がん治療の不安

がん治療の不安

悩み、迷い、悶々とした気持ちで過ごしている人も少なくないと思います。

その理由の多くは抗がん剤への不安のようです。

多くの人が、治療の副作用で亡くなっていると聞けば、当然怖くなります。

実は癌そのもので亡くなる人は少なく、ほとんどの人が感染症や敗血症など、他の症状で亡くなっていると知り、私も怖くなったのを覚えています。

抗がん剤多投与グループほど短命(米東海岸リポート)

この報告にもショックを受けました。

これは治療によって、免疫機能が削ぎ落された結果ですね・・・

抗がん剤の毒性は、がん細胞だけでなく患者さんの全身細胞を攻撃します。

脱毛、嘔吐、倦怠感、下痢・・・

これらは表面に出てきた症状です。

これら以上に、自分でも気付かないことが、体のなかで起きています。

がんなおしに必要なNK細胞などの免疫細胞たちも、抗がん剤によって攻撃されています。

その結果、起きるのが二次発がんや感染症です。

免疫機能を失った体は、様々なウイルスや菌に感染してしまうのです。

通常なら自分の免疫力で跳ね返すことの出来る菌であっても、感染してしまうのです。

免疫細胞が激減した体は、ウイルスや菌と闘う力はなく、肺炎など重い症状を起こしてしまいます。

「癌を叩く」 と表現される抗がん剤

叩いているのは癌細胞だけでなく、自分の体も叩いてしまっていることを頭に入れておく必要がありますね。

免疫力を削ぎ落とさないよう、自分で自分の体を守る

せっかく頂いた命を縮めないよう、切に願っています。

自分の命は自分で守る

しっかりとした栄養成分で、体を温め、おおらかな心で過ごすことが、癌を治す近道です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

余命という言葉に振り回されない・自分で決める

「抗がん剤を使わなければ余命6ヶ月」

と医師から余命を告げられ震える

抗ガン剤は絶対に使いたくないと言われていた人でも、いざこの場面が訪れれば動揺し、うろたえます。

転移性の乳癌は、他の臓器に比べ長く生きる分、抗ガン治療をすれば苦しむ期間が長くなると聞いたことがあるからだそうです。

転移性、進行がんともなれば、病院では抗ガン剤治療は当たり前です。

しかし、患者さんが拒めば、『命の保証は出来ない』 と言われます。

『抗ガン剤をすれば、命は保証してくださるのですか?』 と彼女は医師に聞いたそうです。

当然、それも出来ないと言われ、彼女は自分の意思通り、抗ガン剤治療はしないという結論を出しました。

つまり命の長さや行く先は誰にもわからないのです。

断ることが出来ず言われるがまま抗ガン剤をした彼女のお母様

抗ガン剤をしなければ1年もたないといわれ、結局、抗ガン剤治療から3ヶ月後 感染症で亡くなられています。

母親が癌になったとき、思い知らされた抗ガン剤の恐ろしさ

同じことは避けたいと心に決め、他人の言葉に振り回されることなく、治療法を自分で決められました。

母と娘が同じ癌になり、この連鎖を次に繋げてはならない、自分が止めなくてはならないと心に強く誓われたそうです。

彼女は、生き方を変え、がんと向き合い、自分で治す自然療法に取り組まれるそうです。

必ず運命を切り開かれると祈っています。

がん治しは、今までの常識を捨てることから・・・

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

化学療法とがんの耐性・がんを攻撃しない

化学療法は、がん細胞に耐性をもたせます。

耐性をもった癌細胞は、悪性度をさらに高めてしまいます。

相手を攻撃すれば、ブーメランで自分に返ってきます。

がん細胞も同じです。

攻撃された癌細胞は、今度は何倍もの威力で逆襲をしてきます。

『 「薬をやめる」と病気はなおる 』

などの著者である安保徹先生は、「抗ガン剤、放射線、手術」という「ガンの三大療法」が、ガンの治療をはばむ・・・とまで言い切られています。

抗がん剤で損傷を受けた細胞からは『WNT16B』というタンパク質が多く分泌されます。

このタンパク質が癌細胞の増殖や浸潤に働きかけていくのです。

抗がん剤は 増ガン剤などと言われ、拒否をする人も随分増えてきたように思います。

がんは攻撃してはいけません。

がんが住みにくい環境をつくれば、癌細胞は自然と消えていきます。

これが自然治癒によるがんの自然退縮なのです。

というよりも、元の姿に戻っていくと言った方が良いでしょう。

がん細胞も大切な自分の細胞です。

大切な細胞を死滅させてしまうと、必ず自分の体も弱ります。

免疫が落ちた結果、ガンが再発転移してしまうのです。

だから、がん細胞には本来の姿である正常細胞に戻ってもらい、本当の健康体になっていくことが絶対に大切であり、これが本当の意味での完治なのです。

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

余命宣告を受けて気づくこと

● 再発転移を繰り返す

● 余命宣告を受けた

今、まさに気付くときではないでしょうか・・・

生命には自ら治そうとする力があります。

『ひとは、体のなかに100人の名医を持っている』

医聖ヒポクラテスの有名な言葉にある名医こそが、自分の自然治癒力です。

人間だけでなく、野生動物や植物にも備わっています。

自然治癒力をしっかりと働かせることで、癌になることを防いでくれています。

がんになったということは、自然治癒力がうまく働いていないということ

それなのに、さらに自然治癒力を損なうようなことをしてしまえば、癌が治ることから遠ざかってしまいます。

薬・手術・放射線は自然治癒力を落とします。

これらは、がんを治すものではなく、目の前にある塊をとりあえず消す方法です。

自然治癒力を奪えば、再発転移をしてしまうのは当然

それどころか、余命宣告まで受けることになるのです。

本当に癌を治しているのであれば、がんになる前より今の方が、少なくとも元気なはず

癌を小さくするために、癌を消すために弱ってしまったのでは、元も子もないのです。

癌の根本治療とは、がん細胞を攻撃することではなく、がん細胞を正常細胞に戻すこと

癌を治すのは、薬でも手術でもなく、自分自身の免疫、自然治癒力であることに気付くときではないでしょうか・・・

末期がんであっても、余命宣告を受けてもあきらめない

気付いたときがチャンスだと思い、取り組んで頂きたいとせつに願っています。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ホメオスタシスに目を向けることが本当のがん治療

『ひとは、体の中に100人の名医を持っている』

ヒポクラテスの有名な言葉です。

ヒポクラテスとは、どんな人物?

ここでいう名医とは、誰かわかりますか?

あなたですよ!!

自分自信です。

もっと言うならば、自分自身の自然治癒力のことです。

私たちには、自然治癒力があります。

つまり、治す力です。

言葉をいい替えれば、私たちの体は、正常を保とうとする力と働きを備えているということです。

自然治癒力を働かせる原理が、生体恒常性維持機能 ホメオスタシス です。

しかし、風邪を引けば、風邪薬、抗生剤。

熱が出れば解熱剤。

咳が出れば咳止め。

頭が痛ければ頭痛薬。

これでは、せっかくの原理が全く活かされていません。

それどころか、薬は使えば使うほど、ホメオスタシスを崩してしまうことになります。

ホメオスタシスを無視した治療が本当の医療と言えるのでしょうか・・・

ガンの名医は、医者ではありません。

名医は自分自身なのです。

医者をはじめ、周りの専門家は名医のお手伝いをするだけなのです。

細胞も環境も性格もみな違う体を、ガイドライン通りの治療で治そうとすることがそもそも間違っています。

それは、症状を抑えているだけのことです。

手術をしてガンは取り除いた。

抗ガン剤で再発を予防できた。

放射線でガンは死滅した。

と思っていませんか?

しかし、残念ながらほとんどの方が再発しています。

なぜなら、これは目の前の症状を抑えただけだからです。

そこの早く気付かなければいけません。

ホメオスタシスを崩し、治癒力を失い、ガン細胞をどんどん増殖させてしまう・・・

生命の原理を無視した結果です。

人任せでは、治せない。

治せるのは、自分が備える自然治癒力のみです。

1人の名医を探すより、自分の中にいる100人の名医をいかに働かせるかを考えた方がいいですね。

本当のガン治しとは、原因を取り除くことからです。

症状だけを抑えても、原因がそのままである以上、必ず再発をします。

まずはガンになった原因に目を向け、気付くこと

これが名医をしっかり働かせることが出来る条件です。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

気付くがん治療・感染症を避ける

日本人の死亡原因のトップは癌ですね。

年間約35万人が癌で亡くなっているそうです。

今もがんに悩まされている人は少なくないでしょう。

亡くならなくてもよかったはずの命は多いはず

つまり、助かる命はもっともっとあると思います。

実は、がん患者さんの多くは癌以外の原因で亡くなっています。

その多くは感染症です。

投与された抗ガン剤、照射された放射線、必要以上の手術による免疫低下から起きることです。

副作用と言えば、嘔吐、脱毛などを思いがちですが、免疫を落とし感染症を起こすことも充分、副作用なのです。

免疫細胞のリンパ球などが低下し、ゼロに近づくと感染症に全身を侵されてしまいます。

歌手の忌野清志郎さんもそうでしたね。

がん細胞を攻撃すれば、自分の免疫力が落ちます。

なぜなら、がん細胞も自分の大切な細胞だからです。

しかし癌になれば、がん細胞を攻撃することを選ぼうとします。

がん細胞を攻撃すると、必ずしっぺ返しがあります。

がんは自分がつくった病気です。

がん細胞が住む体の持ち主は自分です。

お医者さんの多くは、自分が癌になったとき抗がん剤治療はしません。

抗ガン剤によって二次発がんすること

そして、免疫が落ちれば感染症を起こして命を落とすことを知っているからです。

抗がん剤を投与すると、一部には腫瘍縮小が見られますが、がん細胞は自らの遺伝子を変化させ、耐性を獲得し、勢いを増して凶暴化することはわかっているのです。

気付いて欲しいと願っています。

抗ガン剤をし続けてきた卵巣がんの方が3度目の転移をしてやっと気付いたと言われました。

4ヶ月ごとに転移が見つかり、初期がんから今では全身が癌で侵されています。

しかし、このままでは治らない、それどころか感染症で死んでしまうと思い、自分で治していくことを決心されました。

決して楽ではありませんが、末期がんが消えた人はたくさんいらっしゃいます。

体内に溜まった毒をいち早く排出すること

治っていく自分をイメージして、大自然の恵みと自然界の波動を感じながら実践するのみです。

私の経験を彼女に伝え、頑張って乗り越えていかれることを心から願っています。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん難民にならないために

ガン難民・・・

この言葉を聞いた事がある方も多いかと思います。

日本には130万人を超えるガン患者がいると言われています。

そのうち半数が、治療への不安、病院への不信でさまよっているそうです。

病院に見放され途方に暮れる方、何かが違うと感じ自ら病院を離れる方

ガン難民になった原因はさまざまです。

そもそもは、無知がゆえに始まったことなのかもしれません。

しかし、行き場の無くなったガン患者さんは本当に不安な時間を過ごされていることと思います。

まさか自分がガンになるなんて、考えてもいなかった・・・

当然、準備もなく、知識もない状態です。

ガンになれば、病院で三大療法を受けるのが当たり前と思っていれば、疑うこともなく治療を受けるでしょう。

しかし、壮絶な副作用や、治療の甲斐なく無くなっていく人の多さに、ショックを受けてしまいます。

2人に1人がガンになり、3人に1人が亡くなる時代です。

自分や大切な家族が、いつガンになるかわからない時代ですから、ガンには、さまざまな療法があることを知っておくことも大切だと思います。

また、最近は、いろいろな先生方のガン療法の本もあり、学ぶチャンス、情報は以前に比べ増えています。

賛否はあるでしょうが、救われたガン難民の方もたくさんいらっしゃいます。

情報を発信する人がいなければ、知らないまま命を落とす人もいるかもしれません。

たったひとつの情報で救われた人もたくさんいます。

情報を目にしなければ、気付かないまま、知らないまま過ごしていることも多いはずです。

情報をキャッチしたら、それが是か非か、必要か不必要か、自分が判断すればよいことなのです。

自分でしっかりと調べ、直感を働かせ、自分自身に責任をもって判断することです。

療法も、自分に合うものを自分でしっかり選ぶことです。

西洋の治療をやめ、自然療法を選ばれる方もいらっしゃいます。

ガンでも元気に楽しく生活されている方、ガンが消滅した方もたくさんいらっしゃいます。

つまり、自然体であることを前提に、自分が信じた道、信じた療法が一番効果を出しやすいということなのでしょう。

それもご自身が選ばれたことですから、外野がどうこう言う必要もないことです。

とは言え、ここに辿り着くまでには、凄まじい葛藤があったことでしょう。

近道で辿り着く人は、そうそうはいません。

皆さん、随分、遠回りをされて辿り着いています。

ですが、遠回りは、心身共に疲れてしまいますので、遠回りより近道が良いにこしたことはありません。

無知であったことを悔やんだ人も多いでしょう。

私も周りにも悔しい思いをされている方は大勢いらっしゃいます。

そうならない為にも、情報を無駄にせず、ご自身でしっかりと知る、学ぶことが大切だと思っています。

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

正常細胞を破壊しないために

ガンになったら抗ガン剤治療をするか、しないか・・・

放射線治療をするか、しないか・・・

人間の体には、ガンに対する攻撃力、つまり自然治癒力があることを知らなければ、抗ガン剤、放射線といった治療を選ぶでしょう。

選ぶというよりも、これしかないと思っていれば当然かもしれません。

しかし、これらの治療を提供する医師たちは自分がガンになったとき、家族がガンになったとき、抗ガン剤治療は受けないと言われる方がほとんどです。

抗ガン剤の怖さをよく知っている医師たちですから、この選択は当然かもしれません。

抗ガン剤は、正常細胞も殺してしまう細胞毒と言われています。

ガン細胞も正常細胞も、あまり区別が出来ないようです。

特に成長が早い細胞は、ガン細胞との区別がつきにくくなります。

成長が早い細胞とは、増殖が活発な細胞であり、まずは血液細胞です。

そして、消化器細胞、毛根細胞です。

抗ガン剤を投与すると、脊髄の造血幹細胞が抗ガン剤の毒性によってダメージを受け、白血球など血液細胞が正常につくられにくくなります。

白血球、血小板の減少、倦怠感、不整脈、嘔吐、脱毛、肝機能障害、腎機能障害・・・などの症状がでます。

そもそもガンになる人は、白血球のなかのリンパ球が少ないわけです。

そこに抗ガン剤をすれば、さらにリンパ球は減少します。

リンパ球が減少すれば、ガン細胞と闘ってくれる細胞も減少するのです。

結果、ガン細胞が増殖しやすい環境を自らつくってしまっているのです。

抗ガン剤でガンは無くなったけれど、1、2年後また再発した、転移したというのは特に不思議なことではないのです。

ガンは消えても、同時に免疫力も無くなっていますから・・・

それだけでなく、抗ガン剤によって大量の活性酸素が生まれ、組織を広範囲に壊れてしまう

正常な細胞も破壊してしまった結果、自己治癒力も働かなくなり、感染症などを起こし亡くなる方も少なくないのです。

ガン細胞を攻撃するということは、自分の体を攻撃しているのと同じ

ガン細胞を攻撃するのではなく、正常細胞の戻してあげること

自己治癒力を上げることに目を向けると、自分の体を労わってあげることに自然と繋がります。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんの名医は自分自身である

ガンには様々な種類があります。

早期発見だから大丈夫! 早く見つかって良かった!

そんな会話をよく耳にします。

しかし・・・

初期ですからと取り除いてしまえば大丈夫ですよ!という言葉を鵜呑みにしていたら、気付けば末期だった・・・という方もいらっしゃいます。

数年後、進行ガンになっているケースが非常に多いように思います。

当たり前といえば当たり前です。

ガンになった原因をそのままにしていれば、当然またガンになります。

ガンは細胞が傷つき出来ていくのですから、手術での切り口がガン化しやすいのも当然の事です。

手術は体を一気に酸化させます。

酸化した体をそのままにしていては、再発の原因になります。

初期のガンだけでなく、前がん病変でも同じです。

特に、子宮頸ガンの前がん病変による円錐切除術をうけた数年後、進行ガンとなって見つかるケースが多いですね。

前がん病変を手術で切り取った後、本当のガンになる人もいます。

触ってしまったため、細胞が傷つき、ガンが出来てしまった可能性もありますね。

そもそも前がん病変とは、ガンどころか、初期のガンでもありません。

変形した細胞で、異形成とも言います。

私たちの細胞は、日々変化し続けています。

今日は、高度の異形成であっても、来週は軽度の異形成になっていることもよくあることです。

元気な人でもガン細胞は、毎日数千個から数万個生まれているのですから、異形成は誰にでもあることなのです。

しかし、病院では、前がん病変を放置すると、ガンになりますよ!という恐怖をあおる言葉を言われます。

過剰診断による手術、薬剤の投与・・・

手術や投薬は、体に大きなストレスを与え、大量の活性酸素を放出します。

ガンになる原因をわざわざつくっている気がしませんか?

過剰治療が、病気や死を増やしている現実があるのではないでしょうか・・・

切り取ってしまった方が安心。

しかし安心と引き換えにリスクを背負うことを知っておかなくてはいけません。

リスクを知れば、切り取ることが安心を得ることになるかは疑問です。

ガンになる前から、切り取ってしまうのですから、アンジェリーナ・ジョリーさんの乳房切除と大小の違いはあれど、同じことと言えるのではないでしょうか・・・

これで本当にガンにならないのかは、疑問が残ります。

卵巣から分泌される女性ホルモンが乳ガンに影響するとなると卵巣があることも危険

そして、卵巣摘出、乳房再建手術・・・

結果的に命を縮める可能性も高くなるのではないでしょうか。

必要でない臓器などはありません。

各臓器には、ガンに対抗する防衛機能が備わっています。

体を守ってくれているものを取り除いてしまうのですから、生体の防衛機能に影響することは当然のことと言えるでしょう。

几帳面で真面目、完璧主義な人ほどガンになりやすい人です。

2000年のカナダでの乳ガンのマンモグラフィ検診による比較試験などでも、ガン検診を真面目に受けている人ほど死亡率が高いという様々な試験結果がでています。

特に乳ガンの誤診、過剰診断は多く、問題になっています。

見つけたものは、常識に沿って病院に言われるがまま、一生懸命治療をします。

真面目が故に常識にとらわれてしまい、自分らしい生き方や自然の摂理を忘れがちになります。

完璧主義だからこそ、検査結果も正常値というものに囚われがちになります。

しかし、腫瘍マーカーは意外にもあてにならないものです。

腫瘍マーカーや数値だけで判断をして良いものでしょうか・・・

人は、みな正常のものさしが違います。

体型も細胞もみな違う訳ですから、同じものさしで測るとういことがそもそもおかしいなことなのです。

同じガンであっても、みな違います。

人と比較することは、ガンの道です。

自分のものさしと直感を活かすことがガン治しの近道です。

私のところに来られる方、お電話をしてこられる方のなかにこんな方がおられます。

末期ガンと宣告をうけ、すぐに手術と抗ガン剤治療をしないと大変なことになると言われたのですが、現在とても元気なので手術や抗ガン剤をすることが逆に怖く、する気にならないのです。

また・・・

初期でガンが見つかり、取り除けば大丈夫と言われ手術をしましたが再発し、次に抗ガン剤をしました。しかし、その後も再発転移を繰り返し、身も心もボロボロになり、何か間違っている・・・と感じています。

自分が感じたことが正しいことなのです。

ご自身のものさしと直感が活かされ始めていますね。

ガン治しに、種類、ステージは問題ではありません。

なぜなら、末期ガンでも生還している人はたくさんいます。

逆に初期でも亡くなる人もたくさんいます。

初期でガンを切り取っても、ガンになった原因を取り除いていなければ、再発する可能性は高くなります。

末期であっても、ガンになった原因をきちんと取り除き、今までの自分勝手な常識を覆し、生き方を変え、ガンが自然退縮した人もいます。

ガンは自分がつくった病気ですから、自分で治すしかないのです。

私たちは、クライアントさんがガンを克服できるよう、情報発信と、食、心の持ち方、生き方を見直せるよう導き、心豊かに暮らせるようにお手伝いをするだけです。

治すのは自分です。

選ぶのも決めるのも自分自身です。

自分にとっての名医は自分であることを知って頂きたいと、せつに願っています。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長   塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんなのに感染症で亡くなる??

ガンは怖い病気ではありません。

しかし、ガンは死ぬ怖ろしい病気だと潜在意識のなかに刻み込まれています。

治療の甲斐なく亡くなる方が後を絶たない限り、ガンのイメージはなかなか変わらないのが現状です。

実は、ガンそのものが直接的な死因になっている人は、実は全体の2割でしかない

8割の人は、ガンではなく何で亡くなっていっているのか・・・

それは、免疫低下による感染症です。

なぜ免疫を落とすのか・・・

それは、抗ガン剤など薬による副作用からです。

きつい治療を繰り返すうちに体力が無くなり、通常なら免疫で払いのけることが出来るはずの菌に簡単に感染してしまい、肺炎などで命を落としていくのです。

抗ガン剤で、ガンが小さくなっても、体力が無くなり、命を落としたのでは何の意味もありません。

しかし、これが現実なのです。

そうかと思えば、余命宣告から元気に復活される方もいます。

克服した人は、免疫力に注目しています。

免疫力を落とすような治療は避け、何より自分の免疫力は、ガンに負けないという自信を持っています。

最初からそうであれば、もちろんガンになってないはず

彼らは気付き、免疫力の強化に全身全霊を注いでいるわけです。

不安を思う暇もないくらい、覚悟を持って自助努力に励んでいます。

だから、ガンを自然治癒させる自信が出てくるのです。

ガンは、人任せではなおらない

自分の免疫次第なのです。

くすりが自然治癒力を低下させる

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)