昔の人の生きる知恵は女性の味方

食・血液・水の三毒を断つと言われる梅干し です

私は1日1個 食べています。

梅干しには、血液をサラサラにし、体内のエネルギー代謝を活発にします。

そして、余分な脂肪を燃焼させるクエン酸が豊富に含まれています。

また固くなった筋肉をやわらかくし血流を改善する「ムメフラール」という物質が含まれています。

特に女性にとって本当に嬉しい効果です

この「ムメフラール」とは

加熱した梅干しが糖とクエン酸で化学変化を起こし発生する物質だそうです。

血流を改善したい人は焼くなどの加熱調理がおすすめです

加熱した梅干しは体を温める効果に長けています

私はまとめて焼いて冷蔵庫に保存しています

そして、溜まった水分を排出する力があるので、水毒予防にとても優れていると言われています。

梅干しに含まれるクエン酸は腸壁を刺激する働きがあります。

その働きによって腸の蠕動運動活発化し便秘の解消にとても役立ちます。

体を温め、水分を排出し、便秘の改善

女性の強い味方ですね

素晴らしい~昔の人の生きる知恵

低体温・血液の汚れは、がんの道 

今日から1日1個

梅干し生活

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

対処療法だけに頼らない生き方・・・再発転移を防ぐ

同じがんの治療法であっても選択する療法によって変わってきます。

 

大きく分類すれば、対症療法と原因療法です。


対症療法とは、表面的な症状の改善、もしくは緩和を目的とする治療法をいいます。


表面に表れた症状に対応することであり、根本を解決するものとは違います。


原因療法とは、原因そのものを改善する治療法をいいます。


病気になった原因を取り除くことで、症状を消失させていきます。


それぞれ、2つの療法はそれぞれ得意とする分野が違います。

 

目の前の症状を改善するには、薬剤を使う対症療法が得意な分野です。

 

痛みを止める、出血を止める、咳を止める・・・など

 

がんの療法でいえば、手術、放射線、抗がん剤です。

 

目の前の症状を抑え込む方法です。

 

ですが、痛みや目の前の腫瘍は治まったとしても、痛みの原因、腫瘍の原因がある以上は、やがて再発してしまいます。

 

その場しのぎ治療をしても、また同じことの繰り返しになり、それでは悲しすぎます。

 

がんをもとから治すには、やはり原因療法が必要です。

 

対症療法と原因療法は相反するものになります。


がんになるまでは、私も対症療法だけに頼り切っていました。


咳が出れば、咳止め


頭が痛ければ、頭痛薬


便秘をすれば、下剤


血圧が高ければ、降圧剤


病気を治している訳ではありません。

表面に出た症状を抑え込んでいるだけだったのです。

 

それどころか使った薬剤は体内に蓄積され、私の体内は毒素でいっぱいになっていました。

 

これも、がんになった原因のひとつ。


頭が痛い原因を取り除かず➡痛みだけを抑えたのでは➡また頭痛は起きてしまいます。


頭痛が起きる原因は何なのか・・・


体の冷えからくる血流障害から起きていたり、ストレスから交感神経が過剰になり酸素が少なくなって起きていることも


がんも同じ。

 

がんになった原因を取り除かない限り➡いくら癌を取り除いても➡再発転移が起きてしまうのです。

 

がんになった原因は何なのか・・・

 

これらの原因を取り除いていくこと・・・

ならば、本当の健康なからだを手に入れることが出来るのです。


自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

乳がんと乳製品が関係しているの?

日本では16人に1人が乳がんになっていると言われます。

最近では30代、40代といった若い方

子育て世代の方が多くなっています。

なぜなのでしょう?

 


乳がんの人が好む食事

 

洋食が多い

例えば、パン、パスタ、肉料理など・・・

 

みんなではないのですが、圧倒的に多いのです。

 

女性は、チーズ、牛乳、バター、ヨーグルトなどの乳製品も好きな人が多いですね。

 

乳製品、そして卵、肉などの動物性食品を多く摂る生活をしていると乳がんリスクは上がってきます。

 

特に赤身の肉の摂りすぎは要注意です。

 

若い女性のエストロゲン受容体陽性乳ガンのリスクを上昇させることは、アメリカの研究でも報告されています。

 

牛は乳の出をよくするためにホルモン注射をされており、さらに病気を防ぐために抗生剤も毎日与えられています。 

 

牛乳に含まれる成長ホルモンや女性ホルモンが、「卵巣がん」「巣がん」、「乳がん」、「前立腺がん」などホルモン系のがんの発症を高めているという研究もあります。 

 


また、牛乳に含まれるカゼイン(牛乳たんぱく質)という物質は発ガン促進物なので、がんと牛乳の関係を指摘するもののひとつです。

 

乳がんを発症するまでには10年から20年といった長い月日がかかっています。 

 

30代での発症した方は、10代の食生活の影響が今、出てきたということですね。 
 

学生時代、学校給食で当たり前に、パン、マーガリン、牛乳を摂ってきた世代

 

家庭でも欧米食が増えただけではありません。

味噌汁の消費量も減っているからでしょう・・・ 

 

食事は毎日のことです。

 

日々の積み重ねはとても大きいですね。

 

日本食をおススメします。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

プロポリスとローヤルゼリーの違いとは・・・

プロポリスとローヤルゼリーは同じですか?

とよく聞かれます

答えは、違います

ミツバチが植物の葉や若芽、樹皮などから採取した樹液に、自らの唾液(酵素)と混ぜ合わせつくられたものがプロポリスです

巣箱の入り口につくります。

{89DECFD2-0D11-4A1C-9D84-2691A3642146}
 

この茶色の塊がプロポリスアップアップ

なぜこのプロポリスを巣箱の入り口につくるのか?

それは、ミツバチが自分たちの巣を外敵から守るためです。

プロポリスは温度調節やウイルス感染の防止

女王蜂の子育てに役立つ物質なのです

プロポリスは、ミツバチが採取する植物(起源植物)によって成分構成は変わってきます。

成分構成が違えば、当然、機能、効果に違いが出てきます。

だから起源植物はとっても重要なのです

同じ飲むなら有用成分がしっかりと含まれたものをおススメします

私はユーカリ系を起源植物とする蜂粋ゴールドプロポリスを毎日欠かさず飲んでいます

蜂粋ゴールドプロポリスの特徴

星ブラジル産ユーカリ系原塊使用

星アルコールとアルカリイオン水の2段階抽出

星原液を木樽で長期間熟成
 

星粒子の細分化

星高濃度

星ビタミンC豊富なアセロラエキス配合

 (プロポリスとビタミンCの相性は抜群です!)

プロポリスは昔から がんの方に愛されています

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

酵素が働くプロポリスジュース

プロポリスジュースの作り方

 

●ブラジル産ユーカリ系 蜂粋ゴールドプロポリス(必要な量)


●ブラジル産ユーカリ系 蜂粋・生はちみつ(プロポリスと同量)


●ぬるま湯 (おちょこ1杯分ほど)

 

注)熱いとプロポリスと生はちみつの酵素が壊れてしまいますので注意です


小さめのコップにプロポリスを必要量入れます

そこに生はちみつをプロポリスと同量で加え混ぜ合わせます。
 

プロポリスと生はちみつが混ざるとさらさらになるのを感じてください

 

さらさら感は 酵素の働きを意味します

 

そこにおちょこ1杯分くらいのぬるま湯を入れて溶きます。

 

生はちみつの量、ぬるま湯の量はお好みで調整してください

 

プロポリスと生はちみつは相性が抜群ですよ

 

私を支えてくれたプロポリス・・・・

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

血栓とがん

がんは血液の汚れがつくった病です。


血栓の薬を飲んでいると言われる方は女性に多いですね。


そのなかでもがんの人が多いこと・・・・

 

血栓も同じ血液の汚れです。


血液が汚れ、血流が悪くなりドロドロになると血管の壁が汚れ血管が細くなっていきます。



そこで発生する血の塊が血栓です。


血栓は、血液の汚れである過剰コレステロールや中性脂肪、尿酸などをギュッと固めてしまい、血液を浄化させようとする反応なのです。

だから血液をキレイにすることが・・・

 

血栓は薬で抑えてしまえば大丈夫と思っていませんか?

 

私もがんになる前、血栓のお薬を飲んだことがありました。

 

血栓の代表的なお薬を服用中は、摂ってはいけないといわれる食品があります。

 

色の濃い野菜、納豆など・・・


これらの食品のほとんどが、実は血液をキレイにしてくれる食品なので、がんにも良い食品なのです。


私は薬に頼ったその為に自分の力で血液をキレイにすることが出来ない体になってしまっている・・・とふと気付きました。


そして薬によって、がんが増殖しやすい環境をつくっている

そこに不安を感じました。


ドロドロに汚れた血液のままだと体はどうなるのか・・・


なんとかして汚れを排出しようする

その働きで汚れを1ヶ所に集めます。


それが腫瘍、つまり癌が出来るのです。



血栓は➡血液をキレイにしなさい!

というお知らせだったのですね。


だから私は薬だけに頼るのはやめようと思ったのです。


血栓があるということは➡がんになる可能性も高い


血液をキレイにすることは本当に大事ですね。


血液の汚れをキレイにするには・・・

 

●添加物や農薬などを避け食を見なおすこと

●お風呂などで体を温めること

●下半身を鍛える運動をすること

●深呼吸や腹式呼吸でたっぷり酸素を摂り入れること

●明るく前向きに心の持ち方を変えること

●健康食品などを活用して栄養バランスを整えること



血液をキレイにすれば、ほとんどの病気が治ると言われてます。



自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

 

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

食事中の水分摂取量とがんの関係とは・・・

1日程度かけておこなわれる消化吸収とがんの関係とは

 

私たちが食べた物は➡酵素によって消化

必要な栄養分が腸管から➡吸収

胃で消化にかかる時間は➡およそ3時間

炭水化物➡タンパク質➡脂質の順に消化されます。

小腸で消化にかかる時間➡およそ7~9時間

消化酵素によって吸収できる大きさまで分解されます。


そして、大腸で水分と残りの栄養素を吸収します。

そして、25時間~72時間ほど腸内に停滞した後、便として排出されます。


夕食は就寝の3時間前にと言われるのは胃のなかのものが消化される時間なのですが・・・肉などの脂質は3時間では消化されません。

 

また水分を摂るタイミングも重要です。

 

食事の時に水分を摂りすぎてしまうと胃液が薄まるので、通常よりも消化に時間がかかってしまいます。


食べ物が長時間、胃腸に残ると、癌をはじめとするさまざまな病気の原因にもなるので要注意です。


温かいものよりも冷たい水分の方が消化以外の面で、負担がかかってきます。


冷たいのもが胃に入ると➡冷えた胃を守ろうとして全身の血液が胃に集められます。


この時間が、4~5時間といわれています。


これは体を常に正常に保とうとする体の防御機能。です。


ですが、全身の血液が胃に集められているこの4~5時間ものあいだ、他の器官はいったい・・・


実は、腎臓、肝臓、脳、心臓などは、血液が不足した状態になっています。

その間➡代謝機能は落ち➡老廃物などの排出がスムーズにできなくなり➡体内に毒素が溜まっていきます。


がんを治すためにも、食事中の水分摂取量

そして冷たいものには気を付けたいものですね。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

早寝・早起き、太陽に合わせた生き方でがんをなおす

早寝早起をきをしてるでしょうか??

週末の夜は遅くなったりしませんか??

私たちの細胞は→夜の間につくられ→修復します。

夜の10時~3時です。

眠っている時間に細胞は活動し、免疫細胞を強化していくのもこの時間

そして、がん細胞が修復されるのもこの時間です。

健康な細胞をつくるためには、この時間は寝ていることが大切なのです。

質の良い睡眠は免疫力を上げてくれます。

睡眠は最高のリラックスタイム

そして、朝は早起きを心がけます。

朝陽とともに活動を始め、昼間はしっかり働き、夜はしっかり休む、このバランスが健全な免疫をつくります。

体をリラックスさせ副交感神経を働かせることは、免疫アップには非常に重要なことなのですが、リラックス状態が必要以上に長くなると、副交感神経が優位になり過ぎてしまい、免疫低下の問題が発生してしまいます。

自律神経のバランスが重要です。

そのためには→朝は早起きをし→交感神経にスイッチを入れます。

私は朝陽を浴び、拝むことでスイッチをいれています。

自然界のなかで生命を営む人間は、太陽に合わせて生活することが健康の秘訣

だから、朝陽が昇る前には起き、日暮れとともに活動を沈静していく

太陽が昇っている時間に交感神経を働かせます。

そして、太陽が沈む時間は副交感神経に切り替わる生き方が自然体です。

がんは不自然な生き方がつくった病です。

お仕事などで難しいかもしれませんが、夜は出来るだけ早く休むことを心掛けて、朝型の生活を実践することが大切です。

寒い季節は、交感神経の緊張が強くなりがちなので、入浴でリラックスする時間やお布団でリラックスする時間を今まで以上に大切にすると、リラックスタイムにリンパ球が増え、免疫を上げてくれます。

がん細胞を攻撃してくれているNK細胞を増やすには睡眠の時間と質がポイントになります。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんをなおす秘訣は夫婦仲良く

がん治しが順調に進まない人は、何らかのストレスを抱えています。
 

40代から50代、女性のストレスの原因は、夫婦間の悩みがとても多いようです。


 癌になって不安で寂しくてたまらない

それなのに夫に言えずひとりで苦しんでいる人

癌になって不安からイライラが・・・

その結果、夫に対して当たってしまう人


癌になって気持ちがふさぎ、家庭内が暗くなり会話がなくなってしまった人

 

上手く出来ない夫婦関係

とても大きなストレスになっているようです。

 

心の寂しさが癌をつくった

であれば、寂しさから脱出することです。

夫婦関係の不満が癌をつくったのなら、不満から脱出することです。

癌を克服した多くの人は、パートナーの思いがとても強い力になっていることを感じます。

夫婦関係が良い人は、夫婦関係が悪い人に比べ、回復スピードは4割も増すという報告もありますので、愛情に勝るものはないということですね。

しかし癌になると➡意味もなく孤独感が襲ってます。

経験した人は多いのではないでしょうか・・・

私も強い孤独感を経験した一人です。

家族がそばにいてくれて、一生懸命支えてくれても、孤独感が襲ってきます。

つらく家族に当たってしまった私です。

それでも家族は私を見捨てることはありませんでした。

それどころかいつも笑って、私の癌に手を当て、ありがとうを言い続けてくれました。

そして自分が変わろうと決心しました。

夫婦は常に自分を映し出す合わせ鏡、そして自分が変われば、相手も変わります。

自分が笑えば、相手も笑い、自分が幸せなら、相手も幸せになります。

それと同じように、自分が不満なら、相手も不満です。

自分が寂しければ、相手も寂しいのです。

常に夫婦は向き合い、自分を映し出しているようですね。

愛と感謝の心、

そして言霊が、がん治しの大きな力になるのです。

 がん治し➡生き方なおし

夫婦円満で癌が治るスピードが速まるなら

実践してみる価値は充分ありますね。

 常に相手は自分を映し出してる存在であることを意識してみると、自分が変わるしかないと感じます。

 自分が変わる

 自分が変われば➡相手も変わる

この連鎖が愛と感謝に満ち溢れた環境をつくります。

癌を治す秘訣は、愛と感謝の心で日々過ごすことです。

夫婦関係が良い家庭は➡明るく良い氣が流れています。

家庭の悩み、ストレスが右の乳がんをつくります。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

塩分不足が血流を抑え体温を下げる

現代の日本は減塩を推奨しています。

高血圧の方は更に減塩を進められます。

ですが、日本人の高血圧症の98%以上は塩との関係性はないといわれる博士もいらっしゃるのです。

本当に迷ってしまいます

『塩の欠乏は命を奪う』と青木久三博士は警告されています。

人間の体は塩分が不足すると病気を防ぐどころではなく、病気になりやすくなってしまいます。

汗も涙も塩が含まれているので、塩はなくてはならないものです。

塩分不足で血中ナトリウムが低下すると血圧も降下→血圧が下がると血流が悪くなり→さまざまな病気を引き起こします。

その代表が癌です。

減塩運動によって癌がどんどん増えてきた、と言われています

しかし、同じがんであっても、塩をきっぱりやめる療法もありますから、お叱りをいただくこともありますが、あくまでも私の経験であり、みな考えが違って当たり前

そうでない方はスルーしてくださいね。

どんな療法にも賛否があり、どんな人にも絶対に正しいといえるものはない、と私は思いますので、自分が良いと思ったことを自分の責任でするのみですね。

私もそうでした・・・

ただ知らないと選ぶことも出来ないし、自分で学んで判断することも出来ないので、情報を得ることは本当に大切です。

話は戻しますが、気を付けなくてはいけない塩があります。

精製塩と呼ばれる塩化ナトリウム

つまり化学物質です。

残念ですが、スーパーさんなどで販売されている塩のほとんどが精製塩であり化学塩です。

ミネラルなど、ほとんどといっていいほど含まれていません。

化学物質でつくられた塩は摂り続けると、体にさまざまな支障が起きてきます。

冷え性、貧血などを引き起こし→癌や心臓病、高血圧になります。

塩は、海水を汲み上げて作られた自然塩が一番です。

自然塩には天然ミネラルが豊富に含まれています。

人間の生命活動にとって、ミネラルは必須、酵素の活性源です。

自然塩は体を温め→免疫力を上げ→新陳代謝を活性化させる働きがあります。

この季節、お風呂に自然塩をいれることで、体が芯から温まります。

私は朝一番、排毒の時間に自然塩をひとつまみ入れた白湯を飲んでいます。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)