免疫を上げてカンジタ菌を増やさない

多くの女性の悩みであるカンジダ膣炎

カンジタ膣炎はカンジダ菌が膣に侵入→異常増殖したことで起こる感染症のひとつです。

免疫が低下すると起きやすくなり、何度も繰り返します。

このカンジダ膣炎の原因のひとつに、体の冷えが関係していると考えられます。

女性の骨盤内には、子宮、卵巣、尿道、膀胱、直腸などが多くの器官がぎっしりと詰まっているため、男性に比ると血液の流れが滞りやすくなっています。

血液の流れが悪くなると、細胞への栄養や酸素もいきわたりにくくなり、老廃物を排出することが難しくなってしまいます。

老廃物が体に溜まると体に大きな負担を与え、免疫力が低下します。

全身の血液の流れが悪くなり更に、女性は物理的なことが原因でおきる骨盤内の冷えが考えている以上に起きています。

カンジタ膣炎になるということは→子宮内が冷えている証拠、そして気が付かないうちに生理用品で子宮を冷やしている可能性も・・・

販売されている、多くの生理用品は、月経血や尿を吸収するために高分子ポリマーが含まれております。

高分子ポリマーは、大変な有害物質と言われています。

これは発熱時などに使用する冷却シート(額などに貼って使う)と同じしくみになっており、高分子ポリマーを含む生理用品を使うということは冷却シートを当てていることになります。

特に子宮は袋状の臓器であり冷えやすい場所。

毎日おりものシートをつけていれば→高分子ポリマーで子宮をずっと冷やしていること

子宮がん、卵巣がん患者さんの多くは、おりものシートの愛用者しています。

そして、ほとんどの方がカンジタ膣炎を経験していまあす。

冷えが影響するカンジタ膣炎と、冷えが原因で起きるがん

まさに連動していますね。

体の表面の体温だけでなく、内臓温度も気にしてみるとよいですね。

安全な生理用品を使い下半身をしっかり温めたいですね。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

ニラを活用して体を温める

『野菜の中で最も体を温める作用が強く、人体を益する』

中国最古の医学書と呼ばれる前漢の時代の書物にも書かれているニラの作用

ニラの薬効の高さは、昔から認められていたようです。

日本でも北海道や東北などの寒い地方では、体を温める作用あることから沢山

食されいます。

ニラにはβ-カロテンやビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、食物繊維、カルシウム、リン、鉄など、ミネラルがとても豊富でることや、造血作用のあるクロロフィルなどが多く含まれています。

だから、ニラは、冷え性回復だけでなく、疲労回復、整腸作用、消化促進、老化防止、ガン予防など本当にさまざまな効用があるといわれています。

クロロフィルには、コレステロールの抑制、血液サラサラ効果もあるとされています。血栓の予防に良いとされるアリシンという成分も含まれているねますので血行の改善に役立っています。

そしてニラの一番の注目点は、フィトケミカルです。

抗酸化力に優れており、がん予防に最も適しています。

またニラの食物繊維は、便通を促す強い作用があります。

便秘には良いようです。

これから気温が下がってきますのでニラを活用したいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

手術後、再発防止対策を・・・

子宮体がんで1年半ほど前に手術を受けたといわれる方が、再発したそうです。

手術のみで抗がん剤、放射線治療はしなかったそうです。

不安はありながらも、とくに治療もしておらず、体のしんどさもない為、喉元過ぎれば・・・といったところで、食事もだんだんと手を抜くようになり、温熱療法もやめてしまったそうです。

そして今後の治療を考えると、大きな不安が襲ってきたと言われました。

最初は我慢していたものも・・・

日にちが経つごとに少しくらいならと、体に良くないと思いながらも食べていたことを後悔したそうです。

特に検査結果も悪くなかったので、だんだんと温熱療法も遠ざかったそうです。

そのときは一生懸命でも、時間が経ち、今 困っていなければ、人はそうなってしまうものかもしれません・・・

がんは手術後で切除したら治ると思っている人も多いのでは・・・

涙ながらに話す彼女をみて、後悔する苦しさを感じました。

がん細胞は毎日全身を巡っています。

がんの塊だけを取り除いたとしても、がん細胞は自分が気づかないところでしっかりと動いています。

切除したら大丈夫!

と言われ手術をしたのに、再発したなぜ・・・

こんな人はたくさんいます。

特にリンパ節を切除した人は、免疫細胞が抑制され再発リスクが高くなります。

手術をしたから安心・・・ 

ではないのです。

手術後1年半から3年の間に再発をしてしまう人が多いのは残念です。

手術には、抗がん剤や放射線のような副作用は無いと思う方多いのですが、実はお腹を切り開くリスクは相当なものです。

免疫細胞が集まるリンパ節までとるとなると、かなりのダメージを受け生命エネルギーを低迷させてしまいます。

そして、手術により臓器は大きなストレス、臓器が空気に触れ、隅々までライトで照らされ、さらに手術前後の大量の投薬

肝臓、腎臓が一気に弱った・・・と言われる人もいます。これは臓器にとって大変なストレスですね。

がんの原因である酸化状態が起きてしまいます。

手術で体が酸化し、さらにリンパ節切除で免疫細胞が無くなれば、再発防止対策をしていく必要があるのです。

手術前から体を整え準備することが大切ですね。

手術で酸化した体をいち早く戻していく

実践するか、しないかで再発率は変わってきます。

1年後、2年後 悲しまないために・・・

再発させない自助努力が必要なのです。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

がん治療の副作用を軽減する

がん治療の副作用で体がしんどい、精神的にも追いつめられる、つらい

そんな状況を仕方ないことと諦めていませんか?

副作用は自分次第で軽減できます。

治療ばかりに気をとられ、自分の体を守ることを忘れていませんか?

治療と守ることは違います。

自分の体は自分で守る

抗がん剤で免疫力が激減してしまい感染症で亡くなる方が後を絶たないのはとても悲しいことです。

だから抗がん剤や放射線の副作用から身を守ることを自分でしていく必要があるのです。

抗がん剤は毒性が非常に強い薬です。

毒である癌は、毒で制すのです。

体内に毒性が強いものが入れば、当然、また毒の塊である癌が出来ます。

ですから、体を守るためには入った毒はいち早く、体の外に出してあげること

抗がん剤、放射線によって大量に発生させてしまった活性酸素を除去することです。

活性酸素は過剰になると、癌をつくります。

放置してしまうと再発転移が起きてしまうのです。

だから、余分なものはどんどん排出し、除去していくことで体を守っていくのです。

ただし、これは抗がん剤や放射線治療を選択した以上、ずっと続きます。

排毒、活性酸素の除去をしてもまた毒が入り活性酸素が大量に生まれる

つまり、いたちごっこでることは知っておく必要がありますね。

そして白血球の底上げとリンパ球の活性化で免疫力を高める生活をすることです。

自分の命は自分で守る

治療中だからしんどいのは仕方ない、ではなく、治療中だからこそしなくてはいけないことがあることを知って頂きたいと思います。

がん宣告までは普通に元気に働いていた人が、治療を始めた途端、衰弱してしまいあっという間に亡くなってしまう・・・

免疫低下も副作用です。

病院任せの治療ではなく、自分の体は自分で守るということを意識してみませんか・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への                         ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんと体の酸化?の関係

現代社会は、活性酸素が大量に発生する物質であふれています。

活性酸素の影響で細胞は酸化し傷き癌などの病気を発症します。

活性酸素が引き起す病気は、わかっているだけでも200種類以上あるそうです。

なぜ活性酸素が病気を引き起こすのでしょうか・・・

りんごを切ると切り口が茶色の変色します。

これが酸化といわれるものです。

この活性酸素によって体内でも同じことが起きています。

私たちの体は活性酸素の酸化から体を守るため、抗酸化力が備わっています。

しかし、この抗酸化力が急速に低下するのが40歳をすぎたころです

厄年とはよくいったものですね。

この頃から、体内の抗酸化力は衰えます。

活性酸素は増える一方になります。

ここで対策をしなければ、がんなどの病気を遠ざけることは出来ないのです。

具体的な対策とは・・・

まずは活性酸素が発生する環境からできる限り、離れることです。

タバコ、添加物、薬、電磁波、放射線、ストレスなど・・・

自然のなかで過ごすなど、工夫するといいですね。

そして、抗酸化物質を沢山含んだ食品を積極的に摂ることです。

活性酸素を抑えることです。

がんになったということ

それは、活性酸素が過剰であるということです。

がんを治すには、活性酸素を増やさない、そのままにしないことです。

私はフィトケミカルたっぷりなプロポリス原液を・・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った          女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治療の選択・自分で決める

癌は3つの段階を経て進行していきます。

1) インシエ―ション (形成開始期)

2) プロモーション  (促進期)

3) プログレッション (進行期)

形成開始期の過程は、発がん物質から始まります。

口にした発がん物質がきっかけで癌ができていきます。

体内に発がん物質が入り、血液に流れていくと非常に短い時間で、正常細胞は限りなく発がんしやすい細胞(高発がん性細胞)に変化してしまいます。

つまり突然変異を引き起こすということです。

この突然変異によって細胞のDNAはダメージを与えられ、遺伝子に永久的な変異を生じさせることとなります。

私たちが摂取した発がん物質は、血液中に吸収され、細胞の中に運ばれて活発な物質に変化していきます。

そして、DNAと結合し、異常細胞というものが形成されてしまいます。

遺伝子的にダメージを受けている異常細胞ですから、癌を引き起こす可能性が高くなるのです。

この異常細胞が出来あがるまでの時間は非常に短く、場合によっては数分間のうちに完成するといわれています。

この形成開始期の過程は、元の状態に戻せないとみなされています。

癌という塊は、長い期間を経てつくられていますが、瞬間、瞬間の短い時間で異常細胞が増え続けているのです。

出来てしまった高発がん性細胞は元に戻すことが出来ないのなら、細胞の増殖を遅らせる物質を摂っていくしかないのです。

つまり、抗がん物質、抗酸化物質といわれるものです。

癌になって一生懸命 治療をしていても、癌が治らない理由はここにもあるのです。

食事、薬品などによって、発がん物質を体内に入れ続けていること

そして、細胞の増殖を遅らせる抗がん物質を摂っていないことです。

まずは元を正すことが、がん治癒への近道です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った          女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

【自宅で出来る簡単 納豆】

【自宅で出来る簡単 納豆】

大豆(自然栽培大豆が良いです)を洗って、ひと晩 水に浸しておきます。

水に浸すと大豆は、2倍以上に膨らみますから、量には気を付けてください。

ひと晩 水に浸した大豆を土鍋で煮ます。

土鍋を火にかけ、ある程度加熱したら土鍋を火からおろし、バスタオルで土鍋を丸ごと包み、発泡スチロールの中に入れます。

土鍋の保温力のを利用します。

このまま5~6時間保温状態で大豆が柔らかくなるのを待ちます。

大豆が柔らかくなったのを確認したら、余分な水分は捨てます。

鍋のなかの大豆の真ん中にくぼみをつくり、菌になる納豆を1パック入れて混ぜます。

ここでまた、少し加熱します。

加熱しすすぎると菌が死んでしまうため、人肌程度までを目安に温めます。

そして、再びバスタオルに包み、発泡スチロールのなかに・・・

菌を殺さないように、低温でじわじわ発酵させていきます。

数時間保温して混ぜます。

また少し加熱して、保温

そして混ぜる

これを何度か繰り返します。

バスタオルにくるんだまま、発泡スチロールのなかで1日から1日半発酵させて、自家製納豆の出来上がりです。

菌が生きているのがよく分かります。

保存はタッパーに移して冷蔵庫で・・・

ぜひ自家製納豆にチャレンジしてみてください。

同じ食べるなら、安全なものを、細胞に働く時間に頂きたいですね。

酵素・ミネラルがたっぷり

300の栄養素と80余種の有用成分を含むプロポリスはこちらから 

https://www.qualitypro.jp/health-food/

がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った          女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

就寝前の生はちみつで朝を気持ちよく迎える

生はちみつの大きな特徴は・・・

加熱処理をしていないことです。

普通のはちみつは、機械で巣ごと収穫するため、収穫の際に蜂が混入してしまいます。

そのため、熱で殺菌処理されます。

一方、生はちみつは機械を使わず手作業で、丁寧に異物処理を行います。

とても手間がかかる作業です。

でも、おかげで生はちみつは、はちみつの栄養を熱で壊すことなく、そのままの状態で瓶詰めできます。

だから・・・

栄養がたっぷり詰まったはちみつになります。

収穫、加工ともに手作業で行う手間のかかる生はちみつは、大変希少なものなのです。

そして、非加熱の生はちみつは、味噌の30倍を超えるグルコン酸が含んでいます。

※グルコン酸はビフィズス菌を増加して腸内環境を整え、悪玉菌を抑制する働きがあり、不足すると便秘や血流低下などの原因になります。

酵素も破壊されることなく生きたまま

そして、本物の生はちみつは、温度が低くなると白く結晶化します。

あえて結晶化したはちみつを食される方もいらっしゃいますね。

ちなみに、水飴などが含まれた蜂蜜は結晶化しません。

就寝前にスプーンひとさじの生はちみつで、朝を気持ちよく迎える

紅茶にもよく合いますよ

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自然界の恩恵を受け、生命を存続できたことに感謝

プロポリスは殺菌力が非常に強く、ミツバチがウイルスやバクテリアなどの外敵から巣を守るためにつくられます。

また巣のなかの温度調節や女王蜂の子育てにも役立てられています。

一方、人間界でプロポリスは民間療法として世界中で古くから受け継がれています。

日本癌学会でもブラジル産プロポリスについて発表がおこなわれ、プロポリスとがんは医師の間でも注目されるようになりました。

その注目すべき成分が、ケルセチン、カフェイン酸フェネチルエステル、クレロダン系ジテルペン

その後にも医学大学名誉教授によってアステピリンCがプロポリスに含まれていることが明らかにされています。

以降、臨床医によってがんをはじめとしたさまざまな病気に対する研究がすすめられ、実際の臨床例も数多く寄せられています。

私たち人間は、体の皮膚や臓器の新陳代謝など、多くが酵素によって繰り広げられています。

またエネルギー作りを含め、酵素の働きに欠かせないのがミネラルの存在です。

プロポリスには生命活動に欠かせない酵素、ミネラルが豊富に含まれおり、その他にも50種類以上のフラボノイドや各種のビタミンなど、300の栄養素と80余種を超える有用成分があることが判明しています。

効果というものは1つ2つの成分だけで出ることは考えにくく、多くの成分が相互作用して発揮します。

だから、私はプロポリスを飲みました。

何より、生命の存続に必要な自然界のパワーが必要だったからです。

自然界の恩恵を受けれたことに心から感謝しています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんは、体の究極な酸化現象

がんは、体の究極な酸化現象です。

だから・・・

抗酸化物質が必要なのです。

抗酸化物質といえば、フィトケミカル

フィトケミカルとは、野菜、果物、穀物、海藻、お茶やハーブなど、植物性の食品の色素や香り、アクなどの成分から発見された天然の物質です。

米国立がん研究所は、1980年頃からフィトケミカル(生命を維持するために必要な栄養素としてはまだ分類されていない成分)の安全性と有効性、適用性についての評価が始まりました。

野菜や果物に含まれるフィトケミカルには、抗ガン性を示すものも多くあるとか・・・

野菜や果物の色素や辛味成分がフィトケミカルです。

トマト、ニンジン、ピーマン、ネギなど濃い色の野菜は、抗酸化力がすぐれており、体内で抗酸化物質として作用します。

トマトの赤はリコピン、ニンジンのオレンジはカロテン、ブルーベリーの青はアントシアニン、トウモロコシの黄色はルテイン

免疫力のアップなど、健康維持・改善に役立つことが期待され、さまざまな研究が進んでいます。

疫学的研究によれば、野菜や果物などに含まれるフィトケミカルはガンの危険性を減少させるともいわれています。

抗がん剤(パクリタキセル)もセイヨウイチイの木から発見されたフィトケミカルだそうです。

毎日の食事でフィトケミカルの有用性をしっかりと活用していきたいものです。

私もがんになったとき、初めて究極な体の酸化と、フィトケミカルの重要性を知りました。

現代の野菜は、農薬や化学肥料、除草剤の影響で残念ながら栄養価が激減しています。

だから、私は植物のフィトケミカルと蜂の唾液からできた酵素、そして300を超える栄養素をもつプロポリスを毎日摂っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)