乳癌ホルモン療法の副作用

若い方の乳がんが、どんどん増え続けています。

乳がんでのご相談は、30代〜40代に方が特に多くなっています。

この世代は、ガン細胞も非常に活発です。

しかし20代の人に比べると免疫力が下がっているため、癌が一番 進行がしやすい年齢になります。

乳がんの治療には、手術、放射線、抗ガン剤のほかにホルモン療法があります。

ホルモン受容体陽性の乳がんはホルモン療法をします。

閉経後、閉経前に関わらず使うタモキシフェン

タモキシフェンは、エストロゲンの働きを抑える働きをします。

同時に、女性ホルモンとよく似た作用をするため子宮筋腫・子宮内膜がんのリスクが高まるといわれています。

抗がん剤治療はしたくないので断り、代わりにホルモン療法をしています、と最近はよく聞きますが、実はホルモン療法も抗ガン剤と同様に体に大きな負担をかけています。

タモキシフェンは、抗悪性腫瘍剤、つまり抗ガン剤の一種なのです。

ホルモン剤ノルバデックスを服用している人は、服用していない人に比べ子宮内膜ガンになる確率は約2~3倍増えると言われています。

ホルモン剤であっても、抗がん剤と同じように二次発がんする可能性があることを知っておく必要があります。

二次発がんとは再発転移にあたるものです。

二次発がんは急速に癌細胞が増殖します。

二次発がんの可能性を考え、抗酸化物質を摂るなど積極的に防止していくことを強く言います。

バランスのとれた栄養で体を温め、明るく前向きな心が、がん治しの秘訣です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

三大療法一辺倒からの変化

今や日本人の死因のトップとなっているガン

その治療方法も、三大療法一辺倒から少しずつ変化してきたように思います。

特に抗ガン剤の使用については、随分変わってきたのではないでしょうか。

抗ガン剤は使いたくない・・・という悩みはよく相談されます。

今は情報も多く、一般人でも知ることが出来るようになってきましたが、ガンで亡くなる人は後を絶たないのも現実です。

「抗ガン剤・多剤投与グループほど”命に関わる副作用”は7~10倍」

「腫瘍が縮んでも5~8ヶ月で再増殖」

「多剤投与グループは腫瘍は縮んでも生存期間が短い」

現在の癌の抗ガン剤による通常療法についてのアメリカ議会 ガン問題調査委員会 Office of Technology Assessment レポート
 

NCIでも通常療法による癌治療が新たなガンを生むことを3000頁もの報告書「ガンの病因学」で認めているとか・・・
 

今までの常識が覆されるようですが、納得の出来ます。

何が正しいのかは自分で判断するしかないということですね。

抗ガン剤をしているのに、元気にいる人もいます。

そんな方は、やはりご自身で免疫を高めることをされています。

つまり、人任せ、病院任せではないということですね。

結局は自分次第

ガンであっても健康であっても、免疫力を高めることが生命の鍵なのです。

急性期など、薬の力を借りなくてはいけないときもあります。

薬品は最低限にとどめ、自分の自然治癒力を活用して、元の体に戻していくことが健康を手に入れる近道です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

治療に似合った対策を考える

変わりつつあるガン治療

三大療法一辺倒の時代から少しずつ変わってきています。

抗ガン剤や放射線の賛否もあり、患者さんが治療法を自分で選択する時代になってきました。

抗ガン剤の毒性、耐性は随分と知られてきました。

ガン細胞は抗ガン剤により、約100日ほどで耐性を獲得してしまいます。

『アンチ・ドラッグ・ジーンADG』

1985年にアメリカ国立ガン研究所(NCI)デヴュタ所長がこれに気付き 『抗ガン剤は無力である』 とこを米議会で発表しています。

ガン細胞は自らの遺伝子を変化させ、たちまち抗ガン剤の毒性に耐性を獲得してしまう。

これを信じるか、信じないかは個人の自由です。

しかし、どう捉えるかによって人生を大きく変えていくでしょう。

人生以前に生命に直接影響を与えます。

だから、学ぶことが大切なのです。

無知と人任せが一番怖いのです。

きちんと学ぶことで、抗ガン剤の副作用、再発転移、感染症などの対策も考えるようになります。

化学療法によって白血球の減少が起きます。

白血球減少に対する自己対策は生命にとって、とても重要な意味を持ちます。

後悔の無いよう学びは必要ですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

症状を抑えた薬は毒素として体に溜まる

ガンを再発する人の多くは、自分でなおすという意識がないように思います。

病院任せ、人任せで、食生活も今までと何も変わらず・・・

治療したにも関わらず、再発転移をして初めて食を始めとしたライフスタイルに目を向けるようになります。

しかし、今までの生活や治療で体には大量の毒素が溜まっています。

まずは、溜まった毒素を排出することです。

添加物や農薬は体に悪いと認識があるようですが、意外と認識が薄いのが薬です。

「薬が病気をなおす」というそもそもの間違った考えがあるからでしょう。

薬は病気をなおすものではなく、症状を抑えるものです。

急性期には、素晴らしい力を発揮してくれます。

しかし、いつまでも薬に頼っていると、なおるどころか、ガンや病気を招く毒素が溜まっていきます。

結果、再発などを引き起こしてしまうのです。

病気をなおすのは、自分自身の自然治癒力

つまり免疫です。

自然治癒力を高めるには、体をキレイにすること

毒素を出すことからです。

症状を抑えた薬は、代わりに毒素となって体に溜まっていきます。

次なる病気を防ぐには、いち早く毒素を出すことです。

苦しみも毒素のひいとつ

心も体もキレイになって、ガンを自然退縮に導いていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

免疫を高めることを重視する

前立腺ガンになると治療をするのが当たり前の日本

治療を全くしないと言われているのがスウェーデン

この差はなんでしょう。

肺ガンの治療は日本は、抗ガン剤、放射線、手術

(以下 船瀬俊介氏のご著書より抜粋)

カナダで最も多い治療法は『無治療』23%

最近の研究では、何もしない患者が最も治りやすいことがわかってきたという。

「手術」はたったの6%(日本は17倍)

「抗ガン剤」はなんと5%(日本は20倍)

「抗ガン剤」と「手術」は3%(日本の33倍)

日本では国際レベルにくらべて、抗ガン剤は20倍、手術は17倍も多い

私たちが、ガンになれば当たり前と思っていた治療が、実は当たり前ではなかったと気付きますね。

最近は、確かに日本も抗ガン剤、手術を拒否する人が増えてきているように思います。

考え方も皆それぞれ違うのですが、最も大事なことは自然治癒力を高めること

つまり、免疫を上げていくことです。

抗ガン剤、手術をしたのに再発、転移する

その原因は、免疫力の低下と過剰な活性酸素です。

そもそもガンになるような免疫力しかないわけですから、そこにさらに抗ガン剤や手術などで免疫を著しく低下させてしまったら、再発転移するのも当然です。

しかも、二次発ガンの危険性のある抗ガン剤をすれば、活性化酸素が大量に発生することはこれも当然のこと

手術も同じですね。

切り開いたり臓器をとると、ガンなどを防御する体の機能が失われてしまいます。

そうなると再発転移は起きても不思議ではないことですね。

これらを踏まえた上で選択するべきでしょう。

選択は、個人の自由と自己の責任です。

いずれにせよ、どんな治療を選択をしても免疫を高めることに重視することですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治療で気付いたこと

抗ガン剤治療をしたけどなおらない

それどころか転移してしまい治療をやめました、と先日ご相談がありました。

抗ガン剤投与後、どんどん弱り亡くなっていくガンの友人を見ていると、次は自分の番ではないかと怖くなったそうです。

そこで調べた結果、抗ガン剤は毒性が非常に強い発ガン物質であることを知り、愕然としたそうです。

病院での治療を断ったものの、これからどうしていけばよいのか途方に暮れたそうです。

ただ、ガンをなおすためにはこれ以上、悪いものは体に入れてはいけない、生きるためには発がん物質は入れてはいけないということだけは強く思われたそうです。

抗ガン剤の中身を知り、ショックを受けられたそうですが、自分の体の状態に気付かれ意思を固められたことは前進ではないでしょうか。

抗ガン剤は、ガン細胞だけでなく正常な細胞も攻撃します。

特に細胞分裂の早い細胞はみなガン細胞ととらえられ、消化器の内皮細胞や毛根細胞が攻撃を受け、死滅して嘔吐や脱毛が起きます。

そして、分裂が盛んな血液も抗ガン剤に攻撃され、増血機能の破壊、白血球の急減でナチュラルキラー細胞まで死滅してしまうのです。

ガン細胞と闘ってくれる免疫細胞であるナチュラルキラー細胞まで攻撃してしまうのです。

ガンがなおる条件からどんどん遠ざかっていくことになります。

真逆のことをしてきたことに気付かされたと言われていました。

人任せであったことを反省をし、これからは自分の体は自分で責任を持つこと

必要に応じて医療の力も借りながら、自分でなおす決心をするしかないのです。

そして、体に入った毒素はいち早く出すことです。

自分の大切な人生のために

がん三大療法だけに頼らない生き方

こんな方に選ばれています。

●抗がん剤の副作用が怖い

●再発転移を繰り返した

●自然療法を選択したい

こちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

毒は遺伝子を傷付けがんを作る

今や、2人に1人がガンになる時代です。

夫婦であればどちらかが、ガンになるということです。

子どもが2人いれば、どちらかがガンになるということです。

ガンの治療が終わったと思いきや、治療をした人たちがまた病院で顔を合わせ、同じように再発転移で入院しているのはなぜでしょう。

なぜだろう・・・と疑問を感じている人も多いはずです。

以下 船瀬俊介氏 著書から一部抜粋 *******************************************

厚生省:抗ガン剤でガンが治ることはたぶんほとんど無い。

厚生省:抗ガン剤を使っていれば、あるていど期間がたてば、ガンが耐性を持つというのはもう周知の事実です。
その抗ガン剤を健康な人やガン患者さんに使ったりしたとき他のところでガンが起きることも周知の事実だと思います。
「使う」という考え方は、今、目の前にあるガンを叩く方を優先するのか、それとも先に起こりうるガンを嫌と言って使わないのか・・・です。
「それでも使っていい」という患者さんに対して使う必要がある・・・というのが、今承認が残っている理由だと思います。
使っていれば耐性が起こるのはわかっていても、それは「起こってもしょうがない。少しでも縮めるんだ」と・・・

******************************************************************************

皆さん、これらを本当に承知して抗ガン剤を受けているのでしょうか?

知らない人がほとんどでは・・・

ガンを治すためにやっているのに、違うところにガンが出来ることを承知するだろうか・・・

しかし、これが再発転移なのです。

1988年 アメリカ国立ガン研究所(NCI)が 「抗ガン剤は増ガン剤だ」

凄まじい発ガン性があるから他の臓器のガンまで誘発する・・・と報告

仮に、厚生省の発言やこれらの報告がなかったとしても、周りをみて、よくよく観察をすればわかります。

『毒には毒で制す』

毒はガンを引き起こす最悪な物質ですから、抗ガン剤による二次発ガンはさほど不思議なことではありません。

私たちの体は、健康な人でも毎日数千個から数万個のガン細胞が生まれてきています。

ですが、私たちの体は、ガン細胞はアポトーシス(細胞死)されるように遺伝子修復機能が働き、通常はガンにならないのです。

しかし、アポトーシス(細胞死)されるはずのガン細胞が、何らかの原因で遺伝子が傷つき、ガン細胞が爆発的に増殖をはじめます。

これが、ガンです。

ガンになった人は、生活の中で、何かしら遺伝子を傷つける原因があり、ガン細胞が活性化してしまっています。

その原因のひとつが生活毒です。

食品添加物、農薬、化学製品、界面活性剤使用の化粧品、シャンプー、薬、たばこなど・・・

また、肉、乳製品、卵などの動物性の食品も体内で毒に変わる可能性の高い食べ物です。

これらが、遺伝子を傷付ける毒です。

すでに生活毒で傷つけられた遺伝子に、抗ガン剤のような強烈な毒が上乗せされ、どうやって遺伝子を修復するのでしょうか・・・

あくまでも抗ガン剤など薬剤は、腫瘍を縮めたり、症状を抑えたりするものであり、決して遺伝子や細胞の修復をしてくれるものではありません。

細胞の修復は、『口から入れる栄養と心』 つまり自分の体でするものです。

細胞の生まれ変わり、修復の時間は夜の10時から3時まで

細胞を元気にしたければ、この時間は寝ることです。

そして、夕食で摂ったものが、細胞の修復に働きかけます。

口から入れる食べ物がどれだけ大切であるかがよくわかります。

食べたものがガンをつくり、食べたものがガンを治す

夕飯は、抗酸化力の強いキャベツの千切りと、酵素を働かす納豆、味噌汁などの発酵食品を必ず摂るようにしましょう。

納豆は、付属のたれは使わず、抗酸化力のあるネギや大根おろし、ゴマ、レタスなどを混ぜ、塩麹や生味噌などをのせ、最後に鰹節をたっぷりかけて頂くと最高の細胞活性食になります。

大切なのは、生きた塩麹、生きた生味噌を使うことです。

死んだ食品は、細胞活性や修復に働きかける酵素を動かすことは出来ません。

生きている食品を食べること

毎日コツコツ、黙々とすることがガン治しの基本です。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)

コレステロールは低いとがんになる?

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・  がんと自然治癒研究所

コレステロールが高いことは、悪いことのように言われてきました。

高いコレステロール値は、薬を使って下げています。

あまりに高すぎれば、動脈硬化の心配もあります。

しかし、コレステロールは、減れば減るほどガンや感染症が起きやすくなるそうです。

そして、下げすぎてしまうと、体が維持できなくなります。

薬で下げすぎてしまっても、ガンや感染症のリスクがあがる。

つまり、バランスが大事なのでしょうね。

医師の意見の中にも、コレステロールは、きちんとした栄養学にそって食事を注意すれば、高いコレステロール値であっても下げることは出来るとあります。

下がりすぎないようバランスをとるには、やはり食事でのコントロールが一番自然な形になるのではないでしょうか・・・

正しい食事をしていれば何ら問題がないはずのコレステロールです。

つまり、食べ過ぎがつくった値だということですね

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断ください)