免疫を上げてカンジタ菌を増やさない

多くの女性の悩みであるカンジダ膣炎

カンジタ膣炎はカンジダ菌が膣に侵入→異常増殖したことで起こる感染症のひとつです。

免疫が低下すると起きやすくなり、何度も繰り返します。

このカンジダ膣炎の原因のひとつに、体の冷えが関係していると考えられます。

女性の骨盤内には、子宮、卵巣、尿道、膀胱、直腸などが多くの器官がぎっしりと詰まっているため、男性に比ると血液の流れが滞りやすくなっています。

血液の流れが悪くなると、細胞への栄養や酸素もいきわたりにくくなり、老廃物を排出することが難しくなってしまいます。

老廃物が体に溜まると体に大きな負担を与え、免疫力が低下します。

全身の血液の流れが悪くなり更に、女性は物理的なことが原因でおきる骨盤内の冷えが考えている以上に起きています。

カンジタ膣炎になるということは→子宮内が冷えている証拠、そして気が付かないうちに生理用品で子宮を冷やしている可能性も・・・

販売されている、多くの生理用品は、月経血や尿を吸収するために高分子ポリマーが含まれております。

高分子ポリマーは、大変な有害物質と言われています。

これは発熱時などに使用する冷却シート(額などに貼って使う)と同じしくみになっており、高分子ポリマーを含む生理用品を使うということは冷却シートを当てていることになります。

特に子宮は袋状の臓器であり冷えやすい場所。

毎日おりものシートをつけていれば→高分子ポリマーで子宮をずっと冷やしていること

子宮がん、卵巣がん患者さんの多くは、おりものシートの愛用者しています。

そして、ほとんどの方がカンジタ膣炎を経験していまあす。

冷えが影響するカンジタ膣炎と、冷えが原因で起きるがん

まさに連動していますね。

体の表面の体温だけでなく、内臓温度も気にしてみるとよいですね。

安全な生理用品を使い下半身をしっかり温めたいですね。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

内臓温度を上昇させ、溜まった毒素を排出する

お休みの間は食べ過ぎや飲み過ぎ・食生活が乱れがちになります。。

食べ過ぎや飲み過ぎは、内臓温度を低下させてしまいます。

体温が1度低下したら→免疫力は30%低下してしまいます。                    

がん細胞は体温が35度台で動きが活発になり増殖します。

それに加えて、食べ過ぎや飲み過ぎは体の中に毒素を溜めてしまいます。

内臓温度が低下していると、体の中の毒素を排出する力も低下してしまいます。

毒素が溜まれば→がん細胞も増殖します。

このように食べ過ぎや飲み過ぎは、負のスパイラルを引き起こす原因になるのです。

食べ過ぎない飲み過ぎない、ほどほどの食事で腹7分目を心掛けて内臓温度を上げることが大切です。

内臓温度が上がれば→排毒機能も上昇し、免疫力も数倍になります。

冷え切った内臓の温度を上げるには、白湯が好ましく、消化に負担をかけず、内臓を温めてくれます。

白湯は→血液の流れを促し→代謝をアップさせる→体温は自然と上がってきます。

免疫力のアップにとても適している飲み物ですね。

排毒機能を上昇させ、特に女性にとっては、冷え症や浮腫み、便秘の改善にも効果的なのです。

内臓が温まることで→胃腸の働きも活性化され→消化や分解が促され→老廃物の排泄もスムーズになります。

白湯を飲む時間も大切です。

最も排毒効果が上昇するのは朝一番の白湯です。

起きたら、まずはトイレ(小)に行き→溜まった毒素を出します。

そして熱すぎず、飲みやすい温度の白湯を飲み、内臓を温めます。

毒素が気になる、体温が低い、血流が悪い、浮腫みやすいなど気になる方は、ひとつまみの自然塩を入れてみてください。

すると、さらに白湯の効果を高めます。

白湯は排毒作用が強いので→飲み過ぎると→ぜんぶ出してしまいます。

体にとって必要な毒素もあるので・・・

朝の白湯はコップ1杯がいいですね。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631
(岡山県和気郡和気町)

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

ニラを活用して体を温める

『野菜の中で最も体を温める作用が強く、人体を益する』

中国最古の医学書と呼ばれる前漢の時代の書物にも書かれているニラの作用

ニラの薬効の高さは、昔から認められていたようです。

日本でも北海道や東北などの寒い地方では、体を温める作用あることから沢山

食されいます。

ニラにはβ-カロテンやビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、食物繊維、カルシウム、リン、鉄など、ミネラルがとても豊富でることや、造血作用のあるクロロフィルなどが多く含まれています。

だから、ニラは、冷え性回復だけでなく、疲労回復、整腸作用、消化促進、老化防止、ガン予防など本当にさまざまな効用があるといわれています。

クロロフィルには、コレステロールの抑制、血液サラサラ効果もあるとされています。血栓の予防に良いとされるアリシンという成分も含まれているねますので血行の改善に役立っています。

そしてニラの一番の注目点は、フィトケミカルです。

抗酸化力に優れており、がん予防に最も適しています。

またニラの食物繊維は、便通を促す強い作用があります。

便秘には良いようです。

これから気温が下がってきますのでニラを活用したいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

がんを乗り越えるには体温を上げること

がんを治すには、体温を上げること

最も人間の免疫力が活性化される体温は、脇の下で測って36.8℃

36.5℃以上の体温が理想です。

脇の下の体温がこのくらいあれば、脳や内臓の深部体温も理想の37.2℃を保つことができ、酵素や代謝が活発に働き、免疫力も保たれます。

脇の下で測る平熱が35℃台の人は、免疫力が低下している状態です。

なにか大きなストレスなど抱えていませんか??

癌が増殖する体温は35℃台ですから警戒体温です。

一刻も早く、35℃台から脱出することです。

私も癌になる前の平熱は、35.2℃

究極の寒がりでしたから35℃をきっている日もあったのではないでしょうか・・・

35℃以下の体温はすでに病気を抱えている可能性がありますので要注意です。

体温が低ければ、当然 深部体温も低くなります。

自分の深部体温を知っておくと良いでしょう。

舌下で測る体温は脇の下の体温より高めで、直腸の体温より少し低めです。

直腸の体温が、脳や内臓のある深部体温に最も近い体温です。

しかし、直腸の体温は家庭で手軽に測定しにくいので、舌下で測り、深部体温の参考にすると良いでしょう。

体温が低い人でも体質だからといってあきらめる必要はありません。

私も低体温は体質のせいだとずっと思ってきましたが、このままでは癌細胞がどんどん増殖してしまう・・・と恐怖感を感じ、体温を上げる取り組みをしました。

生活のなかで体温を上げる方法はいくつかあります。

食事、運動、入浴、温熱、漢方や健康食品の活用など・・・

外から体を温める方法は、手っ取り早い方法ではありますが、やめればまた徐々に下がってしまうこともありますので、自らが熱を発して体温を上げていく方法をおススメします。

私は、低体温から早急に脱出するために取り組み、約1ヶ月で35.2℃から36.5℃にあげ、現在も36.8℃前後を保っています。

どうやって体温を上げたのか・・・お伝えします。

どうかあきらめず、取り組んで頂きたいと切に願い、お手伝いさせて頂いています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った          女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

体温と筋肉、塩分の関係は・・・

低体温の人はがんになりやすい

それは免疫力が低下しているからです。

体温が1度下がると免疫力は30%下がる、といわれるくらい体温は免疫機能と深く関わっています。

体温が下がると自律神経のバランスが崩れ、交感神経が優位になります。

すると白血球内のリンパ球が減少し、免疫力が低下してしまいます。

体温が上がると副交感神経が優位になり、リンパ球が増え免疫力もあがります。

女性に多い低体温ですが、最近では男性の低体温も増えてきました。

低体温になる理由はさまざまですが、一番多いのは筋肉の不足です。

私たちの体の熱は、筋肉で作られ、その筋肉は主に下半身に集中しています。

その割合は7割以上にものぼり、最も大きい筋肉は太ももの大腿四頭筋となっています。

この下半身の筋肉を鍛えることで、効率よく体温を上げていくことが出来るのです。

男性より女性の方が低体温や冷え性が多いのは、筋肉量が少ないということからですね。

筋肉量と基礎代謝量は正比例の関係にあります。

体温が高いと代謝がよく、体温が低いと代謝が悪くなります。

外から体を温めることも有効ですが、筋肉をきたえ代謝を高め、内側から体温を上げていくことが最も大切です。

そしてこの筋肉を動かすには、体内に塩分が必要です。

どんなに良い筋肉があっても、塩分不足では筋肉は活躍できません。

適度な塩分を摂ることが大切ですね。

自然塩をおススメします。

そして毎日の積み重ねが大事です。

椅子に座っている時であっても筋肉を鍛える

膝を真っ直ぐのばし足先を太ももの高さまで持ち上げ、そのまま20秒間止める

足の指をグーパーして常に動かすなど、こつこつ続けることで筋肉は鍛えられます。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

体温を上げがんをなおす・低体温でもあきらめない

がんをなおすには、体温を上げること

人間の免疫力が活性化される体温は、脇の下で測って36.8℃

脇の下で測る平熱が35℃台の人は、免疫力が低下している状態です。

なにか大きなストレスなど抱えていませんか??

癌が増殖する体温は35℃台ですから警戒体温です。

一刻も早く、35℃台から脱出することです。

私も癌になる前の平熱は、35.2℃

究極の寒がりで、35℃を下回っている日もあったのではないでしょうか・・・

35℃以下の体温はすでに病気を抱えている可能性がありますので要注意です。

体温が低ければ、当然 深部体温も低くなります。

自分の深部体温を知っておくとよいですね。

36.5℃以上の体温が理想です。

脇の下の体温がこのくらいあれば、脳や内臓の深部体温も理想の37.2℃を保つことができます。

この体温は、酵素や代謝が活発に働き、免疫力を保つことが出来ます。

舌下で測る体温は脇の下の体温より高め、また直腸の体温より少し低めです。

直腸の体温が、脳や内臓のある深部体温に最も近い体温です。

しかし、直腸の体温は家庭で手軽に測定しにくいので、舌下で測り、深部体温の参考にすると良いでしょう。

体温が低い人でも、体質だからといってあきらめる必要はありません。

私も低体温は体質のせいだとずっと思っていたひとりです。

このままでは癌細胞がどんどん増殖してしまう・・・と恐怖感を感じ、体温を上げる取り組みをしました。

生活のなかで体温を上げる方法はいくつかあります。

食事、運動、入浴、温熱、漢方や健康食品など・・・

外から体を温める方法は、手っ取り早い方法ではありますが、やめればまた徐々に下がってしまうこともあります。

自らが熱を発して体温を上げていく方法をおススメします。

私は、低体温から早急に脱出するために取り組み、短期間で35.2℃から36.5℃にあげ、現在も36.8℃前後を保っています。

どうやって体温を上げたのか・・・お伝えしています。

あきらめず、取り組んで頂きたいと切に願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治しには頭寒足熱を目指しましょう

頭寒足熱ですか?

それとも頭熱足寒ですか?

ガン患者さんの多くは 『頭熱足寒』 です。

頭熱足寒は頭に血が滞るうっ血状態で、酸素がスムーズに運べない、そんな状態です。

そして、それに伴い老廃物も溜まってしまい、血行が悪くなり足が冷たくなる状況です。

いわゆる 「のぼせ」 という状態ですね。

頭に血がのぼっていては眠ることができません。

足が冷えていても眠ることができません。

この状態が長く続いた結果、ガンになったケースは多いと思います。

逆に頭寒足熱はどうでしょう・・・

下半身や足を温めると、血行がよくなり細胞に酸素と栄養素が運ばれます。

酸素と栄養が行き渡ると、体内が活性化され代謝がよくなります。

特に寒い時は、大切な臓器を守るために血液は上半身に集中し、下半身が冷えやすくなります。

足を温めることで、副交感神経も働き、血流とともによく眠れます。

子どもは眠くなると手足が温かくなるのが、この仕組みです。

では、どうやったら 『頭熱足寒』 から 『頭寒足熱』 になるのでしょう。

実は無意識にしている呼吸にも深い関係があります。

口から吸い込むより、鼻から吸い込む方が、新鮮な酸素を全身に運ぶことができます。

つまり鼻から取り入れる新鮮な酸素で頭を冷やすということです。

そして、頭に滞っている、のぼせの原因である熱をしっかりと口から吐き出す必要があります。

ゆっくりと時間をかけ、口から吐き出す息は熱く感じます。

これが滞った余分な熱です。

頭の熱を下におろし、外に吐き出す。

毒素の排出ともいえるでしょう。

酸素を取り入れ頭を冷やす。

『口でゆっくり吐き出し、鼻でしっかり酸素を吸い込む』

1日数回、意識してしてみるのも良いでしょう。

本来、呼吸は鼻でするものです。

鼻呼吸をするだけで免疫も変わってきます。

逆に口呼吸は、ドライマウスになり、細菌が入りやすく感染すると白血球が細菌を抱え、あちこちに菌をまき散らし免疫を下げてしまいます。

鼻呼吸に出来るよう練習しましょう。

そして、足を温めること!

足の小指が冷たいと感じたら要注意です。

足の小指は一番冷えやすい場所です。

意識的に温めてあげる、また血行を良くし冷え性に良い5本指の靴下対策もいいですね

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

毒出しには下半身が鍵

本来、人間は体にとって有害な毒素は外に出そうとする働きをします。

尿、便、鼻水、咳、嘔吐、湿疹、汗・・・

様々な形で排出しています。

しかし、毒素の排出症状を薬で蓋をしてしまうとどうでしょう。

毒は蓄積されていきます。

それどころか、体内に毒が溜まっていくと排泄機能が低下し、さらに排出されにくい状態となります。

体の外に出たくて仕方ない毒はやがて 『ガン』 という塊になります。

ガンは体、血液の汚れを一手に引き受けた毒の塊です。

体の中からの毒だしが必要です。

ガンの方は体温が低く、血流が悪いため浄化機能が衰えています。

そのため、汗をかいても綺麗な水のような比較的無臭に近い汗が出ます。

体内の有害毒素を排出するわけですから、本来は体から出る汗は黄色の濁った臭い汗が出ます。

有害毒素を排出しやすくするには、足を温めることです。

足を温めると血流が良くなり、体の毒素が下半身に移動し、体の外へ排出されやすくなります。

足を温めるにはお風呂、半身浴などに加え、下半身を鍛えることも大切です。

歩いたり、階段を上り下りしたり、また椅子座ったままでも足を持ち上げ上下させる運動など、自分の体調に合わせ、考えてしてみるのも良いでしょう。

また、血行が良くなるお風呂の中でふくらはぎをマッサージするとリンパの流れを良くなります。

毒だしにはとても良いですね。

ふくらはぎは第2の心臓と言われるほどです。

足を温め、下半身の血流を良くすることが毒だしの基本です。

血液の汚れ、つまり毒の塊であるガンは、その毒を温めてほぐし、下半身に流して体の外に排出してあげることです。

そして、毎日のこつこつが大切です。

血行を良くするということは、体のエネルギーも循環させるということです。

毒は出す

エネルギーを循環させる

まさに鬼は外 福は内 ですね

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

不平不満、愚痴・泣き言が癌をつくる

恒温動物である人間が生きていくためには、、一定の酸素と体温が必要です。

この条件が満たせない時、体は生き延びるために、今度は悪い条件(低酸素・低体温)でも生きられる細胞を新たにつくりだします。

それが癌です。

癌は、低酸素、低体温でも生き延びることが出来る細胞ですね。

癌は私たちが生き延びるために出来た感謝すべき存在です。

体の冷えた場所、負担をかけた場所に癌が出来ます。

冷えた場所は、酸素が少なくなっています。

酸素が少ない場所は、血流が滞り栄養も行き届かなくなり大きな負担をかけています。

だから、冷えた場所を温かくしてあげること

そして、酸素をしっかりとり入れ、栄養を隅々まで運ぶこと

がん細胞に変わってしまった組織も、条件が整えばがん細胞は退縮をし、正常細胞に戻るのです。

体を温めるには、お風呂や温熱療法、運動療法などがあります。

これは外からの力を借りて温める方法です。

有効な方法ですが、これだけではなかなか体温を維持することは出来ません。

大切なのは、深部体温(内臓の温度)です。

深部体温を上げていくには、同時に酸素が必要です。

酸素と体温を維持していくためには、おおらかな心で過ごすこと

クヨクヨ悩み、不平不満、愚痴、泣き言をいっていると酸素が不足して体温も下がります。

がん細胞が増殖する環境を自らつくっていることに気付いて頂きたい

人の言葉や情報に振り回されていませんか?

病院や先生が治してくれると思っていませんか?

癌は自分がつくった病気です。

誰も治してくれる人はいないのです。

がんを治せるのは自分自身だけです。

不平不満、愚痴、泣き言をいえば、自分に返ってきます。

また自分が苦しくなるだけ

細胞も言葉をしっかりと聞いています。

クヨクヨすればするだけ、心がぶれ、癌が治る行動から自分を遠ざけてしまいます。

がんを治すことは、まず愚かな自分に気付くことからです。

幸せであることを忘れていませんか・・・

生きていることの有難さを忘れていませんか・・・

自分を信じ、前を向いて明るく生きていかれることを切に願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんの根本治療とは

命の営み、命の根源といえる代謝

代謝が活性化されると、免疫力が高まり体力が安定します。

代謝を活性化するには、栄養と体温、そしておおらかな、前向きな心が必要です。

良い栄養を摂る、体を温め動かし、体温を上げる

そして一番大切なのは、いつもおおらかな心で前向きに生きることです。

この3つが常に一体となり代謝活動を行います。

つまり、栄養、体温、心を健康にすることで免疫力は強化されます。

心が後ろ向きになり、自律神経が乱れると体温は下がります。

体温が下がると、食べたものを必要な栄養素に変換できなくなります。

栄養状態が悪いと、さらに心は淀んでいきます。

つねに、栄養、体温、心は連動して生命活動をしているのです。

ガンの根本治療とは、代謝を活性化してガン細胞を正常細胞に戻すこと

代謝が活性化する生活をしていきたいですね・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)