電子レンジの危険性

どこの家庭にもある電子レンジ

1日何回使ってますか?

1回使うごとに、ガンに近づいているかもしれませんよ

電子レンジは、食品の栄養を壊してしまいます。

電磁波によってビタミン、ミネラル、酵素が失われてしまうのです。

それどろか、食品に使っているサランラップやビニール袋、プラスチック容器からは、恐るべき発ガン物質が発生します。

電子レンジを使うと、その発ガン物質が食品に溶け込むのですから、怖いですね

電子レンジを禁止している国もあるくらいですから、危険なものであることは認識した方がいいですね!

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

電磁波の危険・がん細胞の増殖スピード

あるクライアントさんが、「子宮がんになった原因はIHクッキングヒーターだと思います」と言われました。

確かに否定は出来ないですね・・・

IHクッキングヒーターは30cm離れた場所でも70ミリガウス前後被曝をします。

料理をするときに近づくと、電磁波は強烈に強くなり、有害電磁波は1000ミリガウスにも及ぶとか・・・

電気器具から出る電磁波の安全基準は1ミリガウス

国立環境研究所の調べでは、4ミリガウス以上の電磁波のなかで生活している子どもは、脳腫瘍が10倍、白血病が4.7倍になっているそうですよ。

今や新築の半数以上の家が電気調理器が導入されていますね。

日本では当たり前の様ですが、電磁波を重要視しているアメリカの住宅では使われていない・・・

最も怖ろしいことは、強い電磁波を浴びれば、体内のがん細胞の増殖スピードが20倍を超えるともいわれています。

子宮がん、卵巣がん、大腸がんの方に聞いてみると、確かにIHクッキングヒーターをお使いになっていた方が断然多いですね。

私も昔はそうでしたから、細胞が酸化した結果、発癌したのでしょう。

がんの方・そうでない方でも昔ながらのガス調理器が安心ですね。

また、電気調理器を使う際は、出来るだけ離れて、必ず電磁波防止のエプロンなどをつけられること

癌細胞を増殖させないために!

がん治しはあきらめない・必ず治ると信じて

大自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

電磁波が生む活性酸素

携帯電話をはじめとする電磁波は、体に大きな影響を与えています。

現代では、携帯電話なしでは生活できないといっても過言ではない方も少なくないでしょう。

国際がん研究機関が、携帯電話などから発生する高周波の電磁波について「発がん性の可能性あり」という評価結果を発表しているそうです。

ガン発症の低年齢化には、電磁波が与えている影響は、否定できない感じですね。

24時間、肌身離さず持っている携帯電話も活性酸素をたくさん生み、体に大きなストレスを与えています。

寝る時も枕元にしっかりと置いて寝てまいませんか?

特に小さな子どもさんの枕元は危険ですね。

寝ている間も活性酸素をどんど発生させていることになります。

ガンになり、食べる物はあんなに気を付けているのに、電磁波の発ガンリスクや、ガン促進については、気にしなくて良いのですか・・・?

携帯を耳に当てて10年以上使うと脳腫瘍になるの率が3.9倍も増えるそうです。(スウェーデン報告)

これは発信している電波(マイクロ波)に発ガン性があるからです。

確かに、私が知る脳に悪性の腫瘍はある方は、携帯電話を使ってよく長話しをしていた・・・と言われます。

イヤホンなどを使う工夫をしたいですね。

世界的権威ロバート・ベッカー博士の警告によれば・・・

電磁波は・・・

①成長細胞ダメージ

②発ガン性

③ガン促進

④催奇形性

⑤神経ホルモン混乱

⑥自殺や異常行動

⑦生理リズム破壊

⑧ストレス反応

⑨免疫力低下

⑩学習能力低下

とのことですが、知らぬところでこんなことが起きているのです。

ちなみに、ホットカーペットは300倍もの危険・発ガンマットだと船瀬俊介氏も言われていますね。

避けては生活できない現代人ですが、使わなくても済むものは出来るだけ使わず、生活したいものですね。

ガンを促進してしまう報告もある以上、現在ガンになられてる方は、特に気を付けるべきです。

時には、携帯電話を手放して、電磁波が少ない自然の中で過ごしてみる。

そして、心身共に癒すことは大切ですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

被曝とがんの関係・放射線を除去

ここ最近、以前にも増して茨城、福島、千葉、埼玉方面の方からのご相談が多くなっています。

特に女性の甲状腺がん、肺がん、乳がんです。

放射能との関係性は否定出来ないように思います。

浴びた低線量の放射能は、5年目以降にじわじわと形をあらわすと言われています。

気になるから検査を受け、またその検査で被曝してしまうことは避けれない事実です。

新潟大学の岡田正彦名誉教授も、レントゲン検査を原因とする肺がんの潜伏期間は1〜3年と極めて短いもので深刻な問題となってくると言われていますね。

ちなみに胃のバリウム検査は、X線を連続照射しながら行うため、肺のX線に比べ100倍リスクが高いと言われています。

さらに、CT検査による被曝線量は、X線撮影の200〜300倍とするという論文が多くあります。

PET検査ともなると、放射性物質を造影剤として投与するわけですから被曝量はどんなものでしょうか・・・

放射能を徐去できるのは抗酸化物質です。

日常の食べ物としては、自然塩を混ぜて炊いた玄米と味噌汁です。

長崎の浦上第一病院の秋月医師が、自らも原爆で被ばくしながらも玄米と味噌汁で原爆症から免れた有名な話がありますね。

ここだけを聞けば簡単に思うかもしれません。

しかし現代では、本物の玄米、味噌を手に入れることが非常に困難なのです。

玄米は、まず産地、そして有機でもなく減農薬でもなく、無農薬、無肥料の自然栽培であること

味噌は、同じく大豆の産地、栽培状況、自然塩を使っていること

そして、大切なことは生きている食材であることです。

玄米は発芽するか、味噌は水で溶いた片栗粉に味噌を入れたとき片栗粉を溶かすことが出来るか

試してみるといいですね。

それに加え、プロポリスなどの総合的健康食品を摂ることをおススメします。

抗酸化だけでなく、食事で摂った栄養を結合させ、効率よくカロリーを栄養に変える体をつくる

がん治しはあきらめない・必ず治ると信じて

大自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

がんが治った生き方・自然治癒ライフをご覧くださいね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

日々、蓄積されている毒ががんの原因になる

私たちが日々、使っている身の周りのもの・・・

食器用洗剤、洗濯洗剤、掃除用洗剤、シャンプー、リンス、トリートメント、ボディシャンプー、化粧品、整髪料、ヘアカラー、歯磨き粉、芳香剤など・・・

無いと困るものばかりです。

もし、これらが体調不良を起こす原因になっているとしたら・・・

使わなくて済むものなら使わずに過ごすと思います。

毎日使う生活用品にも、がんなどの病気の原因になる【化学物質】(毒) が沢山使われています。

私たちが気が付かないうちに皮膚から吸収され、体内に入ってしまいます。

口から入った化学物質は、肝臓を通り解毒、排出されます。

しかし、皮膚から入った化学物質は肝臓を通過しないので解毒が行われず体内に蓄積されます。

この、皮膚から入る化学物質を 「経皮毒」 とよびます。

本当に皮膚から入るの?と思うかもしれませんが、これら化学物質は非常に小さな分子が集まって出来たものなので簡単に皮膚をすり抜けて入ってしまうのです。

私たちは何も疑うことなく、当たり前に化学物質でつくられた日用品を使い続けています。

考えたらとても怖い毒だと思いませんか?

しかもその数は怖ろしいくらい多くいのです。

日本はアメリカ、ヨーロッパに比べ、これらの化学物質の規制がとても緩くいので、化学物質使い放題、といってもよい状況になっています。

虫よけスプレー、衣類や汗の匂い消し、除菌スプレー、赤ちゃんのおむつ、生理用ナプキン、マスクなど・・・

これらの毒が生まれて子どものころからずっと蓄積され続ければ・・・

アトピーやアレルギー、がんなどの病気を引き起こす原因になり、アレルギーがあるから、といって化学物質たっぷりのマスクや虫よけスプレーなどを使うとどうなるでしょう。

目の前のものは防げても、毒が蓄積されていくということを知っておくのは重要なことです。

化学物質を使用していないものを使うなど、自分で何か対策をすることも自分の体を守ることにつながります。

また、完璧に避けることは難しい時代です。

けれど、少しでも避けれる経皮毒は自分で避けるようにしたいですね。。

とくに女性の生理用品やシャンプーなどは、吸収しやすい場所なので、優先的にするといいですね。

子宮がんの原因になるものは避ける

私はがんになってシャンプーを使うのをやめました。

この続きは、明日、お伝えしますね・・・

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

電磁波・電化製品・気をつけていますか?

寒くなるこの季節

ホットカーペットが心地よく感じますね。

しかし、このホットカーペットが危険だなんて誰が思うでしょうか・・・

以下 船瀬俊介氏 ご著書より抜粋させていただきます。

ホットカーペットは、安全基準の約300倍の発ガン電磁波を出します。
流産、奇形、発ガンの恐れ大。赤ん坊を寝かせると、将来の発ガン、白血病リスクはケタ外れに高くなるでしょう。男子は精子が激減します。

怖いですね・・・

毎日使っているとどうなるのでしょう・・・

がんの人、妊婦さん、赤ちゃんは特に注意ですね。

体を冷やさないよう気をつけている人たちだからこそ、使っている可能性がありますね。

目に見えない電磁波は、気付かないうちに浴びています。

ちなみに・・・

4ミリガウス以上だと、悪性リンパ腫は5倍、脳腫瘍6倍、白血病6倍になるとか・・・

電磁波なしでは生活できない時代ですが、メリット、デメリットを見極めることが大事ですね。

安全基準として家電製品は1ミリガウスといわれています。

食事も運動のちゃんとしているのに、体調がすぐれない時

環境や身の回りの電化製品などをチェックしてみるのも必要ですね。

ホットカーペットや電気毛布より、昔ながらの湯たんぽがおススメです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

社会毒を避ける

日本では、2人に1人がガンになる時代です。

他人ごとではない時代です。

人間の体は、元気な人でも毎日数千個から数万個のがん細胞が発生しています。

これに対して、体は遺伝子修復機能をもち、がん細胞をアポトーシス(細胞の自殺)に導き、がんにならないよう働いています。

通常はアポトーシスされるがん細胞ですが、何らかの原因で遺伝子が傷つくと、がん細胞は爆発的に増殖をはじめることが、がんの始まりです。

 遺伝子を傷つける原因のひとつが生活毒です。

食品添加物、農薬、化学製品、界面活性剤使用の化粧品、シャンプー、薬、たばこなど・・・

肉、乳製品、卵などの動物性の食品も体内で毒に変わる可能性の高い食べ物です。


日本に大量に輸入されているブラジル産鶏肉

ブラジル政府は輸出の停止をしてますが・・・

遺伝子を傷付けてしまう鶏肉を食べていませんか??

がんにならないために

がん細胞を正常細胞に戻すためには、遺伝子を傷つける毒素を入れないことが大事です

細胞の修復には

『口から入れる栄養と心』

夕食で摂ったものが、その日の細胞の修復に働きかけます。


食べたものがガンをつくり、食べたものがガンを治す


夕飯は、抗酸化力の強いキャベツの千切りと、酵素を働かす納豆、味噌汁などの発酵食品がおススメです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

 

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんを増殖させる電磁波を遠ざける

電気機器は生活には欠かせないもので、家の中にはたくさんあります。

10年前、20年前にはなかったものが・・・

今では当たり前のようにたくさん使われており、生活のなかの電磁波は増えるばかり

この「電磁波」が「がん」を増やしている原因でもあります。

常に持ち歩いている携帯電話もがんをつくる原因でしょう・・・

WHO(世界保健機構)の専門機関である【国際がん研究機関】が、携帯電話などから発生する高周波の電磁波について「発がん性の可能性あり」という評価結果が発表さています。 


携帯を耳に当てて10年以上使い続けると脳腫瘍になる確率が3.9倍も増えるそうです。(スウェーデン報告)

この原因は、発信している電波(マイクロ波)に発ガン性があるからです。
 

世界的権威ロバート・ベッカー博士の警告によれば、その他にも電磁波はこんな影響を与えているそうです。

成長細胞ダメージ、発ガン性、ガン促進、催奇形性、神経ホルモン混乱、自殺や異常行動、生理リズム破壊、ストレス反応、免疫力低下、学習能力低下など

怖い現実です。

避けては生活できない現代ですが、使わなくても済むものは出来るだけ使いたくないものです。

頭痛、めまい、疲労感、脳DNA破壊・・・

日本で電磁波については、まだあまり重要視されていません。

しかし、ヨーロッパを中心として携帯電話の電磁波が人体・子どもに悪影響を及ぼすものとして世界的に危惧されています。

大人の脳より子どもの脳は小さく頭蓋骨も薄い、しかも未熟とあり大人より電磁波の影響を受けやすいのです。

そして、頭の中に入っていった電磁波は頭の中に蓄積されます。

ヨーロッパ各国で共通して16歳未満の子どもの携帯電話の使用を禁止すべきとしています。
 

せめて、スピーカーやイヤホンを使うなどして耳から離して使うなど工夫はしたいものです。

寝るときは、枕元から離すことも大切です。

とくにがんの人は、がんを増殖させないためにも気をつけたいですね。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)



 

 

電磁波の恐怖、発ガン性

手放せない携帯電話・・・

WHO(世界保健機構)の専門機関である国際がん研究機関が、携帯電話などから発生する高周波の電磁波について「発がん性の可能性あり」という評価結果が発表さています。

携帯を耳に当てて10年以上使うと脳腫瘍になるの率が3.9倍も増えるそうです。(スウェーデン報告)

これは発信している電波(マイクロ波)に発ガン性があるからです。

世界的権威ロバート・ベッカー博士の警告によれば

電磁波は・・・

①成長細胞ダメージ

②発ガン性

③ガン促進

④催奇形性

⑤神経ホルモン混乱

⑥自殺や異常行動

⑦生理リズム破壊

⑧ストレス反応

⑨免疫力低下

⑩学習能力低下

知らぬところでこんなことが起きているのです。

避けては生活できない現代人ですが、使わなくても済むものは出来るだけ使わず生活したいものですね。

ちなみに冬場に良く使われるホットカーペットは300倍もの危険・まさに発ガンマットだと船瀬俊介氏も言われていますが・・・

頭痛、めまい、疲労感、脳DNA破壊・・・

電磁波について日本ではまだあまり重要視されていません。

しかし、ヨーロッパを中心として携帯電話の電磁波が人体・子どもに悪影響を及ぼすものとして世界的に危惧されています。

大人の脳より子どもの脳は小さく頭蓋骨も薄い、しかも未熟とあり大人より電磁波の影響を受けやすいのです。

そして、頭の中に入っていった電磁波は長い年月を経て頭の中に蓄積されます。

ヨーロッパ各国で共通して16歳未満の子どもの携帯電話の使用を禁止すべきとしています。

ポケットに携帯電話、寝るときも枕元には携帯電話・・・

強烈な発ガン物質です。

特にガン治療中の方は、これ以上悪化させないためにも気を付けて下さいね。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長のブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

アメリカと日本のがんの原因の違い

アメリカではガンによる死亡率が1990年代から減少しています。

それなのに、日本はガンで亡くなる人があとを絶たないのはなぜでしょう・・・

ガンの原因はさまざまなことがありますが、日本とアメリカにおいてのガンの原因の違いは容易に推測されます。

日本は、安全な国と思っている人が多いようですが、大きな勘違いです。

農薬使用量、電磁波認可、CTやMRIの使用率、添加物認可数(特にトランス脂肪酸の管理状況)
の多さはアメリカと比べものになりません。

薬の使用量も世界的にみても非常に多い国です。

これらを知り、生活の基本的なことから変えていかない限り、日本はガンが減ることはないでしょう。

お菓子や菓子パンを普通に食べて育った世代

日本のスーパーでは、普通に販売されているマーガリン

このマーガリンが与える体への影響は怖ろしいものです。

ガンになっても、まだマーガリンを摂っていませんか?

~ 以下 船瀬俊介氏 新医学宣言より抜粋 ~

マーガリンは食べてはいけません。

『欠陥油』トランス脂肪酸を大量に含むからです。

アメリカ国内には、すでにマーガリンは存在しません。

なぜならトランス脂肪酸自体が、2014年から全面禁止されているからです。

しかし、日本では依然として野放しです。

トランス脂肪酸は、別名『狂った油』 または『キラー・オイル』(殺人油)と呼ばれます。

その毒性は、心筋梗塞、狭心症、流産、さらに、気管支ぜんそく、アトピー皮膚炎などアレルギー疾患を起こします。

さらに、胎児の体重減少、死産なども警告。

過剰摂取で悪玉コレステロールを増やし、善玉を減らす。

そのため動脈硬化を悪化させ、心臓病リスクを高めるのです。

さらに、認知症、パーキンソン病のリスクを高めるという報告も。

さらに高血圧、糖尿病を引き起こすなど、『万病のもと』と断罪する研究者もいます。

つまり、血液を汚す 恐るべきトランス脂肪酸なのです。

ガンは血液の汚れから起きる病気です。

日本では、体に悪い影響を与える可能性がある添加物、農薬が多く認められていること

また、許可された使用量も多いことを、知ることは大切ですね。

アメリカは、トランス脂肪酸に限らず、日本より添加物、農薬の規制が厳しくなっています。

そして、健康管理にサプリメントや健康食品を摂ることも国をあげてすすめています。

ガン治療においても、代替療法が普通に取り入れられている国です。

これらによって、アメリカのガン死亡率が減少しているのです。

良いところは、見習い取り入れていくべきですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)