毒素を排出してくれる食べ物

食品にも、交感神経を優位にするものと、副交感神経を優位にするものがあります。

交感神経を優位にする代表的な食品がお肉(酸性の食品)です。

食品添加物など、細胞に攻撃する化学物質も交感神経を優位にさせます。

副交感神経を優位にするのは、野菜(アルカリ性の食品)です。

そして、交感神経と副交感神経のバランスをとりやすくする食べ物が玄米です。

生きた玄米は生命エネルギーがあり、交感神経をほどよく刺激してくれます。

また食物繊維がたっぷりな玄米は、腸のなかの有害物質を吸収し排泄を促します。

消化されにくい玄米を摂ると、消化管の働きが高まるため、副交感神経が優位になり、血行も良くなります。

ただし、消化機能が低下している人、胃腸が弱い人は、5分づきなどで様子をみながらすすめると良いでしょう。

また、生姜やニンニク、梅干し、ネギ といった刺激がある食品を摂ることで、胃腸の働きが活発になり排泄機能が高まります。

これも胃腸が弱い人は刺激にもなりますので、自分の体の声を聴きながら自分に合った方法をみつけることをおススメします。

人は皆、食べる時間や量、消化機能、排泄機能、体温といったようにそれぞれ違います。

自分の体に何が合っているか、試してみて体の声を聴いてみることが大切です。

私たちは毎日の食事によって、自律神経が影響を受けています。

そして、感謝していただくことを忘れず食事を楽しみたいですね。

なぜプロポリスは日本人に愛され重宝されるのか・・・

https://www.qualitypro.jp/puroporisu-gakkaihoukoku/

ご覧ください。

ご相談・ご質問は

電話 0849251271 

(プロポリス認定アドバイザーが詳しくご説明します)

私が毎日愛飲する・木樽熟成プロポリスの飲み方

https://www.qualitypro.jp/puroporisu-nomikata/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

食は生きる源・がんの元

私たちは食事をすると胃腸で消化されます。

そして血液に吸収されていきます。

この血によって肉にあたる体内のあらゆる器官、臓器が養われています。

血が汚れると細胞の働きも低下します。

栄養が不足すれば、60兆個の細胞も栄養不足を起こし、さまざまな障害がでてきます。

癌もそのひとつ

現代人は、食べ物に不自由することもなく、しっかりと栄養を摂っているように思われます。

ですが・・・

ジャンクフードの普及、食卓の欧米化によって高カロリー、低栄養の状態になっています。

戦後、圧倒的に動物性食品の摂取量が増えている日本

同時に心臓病、糖尿病、癌などの慢性病が増え続けています。

動物性食品に含まれる飽和脂肪酸が血管内でかたまり、栄養の運び抑制させ、高カロリー、低栄養、そして血液も汚してしまっているのです。

「腐る」という字は、府のなかに肉と書きます。 

五臓六腑の腑  

消化器系に肉が入れば腐る、と昔の人は表現したとか・・・

食を変えれば、がんを防ぐことが出来ます。

食を変えたことで、がんをなおした人がいます。

食は生きる源

誤った食を、病気という形で教えてくれているのかもしれませんね。

私は低栄養の状態をいち早く底上げするためにプロポリスの力を借りました。

少しずつの積み重ねが、1日3回 1年365日ともなると大きな違いとなりますね。

まずは夕飯を見直してみませんか??

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんは、体の究極な酸化現象

がんは、体の究極な酸化現象です。

だから・・・

抗酸化物質が必要なのです。

抗酸化物質といえば、フィトケミカル

フィトケミカルとは、野菜、果物、穀物、海藻、お茶やハーブなど、植物性の食品の色素や香り、アクなどの成分から発見された天然の物質です。

米国立がん研究所は、1980年頃からフィトケミカル(生命を維持するために必要な栄養素としてはまだ分類されていない成分)の安全性と有効性、適用性についての評価が始まりました。

野菜や果物に含まれるフィトケミカルには、抗ガン性を示すものも多くあるとか・・・

野菜や果物の色素や辛味成分がフィトケミカルです。

トマト、ニンジン、ピーマン、ネギなど濃い色の野菜は、抗酸化力がすぐれており、体内で抗酸化物質として作用します。

トマトの赤はリコピン、ニンジンのオレンジはカロテン、ブルーベリーの青はアントシアニン、トウモロコシの黄色はルテイン

免疫力のアップなど、健康維持・改善に役立つことが期待され、さまざまな研究が進んでいます。

疫学的研究によれば、野菜や果物などに含まれるフィトケミカルはガンの危険性を減少させるともいわれています。

抗がん剤(パクリタキセル)もセイヨウイチイの木から発見されたフィトケミカルだそうです。

毎日の食事でフィトケミカルの有用性をしっかりと活用していきたいものです。

私もがんになったとき、初めて究極な体の酸化と、フィトケミカルの重要性を知りました。

現代の野菜は、農薬や化学肥料、除草剤の影響で残念ながら栄養価が激減しています。

だから、私は植物のフィトケミカルと蜂の唾液からできた酵素、そして300を超える栄養素をもつプロポリスを毎日摂っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自然界の恩恵を受け、生命を存続できたことに感謝

プロポリスは殺菌力が非常に強く、ミツバチがウイルスやバクテリアなどの外敵から巣を守るためにつくられます。

また巣のなかの温度調節や女王蜂の子育てにも役立てられています。

一方、人間界でプロポリスは民間療法として世界中で古くから受け継がれています。

日本癌学会でもブラジル産プロポリスについて発表がおこなわれ、プロポリスとがんは医師の間でも注目されるようになりました。

その注目すべき成分が、ケルセチン、カフェイン酸フェネチルエステル、クレロダン系ジテルペン

その後にも医学大学名誉教授によってアステピリンCがプロポリスに含まれていることが明らかにされています。

以降、臨床医によってがんをはじめとしたさまざまな病気に対する研究がすすめられ、実際の臨床例も数多く寄せられています。

私たち人間は、体の皮膚や臓器の新陳代謝など、多くが酵素によって繰り広げられています。

またエネルギー作りを含め、酵素の働きに欠かせないのがミネラルの存在です。

プロポリスには生命活動に欠かせない酵素、ミネラルが豊富に含まれおり、その他にも50種類以上のフラボノイドや各種のビタミンなど、300の栄養素と80余種を超える有用成分があることが判明しています。

効果というものは1つ2つの成分だけで出ることは考えにくく、多くの成分が相互作用して発揮します。

だから、私はプロポリスを飲みました。

何より、生命の存続に必要な自然界のパワーが必要だったからです。

自然界の恩恵を受けれたことに心から感謝しています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

合成甘味料が使われていませんか?

日本人は、1日に100種類近い食品添加物を摂っていると言われています。

食品添加物は、便利さ、安さだけでなく、添加物が欲しくなる体にさせていきます。

特に人工甘味料は依存性が高い食品添加物です。

お酒やタバコ、麻薬と同じです。

人工甘味料は脳に作用し、知能の低下やキレる人間をつくってしまいます。

脳に作用するわけですから当然、これだけではなく、脳全体の機能低下をさせてしまいます。

特に人工甘味料の中でも問題となっている「アスパルテーム」は、砂糖の180~200倍の甘さがあります。

使用量が砂糖の約1/200で済むことからダイエットタイプの飲料や食品に使われています。

甘いのにカロリーなしとは、不自然な物質だと感じませんか?

この甘味料アスパルテームは、失明や死亡、腫瘍、脳障害、頭痛、卵巣収縮、不眠症、鬱、知能低下などの影響もあるとの見解を示しており、危険な食品添加物であると指摘されています。

アスパルテームだけでなく、人工甘味料はいずれにせよ危険であることは間違いありませんあせる

体に良いと思って、あえて毎日飲んでいるもの、食べているものに人工甘味料が使われていないか確認してみると良いでしょう。

高価なものであっても、体に良いと言われているものであっても、意外と使われていたりします。

原材料を自分できちんと確認することが大切です。

不自然なものは避ける方が安全ですね!

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長のブログ

塚本みづほ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

発がん物質を避ける・がんを治す食事

正しく食べることこそが命を救う

私たちにとって良い栄養とは何でしょう・・・

日本人の3人に1人は癌で亡くなっています。

そして、40歳以上の3人に1人は予備軍を含む糖尿病

糖尿病から癌を招く危険度は高く、癌が死亡原因の1位を占める理由は、糖尿病の多さからいっても納得できます。

これは食事を改めるしかないのです。

私たちの細胞は食べたものでつくられるます。

がん患者さんが、食べてはいけないものは、肉、卵、乳製品です。

これらは、腸の中で腐敗を起こしやすく、有害な細菌を繁殖させてしまいます。
 

悪玉菌の代表であるウェルシュ菌が増加し肉に含まれるアミノ酸を餌にして増殖し、アミン、スカトール、アンモニア、硫化水素などの毒素を発生させるのです。

結果、血液を汚し癌を悪化させてしまいます。

動物性たんぱく質こそが、史上最悪の発癌性物質である・・・マクガバン・レポート

動物性食品には、繊維質がありません。

繊維質を考えても植物性たんぱく質を摂ること人人間の体には適しているのです。

植物性たんぱく質は、必須アミノ酸のすべてを含んでいます。

人間の体は、代謝システムをつかって植物性たんぱく質から必須アミノ酸のすべてを引き出すことが出来まるのです。

動物性たんぱく質のように転換効率は高くなく、植物性たんぱく質はゆっくりですが、着実にたんぱく質を合成できます。

いずれにせよ、がんになったら肉・卵・乳製品は避ける

健康な人も、がんにならないために肉・卵・乳製品は抑える

また、その他にもに癌なったら絶対に絶対に避けたい食べ物

食べたものが病気をつくり、病気をなおします。

知らずに食べ、悪くさせないよう自分の体のためにしっかりと知って頂きたいと思います。

毎日の食事を大切に、総合的健康食品を活用して、カロリーを栄養に変える

私の愛用品はこちら
https://www.qualitypro.jp/health-food/

大自然の恵み・自然界の波動をしっかりと受け取ることが出来れば、がんは治るのです。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとオフィシャルブログ

塚本みづほ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

食物繊維で免疫を上げる

日本人の便の量が減っていると言われています。

約70年前に比べると、約半分だそうです。

これと同時に、日本人の食物繊維の摂取量は半分以下に減っています。

私たちの便のなかは、生きた腸内細菌が半分、死んだ腸内細菌が半分と言われており、便そのもの量が減ったということは、腸内細菌そのものも減少しているということです。

それに合わせて、免疫力も下がっています。

免疫力の7割は腸でつくられていますから、腸内環境が悪くなると当然起こりうる現象です。

これが、ガンが増えた原因です。

腸内細菌を増やすには、発酵食品は勿論のことですが、食物繊維をたっぷりと与えることです。

食物繊維には2種類のものがあります。

【水溶性の食物繊維】

水溶性の食物繊維の特徴は発酵しやすいことです。

そして、腸にゆっくり届くので腹持ちが良く、糖の吸収も和らげてくれます。

海藻類、オクラ、里芋、モロヘイヤ、納豆などのネバネバ食品、アボガド、ごぼうなどの野菜です。

【不溶性の食物繊維】

強い繊維によって、食べ物のカスや細菌の死骸などをからめとりながら、便となって排出してくれます。

不溶性食物繊維が不足すると便の量が減ります。

キノコ類、海藻類、玄米、豆類、野菜、こんにゃく、おから、さつま芋、バナナなどです。

特に腸内細菌は、水溶性の食物繊維を好むようです。

しかし、腸内環境を良くするには、水に溶ける食物繊維と水に溶けない食物繊維、両方が必要です。

どんなに発酵食品をとっても食物繊維が不足すると活躍しにくくなります。

ガン予防には、海藻や豆類、野菜をまんべんなく、しっかり摂ることをおススメします。

腸内にカスが溜まるとガンの原因になります。

また、ガンをなおしたい人は、特に腸内をキレイにすることに取り組むといいですね。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

千島学説から学ぶ腸の重要性

現代医療の常識

【赤血球は骨髄でつくられ、細胞は増殖して増え続ける】

ガンは増殖し続けるのか・・・

千島学説 千島喜久男博士

【赤血球は無核であるが、その無核赤血球から有核の白血球を生じ、さらに生体すべての体細胞や生殖細胞が生じる】

全く違う考え方です。

千島学説をもとに病気が良くなった人が多くいるにも関わらず、現代医療では無視し続けられてきたことは残念でならないことです。

そのような中でも、この千島学説【赤血球分化説】を徹底検証したのが森下敬一医学博士です。

森下敬一先生の実験結果

『骨髄で血液はつくられていない』

『腸管造血』説です。

しかし、この理論は半世紀に渡り封印されてきました。

この復活を願い広く世に訴えるのが、船瀬俊介氏・安保徹博士・竒先生が呼びかけ人となり立ち上がった新医学宣言です。

ガンは治りやすい病気であること

ガンは血液の汚れ・ガンは断食が効果的・体には塩が必要

どれも納得できるお話でした。

第二の脳と言われる腸

それだけ腸は賢い臓器なのです。

この腸が造血機能から排泄機能までしています。

腸とガンの関係もここにあります。

汚れた血液がガンをつくります。

造血器官である腸が汚れていてはどうでしょう・・・

排泄器官である腸が汚れていてはどうでしょう・・・

キレイな血液はつくれません。

腸の中に毒素が溜まっていてはさらに血液が汚れてしまいます。

ガン患者さんの腸は汚れています。

ということは、腸をキレイにすればよいということです。

まずは、温熱や健康食品などの力を借りて、腸の中に溜まっている毒素の排出をする

私の愛用品はこちら
https://www.qualitypro.jp/health-food/

断食も効果的ですね。

まずはプチ断食から・・・

そして、腸を汚す食べものは避けることです。

動物性の食品は腸を汚してしまいます。

特に肉、卵、乳製品、油料理は腸の中で腐りやすくなります。

食べたものが腸の中で腐ると有害なガスが発生します。

この有害なガスが毒となりガンを発症させてしまいます。

ま農薬や添加物も腸を汚染してしまいます。

腸を汚してしまう食事は避けなければけませんね。

また、ストレスも腸を汚す原因のひとつです。

不平不満、愚痴、不安、イライラのストレスは交感神経が優位になります。

交感神経優位の状態は解毒の妨げになってしまいます。

スムーズな排便を促すにも副交感神経をしっかり働かせる生き方が必要です。

そして、適度な運動と下半身をしっかり温めることです。

今日から毒だし生活をしてみませんか?

体の毒、心の毒を出すことがガン治しの近道です。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんが退縮する時

人は十人十色であり、すべて違います。

当然、ガン治しも十人十色

みんな違います。

色々なガンの方の相談を受けてきて、この方は治るだろうな・・・この方は大丈夫だろうな・・・

と私の中で感じるものがあります。

もう少し時間が必要な方だな・・・と感じる方であっても私は強制はしません。

ただ、気付いて頂けるように導くだけです。

痛みが愚痴や泣き言をごぼさせてしまうこともあります。

寂しさや不安が故につい出てしまう

また、聞いて欲しいのでしょう。

私が聞くのは構いませんが、果たしてその愚痴や泣き言が自分にとってプラスに作用するでしょうか?

痛みだって意味があり起きていることなのです。

その愚痴、泣き言が痛みを強くさせていませんか?

痛みを理由に動かない生活をしていませんか?

体温を下げてしまう生活、生き方をしていませんか?

これらをを少しずつ気付いて頂けるよう、また悟って頂けるよう導きます。

今までの生き方をきちんと反省されているクライアントさんは、皆さんとっても素直で、はっと気付かれます。

人はいきなりは変わりません。

失敗し、また学び、実践し・・・の繰り返しです。

後は、黙々と取り組むことです。

ガン治しは、ガンとの闘いではありません

自分自身の心と体の会話です。

克服、またはガンと共生されている方には共通点があります。

・食を見直した人

・栄養補助食品を上手に使った人

・体を温めた人

・生活・生き方を変えた人

・心の持ち方を変え全てを前向きにした人

・直感を信じ素直に実践した人

・全てに感謝する人

・朝陽を拝む人

ガンが治るのは、自分が今まで生きていた常識、生き方が根底から覆されたときです。

そして、執着が外されたときです。

自然退縮は奇跡ではなく、自分の心と体の会話がしっかりと出来たときに起きます。

食の見直しも大変なことかもしれません。

しかし、人生に少しだけ辛抱しなくてはいけない時もあります。

辛抱した人が幸せを手に入れるのです。

食の見直しは、我を捨て、体をいたわるということです。

生活の見直しは、我を捨て、体をいたわるということです。

自然の恵みを頂く食事は、心と体にとってとても優しい食事です。

早寝早起きは、細胞が活性化され、心と体にとってとても優しい生活です。

そして、朝陽を拝める最高の生き方です。

朝陽は、忘れかけていた感謝という心を蘇らせてくれます。

朝陽は、忘れかけていた生命という力を蘇らせてくれます。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ナチュラルキラー細胞を活発に

ガン検診をすすめるポスターをあちこちで見かけますね。

今月は、乳ガン検診、来月は、胃ガン検診、再来月は、大腸ガン検診

年に1回、ペットCT・・・

こんな会話をよく耳にします。

マンモグラフィなどの検診は、発ガンリスクが上がることを知っていて受けているのかは疑問ですが・・・

検診を真面目に受けることが、ガン予防や健康維持になると思っていませんか?

食生活の乱れが大きい人ほど、やたらに検診に通っている気がします。

ガンになる食生活をしている自覚があるから検診に通うのでしょうか・・・

検診に通うことに力を注ぐより、食事や生活を見直すことが、まずは大切だと思います。

きちんとし食事、生活、適度な運動を心がけていれば、そんなに不安に思うこともないのでは・・・

ガン細胞は、どんな人であれ1日数千個から数万個、毎日つくられています。

免疫という力が働いてくれているおかげで、ガンにならずにすんでいるのです。

血液のなかで働いてくれている免疫細胞たち

このなかに、ガン細胞となった異常細胞を発見しては、攻撃してくれているナチュラルキラー細胞という頼もしい細胞がいます。

このナチュラルキラー細胞たちが、しっかりと働ける環境を整えるのは、宿主である私たちなのです。

私たちは、食べたものが栄養となり血液、そして細胞をつくっています。

だから、しっかりと食べた方がいいのでは・・・と思いがちですが、それは違います。

私たちがお腹いっぱい食事をすれば、その栄養は血液にいき、ナチュラルキラー細胞もお腹いっっぱいになります。

お腹がいっっぱいになると、眠くなり、動きたくなくなりますよね・・・

ナチュラルキラー細胞も同じなのです。

栄養が運ばれ、お腹いっぱいになったナチュラルキラー細胞も、動きが鈍くなります。

ガン細胞となった異常細胞を見つけても、攻撃しなくなるのです。

つまり、食べ過ぎは、ぐうたらなナチュラルキラー細胞をつくってしまうのです。

ナチュラルキラー細胞に的確に働いてもらうためには、食べ過ぎないことです。

ガン予防は、検査をすることではなく、食べ過ぎないことからです。

もちろん、食べ過ぎだけでなく、食事の質も大きく影響します。

ガン細胞が大好きなお砂糖たっぷりのスイーツを食べたり、ガン細胞が喜ぶ冷たいものを飲んだり、ガン細胞が元気になるお肉を食べたり・・・

これが、ガンの道です。

こんな食事をしながら、改めることもなく、心配だからとガン検診に行く・・・

何か矛盾を感じます。

そこにも税金が使われていることも考えるべきではないでしょうか・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)