がんを治す食事・生野菜・根菜類のバランス・体温アップ

がんを治すには、体温を上げていくことが必須です。

食事は野菜が中心となりますが、野菜の摂り方が大切です。

酵素のために生野菜ばかりを摂るのは、逆に体温を下げてしまう可能性があります。

生野菜ジュースも葉菜類は体温を下げてしまう可能性があるので注意が必要です。

(※バナナなどの果物、豆乳も体を冷やすので注意)

生野シューズは、ニンジンなどの根菜類に生姜を使うと良いですね。

そして食事には、体を温める大根、レンコン、ごぼう、里芋など根菜類をとり入れることです。

土のなかで育った根菜類は体を温める性質があり、その他にもさまざまな効能があります。

酵素をつくる生野菜、体を温める根菜類

偏らず、葉菜類、根菜類、両方のバランスが大切です。

根菜類のなかでも毎日摂りたい野菜は、ごぼうです。

ごぼうの食物繊維は、腸を刺激し、繊維質が発ガン性物質を巻き込み、有害物質を排泄する働きがあります。

また植物繊維には、イヌリンという多糖類が含まれて、このイヌリンは腎臓や肝臓の機能を活発にしてくれます。

まさに、ごぼうは免疫力を増強するとして、中国では薬用として愛されています。

そして、ごぼう特有の歯ごたえは、噛むことで血流を促し、脳へも酸素をしっかりと運び、脳が活性化され、興奮した精神を鎮めるのにも有効と言われています。

噛むと天然の抗がん剤である唾液もしっかりと分泌されますね。

ごぼうのあく抜きは、長時間、酢水にさらさないことがコツです。

また、がんでない方は、野菜を中心に、魚や良質の肉などもバランスよく摂ることが体温、免疫アップの秘訣です。

そして、穀物も野菜も丸ごと食べること

お米丸ごと食べる玄米は、皮の部分にミネラルなどの栄養素がたくさん含まれています。

野菜も同じで、カルシウム、カリウム、マグネシウム、ビタミンなどの栄養素は、中身より皮の方がはるかに多く含まれていて、なかでもジャガイモの皮には、鉄分がお肉の17倍以上も多く含まれているそうです。

また、野菜の皮や茎・種などには、抗酸化物質であるフィトケミカルがたっぷり含まれています。

生野菜、根菜類のバランスをとりながら、安全な野菜を皮ごと丸ごと使うことをおススメします。

バランスのとれた栄養と、体を温め、明るく前向きな心で、自分の自然治癒力を高める生き方をすることが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

生理痛、おりもの、尿もれは子宮の冷え

生理痛で悩む女性がとても多くなっています。

生理痛だけでなく、大量のおりもの、若い女性の尿漏れ・・・

生理用品などなかった昔の女性は、月経を自分でコントロールしていたそうです。

腟に小さく丸めた綿をつめ、下半身をぎゅっと締めることで月経血が流れ出ないようコントロールすることができたと言われます。

勿論この綿は月経血を吸収させる現代のタンポンのような役目ではなく、月経血が流れ出ないための栓の代わりだそうです。

今の女性は便利な生理用品があり、月経血をコントロールする必要もないために、尿道、膣、肛門にかけての筋肉が緩んでしまっているのです。

筋肉が少ないと冷えを起こします。

子宮の冷えは、生理痛だけでなく、がんなどの病気を起こしやすくします。

また、おりものも食品添加物など、化学物質によって増えてきています。

不快なおりものには、おりものシートなどの生理用品を使います。

実はこの市販の生理用品こそが、化学物質でつくられているものがほとんどで、経皮毒によって多くの女性が子宮を冷やし、免疫を弱くしてしまっているのです。

おりものが多いと感じたら、添加物など、食生活も見直してみることをおススメします。

生理痛や尿漏れは子宮が冷えているかもしれません。

また筋肉が低下しているかもしれません。

これらが若い女性のがんを引き起こす原因になっていることを知り、改善して頂きたいと切に願っています。

私の愛用品はこちら

https://www.qualitypro.jp/health-food/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんであっても病人にならない・自分で治す

癌の三大療法は、抗ガン剤や放射線をつかって直接的にガンを攻撃します。

現代医学は、がん細胞は宿主が亡くなるまで、無限増殖し続けると考えます。

「毒をもって毒を制す」 という方法です。

これは、19世紀のヨーロッパの細胞病理学者ウイルヒョウの定義で成り立っています。

このウイルヒョウの定義は、200年間にわたり私達の中に固定観念として定着してきました。

そして、ほとんどの人がこの定義を基本とした療法を抵抗なく受け入れます。

しかし、がん治療をやってもやっても治らない、再発転移がとまらない、治らないどころか弱っていく

そんな声をよく聞きます。

それは、抗がん剤、放射線、手術で免疫機能が低下したことによって起きています。

今、三大療法に疑問や不信を持ち始めている人は少なくありません

そこで、化学療法を使わず、免疫細胞を活性化させ、癌を自然治癒させていく方法を選択する人も増えてきました。

自然療法とは、食事療法、温熱療法、気功や健康食品、運動療法、鍼灸、ヒーリングなどを使います。

免疫を上げ、NK細胞、ミトコンドリアを活性化することで、癌細胞の増殖を抑え、自己治癒力によって癌を自然退縮させていきます。

自然療法は、がんという塊だけにとらわれるのではなく、からだ全体、そして心をきれいにしていきます。

がんになった原因を取り除くことで、落ちていた免疫を上げ、低い波動を高くしていきます。

そして、癌細胞が住みにくい体づくりによって、がん細胞に自ら消えていってもらうのです。

つまり・・・

『がん治しは生き方治し』

ですから、病院治療とは違い、自宅で自分で治していきます。

病院では治療がもう出来ないといわれた末期癌の方でも、自助努力によって免疫を上げ、がん細胞の増殖を抑え、自然退縮させた方はたくさんいらっしゃいます。

がんであっても病人にならない

人間らしく、豊かな心で、美しくありたいと思います。

どれを信じるか、どの方法を選ぶか・・・

自分自身です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

乳がん・ホルモン療法の副作用

若い方の乳がんが、どんどん増え続けています。

乳がんでのご相談は、30代〜40代に方が特に多くなっています。

この世代は、ガン細胞も非常に活発です。

しかし20代の人に比べると免疫力が下がっているため、癌が一番 進行がしやすい年齢になります。

乳がんの治療には、手術、放射線、抗ガン剤のほかにホルモン療法があります。

ホルモン受容体陽性の乳がんはホルモン療法をします。

閉経後、閉経前に関わらず使うタモキシフェン

タモキシフェンは、エストロゲンの働きを抑える働きをします。

同時に、女性ホルモンとよく似た作用をするため子宮筋腫・子宮内膜がんのリスクが高まるといわれています。

抗がん剤治療はしたくないので断り、代わりにホルモン療法をしています、と最近はよく聞きますが、実はホルモン療法も抗ガン剤と同様に体に大きな負担をかけています。

タモキシフェンは、抗悪性腫瘍剤、つまり抗ガン剤の一種なのです。

ホルモン剤ノルバデックスを服用している人は、服用していない人に比べ子宮内膜ガンになる確率は約2~3倍増えると言われています。

ホルモン剤であっても、抗がん剤と同じように二次発がんする可能性があることを知っておく必要があります。

二次発がんとは再発転移にあたるものです。

二次発がんは急速に癌細胞が増殖します。

二次発がんの可能性を考え、抗酸化物質を摂るなど積極的に防止していくことを強く言います。

バランスのとれた栄養で体を温め、明るく前向きな心が、がん治しの秘訣です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治しでつまずかないために

女性のガンが増えたわけ・・・

女性は男性に比べ、甘いものが好きな方が多いですね。

これもガンが増える原因のひとつです。

糖分は、血液をドロドロに汚し、細胞を酸化させてしまいます。

その結果、血流が悪くなり、ガンが増殖しやすい環境である低体温をつくっていきます。

また、体内にあるガン細胞は、ぶどう糖を栄養として増殖します。

このことがわかりやすいのが、PET検査です。

放射線物質とからませ、撮影すると白く光るという原理

検査の際、ブドウ糖を流し、ブドウ糖が集中した場所が、ガンとして診断されます。

ガン細胞が、糖を好むことがよくわかります。

糖分は、ガン細胞のエサになるだけでなく、正常な細胞も破壊させやすく、細菌の感染、アレルギーなども引き起こしやすくします。

そして、ガンになり、ストレスをさらに感じやすくなり、今まで以上に甘いものを食べてしまう方も・・・

甘いものを食べれば気持ちが落ち着きますね。

これが砂糖の持つ依存性です。

ストレスがかかると、砂糖なしでは落ち着けない体になっていき、心も体も狂わせてしまいます。

そして、いずれは甘いものでも落ち着かなくなり、薬を飲む羽目になります。

薬は、さらにガン細胞が増殖しやすい環境をつくってしまいます。

では、どうしたら良いのでしょう・・・

ストレスをつくっているのは、自分自身

他人のせいになっていませんか?

ストレスは心の持ち方ひとつです。

なにかにとらわれていませんか?

「こうでなければならばい」

「普通はこうである」

このように勝手な常識に自分を当てはめていませんか?

ガンなおしで、つまずくのはストレスです。

ストレスをつくらないためには、常識からの打破が必要です。

常識にとらわれず、自分なりの新しい価値観を構築すること

すると、ストレスは消え、悩んでいた時間が勿体ない時間であったと感じます。

その時間、気付かないところで自分の体を痛めつけています。

心の持ち方・ものごとの捉え方を変えてみませんか?

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

口呼吸の人はがんになりやすい

口呼吸していませんか?

口呼吸の人は、ガンになりやすい人です。

・無意識な状態でいると口が開いている

・いわゆる出っ歯

・噛み合わせが悪く、受け口

・朝起きると口のなかが乾いている

・食事のとき、不快な音をさせる

・唇が渇きやすい

・鼻炎、中耳炎などの耳鼻科系が悪い

思い当たるものがあれば、口呼吸の可能性は大です。

なぜ、口呼吸だとガンになりやすいのか・・・

口呼吸は不自然な呼吸だからです。

哺乳類の中で口呼吸をするのは人間だけ

ガンは、不自然な生き方から起きる病気

だから、不自然な呼吸はガンをつくります。

口呼吸は、人間が言葉を発するようになったために起きた欠陥だとも言われています。

口呼吸をすると、何が起きるのでしょう・・・

口呼吸をすると、細菌やウイルス、感染物質などが必要以上に入ってきて、扁桃腺、アデノイドなどのリンパ輪を痛めてしまいます。

扁桃腺やアデノイドなどのリンパ輪は、口呼吸によって傷つけられると、免疫システムが誤作動を起こし、免疫異常に陥ります。

『すべての病的現象はこのリンパ輪の感染に始まる』 (ワルダイエル博士)

特に悪性リンパ腫、白血病は、口呼吸と深い関連があるようですね。

免疫システムが誤作動を起こすと、当然、さまざまな臓器にも影響が出てきます。

つまり、口呼吸は、免疫を低下させてしまい、病気を引き起こす

免疫を高めるためには、本来の鼻呼吸に戻すことです。

口呼吸を改善して、病気を改善した例はたくさんあります。

このようなことを、知るのと知らないのとでは随分違いますね。

生活のなかで、少し意識をするだけでも変化は出てきます。

口呼吸から鼻呼吸になおす方法は、いろいろあります。

毎日の実践が大事になってきますね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

入浴タイムは細胞が喜ぶ

毎日のお風呂タイムは、ガンなおしの貴重な時間です。

暑いから、シャワーで済ませている

そんなことはありませんか?

お風呂にに入ると、、気持ちが良くて、ホッとする感覚になりますね。

この瞬間、副交感神経に働きかけています。

そして、お風呂の温かさによって血管が広がり、血流が良くなります。

血流が良くなると、酸素と栄養の運びもスムーズになり、内臓の動きが活発になります。

腎臓、肝臓、腸の動きが活発になると、老廃物の排出が促されます。

つまり、心身共に癒される時間なのです。

体温が36℃未満の人は、40℃前後

体温が37℃近い人は、41℃前後

体は、今のままの体温をキープしようとするので、汗など、老廃物が出るまでに少しの時間が必要です。

リラックスして、じっくりと入浴することをおススメします。

この時間くらいは、ガンであることを忘れ、無になってみるのも良いでしょう。

私は、時々、いつもより少し熱めのお湯に入ります。(毎日だと細胞が慣れてしまうので)

これは、熱ストレスで細胞を修復させたり、悪い細胞のアポトーシス(細胞死)に働きかけてくれるからです。

少し熱めのお湯で入浴すると、舌下体温が38℃を超えています。

体調に合わせながら、無理がないように入浴するといいですね。

大事なことは、考えない、悩まない

リラックスです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん細胞の修復・睡眠中の代謝を上げる

体温を下げない食事の仕方とは・・・

冷たいもの、体を冷やす食品は避けること

そして寝る3時間前には済ませることです。

食べた物は酵素によって消化され、必要な栄養分が腸管から吸収されます。

胃で消化にかかる時間は、およそ3時間

炭水化物、タンパク質、脂質の順に消化されていきますが、この間、血液は胃に集められます。

特に冷たいもので胃が冷えてしまうと、胃を守りための体の防御機能が働き、全身の血液が一気に胃に集まってきます。

その間、腎臓、肝臓、脳、心臓などは、血液が不足した状態になっています。

血液が不足すると、体温が低下し代謝機能が落ちます。

体温が低下すると老廃物などの排出がスムーズにできなくなり、癌などの病気を引き起こしてしまいます。

とくに睡眠中は、体温が下がりやすくなります。

明け方は日中に比べて1℃近くさがってしまいます。

日中の体温が36℃なら、睡眠中は35℃になっているかも・・・

35度台はがん細胞が活発になってしまいます。

胃の中に食べ物があると、さらに体温は下がってしまいます。

睡眠中は、代謝機能が最も働く大切な時間です。

代謝を上げていくためには体温が必要

睡眠中も体温を落とさないよう、胃の中のものは消化してから睡眠に入るよう気をつけたいですね。

大自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ミトコンドリア活性化・がん自然退縮へ

がんはミトコンドリアがダメージを受けことできます。

私たちの体は、エネルギーを作るために解糖系とミトコンドリア系といった2つのシステムを使い分けています。

年齢、生き方によってどちらのシステムを使うかが決まってきます。

酸素を必要とせず低体温でも、糖質から素早くエネルギーを作り出す、解糖系

酸素と体温を必要とし、深部体温37.5℃で効率よくエネルギーを作り出す、ミトコンドリア系

通常は年齢と共に、細胞分裂が盛んな解糖系優位から細胞分裂を抑制するミトコンドリア系に移行していきます。

目安は、50歳でミトコンドリア系に切り替わることです。

しかし、何歳になっても細胞分裂が活発な解糖系を使っていると、毎日生まれてくるがん細胞は抑制されることなく活発に分裂してしまいます。

がん細胞の中では、細胞分裂を抑えてくれるミトコンドリアの機能が低下していることがわかっています。

ですから、がんを治すには細胞分裂を抑制するミトコンドリア系優位であることが大切です。

ミトコンドリアを優位にするには、少食であることです。

そして、このミトコンドリアをしっかりと働かせるには、37℃以上の深部体温と酸素が必要になってきます。

深部体温とは、体の中心部の体温のこと(舌下の温度が深部体温の目安になります)

酸素は腹式呼吸が最も効果的です。

そして、細胞分裂をする解糖系を使わないためにも糖質を避けることです。

がん細胞は正常細胞の5倍から20倍のブドウ糖を栄養としています。

体内からブドウ糖がなくなると、がん細胞は分裂増殖できなくなります。

糖を断つことで、がん細胞をアポトーシス(細胞の自殺)に導き、短期間で癌が自然退縮させた人もいます。

低体温、低酸素、高血糖の状態が癌細胞を増殖させてしまう環境なのです。

体温は低くないのになぜ、がんになったのかしら・・・と言われる方がいらっしゃいます。

いくら体温があっても酸素が足りなければ、ミトコンドリアが働けていないのでがん細胞は分裂をしてしまうのです。

体内でミトコンドリアが活動しやすい環境を整える

低体温、低酸素、高血糖の状態を解消することが、がんが自然治癒する道なのです。

体を温め、前向きに心でリラックスし、糖を必要な栄養素に変換できる体をつくること

バランスのとれた栄養で体温を上げ、明るくおおらかな心で過ごしていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治しに必須の栄養・腸内環境できまる

がん治しにビタミンは必須です。

しかし、現代の食品事情では、日々の食事だけでは、がん治しに必要なビタミンが摂取出来ないのが現状です。

そこで、みなさん何かしらの健康食品やサプリメントを摂られています。

自然治癒力によって、がんを自然退縮させた方の共通点でもあります。

ビタミンにはそれぞれの作用があります。

ビタミンが欠乏すれば、それぞれの作用に対した障害がおこるということです。

だから、健康であるためには、これらのビタミンの十分な補給が必要になります。

しかし、腸内環境が整っていなければ、どんなに必要なビタミンを補給しても残念ながら上手く作用出来ないのです。

実は、健康な人の体内でビタミンが適度な状態になってるのは、腸内細菌のおかげなのです。

体温がしっかりとある健康な人の腸内細菌は、栄養成分の吸収を必要に応じて促進したり、抑制したりしてコントロールしています。

つまり栄養は、バランスの良い摂取だけでなく、腸内細菌の状態によっても変わってきます。

腸内環境が良ければ、補給したビタミンの作用は表れ、腸内環境が悪ければ、ビタミンの作用は抑制されます。

腸内環境を壊しやすい食品は、肉、卵、乳製品などの動物性食品、そして砂糖です。

特にスイーツ、パン、そしてチーズ、牛乳、バターを使う洋食好きな女性は、腸内環境が壊れやすくなります。

必要な栄養素をバランスよく健康食品などで摂ることも大切ですが、よりよく活用させるために、同時に腸内環境を整えていくことをおススメします。

バランスのとれた栄養と、体を温め、明るく前向きな心で、自分の自然治癒力を高める生き方をすることが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)