引き算の医学がNK細胞も活性化

まずは9割の医療を引き算!

***************以下 いのちのガイドブックより引用******************************

「地上から9割の医療が消え失せれば、人類は間違いなく健康になる」

メンデルソン博士の言葉を思い出してください。

つまり、現代医学の9割が不要なのです。

それどころか有害無益です。

日本の医療費40兆円のうち、36兆円は不要です。

世界の医療費、推計1000兆円のうち900兆円は不要ということになります。

これが引き算の医学なのです。

新医学への第一歩です。

**********************************************************************************

薬が足し算の医療であるなら、引き算の医療はファステイング(断食)です。

薬、添加物、食べ過ぎ、ストレスなどが足し算された毒素

これらを引き算する断食は心と体の毒素を排出します。

生まれてから足し続けてきた毒

この毒素を排出しなければ自然治癒力も働きません。

心身ともに浄化させなければならないということです。

断食でガンを治った人もいますから、どれだけ足し算の生き方がマイナスを生んでいたのかがよく分かります。

ガンのエサはブドウ糖以外にないという

そのブドウ糖を増殖させているのが、悪玉タンパク質をだそうです。

タンパク質が関与してブドウ糖を出させ、ガンを増殖させてしまう。

この悪さをするタンパク質をカットするには、断食しかないということです。

また、断食をするとどんなことが起きるかというと

くっついた赤血球が離れて、毒素が腸内に流れ込み、宿便となって排出されます。

脂肪細胞もどんどん減り、正常化していきます。

空腹時が細胞活性のチャンスです。

私たちの体の中を常にパトロールしてガン細胞を発見しては食べてくれているNK細胞

このNK細胞も空腹時にしっかりと役目を果たしてくれています。

私たちは、食事をすると眠くなったり、だるくなったりします。

それと同じく、私たちが食事をして血液を通し栄養が運ばれてくると、NK細胞もお腹いっぱいになり働き方が鈍くなってしまいます。

NK細胞をしっかり働かすためにも少食、または断食が効果的だといえます。

数カ月に1度、3日断食をします。

私の場合は水と塩と活性酸素を除去する抗酸化物質のみ摂取しています。

3日経過後は心身ともにスッキリです。

私の場合は、断食終了翌日あたりに一気におトイレで毒素が排出されます。

まずは腹7分目の少食から始めてみるのも良いでしょう

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女社長 塚本みづほのブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自己治癒力と血液の汚れ

① ナチュロパシー(自然療法)

② オステオパシー(整体療法)

③ サイコパシー(心理療法)

④ ホメオパシー(同種療法)

⑤ アロパシー(薬物療法)

さまざまな療法があります。

①から④の療法は、自然治癒力を高めることで病気を治す療法です。

自然治癒力とは、人間が生まれながらにして持っている、ケガや病気を治す力です。

手術を施したり、人工的な薬物を投与したりしなくても治る機能のことであり、「自己治癒力」

とも呼ばれています。

誰もが持ち備えているものです。

菌やウイルスが体内に侵入したら、菌やウイルスを死滅させるために熱を出し、咳や鼻水で外に出そうとします。

ケガをすれば、傷口はやがてかさぶたになり、傷が治ります。

これが自然治癒力です。

この自然治癒力を高めるためのに、玄米菜食などの食事療法や健康食品、温熱、鍼灸、気功など①から④の療法があります。

アメリカのガン治療では、①から④の自然治癒力を高める代替療法は当たり前に使われています。

アメリカの医師の半数以上が健康食品など積極的に摂ることを薦めているのですから、日本とはガン治療も随分違います。

西洋医学一辺倒から脱出したアメリカはガンの発症もガンの死亡率も減ってきています。

いかに自然治癒力が大切なものかがよく分かります。

一方、⑤のアロパシー(薬物療法)は、残念ながら人間の自然治癒力を落としてしまいます。

石油製品である薬物が入ると、私たちの体は体温が下がってしまいます。

体温が下がると、自然治癒力、いわゆる免疫力が低下します。

血流も滞り、さらに血液を汚してしまいます。

また、薬物が体に入ると、活性酸素が大量に生み出されます。

この活性酸素が必要以上に増えると、細胞が酸化して体内の機能が低下します。

そして活性酸素が細胞核の遺伝子を傷つけ、ガンという異常細胞を作ってしまうのです。

これらを考えても薬物療法一辺倒のガン治療は、かなりの再発リスクを背負っていることがわかります。

私は、基本的に①から④の療法が人間らしい治療であり、人間に一番似合った療法だと思っています。

これらの素晴らしい療法がかき消されてきたのも、石油利権、医療利権によるものであり、私たちも洗脳され育ってきました。

日本人は、薬物療法だけに頼り切ってしまうところがあり、病院任せ、人任せの治療になりがちです。

石油製品である薬物を人間の体に入れれば害を及ぼすことは、考えればわかることです。

薬は悪魔でも症状を抑えるだけの対症療法であることを忘れてはいけません。

早く簡単に美味しく作れる化学調味料や添加物いっぱいの現代の食と同じで、病気も薬で簡単に症状を抑えてしまい、熱も痛みも薬でとってしまう・・・という選択になってしまっています。

しかし、根本から治したとはいえません。

それどころが、本来働くはずの自己治癒力を弱らせてしまっています。

病巣を切ったり、抑え込んだりしても、病気の原因である血液の汚れがある以上、必ずまた病気は襲ってきます。

まずは、汚れた血液をキレイにすることです。

血液の汚れを起こしている原因が必ずあります。

この原因の50%は心の部分ではないでしょうか・・・

残りの50%は、冷え、食事、睡眠、排泄、運動、薬物などです。

これらも、実はすべて心と関係を持っています。

根底に、『ガンは自分がつくった病気である』 と自分自身に認識があれば、残りの50%も心の持ち方次第で自然と変化を起こす考えや行動が起きてきます。

治すのは自分

名医は自分自身です。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

食で治せないものは医者でも治せない

『食で治せない病気は医者も治せない』

と言われるくらいガン治しに大切なのが食事の見直しです。

5000ページにおよぶ米国上院の公式報告書 『マクガバン報告』

当時のアメリカ上院、民主党のマクガバン上院議員を委員長とした人類史上、空前絶後の調査報告書と呼ばれています。

誤った食生活で、ガンなど生活習慣病が多発

「アメリカ人を悩ます、ガン、心臓病、糖尿病などの病気の大半は、食事の間違いから起こっていた」

この報告は、ガン、心臓病、高血圧、精神病などの最大の原因は間違った食であると結論付けています。

そして、ガンの発生も死亡も20%減らすことが出来る 『食事療法』 をアメリカ政府が公的に認めたことを証明しています。

誤った食とは・・・

高カロリー、高タンパク、高脂肪

動物性タンパク質が非常に危険であることを裏づけています。

動物性の食事は、植物性の食事に比べ、ガンの発症率が8倍にも上がるという。

これは、栄養学の父とも呼ばれるフォイト氏の栄養学を覆す形となりました。

フォイト氏は、『最も理想的な栄養源は、高タンパク、高脂肪、低炭水化物』といい、動物性タンパク質が優良であると唱え
今もなお、日本では 『フォイト栄養学』 が使われ続けています。

フォイト栄養学は必要?

これがガンや生活習慣病を増やした原因です。

アメリカ政府も認めた誤った食事を未だに続けているのが日本

ガン患者にとって、食事がどれだけ影響を及ぼすか・・・

全くもって無視している日本の現状があるのです。

肉食は、すべてのガンに影響すると言えますが、中でも大腸ガンの発症率は非常に高くなっています。

若年齢の大腸ガンが、ここ最近、やたらと目につくと感じるのは私だけでしょうか・・・

これも肉食、動物性の食生活が大きく影響していることは間違いないでしょう。

食の見直し、実践も自分次第

ガン治しの自分次第ですね。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

放射能から体を守る

放射能による子どもの健康被害が関東でも心配されています。

福島市、郡山市などでは、多くの子どもが甲状腺ガンを発症しているという情報がありますが、関東にまで影響が出てきているのでしょうか・・・

福島原発事故前の子どもの甲状腺ガン発症の割合に比べ、今では145倍にもなっているそうです。

福島だけでなく、関東の子どもたちの白血球の数値も低くなってきているとか・・・

原発との関係性はわかりませんが、放射線を受けると骨髄細胞が白血球を作り出すことができなくなるのは確かですね。

いずれにしても、子ども達の健康状態は心配です。

もちろん、子どもだけでなく大人も同じです。

最近は、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都の方からのご相談が非常に増えています。

偶然ではないように思います。

なかでも30~40歳代の甲状腺ガンの方が多いように思いますが、部位はそれぞれです。

この地域は低レベルの放射線ということで、あまり意識されていなかったのではないでしょうか。

無防備できたために、数年経った今、表れてきたのかもしれません。

ガンでなくても、最近よく風邪をひくなど免疫の低下が気になる方も増えています。

ガン発症はこれからもっと増えていく可能性があります。

放射能からの体を守るためには、抗酸化物質を積極的に摂ることです。

ガンにならないように毎日味噌汁

ガンになったら味噌汁

生きた味噌を毎日摂ることをおススメします。

また健康食品を上手に活用して、自分の体は自分で守るしかないことを意識することです。

食事だけでなく、規則正しい生活と適度な運動を心がけたいですね。

風邪を引きやすい、胃腸炎を起こしやすい、そんな方は特に気を付けた方がいいですね。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ミトコンドリアをメインに

私達は、エネルギーの生成に「解糖系」と「ミトコンドリア系」の2つを働かせています。

「解糖系」は糖質からエネルギーをつくっています。

炭水化物を糖に変え、皮膚や骨髄など細胞に働きかけ体をつくるエネルギーとなります。

「ミトコンドリア系」は酸素からエネルギーをつくっています。

とても持続性に優れていて、脳や神経細胞に働きかけ持続的エネルギーとなります。

この2つが働いて私達の体は動いているのですが、年齢により瞬発力のある「解糖系」がメインで働いたり、また持続力のある「ミトコンドリア系」がメインに変わったりします。

若い時は「解糖系」でエネルギーをつくります。

だから、若い時には炭水化物であるご飯をしっかりと食べ「解糖系」を働かしていました。

しかし、40歳頃を境に今度は「ミトコンドリア系」の働きがメインになってきます。

私達が吸った酸素が血液を介して細胞内のミトコンドリアに届き、届いた酸素を使ってミトコンドリアはエネルギーをつくります。

ここで忘れてはいけないのが、ミトコンドリアは酸素と体温が揃わないと働いてくれません。

しかも若い時と同じように炭水化物をしっかり摂りつづけていると、メインが「ミトコンドリア系」から「解糖系」に切り替わってしまいます。

そこで何が起きるかというと、多くの酸素を取り込むミトコンドリア系は、解糖系がメインに登場してくると、取り込んだ酸素を活性酸素に変えてしまうのです。

つまり、炭水化物をしっかり食べていると、ミトコンドリアが誤作動を起こし活性酸素が大量に出てしまうということです。

そして、ミトコンドリアが出した活性酸素が、強い抗酸化力で細胞を酸化させてしまうのです。

するとガン、脳卒中、糖尿などの病気が発生してしまいます。

メインが「ミトコンドリア系」に切り替わる年齢にきたら、糖質が豊富な食品は控えることが健康の秘訣です。

ミトコンドリアを元気に!!

とくにガンの方はそうです。

「解糖系」はガン細胞が大好きな環境です。

メインが「解糖系」になってしまうと、ガン細胞は喜び増殖します。

ストレスを感じたら甘いもの

疲れたら甘いもの

この瞬間に「解糖系」が動き出すことを頭に入れておいて下さいね。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんを治すためには、糖質摂取の優先順位を考える

糖がガンを増殖させることは随分と話してきましたが、糖とは砂糖のことだけと思っていませんか?

パン、ラーメン、パスタ、白いごはん、うどん・・・

これらも立派な糖質です。

驚くことに、白米茶碗1杯、うどん1玉の糖質は、角砂糖に例えたら14個分にもなるそうです。

この糖質は、ガン細胞を増殖させるだけでなく、様々な害を体に与えています。

糖質を摂りすぎると腸内環境が悪くなり、通常は腸の中に定着しない菌であっても、住み着いて善玉菌の邪魔をします。

そして、腸を汚し、腸に害を及ぼす菌が住み着いてしまい、腸の壁をボロボロにしてしまいます。

腸壁の細胞が傷付きボロボロになると、腸が正常な機能を果たさなくなるどころか、吸収してはいけないものまで吸収するようになります。

通常、腸は体にとって必要なものだけを吸収して、有害なものは排除する機能があります。

しかし、腸壁の細胞が糖質の摂りすぎで傷付くと、有害なものを排除できなくなり、体に害を及ぼすものまで吸収してしまうという事態が起きてしまうのです。

これは、糖質だけでなく、農薬や添加物などの化学物質も同じように腸の壁を傷付けます。

ガン治しにとって、糖質は大きなリスクを背負うことを知っておく必要があります。

糖質は、ガン細胞のエサになり、ガン細胞を増殖させる

糖質は、腸壁の細胞を傷付け、有害なものまで体内に吸収してしまう

その他にも、糖質は、ミトコンドリア系の働きを弱めてしまいます。

ミトコンドリア系は、ガン治しにとっては重要な存在であり、とても効果的な働きをしてくれます。

しかし、糖質によってミトコンドリア系が働かなくなると、解糖系が主になって働きだします。

解糖系は、細胞分裂しやすい特徴がありますので、解糖系の働きが強いとガン細胞は分裂しやすくなります。

解糖系は糖質をつかって働きますので、糖質を摂れば摂るだけ解糖系の働きが強くなります。

これでは、ガン細胞は増える一方です。

日本人の糖質の摂取量は非常に多いと言われています。

朝昼夜きっちりと白米を食べると糖質オーバーになります。

特に朝食は、トーストや白米がメインになりがちです。

昼食も、うどん、ラーメン、パスタといったような糖質中心で済ましてしまいがちです。

間接糖とはいえ、摂りすぎは直接糖である砂糖と同じです。

忘れがちなのが、トマトやニンジン、ジャガイモなどの野菜も糖質が高いことです。

野菜で糖質を摂取しているにも関わらず、さらに白いご飯を食べると糖質だらけになります。

特にガン治しでニンジンをたくさん摂られている方は、パンや白米など、他のもので糖が加算されると完全な糖質オーバーです。

せっかくニンジンを摂っても、パンや白米などの糖で解糖系が強く働いてしまえば、ニンジンの効果は台無しです。

ニンジンなどの野菜はガン治しには非常に有用です。

ニンジンの有用性を働かすためにも、糖質摂取の優先順位と摂りすぎに注意が必要です。

同じ食べるのであれば、白米より玄米を頂く方が体にとって断然良いことは言うまでもありません。

玄米は、食物繊維が豊富なため、糖質の吸収がとても穏やかになります。

ただし、玄米は炊き方が大事です。

白米のようにそのまま炊飯器で炊いてしまっては、かえって毒になってしまいます。

玄米は、水に一定時間浸水させて、出来れば発芽状態にして、土鍋で炊きます。

バランス良い栄養と、糖質の過剰摂取の問題を考えれば、多少の手間がかかってもやはり玄米が良いという結論になりますね。

また、糖質の多い芋類や豆類であっても、食物繊維が多い食品は、糖の吸収が非常にゆっくりで穏やかですから、芋類や豆類は摂ってよい糖質食品になります。

特に50代からは、白い主食の糖質を出来る限り抑え、ミトコンドリアをしっかり働かさなければなりません。

高糖質の食事は、細胞を急速に老化させます。

傷付いた細胞や組織がガンとなります。

つまり、ガンは自分がつくった病気です。

食でつくったガンは、食で治していくのが自然の摂理ではないでしょうか。

この世にガンという病が増えたのも自然界の摂理に反した生き方だからではないでしょうか・・・

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

食は生きる源・がんの元

私たちは食事をすると胃腸で消化されます。

そして血液に吸収されていきます。

この血によって肉にあたる体内のあらゆる器官、臓器が養われています。

血が汚れると細胞の働きも低下します。

栄養が不足すれば、60兆個の細胞も栄養不足を起こし、さまざまな障害がでてきます。

癌もそのひとつ

現代人は、食べ物に不自由することもなく、しっかりと栄養を摂っているように思われます。

ですが・・・

ジャンクフードの普及、食卓の欧米化によって高カロリー、低栄養の状態になっています。

戦後、圧倒的に動物性食品の摂取量が増えている日本

同時に心臓病、糖尿病、癌などの慢性病が増え続けています。

動物性食品に含まれる飽和脂肪酸が血管内でかたまり、栄養の運び抑制させ、高カロリー、低栄養、そして血液も汚してしまっているのです。

「腐る」という字は、府のなかに肉と書きます。

五臓六腑の腑

消化器系に肉が入れば腐る、と昔の人は表現したとか・・・

食を変えれば、がんを防ぐことが出来ます。

食を変えたことで、がんをなおした人がいます。

食は生きる源

誤った食を、病気という形で教えてくれているのかもしれませんね。

私は低栄養の状態をいち早く底上げするためにプロポリスの力を借りました。

少しずつの積み重ねが、1日3回 1年365日ともなると大きな違いとなりますね。

まずは夕飯を見直してみませんか??

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ナチュラルキラー細胞を活発に

ガン検診をすすめるポスターをあちこちで見かけますね。

今月は、乳ガン検診、来月は、胃ガン検診、再来月は、大腸ガン検診

年に1回、ペットCT・・・

こんな会話をよく耳にします。

マンモグラフィなどの検診は、発ガンリスクが上がることを知っていて受けているのかは疑問ですが・・・

検診を真面目に受けることが、ガン予防や健康維持になると思っていませんか?

食生活の乱れが大きい人ほど、やたらに検診に通っている気がします。

ガンになる食生活をしている自覚があるから検診に通うのでしょうか・・・

検診に通うことに力を注ぐより、食事や生活を見直すことが、まずは大切だと思います。

きちんとし食事、生活、適度な運動を心がけていれば、そんなに不安に思うこともないのでは・・・

ガン細胞は、どんな人であれ1日数千個から数万個、毎日つくられています。

免疫という力が働いてくれているおかげで、ガンにならずにすんでいるのです。

血液のなかで働いてくれている免疫細胞たち

このなかに、ガン細胞となった異常細胞を発見しては、攻撃してくれているナチュラルキラー細胞という頼もしい細胞がいます。

このナチュラルキラー細胞たちが、しっかりと働ける環境を整えるのは、宿主である私たちなのです。

私たちは、食べたものが栄養となり血液、そして細胞をつくっています。

だから、しっかりと食べた方がいいのでは・・・と思いがちですが、それは違います。

私たちがお腹いっぱい食事をすれば、その栄養は血液にいき、ナチュラルキラー細胞もお腹いっっぱいになります。

お腹がいっっぱいになると、眠くなり、動きたくなくなりますよね・・・

ナチュラルキラー細胞も同じなのです。

栄養が運ばれ、お腹いっぱいになったナチュラルキラー細胞も、動きが鈍くなります。

ガン細胞となった異常細胞を見つけても、攻撃しなくなるのです。

つまり、食べ過ぎは、ぐうたらなナチュラルキラー細胞をつくってしまうのです。

ナチュラルキラー細胞に的確に働いてもらうためには、食べ過ぎないことです。

ガン予防は、検査をすることではなく、食べ過ぎないことからです。

もちろん、食べ過ぎだけでなく、食事の質も大きく影響します。

ガン細胞が大好きなお砂糖たっぷりのスイーツを食べたり、ガン細胞が喜ぶ冷たいものを飲んだり、ガン細胞が元気になるお肉を食べたり・・・

これが、ガンの道です。

こんな食事をしながら、改めることもなく、心配だからとガン検診に行く・・・

何か矛盾を感じます。

そこにも税金が使われていることも考えるべきではないでしょうか・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

発がん物質を避ける・がんを治す食事

正しく食べることこそが命を救う

私たちにとって良い栄養とは何でしょう・・・

日本人の3人に1人は癌で亡くなっています。

そして、40歳以上の3人に1人は予備軍を含む糖尿病

糖尿病から癌を招く危険度は高く、癌が死亡原因の1位を占める理由は、糖尿病の多さからいっても納得できます。

これは食事を改めるしかないのです。

私たちの細胞は食べたものでつくられるます。

がん患者さんが、食べてはいけないものは、肉、卵、乳製品です。

これらは、腸の中で腐敗を起こしやすく、有害な細菌を繁殖させてしまいます。

悪玉菌の代表であるウェルシュ菌が増加し肉に含まれるアミノ酸を餌にして増殖し、アミン、スカトール、アンモニア、硫化水素などの毒素を発生させるのです。

結果、血液を汚し癌を悪化させてしまいます。

動物性たんぱく質こそが、史上最悪の発癌性物質である・・・マクガバン・レポート

動物性食品には、繊維質がありません。

繊維質を考えても植物性たんぱく質を摂ること人人間の体には適しているのです。

植物性たんぱく質は、必須アミノ酸のすべてを含んでいます。

人間の体は、代謝システムをつかって植物性たんぱく質から必須アミノ酸のすべてを引き出すことが出来まるのです。

動物性たんぱく質のように転換効率は高くなく、植物性たんぱく質はゆっくりですが、着実にたんぱく質を合成できます。

いずれにせよ、がんになったら肉・卵・乳製品は避ける

健康な人も、がんにならないために肉・卵・乳製品は抑える

また、その他にもに癌なったら絶対に絶対に避けたい食べ物

食べたものが病気をつくり、病気をなおします。

知らずに食べ、悪くさせないよう自分の体のためにしっかりと知って頂きたいと思います。

毎日の食事を大切に、総合的健康食品を活用して、カロリーを栄養に変える

私の愛用品はこちら
https://www.qualitypro.jp/health-food/

大自然の恵み・自然界の波動をしっかりと受け取ることが出来れば、がんは治るのです。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとオフィシャルブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんは、体の究極な酸化現象

がんは、体の究極な酸化現象です。

だから・・・

抗酸化物質が必要なのです。

抗酸化物質といえば、フィトケミカル

フィトケミカルとは、野菜、果物、穀物、海藻、お茶やハーブなど、植物性の食品の色素や香り、アクなどの成分から発見された天然の物質です。

米国立がん研究所は、1980年頃からフィトケミカル(生命を維持するために必要な栄養素としてはまだ分類されていない成分)の安全性と有効性、適用性についての評価が始まりました。

野菜や果物に含まれるフィトケミカルには、抗ガン性を示すものも多くあるとか・・・

野菜や果物の色素や辛味成分がフィトケミカルです。

トマト、ニンジン、ピーマン、ネギなど濃い色の野菜は、抗酸化力がすぐれており、体内で抗酸化物質として作用します。

トマトの赤はリコピン、ニンジンのオレンジはカロテン、ブルーベリーの青はアントシアニン、トウモロコシの黄色はルテイン

免疫力のアップなど、健康維持・改善に役立つことが期待され、さまざまな研究が進んでいます。

疫学的研究によれば、野菜や果物などに含まれるフィトケミカルはガンの危険性を減少させるともいわれています。

抗がん剤(パクリタキセル)もセイヨウイチイの木から発見されたフィトケミカルだそうです。

毎日の食事でフィトケミカルの有用性をしっかりと活用していきたいものです。

私もがんになったとき、初めて究極な体の酸化と、フィトケミカルの重要性を知りました。

現代の野菜は、農薬や化学肥料、除草剤の影響で残念ながら栄養価が激減しています。

だから、私は植物のフィトケミカルと蜂の唾液からできた酵素、そして300を超える栄養素をもつプロポリスを毎日摂っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)