がんの根本原因であるストレスを取り除く

がん患者さんからご相談を受けると、8割以上の方が強いストレス状態にあったといわれます。

●夫婦仲が悪い、ケンカが絶えない

●人間関係が上手くいかない、傷ついた

●仕事が上手くいかない、休まる日がない

といったさまざまな癌になった原因が登場してきます。

その前に、癌宣告から現在に至るまでの経過、病院とのやりとりを語られます。

心身のストレスが非常に多いうえに、さらに癌宣告から現在までのストレスが上乗せされ、交感神経が緊張状態となっています。

この状態は、がん細胞を排除できなくしていきます。

私たちは、毎日数千~数万もの癌細胞が生まれています。

癌にならずにすむのは、リンパ球たちが生まれてくる癌細胞の芽をこまめに摘み取ってくれているからです。

つまり癌になった人は、リンパ球の働きが弱く、がん細胞の芽を摘むことが出来なかったということです。

リンパ球の数不足です。

心身のストレスは、交感神経を緊張させて顆粒球を増やします。

心の悩み、ストレス、働き過ぎ、薬の服用は、顆粒球増加とともに血流障害を起こし、活性酸素を大量に生み出し、組織が破壊されます。

そして、副交感神経は抑制されリンパ球は減少し、免疫力の低下となり、癌が住みやすい体を着々とつくりあげていきます。

癌が住みにくい体にしていくには、リンパ球を増やす生き方をすることです。

心身のストレスとなっているものを取り除くこと

癌は怖い、治らないという潜在意識を取り払うこと

自分のために体を休ませる勇気をもつこと

薬に頼らないこと

そして、副交感神経を優位にする運動、呼吸法、食事、入浴法などを積極的に実践することです。

根本原因である心身のストレスを取り除き、副交感神経を優位にしてリンパ球が増えれば、がんは自然退縮してくれるのです。

がんを攻撃すれば、自分のストレスとなり交感神経が過剰になります。

攻撃をすれば、必ず自分に返ってくるのです。

がんに感謝をすれば、心が穏やかになり副交感神経が優位になります。

感謝をすれば、細胞が喜び活性化されるのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

酸化はがんを進行させる

酸素を吸い込むと必ず発生する活性酸素

強い酸化力をもつ活性酸素は、侵入してきた菌やウイルスをやっつけてくれます。

しかし、この活性酸素は酸化力が非常に強いため、増え過ぎると自らをも酸化させてしまうのです。

つまり、私たちの体は活性酸素によって酸化されていくのです。

そして、酸化した体はガンなどの病気を引き起こしてしまいます。

活性酸素が過剰に発生する原因には、ストレス、薬品、添加物などがあげられます。

なかでも大量に活性酸素を生んでしまうものは、ガンの三大療法です。

ガンの根本原因である体の酸化を引き起こす状況を自らつくってしまうのです。

酸化は、ガンの進行に大きな影響を与えます。

つまり、三大療法だけをしていてはガンはなおるどころか、進行させてしまう可能性が高いのです。

抗ガン剤、放射線は非常に強い酸化力にやってガン細胞を死滅へともっていきます。

しかし、それ以上に正常な細胞まで酸化させてしまいます。

体が酸化してガンになり、治療によってまた酸化が進む

ガンという塊だけに目を向けている結果です。

いくら塊を攻撃しても、切り取っても、体は酸化するだけ

酸化を促進すれば、再発転移、進行の道に進んでいきます。

酸化してしまった体をキレイにしていくことを考えなければ、どんな治療をしても、いたちごっこのままなのです。

塊が消えたからといって安心ではないのです。

塊だけにとらわれず、からだ全体に目を向けること

これが本当のガンなおしです。

溜まった毒素は出す

そして、酸化させない生活をすることです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ストレスと砂糖でがんを増殖させる

ストレスや疲れを感じるとつい食べたくなるのが甘いもの

体内にあるガン細胞は、糖を栄養として増殖します。

つまり、砂糖はガンのエサになり、ガンを元気にさせてしまいます。

このガンの性質を上手に活用しているのがPET検査です。

ぶどう糖がぐっと引き寄せられた場所がガンです。

ガンは糖が大好きですから・・・

ガンになっても、砂糖たっぷりのお菓子を食べていませんか?

つらい治療のご褒美に・・・といって甘いスイーツを食べる姿を見かけます。

せっかく頑張っても、自らガン細胞にエサを与えて活発にさせています。

いつまでたってもなおらないわけです。

そして、砂糖は血液をドロドロにして血流を悪くします。

血流が悪くなると低体温を招き、ガンが増殖しやすい状況をつくってしまいます。

砂糖はガン細胞のエサになるだけでなく、大切な正常な細胞を破壊させやすくします。

それによって免疫を低下させ、細菌感染やアレルギーなども引き起こしやすくなります。

甘いものを食べれば気持ちが落ち着くのは、砂糖の持つ依存性です。

砂糖を摂れば摂るだけ、糖分が無ければ落ち着かない心と体になっていきます。

砂糖でガン細胞を増殖させガンになり、ストレスで甘いものを食べ、またガンを増殖させる

まさに負のスパイラルに陥りやすくなります。

どうやったらストレスを回避できるのか・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ポジティブな気持ちで自然治癒力を高める

イギリスロンドン大学 アイゼンク名誉教授の研究は衝撃的です。

約1300人の被験者を15年間 追跡調査した結果 「自律性がない」「引きこもる性格」の群は約46パーセントがガンで死亡した

一方、「自立性がある」 「前向き」の群は0.6パーセントしかガンで死んでいない

その差は77倍という報告です。

自分をコントロールして前向きに生きる人と、常に人に頼り、後ろ向きに生きている人とでは、これだけの大差が生まれてくるのです。

つまり、精神的なものが生命力をも動かしているということです。

心の状態は自律神経と繋がり、自然治癒力に影響を与えます。

心と体は常に一体です

心が前向きであれば細胞も前向きになる

心が後ろ向きであれば細胞も後ろ向きになる

心で結果が変わってくるならどうでしょう・・・

なんとかしたいと思うはずです。

どんな人でも不安はあり、みんな不安を乗り越えようともがいています。

この不安を手放していくことは、他人には出来ません。

自分自身でしていくしかないのです。

心の持ち方、ものごとの捉え方、生きるあり方を学びます。

ひとつひとつを大切にし、しっかりと自分と向き合っていくことで必ず見えてくるものがあります。

心の持ち方が変われば、ものの見方が変わってきます。

ものごとの捉え方が変われば、行動が変わってきます。

そして、生きるということの本質が明確になってきます。

すると自然と不安から解消されていきます。

不安はマイナスの思考を導きます。

不安になる時間を少しでも短縮させることが、結果として自然治癒力を高めることになるでしょう。

米国のスピーゲルは、1年間心理療法を施した人と何もしなかった人と10年間追跡調査した結果、心理療法を施した人の方が2倍強長生きしてることを報告しています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

交感神経過剰・鎮痛剤が不眠を招く

なかなか眠れない

睡眠の悩みを抱えている人は多いようです。

眠れない原因はいくつかのパターンがあるようです。

●過労や精神的ストレスで交感神経が緊張状態のまま、寝る時間になっても興奮状態が続き眠れない

●昼間、体を動かしていないために眠れない

●鎮痛剤の使い過ぎで眠れない

消炎鎮痛剤は、交感神経を優位にしてしまうので、長期間の服用は要注意です。

何らかの原因で眠れなくなると、睡眠薬や精神安定剤が処方されます。

しかし、薬に頼っていると、薬がないと眠れない、薬が効かなくなってきた、といった事態が起こります。

睡眠薬、精神安定剤の依存性は思う以上に強いのです。

このくらいなら大丈夫ですよ・・・と言われたのに、睡眠薬がやめれないと苦しんでいる人はたくさんいます。

薬がないと眠れない、眠れないと頭がおかしくなりそうで結局、飲んでしまう・・・

飲んだ自分をまた責める・・・

この繰り返しが起き、夜が来ることが恐怖にも感じてしまうようです。

すると交感神経は慢性的な緊張状態となり、副交感神経に切り替わることがない生活となります。

その結果、自律神経を乱し、めまいや頭痛、吐き気、倦怠感などの症状があらわれ、また新たな薬が追加されます。

そして、血流を悪くさせ、低体温、低酸素の状態を起こし、ますます眠れない状態がつくられていきます。

まさに負のスパイラルです。

この症状は、40代から50代の更年期の女性に多くみられます。

体の変化、ホルモンが激しく動くときに起きやすいようです。

この症状が長く続くと、最終的に癌という病気に発展していくので、特にホルモンの変動期には気をつけたいですね。

交感神経を睡眠薬や精神安定薬などで無理やり抑え込んで眠ったとしても、交感神経過剰状態は続いています。

眠れないことはつらいことですが、薬に頼りきるのではなく生活を見なおし、交感神経を過剰にさせてしまっている原因を探し、取り除いたり、緩和させることがまずは大切です。

そして、心と体のストレスを回避する方法を探すことです。

特に癌の人が薬を使えば、さらに血流は悪化し、病気が治りにくくなります。

気持ちが不安定になり、心も体もしんどいとなれば薬に頼りたくなるときもあるでしょう。

どうしようもないときは仕方ないと思いますが、最小限に抑え、運動や温熱、栄養でストレスを和らげることをおススメします。

私も交感神経過剰になり苦しかったとき、ウオーキングや入浴、健康食品を活用して乗り越えました。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

癌が出来る原因・不自然な生き方

うちは、ガンは家系だから・・・

ガンになった原因を家系のせいにしていませんか?

確かに、遺伝性のガンもありますが、自分の生き方が、ガンになりやすいかどうか、知ることも大事ではないでしょうか。

知れば防ぐことも可能です。

知れば治すことも可能です。

ガンになりやすい人は、頑張り過ぎる人

ガンになりやすい人は、無理して自分をつくる人

ガンになりやすい人は、心配性、不安症の人

ガンになりやすい人は、心から楽しめない人

ガンになりやすい人は、夜更かしをする人

長時間労働、睡眠不足など肉体的に頑張り過ぎている人

肉体的疲労が原因でガンになるのは、やはり男性が多いですが、最近はシングルマザーも増え、体がボロボロになるまで働いて、ガンになる女性も増えました。

長時間労働するということは、その時間ずっと交感神経が緊張状態にあるということです。

休む間もなく仕事をする人は、食事を摂る時間も勿体ないと考え、流し込むように食事しています。

また、お付き合いで浴びるようにお酒を飲み、肉や油もの中心の食事になりがちですね。

過酷な生き方、頑張り過ぎる生き方、交感神経がビンビンに緊張状態の時には、肉など油ものを自然と体が求めます。

これは、瞬間的にエネルギーを補給しようとするからです。

〇○し過ぎはガンの道

人に合わせたり、家族のために自分を犠牲にして、無理して自分をつくる人

嫌われたくないからノーが言えな人は、人から見られる自分が非常に気になる人です。

自分のことは後回しにして家族のためだけに生きてきた人

人に好かれたい、必要とされたいという心が無理な自分をつくり、交感神経が常に働いている状態になります。

不自然な自分はガンの道

マイナスに考えることが癖になり、必要以上に心配をしたり、常に不安を持って生きている人

マイナスの思考は、全身の氣が滞ってしまいます。

氣が滞ると、血液の流れも悪くなり、体温が低下します。

マイナス思考はガンの道

夫婦の問題、夫の両親との問題、金銭的問題が常につきまとい、何をやっても心から楽しむことが出来ない人

心の闇は、体に大きな負担をかけています。

心のしこりは、体のしこりとなります。

笑わないのはガンの道

遅くまで仕事、遅くまでテレビ、深夜までネット・・・夜更かしをしていると正常に細胞がつくれなくなります。

細胞がつくられ、細胞が修正される時間は、本来寝るようになっています。

毎日生まれ続けているガン細胞を正常細胞に修復するのも夜の時間です。

夜型生活はガンの道

思い当たるところがありませんか?

ガンになりやすい人は、すぐに改善ですね。

また、ガンになった人は、食生活だけでなく、他にも原因があるかもしれません。

その原因を取り除くことが第一です。

ガンは、無理をした結果、負担をかけてしまった場所に出来ます。

なぜ、この部位にガンが出来たのか、考えてみると原因がもっと見つかるかもしれませんね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん患者の家族にできること

ガン治療をどう選ぶか・・・

療法は誰が選ぶのか・・・

そして誰のための療法なのか・・・

考えさせられます。

家族の思いや考え方が違い、悩んでいる方が多くいらっしゃいます。

理解してもらえないこと、それが家族だからこそ、大きなストレスになります。

ストレスは最大の発ガン因子です。

ストレスは自律神経の緊張です。

自律神経が緊張するとガン細胞を生む顆粒球が増え、ガンを防いでくれるリンパ球が減ります。

これが、ガン細胞が増殖する原因です。

ストレスを抱えていては、ガンなおしにはなりません。

ストレスが増すと、ガンも増殖します。

家族であっても体の声は、残念ながら本人にしかわからないのです。

家族であっても、超えてはいけない領域があるはず

人はそれぞれですから家族であっても考えや意見が違うことはあるでしょう。

大切だから、家族も意見を押し付けてしまうの…

ですが、ガンである本人さんの意見を尊重することも愛情なのではないでしょうか。

急性期を除き、療法は本人さんに選ぶ権利があります。

自分の思いと違うことを無理やり押し付けられるということは、本人さんにとっては死刑台に上がらされているような恐怖感でいっぱいになります。

これが、ガン増殖の原因になっていきます。

本当の愛情とは、押し付けることではなく寄り添うことですね。

家族の寄り添う愛情こそが、最大の抗ガン物質です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんの生存率より自然治癒力に目を向ける

癌が治るか、治らないか・・・

5年生存率がよく参考にされます。

病院でも5年生存率を示して、治療がすすめられます。

この生存率は操作されている?という情報もよくみかけますね。

実際はどうなのでしょうか・・・

医療の進歩なのか、それともごくわずかな腫瘍も見つけてしまうために生存率が上がったのか・・・

後者であれば、生存率だけでなく、がん患者そのものが増えたことになります。

以前は1センチにならないと見つからなかった癌でも、今は1ミリでも見つけることが出来るようになり、当然、がん患者は増えます。

高精度の検査が開発され、見つけられる癌はどんどん小さくなっています。

その病変は、癌といえるものか疑問ですが・・・

これが幸か不幸かは、その人の考えによるでしょう。

私たちは、生きている以上、毎日数千から数万個の癌細胞を生んでいます。

ですが、免疫細胞が働いてくれることによって、癌にならずに済んでいます。

しかし、免疫力が弱ると、前がん病変となります。

また、免疫力が高まれば正常に戻るといったように自己治癒力によって出たり引っ込んだりを繰り返しています

だから、小さな小さな病変は珍しくない症状です。

知らなければ、笑って過ごし、自然と治していることもあるレベルです。

検査で見つかれば癌患者となり、治療が始まり、生存率の対象に含まれてきます。

癌と診断を受け、生存率をみて治療法を決めていませんか?

仮に正確な数字だったとしても、自分が生存のパーセンテージに入れるかどうかはわかりません。

がん治療に100%というものはないのです。

1%以下の生存率でも生きている人はいます。

私の強い味方はこちらから

大切なことは生存率ではなく、自己の自然治癒力に目を向け活かすことです。

バランスのとれた栄養で体を温め、明るく前向きな心が、がん治しの秘訣です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った             女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自分の直感を信じて最初の一歩を・・・・癌を克服するために

突然のガン宣告

すがるように病院にお願いする人、治療法について自分で必死で調べる人

治療法においても、少しずつではありますが、病院の三大療法が当たり前でなくなってきています。

私自身もガンになったとき、震えながら、ガンのステージ、治療法について調べました。

調べることも怖くて仕方なかったのを覚えています。

治療については、機械的であるせいか調べれば調べるだけ不安と恐怖が襲ってきました。

私の場合、病院の治療法をみていても光が見えてこなかったのです。

そんななかで、私は試してみたいと直感が働いたものがありました。

この直感は、真っ暗闇にいた私に一筋の光を見せてくれた感覚でした。

先の見えない暗闇のトンネルの先に、出口の光が目に入った感覚は今でもよく覚えています。

このトンネルから出るためには、自分の直感を信じて歩き続けるしかないと思うようになりました。

そこで始めたのが、プロポリスでした。

しかし、これも中途半端ではなく徹底しました。

この療法はどう思いますか?

このサプリはどう思いますか?

とよく聞かれますが、それもみんな違います。

ここで働かさなくてはいけないのが、自分の直感です。

そして、直感を信じ、実践することです。

どんなに直感が働いても、実践しなければ何も変わりません。

どんなものでも、皆に100%効くものはありませんね。

療法はアイテムであり、なおすのは自分であることをしっかりと自覚することが重要です。

そして、あれもこれもと欲が出たり、悩みすぎると直感が鈍り、信念までもが揺らいでしまいます。

これが、失敗を招くもとです。

これだと決めたら、自分を信じて、徹底する。

プラスの思考が、揺るがぬ信念となり、やがて現実をつくるのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

胸腺マッサージで細胞活性

私たちの免疫は年齢と共の衰えていくと考えられています。

免疫細胞をつくり出す最も重要といわれる胸腺

胸腺は、胸骨の裏側、心臓の上前部にあります。

胸腺は、免疫をつくる「Tリンパ球」をつくる握りこぶし大の臓器です。

幼児期の頃から体の免疫を担う臓器としてしっかりと働いています。

そんな胸腺も、成長するとともに委縮し始めます。

80歳頃には、最大時の半分以下になる臓器です。

胸腺は、年齢だけでなく、ストレスに非常に弱く、ストレスが長く続くと萎縮したままになってしまい、免疫力を一気に低下させます。

また、逆に胸腺は、回復する力も持っていますので、加齢やストレスなどで胸腺が萎縮してしまったときには、マッサージで刺激を与えることも良いといわれています。

乳房の周りを円を描くように優しくさすります。

縦、横、上下、左右 何度もさするようにマッサージします。

胸腺マッサージは、テレビを見ながらでも、風呂のなかでもどこでも出来ます。

時間があれば胸の周りをさするようにすると、免疫力も高まり、細菌やウイルスに対する抵抗力が上がってくるでしょう。

また、背筋を伸ばし、肩甲骨を近づけるように胸を反らせ、数秒間止める

これも胸腺を刺激する動きとなります。

寒くて外に出られないという方も、家のなかで出来ることはまだまだたくさんあります。

出来ることを毎日コツコツ続けることが大切ですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)