がんを治す食事・玄米食

がん自然療法で皆さんが気にされるのは食事!

なかでも玄米についての質問が最も多くなっています。

玄米を食べてとても調子が良いと感じている方

なんとなく玄米が合わないのでは・・・と感じている方

それぞれ違います。

玄米はビタミン、ミネラル、食物繊維などを多くの栄養素を含み、健康食としてとても重要と考えます。

白米に比べると天と地の差ほど栄養は違いますね。

玄米は、白米のように急激に糖を吸収する心配がないことからもとても評価されています。

しかし、どんなに良いものであっても人それぞれ

無理をして、玄米にこだわる必要はないと思います。

玄米はまず農薬という問題をクリアする必要があります。

無農薬・無肥料の自然栽培米であることです。

有機栽培と自然栽培は違うことを知ってご確認くださいね。

玄米は、胚芽、表皮にフィチン酸という物質が含んでいます。

このフィチン酸がミネラルを奪う作用があるとか・・・ということで過去にも玄米に生物毒は賛否をよんでいます。

そして、消化の問題

子どもが食べるとよく分かりますが、噛まずに白米と同じ感覚で食べてしまうと、消化されず玄米の皮がそのまま便に出てきます。

玄米を食べるときはひと口、100回噛むと言われていますね。

玄米をきちんと噛まずに食べると、リーキーガット症候群になる可能性があります。

リーキーガット症候群とは、腸管壁にたくさんの穴があいてしまう症状です。

栄養などを吸収する大切な腸管壁に穴が開くと、未分解の毒素や、細菌まで体内に吸収してしまいます。

よって、健康状態に悪影響を・・・

ガンや肝臓病、免疫系の病気などを引き起こします。

特に大腸ガンの手術をされている方は、しっかりと自分の体と相談してみることが大切です。

毒ともなり薬にもなる玄米

世間の賛否だけでなく、自分の体の声もしっかりと聞いて判断することです。

玄米を炊くときは土鍋がおススメです。

自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

キウイは高栄養?

キウイは女性の味方

フルーツの中でもキウイは、ビタミンCの含有量はトップクラス

ビタミンCは、イチゴやオレンジよりはるかに多くなっています。

キウイは、ビタミンC以外にも、ビタミンE、カリウム、食物繊維、クエン酸、リンゴ酸などの栄養素をたっぷりと含んでいます

食物繊維だけでもバナナの2倍

あの小さな中に、高密度に栄養が詰まっています

だからキウイは、「フルーツの王様」 と呼ばれいます

キウイは、美容や腸に働きかけるだけでなく、疲労回復や風邪などの感染症の予防・回復にとても効果的とされています

しかも、キウイは農薬の影響を受けにくい果物といわれています

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

同じがんでも真逆の療法

今やガンの療法も変りつつあります。

アメリカでは、半数以上の人が、鍼灸、カイロ、ヒーリング、健康食品などの代替医療を取り入れています。

さまざまな療法を取り入れたことで、アメリカのガンの死亡率は減ってきています。

日本は、まだまだ西洋医学が常識の国

しかし、手術、抗ガン剤、放射線などつらい治療の結果、再発転移を繰り返し、そして、やっと人任せの治療ではなおせないと気付きます。

この常識を打破しようと思った時に試練が訪れます。

それは、自分自身の葛藤です。

この原因のひとつは、食事療法の違いに不安が湧いてくることです。

本やネットでの情報はたくさん溢れています。

自分が取り組んでいることと、真逆のことが書かれている本など見たことないですか?

玄米食は、栄養が豊富でガンに良い

玄米食は、腸管に穴を開ける可能性があるので危険

果物は、抗酸化作用もあり、ビタミンなども豊富で酵素もつくる

果物は、糖が高く、体を冷やす

糖は、摂ってはいけない

黒糖は、摂った方が良い

野菜は、生で食べる

野菜は、根野菜を中心に火を通して食べる

塩は、必要

無塩食にする

見れば見るだけ、迷ってしまいます。

病院での治療をやめ、自分でなおす覚悟はしたものの、不安が襲ってきます。

迷い、悩むほど、ガンなおしに大事な直感を鈍らせてしまいますね。

基本的に、何が正しいというものはないと思います。

大事なことは、自分にあったものを自分が選択して、人や情報に振り回されないこと

自分を信じることです。

絶対に食べてはいけない、食べると危険であるものだけは除いて、後は自分の体の声を聞きながら、実践です。

そして、自分の体に合っていないと思ったら、修正するだけです。

人は、みんな体質が違います。

ガンになった原因も違います。

だから、自分が選択したことを信じて取り組むこと

人と比べないことです。

取り組みも、疑いながらやっていたのでは、せっかくの効果が出なくなりますね。

「思考が、信念となり、やがて現実をつくる」

現実をつくっていくのも自分自身です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631
 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

牛乳は体にいいの?

牛乳を飲んで骨を丈夫にしましょう

こんな言葉にのせられた時代

朝食に牛乳

給食で牛乳

おやつに牛乳

牛乳をたくさん飲んできた世代が、今、ガンになっています。

牛乳は、カルシウムが摂れるどころか、飲んだだけカルシウムを奪ってしまいます。

これは、牛乳に含まれるたんぱく質やナトリウムが、カルシウムを排出させてしまう働きがあるとか・・・

それなのに、骨を丈夫にすると言って、牛乳摂取をどんどんすすめられてきた世代

牛乳は、ホルモン剤や抗生剤を投与された牛のお乳です。

牛乳には、ホルモン剤や抗生剤がたっぷり含まれていることを知っておく必要がありますね。

今、骨粗鬆症、そして乳ガンが増えているのが現実です

飲めば飲むだけ毒素が溜まり、ガンも出来るでしょう。

良いと思って子ども達に飲ませていた牛乳

大切な子ども達に、ホルモン剤と抗生剤を飲ませているのと同じです

後になって後悔の無いようしていきたいですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

プロポリス300の栄養素

私を救ってくれたプロポリス

ガンの方が、多く飲まれていると聞き、私も飲みだしたのがきっかけです。

今でも変わらず毎日、感謝して頂いています

プロポリスには300もの栄養素と80余りの有用成分が含まれています。

【体を構成する栄養素】

アミノ酸(ロイシン・イソロシン・リジン・チロシン・アスパラギン酸等)

【体の機能を正常に働かせる】

ビタミン(A・B1・B2・B6・ナイアシン・パントテン酸・D・E・K・P等)

【生体に欠かせない元素】

ミネラル(カルシウム・カリウム・ナトリウム・鉄・マグネシウム・亜鉛・リン等)

【必須脂肪酸】

脂質(リノール酸・リノレン酸・yリノレン酸・アラキド酸等)

【生命活動に深く関係する】

酵素(アミラーゼ・カテプシン・リパーゼ・トリプシン等)

【注目】

フラボノイド(ケルセチン・ケンフェロール・イソフラボン類・カテキン類等)

*生命活動には酵素が必要ですが酵素を働かすにはミネラルが必須です。

そして、木の樽で長期熟成した 【蜂粋ゴールドプロポリス】

粒子の細分化で吸収が良くなります

こちらが、熟成期間の短い蜂粋プロポリス

こちらが、10年以上かけて木樽で長期熟成させた蜂粋ゴールドプロポリス

粒子が高密度で、濃度も高くなっているため、深く広く広がっていくのがわかります

味噌や醤油と同じように、杉樽でじっくり長期間熟成させることに、大きな意味があるのです

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

貧血にレバー⁇

「貧血になるとレバーを食べると良い」

「血をつくるには、レバーを食べろ」

そんな風に聞いていませんか?

レバーは、牛や豚、鶏の肝臓です。

肝臓の役割は、体の毒素を集め、体に害を与える有害物質を排出する働きをしています。

つまり、体のなかで最も毒素が集まる場所

毒素がたっぷり集まった、肝臓を食べるということは、あえて自分に毒素を入れるということですね

貧血に、よい食べ物はいくらでもあります。

健康を考えるなら、動物性の食べ物より、植物性の食べ物を摂るよう心掛けたいものです

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

便利な干しエノキダケ

干しエノキ茸は、とっても美味しくて便利です

エノキ茸には、「エノキタケリノール酸」という成分が含まれているそうです。

「エノキタケリノール酸」は、体内のアドレナリンと脂肪酸がくっつき、内臓や皮下脂肪のダイエットに効果があると言われています。

ダイエットの脂肪燃焼効果は、生エノキ茸より干しエノキ茸の方が高いと言われています。

さらに、干したエノキ茸には、不溶性食物繊維が非常に多く含まれており、腸内環境を整えてくれます。

干しエノキ茸は、レンチナンという抗ガン作用を多く含み、代謝を活性させるビタミンB1もシイタケの1.5倍もある健康的な食品です。

干しエノキ茸の出汁は、とても上品な味になりますね

また、干しエノキ茸は、おやつ感覚でそのまま食べても美味しいですよ

まとめて干しエノキ茸をつくって保存しておくのもいいですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

紅茶と生姜の相乗効果

ちょっとした体調不良やエアコンで冷えた体を温めるには 「生姜紅茶」 がおススメです

紅茶に生姜汁を入れるだけですで、血流がよくなり冷えた体を温めてくれます。

甘みが欲しい方はハチミツをおススメします。

紅茶は体を温めてくれる飲み物です。

だから寒いヨーロッパでは紅茶を飲むことが習慣になっているのです。

茶の茶葉には、新陳代謝を整え、体の成長をサポートするために必要な栄養素がたくさん含まれています。

カルシウムやカリウム・ビタミンB1・B2・ナイアシンなどのビタミン類やミネラルがその成分です。

抗酸化力も高く、利尿作用もあり毒素の排出にも優れています。

そして生姜は体を温めるには抜群の食材であり、血流を良くしてくれ、内臓の働きも活性化してくれます。

生姜は消化も助けてくれたり様々な効能があるので保存しておくと便利ですよ!

生姜は痛みもとってくれる優れもの

体を温める紅茶と生姜でダブル効果です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

酵素とミネラルの関係

酵素はどうやって摂ればいいですか?

酵素ジュースを飲んだ方が良いですか?

と、よく聞かれます。

確かに、酵素は体にとって非常に重要な役割をしています。

酵素の働きは2種類に分類分けされます。

ひとつは、唾液や膵液などの消化液に含まれている消化酵素

この消化酵素は食べたものを消化し、栄養を取り込んむ仕事をしてくれています。

もうひとつは、細胞をつくる代謝酵素です。

代謝酵素は生命活動の中で重要な働きをしています。

消化酵素が取り込んだ栄養素をもとに、細胞をつくったり、傷んだ細胞を修復したり、また毒素を排出する仕事もしてくれています。

私達の体は、食べたもので栄養を取り込み、細胞や血液をつくっています。

体内の酵素が少なければ、当然、細胞の修復が出来ません。

また、毒素の排出も出来なくなります。

そのくらい酵素は重要な役目をしてくれているのです。

酵素が人間の自然治癒力に大きく関わっていることは言うまでもありません。

だからこそ、酵素を重要視されている方が多いのですが

実は・・・

酵素はミネラルがないと活性化されません。

知らなかったという方が非常に多く、野菜やジュースで食物酵素を取り込んでいるから大丈夫!と思われていたようです。

今の日本の食事は、加工食品が多く、しかも野菜そのもののミネラル量が非常に低くなっており、ミネラルが充分に摂取出来ない食事になっています。

これが、ガンが増えた原因です。

ミネラルが不足すると生命活動に影響が出てきます。

酵素も働かなくなります。

どんなに良い酵素を取り入れてもミネラルがないと酵素が活躍出来ていない状況になっているのです。

この様な状況は、エネルギーが燃焼できず、免疫力も下がってしまいます。

体温を上げるためにもミネラルは絶対に必要な栄養素なのです。

ミネラルは足りていますか?

酵素とミネラルはセットと言ってもよいでしょう。

サプリメントも1種類のものより、総合的にバランスがとれた天然のものをおススメします。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんで絶対にたべてはいけないものを食べていませんか?

2人に1人が癌になり、3人に1人が癌で亡くなる時代

誰しもが宣告受ける可能性を持っています。

2人に1人という割合ですから、可能性はかなり高いわけです。

ですから、もっともっと癌と言う病気を知っておく必要があると思います。

そして、治療はどんどん進歩しているにも関わらず、増え続ける癌患者と助からない命に疑問を持つべきです。

人生の選択は、自分でするもの

それなのに治療に関しては、自分の体であるにも関わらず病院に任せてしまう方がほとんどです。

その前に選択するということすら知らない方がほとんどです。

病気をすれば症状を抑える対症療法を受けるのが当たり前になっていて、病気になった原因は放ったまま

原因がそのままである以上、治らないのです。

また、薬は病気を治してくれません。

薬の飲み過ぎは、血流を低下させ、血液を汚してしまい癌をつくります。

再発転移を繰り返します。

薬によってもまた新たな病気をつくってしまうのです。

病気が治らない、またつくられる原因は薬だけではありません。

砂糖、精製された小麦、白米も病気をつくる原因になります。

私たちは、毎日数千個から数万個の癌細胞を生んでいます。

この癌細胞が、分裂をする原因のひとつが砂糖・小麦・白米の主成分であるグルコースです。

癌細胞の分裂を抑え、がんを治したければ砂糖や小麦、白米を避ける必要があるということです。

がんの方のお見舞いに、ケーキやプリンなど持っていっていませんか?

これは癌細胞を増やすことになります。

癌である本人であっても実は知らない人が多く、とても残念に思います。

病院では教えてくれないこと

2人が1人がんになる今の時代ですから、知っておく必要がありますね。

特に食事は毎日のこと

砂糖以外にも、絶対に食べてはいけないものを知らず知らずに食べている

その小さな積み重ねが良くも悪くも結果を招くのです。

小さな毎日の積み重ね 大切にしたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)