体温アップでミトコンドリアを元気に

末期ガン患者さんは手足が非常に冷たいのですね。

本来は、『頭寒足熱』 のはずですが 『頭熱足寒』 になっています。

それどころか暖かい部屋の中でもブルブル震えることもあります。

がんを患っている人は体温が低い方が多いですね。

特に末期ガン患者さんは更に低い方が多いようです。

表面の体温は高いという人

では内臓の温度はいかがでしょうか。

体の冷えは免疫力を抑制し冷えは血流が滞り、酸素の運びも少なく、低酸素になります。

精神的ストレスや過労、寝不足が続いていませんか?

交感神経が常に働くようになり、低体温、低酸素の状態をつくります。

不安や怒りは、呼吸がとても浅くなります。

過呼吸がわかりやすいですね。

低体温、低酸素の状態は、正常細胞が生きにくくなり、ガン化してしまうのです。

35℃台の低体温は癌細胞が活動しやすい体温・・・

人間は恒温動物なので一定の体温と酸素が必要です。

体温とたっぷりの酸素でミトコンドリア系がエネルギーを生成します。

37℃の深部体温 (内臓温度) と酸素で働いてくれるミトコンドリア

わきの下で36.5℃以上は保ちたいですね。

体温を上げると血液の流れが良くなり、それに伴い赤血球が酸素を体の隅々まで運んでくれます。

深呼吸でミトコンドリアに酸素を・・・・

ミトコンドリアの細胞分裂を抑制する働きをしっかりと活用すれば、がん細胞の増殖は抑えられます。

ガン患者さんにとって体温を上げることはとても大切なことですね。

そして1日数回深呼吸実践で酸素をたっぷり取り込むことも大切です。

抗ガン剤投与後は体温は下がると言われています。

体温が下がると、細胞分裂を促進する解糖系優位のエネルギー生成になってしまいます。

ですので体温アップを意識することをおススメします。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

 

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

ごまは優れたパワー食品

細胞の酸化から「がん」は起きますね

日頃から日頃から酸化を抑えたり、酸化を元に戻す生活をして「がん」にならない生活をしなくてはいけませんね。

普段から使っている物を活用したいものです。

ごまがその一つ

色々なお料理の脇役で活躍しているごまですが、常に使う価値があります。

活性酸素を除去する力がごまに含まらるゴマリグナンにあるので、活性酸素によって酸化していく体を、ごまの抗酸化力が抑えてくれます。

水溶性抗酸化物質である→ビタミンCやカテキンなどは→血液中の活性酸素を除去してくれます。

ごまのゴマリグナンは→血液中ではなく→肝臓に届いて、→はじめて抗酸化作用を発揮してくれます。

すごい力だと思いませんか??

肝臓で働いてくれる抗酸化物質は様々な面で大きなパワーを発揮してくれ、更に肝機能が向上すると肌細胞の代謝を促進します。

つまり、ごまは美容にもとても良いと言われています。

お手軽で何にでもよく合うごまは、硬い外皮をすって使うと、消化・吸収がされやすくなります。

このひと手間が、ごまのパワーをさらに活かすことになります。

ご飯にも野菜にも、たくさんごまをかけて頂きたいですね。

すりごまと、はちみつを混ぜると、ダブルの期待

お湯で溶いて飲んだり、パンにぬったり、またお料理の味付けにも


本当にお手軽で身近なパワー食品です。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

ご相談・お問い合わせ
☎0869-92-4631   (岡山県和気郡和気町)

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)



 

より良いプロポリスの飲み方について

決まりはないですが、蜂粋ゴールドプロポリスをより良く使うには~

プロポリスの飲み方について赤薔薇

生はちみつを使ったプロポリスジュースがおススメですラブラブラブラブ

プロポリスと生はちみつは組み合わせることで酵素が大きく働き分解が早まりますキラキラキラキラ

だから、即効キラキラキラキラといわれるのですね音譜音譜

【プロポリスジュースの作り方】

●ブラジル産ユーカリ系 蜂粋ゴールドプロポリス(必要量)
●ブラジル産ユーカリ系 蜂粋・生はちみつ(プロポリスと同量)
●ぬるま湯(熱いとプロポリスの酵素が壊れてしまいます)

星小さめのコップにプロポリスを必要量入れ、同量の生はちみつを混ぜ合わせます。(生はちみつはお好みで調整してください)
星そこに少量のぬるま湯を入れて溶きます。(ぬるま湯の量はお好みで調整してください)

苦味やヤニが苦手な人に飲みやすい方法ですラブラブ

同じブラジル産ユーカリ生はちみつと合わせることで相乗効果が生まれます。

プロポリスはビタミンCとの相性が非常によいとされています。

ちなみに・・・

医師たちが紹介しているプロポリスの飲み方では、生野菜ジュースにブラジル産ユーカリ系プロポリスと生はちみつを入れて飲む方法がとても多いようです。

特にりんごジュースは、とても飲みやすくなりますよラブラブ

蜂粋プロポリス こちらから

https://www.qualitypro.jp/health-food/

プロポリスの飲み方などは直接お問い合わせくださいね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご相談・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

漬物で活性酸素除去

活性酸素を常に生んでいる私たちの体

この活性酸素が必要以上に増えると正常細胞の遺伝子を傷をつけ、がん細胞をつくることはよく知られています。

がんにならないためにな活性酸素は、体のどこかで排除していく必要があります。

この役目を腸担っています。

腸内の細菌は、活性酸素を排除する強い抗酸化力をもち、重要な仕事をしてくれています。

腸内細菌が減少すると、抗酸化力は弱まります。

必要以上に発生した活性酸素で細胞は酸化

正常細胞を傷付けます。

だから腸内細菌を減少させないようにしましょうね。

腸内で腐敗しやすい動物性の食品は極力避けたいものです。

腸内で食べ物の腐敗が起きると、有害なガスを発生し、血液を汚して内臓機能を低下させ、がn細胞を増やしてしまいます。

腸に良いと言われてきたヨーグルト

これも動物性の食品です。

腸内で腐敗しやすい食べ物です。

がんの人は特に注意です。

それならば、植物性の発酵食品で腸内細菌を増やす方が腸にも優しく安全ですね。

植物性発酵食品といえば・・・お漬物です。

お漬物は腸内細菌を増やしながら野菜の繊維質も摂れる優れもの

腸内細菌は、不安神経症や鬱とも大きく関わっています。

腸内環境を整え、しっかりと抗酸化力を高めることが病気予防になります。

自分の手でつくったお漬物は、自分に合った菌をつくります。

自分に合った菌は、腸内にとどまり腸内環境をより良くしてくれます。

毎日の夕飯で、植物性発酵食品を摂り入れましょうね。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほの独り言ブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

体温アップは辛みのある野菜で

体温を上げる栄養成分を人間の体のなかで処理している細胞が、ミトコンドリアという細胞組織です。

これはミトコンドリアが37℃以上の体温を必要としていることからです。

気温差で体温が不安定になりやすいこの季節

自分で、意識的に体温を上げる食事をしてミトコンドリアを活性化させることが大切です。

体温を上げる食品とは→辛みのある野菜です。

例えば、ネギ、生姜などの辛みのもとであるアリシンは体温を上げてくれます。   なので、薬味として毎日食事にとり入れるといいですね。

但し、生姜は火を通したものが体を温めます。

体の表面に限らず内臓の温度も同時に上げるので昔から重宝されていますね。

体調がすぐれない時は、内臓の温度が下がっている可能性があるので、食を意識してみるとよいでしょう。

辛みのある野菜は、体を温めるだけでなく→フィトケミカルがたっぷりと含まれています。

フィトケミカルは活性酸素を除去してくれる抗酸化物質であり、がん治しや、がん予防には欠かせない栄養素です。

ネギや生姜以外にも、例えばキャベツ、かぼちゃ、人参、ピーマン、オクラなど・・・

フィトケミカルをたっぷり含んだ旬の野菜を使ったお味噌汁が最高です。

お味噌汁にネギや生姜を入れると、発酵食品とのダブル効果で体温アップにも繋がります。

味噌のなかには、アスぺラチンといったがんを抑制する作用もあるので毎日必ず摂りたい食品です。

味噌以外にも日本食は→体温を上げてくれるものがたくさん

ゴボウや大根などの体を温めてくれる根野菜も欠かせませんね。

体温が上げると→免疫も上がってきます。

日本人にあった日本食で体温を上げ、免疫を高めていきましょう。

 

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

ネギ、ショウガで免疫力アップ

寒さで体温が下がりやすいこの季節

内臓温度が下がっていませんか?

自分で意識して体温を上げることが必要です。

そして、毎日の食事で体温を上げることも可能であり、体温を上げる食品とは、辛みのある野菜です。

なかでも【ネギ】【生姜】は、とても効果的です。

辛さのもとであるアリシンが体温を上げる働きをしてくれますので、毎日食事にとり入れるといいですね。

特に体調が良くない時や体に異変が起きたときは、内臓が冷えている可能性があるので

特に意識的にとり入れるといいですね。

そして、辛みのある野菜は、フィトケミカルがたっぷりと含まれています。

フィトケミカルは抗酸化物質!!

がん治しや、がん予防には欠かせない栄養素です。

旬の野菜のお味噌汁に生姜やネギを入れると、発酵食品とのダブル効果!!

体温アップに繋がります。

味噌には、アスぺラチンといったガンを抑制する作用もあるので毎日必ず摂りたいものですね。

食事で体温をアップして、免疫もあげていきましょう。

苦味のあるプロポリスも内臓温度が気になる人に必須です。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

 

社会毒を避ける

日本では、2人に1人がガンになる時代です。

他人ごとではない時代です。

人間の体は、元気な人でも毎日数千個から数万個のがん細胞が発生しています。

これに対して、体は遺伝子修復機能をもち、がん細胞をアポトーシス(細胞の自殺)に導き、がんにならないよう働いています。

通常はアポトーシスされるがん細胞ですが、何らかの原因で遺伝子が傷つくと、がん細胞は爆発的に増殖をはじめることが、がんの始まりです。

 遺伝子を傷つける原因のひとつが生活毒です。

食品添加物、農薬、化学製品、界面活性剤使用の化粧品、シャンプー、薬、たばこなど・・・

肉、乳製品、卵などの動物性の食品も体内で毒に変わる可能性の高い食べ物です。


日本に大量に輸入されているブラジル産鶏肉

ブラジル政府は輸出の停止をしてますが・・・

遺伝子を傷付けてしまう鶏肉を食べていませんか??

がんにならないために

がん細胞を正常細胞に戻すためには、遺伝子を傷つける毒素を入れないことが大事です

細胞の修復には

『口から入れる栄養と心』

夕食で摂ったものが、その日の細胞の修復に働きかけます。


食べたものがガンをつくり、食べたものがガンを治す


夕飯は、抗酸化力の強いキャベツの千切りと、酵素を働かす納豆、味噌汁などの発酵食品がおススメです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

 

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ビタミン補給と脂肪燃焼には食前キャベツ

少しでいいから毎日食事に使いたいもの

それは 『食前キャベツ』

食前といっても、食事の数分前に食べるのではありません。

食事のときに最初に食べる生キャベツの千切りという意味です

生のキャベツを食前に頂くことで→体に必要なビタミンを補給すると同時に→脂肪が燃焼しやすい体をつくります。

食欲も抑えられると同時に、キャベツによって総カロリーを減らすことができます。

なので、腹7分目の人には最適な食べ物ですね

キャベツは水溶性と不溶性の両方の食物繊維を含んでいるため、腸内環境を整えるにはとても良いお野菜です。

そしてキャベツに含まれている 「フィトケミカル」 

この栄養素ががん治しの最も強い味方になります。

フィトケミカルは、活性酸素を無毒化にする作用(抗酸化力) がありますのでがんの予防にも、とても優れています。

ぜひ食卓に千切りキャベツを置いてみては・・・・

自分の大切な人生のために                           がん三大療法だけに頼らない生き方

https://www.qualitypro.jp/

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

蜂粋ゴールドプロポリスとは・・・

プロポリスってハチミツから摂ったものですか!? とよく聞かれます。

プロポリスはミツバチの巣の入り口ですハチ

ミツバチが樹液を摂りに行き、自らの酵素と混ぜ合わせたものを巣の入り口に塗ったものがプロポリスです。

ミツバチは、外敵の侵入を防ぐために抗菌物質であるプロポリスを塗って身を守っています。

こうやって巣の中を無菌状態に近づけ生命を守っています。

古代エジプトでは、ミイラの腐敗を防ぐために使われてきたほど・・・

私が愛す蜂粋ゴールドは、世界最高級といわれるブラジル産プロポリスです

ミツバチが樹液を摂りに行く起源植物は、アレクリン系を含むユーカリ系です

なぜユーカリ系なの!?

というと・・・

ユーカリはユーカリそのものに薬効があり、化学肥料や除草剤を必要としていないので、ミツバチが樹液を摂りに行く起源植物もオーガニックで安心安全であることからです

せっかく無添加の健康食品を摂っていても栽培や原料が農薬などで汚染されていてはダメですから・・・

私も膠原病、そしてガンになってから、欠かさず愛飲しています

そして、蜂粋ゴールドプロポリスのカプセルタイプもあります

木樽で10年熟成させています

自分の大切な人生のために

がん三大療法だけに頼らない生き方

https://www.qualitypro.jp/

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

湯たんぽでお腹をあたためリンパ球を上げる

体が冷えれば免疫は低下し、そして冷えた部分にがんが出来ます。

私たち人間は、体温を一定に保とうとする恒温動物です。

体温が上昇すれば下げようと働き、体温が低下すれば体外に熱を逃がさないように働きます。

体温を正常を保とうとする働きがあります

しかし、なんらかで機能が衰えると、体温は下がったままとなり、冷えた部分にがんが出来てしまうのです。

体温の低下は、免疫力の低下と比例します。

がんの人は、リンパ球(免疫細胞)の数が少ないことがわかっています。

お腹が冷えていませんか?

お腹は免疫をつくる場所です。

がんの人の多くは、お腹が冷えており免疫細胞が低下しています。

がんを治すためには【体を温め】【リンパ球】(免疫細胞)を

上げていき、効率よく体を温めることです。

それには、筋肉の多い部分を温めることが重要です。

『例えば太もも』

特に女性は座っているだけで下半身が冷え、足の付け根などに痛みを感じる人も少なくないですね。

食事をすると全身の血液が胃に集まってくるので、下半身はさらに冷やすくなりますので、食事のときや食後のくつろぎの時間など、太ももに湯たんぽをのせて温めると良いでしょう。

寝る時も電気毛布より湯たんぽがおススメです。

湯たんぽで温めると気持ちよく感じる時それは、体が冷えている証拠

湯たんぽで体が温まり→気持ちよく感じると副交感神経が刺激され→血管が開きます。

副交感神経が優位になると→リンパ球が次第に増えてきます。

血流を促す食品を摂るとさらに体熱を放出し、リンパ球が増えてきます。

体を温める前に総合健康食品などを摂るといいでしょう

私は入浴前にプロポリスを飲みます。

そして内臓にキレイな血液がしっかりと送られれば→内臓の働きも良くなり→体調も良くなります。

湯たんぽで体が温まると→心も落ち着きます。

体が温まると心も温かくなりますし、呼吸もゆったりとしてきます。

がん細胞は体が温かい環境と沢山の酸素が苦手なのです。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)