糖質を抑え、腹7分目でミトコンドリア活性化

ガンは、低体温、低酸素、高血糖で起きる病です。

体温が低い人は、ミトコンドリアを活発に働かせることが出来ません。

ですから体温が低い人は体温が高い人に比べ、免疫力、排毒力、体内酵素の働きが著しく低くなります。

ミトコンドリアとは、体を動かすためのエネルギーをつくる大切なシステムであり、細胞分裂を抑制するとともに持続力があるので、ガンなおしには必要なシステムです。

ガン細胞の中では、ミトコンドリアの機能が低いとされています。

ガン細胞を修復させるには、機能が低下しているミトコンドリアを元気にさせることです。

ミトコンドリアは、食べ物からとり出した水素を酸素と反応させて、37℃以上の体温で大量のエネルギーをつくります。

つまりミトコンドリア系に必要な条件は、37℃以上の体温

そして、酸素です。

体温が高く、酸素をしっかりと摂り入れられるほど、ミトコンドリア系の働きが活発になります。

そして、少食であること

特に糖質の摂り過ぎはミトコンドリアの働きを抑えてしまいます。

若い時と同じように糖質をたくさん摂ってしまうと、ガン細胞の分裂が抑えられなくなります。

ガン細胞の分裂を抑えるのは、ミトコンドリア系です。

年齢と共に糖質の摂取を抑え、食事は腹7分目

体温アップを心がけ、意識的な深呼吸で全身に酸素を取り込んで健康を手に入れましょう。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
https://www.qualitypro.jp/

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

血行不良が病気を招く

ガンをつくる血行不良

自分でも感じることがあると思います。

それと同時に不調も感じるでしょう。

逆に、血行が良いと手足や頭の先まで血が通い、頭もさえ、体も軽くなります。

その原因は、冷えです。

身体が冷えると、血管も冷えます。

血管が冷えると、血液の通りを阻害されてしまいます。

血液がドロドロになってしまい、栄養も酸素もスムーズに運ばれなくなります。

同時に体に不要なものを外に排出することもできなくなってしまいます。

1950年代の調査で、36.89℃だった日本人の平均体温は、今では35℃台という人が増えています。

体温を自分で調整する機能が衰えているということです。

これでは、スムーズに酸素や栄養を運ぶことができません。

低体温、低酸素はまさにガンの道です。

この状態では、ガンもなおりません。

血流を良くするには・・・

体を温める

健康食品などを使う

運動をする

ストレスを回避する

健康食品をより効果的に使うには、体を温めた時に飲むことです。

体が温まっているときは、血液の流れも良くなっているので摂取した健康食品も血管の末端までしっかりと運ばれていきます。

また、じっとしていたり、同じ姿勢でいると筋肉が緊張し、血管を圧迫してしまいます。

当然、その部分の血流が悪くなり、筋肉に酸素が供給されず、 肩凝りなどの痛みが発生します。

これを回避するには、適度な運動です。

女性に多い手足の冷えも血行不良です。

解消するには、手足の運動が一番です。

手を胸の高さまで上げ、手首を動かさず、グーパーを20回を1日数回繰り返す。

簡単そうに見えますが、筋肉量の少ない人はこれが出来ないのです。

足も同じように、椅子に座り、足を持ち上げ足首を動かさず、指先だけを上下に動かす感覚で20回、これを1日数回繰り返します。

これだけでも血流が変わってきます。

健康食品飲む前後にするとより効果的です。

どこでも出来る運動ですから、早速始めてみませんか・・・
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
https://www.qualitypro.jp/

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

手足が冷える原因

低体温は、ガンなどさまざまな病気を招きます。

体温が1度下がれば免疫が30%下がるといわれるくらい体温は免疫機能と深く関わりをもっています。

体温が低い、手足が冷える一番の原因は筋肉不足

体の熱は筋肉で作られます。

私たちの体の筋肉は、7割以上が下半身に集中しています。

つまり下半身の筋肉を鍛えることで、効率よく体温を上げていくことが出来ます。

そして私たちの体は、寒くなると手足の表面の血管を細めて血液の流れを減らそうとします。

これは、血液をできるだけ内臓に集め、体を冷えから守ろうとするためです。

手足にも血液をしっかりと運ぶには、下半身の筋肉を鍛え、体温の底上げをすることです。

屋内でも出来るスクワットなどいいですね。

男性に比べ筋肉がつきにくい女性は特に、体温プラス4℃の湯舟でふくらはぎをしっかり揉んであげるといいでしょう。

ふくらはぎが温まると血液が流れだし、自然と足先が温まります。

また、強いストレスは筋肉を減少させてしまい、低体温を招いてしまいます。

ストレスによって分泌されるホルモンが、ストレスを緩和させるために、筋肉を分解してしまう現象が起きるからです。

筋肉を鍛えることに加え、ストレスを回避できる生き方をしたいですね。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

自ら熱を発する体でがん治し

毒だしには、下半身を鍛えることが重要になってきます。

有害毒素を排出しやすくするには、下半身を動かすことです。

運動をして、足が温まると血流が良くなり、体の毒素が下半身に移動し、体の外へ排出されやすくなります。

ガンの方は体温が低くい方が多く、血流が悪いため浄化機能が衰えています。

血流が悪くなると酸素の運びも悪くなり、低酸素の状態をつくってしまいます。

低体温、低酸素はガン細胞が好む環境ですから、この環境から脱出することがガンなおしの基本です。

特に女性はもともと筋肉量が少ないうえに、更年期時期に体温が急激に下がってしまうことがあり、低体温になりやすい体です。

お風呂に入って湯舟のなかで、ふくらはぎをマッサージして、リンパの流れを良くすることも効果的ですが、自ら熱を発する体づくりをしていくことが大切です。

体を鍛えるのに良い時間は朝です。

朝は、体温が一番低い時間です。

この時間に運動をすると、より効果的に熱を発する体づくりができます。

スクワットや階段を上がるなど、下半身をしっかりと鍛え、筋肉をつけていくと自然と体温は上がり、また体内の毒出しもスムーズにできるようになります。

同時に腹部の筋肉も鍛えると、便秘の解消にもなります。

便秘の原因のほとんどは筋肉量の不足です。

サプリメントや野菜を摂っても出ないといわれる方は、腹筋を鍛える運動をおススメします。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)