がん治しは愚かな自分に気付くことから

ガンの方からご相談を頂いていますが、共通する悩みがあります。

それは、心の葛藤です。

不安から抜けられない

定期的に襲ってくる恐怖感

恐れから起きる迷い

焦りから起きる苛立ち

理由のない孤独感

ガンを宣告された人なら一度は経験しているのではないでしょうか。

自分の愚かさに気付いた人はこの葛藤を糧にします。

自分の愚かさに気付かない人、気付いていても変えようとしない人は、さらに心は病み、体を蝕みます。

不安、恐れ、迷いから孤独感が強くなり、ときには被害者意識が過剰になり、さらに心の孤立が起きてしまいます。

悩み考え、良い選択をしたとしても、自分自身に責任を持たなければ、依存が始まります。

依存をすれば、自分を向上させるという意思も薄れ、常に精神は乱れます。

とらわれが強くなれば、頭で考え、正しいか、正しくないかだけにこだわるようになります。

この世の中で、絶対的に正しいもの、なおる保証があるものはないと私は考えます。

正しいものは人によって違うのです。

環境、性格、細胞が違うように、すべて正しいものも違うのです。

しかし、不安から安心材料を集めようとします。

なおると言って欲しい、大丈夫と言って欲しい、正しいと言って欲しい・・・

これが依存なのです。

そこに気付かない限り、いつまでたっても変わることはないでしょう。

安心は人から受けとるものではなく、自分がするべきことをして自分が自分に与えるものです。

ガンを克服したり、上手に共生している人は、自分を信じる訓練を積み重ねるといった自助努力があるのです。

ガンをなおせるのは自分自身でしかないことを知ること

愚かな自分に気付き、生き方を変えて初めて好転するのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

危険な食品より安全な食品を・・・

癌になって、初めて考えるようになった・・・とよく言われます。

クライアントさんからもよく相談を受けるのが食事です。

栄養を摂ろうと思って一生懸命、いろんなものを食べていたのに、実は食品添加物だらけだった・・・

がんになって初めて知り、驚く人も多いのです。

私たち日本人は、1日に数十種類の食品添加物を摂っているといわれています。

内海聡先生によれば、その数は1日で80種類以上になるとか・・・

すごい数です。

こんなにも摂っていたら、がんにもなりますね・・・

●日持ちをさせ、腐敗や変質を防ぐ

●味や見た目をよくする

●コストダウン

●栄養価を上げる

などの目的で、保存料、酸化防止剤、防腐剤、調味料、甘味料、着色料、酸味料、香料、乳化剤、膨張剤、増粘剤、栄養強化剤・・・など数えきれない多くの食品添加物が使われています。

特に怖いのが、海外では使用を規制されている食品添加物が日本では使用されています。

まさに日本は添加物王国になっているのです。

食品添加物は、組み合わせによって化学変化を起こします。

食品添加物のほとんどは石油精製物質で作られています

発ガン性の疑いが強いものがたくさんあります。

体に良いといわれる味噌やお漬物に至るまで、食品添加物が使われているものはたくさん

常温で置いていても発酵しない味噌

添加物が入っていませんか??

酒精 (アルコール) が使われていませんか?

お味噌は、酵母菌などの微生物の働きで発酵したものを容器に詰めて出荷します。

しかし、生きたままの菌を詰めると、発酵によって容器が膨れ破裂してしまうこともあります。

破裂を防ぐために、酒精(アルコール)を加え、菌の働きを抑えています。

だから、生きているお味噌ではないのです。

酒精の成分は醸造用のエチルアルコールと同じで、食品添加物に指定されています。

意外なところでも使われている食品添加物ですね。

色鮮やかな沢庵なども、着色料が使われているものが多くあります。

着色料は発ガン性が疑われますので、確認して購入することが大事ですね。

また、健康のために・・・と飲まれているサプリメントや健康食品にも食品添加物が使われているものが意外にも多くあります。

安定剤、酸化防止剤、防腐剤など、書いてあえいませんか?

体のためにと思い摂っているものが、逆に体に添加物をいれてしまっていることも・・・

体のことを考え、危険なものはやはり避けたいですね。

原材料、製造工程、原料の栽培状況など、自分でしっかりと確認して買われることをおススメします。

「確認する」 このひと手間が大切です。

私が毎日愛飲する・木樽熟成 蜂粋ゴールドプロポリスブーケ2

おすすめです!

http://www.qualitypro.jp/health-food

詳しくはこちらアップ

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

他者の目で自分を見つめてみる

うまくいかないとき

人が許せないと感じたとき

他者の目で自分を見つめてみる

相手の身になって考えてみると

日々は見えぬ自分の後姿が見えてくるものです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

筋肉とがんの関係

私たちの体の熱は筋肉からつくられています。

筋肉はからだ全体の45%を占めていると言われ、女性においては36%を占めています。

免疫力を高めるために欠かせない体温アップには筋肉が重要な役割をしてくれているのです。

この数字をみても分かるように女性に冷え性が多いのは、筋肉量が男性に比べ少ないからですね。

運動不足は筋肉量を低下せてしまます。

そして、体温を下げ、血流が不足し、老廃物の排出を妨げてしまうのです

現代は、便利な電化製品やネット環境の普及で筋肉を使うことが少なくなっています。

慢性的な運動不足が筋肉量を減らしています。

これも癌が増えた原因でしょう・・・

体を動かすことの重要性を感じます。

特に重要なのが下半身の筋肉です。

からだの筋肉の70%以上が下半身にあります。

だから体温アップには下半身を鍛えることがとても効果的といえるでしょう。

掃除のときも雑巾がけをしたり、エレベーターをつかわず階段を使ったり、日常生活においても意識的に体を動かすこと

ウオーキングだけでも良い運動ですが途中に階段をのぼるなど負荷をかけるのも良いですね。

そしてスクワットが非常に効果的です。

筋肉が少ない女性はスクワットが全く出来ない人もいます。

しかし毎日続けることで出来る回数が増え、自分でも筋肉の発達を感じることが出来るのは励みにもなると思います。

筋肉細胞は年齢に関係なく発達します。

そして筋肉を動かすことで消化も良くなり、胃腸にいつまでも食べものがある状態を避けることが出来るので、癌予防にもなります。

毎日のコツコツとした努力が免疫アップに繋がるのです。

プロポリスを飲んで、私も毎日スクワットをしています。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

乳製品依存には要注意

女性が好きなチーズやクリームなどの乳製品。

乳製品の摂取量が増えると→カロリーも高くなりますね。

焼いたチーズは香ばしく、たまらない美味しさですね。

想像しただけで食べたくなる人も・・・

実はこれが乳製品特有の依存性なのです。

そのなかでもチーズが最も依存性が高いと言われているのです。


チーズのなかの「カゼイン」というたんぱく質の一種が体内で消化される中で依存性のある物質を生成します。

そして、脳を刺激→多幸感をもたらしすことで、麻薬成分と同じような作用をするそうです。

 
また、小麦粉などに含まれるグルテンもチーズと同じように多幸感をもたらすと言われる食品のひとつですね。

小麦粉と一緒にチーズを使うピザ、パスタは依存性がさらに高くなりますね。

乳製品は腸のなかで腐敗しやすい食べものです。

腸は免疫機能の7割を担う臓器です。

腸が汚れれば、免疫力は低下します。

結果的に、腸を汚す食品は大腸がんのリスクだけではありません。

さまざまながんのリスクを高める原因にもなるのです。

とくに、乳製品は乳がん、卵巣がんなどのホルモンが関係している、がんのリスクが高まるという報告がたくさんあげられています。

乳製品依存かも・・・と感じたら要注意ですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

意志の強さがものごとを好転させる

克服・成功する人は

目標を細部に至るまで正確に

心のなかで描いています。

倒れても倒れても起き上がる

あきらめない不屈の精神

意志の強さがものごとを好転させるのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

右の乳がんは家族に感謝・左の乳がんは闘うことをやめる

がんの人から話を聞くと、大半の人が強いストレスを抱えていた、ストレスを感じやすい、などと言います。


●夫婦関係が悪く、ケンカが絶えない

●親との仲が悪く、寂しい

●人間関係が上手くいかず、傷ついている

●仕事が上手く回らず、休めない

●お金に追われて、不安が拭えない


8割以上の人が何かしらの心の悩みを抱えています。

それはつらく、しんどかったと思います。

 

ストレスが強いいうえに、がん宣告を受け、さらにストレスが上乗せされ、交感神経が緊張状態となっています。

 この状態のままでは、がん細胞は増殖するばかり、だから勇気を出して脱出して欲しいと思います。

私たちの体の中では、毎日数千~数万もの癌細胞が生まれています。


がんにならないのは→生まれてくるがん細胞を→リンパ球たちが→こまめに排除してくれているからです。


リンパ球の働きが弱くなり、がんになる細胞を排除することが出来なくなった人ががんになるのです。


がんを増やさないためには、リンパ球を増やすこと

そして、活性化する生き方をすることです。

心身のストレスは、交感神経を緊張させ、顆粒球を増やし、リンパ球を減少させます。


だから、まずは心身のストレスを軽減していくことが大切です。

 

●がんは怖い、治らないという潜在意識を取り払い生きていることに感謝して、許すこと

●自分のために体を休ませる勇気をもち薬ばかりに頼らないこと



右の乳がんは、特に家族に感謝する

左の乳がんは、闘う生き方をやめる

 

がんの原因である心身のストレスを取り除き→副交感神経を優位にしてリンパ球が増えれば→がんは自然退縮してくれるのです。


がんを攻撃することは、自分の体を攻撃しているのと同じ

さらに心身のストレスは強まるばかり

そして、交感神経過剰になります。


がん細胞も自分の大切な細胞です。

 

自分の体に感謝

がんにも感謝してみては・・・

 

感謝をすれば→細胞が喜び→活性化されます。

心が穏やかになれば→副交感神経が優位になり→リンパ球が増えます。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

 

ニラを活用して体を温める

『野菜の中で最も体を温める作用が強く、人体を益する』

中国最古の医学書と呼ばれる前漢の時代の書物にも書かれているニラの作用

ニラの薬効の高さは、昔から認められていたようです。

日本でも北海道や東北などの寒い地方では、体を温める作用あることから沢山

食されいます。

ニラにはβ-カロテンやビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、食物繊維、カルシウム、リン、鉄など、ミネラルがとても豊富でることや、造血作用のあるクロロフィルなどが多く含まれています。

だから、ニラは、冷え性回復だけでなく、疲労回復、整腸作用、消化促進、老化防止、ガン予防など本当にさまざまな効用があるといわれています。

クロロフィルには、コレステロールの抑制、血液サラサラ効果もあるとされています。血栓の予防に良いとされるアリシンという成分も含まれているねますので血行の改善に役立っています。

そしてニラの一番の注目点は、フィトケミカルです。

抗酸化力に優れており、がん予防に最も適しています。

またニラの食物繊維は、便通を促す強い作用があります。

便秘には良いようです。

これから気温が下がってきますのでニラを活用したいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

実践し続けた人が克服・成功を遂げた人

やると決めたら

逆境を恐れず

窮地に陥っても

信念を貫き

実践し続けた人が克服・成功した人たちです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ストレスを感謝に変えて、がんと上手に付き合う

現代に生きる私たちは、昔の人に比べると、非常に環境に恵まれています。

昔は、冷えや貧しさ、そして過酷な労働など、肉体的ストレスによって、がんなどの病気が起きていました。

しかし、今のがんの多くは、精神的ストレスが原因だといわれています。

精神的ストレスは、交感神経を緊張状態にします。

よって、リンパ球が減少し、がん細胞が増殖します。

どんなに体を温める環境があっても、がんに良い食材があっても、ストレスを抱えていたのでは、体を本当に癒してあげることは出来ません。

悩み、不安、不満・・・

どんなに悩んでも、どんなに思っても、状況は変わらない

それどころか、かえって体に害を与えます。

だったら、楽しんで生きませんか?

がんになって、不安で仕方ない

ですが、考えれば考えるだけ、体を傷めます。

がんをなおすためには、不安というストレスを捨てなければいけません。

ストレスがかかると呼吸は浅くなり、酸素が少なくなります。

低酸素は、がんの道

なかなか思え切れないかもしれませんが、生きているだけで有り難いと思ってみませんか?

不安を考えるより、今あることに感謝してみる

その方が、心が楽になります。

心が楽になれば、呼吸が深くなります。

そして酸素がしっかりと取り込まれます。

酸素がしっかりと入れば、がん細胞は生きにくくなります。

がんと心は繋がっていますね。

がんになったことで自分は不幸だと捉えるのか

がんになったことで自分の生き方を変える機会が出来たと捉えるか

かかってくるストレスはまったく違ってきます。

それどころか、感謝に変わってきます。

せっかく恵まれた環境にある現代ですから・・・

自分にとってプラスになる思考で、ストレスを感謝に変えて、がんと上手にお付き合いしたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)