体温アップでミトコンドリアを元気に

末期ガン患者さんは手足が非常に冷たいのですね。

本来は、『頭寒足熱』 のはずですが 『頭熱足寒』 になっています。

それどころか暖かい部屋の中でもブルブル震えることもあります。

がんを患っている人は体温が低い方が多いですね。

特に末期ガン患者さんは更に低い方が多いようです。

表面の体温は高いという人

では内臓の温度はいかがでしょうか。

体の冷えは免疫力を抑制し冷えは血流が滞り、酸素の運びも少なく、低酸素になります。

精神的ストレスや過労、寝不足が続いていませんか?

交感神経が常に働くようになり、低体温、低酸素の状態をつくります。

不安や怒りは、呼吸がとても浅くなります。

過呼吸がわかりやすいですね。

低体温、低酸素の状態は、正常細胞が生きにくくなり、ガン化してしまうのです。

35℃台の低体温は癌細胞が活動しやすい体温・・・

人間は恒温動物なので一定の体温と酸素が必要です。

体温とたっぷりの酸素でミトコンドリア系がエネルギーを生成します。

37℃の深部体温 (内臓温度) と酸素で働いてくれるミトコンドリア

わきの下で36.5℃以上は保ちたいですね。

体温を上げると血液の流れが良くなり、それに伴い赤血球が酸素を体の隅々まで運んでくれます。

深呼吸でミトコンドリアに酸素を・・・・

ミトコンドリアの細胞分裂を抑制する働きをしっかりと活用すれば、がん細胞の増殖は抑えられます。

ガン患者さんにとって体温を上げることはとても大切なことですね。

そして1日数回深呼吸実践で酸素をたっぷり取り込むことも大切です。

抗ガン剤投与後は体温は下がると言われています。

体温が下がると、細胞分裂を促進する解糖系優位のエネルギー生成になってしまいます。

ですので体温アップを意識することをおススメします。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

 

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

お乳が冷えていませんか???

お乳が冷えていませんか??

乳房は大胸筋に支えられ、脂肪と乳腺の組織で出来ており

その割合は9対1です。

乳房のほとんどが脂肪組織であり、さらに体から前に出ている乳房はとても冷えやすいのです。

下着や衣類で締め付けていませんか?

寝る時もブラジャーをしていませんか?

体の締め付けは血流を低下させ、冷えてしまいます。

また、乳房の周辺にはたくさんのリンパ節があります。

リンパ節が集まる脇の下や鎖骨周辺が締め付けられた影響で

体液の循環が悪くなり、酸素や栄養の運びが悪くなります。

また老廃物を運び出す力も低下!

さまざまな不調が起きてしまうのです。

がんは冷えた場所、酸素が少ない場所を好みます。

溜まった老廃物も癌の原因となります

体液の循環を低下させるような締め付けは避けましょう。

乳房に老廃物や疲労物質が溜まると、さまざまなトラブルが起きます。

その症状は乳房だけではありません。

全身に表れます。

お乳が冷えていませんか?

お乳が硬くなっていませんか?

リンパ液の流れが悪く、一度硬くなってしまった乳房は体液の循環が出来なくなります。

そして、放っておくとどんどん硬くなります。

硬くなると酸素や栄養が届かなくなり老廃物や疲労物質がどんどん溜まって行きます。

何もしなければ乳がんのリスクを高めます。

マッサージや入浴などでセルフケアをしていきましょう。

乳がんチェックは生理開始から5~7日目が理想です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

ご相談・お問い合わせ
☎0869-92-4631   (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

栄養価抜群の大根の葉とかぶの葉は捨てないでね(^_^;)

大根の葉とかぶの葉の混合でふりかけをつくってみました。

ごま油で炒って、発酵調味料と醤油で味をつけ、鰹節と炒りごま、すりごまをたっぷり加えました!

家族にも大好きです。

大根の葉、かぶの葉は、根っこ(本体)よりも栄養がたっぷり。

捨てるなんてもったいなので、ぜひ使ってくださいね。

大根の葉は、鉄分やビタミン類がとても豊富です。

血を作るもとになる鉄分

貧血になりやすい女性に嬉しい成分がたっぷりです。

ビタミンAも豊富です。

βカロチンといわれるものですね。

大根の葉には、ほうれんそう並のビタミンAがあり、新陳代謝を高めたり、目の疲労回復に役立ちます。

そして、免疫を高めるビタミンCも含まれています。

ビタミンCを十分に摂りたい人は、熱を加える調理より、塩もみなど生で食する調理がおススメです。

(ただし、大根の葉にはシュウ酸があるので、妊婦さんや結石が気になる人は、2分ほど茹でて使うといいでしょう)

利尿作用があるカリウムもあり、浮腫み予防に役立ちます。

神経を安定させるカルシウムは、小松菜よりも豊富です。

あとは、食物繊維がたっぷりなので言うことないですね!!

そして、かぶの葉の栄養価も素晴らしいですよ。

かぶの葉といえば、βカロチンです!

小松菜と同じように含まれています。

茹でることでβカロチンは増加するので、さっと茹で、相性の良いごま油であえてもいいですね。

そして、かぶの葉特有の葉酸

他のビタミンと一緒に赤血球の形成を助けるので、造血ビタミンともいわれています。

特に胎児の発育に重要な役割をする葉酸は妊娠初期に必須ですね。

とにかく栄養価が高い大根の葉とかぶの葉ですから

大根やかぶを買うときには、葉っぱ付きを選びたいですね。

体にとって、質の良い栄養とバランスはとても大事です。

野菜で摂り切れない人、今まで栄養が足りなかった人

まずは総合健康食品などで一定のラインまで体を整えると近道ですね。

【総合健康食品・300の栄養素と80余種の有用成分を含むプロポリス】 こちらから

https://www.qualitypro.jp/gantaiken/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんの再発を防ぐには・・・継続が大切

癌が消えた・・・と両手をあげて喜んだのも束の間、8ヶ月後、再発したと、ショックを受けた声でお電話がありました。

乳がん ステージⅡ

安心するのが早すぎたようです。

悪性度の高い癌、進行度の早い癌ほど、意外にも消失しています。

悪くなるのも早いのですが、治るのも早いのです。

ただし、治ったと思い安心してしまうと、再発してしまいます。

表面上の塊が消えたのであって、血液中には癌細胞は流れています。

仮に癌でなくても、どんな人であっても癌細胞は毎日生まれてきていますから、油断すると腫瘍という形で目を出してくるのです。

もう癌は治った、と早すぎる安心をしてしまうと、思わぬ結果を招いてしまいますので、癌が消えても、今まで通りの療法は当面 続けることです。

癌が消えたあとの再発は、よくあることです。

再発というより、治っていなかった・・・と言った方が正しい場合もありますね。

しかし、再発した人であっても、元々治す力をもっていたり、治すコツを知っている人ですから、再発後、今まで以上に本気で取り組んで再発を見事に克服する人はいます。

だから、慌てないこと、焦らないこと

もちろん出来るものなら喜びからまた突き落とされるような経験はしたくないものです。

自然療法で癌を自然退縮させた人は、抗がん剤、放射線、手術といった三大療法をした人に比べると、再発リスクは低いと思いがちです。

喉元過ぎれば熱さを忘れることのないよう、継続することが大切ですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

ご相談・お問い合わせ
☎0869-92-4631   (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

奇跡ではなく、誰にでも起こり得ること

しんどかった抗がん剤治療がやっと終わったと思ったら、3ヶ月もしないうちに肺に転移

新たな抗がん剤を投与したものの、腫瘍マーカが下がったのも束の間で、今度は肝臓と骨に転移が見つかった

次から次へと転移することに終わりがないことを感じ、抗がん剤治療をやめる決心をしたという乳癌Kさん

ただ、抗がん剤をやめれば、一気にがんは暴れ出すため、どうしたら良いものかと悩んでいたそうです。

抗ガン剤の強い毒性を知りながらも、治療を続てきた自分がバカだっだと後悔されていました。

抗がん剤の副作用で浮腫み、下痢、筋肉の痛みが続き、その副作用を抑えるために、また薬が出る

毎食後に10錠を超える薬を服用していたそうです。

抗がん剤の副作用でどんどん弱り、感染症を亡くなっていく人たちをみると、いずれ自分もこうなるのか・・・と震えたことが幾度とあった

そして同じ乳がんの人が、激しい痛みにモルヒネを投与されている姿を見て、本当に怖くなり、家に帰ろう、そしてもう病院に行くこともやめようと思ったそうです。

このまま治療をやり続けても、また転移することは目に見えている

いつかは、使える抗がん剤が無くなることも目に言えている

だったら、腹をくくって自分でなおそうと決心したKさんです。

薬で毎年10万人以上の人が亡くなっています。

がんをなおすためには、入れてしまった毒素(発がん物質)をいち早く排出することです。

その後、彼女は、今まで足りていなかった栄養素を補うためにプロポリスを飲み、1日2回の半身浴、そして生き甲斐に没頭されています。

彼女は、あのとき決心して良かったと心から思い、今も元気に、そして毎日お仕事もされています。

末期がんであっても、なおった人はいます。

奇跡などといわれていますが、それは奇跡ではなく、誰にでも起こり得ること

癌との付き合い方や、なおし方を体得した、その結果として癌が治っていたり、癌があっても元気に数年、十数年と生きているのです。

上手くいかない人は、がん細胞との付き合い方、なおし方を間違っているだけ

がんがなおる条件から、遠ざかるような生き方をしているだけです。

末期ガンからの生還した人は知らないだけであって意外とたくさんいます。

だから、あきらめる必要もない

ただ、早く気付くことが必要だと感じます。

そして、自分の体は自分で責任を持つことです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ごまは優れたパワー食品

細胞の酸化から「がん」は起きますね

日頃から日頃から酸化を抑えたり、酸化を元に戻す生活をして「がん」にならない生活をしなくてはいけませんね。

普段から使っている物を活用したいものです。

ごまがその一つ

色々なお料理の脇役で活躍しているごまですが、常に使う価値があります。

活性酸素を除去する力がごまに含まらるゴマリグナンにあるので、活性酸素によって酸化していく体を、ごまの抗酸化力が抑えてくれます。

水溶性抗酸化物質である→ビタミンCやカテキンなどは→血液中の活性酸素を除去してくれます。

ごまのゴマリグナンは→血液中ではなく→肝臓に届いて、→はじめて抗酸化作用を発揮してくれます。

すごい力だと思いませんか??

肝臓で働いてくれる抗酸化物質は様々な面で大きなパワーを発揮してくれ、更に肝機能が向上すると肌細胞の代謝を促進します。

つまり、ごまは美容にもとても良いと言われています。

お手軽で何にでもよく合うごまは、硬い外皮をすって使うと、消化・吸収がされやすくなります。

このひと手間が、ごまのパワーをさらに活かすことになります。

ご飯にも野菜にも、たくさんごまをかけて頂きたいですね。

すりごまと、はちみつを混ぜると、ダブルの期待

お湯で溶いて飲んだり、パンにぬったり、またお料理の味付けにも


本当にお手軽で身近なパワー食品です。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

ご相談・お問い合わせ
☎0869-92-4631   (岡山県和気郡和気町)

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)



 

二人にひとりはがんになる時代

病院にいると選択肢がないとそんな風に嘆かれた人がいます。

胃に大きな腫瘍ができ、手術、抗がん剤治療をしたにもかかわらずその後の転移

放射線治療でただれがひどく食事が全くとれなくなり、体力もなく、トイレに行くのがやっとの状態のなか、今度は抗がん剤治療をすすめられたそうです。

同じような状況だった友人が、抗がん剤開始後、あっけなく亡くなってしまった経験からご自身もこのままでは死んでしまう・・・と強い恐怖感をもったそうです。

そして、詳しい事情はわかりませんが、『私は抗がん剤を断り、がん難民になりました・・・』 と言われました。

家に帰れば、家族に迷惑をかけるかもしれない・・・

でも、もう楽に生きたい・・・

残りの時間、残された人生を人として生活がしたい・・・

時間より質を大切にしたい・・・そう言われました。

そしてご家族様もご本人の意思を尊重されているようです。

お話を聞いて、消化しきれないほどの切ない気持ちになりました。

何が正しく、何が間違っているのか・・・

きっとこれからもわからないことです。

ただ言えることは、選択の自由はあるということ

そして、望む形、生き方、とらえ方、全員違うということです。

他人から見れば腑に落ちない結果でも、それは他人から見た価値観

本人さんにとって腑に落ちたいく結果なのかもしれません。

周りは患者本人が選択したことを尊重

サポートするのみですね。

色々やっけど、良くならなかった・・・

色々やったから、ここまでこれた・・・

同じ結果でも、とらえ方によって心が変わってきます。

自分はどんな生き方がしたいのか?・・・

大切なテーマであり、これによって何を選ぶのかが変わってきますね。

大きく人生が変わるかもしれません。

2人に1人ががんになり、そのうち3人に1人が亡くなる時代

決して他人ごとではないテーマです・・・

どうか前向きにそして心豊かに過ごされますことを願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

ご相談・お問い合わせ
☎0869-92-4631   (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

一日ひとかけらのニンニク

気温の低下に伴い、菌やウイルスが体内に侵入してきやすくなっています。

毎日摂りたいのがニンニクです。

ニンニクは中国では抗菌剤として使われ、抗菌作用の強さは数々の研究で報告されています。

なかでもニンニクに含まれるアリシンという匂いの成分は、抗真菌作用を持つことがわかっています。

カンジタ膣炎に悩まされた経験、ありませんか?

お話を聞いていると、子宮がん、卵巣がんの共通点でもあります。

カンジタ症を繰り返す人にとって、真菌予防が重要です。

いくら薬で退治しても、また薬に勝つ菌が登場します。

つまり耐性ができ、治しても治してもまた発症するようになるということです。

その度に免疫力は低下し、さらに菌が増殖しやすくなります。

カンジタ症を繰り返す人にとって、抗真菌作用がある食べ物は有り難い存在ですね。

さらに抗菌力のある健康食品を摂ることをおススメです。

また、ニンニクはフィトケミカル(抗酸化物質)がとても豊富です。
アメリカの国立がん研究所では、疫学調査で植物性食品が、がん細胞を抑制する効果があり、そのなかでもニンニクが最も効果が高い食品と位置づけています。
ニンニクに含まれる抗酸化物質は、活性酸素による遺伝子の損傷を防いだり、がん細胞をアポトーシスに導くなどの作用があります。
さらには、免疫細胞(リンパ球)の働きを活性化することも明らかになっています。
1日ひとかけらのニンニクを食べたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

http://www.qualitypro.jp/health-food

詳しくはこちらアップ

免疫アップだいこん湯

体の冷えは様々な病気を引き起こしてしまいますので、根野菜で体を温めましょう。


大根おろしでつくる 『だいこん湯』


大根をすりおろし:すりおろした生姜汁  を6:1(お好みで)器に入れます。




お好みでお醤油を少しだけ加えます。



そこに熱い番茶を注ぐだけ



完成です


簡単すぎ・・・

 

でも!結構な効能です




薬味で使う大根おろし


大根はすりおろすと、「イソチオシアナート」 と呼ばれる辛みの主成分が生成されます。


「イソチオシアナート」には、免疫力アップ、がん細胞抑制、消化酵素が胃腸を助け、殺菌効果まであります。


こんなに優れた効能がある大根おろし

 

使わない手はないですね!


ただし大根はすりおろして時間が経つにつれ、ビタミンなどが減少してしまいますので使う直前におろすことをおススメします


そして、この「イソチオシアナート」は、大根の皮付近にたくさん含まれていますので、皮のまま使いたいですね。


気になる野菜の農薬やワックスはしっかり落としてください



自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

 

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)











低体温・低酸素はがんの道

がんをつくる血行不良を、自分でも感じることがあるでしょう・・・


それと同時に不調は・・・


その原因は、冷えです。

身体が冷えると、血管も冷えます。


血管の冷えは、血液の通りを阻害してしまいます。

血液がドロドロになってしまうと・・・

栄養も酸素もスムーズに運ばれなくなり、同時に体に不要なものを外に排出することもできなくなります。


1950年代の調査で、36.89℃だった日本人の平均体温・・・

 

今では35℃台という人がたくさん・・・


体温を自分で調整する機能が衰えているということです。


これでは、スムーズに酸素や栄養を運ぶことができません。


低体温、低酸素はがんの道です。


だから血流を良くすること

体を温め、栄養補助食品に運動そしてストレスを回避

 

明るく前向きに生きること


体が温まっているときは、血液の流れも良くなっているときです。

 

栄養補助食品を効率よく使うには、体を温める前や温めた時がベストです。

 

摂取した栄養補助食品も血管の末端までしっかりと運ばれていきますね。


また、じっとしていたり、同じ姿勢でいると筋肉が緊張し、血管を圧迫してしまい、その部分の血流が悪くなり、筋肉に酸素が供給されず、 肩凝りなどの痛みが発生します。

  
これを回避するには、適度な運動が必要です。


女性に多い手足の冷えも血行不良が原因です。


解消するには、手足の運動が一番


手を胸の高さまで上げ、手首を動かさず、グーパーを20回を1日数回


足も同じように、椅子に座り、足を持ち上げ足首を動かさず、指先だけを上下に動かす感覚で20回、これを1日数回繰り返します。


たったこれだけの簡単なこと

 

それでも血流は変わってきます。


私は運動前にもプロポリスを飲みます。


 たかが栄養補助食品と思うかもしれません

 

ですが使うタイミングが重要です。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)