腸内環境とがんの関係

便秘に悩む方が多いですね・・・

食事や運動不足だけでなく、社会ストレスも影響しているでしょう。

しかし、この腸は生命活動において非常に重要な役割をしています。

腸内環境がすべてだといっても過言ではないでしょう。

腸の中には、1000兆個もの腸内細菌が存在すると言われています。

しかし、近年はこの腸内細菌の数が少なくなっている方が増えています。

その結果、どうなるかというと、ガンになりやすくなります。

これは、植物繊維の摂取量が減ったことが考えられます。

腸内細菌は、植物繊維をエサに細菌の数を増やしていきます。

腸内細菌は3種類に分けられます

体に良い働きをする「善玉菌」

体に悪さをする「悪玉菌」

善玉菌でも悪玉菌でもなく、強い方の味方をする菌「日和見菌」

健康な人の場合、善玉菌15%、悪玉菌10%、日和見菌75%の割合で腸内細菌のバランスが取れていると言われています。

ここで鍵を握っているのが日和見菌です。

日和見菌は、善玉菌が強い時には善玉菌側、悪玉菌が強い時には悪玉菌側になってしまうという、良くも悪くも働く菌なのです。

善玉菌と悪玉菌の差はわずか5%ですから、油断すると悪玉菌に日和菌がくっついてしまいます。

いかに善玉菌を増やすかということです。

乳酸菌、ビフィズス菌などの善玉菌を増やすと免疫が高まります。

善玉菌を増やすには、外から入れる食事です。

まずは、善玉菌のエサとなるものをしっかり摂ることです。

そして、自分の中にある自律神経も大きく関係してきます。

ストレスなどで自律神経のバランスが崩れると、内臓の働きを狂わせてしまいます。

緊張すると下痢をしたり、環境の変化で便秘になったり・・・

自律神経のバランスから腸の環境も影響を受けています。

良い腸内環境を保つためには、ストレスをかけない生き方、またストレスを回避出来る自分でいれば、腸の環境も良くなり、免疫も上がってきます。

ストレス回避は・・・

ここでも自律神経が登場です。

自律神経は体のすべてを支配していますよ。

自律神経を整えることの重要性を感じますね。

これも自分次第です。

一方、悪玉菌が増えると大変なことが起きてしまいます。

タンパク質やアミノ酸を分解して毒性のある腐敗物がつくられてきます。

これは、腸の免疫細胞を傷つけてしまいます。

免疫細胞が傷つくということは、ガンになりやすくなるということです。

間違った栄養学・・・

腸内環境がガンと大きく関係していること

悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすこと、バランスは大切だと言えますが、やはり全体的に腸内細菌の数を底上げしていくことが重要です。

ガンを治すためには腸内環境を整えることです。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自律神経のバランス

私達の無意識の中で働いている自律神経

全身の血液や内臓など私達の意思に関係なく自律してた働きをしています。

自律神経は、免疫を調整しているいわば司令官的存在です。

実はこの自律神経は血液までもを支配する力を持っています。

自律神経には真逆に働く交感神経と副交感神経の2つの神経があります。

交感神経は昼間の活動時に優位に働いています。

緊張、興奮時も交感神経が働きます。

一方、副交感神経は夜のリラックスする時間に優位に働いています。

食事、笑っている時も副交感神経が働きます。

この2つの神経がバランスをとって健康が保たれています。

自律神経のバランスを崩してしまうと、白血球中の顆粒球とリンパ球のバランスまでもが崩れ、免疫が低下してしまいます。

ストレス状態が長期間続くと交感神経に偏ってしまい、顆粒球が増え、同時に活性酸素も増やしてしまいます。

活性酸素が過剰になると、組織破壊が起き、ガンなどの病気を引き起こしてしまいます。

一方、リラックス状態が過剰になりすぎても、リンパ球が増え、アレルギーなどを引き起こしてしまいます。

つまり、バランスが絶対的に大切だということです。

車に例えれば、交感神経はアクセル、副交感神経はブレーキの役目をしています。

車の運転と同じで、アクセルとブレーキを交互に使うことです。

アクセルばかり踏んで、ブレーキをかけなければ壁にぶつかり大事故となってしまいます。

大事故を起こせば、怪我だけでなく死に至ることもあります。

自律神経はこれと全く同じです。

交感神経過剰でアクセル全開、副交感神経のブレーキをきかさなければ、間違いなく大事故になり、大きな病気が起きてしまうということです。

夜は副交感神経が優位になるよう、意識的にリラックスタイムを作ったり、ゆっくりと入浴を楽しんだり、また考えない自分になることも必要です。

真剣に考えないといけない時もあります。

しかし、必要以上に考え悩むということは邪気をどんどん引き寄せてしまいます。

邪気が入れば、さらに考えることが増え、交感神経を過剰にさせてしまいます。

そうなると、ガン治しに必要な直感力まで失ってしまいます。

人生には開き直りが必要な時もある

開き直ることで、執着が自然と取り除かれ、前に進めるのです。

ガンの人は、自分が気付かないところで交感神経が過剰になっています。

しっかりと副交感神経を働かせることが必要です。

不平不満、愚痴、不安、神経ピリピリは交感神経を過剰にさせてしまう生き方。

ありがとう、感謝、喜び、笑いは副交感神経を優位にしてくれる生き方です。

また生活面においても

食べ過ぎ、働き過ぎ、睡眠不足は交感神経に偏った生き方。

少食、適度なリラックス、早寝早起きは副交感神経をしっかり働かせる生き方です。

この自律神経のバランスが体の排泄機能にも影響を及ぼします。

排泄器官の大腸は、副交感神経に支配されています。

つまり、副交感神経によって排泄が促されているということです。

逆に交感神経緊張状態は、分泌や排泄の機能を衰えさせてしまいます。

排泄機能の衰えから、毒素が体内に溜まったままになり血液を汚してしまう

これが、ガンの道です。

いかに、自律神経のバランスが大切かが、分かっていただけると思います。

つまりは、生き方のバランスですね。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                  女性社長 塚本みづほひとりごとのブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

生理用品が、がんを作る?

ガンはストレス病と言われます。

ストレスとは、精神的なストレス以外にも物理的ストレスがありますね。

私たちが、日々の生活のなかで、気付かぬうちに吸収してしまっている経皮毒があることを忘れていませんか?

経皮毒とは、皮膚や粘膜から吸収される有害な化学物質です。

シャンプー、リンス、ヘアカラー、化粧品、ナプキン、柔軟剤・・・

皮膚から吸収した毒素は排出されず、90%が体内に蓄積されていきます。

毒素は、肝臓や腎臓の負担になります。

しかし、経皮毒は、子宮に最も溜まりやすいと言われています。

不妊や流産、そしてアレルギーを持った赤ちゃんが増えているのは、少なからず影響を受けているからでしょう。

何といっても近年増え続ける子宮ガン発症の多さは、経皮毒との関係性を疑ってもよい様に思えます。

ガンになり、食生活は気を付けていても、経皮毒までは考えていなかった・・・

と今、気付かれる方もいらっしゃるでしょう。

毒素の吸収は、二の腕を1として

頭皮は3.5倍

額は6倍

ちなみに毛根にある毛乳頭は、直接毛細血管につながり、そこから全身にその毒素が回るのに15分とかからないそうです。

ガンになり、体の毒素を出さなくては・・・

と言いながら、化学物質たっぷりのシャンプーやリンスを使っていませんか?

私は、この季節は、無添加石けんの後にお酢でリンスをしています。

そして、一番 経皮毒を吸収するのは、性器です。

なんと、性器は二の腕の42倍 の吸収率です。

この吸収率の高さを知ると本当に怖いですね。

どんなものから毒素を吸収してるのか・・・

それは、数十年使い続けた生理用品です。

生理用品のほとんどが、発ガンの危険性が高い 塩素漂白剤が使われています。

ナプキンが、血液を吸収するときに化学反応が起きます。

そして、毒素を皮膚から吸収しているのです。

おりものシートも同じです。

これらの化学物質たっぷりの生理用品が体温を下げる原因にもなります。

ガンになり、毒素を出さなくては・・・

と言いながら、市販の化学物質たっぷりのナプキやおりものシートを使っていませんか?

化学物質は血液を酸化させ、ガンや様々な病気を引き起こします。

残念ながら経皮毒は、食べ物のようには、解毒が出来ないこと

体への吸収が非常に早いことを知っておいてくださいね。

このお話をすると、子宮ガン、卵巣ガンの方は、おりものシートを常に愛用していたと言われる方がほとんどです。

ガンにならないためにも、またガンの方がこれ以上、体に毒素を溜めない為にも化学物質不使用の安全な生理用品をおススメします。

こんなところでも体にストレスを与えていたことに気付くことです。

そして、これからは体が喜ぶことを・・・

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ストレス⇒甘いもの⇒がんの道

ストレスを甘いもので回避していませんか?

疲れたりストレスがかかると、甘いものが食べたくなります。

これは、砂糖の強い依存性の表れです。

疲れたから甘いものが欲しくなるのではなく、甘いものがないと疲れてしまう、イライラしてしまう体になるのです。

砂糖は麻薬以上の依存性と人を狂わす怖さがあると指摘する声も多くあります。

イライラ、きれる、眠れない、我慢が出来ない、うつ病なども、脳を破壊させると言われている砂糖が大きく影響していると言われています。

砂糖の害は、精神面だけでなく、ガンにも及んでいます。

砂糖は、血液を酸化させ、赤血球や細胞を壊し、骨や内臓を老化させてしまいます。

正常細胞が破壊され、ダメージを受けた細胞はガン細胞へと変化していきます。

骨の老化は骨粗鬆症を招き、またリウマチなどの原因にもなります。

また、砂糖は体を冷やす作用があるので、砂糖をとることで低体温になる可能性もあります。

低体温は、ガンの道

体温を下げてしまう危険な食べ物

砂糖は便秘の原因にもなります。

そして・・・

絶対に忘れてはならないこと!!

『ガン細胞は体の糖を栄養とし成長しています』

砂糖はガンのエサ

それでも砂糖を摂りつづけますか?

再発におびえながら、つらい治療に耐えながら

ガン細胞を増殖させるケーキやアイスクリームを食べていませんか?

PET検査でも分かるように、投与された糖を瞬時に引き寄せるほど、ガンは糖を好みます、。

PET検査の原理が証明する糖の怖さ

良くないと分かっていながらも甘いものが我慢が出来ないのは砂糖中毒です。

自分では気付いていない依存症

ストレスを甘いもので回避しても何も変わりません。

それは一時しのぎに過ぎないのです。

ストレス⇒甘いもの⇒精神的に弱くなる⇒ストレスを強く感じる⇒甘いもの・・・

この繰り返しになり、行く先はガンの道です。

甘いものが唯一の楽しみと言われる方もいらっしゃるでしょう。

食事でも充分、楽しむことは出来ます。

新鮮な野菜や旬の物・・・

作ってくださった方や大地の恵みに感謝の気持ちをもって頂くと、一層美味しく楽しんで頂けます。

そして、ストレスの回避は心の持ち方しかありません。

ストレス発散に運動しよう、散歩をしようと思うのも、自分の心の持ち方がそうさせるのです。

忘れる、執着を捨てることも心の持ち方です。

ものごとの捉え方ひとつでストレスは随分変わってきます。

今の捉え方、行動が自分にとってプラスかマイナスかを考えてみれば、自ずと心の持ち方、生き方が変わってきます。

つらいことも、悲しいことも意味があって起きていることに気付けばストレスを溜めない生き方が出来ます。

ガンにならないため、ガン治しには楽しむことが必要です。

ガン細胞を増やす楽しみ方ではなく、ガン細胞が退縮する楽しみ方を見つけることが克服への道です。

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

背筋を鍛えストレスに強い体を作る

筋肉疲労と聞いても、運動をしない人は一見無関係のような気がします。

筋肉疲労はストレスからも起きます。

ストレスを感じると肩に力が入り、コリが出来ます。

ストレスが長引き、交感神経が緊張状態となる筋肉は疲れ果て慢性筋肉疲労になります。

筋肉が炎症を起こすと重く、痛みを感じ熱をもつこともあります。

痛みや熱の原因は、プロスタグランジンという血管拡張作用のある物質です。

慢性筋肉疲労を改善しようと体が働くとき、この物質が分泌され痛みや熱を伴います。

この痛みや熱といった道を通り回復していくのですが、この反応を消炎鎮痛剤などで止めてしまうと痛みは止まれども、体温は下がり血流は滞り、また同じことが繰り返されます。

日頃から筋肉を鍛えることが大事ですね。

ガンなど病気になると、悩んだり落ち込んだりして、体が凝り固まっています。

気付かぬうちに慢性筋肉疲労を起こしているかもしれません。

慢性筋肉疲労を起こさないためには、日頃から背筋を鍛えるといいでしょう。

特に難しい運動でなくても、ウォーキングなどの有酸素運動が効果的です。

また、背筋を伸ばし、よい姿勢を意識するだけで背筋は鍛えられます。

疲労しにくい筋肉をつくると、心身共にタフな体になります。

姿勢を正し、コリをつくらない生き方をしたいですね。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自律神経のバランスを整えNK細胞活性化

自律神経は、白血球を支配しています。

交感神経・副交感神経がシーソーのようにバランスをとりながら成り立っている自律神経

交感神経の緊張状態が続くと、白血球の顆粒球が急激に増え、過剰になると炎症となります。

顆粒球は、細菌などを攻撃するために適度に必要な存在です。

しかし、過剰になると細菌だけでなく内臓そのものを攻撃してしまいます。

結果、顆粒球の攻撃によって潰瘍・ガンなどが出来てしまいます。

この状態を修復しようとする機能が働き、痛みや腫れ、熱といった修復するための症状があらわれてきます。

しかし、これらを悪い症状ととらえ、痛み止めなどのお薬を使って症状を抑え込んでしまいます。

この痛み止めは、血流を収縮させて血液の流れを悪くしながら、痛みをとっていくため、血流が低下し、体温も下げてしまいます。

がんは、血流が悪く、酸素、体温が低い状態を好みます。

薬によって、がんが喜ぶ住みやすい環境をつくってしまっているのです。

これらお薬は、そのときの痛みをとる一時しのぎであり、対症療法です。

血流を悪くしてしまうお薬は、出来るだけ避け、民間療法を活用していきたいものですね。

そして、交感神経過剰な状態から抜け出ることが最も大切

働き過ぎ、ストレス、睡眠不足、体の冷えなど交感神経過剰になる原因を断つことが、がんを体から遠ざけることになります。

そして、交感神経過剰から抜け出し、副交感神経が優位の状態が続くと、リンパ球が増えてきます。

リンパ球が増えると、がん細胞を退治してくれるNK細胞が活性化されます。

がん治しには必須となる免疫細胞です。

副交感神経が優位になるよう、体を温め、おおらかな心で規則正しい生活をおススメします。

ただし、副交感神経が過剰になりすぎるとアレルギーとなります。

昼間はしっかりと体を動かし交感神経を働かせ、夜はゆっくり休んで副交感神経を働かすよう、バランスを大切にして過ごしたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

森林浴でナチュラルキラー細胞の活性化

眠れなくなった、眠りが浅くなった・・・

ガンになると、不安からくるストレスで睡眠の質が落ちてしまいがちです。

雨が降るだけで、憂鬱な気分になったりもします。

ちょっとした変化でも大きなストレスとなってしまいます。

特に耳から入る音はかなりの刺激を与えています。

不快な雑音はもちろん、人の発する言葉にも異常なほど敏感になり、気分が沈んだりします。

それらが苦痛となり、人と接することを避けてしまい、家にこもった生活になる傾向があります。

そんな時は、自然のなかに出掛けてみませんか?

森林浴は、副交感神経を優位にし、樹木の香り、葉の揺らぐ音、森林の空気は最高の癒しを与えてくれます。

森林でのリラックス効果は、日々の雑念を忘れさせてくれるほどです。

時に環境を変えることは非常に有効なのです。

自然のなかで2日間過ごすとナチュラルキラー細胞が40%近く高まるといわれています。

日々の生活に戻れば意味がないと思われるかもしれませんが、実は、1ヶ月後でも約10%の効果が継続できるといわれています。

つまり、自然の音や色、森林の空気は、癒されるだけでなく生命エネルギーにスイッチを入れてくれるのです。

自然のなかで、しっかりと人間の五感を働かすことで自然治癒力を高めていきます。

野生動物を見習わないといけないということですね。

自然がいっぱいだった時代は、人間もガンなどの心配もなかったはず・・・

人間は、不自然な生き方、環境がらガンをつくってしまったのです。

時には森林浴に出掛け、緑を見て、自然界の音を聴いて、森林の空気を吸って心を落ち着かせる

心も体も心地よく感じることが、ガンなおしの秘訣です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

男性乳がんが増える年齢

増え続けている乳がん

その乳がんも最近は男性も増えているようです。

発症年齢は、女性の30代、40代に比べると男性はやや遅めの50代が多いようです。

男性が乳がん??と驚く人も多いでしょう。

しかし意外にも男性の乳がん患者は多いのです。

女性に比べると脂肪が少ない分、見つけやすいようですが、しかし、しこりに気付いてもも乳がんだと疑うこともなく過ごしていたら、どんどん大きくなり、検査してみたところステージが進んでいた・・・というケースがみられます。

男性は50歳頃の発症が多いようですが、生活習慣病が増える年齢でもありますね。

年齢と共に胸に脂肪がつくためでしょうか・・・

乳がんの原因は、冷え、ストレス、乳製品の摂り過ぎなどと言われています。

脂肪が多く、しかも体から突起している乳房はとても冷えやすい場所です。

お風呂でしっかり温め、筋肉を鍛え血流を促します。

生きていると様々なことでストレスを感じますね。

仕事が忙しい人、仕事に悩んでいる人は、左の乳房を気遣ってあげてください。

親との関係に悩む人、夫婦の関係に悩む人は、右の乳房を気遣ってあげてください。

チーズ、バターをつかった洋食、生クリームたっぷりの洋菓子が好きな人は和食中心にしたり、甘いものは控え、食べるなら和菓子に変えてみませんか?

これは男性であっても同じですね。

家族で気をつけることで、みんなが救われるのでは・・・

自分の体は自分で守っていきたいですね。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

 

がん治しは心の持ち方が重要

不平不満、泣き言の生き方は心と体の塊をつくっていきます。

人間は自分の思い通りにならなければ、不足部分を要求してしまいます。

不足を要求し続けることは、不平不満となり負のスパイラルに陥りやすくなります。

そして、体に大きなストレスを与えてしまいます。

なぜなら、私たちの肉体は常に精神と調和をとっているからです。

心と体は繋がっています。

ストレスは大量の活性酸素を生み、血液を汚し、ガンをつくってしまいます。

ガンである人は、過剰に発生してる活性酸素を積極的に除去していかなくてはなりませんね。

ガンなおしは、常に心身が一体となり自然治癒力を高めていくこと鍵となります。

ストレスは、心の持ち方次第で軽減することが可能です。

ストレスからの脱出は、不足ではなく足りていると感じる心のあり方からです。

人の喜びや幸せの価値観はそれぞれ違いますが、今 生きていることにまず感謝することです。

ガンになり、生きていることそのものがどれだけ有り難いことか、痛感した方は多いでしょう。

この気持ちを忘れないことが、ガンなおしの大きな秘訣です。

そして、この感謝が正の連鎖を起こし、自然治癒力を高めていくのです。

私たちの生命の根源は、自然治癒力という働きから成り立っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんの根本原因であるストレスを取り除く

がん患者さんからご相談を受けると、8割以上の方が強いストレス状態にあったといわれます。

●夫婦仲が悪い、ケンカが絶えない

●人間関係が上手くいかない、傷ついた

●仕事が上手くいかない、休まる日がない

といったさまざまな癌になった原因が登場してきます。

その前に、癌宣告から現在に至るまでの経過、病院とのやりとりを語られます。

心身のストレスが非常に多いうえに、さらに癌宣告から現在までのストレスが上乗せされ、交感神経が緊張状態となっています。

この状態は、がん細胞を排除できなくしていきます。

私たちは、毎日数千~数万もの癌細胞が生まれています。

癌にならずにすむのは、リンパ球たちが生まれてくる癌細胞の芽をこまめに摘み取ってくれているからです。

つまり癌になった人は、リンパ球の働きが弱く、がん細胞の芽を摘むことが出来なかったということです。

リンパ球の数不足です。

心身のストレスは、交感神経を緊張させて顆粒球を増やします。

心の悩み、ストレス、働き過ぎ、薬の服用は、顆粒球増加とともに血流障害を起こし、活性酸素を大量に生み出し、組織が破壊されます。

そして、副交感神経は抑制されリンパ球は減少し、免疫力の低下となり、癌が住みやすい体を着々とつくりあげていきます。

癌が住みにくい体にしていくには、リンパ球を増やす生き方をすることです。

心身のストレスとなっているものを取り除くこと

癌は怖い、治らないという潜在意識を取り払うこと

自分のために体を休ませる勇気をもつこと

薬に頼らないこと

そして、副交感神経を優位にする運動、呼吸法、食事、入浴法などを積極的に実践することです。

根本原因である心身のストレスを取り除き、副交感神経を優位にしてリンパ球が増えれば、がんは自然退縮してくれるのです。

がんを攻撃すれば、自分のストレスとなり交感神経が過剰になります。

攻撃をすれば、必ず自分に返ってくるのです。

がんに感謝をすれば、心が穏やかになり副交感神経が優位になります。

感謝をすれば、細胞が喜び活性化されるのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)