三大療法での酸化を防ぐ・がんの原因

酸化の原因と言えば、活性酸素ですね。

体の酸化とは、リンゴの切り口が茶色く変色するのと同じ状態が体のなかで起きています。

酸素を吸い込むと必ず発生する活性酸素

強い酸化力をもつ活性酸素は、侵入してきた菌やウイルスをやっつけてくれます。

しかし、この活性酸素は酸化力が非常に強いため、増え過ぎると私たちの体を酸化させてしまうと言われています。

そして、酸化した体はガンなどの病気を引き起こしてしまいます。

活性酸素が過剰に発生する原因

ストレス、薬品、添加物などがあげられます。

なかでも大量の活性酸素を生んでしまうのが、癌の三大療法です。

手術は、一気に体を酸化させてしまいます。

本来、臓器というものは空気や光に触れないもの

お腹を開き、空気に触れ、光を浴びた瞬間に、まさにリンゴの切り口のように臓器や血液が酸化してしまうのです。

抗ガン剤、放射線は非常に強い酸化力によってガン細胞を死滅へともっていきます。

しかし、それ以上に正常な細胞まで酸化させてしまいます。

ひとつの癌細胞を死滅させるために、周りの1000の正常細胞も傷め、免疫力を激減させてしまうのです。

酸化は、がんの進行に大きな影響を与えます。

体が酸化して癌になり、治療によってまた酸化が進めば、再発転移となります。

抗酸化食品をしっかりと摂り、酸化してしまった細胞、血液をキレイにしていくことをおススメします。

私の愛用品はこちらから

最も大切なことは、体を酸化させない生活をすることです。

不安、怒り、妬みは心と体に大きなストレスを与え、細胞を酸化させてしまいます。

添加物、農薬、精製された食品、砂糖は心と体に起きなストレスを与え、血液を酸化させます。

体を酸化させるさまざまな原因をひとつずつ取り除いていく

また、酸化させた細胞を常に正常に戻すよう、抗酸化食品をしっかりと摂る

人任せ、病院任せにせず、自分の体は自分で守ることが大切です。

バランスのとれた栄養と、体を温め、明るく前向きな心で、自分の自然治癒力を高める生き方をすることが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治療に常識は無い・自分に合った療法

卵巣がんの方が、転移を聞いたとき目の前は真っ暗になったそうです。

つらい治療をしてきたのに再発をし、2ヶ月の間に転移までしたのか知りたい

このままの治療を受けていて本当に良いのか・・・

切実に感じたと言われました。

今まで疑ったこともなく医者を信用しきっていただけに、裏切られ悔しく思ったそうです。

疑問を感じることは大切なことと思います。

人任せにしないためにも、常識を疑ってみることが必要なのです。

ガンなると、抗ガン剤、放射線、手術が常識の日本

しかし、日本のガン患者はどんどん増えています。

死亡者数も増えています。

そして、他人を恨むのは間違いですよ、と彼女に伝えました。

その治療法を選んだのは自分、その医師に任せたのも自分です。

すべては、自分の責任なのです。

だから、がん治しは人任せではなく自分で治していくしかないのです。

アメリカでは、癌は減少傾向にあり、死亡率も下がっています。

アメリカと日本の一番の違い

それは、アメリカは代替療法先進国だということです。

代替療法とは西洋医学以外の、医学・医療の総称

鍼灸・気功・ホメオパシー・食養生・健康食品など・・・

病気の原因を探り、免疫力を高め自然治癒力を最大限に活かす根治療法です。

アメリカでは、健康食品の必要性も積極的に説いています。

私も健康食品で救われたひとりです。

私の愛用品はこちらから

『抗ガン剤・放射線・手術などのガン治療を受けた人は平均3年しか生きていないが 治療を拒否した人は平均12年6ヶ月も生きた』

このアメリカの「ハーディン・ジェームス博士」のエピソードは有名ですね。

三大療法が常識となっている日本人にとって、治療をしないことは非常識かもしれません。

『治療しない=何もしない』 ということではなく、世間の常識に当てはめないということです。

性格、環境、細胞、体質はみんな違います。

自分に似合った療法を見つけ出すことが大切です。

自分の体の声をしっかりと聞いて、自分の常識で総合的に取り組む

病院で手の施しようがないと言われた末期癌の方が、代替療法で元気を取り戻すことは珍しくありません。

苦しい体験をきっかけに、思索の積み重ねによって、独自の新しい価値観が構築されます。

その人が抱く価値観は、具体的な行動となり、新たな生活、新たな生き方となっていきます。

がん治しは、生き方の見直しです。

大自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

対処療法だけに頼らない生き方・・・再発転移を防ぐ

同じがんの治療法であっても選択する療法によって変わってきます。

 

大きく分類すれば、対症療法と原因療法です。


対症療法とは、表面的な症状の改善、もしくは緩和を目的とする治療法をいいます。


表面に表れた症状に対応することであり、根本を解決するものとは違います。


原因療法とは、原因そのものを改善する治療法をいいます。


病気になった原因を取り除くことで、症状を消失させていきます。


それぞれ、2つの療法はそれぞれ得意とする分野が違います。

 

目の前の症状を改善するには、薬剤を使う対症療法が得意な分野です。

 

痛みを止める、出血を止める、咳を止める・・・など

 

がんの療法でいえば、手術、放射線、抗がん剤です。

 

目の前の症状を抑え込む方法です。

 

ですが、痛みや目の前の腫瘍は治まったとしても、痛みの原因、腫瘍の原因がある以上は、やがて再発してしまいます。

 

その場しのぎ治療をしても、また同じことの繰り返しになり、それでは悲しすぎます。

 

がんをもとから治すには、やはり原因療法が必要です。

 

対症療法と原因療法は相反するものになります。


がんになるまでは、私も対症療法だけに頼り切っていました。


咳が出れば、咳止め


頭が痛ければ、頭痛薬


便秘をすれば、下剤


血圧が高ければ、降圧剤


病気を治している訳ではありません。

表面に出た症状を抑え込んでいるだけだったのです。

 

それどころか使った薬剤は体内に蓄積され、私の体内は毒素でいっぱいになっていました。

 

これも、がんになった原因のひとつ。


頭が痛い原因を取り除かず➡痛みだけを抑えたのでは➡また頭痛は起きてしまいます。


頭痛が起きる原因は何なのか・・・


体の冷えからくる血流障害から起きていたり、ストレスから交感神経が過剰になり酸素が少なくなって起きていることも


がんも同じ。

 

がんになった原因を取り除かない限り➡いくら癌を取り除いても➡再発転移が起きてしまうのです。

 

がんになった原因は何なのか・・・

 

これらの原因を取り除いていくこと・・・

ならば、本当の健康なからだを手に入れることが出来るのです。


自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

味噌汁が被曝から体を守る

味噌汁は、スープの中でも最高の健康スープです。

抗酸化力の強い味噌は、放射能を排出する作用があります。

なかでも熟成期間が長い味噌ほど放射能を除去する効果が高いと動物実験でも報告されています。

原爆の後遺症の調査でも、味噌汁を飲んでいた人ほど後遺症が軽くすんだという報告があります。

原爆の爆心地近くの病院の院長であった秋月辰一郎氏によって、味噌汁と玄米食によって患者さんや職員が白血病から逃れられたという有名な実話があります。

発酵食品である味噌は、抗酸化作用だけでなく、細胞の修復にも大いに役立っています。

毎日飲むと肝臓ガンや乳ガンが3~4割も減るといわれている味噌汁

近年増え続ける乳ガンは、この味噌離れが原因のひとつかもしれませんね。

放射能が気になる時代だからこそ、毎日、味噌汁は頂きたいですものです。

そして、味噌は生きている味噌が大前提です。

スーパーに並ぶ味噌は、ほとんどが息をしていない味噌です。

アルコールや熱を加えて味噌の発酵を止めています。

表示に、酒精や添加物の記載がないか

確認して買うことをおススメします。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

被曝とがんの関係・放射線を除去

ここ最近、以前にも増して茨城、福島、千葉、埼玉方面の方からのご相談が多くなっています。

特に女性の甲状腺がん、肺がん、乳がんです。

放射能との関係性は否定出来ないように思います。

浴びた低線量の放射能は、5年目以降にじわじわと形をあらわすと言われています。

気になるから検査を受け、またその検査で被曝してしまうことは避けれない事実です。

新潟大学の岡田正彦名誉教授も、レントゲン検査を原因とする肺がんの潜伏期間は1〜3年と極めて短いもので深刻な問題となってくると言われていますね。

ちなみに胃のバリウム検査は、X線を連続照射しながら行うため、肺のX線に比べ100倍リスクが高いと言われています。

さらに、CT検査による被曝線量は、X線撮影の200〜300倍とするという論文が多くあります。

PET検査ともなると、放射性物質を造影剤として投与するわけですから被曝量はどんなものでしょうか・・・

放射能を徐去できるのは抗酸化物質です。

日常の食べ物としては、自然塩を混ぜて炊いた玄米と味噌汁です。

長崎の浦上第一病院の秋月医師が、自らも原爆で被ばくしながらも玄米と味噌汁で原爆症から免れた有名な話がありますね。

ここだけを聞けば簡単に思うかもしれません。

しかし現代では、本物の玄米、味噌を手に入れることが非常に困難なのです。

玄米は、まず産地、そして有機でもなく減農薬でもなく、無農薬、無肥料の自然栽培であること

味噌は、同じく大豆の産地、栽培状況、自然塩を使っていること

そして、大切なことは生きている食材であることです。

玄米は発芽するか、味噌は水で溶いた片栗粉に味噌を入れたとき片栗粉を溶かすことが出来るか

試してみるといいですね。

それに加え、プロポリスなどの総合的健康食品を摂ることをおススメします。

私の愛用品はこちらから

抗酸化だけでなく、食事で摂った栄養を結合させ、効率よくカロリーを栄養に変える体をつくる

がん治しはあきらめない・必ず治ると信じて

大自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

がんが治った生き方・自然治癒ライフをご覧くださいね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自分で軽減?がん治療の副作用

日本には130万人を超えるガン患者がいるといわれています。


突然、がんを宣告され、準備も出来ず、知識もない状態で治療が開始されます。


壮絶な副作用で衰弱してしまい、苦しい治療の末、亡くなる人が後を絶たないのは悲しい今の現実です。


副作用がつきまとう・・・

この副作用から自分の体を守れるのは自分しかいません。


【毒をもって毒を制す】


これが、がん治療の現状、だから、副作用は仕方ないと諦めてはいませんか?


副作用で苦しまないように、「自分で軽減する」

そこに、意識を向けることが重要です。


抗がん剤の副作用でお困りの方からのご相談はとても多いです。


入れた毒は出す。

排毒が重要です。


自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

 

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

CT検査・・・メリット!デメリット!

2年前に卵巣がんになったある方が、検診のために今まで何度もCT検査をされています。

彼女は再発防止に取り組んでいることもあり、今のところ再発、転移はないとのことでした。

克服するために、体に悪いことを出来るだけ避けて生活している中で、定期のCT検査にはいつも悩むところだそうです。

CT検査による被爆は実際どの程度なのでしょう…

癌と見つけるメリット!

癌になるデメリット!


どちらを優先すべきか・・・

これも人それぞれですね。






放射線科医である近藤誠氏によれば、CT検査の8~9割は不必要な検査である、と言われています。



2004年2月に読売新聞が「がん3.2%は診断被ばくが原因」「15カ国で、日本がもっとも検査回数が多い」「発がん寄与度は、英国の5倍」という英国発の研究結果を、一面トップで報じたことがありました。



(近藤氏著より一部抜粋)


1回のCT撮影での実効線量は

日本の実測データを見ると、

胸部CTが18ミリシーベルト、

腹部・骨盤CTは男性が23ミリシーベルト、女性が29ミリシーベルトにもなります。


腹部・骨盤CTはもっと被ばく量が多く、最低で20ミリシーベルトを超えるとか・・・

造影CTまでやれば(2倍で)40ミリシーベルトにも??

頚部から骨盤までの「全身CT」で造影CTまで行えば、60ミリシーベルトを超えかねない??

これを何度もCTを受けていけば➡100ミリシーベルトなど簡単に超えてしまいますね。


原子力発電所作業従事者が低線量被ばくの後に発がんした場合、役所が労災認定しているのです。

その時、白血病を発症して1991年に労災認定された方の被ばく線量は、11ヶ月で40ミリシーベルト


放射線を用いる医学検査によって、数十ミリシーベルトを被ばくすることは日常茶飯事なのです。


安全なのか危険なのか・・・


自分で確認、そして自己判断することですね。


被曝には抗酸化食品をしっかり摂ること


知らないことが一番怖いです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

抗がん剤は耐性をつくる

ガン患者さんの多くの方が恐れているもの

それは再発・転移です。

ガンが見つかった後、治療に専念します。

では予防はどうでしょう・・・

再発・転移をする人は、予防ということをしていない人がほとんどです。

再発・転移という言葉に説得されていませんか?

再発でもなく、転移でもなく、新しいガンだとしたら、また同じことをしてしまったと後悔するでしょう・・・

病院は治療の場であり、予防は放置になります。

今までと変わらぬ生き方では、同じことを繰り返して当然なのです。

手術、抗ガン剤、放射線は、対症療法、つまり応急処置なのです。

だから多くの場合、再発・転移をしてしまうのです。

一時は治ったようにみえても、病気の原因がある限り、ガンはまた増殖し再発します。

手術、薬剤、放射線も血液を汚し新たな病気をつくる原因のひとつです。

一生懸命つらい治療を受け、結局1年後、2年後、3年後、再発・転移を繰り返し、自分の免疫でなおすしかないとやっと気付く方も少なくありません。

大切なことは気付いた後、原因を取り除くために、常識というものから抜け出すことが出来るかどうかです。

抗ガン剤が100日で耐性をつくることはずっと前からわかっていること

100日を過ぎれば、ガンはじわじわと勢力を増して暴れ出します。

反抗ガン剤遺伝子(アンチ・ドラック・ジーンADG)

本当のの意味でのガン細胞の攻撃が始まるのです。

攻撃すれば、攻撃される

ブーメランとなって自分に返ってくる

ガンの世界でも同じではないでしょうか・・・

私たち人間には、ガンをアポトーシス(細胞の自殺)に導く自然治癒力が備わっています。

どんな人でもガン細胞は毎日数千~数万個うまれていると言われ、自己治癒力、つまり免疫によってガン細胞を自然治癒させ、健康を維持しています。

免疫が低下したとき、ガン細胞が抑えられなくなり発症します。

だから、ガンを治癒させるには自分の免疫を高めるしかないのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

ご相談・お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

治療への不安・ガン難民にならないために

現在、日本には130万人を超えるガン患者がいると言われています。
その約半数の方が、ガン治療への不安、病院への不信感で迷っているそうです。
ガン難民というこの言葉を聞いた事がある方も多いかと思います。

 

病院に見放され途方に暮れる人もいれば、何かが違うと感じて自ら病院を離れる人もいます。

抗がん剤の副作用に耐え切れず病院を去る人も・・・

行き場を無くした患者さんは、不安な時間を過ごされていることと思います。

ガン難民になった原因はさまざまですが、これも無知がゆえに始まったことだと言われた方がいます。

 

壮絶な副作用そして細胞が破壊される凄まじい痛み

体だけでなく精神的に追い込まれ、自ら治療を中止したそうです。

 

死にたくないと思い、抗がん剤治療を始めたのに、あまりのしんどさに死にたくなった・・・と言われました。

 

抗がん剤治療を始める前に、なぜ準備をしておかなかったのか・・・

 

あまりにも無知で甘かった自分を責めたそうです。

まさか自分が癌になるなんて、考えてもいなかった。

私も同じで、準備もなく、知識もない状態でした。

がんになれば、病院で三大療法を受けるのが当たり前と思っていれば

疑うこともなく治療を受けます。

抗がん剤というものが、どんなものか

知らなければ、排毒など考えもしないでしょう・・・

 

皆さんご存じのように抗がん剤は非常に毒性の強い薬剤です。

 

抗がん剤をしたら、すぐに排毒です。

 

抗がん剤を始める前にも やるべきことがたくさんあります。

ガン難民にならないためにも、準備と自助努力を怠らないことですね。

 

抗がん剤に限らず、薬品を大量に使う手術、かなりの細胞を酸化させる放射線も同じです。

2人に1人がガンになり、3人に1人が亡くなる時代

自分や大切な家族が、いつ癌になるかわからない時代

ですから、さまざまな療法や排毒方法があることを知っておくことも大切です。

 

民間療法を活用することで、痛み止めを使う量が減ったり、副作用が軽減したり・・・

 

また、最近は、いろいろな先生方のがん療法の本もあります。

 

学ぶチャンス、情報は以前に比べ増えています。

たったひとつの情報で救われた人もたくさんいます。

情報をキャッチしたら、それが是か非か、必要か不必要か、自分が判断すればよいこと

まずは知ることです。

そして、自分に合うものを

自分でしっかり選ぶことです。

迷い悩む方が、早く自分の道を見つけられますことを、せつに願っています。

 

~ 自分の体は自分で守る ~

 

がん自然療法の秘訣とは・・・(抗がん剤・放射線・手術だけに頼らない)

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

 

 

明るい未来に向けて・・・

ご相談・お問い合わせは

☎0849251271  (8時~20時 土日祝も受け付けております)

混み合う時間帯:18時~20時

※混み合っている場合は、こちらから折り返しお電話させていただきます。

 

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

 

 

放射線被爆とがんの関係

チェルノブイリ原発事故の後、ひとつ上の町ベラルーシでは15歳以上の子どもが居なくなった・・・

飯山一郎先生のYouTubeで衝撃な言葉を聞きました。

これは、たくさんの子ども達が、原発事故での被曝後、ガンを発症しているということなのでしょう。

特に放射能による被爆のダメージは、小児は大人の10倍、胎児は100倍と言われています。

これは、成長期で細胞分裂が盛んなだけに、遺伝子が損傷を受けやすい時期だからだそうです。

日本でも福島原発事故で、たくさんの方が苦しまれています。

原発事故後、ガンの発症が60%も上がったなど様々な情報が流れています。

被曝がどれだけ怖ろしいものなのか痛感いたします。

しかし、日本では、放射線被曝量が多いCT検査やPET検査が多く行われています。

近年では、放射線検査によるガンの発生も問題になっています。

以下 船瀬俊介氏著 新医学宣言 『いのちのガイドブック』 より一部抜粋

チェコ・リポートで、わずか三年で六回 X線撮影を受けただけで、肺ガンを発症し、1.36倍も肺ガン死しているのです

・・・・

バリウムを飲ませた患者に三分ぐらい時間をかけて、TVモニターを見ながら八枚ていどX線を撮る。 手慣れた医師が素早くやっても、被ばく量は胸部 X線の少なくとも6倍。 さらに衝撃は続く。

「人間ドックや病院で行われる胃ガン検査になると、被ばく量は胸部レントゲン検査の100~300倍にもたっします」 (岡田正彦著『ガン検診の大罪』)

検診に行ってガンをつくっているように思います。

治療の前後に放射線被曝量の多いCT検査を頻回に受けていると、被曝による免疫力の低下で、また新たなガンが発生するのではないかと心配する方も少なくありません。

では、ガンの三大療法である放射線治療はどうなのでしょうか。

放射線治療は大量の活性酸素を生み、周りの組織まで破壊されてしまいます。

放射線の組織破壊力は非常に強く、ガン細胞の内容物までもが流れだしてしまうこともあるそうです。

ガン細胞の中は、酸化力が非常に強いものであり、それらが体内に流れ出すというこは危険であることはわかります。

当然、活性酸素が膨大な量で増え、リンパ球を減少させてしまい、免疫はどんどん低下します。

リンパ球が減ると、ガン治しどころか、再発転移の心配が増してきます。

放射線治療後、数年経ってもリンパ球が増えず、苦しんでいる方が多いですね・・・

たくさんの免疫機能が集まっている腹部への照射、胸腺への照射は特に、免疫を抑制してしまう可能性が高いのではないでしょうか・・・

放射能を浴びてしまった体には、抗酸化物質を摂ることをおススメします。

活性酸素が大量に放出された体は、また新たなガンをつくってしまいます。

放射線により破壊されたガン細胞から流出した内容物で、他の臓器が酸化します。

しっかりと抗酸化物質を摂り、まずは少しでも活性酸素を除去することです。

そして、自らの腸内細菌で抗酸化力を高めれるよう腸内環境を整えること。

腸内細菌が整い、活性酸素が除去され、血液がキレイになるには時間がかかります。

浴びているものが多ければ多いほど、当然時間はかかります。

まずは、体をキレイにすることに意識を向けて取り組むことです。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのオフィシャルブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)