がんを治すには幸せを感じること

幸せだと思って生きていますか?

ガンにたったとき、幸せだと心から感じて生活していたでしょうか・・・

家族がいて、特に不自由なく生活していても、愚痴っぽくなっていたり、心のどこかに寂しさや、孤独感、漠然とした不安を感じたりしていなかったですか?

自分は必要とされていない

自分は愛されていない

自分は幸せにはなれない

そんな風に思い、つらい人生を生きてきた人もいるでしょう。

しかし、がんをなおしたければ、その思考は捨てること

がんをなおすためには、幸せを感じて生きることです。

今までの人生はリセットすること

ガンは、生き方を変えるために起きた症状です。

今までの思考をきっぱり捨てるきっかけを与えてくれているのです。

だから、ガンになる前より、ガンになった今の方が幸せでないといけないのです。

幸せというものは、他人から強制されるものでもなく、他人から与えられるものでもありません。

自分が幸せであると気付くこと

今、息をして生きています。

気付き、変えるチャンスを与えてもらっています。

人やもの、周りに助けられ生きています。

人は意識を持たなければ、不満な側面しか見えなくなるものです。

楽しいこと、嬉しいことも必ずあったはず

小さな喜びを見つけて、幸せな側面も見てください。

自分が不幸だと思えば、不幸になります。

自分が幸せだと思えば、幸せになります。

本気で自分と向き合ってみませんか?

私もガンになり、初めて本気で自分と向き合うことが出来ました。

凝り固まっていた思考、恐れ、憂い、執着があった自分に気付かされました。

長い間、積み重ねてきた負の思考は、油断をすればすぐ戻ってしまいます。

そこで毎朝、朝陽を拝むことを始めました。

朝陽を浴びると、前向きな気持ちになります。

何といっても、朝陽を見ると、感謝の気持ちが溢れ出てきます。

そして、自分の愚かさを知ることが出来ます。

感謝して手を合わせる

すると、また感謝と愛の感情が広がり、心から幸せだと感じます。

朝を迎えられるって当たり前ではないのですから・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

免疫機能の低下・カンジタ症とがんの関係

がん患者さんの血液は、細菌やカビで汚れていると言われています。

つまり、がんの原因は、細菌やカビということにもなります。

【イタリアの医師トゥリオ・シモンチーニの説】

シモンチーニの「犯罪」とは、ガンがカンジダという健康な人の体内でさえ少量存在するイースト(酵母)菌に似た有機体によって生じる真菌であることを発見したことである。普段は免疫系がそれを抑制しているが、カンジダが強力な菌に変異する時、いくぶん深刻な健康問題が発生することになる。ガンもそれである。

シモンチーニは、ガンが体内のどこにあろうと、あるいはどんな形をとろうと、全てのガンが同じように振る舞うことに気がついた。そこには共通項がなければならなかった。彼はまた、ガンの「しこり」が常に白いことに着目した。

他に白い物とは何だろう? カンジダである。

シモンチーニは、細胞増殖が激しくなったと主流医学が信じていたもの、すなわち「ガン腫瘍」が、実はカンジダの攻撃から体を守るために細胞を生成している免疫系であることに気がついた。 (デーヴィッド・アイク公式日本語情報より)

なぜ、カンジタ菌が異常繁殖するのか・・・

免疫機能が低下しているからです。

なぜ、免疫機能が低下したのか・・・

毒素が溜まって、血液が異常に汚れているからです。

毒素が溜まった原因は、日本人に合わない食事、減塩、添加物、薬品、運動不足、体の冷えなどです。

そのなかでも添加物、薬などの化学汚染は、解毒器官である肝臓機能の許容範囲を超えてしまいます。

毒素の溜まるものは出来るだけ体内に入れないよう心がけることと、排毒できる体をつくることが大切ですね。

実際に子宮がん、卵巣がんの方の多くは、過去にカンジタ膣炎や膀胱炎を繰り返した経験を持っています。

まさに免疫力の弱さを物語っています。

免疫系が弱った時、菌は増殖します。

この真菌が臓器に広がった状態が、ガンだというのがシモンチーニの説のようです。

それなら抗菌作用のあるサプリや健康食品が癌に効いたと言われるのも納得できる話です。

薬品で殺菌すれば、毒素が溜まり、また血液は汚れてしまいます。

殺菌効果のある食品を上手に活用されることをおススメします。

そして、免疫機能がしっかりと働いていれば、真菌が増殖することはないのです。

体内に溜まった毒素を排出して、免疫機能を高めていく

免疫を高めることは生命にとって最も重要なことです。

がん治しはあきらめない・必ず治ると信じて

大自然の恵み・自然界の力を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん患者をもつ家族の悩み

「人任せの治療から抜け出してくれない」

「聞く耳をもってくれない」

ガン患者さんをもつご家族の悩みのなかで、一番多い相談内容です。

特にご主人様がこんな感じで頭を抱えている奥様が多いこと・・・

奥様からすると、なぜ? と思い苛立つ時もあるでしょう。

それも仕方ないと言えば仕方ない部分でもあります。

悪魔でも統計的な答えにはなりますが・・・

男性は 『理屈・理論・ルール』 を大切に生きています。

女性は 『感情・直感・センス』 を大切に生きています。

そして男性は家族を守るために必死になって仕事をしています。

何事も仕事に結びつけている男性は、「結果をだして、評価されたい」とう意識が気付かぬうちに身についているのかもしれません。

理論的な生き方をする男性は、科学的根拠のある療法を好み、それによって結果を出すことに意識がいきやすいのかもしれません。

そしてルールを強く意識する男性は、医師からの治療を断れない義務を感じているのかもしれません。

一方、女性は正反対です。

女性は、感情や直感、情緒でものごとを捉え決めるところがあります。

科学的根拠のない療法であっても、感情と一致すれば、素直に受け入れられるのです。

また、直感力を大切にする女性は、理屈など必要としません。

そして、女性は、本音と建前を上手く使い分けて生きています。

病院でもらった薬でも先生の手前、飲んでいるふりをしている方が非常に多いことに驚きます。

女性は結果とは別に、安全で平穏な毎日が持続することを望んでいます。

男性は結果の為なら、危険も覚悟という方が多いですね。

そもそもこれだけ違う訳ですから、たとえ夫婦であっても、同じ方向にむいていても、選ぶ手段が全く違うわけなのです。

いくら夫婦であっても、強制はできません。

でも時間に限りもあることですから、苛立つ奥様の気持ちも無駄にすることは出来ません。

理屈や、理論で生きる男性には、きちんと理屈や理論を並べてお話すれば伝わるのではないかと思います。

なぜ、今のあなたにはこれが必要なのか・・・

思いや感情だけで伝えるのではなく、きちんと順序立てて説明をしてあげることも愛情です。

すると、自然と心の部分にも目を向け、ガンの名医は自分自身であることに気付きます。

こんな時こそ、家族が心身ともにキレイでいることです。

心豊かに生き生きと輝く家族を見ることで、必要な人には必ず気付きが起きてきます。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

免疫低下・がんは酸素不足から起きる

細菌やウイルス・異物から体を守ってくれているのが私たちの体の免疫システムです。

病気を未然に防いだり、病気になっても治癒させようと免疫が働いてくれているから健康を保つことが出来ているのです。

免疫が低下すると、体内の毒素(異物)が排除できなくなり、体に溜まり癌などの病気を発生させてしまうのです。

その結果、免疫力を担っている白血球が不十分になるだけでなく、酸素を運ぶ赤血球も不十分となり血液がうまく流れず酸素不足の状態に陥ります。

がん患者さんの多くは、全身にしっかりと酸素が運ばれていない状態なのです。

腹式呼吸でしっかりと全身に酸素を送っていくことをおススメします。

そして、必要以上に免疫を低下させてきた原因を取り除くこと

【精神的ストレス】

人とのコミュニケーションがうまくとれない孤独感

小さなことでも考え、悩んでしまう

漠然とした不安、寂しさがある

【肉体的ストレス】

添加物・農薬・経費毒による体の酸化

減塩による血流不足

動物性食品に偏った食事による高カロリーの栄養不足

過酷な労働による交感神経過剰

その他、電磁波などの環境的ストレスなどもあります。

何かしらの原因によって、体温の低下、酸素の不足が起き、体内の排出機能が低下し癌が出来ていきます。

まずは、原因を取り除き、そして体内に溜まった毒素を素早く排出できる体をつくることです。

温熱器や入浴などで外から体を温める

有酸素運動で下半身を鍛え、筋肉をつけ内臓温度を上げる

健康食品を活用して、日々の食事の栄養価を効率よくバランスよく体の隅々に運ぶ

何より大切なことは、必ず続けることです。

飛びついて始めても、すぐに理由をつけてやまてしまう人

コロコロと気持ちが変わり、信念がない人

知識はあっても、実践出来ない人

自分が決めたことを最後まで信じることが出来ない人

これでは、がんを治すことは出来ないのです。

このままで本当に良いのかどうか、もう一度自分に問いかけてみてはどうでしょう・・・

なぜ、癌を克服出来ている人がいるのか・・・

それは、自分を信じ、自分の選択肢を極めているからです。

自分の直感を無駄にしない!

チャンスは逃がさない!

即行の決心・実践で人生が変わるのです。

大自然の恵み・自然界の波動をしっかりと受け取ることが出来れば、がんは治るのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんに効くものとは・・・徹底して自分の直感を信じること

突然のがんを宣告・・・

 

何をどうするべきか・・・・

 

私も沢山調べました。


まずは、自分がどういう現状なのかを知るために、震えながら、がんのステージ、治療法について調べました。


怖くて仕方なかったのを覚えています。


私は、いてもたってもおられなくなり

『ガンに効くもの』 はなにかと探しました。


藁をもすがる思いでした・・・


そんななかで、これをやってみたい! 

これはきっと 「がんに効く」と直感が働いたものがあります。

 

私は迷うことなく、高濃度プロポリスを飲むことに決めました。


しかし、あのとき、他にも良いものがあるのではないかと探し求めていたらどうなっていたか・・・


調べれば調べた分だけ、気持ちが揺れ、正しいのは何かがわからなくなり、自分の直感すら、信じられなくなってしまいます。


迷ってしまい決められない人の気持ちもよく分かります。


しかし、決断が出来なければ・・・

チャンスを失ってしまう、その怖さの方が強く感じました。


 迷いは、大切な直感を鈍らせてしまいます。


これをやったら、飲んだら、がんがなおる


すべて、人それぞれ違うのです。


他人の意見を参考にするのではなく、自分の直感を大事にすることです。


この療法はどう思いますか? 

このサプリはどう思いますか? 

とよく聞かれますが、それも人それぞれ違うのです。

皆に100%効くものは、当然ですが、残念ながらありません・・・

人や物に依存するのではありません。

なおすのは自分であることをしっかりと自覚することが重要です。

色々な物に欲が出たり、悩みすぎると、直感が鈍り

そして、信念までもが揺らいできます。


これが、失敗をしてしまう原因です。


これだと決めたら、徹底して自分を信じてやり抜くこと


プラスの思考が、揺るがぬ信念となります。

そして、現実をつくるのです。


悩み過ぎると➡エネルギーも失い➡がんの道に進みます。


自分の直感を信じること

そして、おおらかな心でがんなおしに励まれることを祈っています。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

骨粗鬆症!病気なのか?老化なのか?

骨粗鬆症という病気はいつからあるのかと、ふと思うときがあります。

 

出来たのか?

それともつくったのか??

 

病気?

それとも老化??

 

女性は、閉経と同時に女性ホルモンが減ります。

その影響で、骨の密度が減少します。


骨の密度が減少すると・・・

骨折しやすくなると言われています。


それは、今に始まったことでは・・・

いつからか、病気として扱われるようになっています。

 

そして今では投薬の対象です。


お薬が増える理由のひとつになっています。


 

宇多川久美子先生のご著書より 一部抜粋



骨粗鬆症の薬 「フォサマック」の副作用の欄には 「けいれん、しびれ」 など・・・

「顎骨壊死・顎骨骨髄炎」 など飲むだけで骨が壊死したり、さらには「大腿骨転子下及び近位大腿骨骨幹部の非定型骨折」

なんと骨折と明記されているのです。


とあります。



骨粗鬆症の薬を飲んで、骨折する・・・そんなことあるの?

まさかの話ですが、これが薬の怖さですね。


薬を飲むことで、発生するかもしれない副作用やリスク

そのことを考えると、簡単に飲んで良いものなのか?


骨密度を上げることよりも、運動をすることで足腰を鍛え、転びにくい体をつくる方が・・・と思います。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

調味料から体づくりを・・・

日本人は、添加物やお薬が大好き?

 

添加物が入ってないものの方が少ないですね。

 

農薬、化学肥料を使っていない無農薬野菜や自然栽培のものも自分でつくらない限り、なかなか手に入りません 

 

注) 自然栽培と有機栽培は違います

 

であればせめて調味料だけでもこだわってみてはいかがでしょうか

 

というよりも、調味料から変えていく

 

みりんや料理酒ですら添加物が入っているものも多いのです 

 

例えば、みりん風調味料は➡水あめ、うま味調味料などで味を調整してあります

 

私はいつも醗酵調味料を使っています

{B8D3ED5F-AE74-444A-8A3E-08B973A61C14} 

 

煮物のときも、お砂糖もみりんも料理酒も使わず、これだけです

 

{3499C5D4-5C27-4D1B-954C-FC95F79BB6EA}

 

原材料もシンプル

 

おすすめです。

 

自然食品店さんや、こだわりのお店などで販売されています。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

オートファジーを空腹で活性化

古くなったたんぱく質や異物を集めて分解し、新たなたんぱく質に再合成する働きのことをオートファジーといいます。

 

大隅良典氏により解明された細胞の自食作用で、自分自身を食べる細胞、自給自足細胞です。

 

このオートファジーが活性化すれば➡がんにおおいに役立つのではないか!

という見解です。

 

私たちの1日の平均たんぱく質摂取量は約70gといわれており、必要な量には足りていません。

 

そこで力を発揮するのが、オートファジーの働きです。

 

食事では足りないたんぱく質➡自分の体のたんぱく質を分解➡オートファジーの働きで再生➡補っています。

 

お腹が減った分だけ、オートファジーは活性化されます。

 

このオートファジーのすごいところは、たんぱく質の再生だけではありません。体内に溜まった老廃物まで活用してしまい、お掃除屋さんといったところでしょうか。

 

断食をすると➡オートファジーの働きが活性化➡体内の大掃除が行われるということです。

 

オートファジーを上手に活用することで、自然治癒力も高めることが出来ます。

 

断食は体調によって出来ないこともあるので、日頃から食べ過ぎないこと

そして、腹7分目を意識することですね。

 

空腹時はプロポリスを飲むチャンス!

私はあの頃、1日1食にしました。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

習慣がやがて大きな花を咲かせる

習慣と結果は比例します。

小さなことであっても

毎日 続けること

コツコツとした積み重ねがやがて

大きな花を咲かせるのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

心の在り方とがんの関係

心のあり方を変えて・・・・

そんなことで、がんが治るものかと

言われる人もいます。

しかし、実際に治した人は

大勢おられます。

己の心のあり方が・・・

がんをつくり、がんを治す

これが認められた人➡己の愚かさを知り➡心のあり方を変えること➡がんを治していくのです。

認められない人は➡心のあり方を変えようとしません。

『病の根源は心にある』

この言葉通り・・・

心のあり方は人間の細胞に大きく影響を与えています。

私達の生きている世界は、目に見えるものだけではなく、生命エネルギーは、目に見えない力の影響をたくさん受けているのです。

しかし目に見える癌、画像にうつる癌というがんの塊だけを重く見ている傾向があるのではないでしょうか。

『心を別として身体を治そうとしてはならない』

ヒポクラテスの残した言葉にもあるように、心なしでは、私たちの肉体は存在しないのです。

人間の心と身体はしっかりと繋がって生命力を維持しているのです。

身体に起きる現象は、心のあらわれです。

心の声を聞かなければ、がんは治らないのです。

己の責任から逃げ、愚痴、泣き言、マイナスに考えて生きている方は、健康が近づいて来ないのです。

私もそうでした。

自分の愚かさに気付き、感謝をする生き方で前を向いて生きている方は、元気になられています。

心の在り方、そして生き方を見直して・・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)