再発転移を繰り返すのはなぜ?

抗がん剤をやめたい、抗がん剤をやめた・・・よく聞きます。

ステージⅠa の子宮頸がんだったHさん

全摘後、6ヶ月後 再発 ➡ 抗がん剤開始

抗がん剤終了~4ヶ月後、大腸への転移が見つかった ➡ 抗がん剤再開 

肝臓への転移が確認されたそうです。

たった数ヶ月の間に、癌は次々と広がりました。

抗がん剤治療の副作用は日常の生活にも影響を与えていたそうです。

脱毛、食事が出来ない、下痢、急激な筋力低下、筋肉の痛みなどで、起きれない日もあったようです。

ある日、船瀬俊介さんの本を目にして、愕然としたそうです。

抗ガン剤は、造血機能を破壊する?

白血球の中のナチュラルキラー細胞や免疫細胞も破壊する?

白血球が破壊されるということは・・・?

抗がん剤が怖くなったそうです。

そして癌細胞は抗がん剤により、約100日ほどで耐性を獲得します。

1985年にアメリカ国立ガン研究所(NCI)デヴュタ所長がこれに気付き『抗ガン剤は無力である』 と米議会で発表しています。

以下、船瀬俊介氏の記事より一部抜粋します。

「抗がん剤は無力」  というデヴュタ証言 

実は、抗がん剤が有害無益であることは、海外ではとっくの昔に常識となっている。
1985年、米国立がん研究所(NCI)のデヴュタ所長が、米議会でこんな衝撃的な証言をした。「抗がん剤による化学療法は無力だ」というショッキングな内容だ。デヴュタ所長の証言はこうだ。
「抗がん剤を投与すると、一部の患者には腫瘍縮小がみられる。
しかし、がん細胞は自らの遺伝子を変化させ、たちまち抗がん剤の毒性に耐性を獲得してしまう。だから抗がん剤はがん細胞に対してまったく効力を失う。がん患者はただ、抗がん剤の毒性をこうむるのみだ。私は深く絶望している」
これは、害虫が農薬に対して耐性を獲得する現象とまったく同じだ。

デヴュタ所長は、がん細胞が耐性獲得する遺伝子を「アンチ・ドラッグ・ジーン」(ADG:反抗がん剤遺伝子)と命名している。
 NCIはアメリカ政府の最も権威のあるがん研究機関だ。その最高責任者が「抗がん剤は無力だ」と、議会という公の場で認めたのだ。

*******************************************

始めてこれを知ったとき、私も大きな衝撃を受けました。

抗がん剤を投与すると一部の患者さんに腫瘍縮小はみられる

しかし、がん細胞は抗がん剤の毒性に対して、たちまち遺伝子を変化させ、その毒性を無力化にしてしまう

抗がん剤に勝った癌細胞は、再発転移をします。

そして今度は種類を変えて、また抗がん剤を投与します。

その度に癌細胞も力を増し、狂暴化してしまう

その間に、宿主の体力、、免疫力は奪われ、生きる気力すら薄れていく・・・

それに気付いた彼女は、温熱や健康食品を使い、抗がん剤で溜まった毒素の排出に励んでいます。

そして、最近は抗がん剤の副作用もやっとなくなり、落ちた体力を回復させながら、今はがんを癒す生活を送られています。

Hさんのご健康を心からお祈りいたします。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治療の不安

がん治療の不安

悩み、迷い、悶々とした気持ちで過ごしている人も少なくないと思います。

その理由の多くは抗がん剤への不安のようです。

多くの人が、治療の副作用で亡くなっていると聞けば、当然怖くなります。

実は癌そのもので亡くなる人は少なく、ほとんどの人が感染症や敗血症など、他の症状で亡くなっていると知り、私も怖くなったのを覚えています。

抗がん剤多投与グループほど短命(米東海岸リポート)

この報告にもショックを受けました。

これは治療によって、免疫機能が削ぎ落された結果ですね・・・

抗がん剤の毒性は、がん細胞だけでなく患者さんの全身細胞を攻撃します。

脱毛、嘔吐、倦怠感、下痢・・・

これらは表面に出てきた症状です。

これら以上に、自分でも気付かないことが、体のなかで起きています。

がんなおしに必要なNK細胞などの免疫細胞たちも、抗がん剤によって攻撃されています。

その結果、起きるのが二次発がんや感染症です。

免疫機能を失った体は、様々なウイルスや菌に感染してしまうのです。

通常なら自分の免疫力で跳ね返すことの出来る菌であっても、感染してしまうのです。

免疫細胞が激減した体は、ウイルスや菌と闘う力はなく、肺炎など重い症状を起こしてしまいます。

「癌を叩く」 と表現される抗がん剤

叩いているのは癌細胞だけでなく、自分の体も叩いてしまっていることを頭に入れておく必要がありますね。

免疫力を削ぎ落とさないよう、自分で自分の体を守る

せっかく頂いた命を縮めないよう、切に願っています。

自分の命は自分で守る

しっかりとした栄養成分で、体を温め、おおらかな心で過ごすことが、癌を治す近道です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

気付くがん治療・感染症を避ける

日本人の死亡原因のトップは癌ですね。

年間約35万人が癌で亡くなっているそうです。

今もがんに悩まされている人は少なくないでしょう。

亡くならなくてもよかったはずの命は多いはず

つまり、助かる命はもっともっとあると思います。

実は、がん患者さんの多くは癌以外の原因で亡くなっています。

その多くは感染症です。

投与された抗ガン剤、照射された放射線、必要以上の手術による免疫低下から起きることです。

副作用と言えば、嘔吐、脱毛などを思いがちですが、免疫を落とし感染症を起こすことも充分、副作用なのです。

免疫細胞のリンパ球などが低下し、ゼロに近づくと感染症に全身を侵されてしまいます。

歌手の忌野清志郎さんもそうでしたね。

がん細胞を攻撃すれば、自分の免疫力が落ちます。

なぜなら、がん細胞も自分の大切な細胞だからです。

しかし癌になれば、がん細胞を攻撃することを選ぼうとします。

がん細胞を攻撃すると、必ずしっぺ返しがあります。

がんは自分がつくった病気です。

がん細胞が住む体の持ち主は自分です。

お医者さんの多くは、自分が癌になったとき抗がん剤治療はしません。

抗ガン剤によって二次発がんすること

そして、免疫が落ちれば感染症を起こして命を落とすことを知っているからです。

抗がん剤を投与すると、一部には腫瘍縮小が見られますが、がん細胞は自らの遺伝子を変化させ、耐性を獲得し、勢いを増して凶暴化することはわかっているのです。

気付いて欲しいと願っています。

抗ガン剤をし続けてきた卵巣がんの方が3度目の転移をしてやっと気付いたと言われました。

4ヶ月ごとに転移が見つかり、初期がんから今では全身が癌で侵されています。

しかし、このままでは治らない、それどころか感染症で死んでしまうと思い、自分で治していくことを決心されました。

決して楽ではありませんが、末期がんが消えた人はたくさんいらっしゃいます。

体内に溜まった毒をいち早く排出すること

治っていく自分をイメージして、大自然の恵みと自然界の波動を感じながら実践するのみです。

私の経験を彼女に伝え、頑張って乗り越えていかれることを心から願っています。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ホメオスタシスに目を向けることが本当のがん治療

『ひとは、体の中に100人の名医を持っている』

ヒポクラテスの有名な言葉です。

ヒポクラテスとは、どんな人物?

ここでいう名医とは、誰かわかりますか?

あなたですよ!!

自分自信です。

もっと言うならば、自分自身の自然治癒力のことです。

私たちには、自然治癒力があります。

つまり、治す力です。

言葉をいい替えれば、私たちの体は、正常を保とうとする力と働きを備えているということです。

自然治癒力を働かせる原理が、生体恒常性維持機能 ホメオスタシス です。

しかし、風邪を引けば、風邪薬、抗生剤。

熱が出れば解熱剤。

咳が出れば咳止め。

頭が痛ければ頭痛薬。

これでは、せっかくの原理が全く活かされていません。

それどころか、薬は使えば使うほど、ホメオスタシスを崩してしまうことになります。

ホメオスタシスを無視した治療が本当の医療と言えるのでしょうか・・・

ガンの名医は、医者ではありません。

名医は自分自身なのです。

医者をはじめ、周りの専門家は名医のお手伝いをするだけなのです。

細胞も環境も性格もみな違う体を、ガイドライン通りの治療で治そうとすることがそもそも間違っています。

それは、症状を抑えているだけのことです。

手術をしてガンは取り除いた。

抗ガン剤で再発を予防できた。

放射線でガンは死滅した。

と思っていませんか?

しかし、残念ながらほとんどの方が再発しています。

なぜなら、これは目の前の症状を抑えただけだからです。

そこの早く気付かなければいけません。

ホメオスタシスを崩し、治癒力を失い、ガン細胞をどんどん増殖させてしまう・・・

生命の原理を無視した結果です。

人任せでは、治せない。

治せるのは、自分が備える自然治癒力のみです。

1人の名医を探すより、自分の中にいる100人の名医をいかに働かせるかを考えた方がいいですね。

本当のガン治しとは、原因を取り除くことからです。

症状だけを抑えても、原因がそのままである以上、必ず再発をします。

まずはガンになった原因に目を向け、気付くこと

これが名医をしっかり働かせることが出来る条件です。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

余命という言葉に振り回されない・自分で決める

「抗がん剤を使わなければ余命6ヶ月」

と医師から余命を告げられ震える

抗ガン剤は絶対に使いたくないと言われていた人でも、いざこの場面が訪れれば動揺し、うろたえます。

小林麻央さんと同じ進行性の乳がんの彼女

海老蔵さんの会見を見て、絶対に抗ガン剤治療はしないと決めていたといいます。

転移性の乳癌は、他の臓器に比べ長く生きる分、抗ガン治療をすれば苦しむ期間が長くなると聞いたことがあるからだそうです。

転移性、進行がんともなれば、病院では抗ガン剤治療は当たり前です。

しかし、患者さんが拒めば、『命の保証は出来ない』 と言われます。

『抗ガン剤をすれば、命は保証してくださるのですか?』 と彼女は医師に聞いたそうです。

当然、それも出来ないと言われ、彼女は自分の意思通り、抗ガン剤治療はしないという結論を出しました。

つまり命の長さや行く先は誰にもわからないのです。

断ることが出来ず言われるがまま抗ガン剤をした彼女のお母様

抗ガン剤をしなければ1年もたないといわれ、結局、抗ガン剤治療から3ヶ月後 感染症で亡くなられています。

母親が癌になったとき、思い知らされた抗ガン剤の恐ろしさ

同じことは避けたいと心に決め、他人の言葉に振り回されることなく、治療法を自分で決められました。

母と娘が同じ癌になり、この連鎖を次に繋げてはならない、自分が止めなくてはならないと心に強く誓われたそうです。

彼女は、生き方を変え、がんと向き合い、自分で治す自然療法に取り組まれるそうです。

必ず運命を切り開かれると祈っています。

がん治しは、今までの常識を捨てることから・・・

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

化学療法とがんの耐性・がんを攻撃しない

化学療法は、がん細胞に耐性をもたせます。

耐性をもった癌細胞は、悪性度をさらに高めてしまいます。

相手を攻撃すれば、ブーメランで自分に返ってきます。

がん細胞も同じです。

攻撃された癌細胞は、今度は何倍もの威力で逆襲をしてきます。

『 「薬をやめる」と病気はなおる 』

などの著者である安保徹先生は、「抗ガン剤、放射線、手術」という「ガンの三大療法」が、ガンの治療をはばむ・・・とまで言い切られています。

抗がん剤で損傷を受けた細胞からは『WNT16B』というタンパク質が多く分泌されます。

このタンパク質が癌細胞の増殖や浸潤に働きかけていくのです。

抗がん剤は 増ガン剤などと言われ、拒否をする人も随分増えてきたように思います。

がんは攻撃してはいけません。

がんが住みにくい環境をつくれば、癌細胞は自然と消えていきます。

これが自然治癒によるがんの自然退縮なのです。

というよりも、元の姿に戻っていくと言った方が良いでしょう。

がん細胞も大切な自分の細胞です。

大切な細胞を死滅させてしまうと、必ず自分の体も弱ります。

免疫が落ちた結果、ガンが再発転移してしまうのです。

だから、がん細胞には本来の姿である正常細胞に戻ってもらい、本当の健康体になっていくことが絶対に大切であり、これが本当の意味での完治なのです。

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん難民にならないために

ガン難民・・・

この言葉を聞いた事がある方も多いかと思います。

日本には130万人を超えるガン患者がいると言われています。

そのうち半数が、治療への不安、病院への不信でさまよっているそうです。

病院に見放され途方に暮れる方、何かが違うと感じ自ら病院を離れる方

ガン難民になった原因はさまざまです。

そもそもは、無知がゆえに始まったことなのかもしれません。

しかし、行き場の無くなったガン患者さんは本当に不安な時間を過ごされていることと思います。

まさか自分がガンになるなんて、考えてもいなかった・・・

当然、準備もなく、知識もない状態です。

ガンになれば、病院で三大療法を受けるのが当たり前と思っていれば、疑うこともなく治療を受けるでしょう。

しかし、壮絶な副作用や、治療の甲斐なく無くなっていく人の多さに、ショックを受けてしまいます。

2人に1人がガンになり、3人に1人が亡くなる時代です。

自分や大切な家族が、いつガンになるかわからない時代ですから、ガンには、さまざまな療法があることを知っておくことも大切だと思います。

また、最近は、いろいろな先生方のガン療法の本もあり、学ぶチャンス、情報は以前に比べ増えています。

賛否はあるでしょうが、救われたガン難民の方もたくさんいらっしゃいます。

情報を発信する人がいなければ、知らないまま命を落とす人もいるかもしれません。

たったひとつの情報で救われた人もたくさんいます。

情報を目にしなければ、気付かないまま、知らないまま過ごしていることも多いはずです。

情報をキャッチしたら、それが是か非か、必要か不必要か、自分が判断すればよいことなのです。

自分でしっかりと調べ、直感を働かせ、自分自身に責任をもって判断することです。

療法も、自分に合うものを自分でしっかり選ぶことです。

西洋の治療をやめ、自然療法を選ばれる方もいらっしゃいます。

ガンでも元気に楽しく生活されている方、ガンが消滅した方もたくさんいらっしゃいます。

つまり、自然体であることを前提に、自分が信じた道、信じた療法が一番効果を出しやすいということなのでしょう。

それもご自身が選ばれたことですから、外野がどうこう言う必要もないことです。

とは言え、ここに辿り着くまでには、凄まじい葛藤があったことでしょう。

近道で辿り着く人は、そうそうはいません。

皆さん、随分、遠回りをされて辿り着いています。

ですが、遠回りは、心身共に疲れてしまいますので、遠回りより近道が良いにこしたことはありません。

無知であったことを悔やんだ人も多いでしょう。

私も周りにも悔しい思いをされている方は大勢いらっしゃいます。

そうならない為にも、情報を無駄にせず、ご自身でしっかりと知る、学ぶことが大切だと思っています。

女性情報はこちら
https://www.joseifuchokaizen.com/otiti/

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

抗がん剤・放射線治療を選択しない人・生命力を上げる

アメリカでは、1977年 上院議員のマクガバン報告により食事がどんどん改善されました。

日本食に注目したアメリカは、それにより癌が減っています。

一方日本は、戦後から欧米食がどんどん広がり、肉、乳製品の摂取量が増えると同時に癌が増えてきています。

食事と癌の関係は切り離すことが出来ない問題です。

ですが、癌になった現在でも食事を見直すことなく過ごしている人がたくさんいます。

またアメリカは癌の発症だけでなく、癌の死亡率も減っています。

日本は、変わらず死亡原因1位を占め毎日多くの癌患者さんが亡くなっていっています。

これは、やはり治療法の違いではないでしょうか・・・

アメリカでは治療の選択肢がたくさんあります。

西洋医学の治療のほかに、食事療法、温熱療法、運動療法、健康食品、気功、ヨガなどといった代替医療があります。

日本でも同じように選択肢はあるのですが、残念ながら知らない人がほとんどです。

何も知らず、病院での治療だけに頼っています。

手術、抗ガン剤、放射線治療をした挙げ句、再発転移をすることは珍しいことではありません。

しかしなぜ、多くの人が再発転移をするのだろうかと疑問に思いませんか?

病院でガン宣告を受けると、間違いなく何かしらの治療をすすめられます。

しかし、医師は自分が癌になったときは違います。

抗ガン剤で癌は治せないことを知っているからです。

それどころか、抗ガン剤はすればするだけ癌を増殖させてしまう原理をしっているからです。

放手射線が組織を破壊し、それが原因で体が弱っていく患者さんをみているからです。

手術は再発転移のリスクを高める危険性があることもよく知っています。

「私は、医師になって何千人ものガン患者さんを死なせてますよ・・・抗ガン剤は効かないよ」

とある医師が言われました。

これが日本の医療の現実なのでしょうか・・・

患者さんを救いたいという思いはあるはずです。

しかし、医師である以上、決められたことをしなくてはならない

この矛盾に苦しんでいる医師も少なくないはずです。

がん治療で苦しみ、亡くなっていく患者さんを嫌というほど見てきているから、癌だけでなく、治療に対する恐怖感も持っていると言われます。

自分が癌になったときは、抗ガン剤、放射線治療はしないという選択をされています。

臓器を圧迫して生活に支障がある部分だけを切除して、後は野菜ジュースや健康食品を摂り、ウォーキングなどの運動をして免疫力を高める生活されています。

それによって癌を克服している医師も少なくないのです。

病院治療においては、症状が進み終末期を迎えるとホスピスで死を迎える準備をします。

代替医療は違います。

終末期であろうと、初期であろうと免疫力を高め、がんと共に生きることを考えます。

癌という塊に目を向けるのではなく、生命力を高めていくことに目を向けています。

代替療法、自然療法は、がんを直接攻撃することではなく、食事を見直したり体を温めたりして、がんが自然と消えていく体をつくっていくことをします。

体だけではなく、心も鍛えていくのが自然療法です。

癌を恐れない、怖がらない精神力をつけること

癌が小さくなっても、命が縮んだのでは何にもならないのです。

癌があっても、明るく元気に生きた方が自然な生き方なのです。

自然体のなかに、がん自然退縮という現象が起きます。

西洋医学では有り得ないことが、自然のなかでは起きています。

信じるか、信じないか・・・それも自分次第ですね。

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

(このブログは私個人の考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

抗がん剤でがんは消えても再発転移するのはなぜ?

がんになると日本ではほとんどの人が抗ガン剤治療を受けています。

その割合は、全がん患者さんの8割以上にもなります。

劇薬、毒薬の指定を受けている抗ガン剤

だから、抗がん剤でがんが消えても、ほぼ再発する・・・

抗がん剤治療にかけている人たちを思うとこの現実は胸が苦しくなります

卵巣ガンの方

抗がん剤をして、腫瘍マーカー、画像共にがんの小さくなったと喜んだそうです。

しかし半年後、肝臓への転移が見つかりました。

そしてまた、抗ガン剤を投与するものの腫瘍が縮まらなかったため、さらに別の抗ガン剤を併用したそうです。

結果、彼女は衰弱しきってしまい、再発転移による抗ガン剤投与から3ヶ月後、末期ガンで余命を告げられました。

劇薬である抗ガン剤を使えば、こうなることは専門家なら想定内のことでしょう・・・

だから医師たちは自分が癌になったとき、抗ガン剤を使わないわけです。

がん細胞は異物でも悪でもなく、自分の大切な細胞です。

つまり、体の一部なのです。

がん細胞を殺す抗がん剤を投与すれば、正常細胞も死んでしまい、自分の命を縮めてしまうことになる、それどころか急死も起こるのです。

ここに気付かなければなりません。

卵巣ガンの彼女も衰弱しきり、やっと目が覚めたと言われていました。

抗ガン剤を投与してきた人は、痛みが強く出やすくなります。

彼女も同じで、激しい痛みに歯をくいしばり、歯が折れてしまったほどです。

見ている側もつらくなります。

以前にも取り上げさせて頂いたことがありますが・・・

小学校2年生で白血病になった息子さんの、抗ガン剤で生き地獄をみた医師が書かれた 
【白血病の息子が教えてくれた医者の心得】 

*****************::ご著書の紹介文を一部抜粋させて頂いています*************

患者さんが来ると、まずはプレトニン(ステロイドの一種)を20錠くらい飲ませる。ところが、プレトニンでコントロールできるのはわずか10人のうち5人。あとの5人はなんぼ飲ませてもびくともしない。プレトニンを100錠、200錠、点滴のなかに入れてばんばかやるわけだ。次に抗がん剤をやるわけだ。がんというのは、人間の正常な細胞とそれよりも何十倍も強いお化けみたいなものとが共存しているんです。
抗がん剤をやると患者さんはゲーゲー吐きながらしんどいと訴える。そうすると医者は、検査のデータを見せて、あんたなにをいっているんだ。このとおり抗がん剤でガンが小さくなっているのに。マーカーの数値が下がっているのを見せられて患者さんは「すみませんありがとうございます。ゲーゲー」と感謝する。そこでまた抗がん剤。ゲーゲーやる。人間が死にかかったら抗がん剤をやめる。がん細胞がどんどん大きくなってマーカーが3倍4倍。また抗がん剤やる。患者さんゲーゲーやる。先生もうやめてくださいという。なにいってるんだ、マーカーが下がったじゃないか。あ、ありがとうございます。ゲーゲー。また途中でやめる。マーカーが上がる。またやる。ゲーゲーありがとうございます。を繰り返しながら苦しんで死んでいかなければならないんです。
がん細胞のほうが絶対に人間の細胞よりも強い。絶対にがんよりも人間のほうが先に死ぬ。それは自然の摂理であります。
僕はそんなこと分かっていたけど、卒業して23年。大学でもこれしか教えてくれないし、教科書もこれしか書いてない。だから何百人ものがん患者さんが抗がん剤でみんな苦しんで死んでいくのを見届けるしかなかったんです・・・

白血病で亡くなった息子が、『抗がん剤は拷問以上だ』 と教えてくれたそうです。

大切な家族の死を通して初めて気付く方も少なくありません。

本当に大切な、かけがえのないものを失う前に気付かなくてはいけないのです。

気付けるチャンスを掴むか、掴まないかも自分自身ですね・・・

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちら

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

余命宣告を受けて気づくこと

● 再発転移を繰り返す

● 余命宣告を受けた

今、まさに気付くときではないでしょうか・・・

生命には自ら治そうとする力があります。

『ひとは、体のなかに100人の名医を持っている』

医聖ヒポクラテスの有名な言葉にある名医こそが、自分の自然治癒力です。

人間だけでなく、野生動物や植物にも備わっています。

自然治癒力をしっかりと働かせることで、癌になることを防いでくれています。

がんになったということは、自然治癒力がうまく働いていないということ

それなのに、さらに自然治癒力を損なうようなことをしてしまえば、癌が治ることから遠ざかってしまいます。

薬・手術・放射線は自然治癒力を落とします。

これらは、がんを治すものではなく、目の前にある塊をとりあえず消す方法です。

自然治癒力を奪えば、再発転移をしてしまうのは当然

それどころか、余命宣告まで受けることになるのです。

本当に癌を治しているのであれば、がんになる前より今の方が、少なくとも元気なはず

癌を小さくするために、癌を消すために弱ってしまったのでは、元も子もないのです。

癌の根本治療とは、がん細胞を攻撃することではなく、がん細胞を正常細胞に戻すこと

癌を治すのは、薬でも手術でもなく、自分自身の免疫、自然治癒力であることに気付くときではないでしょうか・・・

末期がんであっても、余命宣告を受けてもあきらめない

気付いたときがチャンスだと思い、取り組んで頂きたいとせつに願っています。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長のブログ

塚本みづほ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)