子宮を冷やさない・毒を入れない

大切な子宮に毒を入れていませんか??

経皮毒の吸収率は、二の腕を1としたら

性器・・・ 43倍

頬・・・  13倍
 

頭皮・・・ 3.5倍
 

性器はとてつもない数字です。

特に女性器は、子宮へと通じているため、吸収された経皮毒は子宮や卵巣にも影響を与えます。

多くの生理用品は、月経血や尿を吸収するために高分子ポリマーが含まれています。

水分を吸収して漏れないように凝固させる高分子ポリマーは、非常につよい化学物質といわれています。

これは、発熱時などに使用する冷却シートと同じ仕組みになっており、有害物質の吸収だけでなく、子宮を冷やすことにもなります。

そうでなくても子宮は、袋状の冷えやすい臓器です。

冷えれば冷えるだけ、毒素の排出が困難になります。

だからこそ、物理的な要因で子宮を冷やしたくないものです。

口から吸収した化学物質は、通常、肝臓で分解され排出される仕組みがあります。

しかし、皮膚から吸収したものは、肝臓を通ることなく、そのまま皮下脂肪に蓄積されていきます。

血液を介し、子宮や脳に蓄積されると言われています。

子宮に毒素が溜まれば、癌などの原因になるのです。

がんになったら

がんになる前に

日用品も見直してみるといいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

除菌、殺菌ががんをつくる??

除菌、殺菌が当たり前の時代

しかし、その除菌、殺菌のし過ぎが、多くの癌をつくってきたのかもしれません。

過剰な除菌、殺菌が清潔になり過ぎ、ちょっとした菌にでも反応する体をつくってしまいます。

つまり抵抗力(免疫力)のない体です。

私たちと体は、毎日数千から数万個のがん細胞が生まれています。

抵抗力(免疫力)が低下すると、この毎日生まれてくる癌細胞たちが野放しとなってしまうのです。

怖いですね。

また、除菌、抗菌グッズには多くの化学物質が使われているため、皮膚を通して体内に化学物質が吸収されてしまいます。

皮膚から吸収する毒を経皮毒といいます。

この経皮毒を体内に吸収してしまうと、排出が非常に困難なのです。

入れないように気を付けないといけないですね

とくに直接、肌に当たるものは要注意です。

目に見えないものもたくさん吸収しています。

部屋中 臭いシュッシュッしてませんか??

お風呂 洗剤ヌルヌルしてませんか?

虫さん 来ないでシューしてませんか?

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

シャンプーでがん⁇

私たちは、日々の生活のなかでさまざまな有害物質を皮膚から吸収しています。

経皮吸収(皮膚からの吸収)で有害な化学物質を体内に取り入れてしまうと、毒素の排出が困難とされています。

口から吸収した化学物質は、通常、肝臓で分解され排出される仕組みがあります。

しかし、皮膚から吸収したものは、肝臓を通ることなく、そのまま皮下脂肪に蓄積され、血液を介し、子宮や脳に蓄積されると言われています。

シャンプー、リンス、ボディシャンプーなど市販されているほとんどのものは、界面活性剤が使われています。

界面活性剤は水と油を混ぜ合わす、つまり自然では混ざり合えない性質のものをなじませ、汚れを落とすものです。

まぎれもなく化学洗剤で体や頭皮を洗っているということです。

昔ながらの石鹸が良いことは言うまでもありません。

しかし、なかには石鹸であっても危険なものもあります。

ベトナム戦争で使われた枯葉剤と同じような化学物質をつかったものもあるので、表示をよく確認する必要があります。

これらの化学物質はしっかりと経皮から吸収され、気付かぬうちに皮下脂肪、脳や子宮に溜まっていくのです。

そして、これらはやがてガンという病を引き起こすのです。

ガンになっても、まだシャンプー、リンス、ボディソープを使っていますか?

さらに毒素は溜まっていきます。

シャンプーは、お湯を流しながら優しくマッサージするお湯シャンプーで充分です。

匂いが気になる場合は、無添加石けんで洗い、リンスの代わりに酢を使います。

酢とお湯を洗面器に入れ、髪に馴染ませ、最後にすすぐと石鹸のギシギシがなくなり指通りがよくなります。

まずは、リンスを酢に変えるなど少しずつ変化させていくと良いでしょう。

頭皮からの吸収は、二の腕の3.5倍です。

特にこれから出産を考えている女性は、子宮が汚れていると生まれてくる子どもの将来に健康被害が起きます。

日々の生活を気をつけていくことで、病気は防ぐことが出来るのです。

そして、治療だけに頼らず、自助努力が必要です。

子宮ガン、卵巣ガンの人は、経皮毒を特に避けたいですね。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

生理用品が、がんを作る?

ガンはストレス病と言われます。

ストレスとは、精神的なストレス以外にも物理的ストレスがありますね。

私たちが、日々の生活のなかで、気付かぬうちに吸収してしまっている経皮毒があることを忘れていませんか?

経皮毒とは、皮膚や粘膜から吸収される有害な化学物質です。

シャンプー、リンス、ヘアカラー、化粧品、ナプキン、柔軟剤・・・

皮膚から吸収した毒素は排出されず、90%が体内に蓄積されていきます。

毒素は、肝臓や腎臓の負担になります。

しかし、経皮毒は、子宮に最も溜まりやすいと言われています。

不妊や流産、そしてアレルギーを持った赤ちゃんが増えているのは、少なからず影響を受けているからでしょう。

何といっても近年増え続ける子宮ガン発症の多さは、経皮毒との関係性を疑ってもよい様に思えます。

ガンになり、食生活は気を付けていても、経皮毒までは考えていなかった・・・

と今、気付かれる方もいらっしゃるでしょう。

毒素の吸収は、二の腕を1として

頭皮は3.5倍

額は6倍

ちなみに毛根にある毛乳頭は、直接毛細血管につながり、そこから全身にその毒素が回るのに15分とかからないそうです。

ガンになり、体の毒素を出さなくては・・・

と言いながら、化学物質たっぷりのシャンプーやリンスを使っていませんか?

私は、この季節は、無添加石けんの後にお酢でリンスをしています。

そして、一番 経皮毒を吸収するのは、性器です。

なんと、性器は二の腕の42倍 の吸収率です。

この吸収率の高さを知ると本当に怖いですね。

どんなものから毒素を吸収してるのか・・・

それは、数十年使い続けた生理用品です。

生理用品のほとんどが、発ガンの危険性が高い 塩素漂白剤が使われています。

ナプキンが、血液を吸収するときに化学反応が起きます。

そして、毒素を皮膚から吸収しているのです。

おりものシートも同じです。

これらの化学物質たっぷりの生理用品が体温を下げる原因にもなります。

ガンになり、毒素を出さなくては・・・

と言いながら、市販の化学物質たっぷりのナプキやおりものシートを使っていませんか?

化学物質は血液を酸化させ、ガンや様々な病気を引き起こします。

残念ながら経皮毒は、食べ物のようには、解毒が出来ないこと

体への吸収が非常に早いことを知っておいてくださいね。

このお話をすると、子宮ガン、卵巣ガンの方は、おりものシートを常に愛用していたと言われる方がほとんどです。

ガンにならないためにも、またガンの方がこれ以上、体に毒素を溜めない為にも化学物質不使用の安全な生理用品をおススメします。

こんなところでも体にストレスを与えていたことに気付くことです。

そして、これからは体が喜ぶことを・・・

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

水道水の塩素濃度

日本では 水道法で1リッターあたりに0.1mg以上の塩素が必要となっています

浄水場では塩素を2回投入して 病原菌を殺菌消毒します。

日本の水道水は世界一安全だ! そう言われていた時代もありました

しかし今は、生活排水や農業用水、工業用水によって川は汚染され、たくさんの塩素が必要な時代となりました。

塩素は水道水の安全面で必ず必要ですが、とても危険なものでもあります

この水道水に入っている恐ろしいものが、トリハロメタンです。

このトリハロメタンとは、原水を塩素で消毒する時に化学反応が起きて発生する発ガン性の物質です。

トリハロメタンは腎臓・肝臓障害を引き起こす可能性も高いとわれています。

浄水場から離れている家庭の蛇口からの検出する塩素濃度が0.1ppmです。

浄水場に近ければ近いほど塩素濃度が 高くなります

濃度が高いところでは、プールの塩素濃度よりもはるかに高い値となり、それだけトリハロメタンが多くなります。

そして、塩素の危険性は飲み水だけではありませんね

塩素ガスは熱い湯に溶けにくく、シャワーを使うと空気中に拡散されてしまうのです。

つまり知らず知らずのうちに体内に吸い込んでいるのです。

これがアトピー性皮膚炎が増えた原因のひとつですもあります。

飲み水だけでなく、シャワーも塩素対策をしたいですね

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長のブログ

塚本みづほ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

安全な生理用品を選ぶ

経皮毒については、ずいぶん知られてきました。

体の中で最も経皮からの吸収率が高いのは性器と言われています。

腕が1としたら性器の吸収率は42倍にもなります。

気を付けないといけない場所だということはよく分かります。

では、そこに毎月使う生理用品、また、毎日使うシートはいったいどこまで安全なのでしょうか・・・!?

実は経皮毒と言える物質がしっかりと含まれています。

ほとんどの生理用品は、塩素系漂白剤を使用しています。

そして、これらの製品に有害性が危惧される点として、月経血や尿を吸収するために高分子ポリマーが含まれていることです。

高分子ポリマーとは、水分を吸収して漏れないように凝固させるためですが、大変な有害化学物質です。

高分子ポリマーは油由来の原料からなり、少しの量で非常に優れた吸水性があります。

これは発熱時などに使用する冷却シートと同じしくみになっています。

実は経皮毒の問題だけでなく、生理用品が体を冷やしていた・・・

ということになります。

安全面、物を大切にするという意味も含め、やはり布ナプキンがいいですね

布ナプキンはちょっと・・・

という方は.コットン100%のオーガニックナプキンです.

自然食品店さんなどで入手できますよ

オーガニックナプキンは冷えから体を守ってくれます。

オーガニックナプキンや布ナプキンを使うようになり生理痛が解消された声はよく聞きます。

皮膚からの吸収率が非常に高い場所が冷えるということは体全体に影響を及ぼします。

経皮毒や冷えがガンをつくっている可能性も十分考えられます。

また、ガンだけでなく、冷えは不妊の原因にもなります。

食事などの生活の見直しに加え生理用品も見直すことも大切ですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

フッ素が猛毒とは

フッ素加工されたフライパンや鍋は焦げつくこともなく、とても便利ですね

しかし、便利さの反面、危険があります。

フッ素は、非常に強い毒であることが指摘されるようになりました。

具体的には、フッ素はガン促進や脳の神経障害などを起こさせるとか・・・

フッ素はさまざまなものに使われています。

歯磨き粉やビールなどにも使われているフッ素ですから、当然、安全であるといわれ続けてきました。

なのに今さら猛毒とは・・・

危険を知ったら避けていくべきですね

歯磨き粉も特に子ども達には、気を付けてあげたいですね

せっけん歯磨き粉を使っていきたいですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

生理痛とがんの関係

増える若年層のガン

20代、30代の子宮頸ガンが増えているように思います。

その多くに共通する点

生理痛がひどく、生理の時は鎮痛剤が手放せないとのこと

なぜ鎮痛剤を必要とするほどの生理痛が起きているのでしょう・・・

その原因を解かずして痛みだけを抑え込んでいても何の解決にもなりません。

体の冷え ・ 食生活の乱れ(特にジャンクフードや欧米食)・ 不規則な睡眠時間 ・ 経皮毒(生理用品やシャンプー) など・・

なにかしらの原因が必ずあります。

原因を無視したまま、鎮痛剤を飲み続ける

鎮痛剤は体温を下げ、血液を汚します。

これが、ガンをつくる原因です。

そこに加え、体温を下げてしまう生理用品を使っていませんか?

多くの生理用品は、月経血や尿を吸収するために高分子ポリマーが含まれています。

高分子ポリマーとは、水分を吸収して漏れないように凝固させるためのものです。

この生理用品で子宮を冷やしている可能性があります。

生理用品は、発熱時などに使用する冷却シートと同じしくみになっています。

女性の子宮は、袋状の臓器であり、とても冷えやすい場所でもあるので、要注意ですね。

さらに・・・多くの生理用品は、塩素系漂白剤を使用しています。

膣は、最も経皮毒を吸収しやすい場所です。

特に毎日使うおりものシートは、気を付けたいものです。

これら経皮毒や冷えは、女性の生理不順や生理痛、不妊、そしてガンにも大きく関係しています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

子宮の冷えは生理痛、尿漏れ、おりものから

生理痛で悩む女性がとても多くなっています。

生理痛だけでなく、大量のおりもの、若い女性の尿漏れ・・・

生理用品などなかった昔の女性は、月経を自分でコントロールしていたそうです。

腟に小さく丸めた綿をつめ、下半身をぎゅっと締めることで月経血が流れ出ないようコントロールすることができたと言われます。

勿論この綿は月経血を吸収させる現代のタンポンのような役目ではなく、月経血が流れ出ないための栓の代わりだそうです。

今の女性は便利な生理用品があり、月経血をコントロールする必要もないために、尿道、膣、肛門にかけての筋肉が緩んでしまっているのです。

筋肉が少ないと冷えを起こします。

子宮の冷えは、生理痛だけでなく、がんなどの病気を起こしやすくします。

また、おりものも食品添加物など、化学物質によって増えてきています。

不快なおりものには、おりものシートなどの生理用品を使います。

実はこの市販の生理用品こそが、化学物質でつくられているものがほとんどで、経皮毒によって多くの女性が子宮を冷やし、免疫を弱くしてしまっているのです。

おりものが多いと感じたら、添加物など、食生活も見直してみることをおススメします。

生理痛や尿漏れは子宮が冷えているかもしれません。

また筋肉が低下しているかもしれません。

これらが若い女性の癌を引き起こす原因になっていることを知り、改善して頂きたいと切に願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

殺菌剤より免疫力が高い体を作ること

ハンドソープでごしごし手を洗っていませんか?

風邪や病気予防には殺菌、抗菌剤で手を洗いましょうとよく耳にします。

ばい菌をやっつけるために、ハンドソープで手を洗い、薬品でうがいをする

しかし、このハンドソープやうがい液には、病気予防どころか大きな落とし穴があります。

市販されている殺菌、抗菌をうたうほとんどのハンドソープに、体に悪い毒薬成分が含まれています。

よく使われる成分では、元々は殺虫剤の成分として開発されたものがあり、アメリカのミネソタ州などでは、すでにこの成分を含む商品の販売禁止を決めています。

それだけ毒性の強い成分だということです。

しかし、日本では規制どころか、これらの成分は殺菌、抗菌剤としてどんどん使われています。

殺菌、抗菌に使われている毒性に強い成分は、筋肉の収縮障害、生殖ホルモン障害、肝臓ガンを引き起こすなど報告があがっているものも使われています。

これらの成分は、皮膚に浸透するだけでなく、血液の中にまで入り込むこともわかってきています。

また、母親の母乳からも検出されるほどだとか・・・

当然、これらの有害物質が体内に入れば、免疫力を落としてしまいます。

ばい菌より危険な有害物質です。

殺菌、抗菌剤によって清潔にし過ぎたために、ちょっとした菌に過剰に反応する体になってしまったり、また、大切な体を守る菌まで殺してしまい、さまざまな病気もつくっています。

ばい菌は自分の免疫でやっつける、そんな免疫力の高い体をつくることが大切ですね。

うがい液も同じです。

口から有害物質を吸収してしまいます。

原材料をしっかりと確認すること

天然素材のものを使われることをおススメします。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)