血行不良が病気を招く

ガンをつくる血行不良

自分でも感じることがあると思います。

それと同時に不調も感じるでしょう。

逆に、血行が良いと手足や頭の先まで血が通い、頭もさえ、体も軽くなります。

その原因は、冷えです。

身体が冷えると、血管も冷えます。

血管が冷えると、血液の通りを阻害されてしまいます。

血液がドロドロになってしまい、栄養も酸素もスムーズに運ばれなくなります。

同時に体に不要なものを外に排出することもできなくなってしまいます。

1950年代の調査で、36.89℃だった日本人の平均体温は、今では35℃台という人が増えています。

体温を自分で調整する機能が衰えているということです。

これでは、スムーズに酸素や栄養を運ぶことができません。

低体温、低酸素はまさにガンの道です。

この状態では、ガンもなおりません。

血流を良くするには・・・

体を温める

健康食品などを使う

運動をする

ストレスを回避する

健康食品をより効果的に使うには、体を温めた時に飲むことです。

体が温まっているときは、血液の流れも良くなっているので摂取した健康食品も血管の末端までしっかりと運ばれていきます。

また、じっとしていたり、同じ姿勢でいると筋肉が緊張し、血管を圧迫してしまいます。

当然、その部分の血流が悪くなり、筋肉に酸素が供給されず、 肩凝りなどの痛みが発生します。

これを回避するには、適度な運動です。

女性に多い手足の冷えも血行不良です。

解消するには、手足の運動が一番です。

手を胸の高さまで上げ、手首を動かさず、グーパーを20回を1日数回繰り返す。

簡単そうに見えますが、筋肉量の少ない人はこれが出来ないのです。

足も同じように、椅子に座り、足を持ち上げ足首を動かさず、指先だけを上下に動かす感覚で20回、これを1日数回繰り返します。

これだけでも血流が変わってきます。

健康食品飲む前後にするとより効果的です。

どこでも出来る運動ですから、早速始めてみませんか・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)/

頭寒足熱するには血液の流れを良くすることから

ガン患者さんの多くは、【頭熱足寒】 になっています。

字の通り、頭部に熱がこもり、うっ血しています。

つまり、頭がのぼせている状態です。

逆に、足が冷たくなっています。

ふくらはぎは、第二の心臓とも言われ、ふくらはぎで血液を押し上げています。

大切な第二の心臓が冷えると血液の流れが悪くなり上手く循環しなくなります。

血液を循環させるには筋肉が必要です。

つまり筋肉不足が冷えを起こします。

また、外的な冷えは筋肉を衰えさせてしまいます。

この冷えが、やがて全身の冷えとなり、低体温の体になっていきます。

乳房は、脂肪が多く、しかも突起しているため非常に血流が悪く冷えています。

子宮ガン、乳ガンは、やはり冷えが原因ともいえるでしょう。

本来は 【頭寒足熱】 であるべきです。

頭寒足熱の医者いらず、と言われるくらい手足を温めることは大事なことです。

そのためには、下半身を鍛えること

下半身の筋肉を鍛えると、血流がよくなり全身に酸素と血液がしっかりと巡っていきます。

すると、足は温かくなり、全身の体温も上がっていきます。

体温が上がると、体内の毒素の排出もスムーズになります。

ガンは、酸素と体温を嫌う性質です。

しっかりと体温を上げ、全身に酸素を送ることが、ガン予防、ガンなおしに繋がっていきますね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ミトコンドリアでがん細胞の分裂を抑制

体を動かすためのエネルギーをつくるシステムは、ミトコンドリア系と解糖系という2種類のものがあります。

この2種類のシステムが、バランスをとりながら私たちは年齢を重ねていきます。

どちらのシステムを主に使っているのかで体の状態や免疫力が変わってきます。

このシステムの使い方を間違えたり、バランスを崩したりすると、ガンを引き起こしてしまいます。

ガンになったら、自分が使っているシステムを年齢に似合ったシステムに戻してやらなくてはいけません。

解糖系の特徴は、細胞分裂しやすく、瞬発力に使われます。

急なエネルギーが必要な時に、血液中のブドウ糖を細胞内に取り込んで瞬時のエネルギーをつくります。

20歳までは、しっかり食べて活力をつけ、激しい運動が出来る解糖系のシステムを使って生きています。

上皮細胞、骨髄細胞、骨格筋、精子などの分裂の盛んな細胞は、解糖系システムからエネルギーをもらっています。

解糖系は、糖を必要とし、低酸素、低体温の環境でもしっかり働いてくれます。

一方、ミトコンドリア系の特徴は、細胞分裂はしにくく、持続力に使われます。

50代からは、長生きのためのゆっくりシステムであるミトコンドリア系で生きていきます。

非常に効率の良いエネルギーで、解糖系の18倍のエネルギーをつくることが出来ます。

ミトコンドリア系は、細胞分裂を抑え、ガン細胞の分裂も抑えます。

20歳までは、瞬発力、細胞分裂をする解糖系

20歳から40代までは、解糖系メインでありながらも、2つのシステムを調和させながら生きる時期

50代になると更年期に伴い、エネルギー生成を解糖系からミトコンドリア系に切り替えていきます。

更年期を迎えても解糖系でエネルギーをつくっているとガンなどの病気になってしまいます。

このシステムの切り替えに大切なことは、少食です。

若い時と同じように食べていると、いつまでも解糖系でエネルギーをつくり続けてしまい、ガン細胞の分裂が抑えられなくなります。

ガン細胞の分裂を抑えるのは、ミトコンドリア系です。

年齢と共に糖質の摂取を抑え、少食を心がけ、システムをミトコンドリア系に移行していかなくてはいけません。

そして、ミトコンドリアをしっかりと働かすために、絶対に忘れてはいけないことがあります。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

体の冷えの原因は運動不足?

からだが冷えていませんか?

下半身が冷えていませんか?

手足が温かいのと、手足のほてりは違います。

体温が低いのに手足がほてる人

それは、体の熱が手足を通して外に逃げているからです。

その他、手のひらが赤い・生理不順・痔・下肢静脈瘤(血管のぼこぼこ)・浮腫みがある人は、からだが冷えている可能性があります。

冷えから体温低下が起きると、臓器の働きが悪くなるだけでなく、細胞、すべての代謝が悪くなります。

そして、静脈の小さな毛細血管の流れが滞り、さまざまな症状が表れてきます。

神経痛や肩凝り、頭痛、動悸などです。

お風呂や食事などを気を付けているのに冷えがなおらない、という方も・・・

とくに女性に多いですね。

その原因の多くは、運動不足にあります。

とくの下半身の運動不足です。

運動をして、足が温まると血流が良くなります。

足は心臓から遠いため、血液を送るために、ふくらはぎがポンプの役割をしてくれています。

足の筋肉が衰えると、ポンプの正常な役割が果たせなくなり、血液が隅々まで運ばれなくなります。

ですから、下半身の筋肉を鍛えることが大切です。

筋肉が鍛えられると、血流も良くなり体温も上がっていきます。

そして、血流がよくなると、体の毒素が下半身に移動し、体の外へ排出されやすくなります。

歩いたり、階段を上り下りしたり、また椅子座ったままでも足を持ち上げ上下させる運動など、自分の体調や環境に合わせ、考えてしてみると良いですね。

とくにガンの方は、体温が低く血流も悪く、浄化機能が衰えがちです。

運動に加え、湯舟のなかでふくらはぎをマッサージするなども良いでしょう。

この冷えを見逃してしまうと、ガン以外にも心筋梗塞や脳梗塞など、一瞬で命を奪うようなことにもなりかねません。

運動不足と体の冷えの関係・・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

子宮の冷えと癌・生理用品との関係

女性の生理用品が子宮を冷やしているかもしれません。

多くの生理用品は、月経血や尿を吸収するために高分子ポリマーが含まれています。

高分子ポリマーとは、水分を吸収して漏れないように凝固させるためのものですが、大変な有害化学物質といわれています。

これは、発熱時などに使用する冷却シートと同じしくみになっています。

つまり冷却シートと同様に、生理用品で体を冷やしていることになります。

子宮は、袋状の臓器であり冷えやすい場所です。

そして、多くの生理用品は、塩素系漂白剤を使用しています。

膣は経皮毒をとても吸収しやすい場所です。

毎日おりものシートをつけていれば、高分子ポリマーで子宮を冷やし、塩素漂白剤で毒素を吸収していることになりますね。

これは、女性の生理不順や生理痛にも関係してきます。

特におりものシートは24時間365日使っている人がいます。

この状態が長く続くと、ガンなどの病気を引き起こしてしまうのです。

子宮ガン、卵巣ガンの方は、おりものシートを長い期間毎日使っていたとよく言われます。

子宮の冷えは下半身の冷えを招きます。

下半身が冷えると、解毒機能が低下してしまいます。

解毒機能が低下すると、子宮ガン、卵巣ガン以外のガンも誘発させてしまいます。

子宮を冷やさないよう、女性は生理用品にも気を配りたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

胃の温度が下がるとがんになる?

お風呂上りには、つい冷たい飲み物、冷たい食べ物が欲しくなりますね。

この冷たい飲み物を飲むと胃の温度が一気に下がります。

5℃~7℃は下がると言われています。

つまり、内臓を冷やしてしまうということです。

冷たいのもが胃に入ると、冷えた胃を守ろうとする体の防御機能で、全身の血液が胃に集まってきます。

体を常に正常に保とうとする機能は素晴らしいですね。

ですが・・・

この冷えた胃の温度を、正常な温度に戻すまでには4~5時間もの時間がかかります。

全身の血液が胃に集められている4~5時間

他の器官はいったいどうなっているかといえば・・・

怖ろしいことに、腎臓、肝臓、脳、心臓などは、血液が不足した状態になっています。

数時間もの間、腎臓、肝臓が血液不足になると、当然、代謝機能が落ち、老廃物などの排出がスムーズにできなくなります。

そのため、体内に毒素が溜まっていきます。

胃を冷えて起きる病気は、胃ガンなど胃の病気だけとは限らないのです。

胃を冷やすことで、排出機能が正常に働かなくなり、摂った水分が体に溜まってしまい 『水毒』 となります。

特にこの季節は冷たいものだけでなく、食事の時にも多めの水分を摂ってしまいがちですね。

食事の時に水分を摂りすぎてしまうと、胃液が薄まり、食べたものが消化されるのに時間がかかるようになります。

胃腸に食べ物がいつまでも残っていると、ガンをはじめとするさまざまな病気の原因にもなります。

水分を摂るタイミングも大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                  女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんの原因である低体温、低酸素からの脱出

ガンは、生き方の偏りがつくった病

働き過ぎ  ⇔ リラックスし過ぎ

頑固過ぎ  ⇔ 人が好過ぎ

神経質過ぎ ⇔  無神経過ぎ

この偏り・過剰な生き方は、心と体に大きなストレスをかけています。

ガンになった現在も、このように偏った生き方をしていませんか?

ガンになり、自然療法を始めると、さまざまな取り組みで神経が過剰になる方がいらっしゃいます。

また、心配し過ぎを通り越し、異常な不安感、恐怖感に常に襲われている方もいらっしゃいます。

このような神経過剰状態は、血行を悪くし、体温が低下させてしまい、さらには呼吸までもが浅くなります。

こうやってつくられる低体温、低酸素の体は、正常な細胞が生きにくい環境となっていきます。

しかし、そんな過酷な状況化であっても、細胞は私たちの体で何とか生き延びようとします。

低体温、低酸素という、最悪な環境下であっても、それに適応するための細胞がつくられるのです。

それが、ガン細胞です。

宿主である私たちが、この低体温、低酸素という環境を変えない限り、ガン細胞はそのまま生き延び続けます。

ガン細胞を正常細胞に戻すには、偏った生き方を見直すこと

低体温になった原因が必ずあります。

低酸素になった原因が必ずあります。

まずは、原因を探ることが必要

強い恐怖に襲われたり、無理をした生き方をしていると交感神経が緊張状態になります。

私たちの体は、交感神経が緊張状態になると、アドレナリンを分泌し、血管が収縮してしまいます。

すると、ミトコンドリアの機能を低下されてしまいます。

ミトコンドリアは細胞分裂を抑制する、とても大切な働きをしています。

つまり、ミトコンドリアの少ない細胞は、分裂をし、ガンになりやすい

逆に、ミトコンドリアの多い細胞は、分裂できず、ガンにならないということです。

ガンなおしには、ミトコンドリアの働きが不可欠です。

このミトコンドリアをしっかりと働かすには、一定以上の体温と酸素が必ず必要

どちらか一方が欠けていてもミトコンドリアは働きません。

低体温、低酸素からの脱出

そして、ガン細胞の分裂を抑えるために、ミトコンドリアを増やすための工夫をしていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

感染症とがんの関係は子宮の冷えから・・・

女性の悩みであるカンジダ膣炎

カンジダ菌が膣に侵入し、異常増殖したことで起こる感染症のひとつです。

免疫が低下すると起きやすくなります。

また、何度も繰り返します。

このカンジダ膣炎の原因のひとつには、冷えが関係していると考えられます。

女性の骨盤内は、子宮や卵巣、尿道や膀胱、直腸などが多くの器官がぎっしりと入っているため、男性に比べ血液が滞りやすくなっています。

血液の循環が悪くなると、細胞に栄養や酸素の供給が悪くなり、老廃物を排出することが難しくなります。

老廃物が溜まると体に大きな負担となり、抵抗力も著しく低下します。

全身の血液の循環不良の加え、女性は物理的な要因からおきる骨盤内の冷えが想像以上に起きているのです。

カンジタ膣炎になるということは、子宮が冷えている証拠です。

それに加え、女性の生理用品が子宮を冷やしている可能性も・・・

多くの生理用品は、月経血や尿を吸収するために高分子ポリマーが含まれています。

水分を吸収して漏れないように凝固させる高分子ポリマーとは、大変な有害化学物質といわれています。

これは、発熱時などに使用する冷却シートと同じしくみになっています。

つまり冷却シートを当てていることになります。

特に、子宮は袋状の臓器であり冷えやすい場所です。

毎日おりものシートをつけていれば、高分子ポリマーで子宮をずっと冷やしていることになります。

子宮ガン、卵巣ガンの方の大半は、おりものシートの愛用者です。

そして、子宮ガン、卵巣ガンの方のほとんどの方はカンジタ膣炎に悩んだけ経験をお持ちです。

冷えの影響を受けるカンジタ膣炎と、冷えから起きるガンはまさに連動していますね。

体の表面の温度だけでなく、内臓の温度も目を向けてみるといいでしょう。

まずは、安全な生理用品を使うことをおススメします。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

病気を招く砂糖の怖さ

精白食品の代表的な食品である白砂糖

白砂糖は、苛性ソーダや硫酸など様々な化学物質を使用して製造されています。

これらは、結構な劇薬と思われますが、普通に使用されています。

砂糖は酸性食品であり、大量に体内に入ると、中和するために体内のミネラル分が使われます。

なかでも、白砂糖は、カルシウムをほとんど含んでいないため、体内の骨や歯を溶かしてカルシウムを奪っていくのです。

そして、砂糖をたくさん摂るとビタミンB1欠乏症になります。

ビタミンB1欠乏になると、鬱や記憶障害、貧血、呼吸器、心疾患などさまざまな病気の要因となります。

ちなみに三温糖であっても同じです

三温糖は、白砂糖でとった残りの蜜を煮詰めて、カラメルにしたものです。

カラメルは、体内で尿素系の化学物質を作り出し、運動機能・学習機能の低下、運動意欲・学習意欲の低下といった症状を引き起こすと言われています。

砂糖を大量に使ったお菓子は気をつけなければいけませんね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

低血圧のがんへの影響

血圧が上がれば、脳出血を防ぐために血圧を下げる薬を飲む

血圧を下げたことで増えた脳梗塞

血圧が下がり、血流を悪くさせ、血栓をつくる

血栓症の薬を飲んでいる人も多いですね。

そして、増えたガン

血圧を下げることに注目してきた結果です。

高血圧は、値だけで治療の対象となり、血圧を下げます。

そして、年齢に合わない低血圧状態をつくります。

そこで起きてくる問題が、ガンの原因になります。

血圧が下がれば、血流が停滞し体が冷えてきます。

体が冷えれば、ガンをはじめとする様々な病気を引き起こしてしまいます。

低血圧が増えた原因のひとつに、塩分不足が言われています。

塩分がなければ、血圧が下がり、体温も下がってきます。

ガンは、体の冷えと、血液の汚れから起きる病気です。

体温が1度下がると免疫は30%も落ちると言われています。

暖房器具がなかった昔や、寒い地方の食事はどうでしょう。

味噌汁、漬物、梅干しなど塩分の多いものを摂り、体を温めてきました。

私たちの血液は、海水の濃度とほぼ同じといわれています。

つまり、塩分は生命活動にはなくてならないものなのです。

血液が薄くなったのが、低血圧や貧血ですね。

塩分が不足すると、血液が正常に循環されにくくなります。

塩分が無ければ筋肉も働きません。

そして、気力もなくなり、頭も働かなくなります。

塩分は、生命を活性化させる命の源

質のよい塩を、上手に活用していく

ミネラルが68種類以上入った自然塩をおススメします。

間違っても加工塩は摂らないよう気を付けてくださいね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)