子どものシロップ剤は抵抗ない?

甘いものは、体に悪いから!

飴やチョコレートなど甘いお菓子、ジュースは小さな子供に与えないよう制限されているお母さん

正解ですね!

お砂糖は脳を破壊してしまいますから

でもね…

病院で出されたシロップ剤は、なんの抵抗もなく飲ませてるお母さん

実は、シロップ剤にも、ジュースなどに使われている甘味料 果糖ブドウ糖液が使われていますよ!

薬を使わない薬剤師・宇多川久美子先生のご著書にも…

子どもが飲みやすいように甘くしたシロップ剤は簡単に腐るので、防腐剤を入れます。

そして、見た目がいいように「赤色◯号」などで色をつけるのです。

と書いてありますよ!

錠剤も同じですね

甘味料、防腐剤、着色料を気にしてお菓子やジュースは与えないよう気をつけているのに、こんなところにも使われてますよ!

それ以前に、お薬って本当に危険はないのか考えてみた方が良いですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんは自分で治す意識が大切

本当にこのままでいいのですか?

と言いたくなるような方がたくさんいらっしゃいます。

病院での標準治療しか知らない

だから病院から、もうこれ以上出来ることはない、と言われたから終わりだと思ってしまう

なおらない、しかも状態は悪くなっているにも関わらず、西洋医学に依存している

ガンは自分でなおすという意識が絶対に必要です。

そして、ガンの療法は自分で学び選ぶものです。

病気は薬でなおす、病気は病院でなおす、と育てられた日本人は何の疑いもなく西洋医学一辺倒でガン治療をしている人が大半です。

アメリカは違います。

ガン治療には、半数以上の人がヒーリングやアロマ、健康食品などを使った代替医療を取り入れています。

どんな治療をしても、免疫を高めなければ意味がないということです。

つまり自然治癒力を高めるということを大切にしています。

日本人も遅れながらも少しずつ気付き始めています。

ガンでつらい治療をしたにも関わらず、亡くなっていく人を見て疑問が出てくるものです。

私もその一人でした。

私が目にしたカリフォルニア大学のハーディン・ジェームス博士の衝撃的な言葉

「治療を拒否した患者の平均余命は12年6カ月である。しかし外科手術、その他の(ガン)治療を受けた患者は平均すると治療後わずか3年しか生きていない」

「原因は手術による外傷が、生体の防衛機構に影響したためである、と私は考える。人体には本来、あらゆる種類のガンに対抗する防衛機構が備わっているのだ」

その言葉は衝撃でもあり、考えるきっかけとなりました。

確かに、この前まで元気だった人が手術と同時にどんどん弱り、数ヶ月後にガンが再発

そんな方も少なくありません。

ガンは切ったら治る、そう思っていたはずです。

一方、末期で手術不可能と言われたことを機に、すべての治療を断り、食事や健康食品、運動、温熱など自分に合った自分療法を見つけ元気に過ごしている方もいます。

この差は、まさに免疫力です。

そして、毒だしが出来ているかどうです。

「ガンは自分でなおす」 この意識がすべてを変えますね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ナスと味噌のコンビネーション

原産はインドで、日本へは奈良時代に中国を経由して渡ってきたそうです。

なすは、『正倉院文書』の中にも出てくる、由緒あるお野菜ですよ

なすの紫紺色の皮には、ナスニン(ポリフェノールの一種)というアントシアニン系色素が含まれています。

アントシチニンは活性酸素の働きを抑制し、ガンや動脈硬化、高血圧などの生活習慣病を予防する効果があります。

ガン予防に良いと言われているなすですが、体を冷やす作用をもっています。

のぼせなどにはおススメですが、食べ過ぎると体を冷やしてしまい、ガン予防には逆効果となります。

冷やす作用を活用して、軽い火傷には、冷蔵庫で冷やしたなすで湿布をするといいですよ!

我が家のなす料理

ゴマ油でなすを焼き、水で溶いた生味噌をさっとかけ、さいごにゴマをふりかけます。

器に盛ったあとに、抗酸化のネギをたっぷりのせて完成です

なすと生味噌の愛称は抜群です

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

オクラは夏野菜の中の優れもの

夏のお野菜だと知らない方も多いくらい、今は1年を通していつでも手に入るオクラ

オクラが露地栽培できるのは、6月から8月あたりですね!

オクラといえば、あのネバネバが特徴です。

オクラのネバネバには、ガラクタン、アラバン、ペクチン、といった水溶性食物繊維がたっぷり

水溶性食物繊維は、整腸作用を促すので便秘の方やガン予防にはいいですね!

そして、有り難いのが、オクラに含まれるβカロテンは、なんとレタスの3~4倍もあり、抗ガン作用を有すると言われています

ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・カルシウム・カリウム・マグネシウムなど、多くの有用成分をを含むオクラは、万能野菜といってもいいですね

免疫力をアップさせる効果もあり、夏のお野菜なかでもオクラはなかなかの優れものです

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

気づかぬところに遺伝子組み換えが使われている

遺伝子組み換えが体に良くないことは、今や誰でも知っている事実ですね

遺伝子組み換えのものは買わない、と言われる方がほとんどでしょう。

しかし、気付かないうちに食べているかもしれませんよ

スナック菓子・油など安全ですか?

『遺伝子組み換えコーンで、ネズミに巨大腫瘍・・・!』

ゴルフボール大の腫瘍が複数、ネズミに発生しています。

フランスのカーン大学研究チームが解明した遺伝子組み換えコーンの決定的発ガン性です。

200匹のマウスを用いて飼育実験でメス群50~80%に巨大腫瘍が出現したのです。

~いのちのガイドブック 新医学宣言より~

気付かないところで、子ども達に食べさせていたら大変ですね

スナック菓子など必要のないものは、摂らないことが一番ですね

出来る限り安心なものを・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

食べ過ぎとがんの関係

お休みが続くと楽しさのあまり、ついつい食べ過ぎたりしますね。

楽しさの反面、いつものリズムが狂うことで、体の弱いところに不調が出たりします。

特に、食事や運動、睡眠時間など生活を見直されてきた方

長いお休みで、外食が続いたり、運動不足になったり、夜更かししたり、逆に寝すぎたり・・・

少し体調に変化を感じていませんか?

リズムを狂わすことで体の不調を感じられるということは、日々の生活スタイルが自分にとっては良いスタイルであるとも言えます。

リズムを狂わすことは、決して良いこととは言えません。

しかし、自分にとって、体調の良い食事、生活スタイルが再確認が出来るきっかけには大いになるでしょう。

また、暴飲暴食によって吹き出物、アレルギー、下痢などの症状が出ていませんか?

これは、人間の免疫システムが働いているからこそ起きる症状のひとつです。

私たちの体は、免疫が働き、外からの細菌やウイルスから体を守ってくれています。

また、体内に入ってきた異物からも守る働きをしてくれています。

食べ過ぎると、食べ物ですら異物と判断され、異物を体外に出そう出そうとする体の防御反応が働きます。

この反応は、体を守ってくれるための反応だと捉えれば、本当に有り難いことです。

体のメカニズムと自分自身の体の反応の本当の意味に気付くことで、自分にあったガン治しが見つけらます。

体に合う物、合わない物は人それぞれ違いますが、食べ過ぎは病気をつくります

食べ過ぎが関係するのは生活習慣病だけだと思っていませんか

「なぜ、食べ過ぎがガンと関係するのか・・・」

食べ過ぎは体の免疫を下げ、酵素の働きも低下させてしまいます。

酵素は、食べたものを消化するときにも使われています。

また酵素は、ガン細胞など、細胞の修復を助けてくれます。

消化の方で酵素を無駄使いをしてしまうと、少ない酵素では正常な修復が出来なくなります。

そして、何より食べるということは自分が思う以上にエネルギーを使っています。

消化にエネルギーを使うと、体の悪いところを修復しようとする自然治癒力にエネルギーがまわせなくなり、回復が遅れてしまうこともあります。

食べ過ぎは、胃腸に負担をかけるだけでなく、このようなところでも影響を与えているのです。

心身共にキレイになるには、やはり少食です。

心豊かに美しく生き生きと輝くガン治し

心身共に、魅力的な女性を目指していきたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

食物繊で腸を元気にがんを癒す

がん治しに必要なリンパ球

 

リンパ球を働かすためには➡排泄機能を上げること

 

つまり消化管にしっかり働いてもらうことです。

 

食物繊維をしっかり摂り➡消化管の働き向上➡便の量を増やす

 

それには玄米、野菜、海藻類がいいですね。

 

肉食の人の便は➡アルカリ性で➡臭いがきつくなります。

 

㏗7.5を超えるアルカリ性の便は➡まさに食べたものが腸内で腐敗していることの証明をしていますね。

 

反対に、食物繊維がしっかり摂れる玄米菜食派の人は便の量が増え、腐敗臭がありません。

 

食物繊維の影響で消化管がしっかりと長く働くため、腸内での食べ物が腐敗が無く排泄に繋がっています。

 

玄米や野菜には素晴らしい働きがあります。

 

ただ、玄米は毒素を含んでいるため、体質に合わない人もいます。

ですから、玄米菜食が良いという考え一辺倒ではなく、自分の体の声を聴いて判断することが大切です。

 

野菜は表面の農薬やワックスをきちんと落として使うことが大切です。

 

野菜は皮も葉も全て丸ごと使います。

 

それでも今の野菜は農薬や肥料の影響で、昔の野菜に比較すると栄養価が半分以下になっています。

 

できるだけ、無農薬・無肥料・除草剤不使用の自然栽培の野菜を使いたいものです。

 

足りない栄養は、私は300以上の栄養素を含んだプロポリスで補っています。

 

体内に毒素を溜めない生き方を・・・

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

抗酸化作用のある生みそ

生味噌は腸内細菌を活性化してくれる優れもの

 

抗酸化力のある生味噌

 

生味噌とは、酵母が生きているお味噌のこと

 

一般的に販売されているお味噌のほとんどが人工的に短期間で熟成させる温醸法で熟成させています。

 

ある程度熟成させたら・・・

 

今度はそれ以上熟成が進まないよう添加物やアルコールが加えられています。


発酵がストップしているので、残念ながら生きているお味噌とは言えないですね・・・
 

一年以上長期熟成させた生味噌は、酵母や乳酸菌が生きています。

 

そのため、ビニール袋に入れて常温で置いておくと発酵が進みビニール袋がパンパン膨れます。
 

まさにこれが生きている証拠なのです。



こちらが生きた 生味噌ですアップアップ

 

私は1年に2回つくります。

 

自然栽培大豆、自然栽培麹、自然塩を使って完全無農薬、無添加でつくる生味噌

 

我が家の腸を守ってくれる強い味方です。

 

年々減る日本人のお味噌の消費量…

 

減塩 ブームの影響もあるのではないでしょうか…


しかし、今や癌をはじめ様々な病気が増加しています。

 

これも日本食から洋食に変化したことも要因のひとつでしょう。

 

お味噌は身近な素晴らしい健康法です。

 

毎日お味噌汁の飲む人は・・・

 

飲まない人に比べ乳がんリスクが回避できます。

 

お味噌汁は毎日 頂きたいものです


 忙しくて、お味噌が摂れない人にはプロポリスをおススメします。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん予防に大根おろしを

大根おろしは、薬味としては定番です

酵素を効率よく摂りいれるにも大根おろしはとてもいいですね

辛いのがお好みなら先端の方を使い、辛くないほうが良ければ葉に近い方を使うといいでしょう

いずれにしても大根おろしは、時間が経つとビタミンCも減ってしまうので、食べる直前にすりおろすことをおススメします。

大根はすりおろすことで、辛みの主成分である 「イソチオシアナート」 と呼ばれる成分が生成されます。

このイソチオシアナートは、殺菌効果とともにガン細胞を抑制する効果があります。

これらは、皮と身の境にたくさん含まれていますので、皮のまま使うか、皮は薄く剥くといいですね

これからの季節は大根がどんどん美味しくなりますね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

腹七分目で免疫が・・・

腹八分で医者いらず

腹六分で老いを忘れ

腹四分で仏に近づく

と言われます。


1935年コーネル大学の調査で、カロリー60%に制限をしたマウスは、100%のカロリーを与えたマウスに比べ、2倍長生することがわかっているそうです。


私達は『白血球』により免疫が保たれています。


食事をすると➡栄養素が胃腸から血液に吸収され、それを白血球が食べます。


栄養を取り込んだ白血球➡私達と同じようにお腹いっぱいになります。


白血球のなかのNK細胞➡お腹がいっぱいになります。


そして癌細胞を発生しても➡食べようとしなくなるのです。


がん細胞だけでなく菌に対しても同じです。


人間が空腹のときには、白血球も空腹になります。


空腹時の白血球は、がん細胞や菌を見つけると一生懸命食べてくれます。


これが免疫力なのです。


免疫を上げるためには、空腹の時間をつくること


三食きちんと食べるのは、人間だけでは・・・


さらにおやつが・・・・


免疫細胞の働きはさらに悪くなり

 

結果,病気も増えてきます。


そして食べた分だけ、添加物も摂ってしまう現代の食生活


出来る限り余分なものは・・・・


免疫を高めるにも、腹八分目よりもう一歩進んで、腹七分目を心がけたいですね。


自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)