焼き芋にすると食物繊維がます?

栄養素は加熱することにより壊れやすくなりますが、さつま芋の栄養素は加熱しても比較的壊れにくいといわれています

なかでも注目すべきは、ビタミンB6やB1などのビタミンB郡がとても豊富なことです。

その他にもカルシウム、カリウム、鉄分、亜鉛など多く含まれており栄養面でもとてもよい野菜ですね

しかも、焼き芋にすると食物繊維が生の状態に比べ30%も増加するそうです。

そして、焼き芋を食べるとストレスが軽減されるとか・・・!?

これは焼き芋に含まれるカルシウムの効果ともいわれます。

そして、焼き芋を食べる時は、皮ごと食べるといいでしょう

焼き芋の皮に含まれる「アントシアニン」は、葡萄などにも含まれているポリフェノールで、抗酸化作用や肝機能改善などに効能があるとされています。

参考までに・・・

焼き芋をつくる時は、ゆっくりと焼いた方が甘みがでますよドキドキ

ゆっくり熱を加えることで、さつま芋に含まれる酵素アミラーゼの働きが活発になり、でんぷんが糖に変わり甘みが出てくるのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

サッパリ塩麹漬けで腸もスッキリ

塩麹は、塩、麹、水を混ぜ合わせ発酵させたもの

大豆の無い味噌といったところでしょうか

ぬか漬けと同じように、塩麹に野菜を漬けておくと、最高のお漬物が出来ます。

この時期は、きゅうりや茄子がいいですね

ビニール袋にカットした野菜と塩麹を入れ、軽く揉んで2,3時間置いておくだけ

麹の甘みと塩の辛みがとてもマッチしたお漬物ができます。

麹には、麹菌がつくりだす 酵素 がたくさん含まれています。

酵素は、食材に含まれる タンパク質やでんぷんを分解して、 食材を軟らかくしてくれる性質があります。

だから、塩麹につけたお肉は軟らかくなるのです。

また、麹菌は、乳酸菌であるヨーグルトやぬか漬け、納豆などと同じように、腸にしかりと働きかけてくれる最高の食材です。

ただし、麹菌は、熱が加わると死滅していまうので、そのまま使うのが一番いいですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

大根おろしに医者いらず

大根の美味しい季節が近づいています。

食べて美味しい大根ですが、民間療法でも昔から愛されています。

大根には、すりおろすことで出る辛み成分「イソチオシアナート」に、解毒作用や殺菌作用があります。

「大根おろしに医者いらず」

この辛み成分を利用した民間療法です。

【大根おろしを飲む】

体のむくみを取る効果がある。

【大根をおろした汁でうがい】

口の中で起きる炎症・口内炎や虫歯などの症状緩和効果

【大根おろしに生姜、醤油を加え熱い番茶を注いで飲む】

解熱剤・発汗剤として効果

【脱脂綿に大根をおろした汁を浸し、鼻に詰める】

鼻の粘膜の炎症を緩和し、鼻の通りをよくする

【大根をおろした汁に、はちみつを混ぜて飲む】

粘膜が強くなり、喉の炎症を鎮める

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

お漬物で腸内環境を整え、抗酸化力を高める

腸は、免疫の7割をつかさどっている重要な存在です。

私たちの腸管にいる腸内細菌たちが大きな活躍をし、免疫向上に働きかけています。

腸内環境が乱れていると、免疫低下が起き、ガンをはじめとする、さまざまな病気をつくってしまいます。

私たちの体は、常に活性酸素を生んでいます。

この活性酸素は、正常細胞の遺伝子に傷をつけ、ガン細胞をつくっていきます。

活性酸素が大量に放出されると、体が酸化し、ガン細胞もどんどんと増えてしまいます。

実は、腸内細菌は、活性酸素を除去してくれる強い抗酸化力をもち、重要な役割をしています。

ですから、腸内細菌が減ってしまうと、抗酸化力も弱まり、活性酸素が除去出来なくなるのです。

ガンの原因である活性酸素から体を守るには、腸内環境を整え、しっかりと抗酸化力を高めることですね。

抗酸化力の高い食品はこちらから

腸内細菌を増やすにはヨーグルトと思われがちですが、ヨーグルトは腸のなかで腐敗しやすい食べ物です。

腸のなかで腐敗しやすい動物性の食べものは、有害なガスを発生させてしまい、血液が汚れ、内臓の機能が低下て、ガン細胞をつくってしまいます。

ガンの方は尚更、腸のなかで腐りやすい動物性の食べ物は避けるべきですね。

腸内細菌を増やしてくれるのは、植物性の発酵食品です。

日本のお漬物は、最高の植物性発酵食品ですね。

なにより日本人の腸は、植物性のものを摂るように出来ています。

また、腸内環境はガンだけでなく、不安神経症や鬱とも大きく関わっています。

セロトニンの9割は腸に存在すると言われています。

このセロトニンは、幸せの物質と言われているのもですね。

つまり、腸の働きと、心の働きは繋がっているとうことです。

現代は、強いストレスにさらされ生きています。

だからこそ、腸を整える食べ物を摂ることは、心と体にとって非常に重要と言えますね。

自分の手で混ぜ、自分に合ったお漬物が一番良い菌です

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

塩分不足でがんを招く

お塩は足りていますか?

減塩、減塩と言っている日本です。

しかし、この減塩生活が、ガンをつくっているかもしれません。

梅干し、味噌、醤油、漬物、塩麹・・・

これらを手作りした時に、塩分が少ないと、夏に腐ってしまいます。

人間の体も、これと同じです。

私たちの体は、塩分が必要以上に少ないと、菌をたくさんつくってしまいます。

菌が増殖すると、どうなるでしょう・・・

当然、さまざまな病気をつくっていきます。

しかし、お塩なら、何を摂ってもよいのか? と言えば、それは違います。

間違ったお塩を摂ると、ガンや高血圧などの病気になることも・・・

逆に、塩分が少ないと、体温も下がり、血液が汚れ、ガンなどの病気になります。

そして、減塩生活で、ミネラルが不足してしまうと、酵素も働かなくなります。

生命を守るためには、きちんとした天日塩を、正しく使うことが大切です。

私は、朝起きた時、今日は、体が少し重いな・・・と感じたら、いつもより少し多めの天日塩を入れた白湯を飲んでいます。

自分の体の声を聞き、適した塩を摂ってみましょう。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 0869-92-4631

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

梅干しと沢庵はやはり有り難い食ですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

山芋コンニャクの効能

昔から 『砂おろし』 と言われているコンニャク

まさに老廃物の排除に役立つ優れものです

コンニャクには、生芋で作られたコンニャクと、コンニャク粉で作られたものがあります。

凝固剤も炭酸ナトリウムを使ったものとカルシウムを使ったものがあります。

おススメは、生芋でつくられているもの

そして、凝固剤は炭酸ナトリウムが使ってあるコンニャクがいいですね

コンニャクの繊維質であるグルコマンナンは消化吸収がされにくい多糖類で、胃を通過して腸まで届き、腸の運動を促して、老廃物を取り除いてくれます。

コンニャクは、便秘に抜群の効用を発揮し、そしてグルコマンナンには、コレステロール値を下げる効果もあります。

高コレステロールは、動物性脂肪のとりすぎが原因と言われていますが、実は食物繊維の不足も原因になります。

腸のお掃除にコンニャクは最適ですね

生芋のコンニャクはお刺身で食べてもクセがなくプルプルでとても美味しいです

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治しは野生動物を見習え

野生の動物は、ガンにならないと言われています。

しかし、人間に飼われている動物はガンになります。

野生動物と飼われている動物と何が違うかは言うまでもありません。

野生の動物は、自然界のものを食べ、自由に走り回り生きています。

人間に飼われている動物は、加工された食品を食べ、決まった空間で生きています。

またワクチン接種や、お手入れの為に化学物質、様々なところで石油精製品に触れています。

寒い日には動物用電気カーペットまで・・・

ガンになる環境がいっぱいです。

人間でも電気カーペットは発ガン率を上げてしまいます。

化学調味料、ストレス、薬品、経皮毒、電磁波・・・

自然の摂理に反することがガンの原因になっていることはよくわかります。

自然の摂理に反して起きたガンなのですから、ガンを治すには、自然の状態で生きるということです。

『自然あるいは自然のものは健康にいい。そういうものにはなんらかの効能がある。自然なものはからだにいい。自然界の力はすべて私たちの味方だ』

テッド・カプチャック博士 (ハーバード大学医学部)の名言です。

私がガンの時、多くの健康食品の中から、プロポリスを選んだのはこういう理由からです。

私の愛用品はこちらから

また、米国のガン治療を変えたOTAリポートもとても興味深いものです。

船瀬俊介氏著書より一部抜粋 *************************************

1985年 米国立ガン研究所(NCI)のデヴュタ所長の議会証言(抗ガン剤は、反抗ガン剤遺伝子 アンチ・ドラックジーン ADG によって「無力化される」と下院議会で証言)

1988年 NCIリポート「抗ガン剤は強い発ガン物質であり、投与すると新たなガンを発症させる」と警告

1990年 政府機関OTAリポートで「従来のガンの三大療法より、『自然療法』の方が、ガンを治す」と断定。これは、アメリカ政府のガン治療に対する決定的なターニング・ポイントとなった。

1988年 アメリカ上下両院議員40名は連名でOTAに「自然療法」を調査する専門プロジェクトを発足させました。議員たちはこう主張した。
「『通常療法』では『治らない』とされた末期ガン患者が、自然療法でたくさん『治っている』。議会はこれらの療法のことを詳しく調べ、国民に知らせる義務がある」

****************************************************************************

アメリカでは、ガン療法に自然療法が当たり前に取り入れられています。

日本では、まだまだ自然療法をする人は、変わり者というレベルです。

しかし、私は、自然療法こそが人間として一番自然体であると思います。

動物だって、野生が自然の状態なのです。

自然な状態では、ガンも出来ないのですから、自然の生き方をすれば良いだけなのです。

既に出来てしまったガン、血液の汚れも、自然のものを使ってキレイにすることが、体に優しい療法です。

野生の動物は、病気にならないように出来ています。

人間も同じです。

自然の生き方をしていれば、病気にはならないのです。

野生動物を見習うことです。

野生動物は、食べ物を獲るのにも体を動かしています。

体を動かすことで、体温の調整もしているのです。

人間もじっとしていては、血流が悪くなり、体温が下がってしまいます。

運動不足は、老廃物の排出も出来ず、結果、ドロドロの血液をつくってしまいます。

食べた分は動かなくてはいけません。

最低でも1日1時間は歩くことをおススメします。

下半身を鍛えることで、血流が良くなり、毒素が排出されやすくなります。

そして、動物は、いざ体に不調を感じたら、巣穴に入って断食をします。

空腹になることで、免疫細胞が働き、修復をしてくれることを知っているからです。

そして、食べることはエネルギーを無駄に使い、命を削ってしまうことも本能で感じています。

人間も同じです。

運動だけをすれば良いわけではありません。

断食だけをすれば良いわけではありません。

総合的にバランスよくやっていくことです。

ガンでお困りの方からご相談をいただきますが・・・

実は、まだまだ実践していないことがたくさんあります。

悩んでもガンは治りません。

悩めば悩むだけ、直感が鈍ります。

黙々と実践あるのみです。

忘れてはいけないことは、執着を捨て楽しむことです。

そして、化学物質を出来るだけ避けた生活をすることです。

未だにシャンプーやリンスを使っていませんか?

シャンプーはお湯シャンや石けんで充分です。

簡単で安全なお湯シャンプー

パサつきが気になれば、薄めたお酢をリンス代わりに使ってみてください。

女性の皆さん、未だに市販のナプキン使っていませんか?

安心安全な生理用品を選ぶことも大切です。

毒が体内に入るのは、食からだけではありません。

経皮毒は排出することが困難な毒です。

子宮に溜まっていきますよ。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

さんまの効能

今が旬のサンマ

お財布にも優しく、美味しい魚ですね

冷たい海中の魚の脂肪は、凝固しにくい不飽和脂肪酸です。

サンマには、良質の不飽和脂肪酸であるEPAやDHAがたっぷり含まれています。

EPAは、血液中のコレステロール抑え、血液の流れを良くして血栓ができにくくします。

DHAは、脳細胞の成長を促し、脳を活性化させます。

これらは、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞の予防によいとされています。

そして、サンマは、魚の中でもトップクラスといえる高タンパクで、ビタミンのA、D、EやB群を多く含んでいます。

これらは、皮膚や粘膜、骨粗鬆症予防、目などにも働きかけてくれます。

また、抗酸化作用により、ガン予防も期待できますね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんになって気付き変えたこと

外的ストレス、内的ストレス、大気汚染、電磁波、薬品、放射線、食品添加物、水道水の塩素など、私たちの生活は、活性酸素を大量に生み出してしまう物質であふれかえっています。

過剰に発生してしまった活性酸素は細胞を酸化させてしまいガンの原因になります。

私たちの体には『抗酸化酵素』という活性酸素を無毒化にしてくる抗酸化力も備わっています。

しかし、この抗酸化力には限界があり、しかも40歳を境にどんどん減っていきます。

当然、40歳を過ぎれば活性酸素は増える一方です。

活性酸素は、生命活動の要である腸内細菌や免疫細胞まで酸化させてしまいます。

そして、T細胞が分裂する免疫器官のひとつである胸腺という臓器も委縮させてしまいます。

これら細胞の酸化、免疫機能の低下を防ぐには、抗酸化力のある物質を摂ることが必要です。

今日は、少しわたくし事を書いてみます。

私が、ガンになってからずっと続けているものは、最強の抗酸化物質と言われている『プロポリス』です。

ガンになった時は、夜が遅い生活でストレスが多く、低体温で便秘もひどかった私です。

まさに活性酸素が大量に生み出されていることを実感した私は、このままではいけない、酸化した体、汚れた血液をキレイにしていかないと、またガンは再発するのでは・・・と思いました。

ここは、今、腹を決めて取り組もう!と決心し、プロポリスを飲み始めました。

なぜプロポリスだったかというと・・・

ブラジル産プロポリスには8種の抗ガン物質が含まれていること

自然界の植物と生命のエネルギーを感じたこと

生命力の強いハチの酵素を頂けること

抗菌、抗ウイルス、抗炎症作用が優れていること

酵素、ミネラル、ビタミンなど300種以上の成分がバランスよく含まれていること

活性酸素を除去する抗酸化力が非常に強いこと

これらが、私の直感に響きました。

今でもプロポリスを飲むときは、『いつもありがとう』 と声をかけ心から感謝して自然の恵みを頂いています。

長期熟成をしたプロポリスはしっかりと生きていますから・・・

おかげさまで、ガンになってからの方が健康になり、膠原病もどこへやら・・・

ちなみに私の夫も同じようにプロポリスを飲んでいますが、20代から若白髪が多く、30代になってからは半分が白髪という状態でした・・・

プロポリスを飲みだして、1年ほどたった頃でしょうか・・・

あんなにあった白髪が気付けば随分減り、今ではポツポツ程度です。

白髪は体が酸化している証拠ですから、プロポリスの抗酸化力を実感しました。

私の愛用 『蜂粋ゴールドプロポリス』 はこちらから

クライアントさんからも、たくさんのご報告を頂いています。

とは言え、活性酸素を増やさない生活は、プロポリスだけではありません。

睡眠の時間帯も変えました。

以前は夜遅くまで仕事をしていたのですが、今は夜は出来るだけ早く休み、その代わりに毎朝3時半に起きてすぐに仕事を始めます。

おかげさまで、毎朝、朝陽に手を合わせ感謝することができ、そしてエネルギーを頂いています。

運動を心がけました。

とにかく運動が苦手な私は、当然運動など全くしませんでした。

どこへ行くのも車ですから歩くこともなかった状態ですから、血流が悪くなるのも当然です。

肩凝り、便秘が酷かったのも運動不足だったのでしょう。

今は、毎日40分歩いています。

ただ歩くというのでなく、目的を持った方が続きます。

私の場合は、夫と一緒に毎日神社にお礼参りをしています。

食事を変えました。

元々、お肉はあまり食べる方ではないのですが、とにかくパンや乳製品が大好きだった私です。

朝はがっつりトーストで、お昼もパン食が多かった私ですが、現在は基本は1日1食です。

夕食のみです。

少食が免疫を上げる はこちらから

夕食は、酵素がたっぷりになるように、キャベツの千切り、納豆、お豆腐、お味噌汁は必ず頂きます。

生きた味噌や塩麹などを調理に使い、発酵食品を意識的に摂っています。

お休みの日は子ども達との時間も楽しみたいので2食、3食頂きますし、お付き合いなどで外食もします。

そんな時は、翌日は断食をするなどして自分で調整しています。

心の持ち方を変えました

これが一番、大変なことかもしれませんが、だからこそ、ここが変わればすべてが変わると感じました。

心の持ち方が変われば、自然とガンが治る生活、生き方になります。

すべては意味があって起きていることだと捉えることが出来ると、愚痴や不平不満も減ります。

意味があって起きていることだと捉えることが出来ると、すべてに感謝が出来るようになります。

感謝やありがとうは感情の中の最高峰です。

ありがとうの言霊は、副交感神経を働かせ、喜びを増やしてくれます。

喜びの心は細胞を活性化してくれます。

1日1万回 ありがとうを・・・

私の経験が皆様のガン治しのお役に立てれば嬉しいです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

かぼちゃと子豆のいとこ煮

「かぼちゃと小豆のいとこ煮」

材料は、かぼちゃ、小豆、塩、はちみつ少々

小豆はひと晩 お水につけておきます

本来は、かたい小豆から煮て、後からかぼちゃを入れていくのですが、私は土鍋を使うので同時でも充分、小豆はやわらかくなります

いとこ煮とは、かたい材料から煮詰めていく煮物です。

おいおいに煮る意味から「おいおい」➡「甥々」

野菜同士、つまり親戚同士から、「いとこ煮」と言われるようになったとか・・・

面白いネーミングですね

かぼちゃは、β-カロチン(ビタミンA)が豊富なほか、ビタミンB1、B2、C、カルシウム、鉄などをバランスよく含んだすぐれた野菜です。

なかでもβ-カロチンには、免疫力を高める働きがあります。

また、抗酸化作用も優れているので、ガン予防にも良いとされています。

小豆は、腎臓に良いとされ、古い血液を浄化し、有害物質を体外に排出してくれる働きがあります。

かぼちゃと小豆は、ガン予防に良い組み合わせですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)