抗がん剤・放射線治療を選択しない人・生命力を上げる

アメリカでは、1977年 上院議員のマクガバン報告により食事がどんどん改善されました。

日本食に注目したアメリカは、それにより癌が減っています。

一方日本は、戦後から欧米食がどんどん広がり、肉、乳製品の摂取量が増えると同時に癌が増えてきています。

食事と癌の関係は切り離すことが出来ない問題です。

ですが、癌になった現在でも食事を見直すことなく過ごしている人がたくさんいます。

またアメリカは癌の発症だけでなく、癌の死亡率も減っています。

日本は、変わらず死亡原因1位を占め毎日多くの癌患者さんが亡くなっていっています。

これは、やはり治療法の違いではないでしょうか・・・

アメリカでは治療の選択肢がたくさんあります。

西洋医学の治療のほかに、食事療法、温熱療法、運動療法、健康食品、気功、ヨガなどといった代替医療があります。

日本でも同じように選択肢はあるのですが、残念ながら知らない人がほとんどです。

何も知らず、病院での治療だけに頼っています。

手術、抗ガン剤、放射線治療をした挙げ句、再発転移をすることは珍しいことではありません。

しかしなぜ、多くの人が再発転移をするのだろうかと疑問に思いませんか?

病院でガン宣告を受けると、間違いなく何かしらの治療をすすめられます。

しかし、医師は自分が癌になったときは違います。

抗ガン剤で癌は治せないことを知っているからです。

それどころか、抗ガン剤はすればするだけ癌を増殖させてしまう原理をしっているからです。

放手射線が組織を破壊し、それが原因で体が弱っていく患者さんをみているからです。

手術は再発転移のリスクを高める危険性があることもよく知っています。

「私は、医師になって何千人ものガン患者さんを死なせてますよ・・・抗ガン剤は効かないよ」

とある医師が言われました。

これが日本の医療の現実なのでしょうか・・・

患者さんを救いたいという思いはあるはずです。

しかし、医師である以上、決められたことをしなくてはならない

この矛盾に苦しんでいる医師も少なくないはずです。

がん治療で苦しみ、亡くなっていく患者さんを嫌というほど見てきているから、癌だけでなく、治療に対する恐怖感も持っていると言われます。

自分が癌になったときは、抗ガン剤、放射線治療はしないという選択をされています。

臓器を圧迫して生活に支障がある部分だけを切除して、後は野菜ジュースや健康食品を摂り、ウォーキングなどの運動をして免疫力を高める生活されています。

それによって癌を克服している医師も少なくないのです。

病院治療においては、症状が進み終末期を迎えるとホスピスで死を迎える準備をします。

代替医療は違います。

終末期であろうと、初期であろうと免疫力を高め、がんと共に生きることを考えます。

癌という塊に目を向けるのではなく、生命力を高めていくことに目を向けています。

代替療法、自然療法は、がんを直接攻撃することではなく、食事を見直したり体を温めたりして、がんが自然と消えていく体をつくっていくことをします。

体だけではなく、心も鍛えていくのが自然療法です。

癌を恐れない、怖がらない精神力をつけること

癌が小さくなっても、命が縮んだのでは何にもならないのです。

癌があっても、明るく元気に生きた方が自然な生き方なのです。

自然体のなかに、がん自然退縮という現象が起きます。

西洋医学では有り得ないことが、自然のなかでは起きています。

信じるか、信じないか・・・それも自分次第ですね。

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

何故、抗がん剤治療の賛否がおきるのか?

1981年以降、日本人の病気での死亡原因の1位はガンとなっています。

医療技術は年々、進歩していると言われていますが、なぜガンの死亡率は減らないのでしょう・・・

ガンになれば、抗ガン剤、放射線、手術といった治療法が当たり前のようにされていますが、お医者さんがガンになったときはどうでしょう。

自分がガンになったときに、99%のお医者さんは抗ガン剤治療をしないといわれます

実際、私の知り合いの医師もご自身もガンですが、抗ガン剤治療はされておらず、放射線も手術もされていないそうです。

彼は、早朝のウオーキングの後に、ニンジンジュースにプロポリスを入れて飲まれているだけです。

なぜ、お医者さんは自分には抗ガン剤を使われないのでしょう・・・

抗ガン剤は毒ガス兵器であるマスタードガスをもとにつくられました。

それだけ毒性の強いものが体に入れば、ガンも一時的に縮小することもあります。

しかし、ガン細胞だけではありません

正常な細胞まで死んでしまいます。。

そして、その後、ガン細胞の反撃がはじまります。

ガン細胞は耐性を持ち、新たなガンが発生します。

このリバウンド現象は、アメリカの国立がん研究所の報告でもわかっており、これが再発転移と言われる現象なのです。

そして、抗ガン剤は免疫力を低下させる為、感染症が起きやすくなり、命を落とす危険があることを、お医者さんは、よく知っているからです。

しかも、抗ガン剤の副作用は、治療をやめても長い期間に渡って体をむしばむつらい症状が続くものもたくさんあるからです。

残念なのですが、これが現実であり、無知の恐ろしさを痛感するところです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

治療をしない方 が長生きをする?

『病院であんなにつらい治療をしているのに何故良くならないのですか…
それどころか再発してどんどん弱っていくのは何故でしょうか・・・』

よく相談を受ける内容です。

そして

『ガン治療を受けなかった人のほうが4倍以上長生きしている』

という言葉を知りショックだったようです。

これは衝撃かもしれません。

『抗ガン剤・放射線・手術などのガン治療を受けた人は平均3年しか生きていないが 治療を拒否した人は平均12年6ヶ月も生きた』

アメリカの「ハーディン・ジェームス博士」の有名なエピソードですね。

それを裏付けるようにスウェーデンの研究によれば、全く治療しない早期前立腺ガンの患者さんの10年間の経過観察結果ではガンで亡くなったのは、わずか8.5%だったそうです。

日本の病院では、「何もしない治療」は考えられないでしょうね。

癌の治療法は国によってこんなに違うのです。

今まで、自然治癒力を低下させてしまう行動をしてきたことに気づいたなら、これからは自然治癒力を上げていくのみです。

気付いたらやるしかありませんね。

お元気になられることを祈ります。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治療の副作用を軽減する

がん治療の副作用で体がしんどい、精神的にも追いつめられる、つらい

そんな状況を仕方ないことと諦めていませんか?

副作用は自分次第で軽減できます。

治療ばかりに気をとられ、自分の体を守ることを忘れていませんか?

治療と守ることは違います。

自分の体は自分で守る

抗がん剤で免疫力が激減してしまい感染症で亡くなる方が後を絶たないのはとても悲しいことです。

だから抗がん剤や放射線の副作用から身を守ることを自分でしていく必要があるのです。

抗がん剤は毒性が非常に強い薬です。

毒である癌は、毒で制すのです。

体内に毒性が強いものが入れば、当然、また毒の塊である癌が出来ます。

ですから、体を守るためには入った毒はいち早く、体の外に出してあげること

抗がん剤、放射線によって大量に発生させてしまった活性酸素を除去することです。

活性酸素は過剰になると、癌をつくります。

放置してしまうと再発転移が起きてしまうのです。

だから、余分なものはどんどん排出し、除去していくことで体を守っていくのです。

ただし、これは抗がん剤や放射線治療を選択した以上、ずっと続きます。

排毒、活性酸素の除去をしてもまた毒が入り活性酸素が大量に生まれる

つまり、いたちごっこでることは知っておく必要がありますね。

そして白血球の底上げとリンパ球の活性化で免疫力を高める生活をすることです。

自分の命は自分で守る

治療中だからしんどいのは仕方ない、ではなく、治療中だからこそしなくてはいけないことがあることを知って頂きたいと思います。

がん宣告までは普通に元気に働いていた人が、治療を始めた途端、衰弱してしまいあっという間に亡くなってしまう・・・

免疫低下も副作用です。

病院任せの治療ではなく、自分の体は自分で守るということを意識してみませんか・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への                         ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

症状を抑えた薬は毒素として体に溜まる

ガンを再発する人の多くは、自分でなおすという意識がないように思います。

病院任せ、人任せで、食生活も今までと何も変わらず・・・

治療したにも関わらず、再発転移をして初めて食を始めとしたライフスタイルに目を向けるようになります。

しかし、今までの生活や治療で体には大量の毒素が溜まっています。

まずは、溜まった毒素を排出することです。

添加物や農薬は体に悪いと認識があるようですが、意外と認識が薄いのが薬です。

「薬が病気をなおす」というそもそもの間違った考えがあるからでしょう。

薬は病気をなおすものではなく、症状を抑えるものです。

急性期には、素晴らしい力を発揮してくれます。

しかし、いつまでも薬に頼っていると、なおるどころか、ガンや病気を招く毒素が溜まっていきます。

結果、再発などを引き起こしてしまうのです。

病気をなおすのは、自分自身の自然治癒力

つまり免疫です。

自然治癒力を高めるには、体をキレイにすること

毒素を出すことからです。

症状を抑えた薬は、代わりに毒素となって体に溜まっていきます。

次なる病気を防ぐには、いち早く毒素を出すことです。

苦しみも毒素のひいとつ

心も体もキレイになって、ガンを自然退縮に導いていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治療の不安

がん治療の不安

悩み、迷い、悶々とした気持ちで過ごしている人も少なくないと思います。

その理由の多くは抗がん剤への不安のようです。

多くの人が、治療の副作用で亡くなっていると聞けば、当然怖くなります。

実は癌そのもので亡くなる人は少なく、ほとんどの人が感染症や敗血症など、他の症状で亡くなっていると知り、私も怖くなったのを覚えています。

抗がん剤多投与グループほど短命(米東海岸リポート)

この報告にもショックを受けました。

これは治療によって、免疫機能が削ぎ落された結果ですね・・・

抗がん剤の毒性は、がん細胞だけでなく患者さんの全身細胞を攻撃します。

脱毛、嘔吐、倦怠感、下痢・・・

これらは表面に出てきた症状です。

これら以上に、自分でも気付かないことが、体のなかで起きています。

がんなおしに必要なNK細胞などの免疫細胞たちも、抗がん剤によって攻撃されています。

その結果、起きるのが二次発がんや感染症です。

免疫機能を失った体は、様々なウイルスや菌に感染してしまうのです。

通常なら自分の免疫力で跳ね返すことの出来る菌であっても、感染してしまうのです。

免疫細胞が激減した体は、ウイルスや菌と闘う力はなく、肺炎など重い症状を起こしてしまいます。

「癌を叩く」 と表現される抗がん剤

叩いているのは癌細胞だけでなく、自分の体も叩いてしまっていることを頭に入れておく必要がありますね。

免疫力を削ぎ落とさないよう、自分で自分の体を守る

せっかく頂いた命を縮めないよう、切に願っています。

自分の命は自分で守る

しっかりとした栄養成分で、体を温め、おおらかな心で過ごすことが、癌を治す近道です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

余命という言葉に振り回されない・自分で決める

「抗がん剤を使わなければ余命6ヶ月」

と医師から余命を告げられ震える

抗ガン剤は絶対に使いたくないと言われていた人でも、いざこの場面が訪れれば動揺し、うろたえます。

転移性の乳癌は、他の臓器に比べ長く生きる分、抗ガン治療をすれば苦しむ期間が長くなると聞いたことがあるからだそうです。

転移性、進行がんともなれば、病院では抗ガン剤治療は当たり前です。

しかし、患者さんが拒めば、『命の保証は出来ない』 と言われます。

『抗ガン剤をすれば、命は保証してくださるのですか?』 と彼女は医師に聞いたそうです。

当然、それも出来ないと言われ、彼女は自分の意思通り、抗ガン剤治療はしないという結論を出しました。

つまり命の長さや行く先は誰にもわからないのです。

断ることが出来ず言われるがまま抗ガン剤をした彼女のお母様

抗ガン剤をしなければ1年もたないといわれ、結局、抗ガン剤治療から3ヶ月後 感染症で亡くなられています。

母親が癌になったとき、思い知らされた抗ガン剤の恐ろしさ

同じことは避けたいと心に決め、他人の言葉に振り回されることなく、治療法を自分で決められました。

母と娘が同じ癌になり、この連鎖を次に繋げてはならない、自分が止めなくてはならないと心に強く誓われたそうです。

彼女は、生き方を変え、がんと向き合い、自分で治す自然療法に取り組まれるそうです。

必ず運命を切り開かれると祈っています。

がん治しは、今までの常識を捨てることから・・・

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

化学療法とがんの耐性・がんを攻撃しない

化学療法は、がん細胞に耐性をもたせます。

耐性をもった癌細胞は、悪性度をさらに高めてしまいます。

相手を攻撃すれば、ブーメランで自分に返ってきます。

がん細胞も同じです。

攻撃された癌細胞は、今度は何倍もの威力で逆襲をしてきます。

『 「薬をやめる」と病気はなおる 』

などの著者である安保徹先生は、「抗ガン剤、放射線、手術」という「ガンの三大療法」が、ガンの治療をはばむ・・・とまで言い切られています。

抗がん剤で損傷を受けた細胞からは『WNT16B』というタンパク質が多く分泌されます。

このタンパク質が癌細胞の増殖や浸潤に働きかけていくのです。

抗がん剤は 増ガン剤などと言われ、拒否をする人も随分増えてきたように思います。

がんは攻撃してはいけません。

がんが住みにくい環境をつくれば、癌細胞は自然と消えていきます。

これが自然治癒によるがんの自然退縮なのです。

というよりも、元の姿に戻っていくと言った方が良いでしょう。

がん細胞も大切な自分の細胞です。

大切な細胞を死滅させてしまうと、必ず自分の体も弱ります。

免疫が落ちた結果、ガンが再発転移してしまうのです。

だから、がん細胞には本来の姿である正常細胞に戻ってもらい、本当の健康体になっていくことが絶対に大切であり、これが本当の意味での完治なのです。

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

余命宣告を受けて気づくこと

● 再発転移を繰り返す

● 余命宣告を受けた

今、まさに気付くときではないでしょうか・・・

生命には自ら治そうとする力があります。

『ひとは、体のなかに100人の名医を持っている』

医聖ヒポクラテスの有名な言葉にある名医こそが、自分の自然治癒力です。

人間だけでなく、野生動物や植物にも備わっています。

自然治癒力をしっかりと働かせることで、癌になることを防いでくれています。

がんになったということは、自然治癒力がうまく働いていないということ

それなのに、さらに自然治癒力を損なうようなことをしてしまえば、癌が治ることから遠ざかってしまいます。

薬・手術・放射線は自然治癒力を落とします。

これらは、がんを治すものではなく、目の前にある塊をとりあえず消す方法です。

自然治癒力を奪えば、再発転移をしてしまうのは当然

それどころか、余命宣告まで受けることになるのです。

本当に癌を治しているのであれば、がんになる前より今の方が、少なくとも元気なはず

癌を小さくするために、癌を消すために弱ってしまったのでは、元も子もないのです。

癌の根本治療とは、がん細胞を攻撃することではなく、がん細胞を正常細胞に戻すこと

癌を治すのは、薬でも手術でもなく、自分自身の免疫、自然治癒力であることに気付くときではないでしょうか・・・

末期がんであっても、余命宣告を受けてもあきらめない

気付いたときがチャンスだと思い、取り組んで頂きたいとせつに願っています。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ホメオスタシスに目を向けることが本当のがん治療

『ひとは、体の中に100人の名医を持っている』

ヒポクラテスの有名な言葉です。

ヒポクラテスとは、どんな人物?

ここでいう名医とは、誰かわかりますか?

あなたですよ!!

自分自信です。

もっと言うならば、自分自身の自然治癒力のことです。

私たちには、自然治癒力があります。

つまり、治す力です。

言葉をいい替えれば、私たちの体は、正常を保とうとする力と働きを備えているということです。

自然治癒力を働かせる原理が、生体恒常性維持機能 ホメオスタシス です。

しかし、風邪を引けば、風邪薬、抗生剤。

熱が出れば解熱剤。

咳が出れば咳止め。

頭が痛ければ頭痛薬。

これでは、せっかくの原理が全く活かされていません。

それどころか、薬は使えば使うほど、ホメオスタシスを崩してしまうことになります。

ホメオスタシスを無視した治療が本当の医療と言えるのでしょうか・・・

ガンの名医は、医者ではありません。

名医は自分自身なのです。

医者をはじめ、周りの専門家は名医のお手伝いをするだけなのです。

細胞も環境も性格もみな違う体を、ガイドライン通りの治療で治そうとすることがそもそも間違っています。

それは、症状を抑えているだけのことです。

手術をしてガンは取り除いた。

抗ガン剤で再発を予防できた。

放射線でガンは死滅した。

と思っていませんか?

しかし、残念ながらほとんどの方が再発しています。

なぜなら、これは目の前の症状を抑えただけだからです。

そこの早く気付かなければいけません。

ホメオスタシスを崩し、治癒力を失い、ガン細胞をどんどん増殖させてしまう・・・

生命の原理を無視した結果です。

人任せでは、治せない。

治せるのは、自分が備える自然治癒力のみです。

1人の名医を探すより、自分の中にいる100人の名医をいかに働かせるかを考えた方がいいですね。

本当のガン治しとは、原因を取り除くことからです。

症状だけを抑えても、原因がそのままである以上、必ず再発をします。

まずはガンになった原因に目を向け、気付くこと

これが名医をしっかり働かせることが出来る条件です。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)