牛乳とがんの関係

骨転移して、カルシウムを摂らなくては・・・と言って牛乳、ヨーグルトをたくさん摂っている人がいます。

牛乳は、リンとタンパク質を多く含んでいるので、摂取をすれば、リンとタンパク質を中和させるために体のカルシウムが溶けだします。

つまり牛乳を飲む人は、骨粗しょう症になりやすい、また骨折しやすいということです。

世界一牛乳を飲む国 ノルウエーの人の骨折率は、日本人の5倍

そして、畜産で育った乳牛は、早く成長させ、たくさんのお乳を出させるために大量の成長ホルモン、女性ホルモン、さらに抗生剤が投与されています。

これによって、牛乳が、前立腺ガン、卵巣ガン、乳ガンなどのホルモン系のガンを増やしてきたことは多くの研究者が指摘をしています。

卵巣ガン、乳ガンになっても、また牛乳を飲んでいませんか?

特にガンの人は、チーズやヨーグルトも要注意

ホルモン系ガンに限らず、腸を汚してしまう牛乳は、大腸ガンの発症リスクも高くなります。

また、成長ホルモンを多く含む牛乳は、体の防衛メカニズムを阻害すると言われています。

何が起きるかというと・・・

成長ホルモンは、体の防衛機能を狂わせ、ガンのアポトーシス(死滅)を阻害してしまい、結果ガンの発症に繋がっていくのです。

もうこれ以上、ガンを増やさないよう嗜好品である牛乳は避けるべきですね。

子どもの頃から牛乳を飲み続けると、ぜんそくやアトピー、精神発達面にも害を及ぼす可能性も報告されています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

体の冷えが原因?子宮がんとカンジタ膣炎の関係

免疫が低下すると感染症を発症しやすくなります。

 

その中の一つ、女性の悩みであるカンジダ膣炎があります。


カンジダ菌が膣に侵入し、異常増殖したことで起き、また癖のように何度も繰り返してしまう人も・・・


不快感そして、つらい症状に悩まされている女性も多いようです。

 

なぜ起きるのでしょう・・・

 

このカンジダ膣炎の原因の中に、体の冷えが関係していると考えられます。


女性の骨盤内は、「子宮や卵巣」「尿道や膀胱」「直腸」など

多くの器官が入っているため、男性に比べ血液が滞りやすくなっています。


血液の循環が悪くなると➡細胞への栄養や酸素の供給が悪くなり➡老廃物を排出することが難しくなります。


老廃物が溜まってしまうと➡体への負担は大きくなり➡抵抗力も著しく低下してしまいます。


血液の循環の悪さに加え、女性は物理的な原因からも骨盤内の冷えが思っている以上に起きています。


カンジタ膣炎になるということは➡子宮が冷えている証拠


更に、女性の生理用品が子宮を冷やしている可能性も・・・


多くの生理用品は、月経血や尿を吸収するために高分子ポリマーが含まれています。


高分子ポリマーとは、水分を吸収して漏れないように凝固させるものであり

大変な有害化学物質といわれています。


これは、発熱時などに使用する冷却シートと同じしくみになのです。


つまり冷却シートを当てているのと同じことになります。


特に、子宮は袋状の臓器であり冷えやすい場所


毎日おりものシートをつけることは、高分子ポリマーで子宮をずっと冷やしていることになります。


子宮がん、卵巣がんの人に多くは、おりものシートの愛用者が多く、子宮がん、卵巣がんのほとんどの人がカンジタ膣炎に悩んだ経験をお持ちです。


冷えの影響を受けるカンジタ膣炎と冷えから起きるがんはまさに連動していますね。


体の表面の温度はもちろん、内臓の温度もに目を向けましょう。


がんの原因である冷えを改善するために・・・

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

血栓とがん

がんは血液の汚れがつくった病です。


血栓の薬を飲んでいると言われる方は女性に多いですね。


そのなかでもがんの人が多いこと・・・・

 

血栓も同じ血液の汚れです。


血液が汚れ、血流が悪くなりドロドロになると血管の壁が汚れ血管が細くなっていきます。



そこで発生する血の塊が血栓です。


血栓は、血液の汚れである過剰コレステロールや中性脂肪、尿酸などをギュッと固めてしまい、血液を浄化させようとする反応なのです。

だから血液をキレイにすることが・・・

 

血栓は薬で抑えてしまえば大丈夫と思っていませんか?

 

私もがんになる前、血栓のお薬を飲んだことがありました。

 

血栓の代表的なお薬を服用中は、摂ってはいけないといわれる食品があります。

 

色の濃い野菜、納豆など・・・


これらの食品のほとんどが、実は血液をキレイにしてくれる食品なので、がんにも良い食品なのです。


私は薬に頼ったその為に自分の力で血液をキレイにすることが出来ない体になってしまっている・・・とふと気付きました。


そして薬によって、がんが増殖しやすい環境をつくっている

そこに不安を感じました。


ドロドロに汚れた血液のままだと体はどうなるのか・・・


なんとかして汚れを排出しようする

その働きで汚れを1ヶ所に集めます。


それが腫瘍、つまり癌が出来るのです。



血栓は➡血液をキレイにしなさい!

というお知らせだったのですね。


だから私は薬だけに頼るのはやめようと思ったのです。


血栓があるということは➡がんになる可能性も高い


血液をキレイにすることは本当に大事ですね。


血液の汚れをキレイにするには・・・

 

●添加物や農薬などを避け食を見なおすこと

●お風呂などで体を温めること

●下半身を鍛える運動をすること

●深呼吸や腹式呼吸でたっぷり酸素を摂り入れること

●明るく前向きに心の持ち方を変えること

●健康食品などを活用して栄養バランスを整えること



血液をキレイにすれば、ほとんどの病気が治ると言われてます。



自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

 

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

りんごパワーで免疫力アップ?

人間の体にはたくさんの血管が通っています。

血管内で血の塊が詰まり、血の流れを止めてしまうのが血栓症といわれるもので脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こすことがあります。

気付いたら早い対処が大事です。

しかし足の静脈に出来る「深部静脈血栓症」は意外にも多くの方が無症状のまま発症しているのです。

ふくらはぎ上部や足首にむくみが起きていませんか?

実は血栓症は癌とも強い関係があります。

がんの人の多くは、血栓症を起こしています。

足は動かすことで血液を循環させています。

長時間座ったままや、歩くことが少ないと血液の流れが悪くなり、血栓症を起してしまいます。

血栓症になる人ほど血流が悪いということは➡癌も出来やすくなるわけです。

血栓予防には、水分摂取を促す声をよく耳にします。

確かに、人間の生命にとって水は非常に重要ですね。

しかし、生命にとって重要な水ではありますが、摂りすぎ、摂り方によっては害になるのです。

水の摂りすぎは➡腸を冷やし➡腎臓機能を低下させ➡水毒となります。

水分の排泄が十分出来なければ➡さらに冷えを起こし➡免疫力を低下させてしまい➡がんの原因にもなります。

血液をサラサラにするために水分を摂ることで、免疫力を落としていたのでは困りますね。

摂った水分は体に溜め込まないことが重要です。

そのためには、体を温める水分を摂ることが大切

水より白湯、緑茶より番茶、コーヒーより紅茶が最適です。

お腹の冷えを感じる時は、白湯に少量の自然塩を入れるのも良いですね。

また風邪気味など免疫力が低下しているときの水分補給には、りんごのすりおろしがおススメです。

りんご半分をすりおろし➡木綿のハンカチなどに包みしぼった汁を飲みます。

りんごのしぼり汁は➡腎臓までしっかり届きます。


残りの半分は➡すりおろしてそのまま食べます。

 すりおろしたりんごは酸素量を増やす効果がありますので、免疫アップには最適な食べ物です。

 りんごは、整腸作用もあり、また栄養が沢山

ペクチンを始め、ポリフェノールやビタミンCが粘膜を保護してくれます。

先にすりおろしたりんごを食べることをおススメします。

りんごは体を温める食べ物です。

りんごの皮に付着したワックスはしっかり落としてから使ってくださいね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

血液を汚すものを入れない生き方でがんなおし

私たちの体は60兆個もの細胞から構成されています。 

その種類は260種ともいわれおり、様々な細胞が結合して人間の体をつくりあげています。

この細胞にはそれぞれに寿命があります。

早いものでは、消化管上皮細胞のように1日で新しい細胞に入れ替わっているものもあります。 

また骨の細胞は寿命が長く、入れ替わりに3年~10年ともいわれます。 

120日で新しく入れ替わる赤血球は、毎日 脾臓や肝臓で処理され、同じ量の赤血球を骨髄でつくっています。

 

このように私たちの見えないないところで、細胞はどんどん処理され、新しくつくられていく、このような生命の営みや働きを代謝、そして、再生する能力を自然治癒力といいます。

 

細胞の働き、再生能力は、摂った食事で変わってきます。

 

体に害を与える化学物質➡異常な細胞をつくり➡代謝活動を抑制します。

 

体に優しい食べ物は➡良い細胞をつくり➡代謝活動を活発にします。

 

血液を汚すものは体に入れない

 

がんの原因は血液の汚れから・・・

 

まずは体調に合わせて

朝食を摂らないプチ断食から・・・

 

血液が入れ替わる120日間

 

体が喜ぶを・・・

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

 

日々、蓄積されている毒ががんの原因になる

私たちが日々、使っている身の周りのもの・・・

食器用洗剤、洗濯洗剤、掃除用洗剤、シャンプー、リンス、トリートメント、ボディシャンプー、化粧品、整髪料、ヘアカラー、歯磨き粉、芳香剤など・・・

無いと困るものばかりです。

もし、これらが体調不良を起こす原因になっているとしたら・・・

使わなくて済むものなら使わずに過ごすと思います。

毎日使う生活用品にも、がんなどの病気の原因になる【化学物質】(毒) が沢山使われています。

私たちが気が付かないうちに皮膚から吸収され、体内に入ってしまいます。

口から入った化学物質は、肝臓を通り解毒、排出されます。

しかし、皮膚から入った化学物質は肝臓を通過しないので解毒が行われず体内に蓄積されます。

この、皮膚から入る化学物質を 「経皮毒」 とよびます。

本当に皮膚から入るの?と思うかもしれませんが、これら化学物質は非常に小さな分子が集まって出来たものなので簡単に皮膚をすり抜けて入ってしまうのです。

私たちは何も疑うことなく、当たり前に化学物質でつくられた日用品を使い続けています。

考えたらとても怖い毒だと思いませんか?

しかもその数は怖ろしいくらい多くいのです。

日本はアメリカ、ヨーロッパに比べ、これらの化学物質の規制がとても緩くいので、化学物質使い放題、といってもよい状況になっています。

虫よけスプレー、衣類や汗の匂い消し、除菌スプレー、赤ちゃんのおむつ、生理用ナプキン、マスクなど・・・

これらの毒が生まれて子どものころからずっと蓄積され続ければ・・・

アトピーやアレルギー、がんなどの病気を引き起こす原因になり、アレルギーがあるから、といって化学物質たっぷりのマスクや虫よけスプレーなどを使うとどうなるでしょう。

目の前のものは防げても、毒が蓄積されていくということを知っておくのは重要なことです。

化学物質を使用していないものを使うなど、自分で何か対策をすることも自分の体を守ることにつながります。

また、完璧に避けることは難しい時代です。

けれど、少しでも避けれる経皮毒は自分で避けるようにしたいですね。。

とくに女性の生理用品やシャンプーなどは、吸収しやすい場所なので、優先的にするといいですね。

子宮がんの原因になるものは避ける

私はがんになってシャンプーを使うのをやめました。

この続きは、明日、お伝えしますね・・・

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

お乳が冷えていませんか???

お乳が冷えていませんか??

乳房は大胸筋に支えられ、脂肪と乳腺の組織で出来ており

その割合は9対1です。

乳房のほとんどが脂肪組織であり、さらに体から前に出ている乳房はとても冷えやすいのです。

下着や衣類で締め付けていませんか?

寝る時もブラジャーをしていませんか?

体の締め付けは血流を低下させ、冷えてしまいます。

また、乳房の周辺にはたくさんのリンパ節があります。

リンパ節が集まる脇の下や鎖骨周辺が締め付けられた影響で

体液の循環が悪くなり、酸素や栄養の運びが悪くなります。

また老廃物を運び出す力も低下!

さまざまな不調が起きてしまうのです。

がんは冷えた場所、酸素が少ない場所を好みます。

溜まった老廃物も癌の原因となります

体液の循環を低下させるような締め付けは避けましょう。

乳房に老廃物や疲労物質が溜まると、さまざまなトラブルが起きます。

その症状は乳房だけではありません。

全身に表れます。

お乳が冷えていませんか?

お乳が硬くなっていませんか?

リンパ液の流れが悪く、一度硬くなってしまった乳房は体液の循環が出来なくなります。

そして、放っておくとどんどん硬くなります。

硬くなると酸素や栄養が届かなくなり老廃物や疲労物質がどんどん溜まって行きます。

何もしなければ乳がんのリスクを高めます。

マッサージや入浴などでセルフケアをしていきましょう。

乳がんチェックは生理開始から5~7日目が理想です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

ご相談・お問い合わせ
☎0869-92-4631   (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

抗がん剤は耐性をつくる??

ガン患者さんの多くの方が恐れているもの

それは再発・転移です。

ガンが見つかった後、治療に専念します。

では予防はどうでしょう・・・

再発・転移をする人は、予防ということをしていない人がほとんどです。

再発・転移という言葉に説得されていませんか?

再発でもなく、転移でもなく、新しいガンだとしたら、また同じことをしてしまったと後悔するでしょう・・・

病院は治療の場であり、予防は放置になります。

今までと変わらぬ生き方では、同じことを繰り返して当然なのです。

手術、抗ガン剤、放射線は、対症療法、つまり応急処置なのです。

だから多くの場合、再発・転移をしてしまうのです。

一時は治ったようにみえても、病気の原因がある限り、ガンはまた増殖し再発します。

手術、薬剤、放射線も血液を汚し新たな病気をつくる原因のひとつです。

一生懸命つらい治療を受け、結局1年後、2年後、3年後、再発・転移を繰り返し、自分の免疫でなおすしかないとやっと気付く方も少なくありません。

大切なことは気付いた後、原因を取り除くために、常識というものから抜け出すことが出来るかどうかです。

抗ガン剤が100日で耐性をつくることはずっと前からわかっていること

100日を過ぎれば、ガンはじわじわと勢力を増して暴れ出します。

反抗ガン剤遺伝子(アンチ・ドラック・ジーンADG)

本当のの意味でのガン細胞の攻撃が始まるのです。

攻撃すれば、攻撃される

ブーメランとなって自分に返ってくる

ガンの世界でも同じではないでしょうか・・・

私たち人間には、ガンをアポトーシス(細胞の自殺)に導く自然治癒力が備わっています。

どんな人でもガン細胞は毎日数千~数万個うまれていると言われ、自己治癒力、つまり免疫によってガン細胞を自然治癒させ、健康を維持しています。

免疫が低下したとき、ガン細胞が抑えられなくなり発症します。

だから、ガンを治癒させるには自分の免疫を高めるしかないのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

ご相談・お問い合わせ
☎0869-92-4631   (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

いわしのパワー

我が家の一品

{5F88DD94-4DA0-4A4F-8620-3C2021D0BD0C}

美味しそうなイワシを、早速 お料理しました

{E2FDE8C2-19C1-40D9-B8DA-FC275FDF3F29}

イワシはビタミンDがとても豊富

お魚のなかではトップクラスの含有量を誇ります

ビタミンDは、インスリンの分泌を促す作用があるので、糖尿病の予防にも・・・

高血糖はがんの道!!

血糖値が気になる方におススメです

また青魚の脂に多く含まれているEPAは、血液の流れを促しますので、血小板が固まるのを防いでくれます。

まさに血栓予防です。

体内で生成することができないEPAは、食品から摂る必要があります。

食材も学びながらお料理すると楽しいですよ。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほの独り言ブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

40過ぎると・・・活性酸素とがんの関係

私達の暮らしには活性酸素を大量に発生させてしまう物質がたくさん存在します。

ストレス・食品添加物・電磁波・紫外線・薬品・放射線など・・・・・

なかでも強烈なのが薬品と放射線と言われています。

過度の活性酸素は免疫機能を狂わせます。

そして細胞を傷つけ、癌など様々な病気の原因になります。

色々なことに気を付けて生活していても加齢とともに免疫は低下しつつあります。

胸腺という聞きなれない臓器が、胸中央、心臓の少し上にあり、個の臓器が免疫と大きく関わっています。

胸腺は、内分泌腺と考えられていた時期もあったようですが、動物の胸腺を摘出したときに免疫不全が起こったことから免疫機能を司る臓器とわかってきました。

胸腺はT細胞が分裂し増殖する大切な免疫器官で、活性酸素と加齢が原因で機能低下していきます。

活性酸素を除去する機能も加齢とともに低下していき、どんどん酸化していきます。

免疫活性に胸腺のマッサージも大切ですね。

通常は体には、酸化を防いでくれる機能が働いているのですが、体内のスーパーオキシド・ジスムターゼなど抗酸化酵素をつくる力も年齢とともに低下していきます。
40歳を過ぎたころからどんどん減っていきます。

つまり抗酸化力が衰えるという事は活性酸素が増える一方になり

がんになるリスクが高くなります。

健康な人でも40歳を超えるとリスクが上がるのですから、薬品や放射線はさらにハイリスクとなりますね。

これが癌の再発転移の原因にも・・・

放射線治療をしたあと、原発ガンは小さくなった・・・

けれど、再発転移をした人が非常に多いのは残念な結果です。

これは放射線による大量の活性酸素が原因だと言われていますので酸化を防ぐ抗酸化食品を積極的に摂ることが重要です。

CT検査も同じですね。

1回の被ばく量は想像を上回る数値です。

特に女性の被ばく量は男性に比べ高くなっています。

こんなにCT検査をする国は他にはないとか・・・

がんが多い、がん再発率が高い理由が納得できますね。

活性酸素が多いからがんになり、活性酸素が多い人が放射線をすれば活性酸素は異常な量になる

また新たな癌が出来る環境がそろう・・・

これは活性酸素を除去するしかないのです。

過剰な活性酸素は今すぐ除去を・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)