がん治しは決断力と実践力・再発を防ぐ

人間ドックは日本特有の検診です。

こんなに検診王国でありながら、癌が減ることはなく、増え続けています。

検診による過剰診断も癌が増えた理由のひとつでしょう。

また、近年では検診などによる過剰なレントゲン撮影が癌の原因のひとつになっているとも言われています。

病気を早期発見するためのレントゲン検査によって、被曝をしていることには矛盾を感じます。

放射線エネルギーはDNAを破壊してしまうためレントゲン検査を受けるとその分、発がんリスクは高まります。

こんなにX線を浴びている国は日本ぐらいでしょう。

人間ドックや検診では、病気を防ぐことは出来ません。

大切なことは、病気にならない体づくりを心がけること

また、病気になっても自己治癒力で元の健康な状態に戻せる免疫力をつけることです。

日本人の死亡原因のトップは癌で、年間約35万人が亡くなっているそうです。

癌でありながら、実は多くの方は癌以外の原因で亡くなっています。

それは肺炎、カンジダ菌などの感染症です。

その数は8割

なぜ、こんなにも多くのがん患者が感染症で亡くならなくてはいけないのでしょうか・・・

原因は、免疫力が極度に低下しているからです。

抗ガン剤や放射線によってリンパ球が激減し、免疫力は限りなくゼロとなり、感染症を起こしてしまいます。

今まで何ともなかった菌でさえ、免疫力がなくなると全身が侵されてしまいます。

がんを治すどころか命が危険な状態になります。

抗がん剤や放射線は、対症療法です。

一時的に良くなったように見えても、免疫力を上げない限り、ひとときすればまた、癌は活動を始めます。

しかも、抵抗する癌細胞は、前よりも力を増して活動を始めます。

これが再発転移です。

がんの根治を目指すなら、免疫力を上げるしかない

どんな人でも毎日数千から数万の癌細胞が新たに生まれています。

画像に写る腫瘍をたとえ全部きれいに取り除いたとしても、免疫がなければ、毎日生まれてくる癌細胞を抑えることができず、また新たな塊をつくってしまいます。

しかも抗がん剤や放射線によって体内に活性酸素が大量に発生していると、その可能性はさらに大きくなります。

体内に溜まった毒素をいち早く排出し、免疫を上げる生き方をすることが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん細胞は自分次第で変化する

ガンが見つかり、強いストレスを受けます。

転移と聞いて、さらに強いストレスを感じます。

ガンは、私たちにとって、死の病気だと潜在能力にしっかりと刻み込まれているからです。

テレビなどの報道で、ガンであることを告白した有名人は、抗ガン剤でやつれ切ってしまい、以前の姿は見る影もない・・・

そして、訃報

これを見ると、元気な人でもガンに対する恐怖は増すでしょう。

ましてや、現在、ガンである人は言葉で言い表せない恐怖に落とされる人もいるでしょう。

このようなストレスは、ガンを急激に大きくしてしまいます。

自律神経を乱してしまうストレスは、体温も下がり、呼吸も浅くなり、ガンが増殖する環境をつくってしまいます。

たった1日で、大豆ほどの大きさになることもあると言われています。

この逆もあります。

囚われ、ストレスから解放されると、ガンが一気に退縮することもあります。

よく考えてみると、不思議ではないと思いませんか?

どんな人でも、ガン細胞は、数千個から数万個も毎日生まれ続けています。

特に、血行が悪くなっている場所に、ガンはできやすくなります。

しかし、ガン細胞は、誰しもが持っているのですから、検査をしてガンが発見されても、驚くことではないのです。

事故などで、解剖をすると、あちこちにガンがある方が結構いるそうです。

知らずに元気に過ごしていたわけです。

知らないところで、ガンは出たり、退縮したりを繰り返しています。

元気だと思っている人も、ガンが出来ている可能性は充分ありますね。

ガンでなくても、これを機に生活や心の持ち方を見直してみませんか?

ガンは恐れてはいけません。

恐れれば恐れるだけ、心と体にストレスを与えます。

ガンなおしは、恐れを手放すことから始まります。

人間には、自然治癒力が備わっています。

誰にでも、治る力があるということです。

その治癒力を活性化するか、しないかは自分次第です。

生命は、神秘と奇跡の力を秘めています。

私もガンになるまでは、病気になれば病院で治してもうのが当たり前と思い込んでいたわけです。

いわゆる洗脳というものです。

ですが、同じようにガンになり、病院で手術、抗ガン剤、放射線の治療を受け、亡くなっていった友人をみて、疑問を感じました。

その直後にも、また知人が治療の甲斐もなく、亡くなりました。

そこで私もやっと目が覚めました。

常識を覆さなければ、ガンはなおらないと・・・

自然の摂理、そして頂いた生命について、よく考えてみると、自分の体に申し訳ないことをしてきた、と心の底から思いました。

大切な命が失われる前に、どうか気付かれますことをせつに願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治しで最も不安なこと

ガンなおしには、不安がつきものかもしれません。

何が正しいにか、何がいけないのか・・・

本など読めば読むほど、違いに戸惑う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、それ以上に不安をつくる要因は、家族との関係です。

ガン治療に対する考え方が違うことです。

ガンという宣告を受けただけでも不安になるのが普通でしょう。

そこに家族とに意見が対立すれば、なお一層不安は大きくなります。

それが原因でストレスとなり、ガンが悪化してしまうことも少なくありません。

当然、孤独も感じるでしょう・・・

ガンなおしには、家族のサポートが大きな力になります。

それだけで、免疫は上がったり下がったりします。

なぜなら、最終的には、自分以外で、自分を守ってくれる人は家族でしかないからです。

しかし、あくまでも、なおすのは本人です。

家族は、サポートする側です。

本人の意思を尊重してあげることが、一番のサポートであり、療法ではないでしょうか・・・

また、家族に反対をされ、寂しい思いで独り、ガンなおしに励んでいらっしゃる方もいらっしゃいます。

今は、寂しいと思いますが、自分が直感で感じたことを大切にすることです。

揺るがぬ信念は、やがて現実になります。

訴えなくても家族は、いつかわかってくれます。

決して争わないこと

争いは、ガンをつくってしまいます。

争わず、意見を押し付けず、家族に感謝することです。

残念ながら、家族ですら、人を変えるということは出来ません。

まずは、自分が変わることです。

感謝して、自分が変わることで、周りが変わってきます。

それには、まず自分を信じることです。

きっと、このような悩みを抱えていらっしゃる方は、多いと思います。

わかってもらえない、ではなく

家族だって、私が大事だから言っていることなんだ・・・と感謝することから始めてみてはいかがですか・・・?

必ず、自分自身も変わってきます。

心の持ち方、ものごとの捉え方がすべてです。

ストレスが軽減されると、体も変わってきます。

より良いガンなおしには、心の持ち方、ものごとの捉え方を変えることがキーポイントです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんに対する防御機能を失わないために

ガンの療法は、自分で選ぶものです。

病院任せの西洋医学から、自分でなおす自然療法に切り替える人も増えています。

とはいえ、まだまだ西洋医学一辺倒の人が多い日本です。

残念ながら、病気は薬でなおす、病気は病院でなおす、と育てられた日本人ですから・・・

そんな中でも、少しずつ気付き始めた事実

ガンでつらい治療をしたにも関わらず、亡くなっていく人を見て疑問が出てくるものです。

私もその一人でした。

そんな中で目にした衝撃的な言葉

「治療を拒否した患者の平均余命は12年6カ月である。しかし外科手術、その他の(ガン)治療を受けた患者は平均すると治療後わずか3年しか生きていない」

「原因は手術による外傷が、生体の防衛機構に影響したためである、と私は考える。人体には本来、あらゆる種類のガンに対抗する防衛機構が備わっているのだ」

(ハーディン・ジェームス博士、カリフォルニア大学)

その言葉が妙に納得出来た私でした。

初期の乳ガンであった知人は、念のためといい、全摘手術を受け、その1年後、リンパへの転移が見つかり、言われるがままリンパを切除

その3ヶ月後、転移が見つかり、抗ガン剤、放射線治療を繰り返した。

半年の間に、脳、肺、肝臓、骨へと転移し、それでも亡くなる直前まで抗ガン剤を投与し続けました。

結局、初期ガンから2年で彼女は天国へと旅立ちました。

亡くなる2ヶ月ほど前から激痛が走るようになり、モルヒネが手放せない状態に・・・

モルヒネを使った後は、まるで別人でしたね。

生気が無くなり、薬が生命力を無くしていることがはっきりとわかるくらい、目はうつろで口数も減りました。

生命の中心である腸の機能も完全にやられていました。

モルヒネの量は増すばかりで、幻覚を見るようになり、見ていて本当につらかったです。

最後の1ヶ月は、起きている時間が日に日に短くなり、最後はほとんど寝ている状態でした。

2年後、こんな姿になっているなんて誰が想像したでしょう。

ガンは切ったら治る、彼女はそう思っていたはずです。

一方、乳ガン ステージⅣで見つかったクライアントさんは、ガン宣告から2年経ちますが、普通に生活をしています。

彼女は、手術不可能と言われたことを機に、すべての治療を断り、食事や健康食品、運動、温熱など自分に合った自分療法を見つけ実践しています。

この2年のなかで、ご自身の生きる喜びも見つけることが出来、ガンになる前より笑顔がずっと増えています。

なぜ、このような結果が出るのでしょう・・・

野生の動物はガンにならないのに、なぜ人間はガンという病ができたのでしょう。

人間も野生動物のような生き方をしていれば、ガンにならない

つまり、ガンは、不自然な生き方をしてきた結果ということです。

ガンになった原因

まずは原因を見つけることからです。

原因を取り除かずして、ガンをなおすのは不可能です。

同じことの繰り返しになります。

西洋医学だけに頼っていたのでは、気付かぬまま終わってしまいます。

生き方を変えることが、ガンなおしです。

ご縁を頂いた方々が、ひとりでも多く気付いて下さることをせつに願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんは自分で治せる・決断が波動を上げる

がんは治る病気です。

心の底から 『自分で治せる』 と思った人は治っていきます。

『本当にこれでいいの?』 『悪くなっていないかしら?』 という考えが頭に浮かんでくる人は治らないでしょう。

自分の体や自分の選択に責任が持てていない人は恐れがつきまといます。

がんは自分でつくった病気です。

だから自分で治すしかないのです。

自分の選択と決断、そして思考が今の自分をつくっています。

恐れや不安、続く悩みは低い波動となります。

自らが発しているこの低い波動は、病気と同調する波動なのです。

病気から抜け出ようと思ったら、病気と同調しない、高い波動を起こさなければいけないのです。

自分で治すことを決断すると、波動は上がっていきます。

高い波動を発することが出来ると、それに似合ったご縁がいただけたり、また自分の行動も変わってきます。

何より高い波動は、良い運を引き寄せてくれます。

がんを治すにも、運は良くなった方が絶対に良いのです。

病気は低い波動が同調して引き起こしたもの

つまり、自分のなかに負のものを溜め込んでいるということです。

がんになって、恐れや不安、悩みを抱え込むと、さらに体内は負のものでいっぱいになってしまいます。

苦しいからこそ、自分のなかから負のものを全部出してしまう、捨ててしまうことが必要

決断することで、負のものが無くなり、高いエネルギーが生まれてくるのです。

心が浄化されれば、体も浄化されます。

がんは、心と体の汚れなのです。

【病気の根源は心にある】

クヨクヨしない

自分で治す・自分で治せるという意識をしっかりと持つことで、治る方向を向くのです。

決断したら、五感を働かせて、自然界の高い波動をしっかりと受け取ってくださいね。

がんは治ると信じて・・・

心と体の浄化を・・・

自分自身の自然治癒力を信じ切った人が、がんを克服しているのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自然の摂理に従ってがん治し

自私のところに相談のお電話を下さる方

ほとんどの方が女性です。

自然の摂理に反して生きてきたことに気付き、気付かせてくれたガンに感謝が出来る自分になることから始まります。

ガンと闘わず、ガンを癒す

ガン細胞も自分の体の一部です。

ガンも自分の大事な細胞の一部ですから、切り取ったり、焼いたり、毒を与えたりすると、自分の体を痛めつけていることになります。

心や体に負担をかけてきた、今までの不自然な生き方がもたらした結果

それが、ガンです。

だから、不自然な生き方を見直すことが、ガンなおしなのです。

男性は、男性ならではの生き方

性は、女性ならではの生き方

男性は、凛々しさや逞しさ

女性は、美しさや柔らかさ

これが自然な生き方です。

戦い抜いて勝ち負けをはっきりさせることは、本来女性には向かない生き方です。

女性が社会にどんどん進出している現代

女性が社会で、一生懸命働き、キラキラ輝くことは本当にすばらしいですね。

そんな中でも、女性ならではの生き方を上手に生かしている人こそが、厳しい社会の中でも長期的に生き残っています。

これが自然の摂理に則っている女性の上手な生き方です。

ガン療法においてもそうですね。

女性であるから、美しくいたい、柔らかくいたい

だから、女性は、ガンと闘うのではなく、ガンを癒すということが受け入れやすいのです。

とは言え、ご相談くださる方が最初からこの考えだったわけではありません。

当たり前に、三大療法を受けてきた結果、再発転移の壁にぶつかり、疑問を持ったり、気付いたりして、お電話を下さる方が大半です。

自分の大切な細胞であるガンを薬剤でさんざん攻撃してきたことも、不自然な生き方のひとつであったと後悔されています。

しかし、実はこのような生き方、考え、療法があることさえ知らなかったと言われる方がほとんどですね。

無知は恐ろしいことです。

知ったことを柔軟に自分の中に落とせるのも女性ならではの特徴です。

女性ならではの生き方を、ぜひガンなおしにも生かしてほしいと切に願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自分にあったがん療法は直感で決まる

突然ガンと言われ、どうするべきか、色々と調べますね。

特に、現代はネットという便利な環境があるので調べることは簡単です。

私もガンになった時そうでした。

まずは、自分が置かれた現状を知るために、震えながら、ガンのステージ、治療法について調べました。

怖くて仕方なかったのを覚えています。

そして、次に 『ガンに効く』と言われているものについて調べました。

藁をもすがる思いだったですね。

そんななかで、私は直感が働いたものをやろうと決めました。

しかし、他にも良いものがあるのではないかと気になり、また次を調べていた自分がいました。

ところが、いろいろ調べていると、気持ちが揺れ、何が正しいのかわからなくなり、自分の直感すら、疑うようになってきました。

私もこのような経験をしているので、気持ちはよく分かります。

ですが、調べれば調べるほど、大事な直感を鈍らせてしまいます。

ガンなおしは人それぞれです。

これをやったらガンがなおる

これを飲んだらガンがなおる

それも人それぞれ違うのです。

他人を参考にするのではなく、自分の直感を大事にすること

この療法はどう思いますか?

このサプリはどう思いますか?

とよく聞かれますが、それもみんな違うのです。

皆に100%効くものはありませんね・・・

自分で選ぶことが、ガンなおしです。

人や物に依存するのではなく、なおすのは自分であることをしっかりと自覚することが重要です。

あれもこれもと欲が出たり、悩みすぎると、直感が鈍り、信念までもが揺らいできます。

これが、失敗を招くもとです。

これだと決めたら、自分を信じて、徹底してする

プラスの思考が、揺るがぬ信念となり、やがて現実をつくるのです。

悩み過ぎると、エネルギーも失い、ガンの道に進みます。

何が正しいかは、誰にもわからないこと

神のみが知る世界です。

自分の直感を信じて、おおらかな心でガンなおしに励まれることを祈っています。

直感が働く自分になるには、執着を捨てること

自分を信じたいなら、朝陽を拝むことです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんは救世主でもある

ガンは、生き方の偏りがつくった病です。

働き過ぎ

リラックスし過ぎ

頑固過ぎ

人が好過ぎ

神経質過ぎ

無神経過ぎ

この生き方の偏りが、ガンを招きます。

この偏り・過剰な生き方は、心と体に大きなストレスをかけています。

ガンになった現在も、このように偏った生き方をしていませんか?

働き過ぎや、心配し過ぎは、血行が悪くなり、体温が低下し、呼吸が浅くなります。

低体温、低酸素は、正常な細胞が生きにくい環境です。

細胞が生きにくい状況が起きても、私たちの体は、何とかして生き延びようとします。

低体温、低酸素という、最悪な環境下であっても、今度はそれに適応するための細胞がつくられます。

それが、ガン細胞です。

だから、ガン細胞は、低体温、低酸素の環境を好むのです。

宿主である私たちが、この環境を変えない限り、ガン細胞はそのまま生き延び続けます。

ですが・・・

ガンがすべて悪いわけではありません。

私たちが生き延びるために、この悪い環境でも適応できるガン細胞をつくって、生命の危機をくい止めているのですから、ガン細胞は、私たちにとって救世主でもあります。

ガンが出来ていなければ、一瞬にして命を落としていたかもしれません。

危機を救ってくれたガンには、感謝ですね・・・

まずは、偏った生き方を見直すこと

そして、体温を上げ、酸素をしっかり取り込む生き方をすると良いでしょう。

偏りを無くすために、好きな言葉を身に着けるのもいいですね・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

親子、夫婦でがんになるのはなぜか

うちはガン家系だから・・・

とよく聞く言葉です。

お父さんをガンで亡くなられ、息子さんもまたガンになる。

親子でガンになっている方、確かに多いですね。

しかし、遺伝性のガンは5%に過ぎないと言われています。

お父さんは肺ガン、息子さんは肝臓ガン

ガンの種類が全く違います。

しかし、なぜかみんなガンになっているのは、なぜでしょうか。

食べた物が、ガンをつくります。

生活環境が、ガンをつくります。

思考・行動が、ガンをつくります。

家族であれば、食生活が同じ可能性が大きいですね。

家族であれば、生活環境が同じ可能性が大きいですね。

家族であれば、思考・行動が同じ可能性が大きいですね。

こういうことなのかもしれませんね。

夫婦においてもそうです。

ですが・・・

ガンが家族間に発生する原因はこれだけでしょうか・・・

放射線、抗ガン剤の治療を受けた人は、汗などの分泌物、尿、便などの排泄物から、有害な成分が排出されると言われています。

有害な成分とは、発ガン物質です。

寝汗をかいたシーツを替えたり、それどころか、親子、夫婦なら肌をくっつけて、一緒に寝ています。

トイレも一緒、タオルを使いまわすことも・・・

調子が悪ければ、シャンプーをしてあげることも・・・

子どもさんが小さければ、抱っこもしますね。

排出された発ガン物質が付着したものを触ると、家族も皮膚から発ガン物質を吸収しているということですね・・・

知らず知らずのうちに吸収してしまった発ガン物質は、体内にしっかりと蓄積されていくのですから、ガンになっても不思議ではありません。

抗ガン剤はそのぐらい強力な薬です。

以下 船瀬俊介氏ご著書より一部抜粋 ****************************************

1988年 NCIリポートが「ガンの病因学」で「抗ガン剤はガンを何倍にも増やす増ガン剤だ」と断定していることだ。

アメリカ国立ガン研究所(NCI)といえば、全米トップのガン研究機関である。

そこの所長が「抗ガン剤は無力」と議会証言し、NCI自体が「増ガン剤に過ぎない」と公式リポートで断定しているのだ

********************************************************************************

家族の誰かが気付き、負の連鎖をとめるしかないのです。

縮んだガン細胞は、再び増殖してくることも、家族の誰かが気付くしかないのです。

ただ、幼い子どもを残して、夫婦ともにガンで亡くなっていく姿は、見ていられません。

残された子どもさんのことを思うと胸が張り裂ける思いです。

愛する家族のため、ひとりでも多くの方が気付かれますことを、せつに願っています。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

電磁波の体への影響と対策

植物、動物、人間の体、すべて、原子の集合体でできています。


その原子同士が結合したものが電子です。

生き物の電子が減少してしまうと、細胞の酸化が起きます。


そして、細胞はエネルギーをつくることができなくなります。

 

生命活動が困難となり、その結果、がんや難病が発症してしまうのです。


電子を減らす(酸化)原因となるものの中に電磁波があります。 

体を酸化させてしまう電磁波

 

避けて生活出来れば良いのですが、現代社会において、これらを避けて生活していくことは難しいのです。

まずする対策として➡避けれるものは避ける

 

そして難しいところでは➡悪いエネルギーを良いエネルギーに変えていくこと


電磁波といわれるものには、「電場」と「磁場」 
 

そして、電場、磁場 両方の性質をもった高周波(マイクロ波)があります。


「電場」 は、空気中も短かい距離には流れますが、主に物質の表面を強く流れます。

●皮膚の表面、自律神経に変化


「磁場」 は、空気中・物質関係なく、すべての物質を通り抜けます。

●発がん性、内臓疾患、白血病の可能性


【電場・磁場の対策】

●コンセントを抜く(電源を入れてなくてもコンセントを差していると電場が発生します)
●コンセントから出来るだけ距離をとる
●アース電源をとる
●電源を切る
●コンセント、ブレーカーにブラックアイを貼る(コンセントは最低2個以上で偶数・ブレーカーは8個)

ブラックアイはこちらから https://www.qualitypro.co.jp/shop/catalog/7/br000006/
●表面を伝う電場はPCから机、机から腕などに伝搬するため近くで使用する家電にはMAXminiも貼る


MAXminiはこちらから https://www.qualitypro.co.jp/shop/catalog/7/ma0000m/


高周波(マイクロ波)➡主に通信に用いられる電波➡携帯電話、無線、通信衛星などで遠くまで飛びます。

電子レンジからも発生します。

Wi-Fiが普及した現代➡常に電子レンジのなかに住んでいる状態にあるといえます。

がん発症率の上昇、頭痛、発熱、目眩、睡眠、ホルモンの異常、学習能力への悪影響



【高周波 マイクロ波の対策】

● 不要な通信機器はオフにする
● 携帯電話の通話はイヤホンを使い、距離をとる
● 携帯電話やスマートフォンは枕元で充電しない(可能な限り頭から離す)
● PCなどは無線機能をできるだけ使わず有線を使う
● Wi-Fiルーターやスマートフォン、携帯電話にはMAXminiを貼る(より効果の高いMAXminiVがおすすめ)

 

特に強い影響を与えるWi-Fiルーターや電子レンジは MAXminiVを機器の両側面に貼る


最も強力なMAXminiVはこちらから https://www.qualitypro.co.jp/shop/catalog/7/ma0000v/


【体内に溜まってしまった悪い作用の電気の対策】

●土やコンクリートに触れて放電する
●ブラックアイを体に貼る
●足の裏にブラックアイ3個を貼って寝る(溜まった電気を打ち消す)

 

自分でできることはしっかりと対策をし、避けれないものは電磁波対策グッズを上手に活用してください!


自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)