がん・負の連鎖を止める役目

ガンになり、ひとりで悶々と悩み苦しんでいる方が非常に多い。

今、自分がやっていることに不安を感じているからではないでしょうか?

毎日悶々とした気持ちで生活をしてしてもガンは治りません。

なぜなら、ガンと心は繋がっているからです。

ガン克服には、感謝して自分に責任を持ち、前向きに取り組むことが大前提です。

これで本当に良いのかと迷い、悶々としている間は、まだまだ自分に責任をもてていない証拠。

ガンを治せなくしているのは自分自身です。

情報が溢れるなかで、何が正しいのか迷う・・・

これもまた人のせいになっていませんか?

自分の意思で、自分の責任で、治療法をしっかりと選択することです。

きちんと実践すれば、ガンになる前より、ガンと言われた現在の方が健康的になります。

ガンを恐れる必要はありません。

ガンは、「怖い、ガンは死ぬ」 と思うから治らなくなるのです。

ガンは自分で治す!という自覚が必要

医者任せでは、ガンは治せません。

医療利権を知れば、猛毒である抗ガン剤を使う理由がはっきりとわかります。

無知は罪です。

気付かないふりはもっと罪です。

知らず知らずのうちに、大切な家族に、自分が毒をまいているかもしれないことに気付いて欲しい・・・

抗がん剤成分が排出される経路としては、主に 汗、尿、便、嘔吐物です。

家族ならこれらの排出物に接触することは当然あるでしょう。

抗ガン剤のパンフレットには、『何日間、尿中残量に注意』 と記載がありますが、毒ガスと同じ猛毒である抗ガン剤の排出が数日間でおさまるのでしょうか・・・

それとも数日間で排出されなくなり体内に蓄積されると言う意味なのでしょうか・・・

疑問であります。

いずれにせよ、排出されていることには違いありません。

それが微量であろうが、大量であろうが猛毒成分であることは忘れてはなりません。

しかし、小さなお子様をお持ちの方は、抱っこもハグもたくさんします。

別の臓器などに二次発ガンをさせてしまうような猛毒の抗ガン剤成分が、体内から排出されている中で、大切な子どもを抱く・・・

経口抗ガン剤を服用し、子どもにキスをする・・・

子どもと同じ布団で寝る。

寝ている間のは、目に見えない抗ガン剤成分を含んだ汗をたくさんかいています。

その汗に接触した子どもの皮膚からは経皮毒と言う形で毒が吸収されていてもおかしくないですよね・・・

夫婦間は、キスもセックスもしますね・・・

一緒に洗った洗濯物はどうなのでしょうね・・・

シャンプーや生理用品から吸収する経皮毒ですら、あんなに怖ろしいのですから、猛毒の抗ガン剤ともなれば、どうなのでしょうか・・・

考えたらとても怖いことです。

それでも抗ガン剤を選択してしまっているのが日本人です。

医療利権の犠牲者になっていることを知り、社会背景を学ばなければ、自分どころか大切な家族も守れなくなります。

ガンのメカニズムを学び、治すのは自分であることに気付かなければ、大切な家族もまた、自分と同じ運命を歩むことになりかねません。

ガン家系ではなく、ガンを連鎖させているのです。

私は、抗ガン剤、放射線の犠牲者がこれ以上増えないことをせつに願っています。

そして、家族に起きるガン・負の連鎖をとめる使命を与えられた自分であることに、一刻も早く気付いて頂きたいと祈っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

牛乳とがんの関係

牛乳神話は変わらず続いています。

骨転移して、カルシウムを摂らなくては・・・と言って牛乳、ヨーグルトをたくさん摂っている人がいます。

牛乳は、リンとタンパク質を多く含んでいるので、摂取をすれば、リンとタンパク質を中和させるために体のカルシウムが溶けだします。

つまり牛乳を飲む人は、骨粗しょう症になりやすい、また骨折しやすいということです。

世界一牛乳を飲む国 ノルウエーの人の骨折率は、日本人の5倍

そして、畜産で育った乳牛は、早く成長させ、たくさんのお乳を出させるために大量の成長ホルモン、女性ホルモン、さらに抗生剤が投与されています。

これによって、牛乳が、前立腺ガン、卵巣ガン、乳ガンなどのホルモン系のガンを増やしてきたことは多くの研究者が指摘をしています。

卵巣ガン、乳ガンになっても、また牛乳を飲んでいませんか?

特にガンの人は、チーズやヨーグルトも要注意

ホルモン系ガンに限らず、腸を汚してしまう牛乳は、大腸ガンの発症リスクも高くなります。

また、成長ホルモンを多く含む牛乳は、体の防衛メカニズムを阻害すると言われています。

何が起きるかというと・・・

成長ホルモンは、体の防衛機能を狂わせ、ガンのアポトーシス(死滅)を阻害してしまい、結果ガンの発症に繋がっていくのです。

もうこれ以上、ガンを増やさないよう嗜好品である牛乳は避けるべきですね。

子どもの頃から牛乳を飲み続けると、ぜんそくやアトピー、精神発達面にも害を及ぼす可能性も報告されています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんとワクチンの関係

増え続ける子宮頸ガン

しかも20代といった若い人の発症が増えています。

そんな話を聞けば、誰しもが不安を持ちます。

もしも私が・・・

もしも娘が・・・

そんな心理をつくように登場したのが子宮頸がんワクチンです。

子宮頸がんワクチンをすれば本当にガンを避けれるのでしょうか・・・

ワクチンは、化学物質ですから当然、多くの発がん物質を含んでいます。

『ワクチンには、80~100種類の猛毒が入っている。有機水銀化合物のチメロサールなんていう神経毒が、子どもに与えていい安全基準量の1000倍も2000倍も入っているし、発ガン物質のホルマリンも入っている。それから豚とか牛とか猿の体液が入ってるんだ。子宮頸ガンなんか、蛾の細胞からできている』

驚くべきことが船瀬俊介氏のご著書にもあります。

多種多様の猛毒でつくられているワクチンを打つとどうなるのでしょう。

副作用が出ても不思議ではないということです。

多くのワクチンには『チメロサール』という水銀の一種が含まれ非常に危険であり、特に子ども達に与える影響は深刻です。

ガンや病気を防ぐためのワクチンに発がん物質が含まれている

何のための、誰のためのワクチンなのでしょう・・・

体内に薬剤が入れば、病気を防ぐどころか免疫を低下させてしまいます。

病気を防ぐのはワクチンではなく、自分自身の免疫です。

病気を防ぐのも、病気をなおすのも免疫力です。

摂ってしまった発がん物質は体から出すこと

ワクチンに限らず、私たちは常に毒にさらされながら生活しています。

常に解毒をする体を目指しましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治療に悩む・自分で選択する

がん治療に悩む人

抗がん剤をやめたい、でもやめるのも怖い

抗がん剤を続けるべきか、やめるべきか

抗がん剤が悪いことはわかっている、でも断ったことで病院で診てもらえなくなることが怖い

決めれない、と相談を受けます。

そんな方は、抗がん剤の成分も、抗ガン剤のデメリットも、抗ガン剤によるリバウンドが起きることも、抗ガン剤が免疫を抑制することもちゃんと知っています。

そして、がんは免疫を上げないと治らないことも知っています。

だからこそ、どうしたら良いかと質問をされます。

免疫を上げる生き方はお伝え出来ますが、がんの治療法は自分で自分の体に責任をもって選択するしかないのです。

仮に抗がん剤をして、再発や転移をしても病院を責めることは出来ません。

なぜなら、それを選んだのは自分自身、すべては自分の責任だからです。

治療は強制ではないのです。

たとえ、抗がん剤によるリバウンドや二次発ガンがあることを知らなかったとしても、知らない事も自分の責任

自分で調べ、何が良いのか悪いのかの判断は、自分の感覚を大切に、自分の意思でしっかりと選択することが大切です。

悪いとわかっていながらすることは、罪悪感となり、精神的にも大きな負担を与えます。

良いと思うことはする、悪いと思うことはしない

このけじめと決心が、がん治しには必要なのです。

なにを信じるかもひとそれぞれ

ただ、どんな治療法を選ぼうが、免疫を上げていくことは、がん治しに必要不可欠です。

私のクライアント様は抗がん剤治療を自らやめられた方が多く占めています。

抗がん剤を最初から全くしていない人に比べると、免疫を上げるためのパワーは2倍

また、抗がん剤治療を選択されている方も2割ほどいらっしゃいます。

どんな選択であれ、私にとっては大切な大切な方々

感染症を起こさないよう、とにかく免疫を上げ、治療で苦しむこともなく笑って元気に過ごされることに感謝、そして常に願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

対処療法だけに頼らない生き方・・・再発転移を防ぐ

同じがんの治療法であっても選択する療法によって変わってきます。

 

大きく分類すれば、対症療法と原因療法です。


対症療法とは、表面的な症状の改善、もしくは緩和を目的とする治療法をいいます。


表面に表れた症状に対応することであり、根本を解決するものとは違います。


原因療法とは、原因そのものを改善する治療法をいいます。


病気になった原因を取り除くことで、症状を消失させていきます。


それぞれ、2つの療法はそれぞれ得意とする分野が違います。

 

目の前の症状を改善するには、薬剤を使う対症療法が得意な分野です。

 

痛みを止める、出血を止める、咳を止める・・・など

 

がんの療法でいえば、手術、放射線、抗がん剤です。

 

目の前の症状を抑え込む方法です。

 

ですが、痛みや目の前の腫瘍は治まったとしても、痛みの原因、腫瘍の原因がある以上は、やがて再発してしまいます。

 

その場しのぎ治療をしても、また同じことの繰り返しになり、それでは悲しすぎます。

 

がんをもとから治すには、やはり原因療法が必要です。

 

対症療法と原因療法は相反するものになります。


がんになるまでは、私も対症療法だけに頼り切っていました。


咳が出れば、咳止め


頭が痛ければ、頭痛薬


便秘をすれば、下剤


血圧が高ければ、降圧剤


病気を治している訳ではありません。

表面に出た症状を抑え込んでいるだけだったのです。

 

それどころか使った薬剤は体内に蓄積され、私の体内は毒素でいっぱいになっていました。

 

これも、がんになった原因のひとつ。


頭が痛い原因を取り除かず➡痛みだけを抑えたのでは➡また頭痛は起きてしまいます。


頭痛が起きる原因は何なのか・・・


体の冷えからくる血流障害から起きていたり、ストレスから交感神経が過剰になり酸素が少なくなって起きていることも


がんも同じ。

 

がんになった原因を取り除かない限り➡いくら癌を取り除いても➡再発転移が起きてしまうのです。

 

がんになった原因は何なのか・・・

 

これらの原因を取り除いていくこと・・・

ならば、本当の健康なからだを手に入れることが出来るのです。


自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんを癒す・自然治癒力を活用する

癌が見つかった時、強いストレスを受け、転移と聞かされた時、さらに強いストレスを感じます。


癌は、私たちに人間にとって、死に至る病だと潜在能力にしっかりと刻み込まれているからです。

癌であることを公表した有名人が、抗ガン剤でやせ細り、疲れ切った姿を見ると本当衝撃を受けます。

 

自分もいずれはそうなっていくのか・・・と怖くなり、訃報ともなると、本当に強い恐怖感に襲われます。


このようなストレスが、がんを急激に大きくしてしまいます。


自律神経を乱してしまうストレスは➡体温も下がり➡呼吸も浅くなり➡がんが増殖する環境をつくっていきます。


追いつめられる時に受ける強いストレスは、急激に大量の活性酸素を生みます。

そして、ひと晩で髪の毛も白くなるといわれます。

 

がんもたった1日で、大豆ほどの大きさになることもあると言われており、ストレスは、がん以上に怖いのです。


 しかし、この逆で、囚われ、ストレスから解放されると、がんが一気に退縮することもあります。

どんな人でも、がん細胞は、毎日、数千個から数万個も生まれ続けています。


誰もが持っている癌細胞です。

検査をすれば、癌が発見されるのも不思議ではありません。


 事故などで亡くなり解剖をしてみると、あちこちにがんがあった、というのはよくあることだそうです。



知らずに元気に過ごしており、がんは出たり、退縮したりを繰り返しているのです。


元気な人も、癌があったり、がんがあっても知らないうちに消えている可能性も充分ありますね。

 

癌だと知り、恐れたばかりに悪くなってしまうケースも・・・・

 

癌から鬱や不眠症になる人も・・・・


恐れた分だけ、心と体にストレスを与えます。


がん治しは、恐れを手放すこと、そして、人間には、自然治癒力が備わっています。

治る力を持っているのです。


ただ、その力を活かせれているか、どうかが重要なのです。

 

自然治癒力を活性化するか、しないかは自分次第です。


私もがんになるまでは、病気になれば病院で治してもうのが当たり前と思い込んでいました。


だから、自然治癒力を発揮させることなど、考えてもなかったのです。


しかし、同じように癌になり、病院で手術、抗ガン剤、放射線の治療を受け

亡くなっていった友人や知人をみて、ショックと同時に疑問を感じました。


常識を覆さなければ・・・

 

癌はなおらない・・・


やっと目覚めたのです。

 

自然の摂理、そして頂いた生命の原点はなにか・・・

と考えたとき、自分の体に申し訳ないことをしてきた、と心の底から思うのと同時に自分の体に謝りました。


そして、がんも自分の細胞、身内細胞であることに気付かせて頂きました。
 

気付いたことで、生き方が変わりました。

 

自らが持つ自然治癒力をしっかりと活かして頂きたいと願っています。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

排毒ががんの再発転移を防ぐ・・・

抗がん剤をするのか、それともしないのかを考えている人が年々増えてきています。

 

インターネットなどで自分で調べることが出来る、情報の多い時代だからこその悩みでしょうか・・・

 

抗がん剤の賛否は・・・

終わりがなく繰り広げられそうです。

 

絶対に抗がん剤はしない!と決めたMさん

 

病院からは抗がん剤をしなければ、死にますよ!といわれたそうです。

ですが、はっきり断り、3年が経過したそうです。

 

抗がん剤をしなければ、死んでしまう・・・

その言葉には、動揺したそうです。

けれど、抗がん剤でつらい思いや、再発や転移を恐れながら生きるよりも、今のままで生きたいと思ったからだそうです。

 

 

 

~ 船瀬俊介氏 ご著書より抜粋 ~

 

藤波医師(東京医科大学名誉教授)は断言する

 

「抗ガン剤・・・私なら絶対やりません!ガン専門医が自分がガンになったとき拒絶するのも患者に投与してきて『効かない』ということを知っているからでしょう。私なら代替医療を選びますね」

 

彼らは口をそろえて「抗ガン剤は細胞毒だ」という。

 

「医薬品添付文書」ですら抗ガン剤は細胞毒 毒物とハッキリ明記している

 

~~~~~~~~~

 

 

初めて見れば、誰もがびっくり!そして、なぜ??と思う人も・・・

 

そんなことは嘘だと言いたい人も・・・

 

抗がん剤をどう思うか!

 

する、しない、選択は個人の自由です。

 

ただ、知らないことが一番怖いことだと・・・

 

自分で調べ学ぶことが大切です。

 

そして知ったら、とにかく毒素の排出に取り組むことです。

 

がんは血液が汚れたたことで出来た病です。

 

つまり、がんは毒素が体に溜まることが原因でつくられるのです。

 

細胞毒といわれる抗がん剤

 

だから、抗がん剤の毒素を体に溜め込まないこと

 

体に入った毒素はいち早く、排毒することが重要です。

 

後悔しない為に、自らが実践することですね。

 

これが再発転移を防ぐため最大の自助努力です。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

便の色で腸内環境をしる

免疫を高めるには腸内環境を整えることです。

腸内の環境が良いか悪いかは、便の色で予測出来ます。

黄色に近い便が、腸内環境が良い健康な便といえます。

腸内にビフィズス菌や乳酸菌などの有用菌が多い場合、腸内の環境は弱酸性に保たれ、黄色に近い便になります。

動物性の食品、つまり肉類、脂肪類を多く摂り、食物繊維が少ない食事になると、腸内が腐敗してアルカリ性となり、便の色は、茶褐色から黒褐色になります。

腸内で腐敗が起きることにより、有害な物質がつくられ、ガスや便の臭いが強くなります。

腸内で腐敗を促進する悪玉菌がたんぱく質を分解するため、アンモニアの代謝物としてアミン、硫化水素、インドール、スカトールといった発ガン促進物質を作り出してしまいます。

これらの有害物質は、臭いだけでなく、腸管の炎症を起こし、大腸ガンなどをつくります。

ガスや便の臭いがきついと感じたり、便が黒褐色の場合は要注意です。

一方、味噌、ぬか、納豆など乳酸菌を多く含む食品や、野菜、海藻類など繊維質を多く含む食品を摂ると、腸内の環境は発酵状態となります。

人の大腸には、便1gあたり約1兆個、1000種類以上の細菌が住み着いています。

この腸内細菌を有用菌優位にしていくことが、自然治癒力を高め健康な体をつくる基本です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

重要なのはがんの療法ではなく、心豊かに暮らせること

ガン治療には様々な方法があります。

何が正解なのか、情報が多ければ多いほど迷うこともあるでしょう。

特に抗ガン剤治療に関しては、賛否が最もわかれるところではないでしょうか。

抗ガン剤の有用性を強調する側

抗ガン剤の有害性を強調する側

まるで反対のことを言っている訳です。

それぞれが、確かであるという情報を持っています。

ニセ論文やねつ造など様々な意見が出ています。

どの情報が正しく、どの情報が間違いなのかは最終的には誰にもわかりません。

わかるとしたら、実際に体験したガン患者さん本人なのではないでしょうか・・・

情報が飛び交う中、賛否がある中で、何を信じるか、誰を信じるかは自分自信です。

自分が信じたこと、直感で感じたことが正解なのです。

今までの常識からは考えられないことを言う人を批判される方もいらっしゃます。

しかし、今までにない情報を必要としている人も大勢いらっしゃるのも事実です。

必要と感じた人にとっては、それがとても有り難く正しい情報になるのです。

それは、外野が評価することではなく、必要な人が必要にキャッチすれば良いだけのことなのです。

また、人を惑わすような情報をなぜ流すのか・・・と思う方もいらっしゃるでしょうが、惑わされるのは、人のせいではなく自分の中にまだまだ迷いがあるからです。

情報がないと選ぶことも出来ない、情報があれば選ぶことが出来るのです。

丹羽靱負先生のこんなご著書を目にしました。

【白血病の息子が教えてくれた医者の心得】

*****************::ご著書の紹介文を一部抜粋させて頂いています**********************

私が抗がん剤を使わない、なんとかがんを治すクスリはないかと生薬の研究を始めたのは今から27年前。私の息子が小学校2年生で白血病になりまして、抗がん剤で生き地獄を見まして、死んで行きました。そのことがキッカケです。

白血病で亡くなった息子が抗がん剤は拷問以上だと教えてくれた

当時、京都大学医学部を卒業して23年。京大で私はSLEの専門家だった。(全身性エリテマトーデス。自己免疫疾患のうち、代表的なものが膠原病で、膠原病のうちもっとも多臓器にわたるのが特徴なのがSLE。自己抗体や免疫障害を主微とする疾患である)英語の論文を20以上書き、東大の患者もほとんど私が診ていました。
患者さんが来ると、まずはプレトニン(ステロイドの一種)を20錠くらい飲ませる。ところが、プレトニンでコントロールできるのはわずか10人のうち5人。あとの5人はなんぼ飲ませてもびくともしない。プレトニンを100錠、200錠、点滴のなかに入れてばんばかやるわけだ。次に抗がん剤をやるわけだ。がんというのは、人間の正常な細胞とそれよりも何十倍も強いお化けみたいなものとが共存しているんです。
抗がん剤をやると患者さんはゲーゲー吐きながらしんどいと訴える。そうすると医者は、検査のデータを見せて、あんたなにをいっているんだ。このとおり抗がん剤でガンが小さくなっているのに。マーカーの数値が下がっているのを見せられて患者さんは「すみませんありがとうございます。ゲーゲー」と感謝する。そこでまた抗がん剤。ゲーゲーやる。人間が死にかかったら抗がん剤をやめる。がん細胞がどんどん大きくなってマーカーが3倍4倍。また抗がん剤やる。患者さんゲーゲーやる。先生もうやめてくださいという。なにいってるんだ、マーカーが下がったじゃないか。あ、ありがとうございます。ゲーゲー。また途中でやめる。マーカーが上がる。またやる。ゲーゲーありがとうございます。を繰り返しながら苦しんで死んでいかなければならないんです。
がん細胞のほうが絶対に人間の細胞よりも強い。絶対にがんよりも人間のほうが先に死ぬ。それは自然の摂理であります。
僕はそんなこと分かっていたけど、卒業して23年。大学でもこれしか教えてくれないし、教科書もこれしか書いてない。だから何百人ものがん患者さんが抗がん剤でみんな苦しんで死んでいくのを見届けるしかなかったんです・・・

*************************************************************************************

ご自身の息子さんが抗ガン剤で苦しみ亡くなっていく姿に医者として気付かされたと・・・

拝読し私は胸がいっぱいになり涙が込み上げてきました。

丹羽先生の勇気ある思いに感銘を受けました。

これも皆さんそれぞれ感じ方、捉え方が違うと思います。

私のクライアントさんもみなさん、さまざまです。

私が信じる先生、信じる情報、自然の摂理はお伝えしますが、後はご自身が決めることです。

決められたことを否定はしません。

ご自身が良いと感じたことを取り入れられれば、それで良いと思います。

クライアントさんが選ばれた療法が重要なのではなく、その方が元気になられること、心豊かに暮らせることが重要なのです。

大切なのは、命の長さより、生き方のクオリティであると私は考えています。

クライアントさんが、今ある幸せに気付かれ、心豊かに暮らせるようお手伝いさせて頂くのが私の仕事です。

人は、細胞も環境も性格もみな違います。

ですから、考え方、療法が違って当たり前なのです。

共通しているのは、ガンと心は繋がっているというところです。

ガン治しにとって一番大切なのは、心の持ち方、生き方を見直すことです。

どんな療法を選択しても、ここは絶対的に外せない共通点だと考えます。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

本質を見極めて取り組む食事療法

食事療法の考え方はさまざまです。

どれをとっても賛否があります。

例えば、大豆製品のなかの豆乳

豆乳は、大豆イソフラボンで女性ホルモンの分泌量を適切に調整してくる働きがあり、乳ガン予防に推奨する考えがあります。

一方、豆乳は体を冷やす作用があるということ

そして、非発酵の大豆は、フィチン酸塩、酵素阻害物質、ゴイトロゲン(甲状腺腫誘発物質)など人体に有害な作用を持つ植物性化学物質が含まれているため、タンパク質の消化と吸収を阻害して、亜鉛や、カルシウム、マグネシウム、鉄といった必要なミネラルの吸収も邪魔してしまう働きがあります。

だから豆乳は、ガン予防やガンの方には不向きだという考え方

全く違いますね。

何を必要としているのか、何を主に取り組みたいのかによって必要性が変わってきます。

野菜についても賛否があります。

生野菜は、体を冷やし、体温を下げるという考え

生野菜は酵素を補うので代謝があがり、結果、体温が上がるという考え

真逆ですね。

それですべてを判断するのではなく、野菜の種類や特徴、有用成分によって、生野菜にするのか、温野菜にするのかを使い分けることが大切です。

例えば、同じ食物繊維であっても、食品の性質によって、生の方が摂取しやすいもの、火を通した方が摂取しやすいもの、全て違うわけです。

そして、人間も同じように、体質、環境、ガンになった原因、全て違うわけです。

自分は、どこの部分を強化したいのか、何が必要なのか

きちんと体の声を聞いて、自分に必要な食品、調理方法をすることが大切ですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)