降圧剤とがんの関係

日本で最も多い病気とされる高血圧症の方は約4000万人と言われています。

高血圧症と診断されると、血圧を下げるための降圧剤を飲むようすすめられます。

日本人は50歳以上の約40%の人がこの降圧剤を飲んでいるともいわれています。

これだけたくさんの人が降圧剤を服用するようになったのは、最高血圧の上限が引き下げられたことが原因です。

以前は160だったのが、150、140台・・・といったように高血圧と診断されるラインが変わってきています。

降圧剤をやめたいと思っていても、高血圧は心臓病や脳卒中などの危険を考えてしまうため、怖くてやめれないという意見をよく聞きます。

それだけ私たち日本人は高血圧は怖いものだと思っています。

しかし、最近では高血圧の誤解も少しずつ知られるようになりました。

脳の血管に血栓が詰まって、組織に酸素や栄養が届かなくなり、さまざま障害が生じてしまう脳梗塞

血管に血栓ができることは意外にも多いのですが、詰まることを防ぐために血栓ができても圧力を高めて、血を送り出し、血栓を押しながら流しています。

そのために血圧は高くなるのです。

しかし、降圧剤で無理に下げられてしまった血圧は、血栓を押し流すだけの圧がなく、結果、血管を詰まらせてしまいます。

降圧剤を飲み続けていると、認知症になる

ということを最近はよく耳にしますね。

つまりこれは、降圧剤によって血液の流れが悪くなり、酸素や栄養が行き届かなり、脳の機能が低下してしまった結果なのです。

認知症だけでなく、癌になる可能性も高くなってくるので、要注意ですね。

血流が悪くなり、酸素が不足し、栄養も送られなくなるので、癌細胞が大好きな低体温、低酸素の環境が出来上がってしまうのです。

癌の死亡率も上がってしまうようです。

高血圧、降圧剤をやめたいといったご相談はとても多いです。

薬ではなく、日常の生活のなかでコントロール出来るといいですね。

血圧は年齢+90 と 安保徹先生も言われています。

数値だけに振り回されず、自分の体の声を聴くこともとても大切です。

私の愛用品はこちらから

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

手足のほてりは体の冷えのサイン

手足が温かく感じることと、手足のほてりは違います。


手のひらが赤い人、体温が低いのに手足がほてる人、それは、体の熱が手足を通して外に逃げています。


からだが冷えていませんか?


生理不順・痔・下肢静脈瘤(血管のぼこぼこ)や浮腫みがある人は、からだが冷えている傾向があります。


下半身が冷えていませんか?

 

冷えから体温低下が起きると➡臓器の働きが悪くなり➡細胞、すべての代謝が悪くなります。


そして静脈の小さな毛細血管の流れが滞ります。

そして、その影響でさまざまな症状が起きてきます。


神経痛や肩凝り、頭痛、動悸など・・・


とくに女性に多いのです。


その原因は、運動不足が多いと言われています。


とくの足腰の運動不足です。


運動をして、足が温まると血流が上がります。


足は心臓から距離があるため、血液を送るために、ポンプの働きをふくらはぎがしてくれています。


足の筋肉が衰えると➡ポンプの機能が低下し➡血液が隅々まで運ばれなくなりますので、ポンプ役の下半身の筋肉を鍛えることが大切です。


筋肉が鍛えられると➡血流も良くなり体温➡上がっていきます。


血流がよくなれば➡体の毒素は下半身に移動➡体の外へ排出されやすくなります。


歩いたり、階段を上り下りしたり、また椅子座ったままでも足を持ち上げ上下させる運動など、自分の体調や環境に合わせ、考えてしてみると良いですね。

 

とくにがんの人は➡体温が低く➡血流も悪く➡浄化機能が衰えがちです。


運動±湯舟のなかでふくらはぎをマッサージするなども良いでしょう。


この冷えを見逃してしまうと➡がん以外にも心筋梗塞や脳梗塞など➡一瞬で命を奪うようなことにも・・・


気付いたら改善していきたいものです

 

私は運動をする前もしくは、入浴前にプロポリスを飲んでいます。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

感染症と二次発がん・免疫力を上げる

がんになっても元気に長生きしている人

そのほとんどに人は、治療は手術のみで終わっています。

なかには、抗がん剤をしても10年、20年と元気な貴重な方がいらっしゃいます。

生還率が1%も無いと言われている抗がん剤ですから、それでも元気でいらっしゃる方は相当な免疫力、生命力のの強さがうかがえますね。

多くの人が、抗がん剤の副作用に悩んでいます。

また、抗がん剤のリバウンドで、二次発がんに苦しんでいる人がたくさんいます。

がんを治すための薬といわれていますが、その副作用によって新たな癌(二次発がん)をつくってしまうのもおかしな話です。

抗がん剤でがんを治そうと思うなら、抗がん剤に勝つ、相当な免疫力、生命力が必要だということです。

そこに気付かなければ、感染症や二次発がんを起こしてしまいます。

最後には、手の施しようがない、助かる見込みが無いといわれ、余命宣告を受け、途方に暮れている人が溢れているのが現実です。

もしも、自分が癌という病にかかったとき、どんな療法があるのか、どれを選択するのか、なにをすれば良いのか、を知っておく必要があるでしょう・・・

つらい渦中のときは、なかなか冷静に見れなかったり、受け入れられなかったりするものです。

がんを治す知恵を持ち備えていれば、たとえ病院で、手の施しようがないと言われようと、助かる見込みが無いと言われようと、途方に暮れずにすむのです。

また、抗がん剤などの治療に対する知識も持っていれば、必要かどうかの判断も自分で出来ます。

副作用の危険性も自分で察知できます。

今の時代、癌の人で溢れかえっていても、それでもどこかで他人ごとになっているのでしょうね。

私もそのひとりでした。

がんを治すのは薬や手術だと思っていました。

自分の免疫が癌を治すなど、考えもしなかったのです。

栄養があるものを摂ったり、甘いものや添加物は避けることは知っていましたが、絶対に食べてはいけないものがあるなど知る由もなかったのですから、本当に自分の愚かさを痛感しています。

がんは自分がつくった病気

『がん治しは、生き方なおし・クセなおし』 です。

免疫力、生命力を上げる生き方を・・・

がん治しはあきらめない・・・・必ず治ると信じて

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん細胞の修復・睡眠中の代謝を上げる

体温を下げない食事の仕方とは・・・

冷たいもの、体を冷やす食品は避けること

そして寝る3時間前には済ませることです。

食べた物は酵素によって消化され、必要な栄養分が腸管から吸収されます。

胃で消化にかかる時間は、およそ3時間

炭水化物、タンパク質、脂質の順に消化されていきますが、この間、血液は胃に集められます。

特に冷たいもので胃が冷えてしまうと、胃を守りための体の防御機能が働き、全身の血液が一気に胃に集まってきます。

その間、腎臓、肝臓、脳、心臓などは、血液が不足した状態になっています。

血液が不足すると、体温が低下し代謝機能が落ちます。

体温が低下すると老廃物などの排出がスムーズにできなくなり、癌などの病気を引き起こしてしまいます。

とくに睡眠中は、体温が下がりやすくなります。

明け方は日中に比べて1℃近くさがってしまいます。

日中の体温が36℃なら、睡眠中は35℃になっているかも・・・

35度台はがん細胞が活発になってしまいます。

胃の中に食べ物があると、さらに体温は下がってしまいます。

睡眠中は、代謝機能が最も働く大切な時間です。

代謝を上げていくためには体温が必要

睡眠中も体温を落とさないよう、胃の中のものは消化してから睡眠に入るよう気をつけたいですね。

大自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

今までの常識が変わった時本当のがん治しが始まる

【すべての常識が変わった時】

本当のガン治しが始まります。

心の持ち方がガンを治す?

少食がガンを治す?

運動してガンを治す?

体を温めてガンを治す?

そんなことでガンが治るわけがない、と思うかもしれません。

それは・・・

『ガンは自分を苦しめる悪い細胞、果てしなく増殖し続ける魔の病

だから少しでも早く、攻撃してやっつけなければならない』

この常識が根底にある以上は、ガンは医者や薬が治してくれるものだと当然思うでしょう。

日本では、ガンが見つかれば100%何らかの治療をすすめられます。

ですが、スウェーデンでは、前立腺ガンの治療は「何もしないこと」だそうです。

肺ガンも同じだそうです。

カナダで、もっとも多い治療法は「何もしない」「無治療が23%」

日本は国際的レベルに比べ、抗ガン剤20倍、手術は17倍も多いそうです。(船瀬俊介氏ご著書より)

日本は他国と比較をしても、ガン治療においては随分と違いがあることに驚きました。

アメリカでは、ガンの半数以上の人が代替療法に取り組み、ガン死亡率も減ってきています。

ガンは人任せでは、治せないということを認識しているでしょうか。

『自分で治す』 ためには、ガンに対する常識を変えていかなくてはなりません。

ガンは血液の汚れであり、これが続けば人間は命を落としてしまいます。

血液の汚れ、体の毒素が溜まった時、命の危険を察知して、汚れを1ヶ所に集め、塊となり知らせてくれるのがガンなのです。

ガンが知らせてくれなければ、一瞬で命を落としていたかもしれないのです。

ガンに感謝ですね・・・

ガンに感謝し、ガンを癒す自分になること

血液の汚れは、ストレス、食事、生活、冷えから起きてきます。

囚われを捨て、心身共にキレイになる。

心豊かに美しく生き生きと輝くガン治し

そんな方を応援しています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

時間を与えてくれたがんに感謝

薬と呼ばれるものは2種類のものがあるります。

・19世紀以前の自然界にある草や根っこ、木や皮を使った伝統療法

・石油を原料とした現代の医薬品

石油を原料とした薬物療法は、「逆症療法」とも呼ばれます。

なぜなら、石油を原料とした薬物は、自然治癒力の治癒反応を打ち消してしまうからです。

治癒反応を打ち消すということは、治癒力と逆向きの作用であり、病気を慢性化してしまう可能性があるということです。

最近では、抗ガン剤の毒性、二次発ガンへの高いリスクが表面化され、薬のリスクは随分と知られてきました。

また、抗ガン剤治療をしても治らない、それどころか、どんどん弱り亡くなっていく人を見て、抗ガン剤治療などの薬物療法をしない人も増えてきました。

しかし、毒性があるのは抗ガン剤だけでしょうか?

あんなに抗ガン剤の毒性を嫌がっているのに、他の薬は大量にしっかりと飲んでいる方がいます。

自然治癒力を上げたいと言いながら、むやみやたらに薬を飲んでいては自然治癒力はうまく働きません。

それどころか、血液をどんどん汚していきます。

ガンは血液の汚れからつくられた病

血液を汚すことをやっていては、ガンを治すどころか、悪化させてしまいます。

なぜ血液が汚れたのか、原因を考えればわかります。

【血液を汚す原因】

食べ過ぎ・動物性食品の摂りすぎ・砂糖の摂りすぎ・薬の飲みすぎ・ストレス・冷え・・・・

同じことを繰り返していては、当然ガンは治りません。

血液をキレイにしなければ、また再発します。

薬は血液を汚し、体温を下げてしまいます。

低体温はガンの道

もう一度、食事、生活、環境、生き方、心の持ち方を見直すことが出来るのではないでしょうか。

先日、42歳という若さでこの世を去った友人のことを考えました。

彼女は、幼い子どもさんを残し天国へと旅立ちました。

残された子どもさんはどんな思いで過ごしたでしょう・・・

外を歩けば、嬉しそうにお母さんと手をつないで歩いています

大好きなお母さんを亡くした子ども達の気持ちを思うと、胸が張り裂けそうです。

彼女は、脳の病気でした。

いつも通り子ども達を学校に送り出し、そのまま帰らぬ人になりました。

彼女がこの世を去るなんて、誰が想像したでしょうか・・・

病は一瞬にして家族の幸せな時間を奪ってしまいました。

一瞬にして命を奪ってしまう、脳や心臓の病気

しかし、ガンは違います。

ガンは、時間を与えてくれます。

その与えられた時間のあいだに、今までの生き方、自分の愚かさに気付くことが出来るかです。

血液の汚れを一ヶ所に集め、塊となって知らせてくれているガンに感謝しなければならないと言うことを改めて思いました。

ガンにならなければ、彼女のように一瞬で命を失っていたでしょう・・・

ストレスは、血液を汚します。

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

抗がん剤治療・がんは血液の汚れ

がんは血液の汚れから起きる病気です。

がんを治すには、血液をキレイにすること

交感神経の緊張が長く続くと血液が汚れてしまいます。

ストレス、薬、添加物などは血液を汚してしまいす。

抗がん剤に賛否があるのは、このようなことからですね・・・

全身の血液の汚れを一手に引き受けてくれたのが、がん

体に毒や汚れが滞った時、一部に集めて増殖する

からだ全体が汚れ、危険な状態になっているところを、命を守るために塊となって教えてくれています。

がんを小さくしようと思ったら、からだの汚れを排出し、血液をキレイにしてあげることです。

毒素を排出し、血液がキレイになれば、消えていきます。

末期がんであっても、がんが消えた人がいるのは、まさにそうですね。

がんになって不安を抱えている人

交感神経が働きっぱなしではないですか?

さらに血液が汚れる生き方をしていませんか?

がん宣告で怖くなり眠れなくなった・・・不安が襲ってきた・・・と言われた方もいます。

恐れや不安は大きなストレスとなり、血液を汚してしまいます。

恐れや不安は、がん治しにとって一番の妨げとなります。

不安になったら、がんに「ありがとう」をたくさん言ってみる・・・

バランスのとれた栄養と、体を温め、明るく前向きな心で、自分の自然治癒力を高める生き方をすることが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った             女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

貧血にレバー⁇

「貧血になるとレバーを食べると良い」

「血をつくるには、レバーを食べろ」

そんな風に聞いていませんか?

レバーは、牛や豚、鶏の肝臓です。

肝臓の役割は、体の毒素を集め、体に害を与える有害物質を排出する働きをしています。

つまり、体のなかで最も毒素が集まる場所

毒素がたっぷり集まった、肝臓を食べるということは、あえて自分に毒素を入れるということですね

貧血に、よい食べ物はいくらでもあります。

健康を考えるなら、動物性の食べ物より、植物性の食べ物を摂るよう心掛けたいものです

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

免疫機能の低下・カンジタ症とがんの関係

がん患者さんの血液は、細菌やカビで汚れていると言われています。

つまり、がんの原因は、細菌やカビということにもなります。

【イタリアの医師トゥリオ・シモンチーニの説】

シモンチーニの「犯罪」とは、ガンがカンジダという健康な人の体内でさえ少量存在するイースト(酵母)菌に似た有機体によって生じる真菌であることを発見したことである。普段は免疫系がそれを抑制しているが、カンジダが強力な菌に変異する時、いくぶん深刻な健康問題が発生することになる。ガンもそれである。

シモンチーニは、ガンが体内のどこにあろうと、あるいはどんな形をとろうと、全てのガンが同じように振る舞うことに気がついた。そこには共通項がなければならなかった。彼はまた、ガンの「しこり」が常に白いことに着目した。

他に白い物とは何だろう? カンジダである。

シモンチーニは、細胞増殖が激しくなったと主流医学が信じていたもの、すなわち「ガン腫瘍」が、実はカンジダの攻撃から体を守るために細胞を生成している免疫系であることに気がついた。 (デーヴィッド・アイク公式日本語情報より)

なぜ、カンジタ菌が異常繁殖するのか・・・

免疫機能が低下しているからです。

なぜ、免疫機能が低下したのか・・・

毒素が溜まって、血液が異常に汚れているからです。

毒素が溜まった原因は、日本人に合わない食事、減塩、添加物、薬品、運動不足、体の冷えなどです。

そのなかでも添加物、薬などの化学汚染は、解毒器官である肝臓機能の許容範囲を超えてしまいます。

毒素の溜まるものは出来るだけ体内に入れないよう心がけることと、排毒できる体をつくることが大切ですね。

実際に子宮がん、卵巣がんの方の多くは、過去にカンジタ膣炎や膀胱炎を繰り返した経験を持っています。

まさに免疫力の弱さを物語っています。

免疫系が弱った時、菌は増殖します。

この真菌が臓器に広がった状態が、ガンだというのがシモンチーニの説のようです。

それなら抗菌作用のあるサプリや健康食品が癌に効いたと言われるのも納得できる話です。

薬品で殺菌すれば、毒素が溜まり、また血液は汚れてしまいます。

殺菌効果のある食品を上手に活用されることをおススメします。

そして、免疫機能がしっかりと働いていれば、真菌が増殖することはないのです。

体内に溜まった毒素を排出して、免疫機能を高めていく

免疫を高めることは生命にとって最も重要なことです。

がん治しはあきらめない・必ず治ると信じて

大自然の恵み・自然界の力を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

牛乳とがんの関係

骨転移して、カルシウムを摂らなくては・・・と言って牛乳、ヨーグルトをたくさん摂っている人がいます。

牛乳は、リンとタンパク質を多く含んでいるので、摂取をすれば、リンとタンパク質を中和させるために体のカルシウムが溶けだします。

つまり牛乳を飲む人は、骨粗しょう症になりやすい、また骨折しやすいということです。

世界一牛乳を飲む国 ノルウエーの人の骨折率は、日本人の5倍

そして、畜産で育った乳牛は、早く成長させ、たくさんのお乳を出させるために大量の成長ホルモン、女性ホルモン、さらに抗生剤が投与されています。

これによって、牛乳が、前立腺ガン、卵巣ガン、乳ガンなどのホルモン系のガンを増やしてきたことは多くの研究者が指摘をしています。

卵巣ガン、乳ガンになっても、また牛乳を飲んでいませんか?

特にガンの人は、チーズやヨーグルトも要注意

ホルモン系ガンに限らず、腸を汚してしまう牛乳は、大腸ガンの発症リスクも高くなります。

また、成長ホルモンを多く含む牛乳は、体の防衛メカニズムを阻害すると言われています。

何が起きるかというと・・・

成長ホルモンは、体の防衛機能を狂わせ、ガンのアポトーシス(死滅)を阻害してしまい、結果ガンの発症に繋がっていくのです。

もうこれ以上、ガンを増やさないよう嗜好品である牛乳は避けるべきですね。

子どもの頃から牛乳を飲み続けると、ぜんそくやアトピー、精神発達面にも害を及ぼす可能性も報告されています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)