がん手術のリスクを知る

抗ガン剤は危険

放射線は危険

だから手術だけします。

と言われますが、外科的手術は抗ガン剤や放射線のように、リスクはないのでしょうか?

ガン手術で怖ろしいのは、手術によってガン細胞が他の組織に散ってしまうことも有り得るということです。

藪をつついて蛇をだす といっても良いかもしれません。

また、血液に流れ、すでに転移している状態で、原発巣だけをとってもどうでしょうか。

現代の手術では、細胞レベルまでガンを取り除くことは不可能です。

だから、多くの方が数年以内に再発転移をしています。

特にリンパ節の郭清(切除)をした場合は、どうでしょう。

子宮ガン、卵巣ガンに多いですね。

リンパ節は、網状の皮質とリンパ細胞で出来ており、ガンなおしにとって非常に重要なリンパ球が集まっています。

そのリンパ節を郭清してしまうと、リンパ球そのものを低下させてしまうということになります。

リンパ球が低下すると、免疫を上げることが難しくなり、ガンを乗り越える力すら無くしてしまいます。

リンパ郭清は、さらにリスクが大きくなることも理解しておかなければなりませんね。

実際、私が見てきた方でも、体を温め、健康食品などを飲んでいるとリンパ球が上がってくる方が多いのですが、中にはなかなか上がらない方がいらっしゃいます。

やはり、共通点は、リンパ郭清をされているということです。

リンパ郭清をしていない人に比べ、リンパ球を上げるのに何倍もの時間がかかります。

その間に、再発してしまうケースも少なくありません。

なかには、リンパ球が全く上がらなくなる人もいます。

そうなると、生命そのものが危険にさらされてきます。

『ガン治療を受けなかった人のほうが4倍以上長生きしている』

『手術などのガン治療を受けた人は、平均3年しか生きていないが 治療を拒否した人は平均12年6ヶ月も生きた』

アメリカの「ハーディン・ジェームス博士」の有名なエピソード

それを裏付けるようにスウェーデンの研究によれば、全く治療しない早期前立腺ガンの患者さんの10年間の経過観察結果では、ガンで亡くなったのは、わずか8.5%だったそうです。

切除してしまってからでは、元には戻せません。

切ることが当たり前ではなく、リスクも知り、何を優先するべきかきちんと考え、後悔の無いようされることを願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自分流のがんなおし・酸化させない

癌の進行具合は人それぞれ違います。

早期発見だから大丈夫! 早く見つかって良かった!

そんな会話をよく耳にしますが、数年後 思いもよらぬ再発に嘆き悲しむ人が多くいらっしゃいます。

初期だから取り除いてしまえば大丈夫ですよ!という言葉を鵜呑みにしていたら、気付けば・・・

癌になった原因をそのままにしていれば、当然また癌になります。

癌は細胞が傷つき出来ていくのですから、手術での切り口が癌化しやすいのは当然のこと

そして手術は体を一気に酸化させます。

体の酸化は癌の原因になります。

なかでも子宮頸検診で異形成と診断を受け、子宮頸部の円錐切除術をうけた人が数年後、進行がんになったというご相談はよくあります。

異形成は癌ではなく、傷ついた細胞です。

細胞は毎日 出たり引っ込んだり、傷ついたり修復したりを繰り返しています。

異形成を人工的につついてしまったため、細胞が傷つき、本当に癌になってしまった可能性も否定できませんね。

私たちの細胞は、日々変化し続けています。

例えば今日、高度の異形成であっても、来週は軽度の異形成、場合によっては正常細胞になっていることも充分考えられるのです。

これが私たちが持ち備えた自然治癒力です。

元気な人でも癌細胞は、毎日数千個から数万個生まれています。

だから、免疫が落ちたとき、自然治癒力が低下し、異形成が出来てしまうことは誰にでも起こり、誰にでもあることなのです。

しかし、検査で異形成(前がん病変)が見つかれば

過剰な診断による手術、薬剤の投与・・・

手術や投薬は、体に大きなストレスを与え、大量の活性酸素を放出します。

切り取った方が安心だと思いがちですが、同時に癌になるリスクも背負うことになるのです。

今、目の前にある癌や異形成を取り除くことばかりに気持ちがいき、手術で汚れ酸化してしまった血液を放置していると、また新たな問題が起きてしまうのです。

癌は血液の汚れ、体の酸化から起きる病気です。

そして必要でない臓器などはありません。

それぞれの臓器には、癌に対抗する防衛機能が備わっています。

どんな臓器でも、失うことはもちろん、一部が欠けただけでも生体の防衛機能は影響を受け、自然治癒力を低下させてしまうのです。

近年では、乳癌検診での誤診、過剰診断が非常に多く、問題となっています。

ほとんどの人は、癌や高度異形成が見つかれば常識に沿って病院に言われるがまま治療を始めます。

癌は病院で治すものという常識があるからですね。

先日も初期の子宮がんで手術、これで終わったと思っていたら半年後に再発、放射線治療後、さらに半年して転移が見つかったと泣きながら、お電話をしてこられた人

再発以降、治療で体力が低下してしまい、自分が間違っていたことにやっと気付いたそうです。

彼女はこれから、自分で治していくことを決断したそうです。

癌を自宅で、自分で治した人は意外なほどたくさんいます。

癌の種類、原因、生活環境、性格、体質、みんな違うのです。

人と比較すること自体が、癌の道

同じ部位のがんであっても皆違うのです。

自分の体は自分にしかわかりません。

常識にとらわれず、目先の癌だけを見るのでなく、からだ全体を見て、からだの声を聴き、自然の摂理にそって自分流のがんなおしを見つけることが大事です。

選ぶのも決めるのも自分自身です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

三大療法での酸化を防ぐ・がんの原因

酸化の原因と言えば、活性酸素ですね。

体の酸化とは、リンゴの切り口が茶色く変色するのと同じ状態が体のなかで起きています。

酸素を吸い込むと必ず発生する活性酸素

強い酸化力をもつ活性酸素は、侵入してきた菌やウイルスをやっつけてくれます。

しかし、この活性酸素は酸化力が非常に強いため、増え過ぎると私たちの体を酸化させてしまうと言われています。

そして、酸化した体はガンなどの病気を引き起こしてしまいます。

活性酸素が過剰に発生する原因

ストレス、薬品、添加物などがあげられます。

なかでも大量の活性酸素を生んでしまうのが、癌の三大療法です。

手術は、一気に体を酸化させてしまいます。

本来、臓器というものは空気や光に触れないもの

お腹を開き、空気に触れ、光を浴びた瞬間に、まさにリンゴの切り口のように臓器や血液が酸化してしまうのです。

抗ガン剤、放射線は非常に強い酸化力によってガン細胞を死滅へともっていきます。

しかし、それ以上に正常な細胞まで酸化させてしまいます。

ひとつの癌細胞を死滅させるために、周りの1000の正常細胞も傷め、免疫力を激減させてしまうのです。

酸化は、がんの進行に大きな影響を与えます。

体が酸化して癌になり、治療によってまた酸化が進めば、再発転移となります。

抗酸化食品をしっかりと摂り、酸化してしまった細胞、血液をキレイにしていくことをおススメします。

私の愛用品はこちらから

最も大切なことは、体を酸化させない生活をすることです。

不安、怒り、妬みは心と体に大きなストレスを与え、細胞を酸化させてしまいます。

添加物、農薬、精製された食品、砂糖は心と体に起きなストレスを与え、血液を酸化させます。

体を酸化させるさまざまな原因をひとつずつ取り除いていく

また、酸化させた細胞を常に正常に戻すよう、抗酸化食品をしっかりと摂る

人任せ、病院任せにせず、自分の体は自分で守ることが大切です。

バランスのとれた栄養と、体を温め、明るく前向きな心で、自分の自然治癒力を高める生き方をすることが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治療に常識は無い・自分に合った療法

卵巣がんの方が、転移を聞いたとき目の前は真っ暗になったそうです。

つらい治療をしてきたのに再発をし、2ヶ月の間に転移までしたのか知りたい

このままの治療を受けていて本当に良いのか・・・

切実に感じたと言われました。

今まで疑ったこともなく医者を信用しきっていただけに、裏切られ悔しく思ったそうです。

疑問を感じることは大切なことと思います。

人任せにしないためにも、常識を疑ってみることが必要なのです。

ガンなると、抗ガン剤、放射線、手術が常識の日本

しかし、日本のガン患者はどんどん増えています。

死亡者数も増えています。

そして、他人を恨むのは間違いですよ、と彼女に伝えました。

その治療法を選んだのは自分、その医師に任せたのも自分です。

すべては、自分の責任なのです。

だから、がん治しは人任せではなく自分で治していくしかないのです。

アメリカでは、癌は減少傾向にあり、死亡率も下がっています。

アメリカと日本の一番の違い

それは、アメリカは代替療法先進国だということです。

代替療法とは西洋医学以外の、医学・医療の総称

鍼灸・気功・ホメオパシー・食養生・健康食品など・・・

病気の原因を探り、免疫力を高め自然治癒力を最大限に活かす根治療法です。

アメリカでは、健康食品の必要性も積極的に説いています。

私も健康食品で救われたひとりです。

私の愛用品はこちらから

『抗ガン剤・放射線・手術などのガン治療を受けた人は平均3年しか生きていないが 治療を拒否した人は平均12年6ヶ月も生きた』

このアメリカの「ハーディン・ジェームス博士」のエピソードは有名ですね。

三大療法が常識となっている日本人にとって、治療をしないことは非常識かもしれません。

『治療しない=何もしない』 ということではなく、世間の常識に当てはめないということです。

性格、環境、細胞、体質はみんな違います。

自分に似合った療法を見つけ出すことが大切です。

自分の体の声をしっかりと聞いて、自分の常識で総合的に取り組む

病院で手の施しようがないと言われた末期癌の方が、代替療法で元気を取り戻すことは珍しくありません。

苦しい体験をきっかけに、思索の積み重ねによって、独自の新しい価値観が構築されます。

その人が抱く価値観は、具体的な行動となり、新たな生活、新たな生き方となっていきます。

がん治しは、生き方の見直しです。

大自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

病気を治すには、対症療法と原因療法の区別が必要

現代は、がん、膠原病、糖尿病、高血圧症、アトピーなど様々な病気があります。

便利な暮らしになればなるほど病気は増えてきています。

病気になれば病院にかかるのが当たり前の現代ですが、実際には治らないまま、逆に悪化してしまう場合も少なくありません。

治らないから難病とされ、悪化するから進行性の病気と位置づけられる・・・

患者本人も期待通りにならなければ、病院のせいにしたくなります。

残念ながら多くの薬は対症療法ですから、これをきちんと認識しておくことが大切です。

対症療法とは、病気の原因そのものを治療するのではなく、今、不快な症状などを取り除いたり軽減したりするものです。

急性期に力を発揮する療法です。

疾患の多くは原因と複数の遠因が重なりあって起きています。

ですから病気そのものを治療するには、原因を取り除く原因療法と自然治癒力が必要になります。

そもそも病気を治すのは、病院ではなく自分自身です。

だから、主に薬をつかう対症療法と、原因療法は相対的なものであり、区別する必要があります。

区別がなく、原因を置き去りにしたまま薬だけに頼ってしまうから、治らない、または再発になってしまうのです。

病気の多くは原因があって起きています。

がんも膠原病も糖尿病も高血圧もアトピーも・・・

ストレスが続いていなかったか

添加物や動物性食品、砂糖を多く摂っていないか

体が冷えていなかったか

薬を飲み過ぎていなかったか

運動不足になっていなかったか

睡眠不足になっていなかったか

交感神経が過剰になっていなかったか

副交感神経が過剰になりすぎていなかったか

何かしら思い当たるところがあるのではないでしょうか・・・

これら病気の原因を取り除くことが優先です。

生き方を治すことが、癌やその他の病気を治すこととなります。

自分の人生です。

病院や薬に頼りすぎず、生き方を工夫して、自分の体を労わり守ること

人間は心身一如で生きています。

心が変われば体が変わる

体が変われば心が変わる

がんを治す生き方は、自己の成長、魂の成長となり、ガンと言う塊が消えていくのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治療の常識・治療をする選択・治療をしない選択

日本と海外のがん治療の違いには驚いてしまいます。

がんと診断されたら治療をするよう病院で勧められるのが当たり前の日本

そしてそれが当たり前だと思っている患者は、抗ガン剤、放射線から抜け出れない環境を自らつくっていきます。

がんを治すには、抗ガン剤、放射線、手術といった方法を選択しない方法があることも知らない場合が少なくありません。

早期前立腺がんの患者223人を治療をせず10年間、経過をみた結果、124人が亡くなったというスウェーデンでの報告があります。

ですが、癌で亡くなったのは、わずか19人だったそうです。

つまりスウェーデンでは早期前立腺がんに三大療法は必要ないという考えです。

日本では、早期とはいえ治療をしないという選択を勧めてくれる病院はあるでしょうか・・・

日本では前立腺がんと病院で診断されると、手術や放射線などの治療がもれなくついてきますね。

肺がんも日本では、抗ガン剤、放射線、手術が一般的です。

ところがカナダでは、なんと22%が何もしない無治療です。

何もしないスウェーデンやカナダと、日本の癌治療の常識の違いに驚く人も少なくないでしょう。

これはスウェーデン、カナダを特別ととるか、日本を特別ととるか、自分の常識によって違うでしょう。

しかし、日本は国際的にみても癌治療は過剰といっても過言ではないように思います。

国際レベルでみても日本は手術は17倍、抗ガン剤は20倍にもなっています。

癌になったら当たり前と思っっている手術はたったの6%、抗ガン剤は5%

常識が違い過ぎますね。

手術を受ければ、体に備わっている癌などから臓器を守る防御機能が低下します。

体にとって必要でないものは、まずないのですから・・・

様々な手術後の問題に悩まれている方も少なくありません。

抗がん剤、放射線は免疫細胞を激減させてしまいます。

がん治しにとって免疫細胞は重要な存在です。

最も大切なことは、常識にとらわれないことです。

常識にとらわれていても、癌は治せない

がんを治すには、常識にとらわれず、当たり前を捨て、しっかりと自分で選択することです。

何が大切なのか、どう生きたいのかで選択は変わってくると思います。

バランスのとれた栄養と、体を温め、明るく前向きに生きることが癌を治すコツです。

私の愛用品はこちらから

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

親子、夫婦でがんになるのはなぜか

うちはガン家系だから・・・

とよく聞く言葉です。

お父さんをガンで亡くなられ、息子さんもまたガンになる。

親子でガンになっている方、確かに多いですね。

しかし、遺伝性のガンは5%に過ぎないと言われています。

お父さんは肺ガン、息子さんは肝臓ガン

ガンの種類が全く違います。

しかし、なぜかみんなガンになっているのは、なぜでしょうか。

食べた物が、ガンをつくります。

生活環境が、ガンをつくります。

思考・行動が、ガンをつくります。

家族であれば、食生活が同じ可能性が大きいですね。

家族であれば、生活環境が同じ可能性が大きいですね。

家族であれば、思考・行動が同じ可能性が大きいですね。

こういうことなのかもしれませんね。

夫婦においてもそうです。

ですが・・・

ガンが家族間に発生する原因はこれだけでしょうか・・・

放射線、抗ガン剤の治療を受けた人は、汗などの分泌物、尿、便などの排泄物から、有害な成分が排出されると言われています。

有害な成分とは、発ガン物質です。

寝汗をかいたシーツを替えたり、それどころか、親子、夫婦なら肌をくっつけて、一緒に寝ています。

トイレも一緒、タオルを使いまわすことも・・・

調子が悪ければ、シャンプーをしてあげることも・・・

子どもさんが小さければ、抱っこもしますね。

排出された発ガン物質が付着したものを触ると、家族も皮膚から発ガン物質を吸収しているということですね・・・

知らず知らずのうちに吸収してしまった発ガン物質は、体内にしっかりと蓄積されていくのですから、ガンになっても不思議ではありません。

抗ガン剤はそのぐらい強力な薬です。

以下 船瀬俊介氏ご著書より一部抜粋 ****************************************

1988年 NCIリポートが「ガンの病因学」で「抗ガン剤はガンを何倍にも増やす増ガン剤だ」と断定していることだ。

アメリカ国立ガン研究所(NCI)といえば、全米トップのガン研究機関である。

そこの所長が「抗ガン剤は無力」と議会証言し、NCI自体が「増ガン剤に過ぎない」と公式リポートで断定しているのだ

********************************************************************************

家族の誰かが気付き、負の連鎖をとめるしかないのです。

縮んだガン細胞は、再び増殖してくることも、家族の誰かが気付くしかないのです。

ただ、幼い子どもを残して、夫婦ともにガンで亡くなっていく姿は、見ていられません。

残された子どもさんのことを思うと胸が張り裂ける思いです。

愛する家族のため、ひとりでも多くの方が気付かれますことを、せつに願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん手術のメリット・デメリット・再発リスク

がん宣告後、臓器摘出の手術を受けるか受けないか・・・

その選択に悩む人が増えてきました。

ひと昔前は、西洋医学的に手術が可能な状況であれば、迷わず手術をしていたでしょう。

しかし、少しずつ変わってきました。

特に、子宮頸がん、子宮体がん、乳がん、卵巣がんといった女性特有のがんは手術を選択しない人も増えています。

女性として手術後の自分はどうなっていくのか・・・と大きな不安を抱えています。

綺麗でいたい、美しくありたい、と思うのは女性として当然です。

そのために手術を拒むことは、わがままなことでしょうか・・・ 家族を困らせることになるのでしょうか・・・ 非常識なのでしょうか・・・

と切実な思いで苦しんでいらっしゃる方もいます。

手術をしたからといって再発転移をしない保証はない

それでも手術にかけてみる人

逆に手術をするだけ命を縮めると考え、手術はしない人

どう生きたいのか・・・が大切になってくると思います。

手術をすれば、組織はダメージを受け、がんに対する抵抗力が無くなります。

血液中に存在した癌細胞は、抵抗力を失った臓器で増殖することも考えられます。

手術にはメスが入り、切断された血管から、癌細胞はあちこちに散ってしまうという現象も考えておく必要はありますね。

今、必要な手術なのか、そうでないのか

手術後の免疫力の準備は出来ていますか?

手術のメリットとデメリット

そして、臓器に備わった防御力が失われ、がん細胞が増殖してしまうリスク

また、手術後の臓器や機能の喪失感

これら様々な面からよく考え、選択することをおススメします。

なにより、どの選択であれ、患者さん本人の意思、選択であることが最も大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治療に悩む・自分で選択する

がん治療に悩む人

抗がん剤をやめたい、でもやめるのも怖い

抗がん剤を続けるべきか、やめるべきか

抗がん剤が悪いことはわかっている、でも断ったことで病院で診てもらえなくなることが怖い

決めれない、と相談を受けます。

そんな方は、抗がん剤の成分も、抗ガン剤のデメリットも、抗ガン剤によるリバウンドが起きることも、抗ガン剤が免疫を抑制することもちゃんと知っています。

そして、がんは免疫を上げないと治らないことも知っています。

だからこそ、どうしたら良いかと質問をされます。

免疫を上げる生き方はお伝え出来ますが、がんの治療法は自分で自分の体に責任をもって選択するしかないのです。

仮に抗がん剤をして、再発や転移をしても病院を責めることは出来ません。

なぜなら、それを選んだのは自分自身、すべては自分の責任だからです。

治療は強制ではないのです。

たとえ、抗がん剤によるリバウンドや二次発ガンがあることを知らなかったとしても、知らない事も自分の責任

自分で調べ、何が良いのか悪いのかの判断は、自分の感覚を大切に、自分の意思でしっかりと選択することが大切です。

悪いとわかっていながらすることは、罪悪感となり、精神的にも大きな負担を与えます。

良いと思うことはする、悪いと思うことはしない

このけじめと決心が、がん治しには必要なのです。

なにを信じるかもひとそれぞれ

ただ、どんな治療法を選ぼうが、免疫を上げていくことは、がん治しに必要不可欠です。

私のクライアント様は抗がん剤治療を自らやめられた方が多く占めています。

抗がん剤を最初から全くしていない人に比べると、免疫を上げるためのパワーは2倍

また、抗がん剤治療を選択されている方も2割ほどいらっしゃいます。

どんな選択であれ、私にとっては大切な大切な方々

感染症を起こさないよう、とにかく免疫を上げ、治療で苦しむこともなく笑って元気に過ごされることに感謝、そして常に願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

感染症を防ぐ・がん根治は免疫を上げること

人間ドックは日本特有の検診です。

こんなに検診王国でありながら、癌が減ることはなく、増え続けています。

検診による過剰診断も癌が増えた理由のひとつでしょう。

また、近年では検診などによる過剰なレントゲン撮影が癌の原因のひとつになっているとも言われています。

病気を早期発見するためのレントゲン検査によって、被曝をしていることには矛盾を感じます。

放射線エネルギーはDNAを破壊してしまうためレントゲン検査を受けるとその分、発がんリスクは高まります。

こんなにX線を浴びている国は日本ぐらいでしょう。

人間ドックや検診では、病気を防ぐことは出来ません。

大切なことは、病気にならない体づくりを心がけること

また、病気になっても自己治癒力で元の健康な状態に戻せる免疫力をつけることです。

日本人の死亡原因のトップは癌で、年間約35万人が亡くなっているそうです。

癌でありながら、実は多くの方は癌以外の原因で亡くなっています。

それは肺炎、カンジダ菌などの感染症です。

その数は8割

なぜ、こんなにも多くのがん患者が感染症で亡くならなくてはいけないのでしょうか・・・

原因は、免疫力が極度に低下しているからです。

抗ガン剤や放射線によってリンパ球が激減し、免疫力は限りなくゼロとなり、感染症を起こしてしまいます。

今まで何ともなかった菌でさえ、免疫力がなくなると全身が侵されてしまいます。

がんを治すどころか命が危険な状態になります。

抗がん剤や放射線は、対症療法です。

一時的に良くなったように見えても、免疫力を上げない限り、ひとときすればまた、癌は活動を始めます。

しかも、抵抗する癌細胞は、前よりも力を増して活動を始めます。

これが再発転移です。

がんの根治を目指すなら、免疫力を上げるしかない

どんな人でも毎日数千から数万の癌細胞が新たに生まれています。

画像に写る腫瘍をたとえ全部きれいに取り除いたとしても、免疫がなければ、毎日生まれてくる癌細胞を抑えることができず、また新たな塊をつくってしまいます。

しかも抗がん剤や放射線によって体内に活性酸素が大量に発生していると、その可能性はさらに大きくなります。

体内に溜まった毒素をいち早く排出し、免疫を上げる生き方をすることが癌の根治への近道です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)