22時から3時はがん治しにとって大切な時間

【早寝早起き・早起きは三文の徳】

早起きは、朝の新鮮な氣を感じ、朝陽に感謝してエネルギーを頂くことが出来ます。

そして、早寝は生命の活性源ともなります。

私たちの体は、酵素やミネラルが働いて、22時から3時の間の細胞が作られています。

毎日どんどん発生しているガン細胞もこの時間に修復されます。

正常な細胞をつくるためには、この時間は寝ていることが大切です。

細胞が生まれ変わったり、またガン細胞が修復される時間に起きていると、正常な修復が出来なくなるだけでなく、交感神経が緊張状態になります。

夜になっても、交感神経が働きっぱなしでいると、リンパ球が増えません。

健康な体をつくりたければ、遅くても22時には床につき、細胞が活性化できる環境を整え、副交感神経を優位にすることです。

また、成長ホルモンの分泌も22時から2時までと言われています。

成長ホルモンは組織を修復し、体力を回復させることで病気への抵抗力・免疫力を高める働きがあります。

分泌される時間、つまり睡眠中に体のメンテナンスをしているのです。

22時から3時は寝る

この時間はしっかり寝て、細胞の修復、免疫力アップに心がけたいですね。

早く寝れば、早く起きれます。

朝陽を見る生活をすることが、本来の生き方なのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

共有

安心して治療を選択出来るように

安心して治療を選択出来るように

ガンの療法は自分で選択することが出来ます。

抗ガン剤、放射線、手術といった三大治療をするか、しないかも自分が決めることです。

最近は、三大治療を断る人も増えてきたように思います。

その選択は、30代、40代の女性に多いですね。

しかし、それは現実には簡単なものではなく、彼女たちが一番 悩み苦しむ部分は、実は病院との関係です。

抗ガン剤や手術を断れば、医師から、もう来なくていいです、うちでは診れません、と言われることも多いようです。

ガンという病を抱えた方は、急に状態が悪くなることもあり、急性期の治療が必要になることも充分考えられます。

ですから、医師から冷たく断られれば、不安で落ち込みます。

病院から拒否されることが怖くて、結局、自分の意思を通すことは出来なかった・・・と後悔の気持ちを言われる方も少なくありません。

事務的にする病院や医師に問題があるのではなく、今の医療では、まだその段階ではないということなのではないでしょうか・・・

もちろん、気持ちよく患者さんの希望を受け入れて下さる病院、医師もたくさんいます。

諦めず自分で探すことも大切です。

自分の大切な体ですから・・・

基本的に西洋医学と代替医療とでは、考え方が全く違います。

悪い部位をなおすということに重きを置く西洋医学

病気になった原因を取り除くことに重きを置く代替医療

両方の得意分野を融合することが出来れば、患者さんが本当に望む医療が安心して受けられるのでは、と思います。

いずれにせよ、これから求められるものは、心がある医療、患者さんの治癒力を活かす医療ではないでしょうか。

患者さんが安心できる医療が広がることをせつに願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん死亡率を減少させるには

日本の病院のほとんどが西洋医学です。

西洋医学は進化を遂げています。

しかし、その一方で西洋医学にも限界があります。

日本では、ガンによる死亡率の減少はおろか、年々増加傾向にあります

その理由は、西洋医学は、部分別の医療と対症療法だからです。

鼻の調子が悪ければ、耳鼻科で鼻水を止める薬やアレルギーを抑える薬を出してもらう

頭が痛ければ、内科で頭痛薬を出してもらう

鼻水は何のために出ているのでしょう。

体内に入ってきた有害なものを外に出そうとする反応かもしれません。

それなのに、鼻水を止めてしまうとどうでしょう・・・

体内に有害なものを閉じ込めてしまうことになります。

頭が痛くなった原因は何でしょう・・・

血流障害が原因かもしれません。

それなのに、頭痛薬を使うと、体温は下がりさらに血流が悪くなります。

薬を使うことで一時的に痛みは緩和されますが、原因がある以上、痛みを繰り返したり、症状が重くなっていくことも考えられます。

ガン治療においても、ガンになった原因を取り除くことをせず、ガンを取り除くことだけをします。

いくらガンを切ったり、攻撃をしても、原因が残っている以上、このままでは良くなるはずがありません。

一方、アメリカは代替療法先進国です。

東洋医学などの代替療法をとても重視しています。

代替療法とは、西洋医学以外の医学や医療の総称であり、漢方・鍼灸・食養生、気功、アロマ、カイロ、健康食品などが含まれます。

アメリカを中心とした先進国で、代替療法が再認識され、アメリカの医科大学の6割が代替療法のカリキュラムを導入しています。

それにより、アメリカのガン死亡率は減少しています。

これは、代替医療を活用して免疫を高めることに目を向けた結果でしょう。

日本でも少しずつ代替医療の病院が増えてきていますが、残念ながらまだまだ少ないのが現状です。

しかも保険適応がされないため、なかなか広がらないのも現実問題ではないでしょうか。

代替医療を知れば、風邪で病院に行く人も少なくなるでしょう。

そうなると、無駄に保険を使う人が少なくなる

医療費が破たん寸前の日本とって、これは意味のあることではないでしょうか・・・

ひとりひとりが学び、自分で自分の体を守ることが出来れば、自分の健康だけでなく、世の中も変わってくるということです。

ガン減少にあるアメリカを見習っていくべきですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

里芋湿布

ガンなおしにとって、里芋は切ってもきれない存在です。

里芋は、毒性を引き出してくれる作用があります。

里芋に含まれるムチンというヌメリの物質が、肝臓や腎臓の働きを助け、補益するともいわれています。

これらの性質を利用したのが、里芋パスタ(湿布)です。

【里芋パスタ】

里芋・・・適宜
生姜・・・里芋の1割
小麦粉・・・里芋と同量
自然塩・・・少々
ゴマ油・・・少々
ガーゼ

里芋は、厚めに皮を剥きます。

皮を剥いた里芋をすりおろし、生姜もすりおろして混ぜます。

その中に、自然塩を少々入れ、混ぜ合わせます。

最後に、里芋と同じ分量の小麦粉を少しずつ加えながらしっかりこねます。

目安は、耳たぶの軟らかさです。

ガーゼなどの布の上に、練った里芋を厚さ1センチくらいでのばしていきます。

体に貼り付けた時に、里芋が広がってもいい様にガーゼの上下左右3センチはあけておく方が良いですね。

あらかじめ、かぶれやすい人は、患部にゴマ油を塗っておきます。

患部に、里芋面を当てて貼り付けます。

この状態で4時間、里芋湿布の効果が保たれます。

里芋湿布の前に、生姜湿布で血行を良くしてから行うのが基本です。

湿布が冷たく感じるようであれば、カイロを上に貼るなど工夫するといいですね。

ガンなおしは、手間と時間、毎日の自助努力が大切です。

ガンは血液の汚れ

解毒をしっかりとしていきたいですね。

大自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんにならない野生動植を見習う

人間はガンを始めとしたさまざまな病気になっています。

しかし、野生動物はガンになることなどほとんどないと言われます。

この違いはなぜ起きているのでしょうか・・

自然体で暮らす野生動物

不自然体で暮らす人間

野生動物の世界には、病気をなおす薬もなければ、予防と言われるワクチンもない

野生動物は、仮に病気になっても、自己の治癒力を活かして自分でなおすしかない

人間も野生動物と同様に自己治癒力というものを持ち備えています。

しかし、知恵を使っていないのです。

物があり溢れている世の中だから、知恵をしぼろうともしないのかもしれません。

また、病気は病院でなおすもの、という固定概念が自己治癒力の活用を遠ざけてしまっているとも言えるでしょう。

薬が治癒力を奪っていることも

人間の長い歴史のなかでつくられてきたことです。

野生動物を見習えば、ガンになることも、心の病気になることもないのではないでしょうか・・・

野生動物は、本能で生きています。

人間は、本能より知恵をつかいます。

そして私たち現代人は、知恵より科学的根拠や数字に頼り生きています。

病院や薬が病気をなおす、という考えを疑うこともしない

私もそのひとりでした。

愚かな自分に気付くと、昔の人の知恵や野生動物の本能に納得ができます。

ガンをつくらない野生動物を見習えば、ガンが私たちから遠ざかっていくことは間違いないのではないでしょうか・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

正常細胞を破壊しないために

ガンになったら抗ガン剤治療をするか、しないか・・・

放射線治療をするか、しないか・・・

人間の体には、ガンに対する攻撃力、つまり自然治癒力があることを知らなければ、抗ガン剤、放射線といった治療を選ぶでしょう。

選ぶというよりも、これしかないと思っていれば当然かもしれません。

しかし、これらの治療を提供する医師たちは自分がガンになったとき、家族がガンになったとき、抗ガン剤治療は受けないと言われる方がほとんどです。

抗ガン剤の怖さをよく知っている医師たちですから、この選択は当然かもしれません。

抗ガン剤は、正常細胞も殺してしまう細胞毒と言われています。

ガン細胞も正常細胞も、あまり区別が出来ないようです。

特に成長が早い細胞は、ガン細胞との区別がつきにくくなります。

成長が早い細胞とは、増殖が活発な細胞であり、まずは血液細胞です。

そして、消化器細胞、毛根細胞です。

抗ガン剤を投与すると、脊髄の造血幹細胞が抗ガン剤の毒性によってダメージを受け、白血球など血液細胞が正常につくられにくくなります。

白血球、血小板の減少、倦怠感、不整脈、嘔吐、脱毛、肝機能障害、腎機能障害・・・などの症状がでます。

そもそもガンになる人は、白血球のなかのリンパ球が少ないわけです。

そこに抗ガン剤をすれば、さらにリンパ球は減少します。

リンパ球が減少すれば、ガン細胞と闘ってくれる細胞も減少するのです。

結果、ガン細胞が増殖しやすい環境を自らつくってしまっているのです。

抗ガン剤でガンは無くなったけれど、1、2年後また再発した、転移したというのは特に不思議なことではないのです。

ガンは消えても、同時に免疫力も無くなっていますから・・・

それだけでなく、抗ガン剤によって大量の活性酸素が生まれ、組織を広範囲に壊れてしまう

正常な細胞も破壊してしまった結果、自己治癒力も働かなくなり、感染症などを起こし亡くなる方も少なくないのです。

ガン細胞を攻撃するということは、自分の体を攻撃しているのと同じ

ガン細胞を攻撃するのではなく、正常細胞の戻してあげること

自己治癒力を上げることに目を向けると、自分の体を労わってあげることに自然と繋がります。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

子宮頚がんにならないために

子宮頸ガンの原因とされるヒトパピロマウイルス

日本女性の約8~9割が感染しているといわれるヒトパピロマウイルスですが、通常は自然に排除されるウイルスであり、特に怖がるものでもないようです。

しかし、ガンになるウイルスだと聞けば怖ろしく感じます。

ですが・・・

一番怖いのはウイルスではなく、ウイルスが排除できない自分の体

つまり、免疫力、自然治癒力がないことなのです。

起きた場所がたまたま子宮だっただけであって、自然治癒力がなければ、全身どこでガン化が起きていてもおかしくないのです。

そして、自然治癒力がない人が、検査で細胞を採取すればその傷口はどうなるでしょう。

繰り返し、しかも定期的に細胞をプチプチと切り取っていると、傷口はガン化していきます。

検査を続けた結果、異形成がガンに変化した

つまり、検査によってガンが出来ていることも充分考えられるのです。

例え検査とはいえ、細胞を切り取ることは体にとって大きなダメージを与えていることも考えるべきですね。

また、検査を含めた円錐切除も同じことが言えますね。

円錐切除後、進行ガンになったと相談を受けることは珍しくありません。

再生する力、自然治癒力を高めることに目を向けることが大事だと改めて思う瞬間です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ピロリ菌がいないと食道がん?

以前は日本人の半分ぐらいの人が、胃の中にピロリ菌をもっていたといわれます。

ピロリ菌に感染すると、胃の粘膜が薄くなり胃液の分泌量が減っていきます。

ピロリ菌をもつ人も、治療により年々低下しています。

このことにより胃ガンになる危険性は減っています。

しかし、その反面、逆流性食道炎になる人は増えています。

ピロリ菌感染がいない人は、胃液分泌が高く、胃酸が食道に逆流しやすいのです。

逆流性食道炎も長く続けば、食道ガンになる可能性も・・・

何でもほどほどがよいということでしょうか

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ミネラルを摂って酵素の働きを即す

酵素は体にとって非常に重要な役割をしています。

話題となり、酵素ドリンクなど摂られる方も増えましたね。

酵素の働きは2種類に分類されます。

ひとつは、唾液や膵液などの消化液に含まれている消化酵素

この消化酵素は食べたものを消化し、栄養を取り込んむ働きをしてくれています。

もうひとつは、細胞をつくる代謝酵素です。

代謝酵素は生命活動の中で重要な働きをしています。

消化酵素が取り込んだ栄養素をもとに、細胞をつくったり、傷んだ細胞を修復したり、また毒素を排出する働きをしています。

私たちの体は、食べたもので栄養を取り込み、細胞や血液をつくっています。

体内の酵素が少なければ、細胞の修復や、毒素の排出も出来なくなります。

この重要な酵素をしっかりと働かせるには、ミネラルが絶対に必要です。

ミネラルがないと酵素は働きません。

つまり、ミネラルが不足すると生命活動に影響が出てくるということです。

納豆、漬物、生野菜などで酵素を取り入れても、ミネラルが足りていないとせっかくの酵素も活躍できていません。

ミネラル不足は、減塩からの起きている可能性もあります。

体内の塩分が不足すると、体温を下げ、代謝を低下させ、ガンをつくってしまいます。

自然塩を適度に摂り、ミネラルで酵素の働きを促し、生命活動を活性化したいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんは自分で治せる・決断が波動を上げる

がんは治る病気です。

心の底から 『自分で治せる』 と思った人は治っていきます。

『本当にこれでいいの?』 『悪くなっていないかしら?』 という考えが頭に浮かんでくる人は治らないでしょう。

自分の体や自分の選択に責任が持てていない人は恐れがつきまといます。

がんは自分でつくった病気です。

だから自分で治すしかないのです。

自分の選択と決断、そして思考が今の自分をつくっています。

恐れや不安、続く悩みは低い波動となります。

自らが発しているこの低い波動は、病気と同調する波動なのです。

病気から抜け出ようと思ったら、病気と同調しない、高い波動を起こさなければいけないのです。

自分で治すことを決断すると、波動は上がっていきます。

高い波動を発することが出来ると、それに似合ったご縁がいただけたり、また自分の行動も変わってきます。

何より高い波動は、良い運を引き寄せてくれます。

がんを治すにも、運は良くなった方が絶対に良いのです。

病気は低い波動が同調して引き起こしたもの

つまり、自分のなかに負のものを溜め込んでいるということです。

がんになって、恐れや不安、悩みを抱え込むと、さらに体内は負のものでいっぱいになってしまいます。

苦しいからこそ、自分のなかから負のものを全部出してしまう、捨ててしまうことが必要

決断することで、負のものが無くなり、高いエネルギーが生まれてくるのです。

心が浄化されれば、体も浄化されます。

がんは、心と体の汚れなのです。

【病気の根源は心にある】

クヨクヨしない

自分で治す・自分で治せるという意識をしっかりと持つことで、治る方向を向くのです。

決断したら、五感を働かせて、自然界の高い波動をしっかりと受け取ってくださいね。

がんは治ると信じて・・・

心と体の浄化を・・・

自分自身の自然治癒力を信じ切った人が、がんを克服しているのです。

自然界の高い波動を取り入れて・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)