体温と筋肉、塩分の関係は・・・

低体温の人はがんになりやすい

それは免疫力が低下しているからです。

体温が1度下がると免疫力は30%下がる、といわれるくらい体温は免疫機能と深く関わっています。

体温が下がると自律神経のバランスが崩れ、交感神経が優位になります。

すると白血球内のリンパ球が減少し、免疫力が低下してしまいます。

体温が上がると副交感神経が優位になり、リンパ球が増え免疫力もあがります。

女性に多い低体温ですが、最近では男性の低体温も増えてきました。

低体温になる理由はさまざまですが、一番多いのは筋肉の不足です。

私たちの体の熱は、筋肉で作られ、その筋肉は主に下半身に集中しています。

その割合は7割以上にものぼり、最も大きい筋肉は太ももの大腿四頭筋となっています。

この下半身の筋肉を鍛えることで、効率よく体温を上げていくことが出来るのです。

男性より女性の方が低体温や冷え性が多いのは、筋肉量が少ないということからですね。

筋肉量と基礎代謝量は正比例の関係にあります。

体温が高いと代謝がよく、体温が低いと代謝が悪くなります。

外から体を温めることも有効ですが、筋肉をきたえ代謝を高め、内側から体温を上げていくことが最も大切です。

そしてこの筋肉を動かすには、体内に塩分が必要です。

どんなに良い筋肉があっても、塩分不足では筋肉は活躍できません。

適度な塩分を摂ることが大切ですね。

自然塩をおススメします。

そして毎日の積み重ねが大事です。

椅子に座っている時であっても筋肉を鍛える

膝を真っ直ぐのばし足先を太ももの高さまで持ち上げ、そのまま20秒間止める

足の指をグーパーして常に動かすなど、こつこつ続けることで筋肉は鍛えられます。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

乳がん発症・再発リスクを高めない

お乳 冷えていませんか??

乳房は大胸筋に支えられ、脂肪と乳腺の組織で出来ています。

その割合は9対1

乳房のほとんどが脂肪組織です。

さらに乳房は体から突起しているため、とても冷えやすいのです。

下着や衣類で締め付けていませんか?

寝る時もブラジャーをしていませんか?

締め付けは血流を低下させ、冷えを起こしてしまいます。

また、乳房の周りにはたくさんのリンパ節があります。

このリンパ節が集まる脇の下や鎖骨周辺が締め付けられると、体液の循環が悪くなります。

循環が悪くなると、酸素や栄養の運びが悪くなり、また老廃物を運び出す力も低下してしまいます。

そしてさまざまな不調が起きてしまうのです。

がんは冷えた場所、酸素が少ない場所を好みます。

また溜まった老廃物も癌の原因となります。

体液の循環を低下させるような締め付けは避けたいですね。

お乳 チェック

お乳が冷えていませんか?

お乳が硬くなっていませんか?

リンパ液の流れが悪く、一度硬くなってしまった乳房は、循環が出来なくなり、放っておくとどんどん硬くなります。

硬くなると酸素や栄養が届かず、老廃物や疲労物質は溜まる一方です。

放置すれば、乳がんのリスクを高めます。

マッサージや入浴などでセルフケアをしていきましょう。

乳がんセルフチェックは生理開始から5~7日目が理想です。

乳がんが気になる人はこちらに・・・

http://www.qualitypro.jp

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

体温を上げがんをなおす・低体温でもあきらめない

がんをなおすには、体温を上げること

人間の免疫力が活性化される体温は、脇の下で測って36.8℃

脇の下で測る平熱が35℃台の人は、免疫力が低下している状態です。

なにか大きなストレスなど抱えていませんか??

癌が増殖する体温は35℃台ですから警戒体温です。

一刻も早く、35℃台から脱出することです。

私も癌になる前の平熱は、35.2℃

究極の寒がりで、35℃を下回っている日もあったのではないでしょうか・・・

35℃以下の体温はすでに病気を抱えている可能性がありますので要注意です。

体温が低ければ、当然 深部体温も低くなります。

自分の深部体温を知っておくとよいですね。

36.5℃以上の体温が理想です。

脇の下の体温がこのくらいあれば、脳や内臓の深部体温も理想の37.2℃を保つことができます。

この体温は、酵素や代謝が活発に働き、免疫力を保つことが出来ます。

舌下で測る体温は脇の下の体温より高め、また直腸の体温より少し低めです。

直腸の体温が、脳や内臓のある深部体温に最も近い体温です。

しかし、直腸の体温は家庭で手軽に測定しにくいので、舌下で測り、深部体温の参考にすると良いでしょう。

体温が低い人でも、体質だからといってあきらめる必要はありません。

私も低体温は体質のせいだとずっと思っていたひとりです。

このままでは癌細胞がどんどん増殖してしまう・・・と恐怖感を感じ、体温を上げる取り組みをしました。

生活のなかで体温を上げる方法はいくつかあります。

食事、運動、入浴、温熱、漢方や健康食品など・・・

外から体を温める方法は、手っ取り早い方法ではありますが、やめればまた徐々に下がってしまうこともあります。

自らが熱を発して体温を上げていく方法をおススメします。

私は、低体温から早急に脱出するために取り組み、短期間で35.2℃から36.5℃にあげ、現在も36.8℃前後を保っています。

どうやって体温を上げたのか・・・お伝えしています。

あきらめず、取り組んで頂きたいと切に願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

リンパ球を増やす・がんの転移は治る前兆?

私たち人間の体は、赤ちゃんからお年寄りまで毎日数千個のがん細胞が生まれています。

それでも健康を保っていられるのは、リンパ球のなかのナチュラルキラー細胞が癌細胞を退治してくれているからです。

私たちは加齢によって体が衰えていくように、同時にナチュラルキラー細胞の数も減り、活動力も低下してきます。

そうすると、毎日発生するがん細胞をナチュラルキラー細胞が退治しきれなくなり、癌がつくられていきます。

老衰で亡くなったお年寄りを調べてみると、ほとんどの人に癌があった、という報告もあります。

癌があっても知らずに過ごしていたわけです。

これは、お年寄りに限らず私たちもそうなのです。

心や体が疲れると免疫は低下し、リンパ球が減りナチュラルキラー細胞の活動も抑制されます。

心が癒され、バランスのとれた栄養と体温で体が癒されるとリンパ球が増え、免疫はあがりナチュラルキラー細胞は活性化されます。

この間、がんは出たり引っ込んだりを繰り返しています。

つまり私たちはみんな、癌と共生しているのです。

がんは、免疫力が低下したときに表面化してくる症状です。

このときの体は、体温が低い・酸素が少ない・糖を栄養に変換できない状態です。

がんが発症してもリンパ球をしっかりと増やし免疫を上げて、この体の状態から抜け出せば、がんは自然退縮の方向へいきます。

居心地が悪くなり、リンパ球に負けそうになったがんは、今度は他の臓器で生き延びようとして、散っていく

これが、癌細胞の転移であり、つまり転移は癌が治る前兆だ、と安保先生はおっしゃいます。

(あくまでも免疫力があがっているとき)

リンパ球を増やし免疫を高めれば、がんは自然退縮を始める

その過程に転移というものがある

しかし西洋医学的には、転移はがんの悪化だと恐れられています。

西洋医学と代替医療はそもそも癌に対する考え方が全く違うのです。

西洋医学においては、私たちの命を奪ってしまう怖ろしい細胞だと扱われる癌

代替医療では、低体温、低酸素、高血糖で細胞が生きれない状況から命を守るために現れたのががん細胞

真逆ですね。

どちらを信じるか、そして自分の体の声を聴くことが出来るかによって治療法も大きく変わってきます。

しかし多くのがん患者さんは、体温が低く血液中の酸素が少ないという共通点があります。

これによって、栄養が上手に変換できず血糖値も高めの人が多くなるのです。

低体温、低酸素、高血糖ではリンパ球が増えずナチュラルキラー細胞も上手く働いてくれません。

バランスのとれた栄養と体温でナチュラルキラー細胞を増やす生き方をされることをせつに願っています。

私も以前は35.2度の低体温でした。

2つ以上の栄養素を結合させバランスよく体に届けることで体温は上げていくことが出来ます。

そして、総合的健康食品を活用してカロリーを栄養に変える

私の体験をお伝えします。

大自然の恵み・自然界の波動をしっかりと受け取ることが出来れば、がんは治るのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治しには頭寒足熱を目指しましょう

頭寒足熱ですか?

それとも頭熱足寒ですか?

ガン患者さんの多くは 『頭熱足寒』 です。

頭熱足寒は頭に血が滞るうっ血状態で、酸素がスムーズに運べない、そんな状態です。

そして、それに伴い老廃物も溜まってしまい、血行が悪くなり足が冷たくなる状況です。

いわゆる 「のぼせ」 という状態ですね。

頭に血がのぼっていては眠ることができません。

足が冷えていても眠ることができません。

この状態が長く続いた結果、ガンになったケースは多いと思います。

逆に頭寒足熱はどうでしょう・・・

下半身や足を温めると、血行がよくなり細胞に酸素と栄養素が運ばれます。

酸素と栄養が行き渡ると、体内が活性化され代謝がよくなります。

特に寒い時は、大切な臓器を守るために血液は上半身に集中し、下半身が冷えやすくなります。

足を温めることで、副交感神経も働き、血流とともによく眠れます。

子どもは眠くなると手足が温かくなるのが、この仕組みです。

では、どうやったら 『頭熱足寒』 から 『頭寒足熱』 になるのでしょう。

実は無意識にしている呼吸にも深い関係があります。

口から吸い込むより、鼻から吸い込む方が、新鮮な酸素を全身に運ぶことができます。

つまり鼻から取り入れる新鮮な酸素で頭を冷やすということです。

そして、頭に滞っている、のぼせの原因である熱をしっかりと口から吐き出す必要があります。

ゆっくりと時間をかけ、口から吐き出す息は熱く感じます。

これが滞った余分な熱です。

頭の熱を下におろし、外に吐き出す。

毒素の排出ともいえるでしょう。

酸素を取り入れ頭を冷やす。

『口でゆっくり吐き出し、鼻でしっかり酸素を吸い込む』

1日数回、意識してしてみるのも良いでしょう。

本来、呼吸は鼻でするものです。

鼻呼吸をするだけで免疫も変わってきます。

逆に口呼吸は、ドライマウスになり、細菌が入りやすく感染すると白血球が細菌を抱え、あちこちに菌をまき散らし免疫を下げてしまいます。

鼻呼吸に出来るよう練習しましょう。

そして、足を温めること!

足の小指が冷たいと感じたら要注意です。

足の小指は一番冷えやすい場所です。

意識的に温めてあげる、また血行を良くし冷え性に良い5本指の靴下対策もいいですね

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

カンジタ症を繰り返す人はがんになりやすい?

カンジタ膣炎を毎年、数カ月に一度、毎月、繰り返す人

それは免疫が低下している証拠ですから要注意です。

カンジタ膣炎とは、何かしらで免疫が低下したことで、カンジダ菌が膣に侵入し異常増殖したことで起こる感染症のひとつです。

昔に比べ、現代の女性はおりものが増えていることも原因のひとつです。

細菌など、異物を出そうとする反応のひとつであるおりもの

このおりものが増えた理由は食べ物や環境の変化からです。

動物性の食事が増えたこと

添加物や農薬、薬などの化学物質が増えたこと

食事の回数、量が増えたこと(おやつや夜食など)

これに加え、不快感を軽減するために、化学製品であるおりものシートやウォシュレットを使うようになり、さらにカンジタ症は増えています。

また、症状も悪化しています。

多くの生理用品は、月経血や尿を吸収するために高分子ポリマーが含まれていますが、これは大変な有害化学物質といわれています。

発熱時などに使用する冷却シートと同じしくみになっており知らず知らずのうちに子宮を冷やしています。

子宮が冷えれば免疫力が低下してカンジタ菌は増殖します。

冷えは癌などの病気を招き、癌は真菌の塊です。

これ以上、真菌を増殖させないよう生活を改める必要があります。

癌を治すためには、カンジタ症にならない生き方をすることです。

カンジタ膣炎を繰り返す人は要注意です。

子宮を冷やさないこと、体を鍛え体力をつけること

そして、免疫力を下げないようバランスよく栄養を摂取しましょう。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長のブログ

塚本みづほ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんの根本治療とは・・・

命の営み、命の根源といえる代謝

代謝が活性化されると、免疫力が高まり体力が安定します。

代謝を活性化するには、栄養と体温、そしておおらかな、前向きな心が必要です。

良い栄養を摂る、体を温め動かし、体温を上げる

そして一番大切なのは、いつもおおらかな心で前向きに生きることです。

この3つが常に一体となり代謝活動を行います。

つまり、栄養、体温、心を健康にすることで免疫力は強化されます。

心が後ろ向きになり、自律神経が乱れると体温は下がります。

体温が下がると、食べたものを必要な栄養素に変換できなくなります。

栄養状態が悪いと、さらに心は淀んでいきます。

つねに、栄養、体温、心は連動して生命活動をしているのです。

ガンの根本治療とは、代謝を活性化して、でガン細胞を正常細胞に戻すこと

代謝が活性化する生活をしていきたいですね・・・

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長のブログ

塚本みづほ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

マッサージで頭寒足熱に

筋肉は最大の発熱機関です。

特に私たちの体は、下半身に7割近くの筋肉があり、この下半身の筋肉運動によって熱をつくり出しています。

つまり、運動して筋肉を使えば体温が上がるということです。

下半身はじっとしていれば血流が悪くなる場所です。

特に足先は、何もしなければ30℃ほどしかなく、血の巡りの悪さを物語っています。

だから、運動で足を鍛えることがとても大事になってきます。

スクワットなどとても効果的です。

ふくらはぎに筋肉がしっかりある人は、筋肉がポンプの役割をしてくれるので、全体の血液循環が良くなります。

筋肉が少ない人は、自分でふくらはぎを揉むとポンプ作用を起こし、血の巡りがよくなります。

ガンの人は、手足が冷たい人が多いですね。

頭寒足熱でないといけないはずが、頭熱足寒となり逆さになっています。

頭寒足熱にするには、運動で足の筋肉を鍛えること以外にも半身浴や足湯などで下半身を温め、足先から心臓に向けてマッサージすることをおススメします。

運動やマッサージは即効性があり、体温の上昇がみられます。

しかし、足先は重力にさからわなくてはならないので、すぐに血の巡りが悪くなります。

だから、毎日の積み重ねが大切になってきます。

マッサージも自分でコツコツ続けることです。

また、女性は男性に比べお腹の筋肉も少ないので、子宮や卵巣を冷えから守るためにも腹筋運動などをしてお腹に筋肉をつけるといいですね。

冷えはさまざまな病気を招きます。

冷えは自分で防ぐことが出来るはず

出来るだけ体を動かす生活を心がけたいですね。

体を温めるには、お風呂に自然塩を入れるといいですよ。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長のブログ

塚本みづほ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

毒出しには下半身が鍵

本来、人間は体にとって有害な毒素は外に出そうとする働きをします。

尿、便、鼻水、咳、嘔吐、湿疹、汗・・・

様々な形で排出しています。

しかし、毒素の排出症状を薬で蓋をしてしまうとどうでしょう。

毒は蓄積されていきます。

それどころか、体内に毒が溜まっていくと排泄機能が低下し、さらに排出されにくい状態となります。

体の外に出たくて仕方ない毒はやがて 『ガン』 という塊になります。

ガンは体、血液の汚れを一手に引き受けた毒の塊です。

体の中からの毒だしが必要です。

ガンの方は体温が低く、血流が悪いため浄化機能が衰えています。

そのため、汗をかいても綺麗な水のような比較的無臭に近い汗が出ます。

体内の有害毒素を排出するわけですから、本来は体から出る汗は黄色の濁った臭い汗が出ます。

有害毒素を排出しやすくするには、足を温めることです。

足を温めると血流が良くなり、体の毒素が下半身に移動し、体の外へ排出されやすくなります。

足を温めるにはお風呂、半身浴などに加え、下半身を鍛えることも大切です。

歩いたり、階段を上り下りしたり、また椅子座ったままでも足を持ち上げ上下させる運動など、自分の体調に合わせ、考えてしてみるのも良いでしょう。

また、血行が良くなるお風呂の中でふくらはぎをマッサージするとリンパの流れを良くなります。

毒だしにはとても良いですね。

ふくらはぎは第2の心臓と言われるほどです。

足を温め、下半身の血流を良くすることが毒だしの基本です。

血液の汚れ、つまり毒の塊であるガンは、その毒を温めてほぐし、下半身に流して体の外に排出してあげることです。

そして、毎日のこつこつが大切です。

血行を良くするということは、体のエネルギーも循環させるということです。

毒は出す

エネルギーを循環させる

まさに鬼は外 福は内 ですね

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長のブログ

塚本みづほ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

安全な生理用品を選ぶ

経皮毒については、ずいぶん知られてきました。

体の中で最も経皮からの吸収率が高いのは性器と言われています。

腕が1としたら性器の吸収率は42倍にもなります。

気を付けないといけない場所だということはよく分かります。

では、そこに毎月使う生理用品、また、毎日使うシートはいったいどこまで安全なのでしょうか・・・!?

実は経皮毒と言える物質がしっかりと含まれています。

ほとんどの生理用品は、塩素系漂白剤を使用しています。

そして、これらの製品に有害性が危惧される点として、月経血や尿を吸収するために高分子ポリマーが含まれていることです。

高分子ポリマーとは、水分を吸収して漏れないように凝固させるためですが、大変な有害化学物質です。

高分子ポリマーは油由来の原料からなり、少しの量で非常に優れた吸水性があります。

これは発熱時などに使用する冷却シートと同じしくみになっています。

実は経皮毒の問題だけでなく、生理用品が体を冷やしていた・・・

ということになります。

安全面、物を大切にするという意味も含め、やはり布ナプキンがいいですね

布ナプキンはちょっと・・・

という方は.コットン100%のオーガニックナプキンです.

自然食品店さんなどで入手できますよ

オーガニックナプキンは冷えから体を守ってくれます。

オーガニックナプキンや布ナプキンを使うようになり生理痛が解消された声はよく聞きます。

皮膚からの吸収率が非常に高い場所が冷えるということは体全体に影響を及ぼします。

経皮毒や冷えがガンをつくっている可能性も十分考えられます。

また、ガンだけでなく、冷えは不妊の原因にもなります。

食事などの生活の見直しに加え生理用品も見直すことも大切ですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)