子どものシロップ剤は抵抗ない?

甘いものは、体に悪いから!

飴やチョコレートなど甘いお菓子、ジュースは小さな子供に与えないよう制限されているお母さん

正解ですね!

お砂糖は脳を破壊してしまいますから

でもね…

病院で出されたシロップ剤は、なんの抵抗もなく飲ませてるお母さん

実は、シロップ剤にも、ジュースなどに使われている甘味料 果糖ブドウ糖液が使われていますよ!

薬を使わない薬剤師・宇多川久美子先生のご著書にも…

子どもが飲みやすいように甘くしたシロップ剤は簡単に腐るので、防腐剤を入れます。

そして、見た目がいいように「赤色◯号」などで色をつけるのです。

と書いてありますよ!

錠剤も同じですね

甘味料、防腐剤、着色料を気にしてお菓子やジュースは与えないよう気をつけているのに、こんなところにも使われてますよ!

それ以前に、お薬って本当に危険はないのか考えてみた方が良いですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ごまで健康づくり

ゴマは、栄養たっぷりの超健康食品です!

栄養価は植物の中で最も高いレベルと言われます。

良質なアミノ酸、ビタミンE、ゴマリグナンとアントシアニンなどの抗酸化物質を豊富に含んだゴマは、老化防止・若返り、そして免疫向上に優れていて、ガン予防にもなります。

これらの成分は、血中のコレステロールの排泄を促し、活性酸素を減少させることで、血管年齢を若返らせ血管の老化から生じやすい脳梗塞なども予防してくれると言われています。

そして、ゴマは良質の油分を多く含んでおり、肌の水分・油分・弾力を取り戻す美肌効果もあるので女性には有り難い食品です。

なかでも黒ゴマに含まれるリノール酸やリノレン酸など良質な不飽和脂肪酸、不溶性食物繊維、鉄分は、生活習慣病予防、便秘予防、貧血予防にはとても効果的ですから積極的に摂っていきたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

野菜は丸ごとがいい

食材は『丸ごと食べる』のが理想です

穀物も野菜も丸ごと食べることが自然ですね。

農薬の心配もあり、思わず皮を剥きたくなりますよね。

しかし、玄米は、皮の部分にミネラルなどの栄養素がたくさん含まれています。

野菜も同じです。

例えば、じゃがいもの皮には、鉄、カルシウム、カリウム、マグネシウム、ビタミンが、中身よりはるかに多く含まれています。

たとえば、じゃがい丸ごとには、お肉の17倍以上の鉄分が含まれているそうです。

皮を捨てるということは、豊富な鉄分などを捨ててしまっていることになりますねあせる

また、野菜の皮や茎・種などには、抗酸化物質であるフィトケミカルがたっぷりです。

特にスープなどで使うと、だし汁でフィトケミカルが無駄なく摂取できます。

丸ごと使うって栄養が豊富で、家計も助かりますね

ただし、農薬の除去は必ずしてくださいね

がんを治す生き方・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんは自分で治す意識と治せる自信が大切

ガンを告知されると大きな衝撃を受けますね。

まさか自分が・・・とショックです。

でも、告知されて良かったと思ってみませんか?

それは、生き方を変える大きなチャンスだから

今まで体に無理を与えていたからガンになったわけです。

その無理とは何だったのでしょう・・・

悩み、苦しみ、心の傷

つらい、しんどい、体の負担

いずれにせよ、自分の容量を超えた問題を抱えていたということです。

自分でつくったガン

心や体の限界に気付かせてくれたガンに感謝です。

気付いたら、なおせばいい

自分でつくったガンですから、自分でなおせるはず

周りの力を借りながら、ガンなおしのアイテムを上手につかいながら

しかし、基本は自分です。

自分がなおすという意識と、なおせる自信を持つことが大事です。

不安で仕方ない人は、自分を信じられていないから

自分が信じられないと、数値や人の言葉に振り回されてしまいます。

そして、不安がさらに大きくなり負のスパイラルに陥りやすくなるのです。

自分でなおす・自分を信じる

心を鍛えるのも毎日の訓練です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

湯たんぽで免疫アップ・リンパ球活性化

癌は冷えが生じて起きる病気です。

体が冷えれば免疫は低下します。

そして冷えた部分の癌が出来ます。

免疫を上げるためには、体を温めること

体を温めることは治療効果を高めることにもなります。

癌の人は、リンパ球の数が減少しています。

病気を治すためにはリンパ球を上げていくことが重要

リンパ球を増やすには、カロリーを効率よく栄養に変えてくれるサプリや健康食品と併用して体を温めるのが効果的です。

常にお腹は温かくないといけません。

より効率よく体を温めるには、筋肉の多い部分を温めることです。

例えば太ももです。

特に女性は座っているだけで下半身が冷えてきます。

足の付け根などに痛みを感じる人も少なくないですね。

食事をすると全身の血液が胃に集まってくるので、下半身はさらに冷やすくなります。

食事のときや食後のくつろぎの時間など、太ももに湯たんぽをのせて温めると良いでしょう。

寝る時も電気毛布より湯たんぽがおススメです。

湯たんぽで温めると気持ちよく感じませんか?

これは体が冷えている証拠ですね。

湯たんぽで気持ちよく感じると、副交感神経が刺激され、血管が開きます。

副交感神経が優位になるとリンパ球が次第に増えてきます。

血流を良くしてくれる食品を摂ることでさらに体熱を放出し、リンパ球が増えてきます。

そして内臓にキレイな血液がしっかりと送られれば、内臓の働きも良くなり体調も良くなります。

湯たんぽで体が温まると、気持ちも落ち着きます。

体が温まると心も温かくなります。

しっかりと活用したいアイテムですね。

~ 自分の大切な体だから ~

『私の毎日の必需品・プロポリス』 こちらから

https://www.qualitypro.jp/health-food/

 

プロポリスの飲み方などは直接お問い合わせくださいね。

 

 

がんをなおす生き方(抗がん剤・放射線・手術だけに頼らない)

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

 

 

明るい未来に向けて・・・女性の味方/クオリティ・プロ

プロポリス活用法・お問い合わせは

☎0849251271  (8時~20時 土日祝も受け付けております)

混み合う時間帯:18時~20時

※混み合っている場合は、こちらから折り返しお電話させていただきます。

 

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

がんの名医は自分・自然治癒力を高める

「ひとは、体のなかに100人の名医を持っている」

医聖ヒポクラテスの有名な言葉ですね。

名医とは自分自身・つまり自分がもつ自然治癒力のことです。

私たちの体は、常に正常を保とうとする働きが備わっています。

この自然治癒力をしっかりと働かせるための療法があります。

●ナチュロパシー(自然療法) 食事・健康食品・薬草・断食・・・

●オステオパシー(整体療法) 鍼灸・指圧・カイロ・・・・

●サイコパシー (心理療法) 座禅・瞑想・音楽・波動・・・

免疫が上がり自然治癒力が高まっていくのですが

ここで忘れてはいけないこと

力を抜いて自然体でいることです。

「がんは治る」 という信念をしっかりと持ち続ける

しかし、力が入りすぎると信念がやがて執着へと変わってしまいます。

執着ほど恐ろしいものはありません。

執着が強くなると、恐れが強くなります。

恐れが強くなると交感神経が過剰となってしまいます。

これでは、せっかくの療法も台無しになってしまいます。

力を抜いてリラックスすることを忘れないでくださいね。

そして、自分の体の癌とのコミニュケーションも忘れずに・・・

がんは多くの気付きを与えてくれた存在

感謝して、がんが小さくなって消えていくイメージをしっかりと描きながら、がんに優しく声をかけてあげてくださいね。

純粋で強い想念や言霊はその現実を引き寄せます。

プラスの言葉をかけた続けた花と、マイナスの言葉をかけ続けた花とでは、育ちや、また枯れるまでの過程が全く違ってきます。

がんを悪魔だと思えば、自分の心もとがってしまい、体に伝わっていきます。

がんも自分の大切な細胞と思えば、おおらかな心が生まれ、自分の体を労わる行動を自然と起こすのです。

自分の細胞だからこそ大きな差をつけるでしょう。

治っていく自分をイメージして、大自然の恵みと自然界の波動を感じながら実践するのみ

ご先祖様から頂いた大切な身体です。

自分を信じ、自然治癒力を高め、乗り越えて頂きたいとせつに願っています。

私のがんを治す生き方をご覧くださいね

 

~ 自分の体は自分で守る ~

がん自然療法の秘訣とは・・・(抗がん剤・放射線・手術だけに頼らない)

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

 

明るい未来に向けて・・・女性の味方/クオリティ・プロ

ご相談・お問い合わせは

☎0849251271  (8時~20時 土日祝も受け付けております)

混み合う時間帯:18時~20時

※混み合っている場合は、こちらから折り返しお電話させていただきます。

 

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

明るい人生をつくる

【今日の心の持ち方】

私たちは自分の思考によって外面の世界をつくっています。

明朗な性格は、どんどん明るい人を引き寄せ、明るい環境をつくっていきます。

だから、どんな時も明るく

そして周りも幸せになるのです。

今日も明朗快活を楽しみ、明るい人生をつくります。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんを子孫に連鎖させないために・使命

がんの自然治癒で起きる現象

がんが自然退縮するときには思いもよらぬ様々な症状がでると言われます。

発熱、転移、腫瘍増大、腫瘍マーカー上昇

どれをとっても心地よいものではありません。

ここに行くまでにも、精神的にへこみ、他人の意見や情報に惑わされ、信念がブレてしまう方がほとんどです。

がん治しの一番の敵は恐れから起きる心のブレです。

自分はなんのために癌という病気になったのでしょう・・・

苦しむために与えられたのでしょうか・・・

それは、違います。

もし、そう感じているなら、ぜひご相談ください。

がんは、私たちに生き方を変えなさい、と教えてくれているのです。

人は、真剣な生き方によって神様に命を救って頂くのです。

その人に使命がある限り、神様は死なせることはしません。

がんになったのは、大切な子孫へ連鎖させないお役目を頂いたのです。

自分の命より大切な我が子が同じように癌になれば、自分のとき以上に苦しむでしょう。

子孫へ受け継せない、負の連鎖を止める

これが使命なのです。

生命を生み出した大自然に感謝して、使命を真剣に生きる

自分を見つめ直し担った使命を真剣に生きることで、がんへの恐れがなくなるのです。

そして、自然と穏やかな心がつくられるのです。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

安全な生理用品を選ぶ

経皮毒については、ずいぶん知られてきました。

体の中で最も経皮からの吸収率が高いのは性器と言われています。

腕が1としたら性器の吸収率は42倍にもなります。

気を付けないといけない場所だということはよく分かります。

では、そこに毎月使う生理用品、また、毎日使うシートはいったいどこまで安全なのでしょうか・・・!?

実は経皮毒と言える物質がしっかりと含まれています。

ほとんどの生理用品は、塩素系漂白剤を使用しています。

そして、これらの製品に有害性が危惧される点として、月経血や尿を吸収するために高分子ポリマーが含まれていることです。

高分子ポリマーとは、水分を吸収して漏れないように凝固させるためですが、大変な有害化学物質です。

高分子ポリマーは油由来の原料からなり、少しの量で非常に優れた吸水性があります。

これは発熱時などに使用する冷却シートと同じしくみになっています。

実は経皮毒の問題だけでなく、生理用品が体を冷やしていた・・・

ということになります。

安全面、物を大切にするという意味も含め、やはり布ナプキンがいいですね

布ナプキンはちょっと・・・

という方は.コットン100%のオーガニックナプキンです.

自然食品店さんなどで入手できますよ

オーガニックナプキンは冷えから体を守ってくれます。

オーガニックナプキンや布ナプキンを使うようになり生理痛が解消された声はよく聞きます。

皮膚からの吸収率が非常に高い場所が冷えるということは体全体に影響を及ぼします。

経皮毒や冷えがガンをつくっている可能性も十分考えられます。

また、ガンだけでなく、冷えは不妊の原因にもなります。

食事などの生活の見直しに加え生理用品も見直すことも大切ですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

里芋湿布

ガンなおしにとって、里芋は切ってもきれない存在です。

里芋は、毒性を引き出してくれる作用があります。

里芋に含まれるムチンというヌメリの物質が、肝臓や腎臓の働きを助け、補益するともいわれています。

これらの性質を利用したのが、里芋パスタ(湿布)です。

【里芋パスタ】

里芋・・・適宜
生姜・・・里芋の1割
小麦粉・・・里芋と同量
自然塩・・・少々
ゴマ油・・・少々
ガーゼ

里芋は、厚めに皮を剥きます。

皮を剥いた里芋をすりおろし、生姜もすりおろして混ぜます。

その中に、自然塩を少々入れ、混ぜ合わせます。

最後に、里芋と同じ分量の小麦粉を少しずつ加えながらしっかりこねます。

目安は、耳たぶの軟らかさです。

ガーゼなどの布の上に、練った里芋を厚さ1センチくらいでのばしていきます。

体に貼り付けた時に、里芋が広がってもいい様にガーゼの上下左右3センチはあけておく方が良いですね。

あらかじめ、かぶれやすい人は、患部にゴマ油を塗っておきます。

患部に、里芋面を当てて貼り付けます。

この状態で4時間、里芋湿布の効果が保たれます。

里芋湿布の前に、生姜湿布で血行を良くしてから行うのが基本です。

湿布が冷たく感じるようであれば、カイロを上に貼るなど工夫するといいですね。

ガンなおしは、手間と時間、毎日の自助努力が大切です。

ガンは血液の汚れ

解毒をしっかりとしていきたいですね。

大自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)