がん・負の連鎖を止める役目

ガンになり、ひとりで悶々と悩み苦しんでいる方が非常に多い。

今、自分がやっていることに不安を感じているからではないでしょうか?

毎日悶々とした気持ちで生活をしてしてもガンは治りません。

なぜなら、ガンと心は繋がっているからです。

ガン克服には、感謝して自分に責任を持ち、前向きに取り組むことが大前提です。

これで本当に良いのかと迷い、悶々としている間は、まだまだ自分に責任をもてていない証拠。

ガンを治せなくしているのは自分自身です。

情報が溢れるなかで、何が正しいのか迷う・・・

これもまた人のせいになっていませんか?

自分の意思で、自分の責任で、治療法をしっかりと選択することです。

きちんと実践すれば、ガンになる前より、ガンと言われた現在の方が健康的になります。

ガンを恐れる必要はありません。

ガンは、「怖い、ガンは死ぬ」 と思うから治らなくなるのです。

ガンは自分で治す!という自覚が必要

医者任せでは、ガンは治せません。

医療利権を知れば、猛毒である抗ガン剤を使う理由がはっきりとわかります。

無知は罪です。

気付かないふりはもっと罪です。

知らず知らずのうちに、大切な家族に、自分が毒をまいているかもしれないことに気付いて欲しい・・・

抗がん剤成分が排出される経路としては、主に 汗、尿、便、嘔吐物です。

家族ならこれらの排出物に接触することは当然あるでしょう。

抗ガン剤のパンフレットには、『何日間、尿中残量に注意』 と記載がありますが、毒ガスと同じ猛毒である抗ガン剤の排出が数日間でおさまるのでしょうか・・・

それとも数日間で排出されなくなり体内に蓄積されると言う意味なのでしょうか・・・

疑問であります。

いずれにせよ、排出されていることには違いありません。

それが微量であろうが、大量であろうが猛毒成分であることは忘れてはなりません。

しかし、小さなお子様をお持ちの方は、抱っこもハグもたくさんします。

別の臓器などに二次発ガンをさせてしまうような猛毒の抗ガン剤成分が、体内から排出されている中で、大切な子どもを抱く・・・

経口抗ガン剤を服用し、子どもにキスをする・・・

子どもと同じ布団で寝る。

寝ている間のは、目に見えない抗ガン剤成分を含んだ汗をたくさんかいています。

その汗に接触した子どもの皮膚からは経皮毒と言う形で毒が吸収されていてもおかしくないですよね・・・

夫婦間は、キスもセックスもしますね・・・

一緒に洗った洗濯物はどうなのでしょうね・・・

シャンプーや生理用品から吸収する経皮毒ですら、あんなに怖ろしいのですから、猛毒の抗ガン剤ともなれば、どうなのでしょうか・・・

考えたらとても怖いことです。

それでも抗ガン剤を選択してしまっているのが日本人です。

医療利権の犠牲者になっていることを知り、社会背景を学ばなければ、自分どころか大切な家族も守れなくなります。

ガンのメカニズムを学び、治すのは自分であることに気付かなければ、大切な家族もまた、自分と同じ運命を歩むことになりかねません。

ガン家系ではなく、ガンを連鎖させているのです。

私は、抗ガン剤、放射線の犠牲者がこれ以上増えないことをせつに願っています。

そして、家族に起きるガン・負の連鎖をとめる使命を与えられた自分であることに、一刻も早く気付いて頂きたいと祈っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

排毒ががんの再発転移を防ぐ・・・

抗がん剤をするのか、それともしないのかを考えている人が年々増えてきています。

 

インターネットなどで自分で調べることが出来る、情報の多い時代だからこその悩みでしょうか・・・

 

抗がん剤の賛否は・・・

終わりがなく繰り広げられそうです。

 

絶対に抗がん剤はしない!と決めたMさん

 

病院からは抗がん剤をしなければ、死にますよ!といわれたそうです。

ですが、はっきり断り、3年が経過したそうです。

 

抗がん剤をしなければ、死んでしまう・・・

その言葉には、動揺したそうです。

けれど、抗がん剤でつらい思いや、再発や転移を恐れながら生きるよりも、今のままで生きたいと思ったからだそうです。

 

 

 

~ 船瀬俊介氏 ご著書より抜粋 ~

 

藤波医師(東京医科大学名誉教授)は断言する

 

「抗ガン剤・・・私なら絶対やりません!ガン専門医が自分がガンになったとき拒絶するのも患者に投与してきて『効かない』ということを知っているからでしょう。私なら代替医療を選びますね」

 

彼らは口をそろえて「抗ガン剤は細胞毒だ」という。

 

「医薬品添付文書」ですら抗ガン剤は細胞毒 毒物とハッキリ明記している

 

~~~~~~~~~

 

 

初めて見れば、誰もがびっくり!そして、なぜ??と思う人も・・・

 

そんなことは嘘だと言いたい人も・・・

 

抗がん剤をどう思うか!

 

する、しない、選択は個人の自由です。

 

ただ、知らないことが一番怖いことだと・・・

 

自分で調べ学ぶことが大切です。

 

そして知ったら、とにかく毒素の排出に取り組むことです。

 

がんは血液が汚れたたことで出来た病です。

 

つまり、がんは毒素が体に溜まることが原因でつくられるのです。

 

細胞毒といわれる抗がん剤

 

だから、抗がん剤の毒素を体に溜め込まないこと

 

体に入った毒素はいち早く、排毒することが重要です。

 

後悔しない為に、自らが実践することですね。

 

これが再発転移を防ぐため最大の自助努力です。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自分の力で抗がん剤の副作用から体を守るには

病院から見放された、もしくは治療へ不安を持ち、自ら病院を離れた

 

「がん難民」といわれるひとたちが増えています。


このように行き場の無くなったことで、本当に不安な時間を過ごされている方がおられます。


日本には130万人を超えるがん患者がいるといわれています。


そのうち半数が、治療への不安、不信感で悩んでいるそうです。


突然、がん宣告を受け、準備も知識もない状態

そこから、治療が始まります。


つらい治療に耐えた後に、数カ月で再発、転移


壮絶な副作用で衰弱

治療の甲斐なく亡くなる人が後を絶ちません。


治療から起きた感染症で亡くなる人が減らないのは、今現在の悲しい現実ですね。


2人に1人がガンになり、3人に1人が亡くなっています。


自分の体は自分で守らなければ・・・

誰も守ってはくれません。


治療と守ることは違います。


放射線や抗ガン剤をする以上、副作用から自分を守ることをしていく必要性があります。


副作用から自分を守る


がんが消えても、副作用で亡くなったのでは何の意味もありません。



「活性酸素を除去」そして、しっかりと免疫力をつけることが大切です。


ガン難民にならない為にも、自分自身で学び、日々実践することも大切です。


自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

乳がんをきっかけに幸せな時間を

クライアント様の 乳がんのFさん

 

ご家族様と幸せにを過ごされています

 

抗がん剤治療をやめられてから3年

 

抗がん剤治療に悩み、考え、色々と沢山調べられた結果 

ご家族さまの理解を得ることができ

自分の責任で治療をやめられたそうです。

 

抗がん剤に代わることをしよう! 

お金もかかるけど

その分 健康になって一生懸命 働こうと思ったとか・・・

 

心が強く、前向きな方だなと・・・・

 

がんになった原因をなくす為に・・・

 

現在も彼女は➡蜂粋プラチナカプセルの大ファン➡支えになっているそうです

 

日々の生活は蜂粋プラチナカプセル

 

お疲れモードのときそして、お仕事のお付き合いでアルコールのお世話になった後は、蜂粋ゴールドプロポリス(高濃度・原液タイプ)を飲まれるそうです。

 

肝臓がお疲れの日は、にがく感じないとか・・・

 

プロポリスの苦味が、自分のからだを気遣う バロメーターになっているそうです

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

体の力を上げながらがんの痛みを和らげる

がん細胞の発生は、どんな人でも毎日、起きています。


人は日常生活において、壊れた細胞である癌細胞を発生させています。

 

壊れた細胞が分裂、増殖をくりかえして大きくなり、癌として症状に現れます。

 

その原因は、ストレスや乱れた生活習慣が多いといわれています。

 

ストレスや生活の乱れが原因で、細胞は傷つき破壊され、がん化されていきます。

 

通常は、そこで免疫力が働き、がんが大きくならいよう働いてくれています。


しかし、免疫力が低下すると、壊れた細胞が分裂、増殖を繰り返し、がんという塊になっていきます。


やがて大きくなったがんは、痛みなどの症状の原因となり、苦痛を伴うようになります。

 

その苦痛を和らげるため、ステロイド剤を使うことがあります。


実はこのステロイド剤には、免疫力を低下させる作用があり、免疫細胞の働きを抑えてしまうのです。


痛みなどの症状を緩和する代わりに、免疫を低下させてしまう・・・


免疫力・・・

私たちが生きていくうえで絶対に必要な存在

 

がんを治すには最も大切な力

 

薬だけに頼らず、免疫を上げながら、痛みを和らげる

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

抗がん剤最も避けたい副作用

ほとんどのがん患者の人が抱える悩み

 

再発の不安

 

不安を超えて恐怖感といったほうがいいかもしれませんね・・・

 

特に抗がん剤治療をした人の不安はとても大きいようです。

 

がん細胞が抗がん剤に耐性をもつということも少しずつではありますが、知られてきています。

 

アンチ・ドラッグ・ジーンADG (反抗ガン剤遺伝子)

 

がん細胞は、抗がん剤の効き目を打ち消してしまいます。

 

つまり、抗がん剤の力を上回る がん細胞がつくられてくるということです。

 

これも、がん細胞が生き残ろうとする力です。

 

このことをアメリカ国立ガン研究所(NCI)の所長が、85年に「分子生物的のみても抗がん剤でがんは治せない」とアメリカ議会で証言したことは有名な話です。

 

しかし実際には、癌になれば日本では抗がん剤治療は今も当たり前にしています。

 

抗がん剤は、腫瘍だけでなく正常細胞にも作用します。

ですから、二次的ながんを発症させる可能性が高くなります。

 

それだけ抗がん剤は強烈なお薬なのです。

 

抗がん剤の最も避けたい副作用

二次発がんですね。

 

抗がん剤治療中は聞いていたような、「嘔吐、脱毛、下痢」などの副作用はなかったため、甘く考え対策はしていなかったそうです。

 

1ヶ月後から白血球はどんどん減少していき、抗がん剤終了後、3ヶ月目に腫瘍マーカーが一気に上がり、その1ヶ月後 転移が見つかった・・・と泣きながら訴えた人がいます。

 

卵巣がんから 大腸がんに・・・

 

卵巣がんは無くなったのに、大腸がん・・・

 

悲しすぎます。

 

甘くみないで、早い対策をおススメします。

 

抗がん剤 ➡ 排毒 ➡ 免疫アップ ➡ 活性酸素を抑える

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

自分で軽減?がん治療の副作用

日本には130万人を超えるガン患者がいるといわれています。


突然、がんを宣告され、準備も出来ず、知識もない状態で治療が開始されます。


壮絶な副作用で衰弱してしまい、苦しい治療の末、亡くなる人が後を絶たないのは悲しい今の現実です。


副作用がつきまとう・・・

この副作用から自分の体を守れるのは自分しかいません。


【毒をもって毒を制す】


これが、がん治療の現状、だから、副作用は仕方ないと諦めてはいませんか?


副作用で苦しまないように、「自分で軽減する」

そこに、意識を向けることが重要です。


抗がん剤の副作用でお困りの方からのご相談はとても多いです。


入れた毒は出す。

排毒が重要です。


自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

 

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

有効率・寛解率・治癒率・・・

自分のがんの状況、病院からがんのステージさえ教えて貰っていない方が多いことに驚きます。


更に家族の方、全員誰も知らないという現実に驚くことがあります。


それもそのはず

がんであることだけを病院から伝えられ、あれよあれよのうちに治療が始まっていたといわれます。


いわれるがまま、任せっきりになっている人が多いのも事実です。


船瀬俊介さんの著書を拝見し、抗がん剤の副作用に、二次発がんというものがあると知り、自分の愚かだったといわれていた方がいます。


自分の体なのに、あまりにも無知だった・・・

と後悔されている言葉が印象的でした。


肺がんの彼が目にしたものを一部抜粋します。



**********以下 船瀬俊介氏著書より一部引**********************************************


抗ガン剤の有効性について一切の記載がないものがいくつもある。


添付文書」に「臨床成績」や「有効率」など記載ゼロ・・・


抗ガン剤の「有効率」とは、投与後、四週間(…?)の間に ガン腫瘍がタテヨコどれだけ 縮んだのか の縮小率で 判定 する。


だから記述のとおり、ほんらい 細胞毒 である抗ガン剤に、ガン腫瘍がびっくりして一時的に縮んでも 有効 と判定するのだ。


そのうち反抗ガン剤遺伝子(アンチ・ドラック・ジーンADG)の作動で抗ガン剤は無力化にされ、ガン細胞は勢いを増して増殖することはすでに述べた。


たった 四週間 という呆れるほど短い期間を 判定期間 と区切ったのは、その後のガン腫瘍のリバウンド(再発)をごまかすためであろう。


この抗ガン剤毒性によるガン腫瘍の一時的 ビックリ縮小 ですら約10%にしかみられない。


残り90%はピクリとも抗ガン剤に反応しない。


抗ガン剤のこの一時的なわずか10%の「有効率」(腫瘍の縮小率)に過ぎない。


それをガン患者や家族は ガンが治ると「治癒率」とかんちがいしている。


抗ガン剤の効能成果について


投与して腫瘍が、わずか 四週間 で少しでも 縮小すれば・・・「有効性アリ」・・・と厚生労働省は認定している。


ところが、1985年、アメリカ国立ガン研究所(NCI)デヴィタ所長が会議で衝撃証言を行っています。



*************************************************************************************



抗ガン剤により、」「ガンが小さくなった」と喜んでいるのも

「束の間」であることが悲しいですね。


「有効率」や「寛解率」を「治癒率」と勘違いしてしまう患者さんも多いはずです。


「有効率」「寛解率」とは「治癒」ではありません。

それは、「腫瘍縮小率」を意味しています。


厚生省をはじめ、医師たちの間でも抗ガン剤でガンは治せないことは常識の範囲とも聞きますが・・・

本当にそうなのでしょうか・・・??


他に薬がないこと

少しでも腫瘍を小さくするために使っているのが現状だとか・・・??


しかし、その後、抗ガン剤投与による「二次発ガン」などの重大な副作用がありますから、数ヶ月後、数年後の再発転移を覚悟しておかなければいけないのでしょうか・・・??

それは厳しすぎます。


抗ガン剤医薬品添付文書にある有効率とは、4週間のあいだにわずかでも腫瘍が縮んだ率


それが10%だそうですが・・・

その中のほとんどがリバウンドでがんが増殖すると言われています。


だとすると実際には、「治癒」という結果は何%になるのでしょうか・・・


自分の大切な体です。


自分の体のことは自分がしっかりと把握し考えて、自分で選択しなければばいけませんね。


自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

抗がん剤治の作用と副作用・二次発がん

乳ガンの方が泣きながらお電話をしてこられました。

癌が見つかり抗がん剤を治療を開始したそうです。

しかし、先月あたりから腫瘍はどんどん大きくなり、転移したそうです。

なぜだろうか・・・と思い調べてみたところ抗がん剤に震え後悔したそうです。

今となってはもう遅いかもしれないが、体から毒を出すことに専念するとのこと・・・

実は抗がん剤というものがどんなものでつくられているのか、彼女のように全く知らない方が多いのです。

食品を買うときには原材料を見て買うのに、薬だと原材料を見ないのがそもそもおかしな話ですね。

抗がん剤はマスタードガスを主原材料につくられています。

マスタードガスとは、第一次世界大戦で初めて使われた化学兵器です。

これは毒性が主の作用であり、この毒性の副作用でがんを攻撃するのです。

がんが死滅する前に、毒性によって本人の体が弱ってしまうのです。

免疫機能を失った体は、がんと共存できるだけの体力もなくなり、癌が増大してしまうのです。

抗がん剤の医療添付文書には「二次発癌」と書いてあります。

信じがたいことですね・・・

彼女は、自分の疑問に素直に従い、これに気付いたそうです。

がんは、毒素を溜め込んだことによって出来たものです。

そこに猛毒が入ってくれば、さらに癌は大きくなるのは当然です。

ましてや無防備に抗がん剤を受ければ、その確率は非常に高くなるのです。

抗がん剤を選ぶなら、万全な体制で挑む必要があります。

万全な体性をとっていないと、抗ガン剤投与と同時に免疫がづたづたにやられ、がんの増大どころか、あっという間に感染症で亡くなってしまうことがあるのです。

治療の選択は個人の自由です。

しかし、命を守るための選択ですから、人任せ、病院任せにしないこと

自分の体は自分で守れるよう、免疫を上げて万全な体性をとられることを願っています。

バランスのとれた栄養で体温を上げ、明るくおおらかな心で過ごす

日々の食事をより良く生かすため、生命エネルギーを高める食品をおススメします。

がん治しはあきらめない・必ず治ると信じて

大自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんなのに感染症に・・

抗がん剤には賛否があるみたいなのですが・・・


抗がん剤をしても元気に過ごしている人とそうでない人の違いはなんでしょう・・・


免疫力なのです。


元気にされている人は、免疫力を強化や解毒機能を高めるような何か自助努力をされています。


抗がん剤治療をすると、極度に免疫が落ちてしまうみたいなのです。


某大学病院の有名な話にもありますが・・・


1年間に亡くなったガン患者のカルテを徹底精査したら、80%はガンでなく、抗ガン剤や放射線など 「ガン治療」の副作用で死亡していた!   (船瀬俊介氏ご著書より)



抗ガン剤を投与した患者群ほど早く、多く死亡している(米国東海岸リポート)


リスクは大きいのでは・・・


免疫力の低下は生きるちからを下げてしまいます。


抗ガン剤をすると、胸腺が縮まり、B細胞、T細胞が減少するみたいですし、NK細胞などリンパ球が激減すると言われています。


さらに、血小板、赤血球が減少や免疫力が急激に低下する可能性が上がり、普段なら防げるはずの菌に感染してしまうのです。


その結果、感染症で亡くなる方がとても多いこと・・・


そんなに弱っている患者さんのもとに、外から菌を持ち込んでしまっていませんか?


良かれと思い、私の知人も毎日、子宮がんの友人が入院している病院に足を運んでいました。


1ヶ月もしないうちに、がんの友人は熱を出し、肺炎で息を引き取りました。


私たちにとっては、何でもない菌ですが、抗ガン剤をしている人にとっては命を奪う菌にもなります。


そのくらい免疫力がなくなっているのですから、お見舞いに行く人も充分、気をつけなければなりませんね。


治療の選択は本人の自由なので、抗がん剤に負けない 対策が非常に大切ですね。

感染症を起こさない からだづくりを・・・



自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)