどく薬が手放せない

おりものが多くおりものシートが手放せない

そんな女性がおおいですね。

そのため、体温が低く、免疫力も低下している人が多くなっています。

そこに、化学繊維でつくられ、殺菌、消臭、吸収のために薬品がほどこされているタンポンを使うとどうでしょう・・・

トキシック症候群(TSS)を引き起こしやすくなるのです。

化学繊維は、細菌が増殖しやすい環境をつくってしまいます。

化学繊維、薬品は、トキシック症候群(TSS)だけでなく、生理不順、生理痛、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮がん、卵巣がんなどを引き起す原因にもなります。

毎月、毎日使うものだからこそ、天然素材の生理用品をおすすめします。

細菌が増殖しやすい環境にならないよう生理用品だけでなく、食べ物、ストレス、睡眠などにも気を付けいですね。

【自分の体は自分で守る・プロポリス】 こちらから

https://www.qualitypro.jp/health-food/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

家族と共に私を支えてくれたプロポリス(^_-)-☆

私ががんになったとき・・・

家族と共に私を支えてくれたプロポリス

私はあのとき、自然界の力って本当にすごいなぁ、と実感しました。

プロポリスって蜂のなに?とよく聞かれます(^.^)

プロポリスとは、蜂の巣の入り口にある茶褐色の塊です。

【プロポリスとは・・・】

プロポリスとは、ミツバチが植物の樹皮や新芽などから樹液を採取し、自らの酵素(唾液分泌物)と混ぜ合わせつくられた物質です。

プロポリスは巣箱の入口に堅く付着し、独特な芳香と粘着力を持ち、色は黄緑色から茶褐色まで様々です。

【生命を守るために・・・】

ミツバチがウイルスやバクテリアなどの外敵から巣を守るためにつくられるプロポリスは殺菌力が非常に強く、また巣のなかの温度調節や女王蜂の子育てに役立てられています。

プロポリスはまさに生命を守るための重要な物質です。

【良いプロポリスは質の良い原塊から・・・】

プロポリスの品質は、その土地の気候、植物分布が決定的な要素になります。

場所、気候、植物、ハチの種類によってプロポリスの成分は全く違ったものとなり、産地、起源植物の選択は非常に重要です。

世界一薬草の宝庫であるブラジル南部のユーカリ系プロポリスが世界最高品質と評価されています。

ユーカリには薬効があり、農薬、化学肥料、除草剤を必要としないため、ハチが樹液を採取するには安全な植物といえます。

【有用成分を最大限引き出すために・・・】

プロポリス原塊から有用成分を抽出しますが、抽出方法によってプロポリス液の成分・品質が大きく変わってきます。

プロポリスには、フラボノイド・ミネラル・ビタミン・酵素・アミノ酸・脂質など多彩な有用成分が80種以上含まれています。

これらの成分を最大限引き出すことが出来るのは、アルコールとアルカリイオン水による二段階抽出法です。

【高濃度プロポリス液にするには・・・】

プロポリスの有用成分を高め、高濃度に仕上げるためには、プロポリス液を寝かせる必要があります。

ハチ毒の無毒化のためにも一定の期間、寝かせることは非常に有効です。

また、長期間熟成させたプロポリス液は粒子の細分化が進み、浸透性が高くなります。

木樽を使って熟成させたプロポリス液は、自然との調和がしっかりと保たれ、プロポリスが持つ力をさらに引き出すことができます。

これらすべてが揃っているのが 私が愛用の 『蜂粋プロポリス』 です。

高濃度・木樽熟成 

ブラジル産ユーカリ系 『蜂粋ゴールドプロポリス』 は、プロポリスに唯一欠けているといわれるビタミンCが豊富な天然アセロラセキスを配合した完璧な総合健康食品です。

※プロポリスとビタミンCの相性は非常に良く、お互いが助け合うことではたらきを高めます。

今日も蜂粋プロポリスは、自然の音と聴きながら熟成を続けております(^_-)-☆

お急ぎの方には原液タイプが向いています。

【おすすめの蜂粋ゴールドプロポリス(原液)・・・ こちらから】

 https://www.qualitypro.jp/health-food/

より良く働かせる飲み方、お得な飲み方等 

お電話でご相談くださいね

☎ 0849251271

【蜂粋ゴールドプロポリスの詳しい飲み方は・・・こちらから】

 https://www.qualitypro.jp/puroporisu-nomikata/

300の栄養と80余種の有用成分を含む・蜂粋プロポリスの特徴

●ブラジル産ユーカリ系原塊使用

●アルカリイオン水とアルコールの2段階抽出

●安全な木樽長期熟成

●高濃度成分

●吸収率アップ・粒子の細分化

●ハチ毒の無毒化

光が消えてしまう前に素直に生きる

【今日の心の持ち方】

光があるのに

見ようとしない

さしのべられた手を

握ろうとしない

光が消えてしまう前に

素直に手を握って生きてみませんか

【ミネラルたっぷり・人気の生はちみつ】 こちらから

https://www.qualitypro.jp/supurei-namahatimitu/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

細胞に潤いを与える食べもの

私たちの皮膚は年齢とともに潤いが減ってきます。

体内でも同じような現象が起き、細胞が潤いを失います。

まさに老化現象といわれるものです。

細胞の乾燥は、細胞の老化を促進し、さまざまな支障を起こしてしまいます。

がんは、細胞の究極の老化現象から起きています。

どんなに若くても、どんなに外見を磨いても、体内の細胞は別

体内の細胞もしっかりと潤っていますか??

細胞を酸化させないためにも、細胞そのものに潤いを与えることが大切です。

細胞をみずみずしく保つためには、ネバネバに食品が役立ちます。

納豆、オクラ、里芋、山芋、もずくなど・・・

毎日摂り入れるといいでしょう。

なかでも納豆はおススメの食材です。

納豆のネバネバは、糖とたんぱく質が結合した物質でできています。

これが細胞をみずみずしく保つために欠かせない成分なのです。

納豆には、細胞に潤いを与える成分が他の食材よりも多く含まれています。

そして納豆は、日本人の腸にぴったりの発酵食品です。

血液をサラサラにする効果があり、血栓予防にもなります。

大豆に含まれるビタミンKは他の発酵食品の数百倍もあり、食物繊維はゴボウの約2倍もあるといわれています。

また、ガラクタン、アラバン、ペクチン、といった水溶性食物繊維がたっぷり含まれているオクラもおススメの食材です。

水溶性食物繊維は、整腸作用を促します。

便が直腸まで送りだされているのに、便意が生じず便秘に悩まされている

そんな人には、オクラに含まれる水溶性食物繊維がとても効果的です。

納豆にオクラ

細胞に潤いを与え、腸内環境を整えてくれる最強の組み合わせですね。

潤いある食事で、心と細胞に潤いを・・・

【ミネラル・酵素がたっぷりのプロポリス】 こちらから

https://www.qualitypro.jp/health-food/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

忘れることも大事

【今日の心の持ち方】

人生を楽しく生きるために

忘れることも大事

知ることより忘れること

余分なものは脱ぎ、捨てて

身も心も軽くなったほうが生きやすいのです。

【ミネラルたっぷり・人気の生はちみつ】 こちらから

https://www.qualitypro.jp/supurei-namahatimitu/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ニンニクで活性酸素を抑える

私たちの細胞は、寿命がくるとアポトーシス (細胞の自殺)  をし、新しく生まれた細胞と入れ替わります。

こうやって代謝を繰り返し、約60兆個の細胞で成り立っているのです。

がん細胞もその一部です。

がん細胞にアポトーシス(細胞の自殺) を起こさせるのは、ミトコンドリアが出す活性酸素です。

活性酸素は、癌細胞を増やす悪い物質というイメージが強くありますが、真逆な役割をする一面もあります。

その活性酸素の役割とは、がん細胞を自殺に追い込むときです。

体にとって活性酸素が有効に働くときですね。

だから、活性酸素はバランスが重要だということがわかります。

激しい運動をしたり、ストレスがかかったり、添加物や薬を摂取したり・・・

それらによって活性酸素が過剰に増えると、癌、糖尿病を引き起こしやすくなります。

しかし、活性酸素は酸素を吸い込んだだけでも発生するもの

常に出続けています。

大事なことは、過剰に増えないよう気を付けることです。

そのためには、日頃から活性酸素を除去してくれる抗酸化作用のある食材を摂り入れるといいでしょう。

抗酸化物質をマウスに与えると、がんや糖尿病の発生が抑えらることがわかっています。

活性酸素に働きかけてくれる食材はたくさんありますが、なかでも効果が高いといわれているのが

ニンニクやキャベツです。

ニンニクは、活性酸素の除去だけでなく、免疫細胞の働きも活性化するといわれています。

ニンニクに抗酸化力のある味噌をのせて食べるなど、毎日のちょっとした工夫で、活性酸素から体を守ることは出来るのです。

ただし、強いストレスや薬品によって増えた活性酸素は、抗酸化力の高い健康食品などをつかうこともありですね。

活性酸素のバランスをよくして、がん細胞をアポトーシス(細胞の自殺) に・・・

【私が愛用のプロポリス】 こちらから

https://www.qualitypro.jp/health-food/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

念をもって生きる人

【今日の心の持ち方】

念を持って生きている人は

今を心で生きています。

その姿は美しく

目も心もキラキラ

本当の美しさが現れ、皆に光を与えています。

【ミネラルたっぷり・人気の生はちみつ】 こちらから

https://www.qualitypro.jp/supurei-namahatimitu/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

手術の選択・準備とケアが重要

早期発見だから大丈夫

そう言われ、手術で取り除いたのに再発、そして転移したというFさん

進行がんだからこそ即手術

しかし、一部をとっても仕方ない、これ以上 体力を落とさないためにも手術は断ったというSさん

どちらも大腸がんで肝臓転移

Fさんは、悪いところは取ってしまえば、病気は治ると思っていたそうです。

そして手術を受け、その後、再発

無防備で手術を受け、そのあとも放置

まさに人任せだったことを悔やんだそうです。

Sさんはその経験から、誰に何をいわれても準備なしに手術はしないと決めていたそうです。

Fさんのように、早期がんで手術

全部取り除いたと思っていたのに

5年後、7年後、残念ながら再発した人はたくさんいます。

それはなぜなのか・・・

私たちの体は、それぞれの機能をもつ臓器が互いに助け合い連携しながら生きています。

どの臓器も病気から体を守るための防御機能を持ち備えています。

つまり、必要でない臓器など何ひとつないのです。

個々の役割をもつ臓器が集まり、全体となり、体はバランスをとっています。

だから、何かが欠けてしまうと体はバランスを崩してしまうのです。

そして、病気というものが発生します。

抗がん剤や放射線に比べ、リスクが少ないと言われる手術にもリスクはあるのです。

臓器、器官を取り除くことで、バランスを崩します。

そして、体を開いたときに、内臓は空気や光にさらされます。

私たちの体内は、空気や光に触れると一気に酸化するのです。

この体の酸化こそが、発がんの原因そのものなのです。

発がんしやすい状況を体につくっているのです。

だから、抗酸化物質を摂るなどして、手術前からしっかりと準備をし、手術後もケアをすることはとても重要なのです。

そして手術では、酸化力の強い麻酔薬や抗生剤を投与します。

ここにも発がん(再発) の原因があることを知っておくことも大事ですね。

そして、さらに最も酸化力が強いとされる抗がん剤や放射線、またホルモン剤などが加わるとどうなのか・・・

『治療を受けた人の余命は平均3年 受けなかった人は12年6ヵ月生きている』

(ワシントン大学 ジェームズ博士)

この言葉は、とても衝撃ですが、納得も出来ます。

無知で、無防備でいることは非常に怖いことです。

自分の体は自分で守る

絶対に人任せにしないことです。

なにが今、大事なのかをしっかりと考え、選択したいですね。

【おすすめのプロポリス】 こちらから

https://www.qualitypro.jp/health-food/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自分の心の持ち方が引き寄せている

【今日の心の持ち方】

明るいから明るい出来事が起きる

楽しむから楽しむ人が集まる

笑うから楽しくなる

笑顔だから幸せになる

すべては自分の心の持ち方が引き寄せています。

【ミネラルたっぷり・人気の生はちみつ】 こちらから

https://www.qualitypro.jp/supurei-namahatimitu/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん細胞が大好きなもの

女性が大好きなスイーツ

砂糖をたくさん使ってあるものがほとんどです。

砂糖の摂りすぎは、糖尿病になるという感覚は多くの人が持っているでしょう。

実は糖尿病どころか、がん細胞も元気にしてしまうのです。

つまり砂糖は、病気をつくってしまうのです。

砂糖は典型的な酸性食品です。

体内で燃焼して代謝されると体液を酸化させてしまうのです。

また骨からカルシウムが溶けだしてしまうため、骨まで弱くなってしまいます。

そして砂糖は、白血球をも狂わせてしまうのです。

疲れたり、ストレスが溜まるとついつい甘いお菓子が欲しくなります。

ですが、砂糖は摂れば摂るだけ体を弱めてしまうのです。

砂糖をつかった甘いものを食べた数分後、菌やウイルスを食べる白血球の働きが弱まります。

免疫力が激減するということです。

体が疲れ免疫力が低下しているところに砂糖を摂る

さらに体の免疫力は低下

白血球が菌やウイルス

そして、がん細胞を食べる力を失ってしまうと、がんが発生してしまうのです。

砂糖は病気を発症する引き金となる

そして、がん細胞のエサになっているのです。

がんは、砂糖が大好きですから

砂糖を摂り続けていると、がんははどんどん大きくなっていきます。

さらには、白血球の働きが抑制されると、がんをなおすことが難しくなるのです。

疲れやストレスのために甘いお菓子に依存しないよう気をつけたいものです。

それでも甘いものが食べたいときは、天然のはちみつや黒糖を入れた紅茶を飲むなど、工夫するといいですね。

【女性の味方・80余種の有用成分プロポリス】 こちらから

https://www.qualitypro.jp/health-food/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)