がん細胞を作らないために放射線対策を

福島、茨城、栃木、埼玉、千葉近郊で白血病、甲状腺ガンなどが急激に増えてきた耳にします。

特に小児甲状腺ガンの発症率の高さは世界的にも問題です。

確かにここ最近、相談のお電話を下さる方の多くがこの地域の方です。

目に見えない放射能が降り注いでいる怖ろしさが、まさにこの結果なのでしょう。

この現状を知った以上、自分自身で防ぐしかないようです。

これからも増え続けるであろうこの現実

他人ごとではなく、自分自身で防御していく必要があります。

放射能は原発の問題だけでなく、病院での放射線を使ったCT検査などの被曝も考える必要があるようです。

「がん3.2%は診断被ばくが原因」

「15カ国で、日本がもっとも検査回数が多い」

「発がん寄与度は、英国の5倍」という英国発の研究結果が報じられたこともあります。

1回のCT撮影での実効線量は日本の実測データを見ると、胸部CTが18ミリシーベルト、腹部・骨盤CTは男性が23ミリシーベルト、女性が29ミリシーベルトにもなります。

腹部・骨盤CTはもっと被ばく量が多く、最低で20ミリシーベルト。

造影CTまでやれば(2倍で)40ミリシーベルト。

頚部から骨盤までの「全身CT」で造影CTまで行えば、60ミリシーベルトを超えかねないそうです。

この数値を見ると、発ガンするのも納得できます。

何かあれば、すぐに検査、そして検診を推奨してきた世代ですから、そこに日常的に放射能が加わると、発ガン率が上がるのも当然ですね。

被曝すると、活性酸素が大量に発生します。

異常発生した活性酸素によって、細胞が傷つきガン細胞が出来ていきます。

ガンをつくらないためにも、過剰になる活性酸素への対策は自分でしていく必要があります。

その対策には、毎日の食事のなかで抗酸化物質を意識して摂り入れることをおススメします。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

咽頭がんの会員様からの気づき

ご愛飲頂いている咽頭ガンの会員様

私が出張中、会員様の奥様からこんな心温まるお葉書が届いていました。

療養のため現在ご入院中の会員様とは、いつもFacebookのメッセンジャーでやりとりをさせて頂いています

私はどうしても奥様が送って下さったこのお葉書を彼に見てもらいたいと思い、メッセンジャーよりこの写真を送らせて頂きました。

このお葉書を読まれた彼からの感想です。

✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨

『内容を見ると彼女と私、二人で一つといった所が伝わって来ます。
以前の私は、癌患者の気持ちなんて癌だと宣告されない人には分からないだろうと思っていましたが、彼女は私と同時に宣告を受け、同じ様に考え生きているのだとおもいます。
つまり、もし私が死ねば、二人の生活はなくなるのだから、彼女も私と同時に宣告を受けていたのですね。
そのことに気付かせてくれた彼女の手紙
やっと気がついた私。感謝です。
うまく言い表せませんが、そういったところです。みづほさんのお陰ですね。感謝感激です。』

✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨

メッセージを受け取ったとき、移動中で電車に乗っていた私ですが、思わず涙が出てきました。

最近、少しへこみ気味だった彼が こんな言葉を私に伝えてくれるなんて…本当に感謝です

夫婦の愛って凄いな~✨と改めて感じた瞬間でした。
彼のなかに何か大きな変化が起きていると思います✨
まさに夫婦がひとつになって大きな力が生まれる時ですね。

この気付きをきっと大切にされると思います
そして彼には元気になっていただきたいと心から願っています

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

プロポリスが持つエネルギーを高めることにこだわります。

多くのプロポリスは、抽出後、すぐに詰められ商品化されていまが、蜂粋ゴールドプロポリスは有用成分を高めるため、ハチ毒を無毒化にするためにプロポリス液を寝かせることを重要に考えています。

だから、木樽で10年以上の歳月をかけしっかりと熟成させています。

なぜ木樽にこだわるのか?

それは、熟成期間中の安全を考えてのこと

プラスチック樽やコンクリート容器での保存は、プロポリス液の成分で容器が溶けだしてしまう危険性があります。

また木樽での長期熟成なので、プロポリス原液の粒子の細分化も上がり、人間の細胞に抵抗なく響いてくれるのです。

自然のものは、限りなく自然に近い状態で扱うことで、人との調和がしっかりと生まれプロポリスが持つエネルギ―をさらに高めてくれます。

新鮮な空気、自然界の高周波の音を聴きながら長期間熟成させたプロポリス

当然、高い波動を保っています。

大切な皆様にお届けするために→日夜熟成を続ける→蜂粋ゴールドプロポリス

木樽から取り出した高濃度・木樽熟成・蜂粋ゴールドプロポリスは一滴一滴 丁寧に大切に職人の手で瓶詰を行っております。

健康食品だからこそ、生きているものを・・・

 

{E21E7202-E73E-40C6-9BBA-35F2ADE3343C}

 

詳しく聞きたい方・飲み方などはこちらにお問い合わせください!

☎0869-92-4631

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治しで問われること・意識・判断・責任・がんを治す生き方でとは

これからのガンなおしで問われること

自己の意識と判断、責任が必要です。

ただ生きるということが全てであるのであれば、意識も判断も責任も必要ないのかもしれません。

人は早かれ遅かれ必ず死を迎えます。

しかし、自分の死など考えたくないのが人間です。

しかし、ガンという病になれば、必然的に死と恐怖を感じ、生きることに執着すらもちます。

そこで分かれてくるのが、治療法の選択です。

ただ生きたいのであれば、延命ともいえる治療法を選択するでしょう。

心豊かに輝いて生きたいのであれば、生き方をなおすことを選択するでしょう。

進行ガンから克服された方の多くは、命を輝かせ、生きておられます。

私たちは、命を頂き生きているのです。

命を頂いている以上、それぞれに役割があります。

このやるべき役割をしっかりとしてこそ、生命というものが活かされるのではないでしょうか。

役割とは、生き甲斐でもあり、自己を高めることでもあります。

生きる長さではなく、生きることの意味を考え、今日の1日を大切に大切に生き、そして明日に繋げ、未来を見ていくことが大切なのではないでしょうか・・・

ガンなおしは、意識と判断、責任を理解できるか出来ないかによって、大きく変わってきます。

治療方法が選択できず悩んでいる方

まずはこの先、どう生きたいのか

そこに意識を向けてみてはいかがでしょうか。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

湯たんぽで温め自律神経を整える

女性は男性に比べ筋肉量が少なく一度冷えるとなかなか温まりません。

さらに女性は子宮という袋状(空洞)の臓器があることで冷えやすくなっています。

さらに、膣を通して、内臓がとても冷えやすくなっています。

体が冷えれば免疫は低下させ、冷えた部分に癌が出来ます。

がんにならないために、がんをなおすためには、体を温めること、そして、免疫を上げるためには、体温アップが大切です。

体を温めることは→治療効果を高めることに繋がります。

常にお腹は冷えないように、ミネラルを沢山含んだな健康食品などを活用しながら、体温をあげていきます。

効率よく体を温めるには→筋肉の多い部分を温めることです。

特に女性は座っているだけで下半身が冷えてきますし、足の付け根や、ふくらはぎに痛みを感じる人も少なくないですね。

その場合、冷えの場所を直接 温めてもいいのですが、筋肉が多い太ももを温めると効率よく体を温めることが出来ます。

また、食後は全身の血液が胃に集まる影響で下半身がさらに冷やすくなります。

食事の最中や食後のゆったりとした時間など、太ももを温めると良いでしょう。

温めるのに湯たんぽがとっても便利です。

テレビを見る時→太ももの上に湯たんぽを

寝る時→電気毛布より湯たんぽがおススメです。

湯たんぽで温めると気持ちよく癒される感覚があり、気持ちよく感じると、副交感神経が刺激され、血管が開きます。

副交感神経が優位になると免疫細胞が増加、そして、血流を良くしてくれる食品を活用すればさらに体は熱を放出し、免疫細胞が増えていきます。

体が温まると心も温かくなります。

湯たんぽと電気毛布の大きな違いは、温度の低下、だから湯たんぽは嫌だという人もいるでしょう。

実はその温度の下がり具合が人間のリズムにぴったりなのです。

夜は温かい湯たんぽで副交感神経が優位になり→徐々に温度が低下し→明け方は交感神経に切り替わりやすくなります。

いつまでも温かいままでいると、交感神経にスイッチが切り替わらず、活動しにくい1日となります。

自律神経を整えるにもいいですね。

そして、湯たんぽは電気毛布のように電磁波を気にせず使えます。

しっかりと活用したいアイテムですね。

私は体を温める前にプロポリスを飲んでいますドキドキ

http://www.qualitypro.jp/health-food

詳しくはこちらアップ

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治しは、バランスの取り方で決まる

生きていくうえで大切なのは、バランスです。

なぜ、ガンになったのでしょう・・・

それは、生き方のバランスが悪いからです。

ガンになる人は、頑張り過ぎたり、心配し過ぎたり・・・

「〇○し過ぎ」は、偏ったバランスの悪い生き方をしています。

ガンになる人は、自律神経のバランスが悪く

交感神経、副交感神経どちらかに偏りっぱなしになっています。

ガンになる人は、白血球のバランスが悪く

顆粒球とリンパ球の割合によって免疫力が低下していきます。

ガンになる人は、エネルギーをつくるシステムのバランスが悪く

年齢を重ねても解糖系が優位のままで、ミトコンドリアが上手く働いていません。

すべてはバランスです。

人生も山あり谷あり

嬉しいこと、つらいこと、色々あってバランスをとっています。

都会で疲れたら、田舎で暮らす

これも人生のバランスです。

働き過ぎた人は、体を休めてみる

完璧主義だった人は、不完全な人になってみる

人のためばかりに生きてきた人は、自分のために生きてみる

愚痴ばかり言って生きてきた人は、喜びを見つけて生きてみる

泣いてばかりだった人は、笑って生きてみる

甘いものを食べてきた人は、砂糖をやめてみる

食に無関心だった人は、食の大切さを学んでみる

生き方を変えて、人生のシーソーのバランスをとるということです。

ガンという塊が、生き方の偏り、バランスの崩れを教えてくれたのです。

生き方の偏りがある人は、強いとらわれが必ずあります。

ものごとを考えすぎたり、出来ない自分につらく当たったり、ハードルが高かったり・・・

とらわれを捨て、自然体で生きることが、バランスをとった生き方になります。

バランスがとれるようになれば、すべてにおいて楽に生きれるようになります。

生き方を変えるためには、まず心と思考を変えなくてはなりません。

心と思考が変われば、体も変わってきます。

すべては繋がっていて、バランスをとろうとしているのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

煮汁に溶け出す抗がん物質

野菜は生で食べることで酵素を破壊することなく体内に取り入れられます。

しかし、すべてを生でというわけにはいかないのが現実

加熱して食べる野菜は、煮ることをおススメします。

または、土鍋に少し水で蒸す状態がよいでしょう。

野菜の煮汁には、抗酸化作用のあるフィトケミカルが多く溶け出します。

ファイトケミカルとは、野菜、果物、穀物、海藻、お茶やハーブなど、植物性の食品の色素や香り、アクなどの成分から発見された天然の化学物質です。

果物や野菜の色素や辛味成分がフィトケミカルであり、体内で抗酸化物質として作用し、抗ガン性を示すものも多くあります。

ガンなおしや、免疫向上には欠かせない物質ですね。

なかでもキノコ類はフィトケミカルを多く含む代表的な野菜です。

キノコ類、タマネギ、キャベツ、ネギ、カボチャ・・・

これらの野菜から溶け出す貴重な抗ガン物質は、スープや味噌汁で摂ると良いでしょう。

ガン予防に働きかけてくれるフィトケミカルは積極的に摂っていきたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんの療法選び・自分で治す意識を高める

病気の治療法には沢山の療法があります。

① ナチュロパシー(自然療法)
② オステオパシー(整体療法)
③ サイコパシー(心理療法)
④ ホメオパシー(同種療法)
⑤ アロパシー(薬物療法)

①から④は、自分自身の自然治癒力を高めることで病気を治していく方法です。

自然治癒力とは

生まれながらにして人間が持っている、ケガや病気を治す力であり、手術を施したり、人工的な薬物を投与したりしなくても治る機能のことであり、「自己治癒力」 とも呼ばれています。

誰もが体内に持ち備えているものです。

菌やウイルスが体内に侵入したら、菌やウイルスを死滅させるために熱を出し、咳や鼻水で外に出そうとします。

ケガをすれば、傷口はやがてかさぶたになり、傷が治ります。

これが自然治癒力なのです。

この自然治癒力によって進行がん、末期がんを克服した人はたくさんいます。

自然治癒力が何らかで弱まってしまったために、がん細胞が増殖し、がんという塊をつくってしまいます。

まずは自然治癒力を弱めた原因を生活のなかから見つけ出すことが大切と感じます。

そうでなければ、いくら自然治癒力を高めようとしても、低下させる原因が残されたままでは自然治癒力を高めることは不可能です。

まずは原因を取り除くことをおススメします。

その結果、原因を取り除くことが自然治癒力を高めることに繋がります。

自然治癒力を高めるために玄米菜食などの食事療法や健康食品、温熱、鍼灸、気功など①から④の療法があります。


今やアメリカのガン治療では、①から④の療法は当たり前に使われています。

日本のガン治療とは違いがあり、アメリカの医師の半数以上が健康食品など積極的に摂ることを薦めています。

西洋医学一辺倒から脱出したアメリカはガンの発症もガンの死亡率も減ってきています。

いかに自然治癒力を高めることが大切かがよく分かります。

これらの素晴らしい療法がかき消されてきたのはとても残念に思います。

日本人は、薬物療法だけに頼り切ってしまうところがあり、病院任せ、人任せの治療になりがちです。

⑤のアロパシー(薬物療法)は、残念ながら人間の自然治癒力を落としてしまいます。

石油製品である薬物が入ると、活性酸素が大量に生み出されます。

この活性酸素が必要以上に増えると、細胞が酸化して体内の機能が低下して自然治癒力、いわゆる免疫力が低下してしまいます。

そして活性酸素が細胞核の遺伝子を傷つけ、ガンという異常細胞を作ってしまうのです。

これらを考えても薬物療法一辺倒では、再発リスクが高くなることはわかります。

ただ、⑤の薬物療法は急性期には素晴らしい力を発揮してくれますので、上手に選び、使い分けることが重要ですね。

本来働くはずの自然治癒力を弱らせてしまわないよう、気をつけるのは自分にしか出来ないことです。

なにを選択し、どう行動するかで人生は変わります。

自分でつくった癌

だからこそ、自分でなおす意識を高めたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

少食でナチュラルキラー細胞活性化・腹七分目

少食が病気を防ぎます。

腹八分で医者いらず、腹六分で老いを忘れ、腹四分で仏に近づく

食べ過ぎは癌をつくる原因になります。

カロリーを60%に制限をしたマウスは、100%のカロリーを与えたマウスに比べ、2倍長生することが1935年コーネル大学の調査でわかっています。

私たちは食事をすると、栄養素が胃腸から血液に吸収され、細胞がつくられています。

白血球のなかのナチュラルキラー細胞は、私たちの体内をパトロールして癌細胞をみつけては食べて処理をしてくれています。

食事によって白血球に栄養がとり込まれると、私たちと同じようにナチュラルキラー細胞も満腹感を得ます。

ナチュラルキラー細胞もお腹がいっぱいになると、癌細胞を発見しても見向きもしなくなります。

癌細胞を食べるナチュラルキラー細胞は、空腹の方がしっかりと食べて活躍してくれるのです。

ナチュラルキラー細胞に限らず、免疫細胞は空腹時に活性化されると言われています。

ですから癌細胞だけでなく菌に対しても同じことが言えますね。

お腹が減った白血球は、癌細胞や菌を見つけると一生懸命食べてくれます。

これが免疫力です。

免疫を上げるためには、1日のなかで空腹の時間をつくることです。

3食きっちり+デザート、そして間食の生活が、免疫細胞の働きを悪くし、病気を増やしてしまいます。

そして、現代は食べれば食べるだけ、添加物も摂ってしまう食生活です。

余分なものを入れないためにも、お腹がきゅーっとなる時間をつくり、食事は腹7分目を心がけることをおススメします。

がんを治す生き方で、ナチュラルキラー細胞を活性化することです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

余命宣告を受け気付いた自分

お電話をして来られた方

以前にも、お話をさせて頂いたことがあります。

その後、大腸ガンで手術をされ、すっかり取り除けたと思っていたとか・・・

しかし、最近になり転移が見つかり、余命宣告を受けられたそうです。

12月頃は、プロポリスも飲みながら、食事なども気を付けてされていたそうですが、手術が終わり1月以降、食事もだんだんとしなくなり、プロポリスも飲まなくなり、ひと月ほどで以前と変わらない生活に戻っていったそうです。

そして、再発転移

さらに余命宣告・・・

なんて勿体ないことをされたのか・・・残念です。

ちょっと調子がいいと、ちょっと数値が良くなると、このくらい大丈夫か・・・となりがちです。

そのちょっとが、取り返しのつかない事にもなっていくのですから、本当に勿体ないと感じます。

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」

そして、またお電話をしてこられる方が結構いらっしゃるのです。

余命宣告を受け、やっと自分の愚かさに気付くのです。

前回よりもっと悪くなってからの再スタートです。

数倍の自助努力が必要です。

なにごともコツコツと続けることが一番大切です。

やめてしまえば、何にもなりません。

コツコツやっていても上手くいかない時もあります。

その時にどう思うか、どう捉えるかです。

「やったのに良くならない、やったのに悪くなった」

こう思う人は、不満となり、努力をやめてしまいます。

「やっていたからこれで済んだんだ」

こう思う人は、感謝となり、努力を続けます。

捉え方ひとつで、全く違う方向になりますね。

そもそもガンは、長い長い年月をかけてつくってきたものです。

なおすにも時間がかかって当然なのです。

手術で見えるガンを取り除いても、ガンになった原因を残したままにしていては、また再発します。

手術で、活性酸素を大量に出し、体を酸化させているのに、それを放置していたのでは、またガンが出来てしまいます。

余りにも無知で人任せ、自分の体に無責任だったこと

余命宣告を受け、やっと気付いた彼女です。

また、今日から新たなスタートです。

少しでも早く、気付かれる方が増えるよう、せつに願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)