60兆個の細胞は食べたもので造られる

私たちの体は、60兆個もの細胞から出来ています。

その種類は260種ともいわれ、これらの様々な細胞が結合して人間の体をつくりあげています。

細胞それぞれに寿命があり、早いものでは1日で新しい細胞に入れ替わっているものもあります。

消化管上皮細胞がそうですね。

また、骨の細胞では寿命が長く、3年~10年ともいわれています。

赤血球は、120日で新しく入れ替わります。

赤血球は毎日、脾臓や肝臓で処理され、同じ量の赤血球が骨髄でつくられます。

このように私たちの知らないところで、細胞はどんどん処理され、新しい細胞がつくられているのです。

まさに生命の営みであり、この働きを代謝といいます。

再生する能力、命を繋げるメカニズムが自然治癒力なのです。

この60兆個の細胞をつくっているのが、私たちが摂った食事です。

体に害を与える化学物質は、異常な細胞をつくり、代謝活動を抑制します。

体に優しい食べ物は、良い細胞をつくり、代謝活動を活発にします。

この細胞の入れ替わりに100日を要すなら、ガンなおしは最低でも100日は辛抱しなければならないということです。

しかし、100日より長い細胞もたくさんあります。

長い年月をかけ、蓄積してきたのがガンですから、そう簡単にはいかないのが普通です。

ガンは慢性病

コツコツと体が喜ぶことを続けてなおしていくしかないのです。

ただし、年齢が若いと、細胞の分裂、増殖も速くなります。

ある程度のラインまで、早急に免疫力をあげ、ガン細胞の分裂をいち早く抑えることも大事ですね。

食事療法に加え、温熱、健康食品などをうまく活用し、ミトコンドりアが働きやすい環境をつくることです。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長  塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

マッサージで頭寒足熱に

筋肉は最大の発熱機関です。

特に私たちの体は、下半身に7割近くの筋肉があり、この下半身の筋肉運動によって熱をつくり出しています。

つまり、運動して筋肉を使えば体温が上がるということです。

下半身はじっとしていれば血流が悪くなる場所です。

特に足先は、何もしなければ30℃ほどしかなく、血の巡りの悪さを物語っています。

だから、運動で足を鍛えることがとても大事になってきます。

スクワットなどとても効果的です。

ふくらはぎに筋肉がしっかりある人は、筋肉がポンプの役割をしてくれるので、全体の血液循環が良くなります。

筋肉が少ない人は、自分でふくらはぎを揉むとポンプ作用を起こし、血の巡りがよくなります。

ガンの人は、手足が冷たい人が多いですね。

頭寒足熱でないといけないはずが、頭熱足寒となり逆さになっています。

頭寒足熱にするには、運動で足の筋肉を鍛えること以外にも半身浴や足湯などで下半身を温め、足先から心臓に向けてマッサージすることをおススメします。

運動やマッサージは即効性があり、体温の上昇がみられます。

しかし、足先は重力にさからわなくてはならないので、すぐに血の巡りが悪くなります。

だから、毎日の積み重ねが大切になってきます。

マッサージも自分でコツコツ続けることです。

また、女性は男性に比べお腹の筋肉も少ないので、子宮や卵巣を冷えから守るためにも腹筋運動などをしてお腹に筋肉をつけるといいですね。

冷えはさまざまな病気を招きます。

冷えは自分で防ぐことが出来るはず

出来るだけ体を動かす生活を心がけたいですね。

体を温めるには、お風呂に自然塩を入れるといいですよ。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ピロリ菌がいないと食道がん?

以前は日本人の半分ぐらいの人が、胃の中にピロリ菌をもっていたといわれます。

ピロリ菌に感染すると、胃の粘膜が薄くなり胃液の分泌量が減っていきます。

ピロリ菌をもつ人も、治療により年々低下しています。

このことにより胃ガンになる危険性は減っています。

しかし、その反面、逆流性食道炎になる人は増えています。

ピロリ菌感染がいない人は、胃液分泌が高く、胃酸が食道に逆流しやすいのです。

逆流性食道炎も長く続けば、食道ガンになる可能性も・・・

何でもほどほどがよいということでしょうか

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

食べ過ぎはNK細胞の働きを抑制する・がんの原因

食は生きる源であり、がんの原因にもなります。

【食ががんをつくり、食でがんをなおす】

アメリカのマクガバンレポートでも報告があるように動物性の食べ物が癌を増やしています。

ガンになり、初めて食事について本気で考えたと言われる方も少なくありません。

癌は、病ダレに口3つ(品)に山と書きます。

品のあり過ぎ、食べ過ぎががんと言われています。

食べ過ぎは体の免疫を下げ、酵素の働きも低下させてしまいます。

酵素は、食べたものを消化するとき、また排毒やガン細胞など、細胞の修復に使われています。

消化の方で酵素を使いすぎると、残った酵素だけでは正常な排毒や修復が出来なくなります。

特に朝昼晩の食事以外に1日中だらだらと食べてしまう人

大切な酵素を使いきってしまうだけでなく、NK細胞の働きを低下させてしまいます。

私たちはお腹がいっぱいになると動くのが億劫になったり、眠たくなったりします。

NK細胞も私たちと同じように、お腹がいっぱいになると活動をしなくなります。

NK細胞がお腹いっぱいになり、動かなくなると何が起きるでしょう・・・

日夜、私たちの体内をパトロールして癌細胞を見つけては攻撃してくれているNK細胞です。

このNK細胞の働きが抑制されると、癌細胞は増殖し続けることとなります。

逆にお腹を空かせたNK細胞は、がん細胞を瞬時に捕らえる最強のハンターになるのです。

人間は食べたもので細胞をつくっています。

質の良い栄養を摂ることで、質の良いNK細胞がつくられます。

そして、NK細胞が最強のハンターになってくれる空腹の時間をつくることが大切です。

そのために注意すること

●必要以上に食べない

●決まった時間に食事をする

●消化に悪いものは避ける

●1日1〜2食を目指す

●食事中の水分は消化を遅らせるので控えめにする

バランスのとれた栄養で体温を上げ、明るくおおらかな心で過ごす

日々の食事をより良く生かすため、生命エネルギーを高める食品をおススメします。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

奇跡的な胃ろうからの復活

胃ろうからの復活を遂げられた食道がんO様

オプジーボに変わり、とってもお元気なご様子です

少し気管支炎ぎみでいらしたそうですが、悪化することもなく、すっかりお元気になられ今も変わらずお仕事に励まれておられます

プロポリスの飲むようになられる前は、胃ろうの状態で弱っていく姿に本当にご家族様が心配をされていました。

なんとかしなくては・・・と

プロポリスを生はちみつで溶いてお口に運んであげるなど、ご家族様も考え、必死な思いだったあの頃を思い出します

そのO様がお元気にお仕事をされていることが、ご家族様にとっても本当に夢のようなことで、とても喜んでいらっしゃることを私も嬉しく感じます

 

O様 これからもお元気にお仕事 頑張ってくださいませ

抗がん剤真っ只中のM様

奥様からすすめられて飲みだした蜂粋プラチナカプセル

最初は強制的に奥様が渡されたそうです。

でもそれが愛だと思われたのでしょうね

こんなに楽になるなら、もっと早くから飲んでおけばよかったな・・・と言われたそうです。

今では、プロポリスなしの生活は考えられないとのこと

損得を考えない奥様の行動力がご主人様を救ったのですね

 

いつまでも仲良くお過ごしください

最近、がん患者さんのご家族様からのお問い合わせが多いようです

たった1日のことで人生を左右させることもあります。

というよりも、この瞬間が人生を決めているといった方が正しいかもしれません。

ですが・・・ご家族様の思いが伝わらず、イライラされることもあるでしょう。

1日の早く思いが伝わりますことを祈ります

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

 

がんの原因である活性酸素を除去する食

ガンの原因となる活性酸素

活性酸素を生み出すものは数えきれないほど身近に溢れかえっていますが、活性酸素を消してくれるものは意外にも身近にはなかなかないものです。

身近に少ない活性酸素を消す方法ですが、誰でもが、生活の中でしようと思えば出来るのが食での除去です。

活性酸素で酸化していく体には、抗酸化力のある植物性の食品を摂る必要があります。

例えば、ねぎ、にんにく、パセリ、玉ねぎ、人参、大根、ブロッコリー、トマト、キャベツ、ごぼうなど…

これらは、フィトケミカルと呼ばれる抗酸化物質を大量に持ち備えた植物です。

フィトケミカルは、活性酸素を無毒化にする働きがあります。

ガン治しには、フィトケミカルは必須食品です。

フィトケミカルをしっかり摂り入れようと思ったら、野菜もハウス栽培ではなく、太陽をしっかり浴びた露地栽培のお野菜をおススメします。

紫外線をしかり浴びた植物は、活性酸素から自分の身を守るために抗酸化物質であるフィトケミカルを植物自身が持ち備えています。

ですから、同じ野菜も産地によってフィトケミカルの含有量が違ってきます。

紫外線が強い、南の方の野菜がフィトケミカルを豊富に含んでいます。

加工したものにも抗酸化力の強いものがあります。

味噌や梅干しがそうです。

梅干しには、天然由来のクエン酸がたっぷりと含まれています。

このクエン酸は、殺菌効果だけでなく、放射線物質や化学物質の解毒効果が認められています。

梅干しは納豆や味噌などと同じように、すぐれた発酵食品です。

梅干しを見ると無意識に唾液が出てきます。

この自然に出る唾液の中に含まれるグルタチオンペルオキシダーゼとカタラーゼという酵素が活性酸素を除去する効果をもっています。

この酵素には、発ガン性のある物質の毒素を消してくれる作用もあると言われています。

また梅干には、胃腸の蠕動運動の働きを活発にする作用がありますますので便秘解消にも良いですね。

活性酸素除去と毒素の排出は、おのずと血液サラサラ状態をつくるということです。

ただし、梅干しも添加物が使ってあるようなものでは意味がありません。

添加物は、活性酸素を増やしてしまうだけです。

加工した食品は特に注意が必要です。

梅干しであっても添加物がたくさん使われていたり、危険なお塩も使われていたりします。

安心な材料で自分でつくるのが一番です。

最近、お塩のお問い合わせが増えていますが、梅干しに使われるのでしょうね。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治療の選択はよく考えてから

ガンの痛みは様々です。

ガンは手術をした分だけ、痛みます。

ガンは放射線をした分だけ、痛みます。

ガンは抗ガン剤をした分だけ、痛みます。

三大療法を受けなかった人は、痛みはほとんどないと言われます。

ガンが皮膚から突き出るような大きさになっても、三大療法をした人に比べ、痛み止めがよく効くようです。

手術、放射線、抗ガン剤を受ければ、組織が破壊され、のちのちにも痛みを伴ってしまいます。

『抗ガン剤・放射線・手術などのガン治療を受けた人は平均3年しか生きていないが 治療を拒否した人は平均12年6ヶ月も生きた』

『ガン治療を受けなかった人のほうが4倍以上長生きしている!』

アメリカの「ハーディン・ジェームス博士」の有名なエピソードにあるように、化学的治療の後、何らかの組織破壊に苦しむ現状があります。

例えば、手術であればどんなことが起きるかというと・・・

手術により、組織のバリアが傷つき、ガンが他の組織に散ってしまうことも充分ある。

血液に流れているガンを細胞レベルまで手術で取り除くことは出来ない。

手術時には大量の薬剤を使うため、抗ガン剤と同じように大量の活性酸素を出してしまい体が酸化し細胞をも傷つける。

体を開くということは臓器が空気や光に触れ、大きなストレスとなり、一気に酸化する。

ガンが食道や気管、胃、腸などをふさぐという状況を除き、体にはメスを入れない方が長生きできる、しかも痛みを伴わず生活できるということです。

必要でない臓器はありません。

ガンの宣告を受けると、パニックになり周りが見えなくなります。

少しでも早くしなくては!と焦ってしまいます。

手術した後から、様々なことに気付き、しなければよかった・・・と言われる方も結構いらっしゃいます。

自分の体です。

一度、取ってしまうと元には戻せません。

よくよく考えて決めなければいけません。

手術は体を一気に弱らせてしまいます。

手術を受けるなら、体力をつけ、しっかり免疫を上げておく準備が必要です。

手術を受けるからには準備とフォローが必須

すでに手術を受けられた方は、酸化した体を元に戻していかなければ、またガンの原因になります。

抗酸化の食品をしっかり取り入れることです。

手術の後には抗酸化物質を

手術前後の自助努力が将来を大きく変えると言っても過言ではないでしょう。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女社長、塚本みづほのひとり言ブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

放射能を軽減させるには

増え続けるガン

茨城、千葉、東京方面から最近はよくご相談を受けます。

また、放射線治療による再発を恐れている人も・・・

お腹いっぱい食べさせたのマウスと、腹5部目に抑えさせたマウス、それぞれに同じ線量の放射線を浴びさせたところ、腹5部目のマウスは、0.7%しか発ガンしなかったとの報告

一方、お腹いっぱい食べさせたマウスは、100%ガンを発症したという米国マウントサイナイ医大の報告があります。

つまり少食は、放射能対策として効果があるということのようです。

逆に食べ過ぎは、人工的放射性物質を体内に蓄積しやすいということのようですね。

断食や少食によって酵素の動きが活発になることで、毒物の排出が促されガン予防の効果が期待できるのです。

発酵食品などを摂取することが大切ですね。

ですが、酵素はビタミン・ミネラルが不足すると働くことができませんので、ビタミン、ミネラル不足には注意しなければなりません。

自然塩は、適量摂ることでビタミン、ミネラル不足を補います。

また、放射能を除去出来るのは抗酸化物質

きのこなどフィトケミカルが溶けだす具だくさんの味噌汁など毎日飲むことをおススメします。

気になる人は、抗酸化力のある健康食品を摂取するとよいでしょう。

ここ最近の関東方面からのご相談の多さは、気にかかるところです。

他人ごとと思わず、対策をすることは必要ですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

手術後の再発を避けるには

手術は、ガン治療のなかでも比較的リスクが少ないと思われがちですが、実は切り開くリスクは相当なものです。

手術により臓器は大きなストレスを浴びます。

臓器にとって通常では考えられない状況が起きます。

臓器が空気に触れてしまう

そして、手術で光を浴びてしまう

さらに手術前後の大量の投薬

これは臓器にとって大変なストレスとなり一気に体を酸化させてしまします。

ガンは体の酸化が原因です。

手術を受け、さらに体が酸化すれば当然、再発の可能性は高くなります。

手術は、生命のエネルギーを低迷させてしまいます。

だから手術を受けるなら、手術前から体を整え準備する必要があります。

また、手術によってガン細胞が他の組織に散ってしまうことも考えられます。

ガン細胞は全身を巡り、さらには毎日次々と新しいガン細胞を生み続けているのですから、再発は不思議ではないこと

手術の前後の生活がすべてを決めるといっても過言ではないでしょう・・・

抗酸化の食品をしっかり摂り、免疫を高めることをおススメします。

ガンなおしは、全身の異常細胞を正常細胞に戻すことに意味があるのです。

手術前から、食事、運動、ストレス回避、体温を上げるなど出来ること、することはたくさん

再発させない自助努力が大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

DNAを損傷させる発がん物質

癌は3つの段階を経て進行していきます。

1) インシエ―ション (形成開始期)

2) プロモーション  (促進期)

3) プログレッション (進行期)

形成開始期の過程は、発がん物質から始まります。

口にした発がん物質がきっかけで癌ができていきます。

体内に発がん物質が入り、血液に流れていくと非常に短い時間で、正常細胞は限りなく発がんしやすい細胞(高発がん性細胞)に変化してしまいます。

つまり突然変異を引き起こすということです。

この突然変異によって細胞のDNAはダメージを与えられ、遺伝子に永久的な変異を生じさせることとなります。

私たちが摂取した発がん物質は、血液中に吸収され、細胞の中に運ばれて活発な物質に変化していきます。

そして、DNAと結合し、異常細胞というものが形成されてしまいます。

遺伝子的にダメージを受けている嬢細胞ですから、癌を引き起こす可能性が高くなるのです。

この異常細胞が出来あがるまでの時間は非常に短く、場合によっては数分間のうちに完成するといわれています。

この形成開始期の過程は、元の状態に戻せないとみなされています。

癌という塊は、長い期間を経てつくられていますが、瞬間、瞬間の短い時間で異常細胞が増え続けているのです。

出来てしまった高発がん性細胞は元に戻すことが出来ないのなら、細胞の増殖を遅らせる物質を摂っていくしかないのです。

つまり、抗がん物質、抗酸化物質といわれるものです。

癌になって一生懸命 治療をしていても、癌が治らない理由はここにもあるのです。

食事、薬品などによって、発がん物質を体内に入れ続けていること

そして、細胞の増殖を遅らせる抗がん物質を摂っていないことです。

まずは元を正すことが、がん治癒への近道です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)