がんで食べてはいけないもの

知っていてか、知らずかわかりませんが

ガンになったら、絶対に食べてはいけないものでも、楽しそうに食べている姿を見て、こちらが戸惑ってしまうことがよくあります。

勉強していますか?

家族の人も勉強するべきだと思います。

ミュンヘン大学のフォイト博士の『もっとも優れているのは動物性タンパクである』とする現代のフォイト栄養学

このフォイト栄養学はヨーロッパ全体の栄養学として確立したのですが、日本も明治以降フォイト栄養学で取り入れてきました。

これが、そもそもガンをつくった原因です。

『動物性タンパクこそが史上最悪の発ガン物質である』

チャイナ・スタディより

そして、ガンは、糖をエサに増殖します。

砂糖は、ガンを大きくさせます。

砂糖はガンの方に限らず、「百害あって一利なし」

そのくらい、砂糖は心にも体にも悪いのです。

当然、ケーキやアイスクリームを食べると、ガン細胞は増殖します。

このくらいいいかな・・・

その1個のケーキでも、ガン細胞は糖をしっかりと吸収しています。

ケーキやアイスクリームには、糖以外にも乳製品が多く含まれています。

この乳製品も、動物性の食品であり、ガンを増殖させてしまう原因のひとつです。

ガンの方のお見舞いにも、お砂糖を使ったお菓子は禁物です。

ガンの時、食べてはいけないものの代表的なものは、砂糖と動物性食品ですが、実はもっと危険
なものがあります。

ガンの方は絶対に食べてはいけないもの

クライアントさん、おひとりおひとりに伝えると、今まで知らずに食べていた人がほとんどです。

なんて、怖ろしい・・・

無知は、とても怖いことです。

最初は、すごく驚かれますが、なぜいけないのか、を説明すると、とても納得されます。

人生には、ひととき辛抱しなくてはいけない時があります。

それが、今であることを自覚することが大事ですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ゴマの抗酸化力

さまざまなお料理の脇役で使われているごまですが、もっと積極的に使う価値があることをご存知ですか!?

ごまに含まれるゴマリグナンには活性酸素を除去する力があります。

つまり、活性酸素によって酸化していく体を、ごまの抗酸化力で酸化を防いでくれるのです。

水溶性の抗酸化物質である、ビタミンCやカテキンなどは血液中の活性酸素を除去してくれます。

一方、ごまのゴマリグナンは、血液中ではなく、肝臓に届いて、はじめて抗酸化作用を発揮してくれます。

肝臓で働いてくれる抗酸化作用は、様々な面で大きなパワーを発揮してくれるでしょうね

肝機能が向上することで、肌の細胞の代謝を促進し美容にもとても良いと言われているごま

しかもお手軽に使え、何にでもよく合うごま

白いご飯にも野菜にも、しっかりとごまをかけて頂きたいですね

ごまの硬い外皮をすって使うと、消化・吸収がされやすくなります。

このひと手間が、ごまのパワーをさらに活かすことになるのですね

例えば、すりごまと、はちみつを混ぜると、ダブルの抗酸化作用が期待できます

お湯で溶いて飲んだり、パンにぬったり、またお料理の味付けにもよいですね

たかがごま、されどごま

ごまのパワーをしっかり頂きたいですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

発酵食品で放射能除去,抗酸化食品

原発事故以降、発表された急性白血病は、7000件から16000件までこの数年間で跳ね上がっています。

最近は、千葉、茨城、埼玉、東京方面からの癌のご相談がとても増えています。

放射能との関係性があるのかどうかははっきりとはわかりませんが急激に増えてきたことには疑いをもってしまいますね。

放射能は5年後から急激に病気を増やすことがわかっています。

今がその時期に入ってきているのではないでしょうか・・・

低線量の被曝は、実は一番怖ろしいともいわれていますが、低線量であるがゆえに知らずに過ごしているのが現状です。

放射能と言えば、甲状腺ガン、白血病と思いがちですが、リンパ腫や乳ガン、また精神にも影響をもたらすと言われています。

放射能は怖いですね。

しかし、検診で自ら放射線を浴び、癌になっても放射線治療を受ける・・・

矛盾を感じます。

癌を防ごうと思ったら、自ら体内に放射能を入れないこと

そして、入ってしまった放射能は早く体外へ出すことです。

低線量の放射線を長時間に渡り体内に入れると、遺伝子の異常が起きます。

高線量の放射能被曝より進行すると言われています。

野菜などの放射能は、発酵食であるお漬物にしたり、酢漬けにすることである程度、除去できます。

放射能を除去出来るのは、抗酸化物質です。

生味噌などの抗酸化食品を毎日摂られることが放射能除去に役立ちます。

また、健康食品など有効に活用されることをおススメします。

関東ではこれからガン発症が急激に増えることは予測されています。

自分の体は自分で守るしかありません。

抗酸化物質を毎日摂り入れ、栄養、運動を心がけ、体内に入れた放射能を常に出すことをおススメします。

私の愛用品はこちらから

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

少食でナチュラルキラー細胞活性化・腹7分め

少食が病気を防ぎます。

腹八分で医者いらず、腹六分で老いを忘れ、腹四分で仏に近づく

食べ過ぎは癌をつくる原因になります。

カロリーを60%に制限をしたマウスは、100%のカロリーを与えたマウスに比べ、2倍長生することが1935年コーネル大学の調査でわかっています。

私たちは食事をすると、栄養素が胃腸から血液に吸収され、細胞がつくられています。

白血球のなかのナチュラルキラー細胞は、私たちの体内をパトロールして癌細胞をみつけては食べて処理をしてくれています。

食事によって白血球に栄養がとり込まれると、私たちと同じようにナチュラルキラー細胞も満腹感を得ます。

ナチュラルキラー細胞もお腹がいっぱいになると、癌細胞を発見しても見向きもしなくなります。

癌細胞を食べるナチュラルキラー細胞は、空腹の方がしっかりと食べて活躍してくれるのです。

ナチュラルキラー細胞に限らず、免疫細胞は空腹時に活性化されると言われています。

ですから癌細胞だけでなく菌に対しても同じことが言えますね。

お腹が減った白血球は、癌細胞や菌を見つけると一生懸命食べてくれます。

これが免疫力です。

免疫を上げるためには、1日のなかで空腹の時間をつくることです。

3食きっちり+デザート、そして間食の生活が、免疫細胞の働きを悪くし、病気を増やしてしまいます。

そして、現代は食べれば食べるだけ、添加物も摂ってしまう食生活です。

余分なものを入れないためにも、お腹がきゅーっとなる時間をつくり、食事は腹7分目を心がけることをおススメします。

がんを治す生き方で、ナチュラルキラー細胞を活性化することです

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

バナナ便でがんを抑制

腸をしっかりと働かせていますか?

ガンになったらするべきことです。

なぜなら・・・

腸は、免疫の7割をつかさどっている重要な存在だからです。

実は、私たちの腸管にいる腸内細菌たちが大きな活躍をし、免疫向上に働きかけてくれています。

ガンをはじめとする、さまざまな病気は免疫の低下から起きています。

つまりは、腸内環境が乱れているということですね。

しっかりとしたバナナ便が出てますか?

ガンと便の量は大きく関係しています。

便を健康的に出してくれる腸内細菌には、強い抗酸化力があります。

腸内細菌が減り、腸内環境が乱れると、抗酸化力が弱まり、活性酸素を除去出来なくなります。

活性酸素は、正常細胞の遺伝子に傷をつけ、ガン細胞をつくっていきます。

活性酸素が大量に放出されると、体が酸化し、ガン細胞が増えます。

体を酸化から守るには、腸内環境を整え、しっかりと抗酸化力を高めることです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

降圧剤とがんの関係

日本で最も多い病気とされる高血圧症の方は約4000万人と言われています。

高血圧症と診断されると、血圧を下げるための降圧剤を飲むようすすめられます。

日本人は50歳以上の約40%の人がこの降圧剤を飲んでいるともいわれています。

これだけたくさんの人が降圧剤を服用するようになったのは、最高血圧の上限が引き下げられたことが原因です。

以前は160だったのが、150、140台・・・といったように高血圧と診断されるラインが変わってきています。

降圧剤をやめたいと思っていても、高血圧は心臓病や脳卒中などの危険を考えてしまうため、怖くてやめれないという意見をよく聞きます。

それだけ私たち日本人は高血圧は怖いものだと思っています。

しかし、最近では高血圧の誤解も少しずつ知られるようになりました。

脳の血管に血栓が詰まって、組織に酸素や栄養が届かなくなり、さまざま障害が生じてしまう脳梗塞

血管に血栓ができることは意外にも多いのですが、詰まることを防ぐために血栓ができても圧力を高めて、血を送り出し、血栓を押しながら流しています。

そのために血圧は高くなるのです。

しかし、降圧剤で無理に下げられてしまった血圧は、血栓を押し流すだけの圧がなく、結果、血管を詰まらせてしまいます。

降圧剤を飲み続けていると、認知症になる

ということを最近はよく耳にしますね。

つまりこれは、降圧剤によって血液の流れが悪くなり、酸素や栄養が行き届かなり、脳の機能が低下してしまった結果なのです。

認知症だけでなく、癌になる可能性も高くなってくるので、要注意ですね。

血流が悪くなり、酸素が不足し、栄養も送られなくなるので、癌細胞が大好きな低体温、低酸素の環境が出来上がってしまうのです。

癌の死亡率も上がってしまうようです。

高血圧、降圧剤をやめたいといったご相談はとても多いです。

薬ではなく、日常の生活のなかでコントロール出来るといいですね。

血圧は年齢+90 と 安保徹先生も言われています。

数値だけに振り回されず、自分の体の声を聴くこともとても大切です。

私の愛用品はこちらから

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん細胞には抗酸化物質を・酸化を押さえる

菜食主義の人に必要な成分は、良質な油脂です。

肉などを摂っていた人が菜食に変えると体に様々な変化が起きてしまいます。

肌、頭皮の乾燥、爪の変形など・・・

そんなとき、良質な油脂を含む食品が必要となってきます。

良質な油脂を最も摂りやすい食品といえばゴマです。

ゴマといえば、がんを治す食事には欠かせない食品のひとつですね。

ゴマは、がんや胃潰瘍に有用な成分を多く含んでいます。

またゴマに含まれるリノール酸は、血管壁に付着したコレステロールをきれいに洗い流し、弾力性のある丈夫な血管をつくる作用があります。

そして、最も酸化しにくいといわれている油がごま油です。

これは、ごま油にたっぷり含まれる抗酸化物質のおかげです。

がんは、体の酸化現象から起きた病気です。

生きている以上、体は酸化し続けます。

しかし、食べるものによって酸化を抑えることは出来きます。

酸化に強い食品はこちらから

サビがついて、茶色く変色してしまった細胞を、きれいな細胞に戻してあげることも可能です。

さびたままの細胞を放置しておくと、癌という病気を引き起こしてしまうのです。

酸化を防いだり、正常に戻していくには、抗酸化物質といわれるものを毎日しっかり摂ることをおススメします。

●ごま ●キャベツ ●納豆 ●わかめ ●にんにく ●しょうが ●人参
●かぼちゃ ●そば など・・・

ただし、現代の野菜類は栄養価が非常に低くなっていますので、フィトケミカルを多く含む健康食品やサプリメントを一緒に摂ることをおススメします。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

電子レンジの危険性

どこの家庭にもある電子レンジ

1日何回使ってますか?

1回使うごとに、ガンに近づいているかもしれませんよ

電子レンジは、食品の栄養を壊してしまいます。

電磁波によってビタミン、ミネラル、酵素が失われてしまうのです。

それどろか、食品に使っているサランラップやビニール袋、プラスチック容器からは、恐るべき発ガン物質が発生します。

電子レンジを使うと、その発ガン物質が食品に溶け込むのですから、怖いですね

電子レンジを禁止している国もあるくらいですから、危険なものであることは認識した方がいいですね!

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

セロトニンを活性化してがん治し

腸内環境を整えると、改善される病気があります。

腸は、とても賢い臓器

腸内の環境が良くなると、セロトニンという物質が増えてきます。

セロトニンとは、心のバランスを整えると言われている伝達物質で、精神面において大きな影響与えています。

心の安らぎや安定など、心身に働くセロトニンは 『幸せホルモン』 とも呼ばれています。

ですから、セロトニンが不足すると、鬱や不眠症などの精神疾患に陥りやすくなります。

また、攻撃的な心になると言われています。

負の心、攻撃的な心は、ガンの道です。

このセロトニンは、90%が腸に存在し、脳をはじめとするさまざまな器官に運ばれています。

心が不安定な人、攻撃的な人は、腸内環境、つまり腸内細菌の状態が悪くなっている可能性が大ですね。

・仕事をしていても眠い

・小さなことでも、すぐにイラッとくる

・人と会うのが億劫

・掃除などがめんどうで苦痛

・体を動かしたり、外に出るのが苦痛

・自分が嫌い

思い当たる点があれば、セロトニンが不足しているかもしれません。

セロトニンは、豆や魚などに含まれる必須アミノ酸とビタミンで合成されています。

しかし、このような物を食べても、ストレスや食品添加物から発生する活性酸素が多量に出ていては、セロトニンを保つことが難しくなります。

セロトニンを活性化する食べ物を摂るだけでなく、活性酸素を除去する抗酸化作用のある食品を摂ることが大切で
す。

抗酸化作用のある食品はこちらから

【幸せホルモンは、ガンをなおしの強い味方】

腸内環境を良くすることが、心の安定へと繋がっていきます。

もっと言えば、腸内細菌は、免疫力の7割をつくっています。

腸内環境を良くすれば、精神面だけでなく、免疫力も上がるということです。

私は、毎日夕食には納豆と塩麹をつかったものを頂くようにしています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

お漬物で腸内環境を整え、抗酸化力を高める

腸は、免疫の7割をつかさどっている重要な存在です。

私たちの腸管にいる腸内細菌たちが大きな活躍をし、免疫向上に働きかけています。

腸内環境が乱れていると、免疫低下が起き、ガンをはじめとする、さまざまな病気をつくってしまいます。

私たちの体は、常に活性酸素を生んでいます。

この活性酸素は、正常細胞の遺伝子に傷をつけ、ガン細胞をつくっていきます。

活性酸素が大量に放出されると、体が酸化し、ガン細胞もどんどんと増えてしまいます。

実は、腸内細菌は、活性酸素を除去してくれる強い抗酸化力をもち、重要な役割をしています。

ですから、腸内細菌が減ってしまうと、抗酸化力も弱まり、活性酸素が除去出来なくなるのです。

ガンの原因である活性酸素から体を守るには、腸内環境を整え、しっかりと抗酸化力を高めることですね。

抗酸化力の高い食品はこちらから

腸内細菌を増やすにはヨーグルトと思われがちですが、ヨーグルトは腸のなかで腐敗しやすい食べ物です。

腸のなかで腐敗しやすい動物性の食べものは、有害なガスを発生させてしまい、血液が汚れ、内臓の機能が低下て、ガン細胞をつくってしまいます。

ガンの方は尚更、腸のなかで腐りやすい動物性の食べ物は避けるべきですね。

腸内細菌を増やしてくれるのは、植物性の発酵食品です。

日本のお漬物は、最高の植物性発酵食品ですね。

なにより日本人の腸は、植物性のものを摂るように出来ています。

また、腸内環境はガンだけでなく、不安神経症や鬱とも大きく関わっています。

セロトニンの9割は腸に存在すると言われています。

このセロトニンは、幸せの物質と言われているのもですね。

つまり、腸の働きと、心の働きは繋がっているとうことです。

現代は、強いストレスにさらされ生きています。

だからこそ、腸を整える食べ物を摂ることは、心と体にとって非常に重要と言えますね。

自分の手で混ぜ、自分に合ったお漬物が一番良い菌です

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)