がん治しで最も不安なこと

ガンなおしには、不安がつきものかもしれません。

何が正しいにか、何がいけないのか・・・

本など読めば読むほど、違いに戸惑う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、それ以上に不安をつくる要因は、家族との関係です。

ガン治療に対する考え方が違うことです。

ガンという宣告を受けただけでも不安になるのが普通でしょう。

そこに家族とに意見が対立すれば、なお一層不安は大きくなります。

それが原因でストレスとなり、ガンが悪化してしまうことも少なくありません。

当然、孤独も感じるでしょう・・・

ガンなおしには、家族のサポートが大きな力になります。

それだけで、免疫は上がったり下がったりします。

なぜなら、最終的には、自分以外で、自分を守ってくれる人は家族でしかないからです。

しかし、あくまでも、なおすのは本人です。

家族は、サポートする側です。

本人の意思を尊重してあげることが、一番のサポートであり、療法ではないでしょうか・・・

また、家族に反対をされ、寂しい思いで独り、ガンなおしに励んでいらっしゃる方もいらっしゃいます。

今は、寂しいと思いますが、自分が直感で感じたことを大切にすることです。

揺るがぬ信念は、やがて現実になります。

訴えなくても家族は、いつかわかってくれます。

決して争わないこと

争いは、ガンをつくってしまいます。

争わず、意見を押し付けず、家族に感謝することです。

残念ながら、家族ですら、人を変えるということは出来ません。

まずは、自分が変わることです。

感謝して、自分が変わることで、周りが変わってきます。

それには、まず自分を信じることです。

きっと、このような悩みを抱えていらっしゃる方は、多いと思います。

わかってもらえない、ではなく

家族だって、私が大事だから言っていることなんだ・・・と感謝することから始めてみてはいかがですか・・・?

必ず、自分自身も変わってきます。

心の持ち方、ものごとの捉え方がすべてです。

ストレスが軽減されると、体も変わってきます。

より良いガンなおしには、心の持ち方、ものごとの捉え方を変えることがキーポイントです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんに対する防御機能を失わないために

ガンの療法は、自分で選ぶものです。

病院任せの西洋医学から、自分でなおす自然療法に切り替える人も増えています。

とはいえ、まだまだ西洋医学一辺倒の人が多い日本です。

残念ながら、病気は薬でなおす、病気は病院でなおす、と育てられた日本人ですから・・・

そんな中でも、少しずつ気付き始めた事実

ガンでつらい治療をしたにも関わらず、亡くなっていく人を見て疑問が出てくるものです。

私もその一人でした。

そんな中で目にした衝撃的な言葉

「治療を拒否した患者の平均余命は12年6カ月である。しかし外科手術、その他の(ガン)治療を受けた患者は平均すると治療後わずか3年しか生きていない」

「原因は手術による外傷が、生体の防衛機構に影響したためである、と私は考える。人体には本来、あらゆる種類のガンに対抗する防衛機構が備わっているのだ」

(ハーディン・ジェームス博士、カリフォルニア大学)

その言葉が妙に納得出来た私でした。

初期の乳ガンであった知人は、念のためといい、全摘手術を受け、その1年後、リンパへの転移が見つかり、言われるがままリンパを切除

その3ヶ月後、転移が見つかり、抗ガン剤、放射線治療を繰り返した。

半年の間に、脳、肺、肝臓、骨へと転移し、それでも亡くなる直前まで抗ガン剤を投与し続けました。

結局、初期ガンから2年で彼女は天国へと旅立ちました。

亡くなる2ヶ月ほど前から激痛が走るようになり、モルヒネが手放せない状態に・・・

モルヒネを使った後は、まるで別人でしたね。

生気が無くなり、薬が生命力を無くしていることがはっきりとわかるくらい、目はうつろで口数も減りました。

生命の中心である腸の機能も完全にやられていました。

モルヒネの量は増すばかりで、幻覚を見るようになり、見ていて本当につらかったです。

最後の1ヶ月は、起きている時間が日に日に短くなり、最後はほとんど寝ている状態でした。

2年後、こんな姿になっているなんて誰が想像したでしょう。

ガンは切ったら治る、彼女はそう思っていたはずです。

一方、乳ガン ステージⅣで見つかったクライアントさんは、ガン宣告から2年経ちますが、普通に生活をしています。

彼女は、手術不可能と言われたことを機に、すべての治療を断り、食事や健康食品、運動、温熱など自分に合った自分療法を見つけ実践しています。

この2年のなかで、ご自身の生きる喜びも見つけることが出来、ガンになる前より笑顔がずっと増えています。

なぜ、このような結果が出るのでしょう・・・

野生の動物はガンにならないのに、なぜ人間はガンという病ができたのでしょう。

人間も野生動物のような生き方をしていれば、ガンにならない

つまり、ガンは、不自然な生き方をしてきた結果ということです。

ガンになった原因

まずは原因を見つけることからです。

原因を取り除かずして、ガンをなおすのは不可能です。

同じことの繰り返しになります。

西洋医学だけに頼っていたのでは、気付かぬまま終わってしまいます。

生き方を変えることが、ガンなおしです。

ご縁を頂いた方々が、ひとりでも多く気付いて下さることをせつに願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

納豆は夕食が効果的

私の毎晩の1品です

納豆にネギ、ゴマ、生味噌少々に、塩麹をまぜまぜしています

昔は納豆が苦手で一切食べなかった私ですが、納豆ほど細胞に良いものはない!ということで、ネギで納豆の臭みを消すなどして、今は美味しく頂いています

納豆が体に良いことは皆さんご存知でしょうが、具体的にどんな風に体に良いか知ってますか!?

納豆には強力な血栓溶解酵素「ナットウキナーゼ」が含まれています。

血の固まりである血栓を溶かす作用のあるナットウキナーゼは、食後10~12時間も持続するそうです。

血栓が出来やすいと言われる睡眠中に作用させるには夕食に納豆を頂くのが効果的です

また、納豆に含まれる「サポニン」 は血管を丈夫にして血行をよくする働きがあるので、冷えやむくみなどにもとても良いですね。

何といっても、納豆は酵素を取り入れる食べ物としては最強です。

解毒作用も高く、非常に優れた食べ物と言えるでしょう・・・

生味噌や塩麹と一緒にどうぞ・・・

塩麹も最高の発酵食品ですよ

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自分にあったがん療法は直感で決まる

突然ガンと言われ、どうするべきか、色々と調べますね。

特に、現代はネットという便利な環境があるので調べることは簡単です。

私もガンになった時そうでした。

まずは、自分が置かれた現状を知るために、震えながら、ガンのステージ、治療法について調べました。

怖くて仕方なかったのを覚えています。

そして、次に 『ガンに効く』と言われているものについて調べました。

藁をもすがる思いだったですね。

そんななかで、私は直感が働いたものをやろうと決めました。

しかし、他にも良いものがあるのではないかと気になり、また次を調べていた自分がいました。

ところが、いろいろ調べていると、気持ちが揺れ、何が正しいのかわからなくなり、自分の直感すら、疑うようになってきました。

私もこのような経験をしているので、気持ちはよく分かります。

ですが、調べれば調べるほど、大事な直感を鈍らせてしまいます。

ガンなおしは人それぞれです。

これをやったらガンがなおる

これを飲んだらガンがなおる

それも人それぞれ違うのです。

他人を参考にするのではなく、自分の直感を大事にすること

この療法はどう思いますか?

このサプリはどう思いますか?

とよく聞かれますが、それもみんな違うのです。

皆に100%効くものはありませんね・・・

自分で選ぶことが、ガンなおしです。

人や物に依存するのではなく、なおすのは自分であることをしっかりと自覚することが重要です。

あれもこれもと欲が出たり、悩みすぎると、直感が鈍り、信念までもが揺らいできます。

これが、失敗を招くもとです。

これだと決めたら、自分を信じて、徹底してする

プラスの思考が、揺るがぬ信念となり、やがて現実をつくるのです。

悩み過ぎると、エネルギーも失い、ガンの道に進みます。

何が正しいかは、誰にもわからないこと

神のみが知る世界です。

自分の直感を信じて、おおらかな心でガンなおしに励まれることを祈っています。

直感が働く自分になるには、執着を捨てること

自分を信じたいなら、朝陽を拝むことです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

食物繊維で免疫を上げられる?

腸のなかが汚れてませんか?

便秘や下痢は、ガンの原因にもなります。

便秘や下痢が原因で起こるガンは、大腸ガンだけだと思っていませんか?

すべてのガンの原因になると言っても過言ではないくらい腸のキレイ度は重要なことなのです。

なぜなら・・・

腸は免疫システムの中心的存在だからです。

それどころか、腸は膵臓などの臓器もコントロールしているのです。

免疫システムの中心的存在である腸が汚れていれば、免疫に支障をきたしてしまうことは当然のこと

健康でいたければ、腸内をキレイに保つということです。

腸をキレイに保つには、食物繊維の多いものを食べる

食物繊維は、腸内細菌のエサにもなり、腸内細菌の数も増やしてくれます。

食物繊維には、水溶性のものと不水溶性の2種類があり、それぞれに役目が違います。

水溶性の食物繊維は、発酵しやすく、より腸内細菌を増やしてくれます。

水溶性の食物繊維は、納豆、オクラ、山芋などネバネバした食品やゴボウ、海藻類などです。

不水溶性の食物繊維は、消化液で消化されないため、腸のなかのカスや細菌の死骸を繊維に巻き込み、便の量を増やして腸を刺激し、排出を促してくれます。

不溶性の食物繊維は、豆類、きのこ類、野菜、おからなどです。

上手に食物繊維を取り入れ、免疫システムの中心的存在である腸をキレイに保つことは、ガンの大きなメリットになるのではないでしょうか?

また、食物繊維は、腸内をキレイにしてくれるだけでなく、心の問題にも大きく関わっていることがわかっています。

ガンになり、体以上に、心が疲れてしまっている方が多いのが事実ですね。

食物繊維を多く摂る国は、自殺者が少ないという報告もあります。

食物繊維を上手に摂って、心も体もキレイになりたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

大根おろしに医者いらず

大根の美味しい季節ですね

食べて美味しい大根ですが、民間療法でも昔から愛されています。

大根には、すりおろすことで出る辛み成分「イソチオシアナート」に、解毒作用や殺菌作用があります。

「大根おろしに医者いらず」

この辛み成分を利用した民間療法です。

【大根おろしを飲む】

体のむくみを取る効果がある。

【大根をおろした汁でうがい】

口の中で起きる炎症・口内炎や虫歯などの症状緩和効果

【大根おろしに生姜、醤油を加え熱い番茶を注いで飲む】

解熱剤・発汗剤として効果

【脱脂綿に大根をおろした汁を浸し、鼻に詰める】

鼻の粘膜の炎症を緩和し、鼻の通りをよくする

【大根をおろした汁に、はちみつを混ぜて飲む】

粘膜が強くなり、喉の炎症を鎮める

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんを治す原動力・がんになったお役目

癌になって、心の持ち方というものを初めて真剣に考えた人

私もそうです。

生きていると今までにも、つらいこと、悲しいこと、たくさんありました。

生まれるということは、死へ向かうことだということも頭のなかではわかっていました。

しかし、自分の死というものにこれほどまでにリアルに想像したのは、癌という病名を告知されたときです。

「大丈夫・大丈夫」と思える日もあれば、とめどとなく涙が溢れてくる日もあり、不安定な時間を過ごしたことを覚えています。

どうやって、心を保てばいいのか分からなくて、自分が情けなく泣いた日もありました。

そんな私を見て、父が夫に言った言葉・・・

「順番が逆だよ・・・」

娘が苦しむことは、親として最も苦しいこと

なぜ、俺じゃないんだ・・・と父は思ったのでしょう。

小林麻央さんも、義理のお母様、つまり海老蔵さんのお母様の言葉をブログに綴られていましたね。

「私がなればよかったのに。。。!」

お母様のその言葉 痛いほどわかります。

私が親の立場だったら、きっと同じように思ったでしょう。

だから、癌になったのは私で良かった・・・

子どもじゃなくて良かった・・・

そして子ども達が病気にならないように、家族の生活・生き方を変えるために私が癌になったんだな・・・と思いました。

私は、家族が健康に幸せに暮らすためのお役目をもらったんだと思います。

これが、前向きさを持ち続ける 私のがん治しの原動力となったのです。

がんは、負の連鎖を止めるため

がん治しは、発想を変えて、新たな価値観を構築する心の持ち方が鍵となります。

つらくなったとき、不安になったとき、感じて頂けたらと思います。

おおらかな心と強い信念で、明るく前向きに、取り組まれますことをせつに願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

会員さんからのメッセージ・乳がん・肺がん・卵巣がん

会員さんから頂いたメッセージです

【肺ガン・低体温 50代男性】

プロポリスを飲みだして2週間になりますが、体温が前とは全然違うことを感じます。
朝、人参りんごジュースに混ぜて飲んでいますが、飲みやすいですね。
抵抗なく飲めてますよ。今まで何をやっても駄目だった体温が変化し始め、嬉しく思っています。
ありがとうございます。

【乳ガン 30代女性】

こんにちは!
先日はありがとうございました。
先月、お話を聞いていてわかったことですが、私がやっていたことは本当にいい加減だったな・・・と思います。
そんな中途半端なことをしていた自分が恥ずかしいです。
腫瘍も大きくなるはずです。
反省です・・・そんな甘くはないですよね。
プロポリスも今はきっちり10ml飲んでいて、とっても体調がいいです。
食事も意識してます。
食べたらいけないものとは知らずに、めちゃ食べてました(≧◇≦)
言われてみて納得できたので、あれからは一切口にしてないです。
知って良かったです(^_^;)
知らないって怖ろしいです。
おかげで昨日、検診に行ったら1.5センチ小さくなっていました。
嬉しい!!
このままこつこつ続けます。

【卵巣ガン・パニック障害 40代女性】

プロポリスの香りが大好きになりましたよ。

気持ちが落ち込んでいる時やパニックが出そうになったとき、プロポリスの香りをかぐと落ち着きます。

みづほさんが言われていた通り、木の樽の香りが私の体にはとても心地よく合う気がします。

半年経ちましたが、一度もパニック無しで来れています。

有り難いね、と主人といつも話しています。

最近はみづほさんと同じようにプロポリスに音楽も聞かせています。

なんだかさらに香りが増した気がします。

卵巣の方も順調です。

再発の転移も無しで来れているのは蜂粋ゴールドプロポリスのおかげです。

最近は主人も毎日飲むようになりましたよ。

毎朝夫婦の日課です。

皆様ありがとうございますク

私も木樽の香りが大好きです

優しく発酵してくれてありがとう

と声をかけています

自然界と繋がることが自然治癒力を活性化する秘訣です

毎日の食事を効率よく栄養と結合させ、カロリーを必要な栄養素に変える・・・

その役目が発酵健康食品です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんなのに感染症

抗ガン剤治療をされている方は、極度に免疫が落ちています。

某大学病院の有名な話

1年間に亡くなったガン患者のカルテを徹底精査したら、80%はガンでなく、抗ガン剤や放射線など 「ガン治療」の副作用で死亡していた! (船瀬俊介氏ご著書より)

抗ガン剤を投与した患者群ほど早く、多く死亡している(米国東海岸リポート)

実際のご著書には大学病院名は実名で書かれています。

免疫力を弱める最悪の薬が抗ガン剤です。

生命力を弱める、といったほうが正しいかもしれません。

抗ガン剤をすると、胸腺が縮まり、B細胞、T細胞が減少します。

そして、NK細胞などリンパ球が激減します。

さらに、血小板、赤血球が減少し、免疫力が急激に低下し、普段なら防げるはずの菌に感染してしまうのです。

その結果、感染症で亡くなる方がほとんどです。

そのぐらい抗ガン剤は、生命力を無くしてしまう薬です。

そんなに弱っている患者さんのもとに、外から菌を持ち込んでしまっていませんか?

良かれと思い、私の知人も毎日、ガンの友人が入院している病院に足を運んでいました。

1ヶ月もしないうちに、ガンの友人は熱を出し、肺炎で息を引き取りました。

私たちにとっては、何でもない菌ですが、抗ガン剤をしている人にとっては殺人同様の菌になります。

これも抗ガン剤の怖ろしい事実です。

今日もある方が、

うちのお嫁さんも、ガンが見つかり、治療を始めて半年で亡くなったよ・・・

肺炎で・・・だから、わかるのよ。抗ガン剤の怖さが・・・

と、まだ幼いお孫さんを抱いておっしゃいました。

ガンが見つかるまでは、本当にお元気だったそうです。

本当に残念でなりません。

いくらガンが消えても、亡くなったのでは何の意味もないですよね・・・

ガンなのに、死因は肺炎・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

牛乳神話2

当たり前のように学校給食や病院のお食事で登場する牛乳やヨーグルトですが、牛乳が骨を強くする、体に良いという神話はそろそろ崩されてきているように思います。

牛乳とガンの関係については、少しずつ知られてきています。

畜産で育った乳牛は、早く成長させ、たくさんのお乳を出させるために大量の成長ホルモン、女性ホルモン、さらに抗生剤が投与されています。

これによって、牛乳が、前立腺ガン、卵巣ガン、乳ガンなどのホルモン系のガンを増やしてきたことは多くの研究者が指摘をしています。

ホルモン系ガンに限らず、腸を汚してしまう牛乳は、大腸ガンの発症リスクも高くなります。

腸が汚れるということは、病気をつくる基本的原因になります。

また、牛乳の脂肪は、ガンだけでなく、動脈硬化や心臓病の原因にもなります。

そして、成長ホルモンを多く含む牛乳は、体の防衛メカニズムを阻害すると言われています。

本来ならば、体の自然防衛メカニズムが働き、健康な体を保つのですが、成長ホルモンは、体の防衛機能を狂わせ、ガンのアポトーシス(死滅)を阻害してしまい、結果ガンの発症に繋がっていきます。

発ガン物質である危険な牛乳を何のために子ども達に飲ませるのか・・・

これ以上、ガンを増やしてどうするのでしょう・・・

不思議で仕方ありません。

牛乳を飲んだら背が伸びる!

成長ホルモンたっぷりの牛乳を飲めば、確かにそうかもしれませんね。

しかし、その成長ホルモンが非常に危険であることを知るべきです。

子どもは、親である私たちが守るしかありません。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)