がんは自分で治す意識が大切

本当にこのままでいいのですか?

と言いたくなるような方がたくさんいらっしゃいます。

病院での標準治療しか知らない

だから病院から、もうこれ以上出来ることはない、と言われたから終わりだと思ってしまう

なおらない、しかも状態は悪くなっているにも関わらず、西洋医学に依存している

ガンは自分でなおすという意識が絶対に必要です。

そして、ガンの療法は自分で学び選ぶものです。

病気は薬でなおす、病気は病院でなおす、と育てられた日本人は何の疑いもなく西洋医学一辺倒でガン治療をしている人が大半です。

アメリカは違います。

ガン治療には、半数以上の人がヒーリングやアロマ、健康食品などを使った代替医療を取り入れています。

どんな治療をしても、免疫を高めなければ意味がないということです。

つまり自然治癒力を高めるということを大切にしています。

日本人も遅れながらも少しずつ気付き始めています。

ガンでつらい治療をしたにも関わらず、亡くなっていく人を見て疑問が出てくるものです。

私もその一人でした。

私が目にしたカリフォルニア大学のハーディン・ジェームス博士の衝撃的な言葉

「治療を拒否した患者の平均余命は12年6カ月である。しかし外科手術、その他の(ガン)治療を受けた患者は平均すると治療後わずか3年しか生きていない」

「原因は手術による外傷が、生体の防衛機構に影響したためである、と私は考える。人体には本来、あらゆる種類のガンに対抗する防衛機構が備わっているのだ」

その言葉は衝撃でもあり、考えるきっかけとなりました。

確かに、この前まで元気だった人が手術と同時にどんどん弱り、数ヶ月後にガンが再発

そんな方も少なくありません。

ガンは切ったら治る、そう思っていたはずです。

一方、末期で手術不可能と言われたことを機に、すべての治療を断り、食事や健康食品、運動、温熱など自分に合った自分療法を見つけ元気に過ごしている方もいます。

この差は、まさに免疫力です。

そして、毒だしが出来ているかどうです。

「ガンは自分でなおす」 この意識がすべてを変えますね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自分で軽減?がん治療の副作用

日本には130万人を超えるガン患者がいるといわれています。


突然、がんを宣告され、準備も出来ず、知識もない状態で治療が開始されます。


壮絶な副作用で衰弱してしまい、苦しい治療の末、亡くなる人が後を絶たないのは悲しい今の現実です。


副作用がつきまとう・・・

この副作用から自分の体を守れるのは自分しかいません。


【毒をもって毒を制す】


これが、がん治療の現状、だから、副作用は仕方ないと諦めてはいませんか?


副作用で苦しまないように、「自分で軽減する」

そこに、意識を向けることが重要です。


抗がん剤の副作用でお困りの方からのご相談はとても多いです。


入れた毒は出す。

排毒が重要です。


自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

 

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

有効率・寛解率・治癒率・・・

自分のがんの状況、病院からがんのステージさえ教えて貰っていない方が多いことに驚きます。


更に家族の方、全員誰も知らないという現実に驚くことがあります。


それもそのはず

がんであることだけを病院から伝えられ、あれよあれよのうちに治療が始まっていたといわれます。


いわれるがまま、任せっきりになっている人が多いのも事実です。


船瀬俊介さんの著書を拝見し、抗がん剤の副作用に、二次発がんというものがあると知り、自分の愚かだったといわれていた方がいます。


自分の体なのに、あまりにも無知だった・・・

と後悔されている言葉が印象的でした。


肺がんの彼が目にしたものを一部抜粋します。



**********以下 船瀬俊介氏著書より一部引**********************************************


抗ガン剤の有効性について一切の記載がないものがいくつもある。


添付文書」に「臨床成績」や「有効率」など記載ゼロ・・・


抗ガン剤の「有効率」とは、投与後、四週間(…?)の間に ガン腫瘍がタテヨコどれだけ 縮んだのか の縮小率で 判定 する。


だから記述のとおり、ほんらい 細胞毒 である抗ガン剤に、ガン腫瘍がびっくりして一時的に縮んでも 有効 と判定するのだ。


そのうち反抗ガン剤遺伝子(アンチ・ドラック・ジーンADG)の作動で抗ガン剤は無力化にされ、ガン細胞は勢いを増して増殖することはすでに述べた。


たった 四週間 という呆れるほど短い期間を 判定期間 と区切ったのは、その後のガン腫瘍のリバウンド(再発)をごまかすためであろう。


この抗ガン剤毒性によるガン腫瘍の一時的 ビックリ縮小 ですら約10%にしかみられない。


残り90%はピクリとも抗ガン剤に反応しない。


抗ガン剤のこの一時的なわずか10%の「有効率」(腫瘍の縮小率)に過ぎない。


それをガン患者や家族は ガンが治ると「治癒率」とかんちがいしている。


抗ガン剤の効能成果について


投与して腫瘍が、わずか 四週間 で少しでも 縮小すれば・・・「有効性アリ」・・・と厚生労働省は認定している。


ところが、1985年、アメリカ国立ガン研究所(NCI)デヴィタ所長が会議で衝撃証言を行っています。



*************************************************************************************



抗ガン剤により、」「ガンが小さくなった」と喜んでいるのも

「束の間」であることが悲しいですね。


「有効率」や「寛解率」を「治癒率」と勘違いしてしまう患者さんも多いはずです。


「有効率」「寛解率」とは「治癒」ではありません。

それは、「腫瘍縮小率」を意味しています。


厚生省をはじめ、医師たちの間でも抗ガン剤でガンは治せないことは常識の範囲とも聞きますが・・・

本当にそうなのでしょうか・・・??


他に薬がないこと

少しでも腫瘍を小さくするために使っているのが現状だとか・・・??


しかし、その後、抗ガン剤投与による「二次発ガン」などの重大な副作用がありますから、数ヶ月後、数年後の再発転移を覚悟しておかなければいけないのでしょうか・・・??

それは厳しすぎます。


抗ガン剤医薬品添付文書にある有効率とは、4週間のあいだにわずかでも腫瘍が縮んだ率


それが10%だそうですが・・・

その中のほとんどがリバウンドでがんが増殖すると言われています。


だとすると実際には、「治癒」という結果は何%になるのでしょうか・・・


自分の大切な体です。


自分の体のことは自分がしっかりと把握し考えて、自分で選択しなければばいけませんね。


自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

抗がん剤治の作用と副作用・二次発がん

乳ガンの方が泣きながらお電話をしてこられました。

癌が見つかり抗がん剤を治療を開始したそうです。

しかし、先月あたりから腫瘍はどんどん大きくなり、転移したそうです。

なぜだろうか・・・と思い調べてみたところ抗がん剤に震え後悔したそうです。

今となってはもう遅いかもしれないが、体から毒を出すことに専念するとのこと・・・

実は抗がん剤というものがどんなものでつくられているのか、彼女のように全く知らない方が多いのです。

食品を買うときには原材料を見て買うのに、薬だと原材料を見ないのがそもそもおかしな話ですね。

抗がん剤はマスタードガスを主原材料につくられています。

マスタードガスとは、第一次世界大戦で初めて使われた化学兵器です。

これは毒性が主の作用であり、この毒性の副作用でがんを攻撃するのです。

がんが死滅する前に、毒性によって本人の体が弱ってしまうのです。

免疫機能を失った体は、がんと共存できるだけの体力もなくなり、癌が増大してしまうのです。

抗がん剤の医療添付文書には「二次発癌」と書いてあります。

信じがたいことですね・・・

彼女は、自分の疑問に素直に従い、これに気付いたそうです。

がんは、毒素を溜め込んだことによって出来たものです。

そこに猛毒が入ってくれば、さらに癌は大きくなるのは当然です。

ましてや無防備に抗がん剤を受ければ、その確率は非常に高くなるのです。

抗がん剤を選ぶなら、万全な体制で挑む必要があります。

万全な体性をとっていないと、抗ガン剤投与と同時に免疫がづたづたにやられ、がんの増大どころか、あっという間に感染症で亡くなってしまうことがあるのです。

治療の選択は個人の自由です。

しかし、命を守るための選択ですから、人任せ、病院任せにしないこと

自分の体は自分で守れるよう、免疫を上げて万全な体性をとられることを願っています。

バランスのとれた栄養で体温を上げ、明るくおおらかな心で過ごす

日々の食事をより良く生かすため、生命エネルギーを高める食品をおススメします。

がん治しはあきらめない・必ず治ると信じて

大自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんなのに感染症に・・

抗がん剤には賛否があるみたいなのですが・・・


抗がん剤をしても元気に過ごしている人とそうでない人の違いはなんでしょう・・・


免疫力なのです。


元気にされている人は、免疫力を強化や解毒機能を高めるような何か自助努力をされています。


抗がん剤治療をすると、極度に免疫が落ちてしまうみたいなのです。


某大学病院の有名な話にもありますが・・・


1年間に亡くなったガン患者のカルテを徹底精査したら、80%はガンでなく、抗ガン剤や放射線など 「ガン治療」の副作用で死亡していた!   (船瀬俊介氏ご著書より)



抗ガン剤を投与した患者群ほど早く、多く死亡している(米国東海岸リポート)


リスクは大きいのでは・・・


免疫力の低下は生きるちからを下げてしまいます。


抗ガン剤をすると、胸腺が縮まり、B細胞、T細胞が減少するみたいですし、NK細胞などリンパ球が激減すると言われています。


さらに、血小板、赤血球が減少や免疫力が急激に低下する可能性が上がり、普段なら防げるはずの菌に感染してしまうのです。


その結果、感染症で亡くなる方がとても多いこと・・・


そんなに弱っている患者さんのもとに、外から菌を持ち込んでしまっていませんか?


良かれと思い、私の知人も毎日、子宮がんの友人が入院している病院に足を運んでいました。


1ヶ月もしないうちに、がんの友人は熱を出し、肺炎で息を引き取りました。


私たちにとっては、何でもない菌ですが、抗ガン剤をしている人にとっては命を奪う菌にもなります。


そのくらい免疫力がなくなっているのですから、お見舞いに行く人も充分、気をつけなければなりませんね。


治療の選択は本人の自由なので、抗がん剤に負けない 対策が非常に大切ですね。

感染症を起こさない からだづくりを・・・



自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

CT検査・・・メリット!デメリット!

2年前に卵巣がんになったある方が、検診のために今まで何度もCT検査をされています。

彼女は再発防止に取り組んでいることもあり、今のところ再発、転移はないとのことでした。

克服するために、体に悪いことを出来るだけ避けて生活している中で、定期のCT検査にはいつも悩むところだそうです。

CT検査による被爆は実際どの程度なのでしょう…

癌と見つけるメリット!

癌になるデメリット!


どちらを優先すべきか・・・

これも人それぞれですね。






放射線科医である近藤誠氏によれば、CT検査の8~9割は不必要な検査である、と言われています。



2004年2月に読売新聞が「がん3.2%は診断被ばくが原因」「15カ国で、日本がもっとも検査回数が多い」「発がん寄与度は、英国の5倍」という英国発の研究結果を、一面トップで報じたことがありました。



(近藤氏著より一部抜粋)


1回のCT撮影での実効線量は

日本の実測データを見ると、

胸部CTが18ミリシーベルト、

腹部・骨盤CTは男性が23ミリシーベルト、女性が29ミリシーベルトにもなります。


腹部・骨盤CTはもっと被ばく量が多く、最低で20ミリシーベルトを超えるとか・・・

造影CTまでやれば(2倍で)40ミリシーベルトにも??

頚部から骨盤までの「全身CT」で造影CTまで行えば、60ミリシーベルトを超えかねない??

これを何度もCTを受けていけば➡100ミリシーベルトなど簡単に超えてしまいますね。


原子力発電所作業従事者が低線量被ばくの後に発がんした場合、役所が労災認定しているのです。

その時、白血病を発症して1991年に労災認定された方の被ばく線量は、11ヶ月で40ミリシーベルト


放射線を用いる医学検査によって、数十ミリシーベルトを被ばくすることは日常茶飯事なのです。


安全なのか危険なのか・・・


自分で確認、そして自己判断することですね。


被曝には抗酸化食品をしっかり摂ること


知らないことが一番怖いです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

二人にひとりはがんになる時代

病院にいると選択肢がないとそんな風に嘆かれた人がいます。

胃に大きな腫瘍ができ、手術、抗がん剤治療をしたにもかかわらずその後の転移

放射線治療でただれがひどく食事が全くとれなくなり、体力もなく、トイレに行くのがやっとの状態のなか、今度は抗がん剤治療をすすめられたそうです。

同じような状況だった友人が、抗がん剤開始後、あっけなく亡くなってしまった経験からご自身もこのままでは死んでしまう・・・と強い恐怖感をもったそうです。

そして、詳しい事情はわかりませんが、『私は抗がん剤を断り、がん難民になりました・・・』 と言われました。

家に帰れば、家族に迷惑をかけるかもしれない・・・

でも、もう楽に生きたい・・・

残りの時間、残された人生を人として生活がしたい・・・

時間より質を大切にしたい・・・そう言われました。

そしてご家族様もご本人の意思を尊重されているようです。

お話を聞いて、消化しきれないほどの切ない気持ちになりました。

何が正しく、何が間違っているのか・・・

きっとこれからもわからないことです。

ただ言えることは、選択の自由はあるということ

そして、望む形、生き方、とらえ方、全員違うということです。

他人から見れば腑に落ちない結果でも、それは他人から見た価値観

本人さんにとって腑に落ちたいく結果なのかもしれません。

周りは患者本人が選択したことを尊重

サポートするのみですね。

色々やっけど、良くならなかった・・・

色々やったから、ここまでこれた・・・

同じ結果でも、とらえ方によって心が変わってきます。

自分はどんな生き方がしたいのか?・・・

大切なテーマであり、これによって何を選ぶのかが変わってきますね。

大きく人生が変わるかもしれません。

2人に1人ががんになり、そのうち3人に1人が亡くなる時代

決して他人ごとではないテーマです・・・

どうか前向きにそして心豊かに過ごされますことを願っています。

~ 自分の体は自分で守る ~

再発転移をさせない生き方とは・・・

がん自然療法の秘訣とは・・・(抗がん剤・放射線・手術だけに頼らない)

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

明るい未来に向けて・・・

ご相談・お問い合わせは

☎0849251271  (8時~20時 土日祝も受け付けております)

混み合う時間帯:18時~20時

※混み合っている場合は、こちらから折り返しお電話させていただきます。

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

抗がん剤は耐性をつくる

ガン患者さんの多くの方が恐れているもの

それは再発・転移です。

ガンが見つかった後、治療に専念します。

では予防はどうでしょう・・・

再発・転移をする人は、予防ということをしていない人がほとんどです。

再発・転移という言葉に説得されていませんか?

再発でもなく、転移でもなく、新しいガンだとしたら、また同じことをしてしまったと後悔するでしょう・・・

病院は治療の場であり、予防は放置になります。

今までと変わらぬ生き方では、同じことを繰り返して当然なのです。

手術、抗ガン剤、放射線は、対症療法、つまり応急処置なのです。

だから多くの場合、再発・転移をしてしまうのです。

一時は治ったようにみえても、病気の原因がある限り、ガンはまた増殖し再発します。

手術、薬剤、放射線も血液を汚し新たな病気をつくる原因のひとつです。

一生懸命つらい治療を受け、結局1年後、2年後、3年後、再発・転移を繰り返し、自分の免疫でなおすしかないとやっと気付く方も少なくありません。

大切なことは気付いた後、原因を取り除くために、常識というものから抜け出すことが出来るかどうかです。

抗ガン剤が100日で耐性をつくることはずっと前からわかっていること

100日を過ぎれば、ガンはじわじわと勢力を増して暴れ出します。

反抗ガン剤遺伝子(アンチ・ドラック・ジーンADG)

本当のの意味でのガン細胞の攻撃が始まるのです。

攻撃すれば、攻撃される

ブーメランとなって自分に返ってくる

ガンの世界でも同じではないでしょうか・・・

私たち人間には、ガンをアポトーシス(細胞の自殺)に導く自然治癒力が備わっています。

どんな人でもガン細胞は毎日数千~数万個うまれていると言われ、自己治癒力、つまり免疫によってガン細胞を自然治癒させ、健康を維持しています。

免疫が低下したとき、ガン細胞が抑えられなくなり発症します。

だから、ガンを治癒させるには自分の免疫を高めるしかないのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

ご相談・お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんの再発を防ぐには・・・継続が大切

癌が消えた・・・と両手をあげて喜んだのも束の間、8ヶ月後、再発したと、ショックを受けた声でお電話がありました。

乳がん ステージⅡ

安心するのが早すぎたようです。

 

悪性度の高い癌、進行度の早い癌ほど、意外にも消失しています。

 

悪くなるのも早いのですが、治るのも早いのです。

ただし、治ったと思い安心してしまうと、再発してしまいます。

表面上の塊が消えたのであって、血液中には癌細胞は流れています。

 

仮に癌でなくても、どんな人であっても癌細胞は毎日生まれてきていますから、油断すると腫瘍という形で目を出してくるのです。

 

もう癌は治った、と早すぎる安心をしてしまうと、思わぬ結果を招いてしまいますので、癌が消えても、今まで通りの療法は当面 続けることです。

 

癌が消えたあとの再発は、よくあることです。

再発というより、治っていなかった・・・と言った方が正しい場合もありますね。

 

しかし、再発した人であっても、元々治す力をもっていたり、治すコツを知っている人ですから、再発後、今まで以上に本気で取り組んで再発を見事に克服する人はいます。

 

だから、慌てないこと、焦らないこと

もちろん出来るものなら喜びからまた突き落とされるような経験はしたくないものです。

 

自然療法で癌を自然退縮させた人は、抗がん剤、放射線、手術といった三大療法をした人に比べると、再発リスクは低いと思いがちです。

 

喉元過ぎれば熱さを忘れることのないよう、継続することが大切ですね。

 

がんをなおした人たちの生き方(抗がん剤・放射線・手術だけに頼らない)

 

がんは血液の汚れ・だから血液をキレイにする

 

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

 

ご質問・お問い合わせは

☎0849251271  (8時~20時 土日祝も受け付けております)

混み合う時間帯:18時~20時

お気軽にお問い合わせください。

 

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

がんなのに感染症で亡くなる??

ガンは怖い病気ではありません。

しかし、ガンは死ぬ怖ろしい病気だと潜在意識のなかに刻み込まれています。

治療の甲斐なく亡くなる方が後を絶たない限り、ガンのイメージはなかなか変わらないのが現状です。

実は、ガンそのものが直接的な死因になっている人は、実は全体の2割でしかない

8割の人は、ガンではなく何で亡くなっていっているのか・・・

それは、免疫低下による感染症です。

なぜ免疫を落とすのか・・・

それは、抗ガン剤など薬による副作用からです。

きつい治療を繰り返すうちに体力が無くなり、通常なら免疫で払いのけることが出来るはずの菌に簡単に感染してしまい、肺炎などで命を落としていくのです。

抗ガン剤で、ガンが小さくなっても、体力が無くなり、命を落としたのでは何の意味もありません。

しかし、これが現実なのです。

そうかと思えば、余命宣告から元気に復活される方もいます。

克服した人は、免疫力に注目しています。

免疫力を落とすような治療は避け、何より自分の免疫力は、ガンに負けないという自信を持っています。

最初からそうであれば、もちろんガンになってないはず

彼らは気付き、免疫力の強化に全身全霊を注いでいるわけです。

不安を思う暇もないくらい、覚悟を持って自助努力に励んでいます。

だから、ガンを自然治癒させる自信が出てくるのです。

ガンは、人任せではなおらない

自分の免疫次第なのです。

くすりが自然治癒力を低下させる

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)