眠っている自己治癒力を起こす・がん治し

【癌を治すには、原点に戻ってみる】

私たちは知らず知らずのうちに洗脳され、不自然な生き方をしているのです。

その結果、病気をつくってしまっています。

風邪をひけば病院で薬をもらう

体調がすぐれなければ点滴を受ける

病気が見つかれば手術などの治療をする

こうやって自己治癒力を落としてきました。

私もこれが当たり前だと思っていたひとりです。

しかし、自己治癒力で癌を治した人がいると知ったとき、はたと気付かされました。

自己治癒力がありながらも、生かしていないのは私たち人間とペットとして飼われている動物だけ?

そんな風に思いました。

野生の動物は、不調が起きても病院に行かず自己治癒力で治します。

そもそも野生動物はがんがない

●食べ物は自然のままで添加物を摂らない

●シャンプーなどの経費毒に触れない

●食べ過ぎない、飲み過ぎない

●調子が悪ければ、食べない、動かない

まさにこれらが癌をつくらない生き方ですね。

私たち人間は、ほぼ真逆な生き方をしているように思います。

しかし、昔の人は違いましたね。

野生動物に近い生き方をしていたのです。

だから、癌という病気もなかった

癌は、経済の発展、環境の変化、利便性によって増えた病気ですね。

癌を治すには、原点に戻ってみるということです。

野生動物を見習い、眠っている自己治癒力を起こす

生命エネルギーを高め、がん治しに自然治癒力を最大限活用して頂きたいとせつに願っております。

がんを治す生き方・・・

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

牛乳とがんの関係

牛乳神話は変わらず続いています。

骨転移して、カルシウムを摂らなくては・・・と言って牛乳、ヨーグルトをたくさん摂っている人がいます。

牛乳は、リンとタンパク質を多く含んでいるので、摂取をすれば、リンとタンパク質を中和させるために体のカルシウムが溶けだします。

つまり牛乳を飲む人は、骨粗しょう症になりやすい、また骨折しやすいということです。

世界一牛乳を飲む国 ノルウエーの人の骨折率は、日本人の5倍

そして、畜産で育った乳牛は、早く成長させ、たくさんのお乳を出させるために大量の成長ホルモン、女性ホルモン、さらに抗生剤が投与されています。

これによって、牛乳が、前立腺ガン、卵巣ガン、乳ガンなどのホルモン系のガンを増やしてきたことは多くの研究者が指摘をしています。

卵巣ガン、乳ガンになっても、また牛乳を飲んでいませんか?

特にガンの人は、チーズやヨーグルトも要注意

ホルモン系ガンに限らず、腸を汚してしまう牛乳は、大腸ガンの発症リスクも高くなります。

また、成長ホルモンを多く含む牛乳は、体の防衛メカニズムを阻害すると言われています。

何が起きるかというと・・・

成長ホルモンは、体の防衛機能を狂わせ、ガンのアポトーシス(死滅)を阻害してしまい、結果ガンの発症に繋がっていくのです。

もうこれ以上、ガンを増やさないよう嗜好品である牛乳は避けるべきですね。

子どもの頃から牛乳を飲み続けると、ぜんそくやアトピー、精神発達面にも害を及ぼす可能性も報告されています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんとワクチンの関係

増え続ける子宮頸ガン

しかも20代といった若い人の発症が増えています。

そんな話を聞けば、誰しもが不安を持ちます。

もしも私が・・・

もしも娘が・・・

そんな心理をつくように登場したのが子宮頸がんワクチンです。

子宮頸がんワクチンをすれば本当にガンを避けれるのでしょうか・・・

ワクチンは、化学物質ですから当然、多くの発がん物質を含んでいます。

『ワクチンには、80~100種類の猛毒が入っている。有機水銀化合物のチメロサールなんていう神経毒が、子どもに与えていい安全基準量の1000倍も2000倍も入っているし、発ガン物質のホルマリンも入っている。それから豚とか牛とか猿の体液が入ってるんだ。子宮頸ガンなんか、蛾の細胞からできている』

驚くべきことが船瀬俊介氏のご著書にもあります。

多種多様の猛毒でつくられているワクチンを打つとどうなるのでしょう。

副作用が出ても不思議ではないということです。

多くのワクチンには『チメロサール』という水銀の一種が含まれ非常に危険であり、特に子ども達に与える影響は深刻です。

ガンや病気を防ぐためのワクチンに発がん物質が含まれている

何のための、誰のためのワクチンなのでしょう・・・

体内に薬剤が入れば、病気を防ぐどころか免疫を低下させてしまいます。

病気を防ぐのはワクチンではなく、自分自身の免疫です。

病気を防ぐのも、病気をなおすのも免疫力です。

摂ってしまった発がん物質は体から出すこと

ワクチンに限らず、私たちは常に毒にさらされながら生活しています。

常に解毒をする体を目指しましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

産地、蜂の種類でプロポリスの品質は大きく変わる

私が、がん宣告を受けたことで、ご縁を頂いたのがプロポリスです

 

プロポリスとは➡ハチが樹液を集め➡自らの酵素(唾液)と混ぜ合わせたものを➡巣箱の入り口に塗ったものです。

 

茶色の塊がプロポリスなのですアップアップ

 

まるい穴からハチは出入りをしますハチ

 

なぜハチたちは、自らの酵素を使い巣箱の入り口にプロポリスをつくるのでしょう?

 

その理由は、抗菌作用の強いプロポリスによってバクテリアなどの菌やウイルスから巣の中、そして自らの身を守るためです。

 

すなわち、プロポリスはハチの生命を守る貴重なものなのです。

 

その恩恵を受けた私・・・・

 

本当に感謝をしています。

 

とにかくプロポリスは エネルギーが高いのです。

 

ですが、プロポリスといっても沢山あり、最高級品から粗悪品まで幅広く存在しています。

 

プロポリスの品質は、その土地土地の気候、植物分布が決定的ともいえる要素になります。

 

場所、気候、植物、ハチの種類よってプロポリスの成分は全く違ったものとなります。

ですので、一言でプロポリスといってもその成分は天と地との差

そして、産地、起源植物は非常に重要になります!

 

プロポリスの原塊はブラジル、オーストラリア、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、南アフリカ、中国など世界各地で採取されていますすが、プロポリス研究家によって、ブラジル産プロポリスの品質が世界一位と確認されています

 

ブラジルは世界一薬草の宝庫!

そして、大自然が豊富なブラジル原野の蜂は飛ぶ能力に優れているため質の良いプロポリスがつくられます。

 

ブラジルはウイルスやバクテリアが多く巣を守るために抗菌力の強いプロポリスとなるのです。

 

ですが・・・ブラジル産であれば、どのプロポリスも高品質か?

というと決してそうではありません

 

扱う業者の質、地方、ハチが樹液を集める植物によって品質に大きな違いが出ます。

 

蜂粋ゴールドプロポリスは 世界最高品質とされるブラジル南部の高原地帯で採れるユーカリ系プロポリス原塊を使用しています

 

そして、余分な加工はしない

 

最も無駄なく有用成分が使える 原液タイプです

 

 

 

まずは年齢+100日間で体の変化を感じる

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

調味料から体づくりを・・・

日本人は、添加物やお薬が大好き?

 

添加物が入ってないものの方が少ないですね。

 

農薬、化学肥料を使っていない無農薬野菜や自然栽培のものも自分でつくらない限り、なかなか手に入りません 

 

注) 自然栽培と有機栽培は違います

 

であればせめて調味料だけでもこだわってみてはいかがでしょうか

 

というよりも、調味料から変えていく

 

みりんや料理酒ですら添加物が入っているものも多いのです 

 

例えば、みりん風調味料は➡水あめ、うま味調味料などで味を調整してあります

 

私はいつも醗酵調味料を使っています

{B8D3ED5F-AE74-444A-8A3E-08B973A61C14} 

 

煮物のときも、お砂糖もみりんも料理酒も使わず、これだけです

 

{3499C5D4-5C27-4D1B-954C-FC95F79BB6EA}

 

原材料もシンプル

 

おすすめです。

 

自然食品店さんや、こだわりのお店などで販売されています。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

骨粗鬆症!病気なのか?老化なのか?

骨粗鬆症という病気はいつからあるのかと、ふと思うときがあります。

 

出来たのか?

それともつくったのか??

 

病気?

それとも老化??

 

女性は、閉経と同時に女性ホルモンが減ります。

その影響で、骨の密度が減少します。


骨の密度が減少すると・・・

骨折しやすくなると言われています。


それは、今に始まったことでは・・・

いつからか、病気として扱われるようになっています。

 

そして今では投薬の対象です。


お薬が増える理由のひとつになっています。


 

宇多川久美子先生のご著書より 一部抜粋



骨粗鬆症の薬 「フォサマック」の副作用の欄には 「けいれん、しびれ」 など・・・

「顎骨壊死・顎骨骨髄炎」 など飲むだけで骨が壊死したり、さらには「大腿骨転子下及び近位大腿骨骨幹部の非定型骨折」

なんと骨折と明記されているのです。


とあります。



骨粗鬆症の薬を飲んで、骨折する・・・そんなことあるの?

まさかの話ですが、これが薬の怖さですね。


薬を飲むことで、発生するかもしれない副作用やリスク

そのことを考えると、簡単に飲んで良いものなのか?


骨密度を上げることよりも、運動をすることで足腰を鍛え、転びにくい体をつくる方が・・・と思います。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんになる原因を体取り除く

療法には、対症療法と原因療法があります。

 

対症療法だけに頼りすぎるると・・・・病気は繰り返すことになります。

 

病気の急性期には・・・・すばらしい力を発揮する対症療法

なのですが、対症療法は薬剤を使います。

 

薬は体温を下げ➡血液を汚し➡体は酸化してしまいます。

 

血液が汚れ➡体が酸化すると➡がん細は増殖をしやすくなります。

 

そして、薬剤はがんの原因となる毒素を体の中に溜めてしまいます。

 

体内に毒素が増えれば増えるだけ、がんを治そうとする体の機能は弱っていきます。

 

緊急時を除き、対症療法は、人間が本来持つ自然治癒力を抑えてしまうのです。
 

自然治癒力は➡がん治しにとって欠かせない存在➡自然治癒力なしでは、がんは治らないと言えるでしょう・・・

 

自然治癒力が衰え➡また癌細胞は増殖します。

 

この自然治癒力を維持するためには➡対症療法だけに頼らないこと

 

自然治癒力を低下させてしまった根本原因を取り除くこと、これが原因療法です。

 

体を温めること、食事を見直すこと、ストレスの緩和に努めること、運動をしたりするのが原因療法です。


そして、体内に溜めてしまった毒素を排出することが重要になってきます。


すぐにでも排毒をすること、いかに素早く排毒するかで、再発率が変わってきます。

 

排毒には➡【整った栄養・体温・前向きな明るい心】が必要です。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

オートファジーを空腹で活性化

古くなったたんぱく質や異物を集めて分解し、新たなたんぱく質に再合成する働きのことをオートファジーといいます。

 

大隅良典氏により解明された細胞の自食作用で、自分自身を食べる細胞、自給自足細胞です。

 

このオートファジーが活性化すれば➡がんにおおいに役立つのではないか!

という見解です。

 

私たちの1日の平均たんぱく質摂取量は約70gといわれており、必要な量には足りていません。

 

そこで力を発揮するのが、オートファジーの働きです。

 

食事では足りないたんぱく質➡自分の体のたんぱく質を分解➡オートファジーの働きで再生➡補っています。

 

お腹が減った分だけ、オートファジーは活性化されます。

 

このオートファジーのすごいところは、たんぱく質の再生だけではありません。体内に溜まった老廃物まで活用してしまい、お掃除屋さんといったところでしょうか。

 

断食をすると➡オートファジーの働きが活性化➡体内の大掃除が行われるということです。

 

オートファジーを上手に活用することで、自然治癒力も高めることが出来ます。

 

断食は体調によって出来ないこともあるので、日頃から食べ過ぎないこと

そして、腹7分目を意識することですね。

 

空腹時はプロポリスを飲むチャンス!

私はあの頃、1日1食にしました。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

対処療法だけに頼らない生き方・・・再発転移を防ぐ

同じがんの治療法であっても選択する療法によって変わってきます。

 

大きく分類すれば、対症療法と原因療法です。


対症療法とは、表面的な症状の改善、もしくは緩和を目的とする治療法をいいます。


表面に表れた症状に対応することであり、根本を解決するものとは違います。


原因療法とは、原因そのものを改善する治療法をいいます。


病気になった原因を取り除くことで、症状を消失させていきます。


それぞれ、2つの療法はそれぞれ得意とする分野が違います。

 

目の前の症状を改善するには、薬剤を使う対症療法が得意な分野です。

 

痛みを止める、出血を止める、咳を止める・・・など

 

がんの療法でいえば、手術、放射線、抗がん剤です。

 

目の前の症状を抑え込む方法です。

 

ですが、痛みや目の前の腫瘍は治まったとしても、痛みの原因、腫瘍の原因がある以上は、やがて再発してしまいます。

 

その場しのぎ治療をしても、また同じことの繰り返しになり、それでは悲しすぎます。

 

がんをもとから治すには、やはり原因療法が必要です。

 

対症療法と原因療法は相反するものになります。


がんになるまでは、私も対症療法だけに頼り切っていました。


咳が出れば、咳止め


頭が痛ければ、頭痛薬


便秘をすれば、下剤


血圧が高ければ、降圧剤


病気を治している訳ではありません。

表面に出た症状を抑え込んでいるだけだったのです。

 

それどころか使った薬剤は体内に蓄積され、私の体内は毒素でいっぱいになっていました。

 

これも、がんになった原因のひとつ。


頭が痛い原因を取り除かず➡痛みだけを抑えたのでは➡また頭痛は起きてしまいます。


頭痛が起きる原因は何なのか・・・


体の冷えからくる血流障害から起きていたり、ストレスから交感神経が過剰になり酸素が少なくなって起きていることも


がんも同じ。

 

がんになった原因を取り除かない限り➡いくら癌を取り除いても➡再発転移が起きてしまうのです。

 

がんになった原因は何なのか・・・

 

これらの原因を取り除いていくこと・・・

ならば、本当の健康なからだを手に入れることが出来るのです。


自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

手足のほてりは体の冷えのサイン

手足が温かく感じることと、手足のほてりは違います。


手のひらが赤い人、体温が低いのに手足がほてる人、それは、体の熱が手足を通して外に逃げています。


からだが冷えていませんか?


生理不順・痔・下肢静脈瘤(血管のぼこぼこ)や浮腫みがある人は、からだが冷えている傾向があります。


下半身が冷えていませんか?

 

冷えから体温低下が起きると➡臓器の働きが悪くなり➡細胞、すべての代謝が悪くなります。


そして静脈の小さな毛細血管の流れが滞ります。

そして、その影響でさまざまな症状が起きてきます。


神経痛や肩凝り、頭痛、動悸など・・・


とくに女性に多いのです。


その原因は、運動不足が多いと言われています。


とくの足腰の運動不足です。


運動をして、足が温まると血流が上がります。


足は心臓から距離があるため、血液を送るために、ポンプの働きをふくらはぎがしてくれています。


足の筋肉が衰えると➡ポンプの機能が低下し➡血液が隅々まで運ばれなくなりますので、ポンプ役の下半身の筋肉を鍛えることが大切です。


筋肉が鍛えられると➡血流も良くなり体温➡上がっていきます。


血流がよくなれば➡体の毒素は下半身に移動➡体の外へ排出されやすくなります。


歩いたり、階段を上り下りしたり、また椅子座ったままでも足を持ち上げ上下させる運動など、自分の体調や環境に合わせ、考えてしてみると良いですね。

 

とくにがんの人は➡体温が低く➡血流も悪く➡浄化機能が衰えがちです。


運動±湯舟のなかでふくらはぎをマッサージするなども良いでしょう。


この冷えを見逃してしまうと➡がん以外にも心筋梗塞や脳梗塞など➡一瞬で命を奪うようなことにも・・・


気付いたら改善していきたいものです

 

私は運動をする前もしくは、入浴前にプロポリスを飲んでいます。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)