がんを家族に連鎖させないために

ガンになった原因

心のなかにありませんか?

ガンになった方、ほとんどの方がそうです。

夫婦の関係

親子の関係

金銭的な問題

仕事の問題

悩みはさまざまでしょう。

こんなはずじゃなかった・・・

と思うでしょうが、実はこの人生は、自分の思った通りになっているのです。

夫が相手にしてくれない

子どもが言うことを聞かない

収入が少ない

仕事が上手くいかない

悩みに対して、こんな風に思ったり、言ったりしていませんでしたか?

この思ったことが、現実になっているだけなのです。

負の思考が負の現実を起こし、さらには負の連鎖を起こさせています。

そして負の思考は、体にまで影響を及ぼします。

負の思考は、自律神経のバランスを崩してしまい、交感神経が緊張状態となり、

血流が悪く、体温が下がってしまいます。

呼吸も浅くなり、白血球の中の顆粒球が増えてしまいます。

この状態は、ガンをつくる環境そのものなのです。

この負の思考のままでは、ガンはまず治りません。

それどころか、自分だけの問題で終わりません。

一緒に暮らす家族にも同じように影響を及ぼしていることを忘れないで頂きたい・・・

自分が出す負の思考は負の環境をつくっていきます。

愛する子どもまで、ガンにさせたいですか?

そんな人はいませんよね?

ガンなおしは、喜びのある生き方が絶対に必要です。

笑いのある暮らしをすること

笑いがある生活は、家族にも幸せをつくります。

自分のガンなおしのため

そして愛する子ども達、家族にガンをつくらないためにも、喜びと笑いある生き方をしてくださいね。

喜び、笑いある生き方は、夫でも妻でも子どもでもなく、自分がつくるものです。

夫が相手にしてくれない ➡ 居てくれてありがとう

子どもがいうことを聞かない ➡ 生まれてきてくれてありがとう

このように原点に返ってみませんか?

すると、小さなことが喜びとなります。

人生は、苦労するためにあるのではありません。

人生は、喜びを見つけるためにあるのです。

一緒に喜びを見つけていきませんか?

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

子宮を温めるとがんのリスクが減る

子宮を大事にしていますか?

子宮は、子が宿る場所

「子のお宮」です。

お宮といえば、神社ですね。

神社には、参道があり、その奥にお宮があります。

参道とは、赤ちゃんが通って生まれてくる産道

お宮とは、子の宮である子宮

お宮には神が宿り、子宮には子(神の子)が宿ります。

だから女性は結婚すると、かみさん(神さん)と呼ばれるそうです。

そのくらい子宮は、大事な場所

決して冷やしてはいけない、汚してはいけない場所なのです。

エアコンや薄着、シャワー、夜更かし、薬の常用などで低体温の女性が増えています。

そして、現代人は、欧米化の食事で肉食、乳製品により子宮は汚れています。

レバーのような真っ黒い血液が出ていませんか?

生理が5日以上続いていませんか?

子宮の冷えや汚れは、生理周期の乱れだけでなく、子宮以外にもさまざまな病気を引き起こさせてしまします。

冷えや汚れで、血流が滞ると子宮の筋肉が硬くなり、子宮や卵巣が正常に働かなくなります。

すると、ホルモンや自立神経のバランを崩してしまい、代謝や免疫も低下してしまいます。

その分、子宮ガン、卵巣ガン、乳ガンのリスクが高くなってきます。

子宮を冷やさないよう、汚さないよう、食事にも気を配りましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

黒豆茶でがん予防?

お湯を注いでいる最中から、黒豆の香ばしいかおりがします

黒豆に含まれるアントシアニンは、活性酸素を除去し、ガン細胞の発生を防ぐ働きがあります。

また、トリプトシンインヒビター、フィチン酸には、抗ガン作用も

そして黒豆は、食物繊維やカルシウムも豊富

カルシウムは、歯や骨を丈夫にしてくれるほか、ストレスの解消、イライラの予防といった精神の安定にも働きかけてくれます。

その他

・血液をサラサラにする
・コレステロール低下
・女性ホルモン低下に関わる症状の予防
・脳の活性化
・視力回復、眼精疲労回復

など、効能はたくさん

ポリフェノールたっぷりな綺麗な紫色です

お茶を出した後の黒豆も、もちろん頂きました

本当に黒豆って凄いですね

黒豆茶を毎日どうぞ~

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんの常識の違い

ガンの常識と言えば・・・

ガンになると、さまざまな検査をし、手術、放射線、抗ガン剤、ホルモン剤などの治療をします。

これが、いわゆるガンの常識です。

しかし、最初から三大療法をしない人もいます。

また、三大療法をした結果、人任せではガンは治らない、と気付く方もいます。

つまり、今までの常識一辺倒では、いけないことに気付きます。

常識からの打破 『新たな価値観』 を構築する

今の自分のままでは、なおらない

まずは、そこに気付くこと

ガンをなおすことだけに執着を持っていると失敗します。

自分の生き方を見直すことで、ガンがなおる自分になるのです。

これによって、ガンを克服している人はたくさんいます。

そしてこれらも、ガンの常識の違いです。

「ガンは、腫瘍が大きくなっていると、悪化している」

「ガンは、転移すると、大変危険なこと」

「ガンは、腫瘍マーカーが上がると、動き出している」

これは、西洋医学的に、ガンが進行している判断されます。

しかし、真逆の常識があります。

「ガンは、自然退縮する前に腫瘍が大きくなる」

「ガンは、自然退縮する前に転移する」

「ガンは、自然退縮する前に腫瘍マーカーが上がる」

これは、安保先生、福田先生方を始めとするガンの常識です。

同じガンなのに、なぜこんなに違うのでしょう・・・。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

リッキーガット症候群とがん

『リーキーガット症候群』

まだまだ、一般的には知られていないのですが・・・

実は、このリーキーガット症候群の可能性がある方は多いようです。

リーキーガット症候群とは、腸管壁にたくさんの穴があいてしまう症状です。

栄養などを吸収する大切な腸管壁に穴が開くと、未分解の毒素や、細菌まで体内に吸収してしまいます。

よって、健康状態に悪影響を及ぼし、ガンや肝臓病、免疫系の病気などを引き起こします。

思い当たることがありませんか?

・抗生物質やホルモン剤、消炎鎮痛剤など、薬剤をよく飲む人

・甘い物をよく食べる人

・保存料・添加物を使ったものをよく摂る人

・パン食の人(全粒粉を含む)

・動物性のものをよく食べる人

・玄米をしっかり噛まずに食べる人

・食べ過ぎの人

・便秘、下痢の人

・整腸剤をよく飲む人

・ストレスの多い人

・体温が低い人

薬剤は、体温を下げ、粘膜に炎症を起こしたり、腸の中の善玉菌を減らし、腸管壁に穴があきやすくなります。

甘いものや動物性の食品、添加物は、腸内の悪玉菌を増やし、有害なガスを発生させてしまい、腸内環境を悪化させ、腸管壁に穴があきやすくなります。

食べ過ぎは、消化酵素を無駄に使ってしまい、消化酵素不足に陥ると、腸内に食べたものが滞り腸管壁に穴があきやすくなります。

便秘は、腸内に毒素を溜めこんでしまい、悪玉菌を増やし、腸管壁に穴があきやすくなります。

玄米は、消化吸収障害が起きやすく、腸管壁に穴があきやすくなります。

ストレスは、体温を下げ、血流を悪くし消化能力も低下させ、腸管壁に穴があきやすくなります。

これらは、すべて免疫力と密接に関係しています。

免疫力が低下すると、カンジタ菌などの真菌が異常発生してしまいます。

このカンジタ菌は、腸管壁を傷つけ、炎症を起こし、腸管壁に穴をあけるてしまうこともあります。

あまりにも神経質になり過ぎると、ストレスになります。

また、ひとつのことに囚われすぎることで、執着となります。

それらが、結果としてよくない方向に行ってしまうこともあります。

要は、免疫を低下させないバランスのとれた生活を心がけることが大切だということです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

牛乳神話はまだ続く?

牛乳を飲んで骨を丈夫にしましょう!

こんな言葉にのせられた時代

朝食に牛乳

給食で牛乳

おやつに牛乳

牛乳をたくさん飲んできた世代が、今、ガンになっています。

牛乳は、カルシウムが摂れるどころか、飲んだだけカルシウムを奪ってしまいます。

これは、牛乳に含まれるたんぱく質やナトリウムが、カルシウムを排出させてしまう働きがあるとか・・・

それなのに、骨を丈夫にすると言って、牛乳摂取をどんどんすすめてきた日本!

その結果、骨粗鬆症が増え、ガンが増えたのではないでしょうか?

牛乳は、ホルモン剤や抗生剤を投与された牛のお乳です。

ホルモン剤や抗生剤がたっぷり含まれた牛乳は、当然、毒素となります。

飲めば飲むだけ毒素が溜まり、ガンも出来るでしょう。

良いと思って子ども達に飲ませていた牛乳ですが、実は、とっても危険なのです。

大切な子ども達に、ホルモン剤と抗生剤を飲ませているのと同じですよ

それでもまだ、子どもに牛乳を飲ませますか?

体にいいもの見つけましょう

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

人からのありがとうで細胞が元気になる

誰のために生きていますか?

自分の人生ですから、当然自分のために生きています。

ガンになり、自分のことだけで精一杯の方も多いでしょう。

そこで、少しだけ人が喜ぶことをして生きてみませんか?

何でも構いません。

人から『ありがとう』 の言葉を頂くととても嬉しく、気持ちが良いものです。

喜んで頂けて良かった~と心から思いますよね。

人の喜びが我が喜びとなり、この瞬間が細胞の活性のときなのです。

人に喜びを与え、なおかつ自分のためになっているのですから、これは最高の喜びです。

ありがとうと感謝は、人間の感情の中での最高峰です。

『ありがとう』は自分が発するだけでも大きな効果を出す言霊ですが、人から頂くとさらにパワーアップします。

実際の実験があります。

同じ食品を2つ並べ、ひとつには『ありがとう』という善い言霊をずっと聞かせます。

片方には、「バカ、死ね、憎い」などマイナスの言霊をずっと聞かせます。

数日経つとこの2つの食品は全く別物になっています。

傷み方が全く違っているのです。

ご想像通り、善い言葉を聞かせた方は、ほとんど傷んでいないのに対し、マイナスの言葉を聞かせた方は、ひどく腐敗が進んでいました。

そのくらい言霊の影響を受けているのです。

目に見えない宇宙の神秘です。

私達の生きている世界は、目に見えるものだけではありません。

生命エネルギーは目に見えない世界の力もたくさん頂いて働いているのです。

ガンを克服した人は、この生命と目に言えない宇宙の神秘の関係に気付き、目を向けられた方が多いですね。

小さなことで構いません。

人に喜びを与えられる自分になってみるのもいいでしょう。

きっと何かが変わってきます。

ありがとうを頂いた分だけ、細胞も元気になります。

そして自分の喜びにつながります。

人生は喜びを見つけるゲーム

何より神様が応援してくださいます。

信じるか、信じないかも自分自身です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

玄米を上手に活用するには

もみだけを取り除いた玄米

お米丸ごと玄米は、ビタミン、ミネラル、食物繊維がとても豊富です。

また、玄米にはガンマオリザノールという栄養素も含まれています。

このガンマオリザノールは、抗アレルギー作用、抗酸化作用、抗炎症作用にとても優れています。

その他、血行を良くしたり、コレステロールを抑えてくれる作用もある玄米は食物繊維が多く、血糖値の急激な上昇の心配も少なく、まさに健康食ですね。

生命を維持するための栄養素がぎっしりと詰まっています。

一方、白米は胚芽やぬかを取り除いています。

この胚芽やぬかの中に、ビタミン、ミネラル、食物繊維、たんぱく質、糖質など栄養素がたくさん含まれています。

精米することで、これらの栄養素を根こそぎ取り除いてしまうのですから勿体ないことですね。

これだけを考えると、断然 玄米の方がおススメですね。

しかし、玄米はお米を丸ごと食べる分、農薬の問題もあります。

玄米が体に良いからといっても、農薬をたっぷり浴びたお米を食べていては返って体に悪いこともあります。

また、玄米は消化が非常に悪いといった欠点があります。

玄米菜食をして体調が悪くなる人もいます。

リーキーガット症候群が気になるところではありますね。

慌ただしく食事をする方には向きません。

玄米食は、無農薬栽培であることと、しっかりと噛んで頂くことです。

ゆっくりと食事が出来る週末などに取り入れてみるのもいいかもしれませんね。

ここをクリアすれば、玄米は非常に優れた健康食です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

リフレッシュして展望を見る

お仕事の合間に

ちょっとひと息・・・

生姜紅茶

紅茶と生姜の相乗効果で体がポッカポカ

長時間ず~っと同じ姿勢でお仕事してると血流が悪くなってきますから

ストレッチして、プロポリス飲んで

生姜紅茶で心と体のリフレッシュタイム

ゆったりとした気持ちでお仕事すると、どんどんと今後の展望が見えてきて楽しい~

ずっと泣いていたあの人が

目標をもったことのないあの人も

輝いてきっと幸せになれる

幸せになるお手伝いができることが、これまた幸せです

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

経皮毒を入れない生活・界面活性剤を避ける

皮膚から吸収される薬品などの経皮毒

経皮毒は解毒が出来ないといわれています。

私たちが毎日使うシャンプー、リンス、化粧品には石油系合成界面活性剤が含まれているものが大半です。

これらが、いわゆる経皮毒といわれるものです。

知らないうちに皮膚から体内に入れてしまっているのです。

例えば、頭皮からの経皮毒の吸収率は、二の腕を1としたら頭皮は3.5倍にもなります。

これら経皮毒は、アトピーやガンなど様々な病気の原因にもなります。

ガンになってもまだ経皮毒を入れていると再発の原因にもなります。

経皮毒を避けるには、無添加の石けんをおススメします。

シャンプーはお湯で洗うだけのお湯シャンプーがおススメです。

においなどが気になる方は、シャンプーの代わりに無添加石けんをつかいます。

石けんで髪を洗うとギシギシしてしまうので、仕上げにお酢で髪の毛をさらさらにします。

リンスの代わりにお酢!!

洗面器にお酢を入れ、お湯で薄め、髪の毛に流すだけ

お酢の効果で一瞬で指通しもなめらかになります。

経皮毒は、女性は子宮に溜まると言われており、妊婦さんの羊水からシャンプーの匂いがするという産婦人科医の話もあります。

子どもたちにも影響を与えていることになりますね。

毎日のことだからこそ、とくにガンの方は経皮毒には要注意です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)