癌であっても病人にならない・自分で治す

癌の三大療法は、抗ガン剤や放射線をつかって直接的にガンを攻撃します。

現代医学は、がん細胞は宿主が亡くなるまで、無限増殖し続けると考えます。

「毒をもって毒を制す」 という方法です。

これは、19世紀のヨーロッパの細胞病理学者ウイルヒョウの定義で成り立っています。

このウイルヒョウの定義は、200年間にわたり私達の中に固定観念として定着してきました。

そして、ほとんどの人がこの定義を基本とした療法を抵抗なく受け入れます。

しかし、がん治療をやってもやっても治らない、再発転移がとまらない、治らないどころか弱っていく

そんな声をよく聞きます。

それは、抗がん剤、放射線、手術で免疫機能が低下したことによって起きています。

今、三大療法に疑問や不信を持ち始めている人は少なくありません

そこで、化学療法を使わず、免疫細胞を活性化させ、癌を自然治癒させていく方法を選択する人も増えてきました。

自然療法とは、食事療法、温熱療法、気功や健康食品、運動療法、鍼灸、ヒーリングなどを使います。

免疫を上げ、NK細胞、ミトコンドリアを活性化することで、癌細胞の増殖を抑え、自己治癒力によって癌を自然退縮させていきます。

自然療法は、癌という塊だけにとらわれるのではなく、からだ全体、そして心をきれいにしていきます。

がんになった原因を取り除くことで、落ちていた免疫を上げ、低い波動を高くしていきます。

そして、癌細胞が住みにくい体づくりによって、がん細胞に自ら消えていってもらうのです。

つまり・・・

『がん治しは生き方治し』

ですから、病院治療とは違い、自宅で自分で治していきます。

病院では治療がもう出来ないといわれた末期癌の方でも、自助努力によって免疫を上げ、がん細胞の増殖を抑え、自然退縮させた方はたくさんいらっしゃいます。

癌であっても病人にならない

人間らしく、豊かな心で、美しくありたいと思います。

どれを信じるか、どの方法を選ぶか・・・

自分自身です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治療で気付いたこと

抗ガン剤治療をしたけどなおらない

それどころか転移してしまい治療をやめました、と先日ご相談がありました。

抗ガン剤投与後、どんどん弱り亡くなっていくガンの友人を見ていると、次は自分の番ではないかと怖くなったそうです。

そこで調べた結果、抗ガン剤は毒性が非常に強い発ガン物質であることを知り、愕然としたそうです。

病院での治療を断ったものの、これからどうしていけばよいのか途方に暮れたそうです。

ただ、ガンをなおすためにはこれ以上、悪いものは体に入れてはいけない、生きるためには発がん物質は入れてはいけないということだけは強く思われたそうです。

抗ガン剤の中身を知り、ショックを受けられたそうですが、自分の体の状態に気付かれ意思を固められたことは前進ではないでしょうか。

抗ガン剤は、ガン細胞だけでなく正常な細胞も攻撃します。

特に細胞分裂の早い細胞はみなガン細胞ととらえられ、消化器の内皮細胞や毛根細胞が攻撃を受け、死滅して嘔吐や脱毛が起きます。

そして、分裂が盛んな血液も抗ガン剤に攻撃され、増血機能の破壊、白血球の急減でナチュラルキラー細胞まで死滅してしまうのです。

ガン細胞と闘ってくれる免疫細胞であるナチュラルキラー細胞まで攻撃してしまうのです。

ガンがなおる条件からどんどん遠ざかっていくことになります。

真逆のことをしてきたことに気付かされたと言われていました。

人任せであったことを反省をし、これからは自分の体は自分で責任を持つこと

必要に応じて医療の力も借りながら、自分でなおす決心をするしかないのです。

そして、体に入った毒素はいち早く出すことです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

安心して治療を選択出来るように

安心して治療を選択出来るように

ガンの療法は自分で選択することが出来ます。

抗ガン剤、放射線、手術といった三大治療をするか、しないかも自分が決めることです。

最近は、三大治療を断る人も増えてきたように思います。

その選択は、30代、40代の女性に多いですね。

しかし、それは現実には簡単なものではなく、彼女たちが一番 悩み苦しむ部分は、実は病院との関係です。

抗ガン剤や手術を断れば、医師から、もう来なくていいです、うちでは診れません、と言われることも多いようです。

ガンという病を抱えた方は、急に状態が悪くなることもあり、急性期の治療が必要になることも充分考えられます。

ですから、医師から冷たく断られれば、不安で落ち込みます。

病院から拒否されることが怖くて、結局、自分の意思を通すことは出来なかった・・・と後悔の気持ちを言われる方も少なくありません。

事務的にする病院や医師に問題があるのではなく、今の医療では、まだその段階ではないということなのではないでしょうか・・・

もちろん、気持ちよく患者さんの希望を受け入れて下さる病院、医師もたくさんいます。

諦めず自分で探すことも大切です。

自分の大切な体ですから・・・

基本的に西洋医学と代替医療とでは、考え方が全く違います。

悪い部位をなおすということに重きを置く西洋医学

病気になった原因を取り除くことに重きを置く代替医療

両方の得意分野を融合することが出来れば、患者さんが本当に望む医療が安心して受けられるのでは、と思います。

いずれにせよ、これから求められるものは、心がある医療、患者さんの治癒力を活かす医療ではないでしょうか。

患者さんが安心できる医療が広がることをせつに願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

転移の時が治るチャンス?

現代医療においては、進行ガンの自然退縮などありえないと言われています。

しかし、実際には進行ガン、末期ガンを自然退縮させた人は多くいます。

この方々は、病院から離れた人が多いので、病院も把握できていない人たちであるからかもしれません。

どうやって、ガンを自然退縮させたのか・・・

人それぞれやり方は違いますが、生き方を180度変えたことが共通しています。

思考をはじめ、食事を変える・体温を上げる・体を鍛えるなど生活において様々な努力をされています。

副交感神経を優位にして、血流を促し、リンパ球を上げる

そして、免疫を高めて自然治癒力を上げることで、突如としてガンが消失しています。

免疫が正常に働きだすまでに時間は必要であり、退縮にも一定の期間はかかります。

その間には、転移や腫瘍の増大、腫瘍マーカーの上昇などさまざまなことが起きるかもしれません。

このとき、自分を信じて持ちこたえることができるか・・・

ここで大きく道は分かれます。

転移した後からガンがよくなっていくのがはっきりと見て取れる、と福田医師は述べています。

転移はなおるチャンス

これもガンがなおる仕組みを知れば、当たり前の現象ですね。

転移はガンがなおるチャンスととるか、それとも、転移は悪化したととるか・・・

しかし、残念ながら、多くの人が心がブレて、抗ガン剤、放射線、手術に流れていきます。

抗ガン剤は、急速に免疫力を落とします。

放射線は、免疫力をズタズタにしてしまいます。

手術は、本来、体が備え持つ病気をなおそうとする力を奪います。

せっかく免疫を上げてきたのに一瞬にして奪われてしまうのは、とても悔やまれます。

しかし、これも自分次第ですね。

ガンは自分でなおしやすい病気です。

だから、退縮が起きも不思議ではないのです。

ガンができる仕組み、ガンがなおる仕組みをきちんと知れば、恐れることもないのです。

ガンに学んでくださいね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                  女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんにならない野生動植を見習う

人間はガンを始めとしたさまざまな病気になっています。

しかし、野生動物はガンになることなどほとんどないと言われます。

この違いはなぜ起きているのでしょうか・・

自然体で暮らす野生動物

不自然体で暮らす人間

野生動物の世界には、病気をなおす薬もなければ、予防と言われるワクチンもない

野生動物は、仮に病気になっても、自己の治癒力を活かして自分でなおすしかない

人間も野生動物と同様に自己治癒力というものを持ち備えています。

しかし、知恵を使っていないのです。

物があり溢れている世の中だから、知恵をしぼろうともしないのかもしれません。

また、病気は病院でなおすもの、という固定概念が自己治癒力の活用を遠ざけてしまっているとも言えるでしょう。

薬が治癒力を奪っていることも

人間の長い歴史のなかでつくられてきたことです。

野生動物を見習えば、ガンになることも、心の病気になることもないのではないでしょうか・・・

野生動物は、本能で生きています。

人間は、本能より知恵をつかいます。

そして私たち現代人は、知恵より科学的根拠や数字に頼り生きています。

病院や薬が病気をなおす、という考えを疑うこともしない

私もそのひとりでした。

愚かな自分に気付くと、昔の人の知恵や野生動物の本能に納得ができます。

ガンをつくらない野生動物を見習えば、ガンが私たちから遠ざかっていくことは間違いないのではないでしょうか・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

猫背はがんになりやすい

私たちの体は、脳の指令により動いています。

背骨に添って通る神経が生命を維持するための指令を送っています。

猫背の人は、前かがみの姿勢が神経を圧迫し、血流障害を起こすなどして、臓器に影響を与えます。

ガンの人は、背骨の周りの筋肉が非常に硬い傾向があります。

背骨の周りの筋肉をやわらかくほぐしてあげれば、自律神経のバランスもよくなります。

背中が凝り固まっていると自律神経が乱れ、血流が悪くなり、臓器が不調を起こしてガンが出来ます。

ガンは、最初は一部の臓器に出来ています。

体の一部に出来たガンを死滅させるために、抗ガン剤や放射線をします。

すると、健康な細胞までもが死滅していきます。

細胞が破壊されていく痛みは、耐えがたいものだと聞きます。

一部のガンに目を向けるよりも、まだガンになっていない方に目を向けてみることも大切なのではないでしょうか・・・

ガンになっていない部分がほとんどなのですから、早急にからだ全体の免疫を上げれてあげればいいのです。

体力が弱っていた部分、凝り固まっている部分がガンになったわけですから、ガンを追い出す体力をつけ、体をやわらかくする

今ある正常な細胞を大切にして、素早い体力・免疫力の底上げが重要になります。

そのときに、健康食品や温熱療法を使う方が多いですね。

免疫細胞の強化は、規則正しい生活、栄養のバランス、前向きで明るい精神です。

そして、適度な運動と正しい姿勢です。

ガン自然治癒に向けての食事や体を温める取り組みはよくされていますが、姿勢を意識している人は意外と少ないようです。

姿勢が悪くても免疫は下がります。

正しい姿勢を意識することで、自律神経が正常に働き、体力・免疫アップにつながるのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

治療に似合った対策を考える

変わりつつあるガン治療

三大療法一辺倒の時代から少しずつ変わってきています。

抗ガン剤や放射線の賛否もあり、患者さんが治療法を自分で選択する時代になってきました。

抗ガン剤の毒性、耐性は随分と知られてきました。

ガン細胞は抗ガン剤により、約100日ほどで耐性を獲得してしまいます。

『アンチ・ドラッグ・ジーンADG』

1985年にアメリカ国立ガン研究所(NCI)デヴュタ所長がこれに気付き 『抗ガン剤は無力である』 とこを米議会で発表しています。

ガン細胞は自らの遺伝子を変化させ、たちまち抗ガン剤の毒性に耐性を獲得してしまう。

これを信じるか、信じないかは個人の自由です。

しかし、どう捉えるかによって人生を大きく変えていくでしょう。

人生以前に生命に直接影響を与えます。

だから、学ぶことが大切なのです。

無知と人任せが一番怖いのです。

きちんと学ぶことで、抗ガン剤の副作用、再発転移、感染症などの対策も考えるようになります。

化学療法によって白血球の減少が起きます。

白血球減少に対する自己対策は生命にとって、とても重要な意味を持ちます。

後悔の無いよう学びは必要ですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

乳がんをきっかけに幸せな時間を

クライアント様の 乳がんのFさん

ご家族様と幸せにを過ごされています

抗がん剤治療をやめられてから3年

抗がん剤治療に悩み、考え、色々と沢山調べられた結果 

ご家族さまの理解を得ることができ

自分の責任で治療をやめられたそうです。

抗がん剤に代わることをしよう! 

お金もかかるけど

その分 健康になって一生懸命 働こうと思ったとか・・・

心が強く、前向きな方だなと・・・・

がんになった原因をなくす為に・・・

現在も彼女は➡蜂粋プラチナカプセルの大ファン➡支えになっているそうです

日々の生活は蜂粋プラチナカプセル

お疲れモードのときそして、お仕事のお付き合いでアルコールのお世話になった後は、蜂粋ゴールドプロポリス(高濃度・原液タイプ)を飲まれるそうです。

肝臓がお疲れの日は、にがく感じないとか・・・

プロポリスの苦味が、自分のからだを気遣う バロメーターになっているそうです

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

酸化はがんを進行させる

酸素を吸い込むと必ず発生する活性酸素

強い酸化力をもつ活性酸素は、侵入してきた菌やウイルスをやっつけてくれます。

しかし、この活性酸素は酸化力が非常に強いため、増え過ぎると自らをも酸化させてしまうのです。

つまり、私たちの体は活性酸素によって酸化されていくのです。

そして、酸化した体はガンなどの病気を引き起こしてしまいます。

活性酸素が過剰に発生する原因には、ストレス、薬品、添加物などがあげられます。

なかでも大量に活性酸素を生んでしまうものは、ガンの三大療法です。

ガンの根本原因である体の酸化を引き起こす状況を自らつくってしまうのです。

酸化は、ガンの進行に大きな影響を与えます。

つまり、三大療法だけをしていてはガンはなおるどころか、進行させてしまう可能性が高いのです。

抗ガン剤、放射線は非常に強い酸化力にやってガン細胞を死滅へともっていきます。

しかし、それ以上に正常な細胞まで酸化させてしまいます。

体が酸化してガンになり、治療によってまた酸化が進む

ガンという塊だけに目を向けている結果です。

いくら塊を攻撃しても、切り取っても、体は酸化するだけ

酸化を促進すれば、再発転移、進行の道に進んでいきます。

酸化してしまった体をキレイにしていくことを考えなければ、どんな治療をしても、いたちごっこのままなのです。

塊が消えたからといって安心ではないのです。

塊だけにとらわれず、からだ全体に目を向けること

これが本当のガンなおしです。

溜まった毒素は出す

そして、酸化させない生活をすることです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

少食でナチュラルキラー細胞活性化・腹七分目

少食が病気を防ぎます。

腹八分で医者いらず、腹六分で老いを忘れ、腹四分で仏に近づく

食べ過ぎは癌をつくる原因になります。

カロリーを60%に制限をしたマウスは、100%のカロリーを与えたマウスに比べ、2倍長生することが1935年コーネル大学の調査でわかっています。

私たちは食事をすると、栄養素が胃腸から血液に吸収され、細胞がつくられています。

白血球のなかのナチュラルキラー細胞は、私たちの体内をパトロールして癌細胞をみつけては食べて処理をしてくれています。

食事によって白血球に栄養がとり込まれると、私たちと同じようにナチュラルキラー細胞も満腹感を得ます。

ナチュラルキラー細胞もお腹がいっぱいになると、癌細胞を発見しても見向きもしなくなります。

癌細胞を食べるナチュラルキラー細胞は、空腹の方がしっかりと食べて活躍してくれるのです。

ナチュラルキラー細胞に限らず、免疫細胞は空腹時に活性化されると言われています。

ですから癌細胞だけでなく菌に対しても同じことが言えますね。

お腹が減った白血球は、癌細胞や菌を見つけると一生懸命食べてくれます。

これが免疫力です。

免疫を上げるためには、1日のなかで空腹の時間をつくることです。

3食きっちり+デザート、そして間食の生活が、免疫細胞の働きを悪くし、病気を増やしてしまいます。

そして、現代は食べれば食べるだけ、添加物も摂ってしまう食生活です。

余分なものを入れないためにも、お腹がきゅーっとなる時間をつくり、食事は腹7分目を心がけることをおススメします。

がんを治す生き方で、ナチュラルキラー細胞を活性化することです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)