日々、蓄積されている毒ががんの原因になる

私たちが日々、使っている身の周りのもの・・・

食器用洗剤、洗濯洗剤、掃除用洗剤、シャンプー、リンス、トリートメント、ボディシャンプー、化粧品、整髪料、ヘアカラー、歯磨き粉、芳香剤など・・・

無いと困るものばかりです。

もし、これらが体調不良を起こす原因になっているとしたら・・・

使わなくて済むものなら使わずに過ごすと思います。

毎日使う生活用品にも、がんなどの病気の原因になる【化学物質】(毒) が沢山使われています。

私たちが気が付かないうちに皮膚から吸収され、体内に入ってしまいます。

口から入った化学物質は、肝臓を通り解毒、排出されます。

しかし、皮膚から入った化学物質は肝臓を通過しないので解毒が行われず体内に蓄積されます。

この、皮膚から入る化学物質を 「経皮毒」 とよびます。

本当に皮膚から入るの?と思うかもしれませんが、これら化学物質は非常に小さな分子が集まって出来たものなので簡単に皮膚をすり抜けて入ってしまうのです。

私たちは何も疑うことなく、当たり前に化学物質でつくられた日用品を使い続けています。

考えたらとても怖い毒だと思いませんか?

しかもその数は怖ろしいくらい多くいのです。

日本はアメリカ、ヨーロッパに比べ、これらの化学物質の規制がとても緩くいので、化学物質使い放題、といってもよい状況になっています。

虫よけスプレー、衣類や汗の匂い消し、除菌スプレー、赤ちゃんのおむつ、生理用ナプキン、マスクなど・・・

これらの毒が生まれて子どものころからずっと蓄積され続ければ・・・

アトピーやアレルギー、がんなどの病気を引き起こす原因になり、アレルギーがあるから、といって化学物質たっぷりのマスクや虫よけスプレーなどを使うとどうなるでしょう。

目の前のものは防げても、毒が蓄積されていくということを知っておくのは重要なことです。

化学物質を使用していないものを使うなど、自分で何か対策をすることも自分の体を守ることにつながります。

また、完璧に避けることは難しい時代です。

けれど、少しでも避けれる経皮毒は自分で避けるようにしたいですね。。

とくに女性の生理用品やシャンプーなどは、吸収しやすい場所なので、優先的にするといいですね。

子宮がんの原因になるものは避ける

私はがんになってシャンプーを使うのをやめました。

この続きは、明日、お伝えしますね・・・

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

お乳が冷えていませんか???

お乳が冷えていませんか??

乳房は大胸筋に支えられ、脂肪と乳腺の組織で出来ており

その割合は9対1です。

乳房のほとんどが脂肪組織であり、さらに体から前に出ている乳房はとても冷えやすいのです。

下着や衣類で締め付けていませんか?

寝る時もブラジャーをしていませんか?

体の締め付けは血流を低下させ、冷えてしまいます。

また、乳房の周辺にはたくさんのリンパ節があります。

リンパ節が集まる脇の下や鎖骨周辺が締め付けられた影響で

体液の循環が悪くなり、酸素や栄養の運びが悪くなります。

また老廃物を運び出す力も低下!

さまざまな不調が起きてしまうのです。

がんは冷えた場所、酸素が少ない場所を好みます。

溜まった老廃物も癌の原因となります

体液の循環を低下させるような締め付けは避けましょう。

乳房に老廃物や疲労物質が溜まると、さまざまなトラブルが起きます。

その症状は乳房だけではありません。

全身に表れます。

お乳が冷えていませんか?

お乳が硬くなっていませんか?

リンパ液の流れが悪く、一度硬くなってしまった乳房は体液の循環が出来なくなります。

そして、放っておくとどんどん硬くなります。

硬くなると酸素や栄養が届かなくなり老廃物や疲労物質がどんどん溜まって行きます。

何もしなければ乳がんのリスクを高めます。

マッサージや入浴などでセルフケアをしていきましょう。

乳がんチェックは生理開始から5~7日目が理想です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

ご相談・お問い合わせ
☎0869-92-4631   (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

抗がん剤は耐性をつくる??

ガン患者さんの多くの方が恐れているもの

それは再発・転移です。

ガンが見つかった後、治療に専念します。

では予防はどうでしょう・・・

再発・転移をする人は、予防ということをしていない人がほとんどです。

再発・転移という言葉に説得されていませんか?

再発でもなく、転移でもなく、新しいガンだとしたら、また同じことをしてしまったと後悔するでしょう・・・

病院は治療の場であり、予防は放置になります。

今までと変わらぬ生き方では、同じことを繰り返して当然なのです。

手術、抗ガン剤、放射線は、対症療法、つまり応急処置なのです。

だから多くの場合、再発・転移をしてしまうのです。

一時は治ったようにみえても、病気の原因がある限り、ガンはまた増殖し再発します。

手術、薬剤、放射線も血液を汚し新たな病気をつくる原因のひとつです。

一生懸命つらい治療を受け、結局1年後、2年後、3年後、再発・転移を繰り返し、自分の免疫でなおすしかないとやっと気付く方も少なくありません。

大切なことは気付いた後、原因を取り除くために、常識というものから抜け出すことが出来るかどうかです。

抗ガン剤が100日で耐性をつくることはずっと前からわかっていること

100日を過ぎれば、ガンはじわじわと勢力を増して暴れ出します。

反抗ガン剤遺伝子(アンチ・ドラック・ジーンADG)

本当のの意味でのガン細胞の攻撃が始まるのです。

攻撃すれば、攻撃される

ブーメランとなって自分に返ってくる

ガンの世界でも同じではないでしょうか・・・

私たち人間には、ガンをアポトーシス(細胞の自殺)に導く自然治癒力が備わっています。

どんな人でもガン細胞は毎日数千~数万個うまれていると言われ、自己治癒力、つまり免疫によってガン細胞を自然治癒させ、健康を維持しています。

免疫が低下したとき、ガン細胞が抑えられなくなり発症します。

だから、ガンを治癒させるには自分の免疫を高めるしかないのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

ご相談・お問い合わせ
☎0869-92-4631   (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

いわしのパワー

我が家の一品

{5F88DD94-4DA0-4A4F-8620-3C2021D0BD0C}

美味しそうなイワシを、早速 お料理しました

{E2FDE8C2-19C1-40D9-B8DA-FC275FDF3F29}

イワシはビタミンDがとても豊富

お魚のなかではトップクラスの含有量を誇ります

ビタミンDは、インスリンの分泌を促す作用があるので、糖尿病の予防にも・・・

高血糖はがんの道!!

血糖値が気になる方におススメです

また青魚の脂に多く含まれているEPAは、血液の流れを促しますので、血小板が固まるのを防いでくれます。

まさに血栓予防です。

体内で生成することができないEPAは、食品から摂る必要があります。

食材も学びながらお料理すると楽しいですよ。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほの独り言ブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

40過ぎると・・・活性酸素とがんの関係

私達の暮らしには活性酸素を大量に発生させてしまう物質がたくさん存在します。

ストレス・食品添加物・電磁波・紫外線・薬品・放射線など・・・・・

なかでも強烈なのが薬品と放射線と言われています。

過度の活性酸素は免疫機能を狂わせます。

そして細胞を傷つけ、癌など様々な病気の原因になります。

色々なことに気を付けて生活していても加齢とともに免疫は低下しつつあります。

胸腺という聞きなれない臓器が、胸中央、心臓の少し上にあり、個の臓器が免疫と大きく関わっています。

胸腺は、内分泌腺と考えられていた時期もあったようですが、動物の胸腺を摘出したときに免疫不全が起こったことから免疫機能を司る臓器とわかってきました。

胸腺はT細胞が分裂し増殖する大切な免疫器官で、活性酸素と加齢が原因で機能低下していきます。

活性酸素を除去する機能も加齢とともに低下していき、どんどん酸化していきます。

免疫活性に胸腺のマッサージも大切ですね。

通常は体には、酸化を防いでくれる機能が働いているのですが、体内のスーパーオキシド・ジスムターゼなど抗酸化酵素をつくる力も年齢とともに低下していきます。
40歳を過ぎたころからどんどん減っていきます。

つまり抗酸化力が衰えるという事は活性酸素が増える一方になり

がんになるリスクが高くなります。

健康な人でも40歳を超えるとリスクが上がるのですから、薬品や放射線はさらにハイリスクとなりますね。

これが癌の再発転移の原因にも・・・

放射線治療をしたあと、原発ガンは小さくなった・・・

けれど、再発転移をした人が非常に多いのは残念な結果です。

これは放射線による大量の活性酸素が原因だと言われていますので酸化を防ぐ抗酸化食品を積極的に摂ることが重要です。

CT検査も同じですね。

1回の被ばく量は想像を上回る数値です。

特に女性の被ばく量は男性に比べ高くなっています。

こんなにCT検査をする国は他にはないとか・・・

がんが多い、がん再発率が高い理由が納得できますね。

活性酸素が多いからがんになり、活性酸素が多い人が放射線をすれば活性酸素は異常な量になる

また新たな癌が出来る環境がそろう・・・

これは活性酸素を除去するしかないのです。

過剰な活性酸素は今すぐ除去を・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんを根っこからなおすには・・・

がんは血液の汚れから起きる病です。

どんなに手術でがんを切り取っても、どんなに薬でがんを攻撃しても

血液が汚れたままでは、またがんは出来ます。

再発転移を防ぐためには、根っこからなおす

根っこからなおすということは、血液をキレイにすること

まずは、血液が汚れた原因を取り除くことです。

添加物 摂っていませんか?

気をつけているつもりでも、意外と摂っています。

加工食品、お菓子、パン・・・

健康のため摂っているサプリメントや健康食品にも添加物が含まれている可能性は充分あります。

農薬 大丈夫ですか?

無農薬野菜が手に入らない場合は、しっかりと農薬を除去をしてから食べるようにします。

健康のために飲んでいるお茶や漢方の栽培状況は確認したほうがいいですね。

無農薬の野菜やお米であっても、肥料は大丈夫ですか?

動物性肥料は体内で化学変化を起こし、有害なガスを発生させます。

ホルモン剤 大丈夫ですか?

牛、豚、鳥を早く育てるために、ホルモン剤が使われています。

スーパーに並ぶ多くの肉、乳製品、卵は、ホルモン剤の影響を受けていることは指摘されています。

これらの毒が、血液を汚しています。

その他にも、シャンプーや化粧品といった皮膚から吸収する毒素も血液を汚します。

血液が汚れると、解毒器官である肝臓は、一生懸命働きます。

それでも入り続ける毒に、肝臓の働きは追いつかず、血液はどんどん汚れていきます。

そして、肝臓は疲れ、正常に機能をしなくなるのです。

つまり、がんになったということは、肝臓がお疲れモードであるということですね。

だから、まずは肝臓を元気にしてあげることです。

肝臓は怒りの臓器ともいわれます。

肝臓が不調だと、イライラしたり、怒りっぽくなります。

また、長年、怒りの感情をもち続けると、肝臓に不調が起きます。

ストレス(特に怒りの感情)と密接に関係している肝臓

肝臓を元気にしてあげるためにも、穏やかに、おおらかに笑って過ごしたいですね。

みけんにシワ 入っていませんか??

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った          女性社長 ひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

不平不満、愚痴・泣き言が癌をつくる

恒温動物である人間が生きていくためには、、一定の酸素と体温が必要です。

この条件が満たせない時、体は生き延びるために、今度は悪い条件(低酸素・低体温)でも生きられる細胞を新たにつくりだします。

それが癌です。

癌は、低酸素、低体温でも生き延びることが出来る細胞ですね。

癌は私たちが生き延びるために出来た感謝すべき存在です。

体の冷えた場所、負担をかけた場所に癌が出来ます。

冷えた場所は、酸素が少なくなっています。

酸素が少ない場所は、血流が滞り栄養も行き届かなくなり大きな負担をかけています。

だから、冷えた場所を温かくしてあげること

そして、酸素をしっかりとり入れ、栄養を隅々まで運ぶこと

がん細胞に変わってしまった組織も、条件が整えばがん細胞は退縮をし、正常細胞に戻るのです。

体を温めるには、お風呂や温熱療法、運動療法などがあります。

これは外からの力を借りて温める方法です。

有効な方法ですが、これだけではなかなか体温を維持することは出来ません。

大切なのは、深部体温(内臓の温度)です。

深部体温を上げていくには、同時に酸素が必要です。

酸素と体温を維持していくためには、おおらかな心で過ごすこと

クヨクヨ悩み、不平不満、愚痴、泣き言をいっていると酸素が不足して体温も下がります。

がん細胞が増殖する環境を自らつくっていることに気付いて頂きたい

人の言葉や情報に振り回されていませんか?

病院や先生が治してくれると思っていませんか?

癌は自分がつくった病気です。

誰も治してくれる人はいないのです。

がんを治せるのは自分自身だけです。

不平不満、愚痴、泣き言をいえば、自分に返ってきます。

また自分が苦しくなるだけ

細胞も言葉をしっかりと聞いています。

クヨクヨすればするだけ、心がぶれ、癌が治る行動から自分を遠ざけてしまいます。

がんを治すことは、まず愚かな自分に気付くことからです。

幸せであることを忘れていませんか・・・

生きていることの有難さを忘れていませんか・・・

自分を信じ、前を向いて明るく生きていかれることを切に願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

毒素を下半身から排出する

【体内の毒素を下半身におろす】

毒素を出す=血液をキレイにする

基本的に私たちの体は、体にとって毒になるもの、必要ないものは外に出そうとする働き、排出機能があります。

鼻水、目やに、湿疹、膿、汗、便、尿、おりものなど、まさに浄化機能の働きによるものです。

浮腫みも浄化機能のひとつであり、特に皮膚から出そうとする力があります。

毒素が出る時には、このような症状がつきものですが、不快な症状に耐えきれなくなります。

そこでついつい薬を使ってしまい、毒をまた体内に押し込めてしまうのです。

毒が溜まった結果、出来たのがガンです。

つまりガンは血液の汚れ

私たちは、血液が汚れてしまうと、敗血症を起こしてしまいます。

敗血症にならないように、全身の血液の汚れを一手に引き受け、1ヶ所に集めるという役割をしてくれているのが、ガンです。

毒が溜まれば溜まるほど、ガン細胞はまた汚れを集めさらに大きな塊となります。

だから、ガンをなおすには毒素を出していくしかないのです。

全身の毒は下半身から排出されます。

足湯などで足を温めると、体の毒が下半身におりてきます。

これは外からの力を借りて毒素の排出を促す方法ですが、自力でスムーズな排出をするためには下半身の筋肉を鍛えることです。

体を動かして自ら熱を発して、血流をよくして足を温めることが一番です。

ガンなどの病気が増えた理由は、筋肉不足

つまり運動不足です。

便利な生活となり体を動かすことが少なくなった現代人は、意識して運動を取り入れていくことが必要ですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

殺菌剤より免疫力が高い体を作ること

ハンドソープでごしごし手を洗っていませんか?

風邪や病気予防には殺菌、抗菌剤で手を洗いましょうとよく耳にします。

ばい菌をやっつけるために、ハンドソープで手を洗い、薬品でうがいをする

しかし、このハンドソープやうがい液には、病気予防どころか大きな落とし穴があります。

市販されている殺菌、抗菌をうたうほとんどのハンドソープに、体に悪い毒薬成分が含まれています。

よく使われる成分では、元々は殺虫剤の成分として開発されたものがあり、アメリカのミネソタ州などでは、すでにこの成分を含む商品の販売禁止を決めています。

それだけ毒性の強い成分だということです。

しかし、日本では規制どころか、これらの成分は殺菌、抗菌剤としてどんどん使われています。

殺菌、抗菌に使われている毒性に強い成分は、筋肉の収縮障害、生殖ホルモン障害、肝臓ガンを引き起こすなど報告があがっているものも使われています。

これらの成分は、皮膚に浸透するだけでなく、血液の中にまで入り込むこともわかってきています。

また、母親の母乳からも検出されるほどだとか・・・

当然、これらの有害物質が体内に入れば、免疫力を落としてしまいます。

ばい菌より危険な有害物質です。

殺菌、抗菌剤によって清潔にし過ぎたために、ちょっとした菌に過剰に反応する体になってしまったり、また、大切な体を守る菌まで殺してしまい、さまざまな病気もつくっています。

ばい菌は自分の免疫でやっつける、そんな免疫力の高い体をつくることが大切ですね。

うがい液も同じです。

口から有害物質を吸収してしまいます。

原材料をしっかりと確認すること

天然素材のものを使われることをおススメします。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

輸血をするとがんの再発率が上がる⁇

輸血・・・ 誰もが出来ることなら避けたい道だと思います。

輸血は、ガンの再発率を上げてしまいます。

輸血によって、ガン細胞を攻撃してくれるNK細胞など、免疫細胞が大きなダメージを受けます。

その数は、80%も失われると言われています。

結腸ガン患者5年生存率を比較したもので、5年生生存は輸血した群が48% 輸血しなかった群が74% とのオランダの研究報告があり

つまり、輸血をすると生存率が下がるということです。

輸血をするとガン再発4.6倍にもなると書いてある先生方のご著書もありますね。

研究によってもその確率に違いはありますが、輸血後の生存率が激減するという報告も少なくありません。

ガンの手術での輸血・・・

腫瘍からの出血による輸血・・・

当たり前のように行われている輸血です。

マウス実験においても、輸血が腫瘍の増殖や転移を促進することで警告をされています。

人間においても同じではないでしょか・・・

輸血が、ガン細胞を増殖させ、再発・転移を引き起こしてしまうことを頭の片隅に置いておく必要はありますね。

ガンの切除手術のために輸血を受けた患者さんは、輸血をしていない患者さんに比べ、予後が不良であるという結果も示されています。

輸血をしてしまった人

再発転移の危険をどう対策するべきか、いち早く考えていくべきですね。

また、輸血をしなくて済むよう、これも自分で出来ることを取り組むことが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)