がん治しには、お天道様の光を

体を動かすためのエネルギーをつくるシステムを間違って使っているとガンになりやすくなります。

このシステムは、ミトコンドリア系と解糖系という2種類のものがあるのですが、年齢によってどちらを主に使うかが変わってきます。

システムの使い方によって体の状態や免疫力が変わってきます。

20歳までは、瞬発力、細胞分裂をする解糖系

20歳から40代までは、解糖系メインでありながらも、2つのシステムを調和させながら生きる時期

50代になると更年期に伴い、エネルギー生成を解糖系からミトコンドリア系に切り替えていきます。

ミトコンドリア系は、細胞分裂を抑え、ガン細胞の分裂も抑えます。

ですから、ガンになったらミトコンドリア系を優位にし、細胞分裂を抑えていくことが理想です。

ミトコンドリアを活性化するためには、体を温めることに加え、お天道様の光が必要です。

今や、紫外線は嫌われる存在になりましたが、これも女性のガンが増えた原因かもしれませんね。

しかし、ガンになったことで、さらに家のなかにこもってしまう方も少なくありません。

これが負のスパイラルの入り口です。

植物と同じで、人間も紫外線がないと生命力が活性化されません。

日の当たらない暗い部屋にいるより、お日様の光がサンサンと降り注ぐ明るい部屋の方が気持ちも明るくなります。

散歩に出掛け、お天道様の光をいっぱい浴びると、体も心もぽかぽかになりますね。

この時がミトコンドリアが喜んでいる瞬間です。

こんな素晴らしいお役目をして下さっているお天道様には心から感謝ですね。

太陽は神として祀られ、お天道様やお日様と呼ばれています。

やはり、それなりの理由がありますね。

しっかりとお天道様の光を頂いて、心も体も活性化していきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

少食でナチュラルキラー細胞活性化・腹7分め

少食が病気を防ぎます。

腹八分で医者いらず、腹六分で老いを忘れ、腹四分で仏に近づく

食べ過ぎは癌をつくる原因になります。

カロリーを60%に制限をしたマウスは、100%のカロリーを与えたマウスに比べ、2倍長生することが1935年コーネル大学の調査でわかっています。

私たちは食事をすると、栄養素が胃腸から血液に吸収され、細胞がつくられています。

白血球のなかのナチュラルキラー細胞は、私たちの体内をパトロールして癌細胞をみつけては食べて処理をしてくれています。

食事によって白血球に栄養がとり込まれると、私たちと同じようにナチュラルキラー細胞も満腹感を得ます。

ナチュラルキラー細胞もお腹がいっぱいになると、癌細胞を発見しても見向きもしなくなります。

癌細胞を食べるナチュラルキラー細胞は、空腹の方がしっかりと食べて活躍してくれるのです。

ナチュラルキラー細胞に限らず、免疫細胞は空腹時に活性化されると言われています。

ですから癌細胞だけでなく菌に対しても同じことが言えますね。

お腹が減った白血球は、癌細胞や菌を見つけると一生懸命食べてくれます。

これが免疫力です。

免疫を上げるためには、1日のなかで空腹の時間をつくることです。

3食きっちり+デザート、そして間食の生活が、免疫細胞の働きを悪くし、病気を増やしてしまいます。

そして、現代は食べれば食べるだけ、添加物も摂ってしまう食生活です。

余分なものを入れないためにも、お腹がきゅーっとなる時間をつくり、食事は腹7分目を心がけることをおススメします。

がんを治す生き方で、ナチュラルキラー細胞を活性化することです

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

摂ってはいけない塩・摂らないといけない塩

塩分は高血圧や胃がんを招く

だから、減塩といわれてきました。

しかし、減塩運動が盛んになったことで起きた新たな現象があります。

がんが増えたことです。

高血圧や胃がんの原因は塩だと言われてきましたが、塩といっても種類があります。

精製された加工塩

これは確かに健康を害す可能性があります。

塩と言いながらも、中身は塩化ナトリウム

つまり、ミネラルがほとんど含まれない化学物質です。

残念ながら世の中に出回っている多くの塩が、この精製された加工塩です。

当然、高血圧を招くことになり、降圧剤の対象者がどんどん増えています。

降圧剤は、血流を低下させます。

血流低下、体温低下は、がんの原因になります。

減塩をすることで、体内の必要塩分がなくなり、血流低下や体温低下を起こしてしまします。

しかし、先にも述べたように、精製された加工塩は血圧に悪さをしてしまいます。

ですから、体のなかに入れる塩は、ミネラルをたっぷり含んだ自然塩をおススメします。

自然塩は、海水を汲み上げ、天日で干した塩です。

私たち人間は、海から生まれた生命体の子孫であり、塩分を摂らなければ人間の体は機能しなくなります。

人間にとって、塩は神様から贈り物

昔から、寒い地方の人は暖かい地方の人に比べ、塩分を多めに摂っています。

これは、寒さから体を守るため

血圧を上げて血液の循環を良くしているのです。

塩分が不足すると、新陳代謝が衰え、体力のみならず気力まで減退します。

足腰が痛いのも減塩から起きる筋肉疲労の可能性もあります。

質の良い自然塩を、適量摂ることをおススメします。

私は朝起きたらトイレを済ませた後、体温と同じくらいの温度の白湯(200㏄位)に小さじ1/3ほどの自然塩を入れて飲みます。

白湯と自然塩には、排毒機能を高める作用があります。

また、血流を良くしてくれるので、体温が下がっている朝や、低血圧の人の目覚めにはとても効果的です。

健康な体づくりは、化学的につくられたものではなく、自然のものや自然素材からつくられたものを活用することが基本です。

バランスのとれた栄養と、体を温め、明るく前向きな心で、自分の自然治癒力を高める生き方をすることが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

黒豆茶でがん予防?

お湯を注いでいる最中から、黒豆の香ばしいかおりがします

黒豆に含まれるアントシアニンは、活性酸素を除去し、ガン細胞の発生を防ぐ働きがあります。

また、トリプトシンインヒビター、フィチン酸には、抗ガン作用も

そして黒豆は、食物繊維やカルシウムも豊富

カルシウムは、歯や骨を丈夫にしてくれるほか、ストレスの解消、イライラの予防といった精神の安定にも働きかけてくれます。

その他

・血液をサラサラにする
・コレステロール低下
・女性ホルモン低下に関わる症状の予防
・脳の活性化
・視力回復、眼精疲労回復

など、効能はたくさん

ポリフェノールたっぷりな綺麗な紫色です

お茶を出した後の黒豆も、もちろん頂きました

本当に黒豆って凄いですね

黒豆茶を毎日どうぞ~

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんを治す食事・生野菜・根菜類のバランス・体温アップ

がんを治すには、体温を上げていくことが必須です。

食事は野菜が中心となりますが、野菜の摂り方が大切です。

酵素のために生野菜ばかりを摂るのは、逆に体温を下げてしまう可能性があります。

生野菜ジュースも葉菜類は体温を下げてしまう可能性があるので注意が必要です。

(※バナナなどの果物、豆乳も体を冷やすので注意)

生野シューズは、ニンジンなどの根菜類に生姜を使うと良いですね。

そして食事には、体を温める大根、レンコン、ごぼう、里芋など根菜類をとり入れることです。

土のなかで育った根菜類は体を温める性質があり、その他にもさまざまな効能があります。

酵素をつくる生野菜、体を温める根菜類

偏らず、葉菜類、根菜類、両方のバランスが大切です。

根菜類のなかでも毎日摂りたい野菜は、ごぼうです。

ごぼうの食物繊維は、腸を刺激し、繊維質が発ガン性物質を巻き込み、有害物質を排泄する働きがあります。

また植物繊維には、イヌリンという多糖類が含まれて、このイヌリンは腎臓や肝臓の機能を活発にしてくれます。

まさに、ごぼうは免疫力を増強するとして、中国では薬用として愛されています。

そして、ごぼう特有の歯ごたえは、噛むことで血流を促し、脳へも酸素をしっかりと運び、脳が活性化され、興奮した精神を鎮めるのにも有効と言われています。

噛むと天然の抗がん剤である唾液もしっかりと分泌されますね。

ごぼうのあく抜きは、長時間、酢水にさらさないことがコツです。

また、がんでない方は、野菜を中心に、魚や良質の肉などもバランスよく摂ることが体温、免疫アップの秘訣です。

そして、穀物も野菜も丸ごと食べること

お米丸ごと食べる玄米は、皮の部分にミネラルなどの栄養素がたくさん含まれています。

野菜も同じで、カルシウム、カリウム、マグネシウム、ビタミンなどの栄養素は、中身より皮の方がはるかに多く含まれていて、なかでもジャガイモの皮には、鉄分がお肉の17倍以上も多く含まれているそうです。

また、野菜の皮や茎・種などには、抗酸化物質であるフィトケミカルがたっぷり含まれています。

生野菜、根菜類のバランスをとりながら、安全な野菜を皮ごと丸ごと使うことをおススメします。

バランスのとれた栄養と、体を温め、明るく前向きな心で、自分の自然治癒力を高める生き方をすることが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

手足のほてりは体の冷えのサイン

手足が温かく感じることと、手足のほてりは違います。


手のひらが赤い人、体温が低いのに手足がほてる人、それは、体の熱が手足を通して外に逃げています。


からだが冷えていませんか?


生理不順・痔・下肢静脈瘤(血管のぼこぼこ)や浮腫みがある人は、からだが冷えている傾向があります。


下半身が冷えていませんか?

 

冷えから体温低下が起きると➡臓器の働きが悪くなり➡細胞、すべての代謝が悪くなります。


そして静脈の小さな毛細血管の流れが滞ります。

そして、その影響でさまざまな症状が起きてきます。


神経痛や肩凝り、頭痛、動悸など・・・


とくに女性に多いのです。


その原因は、運動不足が多いと言われています。


とくの足腰の運動不足です。


運動をして、足が温まると血流が上がります。


足は心臓から距離があるため、血液を送るために、ポンプの働きをふくらはぎがしてくれています。


足の筋肉が衰えると➡ポンプの機能が低下し➡血液が隅々まで運ばれなくなりますので、ポンプ役の下半身の筋肉を鍛えることが大切です。


筋肉が鍛えられると➡血流も良くなり体温➡上がっていきます。


血流がよくなれば➡体の毒素は下半身に移動➡体の外へ排出されやすくなります。


歩いたり、階段を上り下りしたり、また椅子座ったままでも足を持ち上げ上下させる運動など、自分の体調や環境に合わせ、考えてしてみると良いですね。

 

とくにがんの人は➡体温が低く➡血流も悪く➡浄化機能が衰えがちです。


運動±湯舟のなかでふくらはぎをマッサージするなども良いでしょう。


この冷えを見逃してしまうと➡がん以外にも心筋梗塞や脳梗塞など➡一瞬で命を奪うようなことにも・・・


気付いたら改善していきたいものです

 

私は運動をする前もしくは、入浴前にプロポリスを飲んでいます。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

子宮を温めるとがんのリスクが減る

子宮を大事にしていますか?

子宮は、子が宿る場所

「子のお宮」です。

お宮といえば、神社ですね。

神社には、参道があり、その奥にお宮があります。

参道とは、赤ちゃんが通って生まれてくる産道

お宮とは、子の宮である子宮

お宮には神が宿り、子宮には子(神の子)が宿ります。

だから女性は結婚すると、かみさん(神さん)と呼ばれるそうです。

そのくらい子宮は、大事な場所

決して冷やしてはいけない、汚してはいけない場所なのです。

エアコンや薄着、シャワー、夜更かし、薬の常用などで低体温の女性が増えています。

そして、現代人は、欧米化の食事で肉食、乳製品により子宮は汚れています。

レバーのような真っ黒い血液が出ていませんか?

生理が5日以上続いていませんか?

子宮の冷えや汚れは、生理周期の乱れだけでなく、子宮以外にもさまざまな病気を引き起こさせてしまします。

冷えや汚れで、血流が滞ると子宮の筋肉が硬くなり、子宮や卵巣が正常に働かなくなります。

すると、ホルモンや自立神経のバランを崩してしまい、代謝や免疫も低下してしまいます。

その分、子宮ガン、卵巣ガン、乳ガンのリスクが高くなってきます。

子宮を冷やさないよう、汚さないよう、食事にも気を配りましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん細胞の修復・睡眠中の代謝を上げる

体温を下げない食事の仕方とは・・・

冷たいもの、体を冷やす食品は避けること

そして寝る3時間前には済ませることです。

食べた物は酵素によって消化され、必要な栄養分が腸管から吸収されます。

胃で消化にかかる時間は、およそ3時間

炭水化物、タンパク質、脂質の順に消化されていきますが、この間、血液は胃に集められます。

特に冷たいもので胃が冷えてしまうと、胃を守りための体の防御機能が働き、全身の血液が一気に胃に集まってきます。

その間、腎臓、肝臓、脳、心臓などは、血液が不足した状態になっています。

血液が不足すると、体温が低下し代謝機能が落ちます。

体温が低下すると老廃物などの排出がスムーズにできなくなり、癌などの病気を引き起こしてしまいます。

とくに睡眠中は、体温が下がりやすくなります。

明け方は日中に比べて1℃近くさがってしまいます。

日中の体温が36℃なら、睡眠中は35℃になっているかも・・・

35度台はがん細胞が活発になってしまいます。

胃の中に食べ物があると、さらに体温は下がってしまいます。

睡眠中は、代謝機能が最も働く大切な時間です。

代謝を上げていくためには体温が必要

睡眠中も体温を落とさないよう、胃の中のものは消化してから睡眠に入るよう気をつけたいですね。

大自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

今までの常識が変わった時本当のがん治しが始まる

【すべての常識が変わった時】

本当のガン治しが始まります。

心の持ち方がガンを治す?

少食がガンを治す?

運動してガンを治す?

体を温めてガンを治す?

そんなことでガンが治るわけがない、と思うかもしれません。

それは・・・

『ガンは自分を苦しめる悪い細胞、果てしなく増殖し続ける魔の病

だから少しでも早く、攻撃してやっつけなければならない』

この常識が根底にある以上は、ガンは医者や薬が治してくれるものだと当然思うでしょう。

日本では、ガンが見つかれば100%何らかの治療をすすめられます。

ですが、スウェーデンでは、前立腺ガンの治療は「何もしないこと」だそうです。

肺ガンも同じだそうです。

カナダで、もっとも多い治療法は「何もしない」「無治療が23%」

日本は国際的レベルに比べ、抗ガン剤20倍、手術は17倍も多いそうです。(船瀬俊介氏ご著書より)

日本は他国と比較をしても、ガン治療においては随分と違いがあることに驚きました。

アメリカでは、ガンの半数以上の人が代替療法に取り組み、ガン死亡率も減ってきています。

ガンは人任せでは、治せないということを認識しているでしょうか。

『自分で治す』 ためには、ガンに対する常識を変えていかなくてはなりません。

ガンは血液の汚れであり、これが続けば人間は命を落としてしまいます。

血液の汚れ、体の毒素が溜まった時、命の危険を察知して、汚れを1ヶ所に集め、塊となり知らせてくれるのがガンなのです。

ガンが知らせてくれなければ、一瞬で命を落としていたかもしれないのです。

ガンに感謝ですね・・・

ガンに感謝し、ガンを癒す自分になること

血液の汚れは、ストレス、食事、生活、冷えから起きてきます。

囚われを捨て、心身共にキレイになる。

心豊かに美しく生き生きと輝くガン治し

そんな方を応援しています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

子宮の冷えががんを誘う

心臓ガンって聞いたことありますか?

全身にわたり、さまざまな種類のガンがありますが、ガンにならない場所があります。

心臓と脾臓です。

なぜ、心臓はガンにならないのでしょう・・・

心臓は、24時間、365日 絶えず動き続けています。

絶えず動いている心臓は、発熱量は多く、とても温かい臓器です。

脾臓も同じです。

リンパ球などの白血球をつくっていて、温度が高い臓器です。

つまり、温度が高い臓器はガンにならないということです。

逆に、子宮、卵巣、大腸など袋状になった臓器は、内側に細胞が存在しないので、臓器の温度が低くなります。

特に、外に通じる子宮は体温がもっとも下がりやすい臓器

子宮を冷やすと、さまざまな病気を引き起こします。

むくみ、アレルギー、生理不順、生理痛、不妊、膠原病、肝炎、ガン・・・

また、痔も冷えのサインです。

冷えから血液の滞りを表していますね。

子宮を温めるには、毎日の入浴が大事になってきます。

外に通じているからこそ、温めることも可能な子宮

夏場でもシャワーではなく、全身浴、そしてその後、リラックスして半身浴を心がけると子宮の温度は変わってきます。

お風呂に自然塩を入れるとさらに効果的です。

子宮を温めることによって、肝臓、腎臓、胃腸などの血行が良くなり、新陳代謝とともに解毒機能が上がります。

子宮を冷やすと、さまざまな病気が起きるように、子宮を温めると計り知れない効果があります。

子宮を温めると、体全体が温まり、心にも良い影響を与えてくれます。

「子宮で考える」と言われる女性ですから、子宮を大事にして前向きな心をつくりたいですね。

気分が良くなることで、ナチュラルキラー細胞の働きも自然と促進されていきますね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)