土いじりで五感を刺激し免疫を上げる

植物を育てることは、五感を刺激し、体を活性化します。

土の触感は脳を活性化します。

土の香りは嗅覚への刺激となります。

植物を育てるということは、心の癒し、喜びともなります。

そして、土は食物の生み出される場でもあります。

私たち人間だけでなく、動物の住み家であり、植物が直接、生命の根をはる場でもあるのです。

土は大自然の生態系を支えているわけです。

土の香りを嗅ぐと、懐かしい感覚が蘇ってきたりしませんか?

子どもは土いじりをさせると、目をキラキラさせ嬉しそうに遊びます。

大人の間でもガーデニングや家庭菜園など、土いじりを趣味として生き生きとされている方も増えています。

これが、自然の中で生きる本来の姿だからでしょうね。

この土いじりは、精神状態に大きく影響を与えるといわれています。

土の触感や香りが私達に潤いを与え、ストレスを解消し元気になるのです。

畑仕事をする方は元気で長生きです。

朝陽が昇るとともに畑仕事、よく働き、よく笑い、夕暮れとともに床に就き、自然の恵みに感謝しながら生きる

これが人間の自然体の生き方なのでしょう。

そして、土壌に生息するバクテリアの一種が、抗鬱剤と同じ効果があるという研究結果をブリストル大学のクリス・ロウリー博士が報告されています。

このバクテリアが脳内のセロトニン分泌を促すことが分かっています。

バクテリアを用いたマウス実験で、サイトカインが上昇しています。

サイトカインは、細胞から分泌されるタンパク質でストレスの大幅な緩和が期待出来ます。

土が与えてくれるエネルギーとサイトカイン効果が相乗効果となり免疫を上げていきます。

ガンなおしの秘訣は自然体に近づけること

感謝をもって自然のものに触れることです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                  女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

便の色で腸内環境をしる

免疫を高めるには腸内環境を整えることです。

腸内の環境が良いか悪いかは、便の色で予測出来ます。

黄色に近い便が、腸内環境が良い健康な便といえます。

腸内にビフィズス菌や乳酸菌などの有用菌が多い場合、腸内の環境は弱酸性に保たれ、黄色に近い便になります。

動物性の食品、つまり肉類、脂肪類を多く摂り、食物繊維が少ない食事になると、腸内が腐敗してアルカリ性となり、便の色は、茶褐色から黒褐色になります。

腸内で腐敗が起きることにより、有害な物質がつくられ、ガスや便の臭いが強くなります。

腸内で腐敗を促進する悪玉菌がたんぱく質を分解するため、アンモニアの代謝物としてアミン、硫化水素、インドール、スカトールといった発ガン促進物質を作り出してしまいます。

これらの有害物質は、臭いだけでなく、腸管の炎症を起こし、大腸ガンなどをつくります。

ガスや便の臭いがきついと感じたり、便が黒褐色の場合は要注意です。

一方、味噌、ぬか、納豆など乳酸菌を多く含む食品や、野菜、海藻類など繊維質を多く含む食品を摂ると、腸内の環境は発酵状態となります。

人の大腸には、便1gあたり約1兆個、1000種類以上の細菌が住み着いています。

この腸内細菌を有用菌優位にしていくことが、自然治癒力を高め健康な体をつくる基本です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治しは捨てることから始まる

治癒の一番の妨げとなるものは、ガンに対する恐怖心です。

恐怖心は、体におおきなストレスを与えます。

ガンがなおった人は、自分を信じるという信念を持ち、恐怖心など持っていないといいます。

恐怖心は、助かりたいという苦しみを与えます。

そして、助かりたいがゆえに、様々なことに気持ちが流れてきます。

すると、信念としてあり続けるのはずの軸がブレてきます。

あれもこれもと、たくさんのことをしようとして、中身が薄くなりがちです。

多くのことをすると、何が正しいのかわからなくなってきます。

そして、さらに心にブレが生じるのです。

ガンなおしは、多くを望むと失敗します。

何を捨てるかが大切です。

捨てることは勇気が要ります。

しかし、いっぱいいっぱい抱えていては、余裕がなくなり、結局行き詰ってしまいます。

広く浅くではなく、ひとつのことを深く深く振り起し、磨きまくることです。

そこに本当の信念が生まれてくるのです。

たくさんの療法、多くのサプリメントより、ひとつのことをしっかりと確実に続けることです。

本当によい健康食品は1種類で充分です。

余分なものは捨てる

ガンになった原因も捨てる

捨てたところにいい具合の隙間ができ、その隙間に心のゆとりが生まれてくるのです。

直感を働かせるには執着を捨てること

恐怖心を安心に変えるには、ただ黙々と信じたことをやり続けることです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

番茶でがんを抑制・抗酸化作用

お茶にはたくさんの効能があります。

しかし、現代は自宅でお茶を入れて飲む人が減ってきています。

ペットボトルで販売されているお茶を自宅でも飲まれる方が少なくないですね。

便利で傷みにくいペットボトルのお茶ですが、ほとんどのペットボトルのお茶にはビタミンCが添加されています。

このビタミンCは、自然食品のビタミンCとは全く別のものになります。

変色や酸化を防ぐためのいわゆる酸化防止剤・合成ビタミンCなのです。

実は、この合成ビタミンCが癌の原因にもなります。

がんの原因である活性酸素の除去も天然のビタミンCは大変役立つとされていますが、合成のビタミンCはどうでしょう・・・

むしろ活性酸素を増やしてしまうのです。

多少の手間でも、お茶は家で入れて飲むことをおススメします。

日本のお茶にはガン抑制効果がたっぷりです。

緑茶に含まれるカテキンには、強力な抗酸化作用があり、細胞の突然変異を抑えてくれる働きがあります。

緑茶でも高級な玉露よりも、一番茶

一番茶より、三番茶、四番茶の 『番茶』 が癌細胞抑制効果が高いと言われています。

番茶は煎茶よりあとに摘まれるため、その間に葉の中の旨味成分が成長し、カテキンの含有量が増すということです。

カテキンには体の脂肪を減少させる働きもあり、なんといっても番茶は抗酸化力がとても強いところが、がんにも優れているのです。

緑茶は体を冷やしますが、番茶は体を温めますので安心して頂けます。

しかし、日本のお茶の農薬許容量値は非常に高く、たとえ高級なものでも農薬にまみれたお茶がたくさんありますんで、農薬などの栽培方法をしっかりと確認して買うと良いでしょう。

番茶をしっかり飲むと胃がんが8割も防げ、他の癌も半分以下内に減らすことが出来るのです。

出来上がったものに頼らず、安心なお茶の葉で自分で入れて飲むことが大切ですね。

番茶の効能

間違った食生活を正す

毎日の食事を大切に、総合的健康食品を活用して、カロリーを栄養に変える

大自然の恵み・自然界の波動をしっかりと受け取ることが出来れば、がんは治るのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631
 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

少食で長寿遺伝子にスイッチが入る

「腹八分目に医者いらず」

腹八分目に医者いらずとは、満腹になるまで食べず、八分目くらいで抑えておけば健康に良いという意味です。

しかし、それが出来なくてさまざまな病気をつくっています。

お腹いっぱい食べると、体がだるくなり、動きたくなくなりますよね。

それと同じくして、免疫細胞もだらけてしまい動かなくなります。

また、年齢と共に、この免疫細胞は誤作動を起こしやすくなり、ガン細胞を狙い撃ちする能力が低下してしまいます。

そこで活躍するのが長寿遺伝子といわれるものです。

この遺伝子は、人が生き延びるために備わったものであり、少食にすることでスイッチがオンになる遺伝子です。

子どもから大人まで持ち備えている長寿遺伝子

しかし残念ながら、ほとんどの方がこの長寿遺伝子のスイッチはオフ状態

せっかく持ち備えた遺伝子を使わないまま生活しているということなのです。

ガン細胞を狙い撃ちする免疫細胞が誤作動を起こしている状態では、ガンになるのも当然です。

この長寿遺伝子にスイッチを入れることで、免疫細胞の誤作動を修正し、活性化をしてくれます。

少食を心がけ、長寿遺伝子のスイッチを入れることは大切ですね。

また、長寿遺伝子のスイッチが入ると、ミトコンドリア系が増えます。

ミトコンドリアが増えると、細胞の分裂を抑制する遺伝子が働きます。

ガン治しには、細胞分裂しやすい解糖系から、細胞分裂しにくいミトコンドリア系に移行することが必要です。

少食が健康の秘訣であるという昔の人の教えはやはり深い意味があるのです。

少食を心がけ、なおかつ食物繊維を多く含んだ食品を摂ることをおススメします。

食物繊維は腸内で膨張し、有害な物質を外に排出してくれます。

また、食物繊維たっぷりの食事は腸内細菌を増やし、副交感神経をしっかり働かせてくれます。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんを癒す音とは

私たちの体は、地球のリズム(振動)に共鳴・共振し、動いています。

人の心と体は、良い音には良い様に、悪い音には悪い様に反応しています。

良い音とは、自然界がつくりだす音です。

木々が揺らぐ音・小川のせせらぎ・小鳥のさえずりなど自然界の音は、高周波の世界になります。

悪い音とは、いわゆる騒音です。

車の音・電車の音・工場や工事の機械音・家電製品の音・携帯電話の音は低周波の世界になります。

私たち現代人は、低周波の音の世界で生活しています。

これらの不自然な音は、体にストレスを与え、自律神経を乱してしまいます。

この繰り返しが、やがて病気をつくっていきます。

田舎で暮らす人が病気が少ないのは、毎日聴いている音が違うからです。

山や川など自然のなかでは、心が和み癒されますね。

心も体も心地よさを感じると、副交感神経がぐんと優位になり、生命エネルギーにスイッチを入れてくれます。

実はもっと身近なところに、体に良い音があることを忘れています。

最もガン細胞に効果があるといわれているのが人間の声なのです。

心地よく聴こえる声・癒される声・・・

自分の声でガンを癒せるのです。

一番よく聴いている声は自分の声ですから、習得すればガンなおしに役立ちますね。

自分で自分を癒す声を活用していきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631
 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

多少高くても安心安全な無農薬野菜を・・

ある農薬が普及したころから、赤とんぼを見かけなくなった・・・など聞いたことがあります

ネオニコチノイド農薬は、ほとんどの野菜や果物、お米や、お茶などに使用されるようになりました。

そして、アリを全滅させるための家庭用農薬としても販売されています

ネオニコチノイドは、人が摂取すると、血液脳関門を通過し、中枢神経系や自律神経系、骨格筋に関連する多彩な症状を引き起こすとか・・・

神経毒性は、昆虫、人の神経系で重要な働きをもつアセチルコリンの正常な働きを攪乱させ、
指の震え、脈の異常、発熱、腹痛、頭痛、胸痛、嘔吐、不眠、また、短期の記憶障害も起こすそうです。

怖いことに、胎盤も通過するので、妊婦が摂取すれば胎児が影響を受けてしまうとの報告もあります。

農薬を使わなければ、何倍もの手間暇がかかり、その分 価格も上がってしまいます。

リスクを承知の上で安い価格重視の野菜を食べるのか、それとも多少費用がかかっても安全な野菜を食べたいのか・・・

消費者がどちらを選ぶかですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631
 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自分で治す意識・自然治癒力を高める

日本は、がんの発症率、死亡率が増加傾向にあります。

がんに限らず、糖尿病のなど何らかの病気を抱え、病院に通っている人が非常に多くなっています。

結果、日本の健康保険状態は破綻に追い込まれています。

今後、日本もアメリカ並に医療費が高くなる日がくるのは近い将来でしょう。

TPPによっても大きく変わってきます。

日本での薬価は、厚労省によって公定価格が決まっています。

しかし、アメリカでは製薬会社が価格を自由に設定しています。

TPPが締結され、医療費や薬価が高騰すれば、国民の負担額が大きく変わっていくことは予測されます。

風邪をひいても気軽に病院に行けなくなるのです。

となると、自分の体は自分で守っていくしかない

自分の体は自分で守ることは当たり前のことなのですが、日本人は病気は病院で見つけ、病院で治してもらうという考えの人がほとんどです。

治らなければ、違う薬

病名がわからなければ、自律神経失調症で薬

調子が悪くなる原因を放置したまま、良くなるわけがないのです。

それでも疑うことなく過ごしています。

それでは、いざ医療費破綻が起きたとき、困ってしまいます。

がんを始めとした病気は、自分で治す・病院はサポート役という意識を持つだけでも、自分の生活も、また世の中も変わってくるのではないでしょうか・・・

バランスのとれた栄養と、体を温め、明るく前向きな心で、自分の自然治癒力を高める生き方をすることが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

オートファジーを空腹で活性化

古くなったたんぱく質や異物を集めて分解し、新たなたんぱく質に再合成する働きのことをオートファジーといいます。

 

大隅良典氏により解明された細胞の自食作用で、自分自身を食べる細胞、自給自足細胞です。

 

このオートファジーが活性化すれば➡がんにおおいに役立つのではないか!

という見解です。

 

私たちの1日の平均たんぱく質摂取量は約70gといわれており、必要な量には足りていません。

 

そこで力を発揮するのが、オートファジーの働きです。

 

食事では足りないたんぱく質➡自分の体のたんぱく質を分解➡オートファジーの働きで再生➡補っています。

 

お腹が減った分だけ、オートファジーは活性化されます。

 

このオートファジーのすごいところは、たんぱく質の再生だけではありません。体内に溜まった老廃物まで活用してしまい、お掃除屋さんといったところでしょうか。

 

断食をすると➡オートファジーの働きが活性化➡体内の大掃除が行われるということです。

 

オートファジーを上手に活用することで、自然治癒力も高めることが出来ます。

 

断食は体調によって出来ないこともあるので、日頃から食べ過ぎないこと

そして、腹7分目を意識することですね。

 

空腹時はプロポリスを飲むチャンス!

私はあの頃、1日1食にしました。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ミネラルで代謝を上げる・体温を上げる

ミネラルは足りていますか?

酵素が大事であることはよく知られています。

しかし、その酵素もミネラルがないと働くことは出来ません。

酵素とは、消化酵素・代謝酵素の2つに分類されます。

代謝酵素は、栄養素をもとに体の細胞を作り、毒素の排出や免疫力など自然治癒力に直接つながる重要な働きをしています。

つまり、代謝酵素は自然治癒力と大きく関わっています。

この酵素を動かしているのがミネラルです。

ミネラルが足りないと酵素が活性化されず、温が低下します。

体温が下がると免疫が下がります。

免疫が下がるとガンの道です。

体温を上げるにもミネラルが必要なのです。

栄養補助食品やサプリメントを摂るときも、ミネラルであれば数種類以上バランスよく含まれているものをおススメします。

私の愛用品はこちらから

35℃前半の低体温だった私は、ミネラル、酵素、ビタミン、フラボノイドなど多種類の有用成分が含まれたプロポリスを野菜ジュースと一緒に摂りました。

生野菜は酵素や食物繊維が豊富なので、しっかり摂りたいところです。

しかし、現代の野菜は栄養価が昔の半分、ほうれん草などは10分の1まで激減しています。

残念ながら、これでは体の隅々まで必要な栄養素を運ぶことが出来ないのが今の現状です。

だから、総合的健康食品を活用し、栄養素を結合させてバランスよく体に運ぶことを私は積極的にとり入れ、皆様にもおススメします。

現在の体温は36.8℃前後です。

ミネラル、ビタミンをバランスよくを摂って、しっかりと代謝酵素を活躍させたいですね。

大自然の恵み・自然界の波動をしっかりと受け取ることが出来れば、がんは治るのです。

私のがんを治す生き方をご覧くださいね

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ

☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)