癌であっても病人にならない・自分で治す

癌の三大療法は、抗ガン剤や放射線をつかって直接的にガンを攻撃します。

現代医学は、がん細胞は宿主が亡くなるまで、無限増殖し続けると考えます。

「毒をもって毒を制す」 という方法です。

これは、19世紀のヨーロッパの細胞病理学者ウイルヒョウの定義で成り立っています。

このウイルヒョウの定義は、200年間にわたり私達の中に固定観念として定着してきました。

そして、ほとんどの人がこの定義を基本とした療法を抵抗なく受け入れます。

しかし、がん治療をやってもやっても治らない、再発転移がとまらない、治らないどころか弱っていく

そんな声をよく聞きます。

それは、抗がん剤、放射線、手術で免疫機能が低下したことによって起きています。

今、三大療法に疑問や不信を持ち始めている人は少なくありません

そこで、化学療法を使わず、免疫細胞を活性化させ、癌を自然治癒させていく方法を選択する人も増えてきました。

自然療法とは、食事療法、温熱療法、気功や健康食品、運動療法、鍼灸、ヒーリングなどを使います。

免疫を上げ、NK細胞、ミトコンドリアを活性化することで、癌細胞の増殖を抑え、自己治癒力によって癌を自然退縮させていきます。

自然療法は、癌という塊だけにとらわれるのではなく、からだ全体、そして心をきれいにしていきます。

がんになった原因を取り除くことで、落ちていた免疫を上げ、低い波動を高くしていきます。

そして、癌細胞が住みにくい体づくりによって、がん細胞に自ら消えていってもらうのです。

つまり・・・

『がん治しは生き方治し』

ですから、病院治療とは違い、自宅で自分で治していきます。

病院では治療がもう出来ないといわれた末期癌の方でも、自助努力によって免疫を上げ、がん細胞の増殖を抑え、自然退縮させた方はたくさんいらっしゃいます。

癌であっても病人にならない

人間らしく、豊かな心で、美しくありたいと思います。

どれを信じるか、どの方法を選ぶか・・・

自分自身です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

安心して治療を選択出来るように

安心して治療を選択出来るように

ガンの療法は自分で選択することが出来ます。

抗ガン剤、放射線、手術といった三大治療をするか、しないかも自分が決めることです。

最近は、三大治療を断る人も増えてきたように思います。

その選択は、30代、40代の女性に多いですね。

しかし、それは現実には簡単なものではなく、彼女たちが一番 悩み苦しむ部分は、実は病院との関係です。

抗ガン剤や手術を断れば、医師から、もう来なくていいです、うちでは診れません、と言われることも多いようです。

ガンという病を抱えた方は、急に状態が悪くなることもあり、急性期の治療が必要になることも充分考えられます。

ですから、医師から冷たく断られれば、不安で落ち込みます。

病院から拒否されることが怖くて、結局、自分の意思を通すことは出来なかった・・・と後悔の気持ちを言われる方も少なくありません。

事務的にする病院や医師に問題があるのではなく、今の医療では、まだその段階ではないということなのではないでしょうか・・・

もちろん、気持ちよく患者さんの希望を受け入れて下さる病院、医師もたくさんいます。

諦めず自分で探すことも大切です。

自分の大切な体ですから・・・

基本的に西洋医学と代替医療とでは、考え方が全く違います。

悪い部位をなおすということに重きを置く西洋医学

病気になった原因を取り除くことに重きを置く代替医療

両方の得意分野を融合することが出来れば、患者さんが本当に望む医療が安心して受けられるのでは、と思います。

いずれにせよ、これから求められるものは、心がある医療、患者さんの治癒力を活かす医療ではないでしょうか。

患者さんが安心できる医療が広がることをせつに願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

手術のリスクを知る・がんがまた出来る理由

「検査で発見される癌は良性の癌もどき」

そんな言葉も耳にします。

本当は悪さもしないおとなしい腫瘍を、治療によって悪性化、狂暴化させているなどと言われている先生も最近は多くなったように思います。

がんを始めとした病気は、血液の汚れから起きています。

全身の血液が汚れきってしまうと、一瞬で命を落とすことになってしまいます。

そこで、命を守るために全身の血液の汚れを一ヶ所の集め、延命措置をしてくれているのが、癌なのです。

血液が汚れたまま癌を切り取っても、結局また新たなところに体は癌をつくってしまいます。

血液の汚れという元を解決しない限り、摘出しても同じことが繰り返されることになるのです。

そして、体にメスをいれる手術には大きなリスクが伴います。

手術で大量の薬品を投与した体は免疫力を落とすこととなります。

そして細胞を摘出したことによって、癌やウイルスなどから体を守ろうとする防御機能を失ってしまいます。

また本来、光に当たることのない臓器、空気に触れることのない臓器は、手術で開かれることにより光や空気に触れ酸化してしまいます。

体内に活性酸素が大量に生まれ、酸化すると何が起きるのか・・・

また血液が汚れ、新たな癌が出来てしまうのです。

これらをしっかりと踏まえたうえで手術を受けることです。

切れば治るといった考えは外した方が良いと思います。

そもそもなぜ血液は汚れてしまったのでしょう・・・

喫煙、睡眠不足、過食、強いストレス、体の冷えなどです。

これらによって粘膜が傷けられます。

すると傷の周辺の細胞が分裂して、傷ついた穴をふさごうとします。

しかし、粘膜が傷つく原因が長く続くと、細胞分裂ができなくなります。

そこで、生まれてくる修復細胞がまさに癌細胞なのです。

つまり、癌は生活習慣が引き起こした病ということです。

老衰で亡くなった方を解剖してみると、前立腺、胃、乳房などからだのどこかしらに、約8割の人が癌が見つかるという報告もあります。

人は常に癌と共生しているということですね。

生活習慣を改めることが、本当のがん根治療法です。

小林麻央さんも手術を受けられていましたね。

手術前後には、積極的に免疫を上げていくことをおススメします。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

再発リスク? がん手術のメリット・デメリット

がん宣告後、臓器摘出の手術を受けるか受けないか・・・

その選択に悩む人が増えてきました。

ひと昔前は、西洋医学的に手術が可能な状況であれば、迷わず手術をしていたでしょう。

しかし、少しずつ変わってきました。

特に、子宮頸がん、子宮体がん、乳がん、卵巣がんといった女性特有のがんは手術を選択しない人も増えています。

女性として手術後の自分はどうなっていくのか・・・と大きな不安を抱えています。

綺麗でいたい、美しくありたい、と思うのは女性として当然です。

そのために手術を拒むことは、わがままなことでしょうか・・・ 家族を困らせることになるのでしょうか・・・ 非常識なのでしょうか・・・

と切実な思いで苦しんでいらっしゃる方もいます。

手術をしたからといって再発転移をしない保証はない

それでも手術にかけてみる人

逆に手術をするだけ命を縮めると考え、手術はしない人

どう生きたいのか・・・が大切になってくると思います。

手術をすれば、組織はダメージを受け、がんに対する抵抗力が無くなります。

血液中に存在した癌細胞は、抵抗力を失った臓器で増殖することも考えられます。

手術にはメスが入り、切断された血管から、癌細胞はあちこちに散ってしまうという現象も考えておく必要はありますね。

今、必要な手術なのか、そうでないのか

手術後の免疫力の準備は出来ていますか?

手術のメリットとデメリット

そして、臓器に備わった防御力が失われ、がん細胞が増殖してしまうリスク

また、手術後の臓器や機能の喪失感

これら様々な面からよく考え、選択することをおススメします。

なにより、どの選択であれ、患者さん本人の意思、選択であることが最も大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

増え続ける子宮がん・円錐切除術後の再発

増え続ける子宮がん

子宮頸がん、子宮体がん、どちらも30代、40代といった子育て世代の方からのご相談が増えています。

子宮頸がんの原因とされるヒトパピロマウイルス

がんになるウイルスと聞けば怖くなりますね。

日本女性の約8~9割が感染しているといわれるヒトパピロマウイルスですが、通常は自然に排除されるウイルスであり、本来は怖がるものでもないようです。

怖いのはウイルスではなく、ウイルスが排除できない自分の体です。

つまり免疫力が低いということです。

これは、ヒトパピロマウイルスに限らず、カンジタなど菌も同じですね。

子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんの方は、カンジタ症に悩まされた経験がある方が多いです。

少し疲れいても免疫力があれば、自然治癒力が働き、真菌の増殖は防ぐことが出来るのです。

ウイルスや菌を排除できないのは、まさに免疫力、自然治癒力の低下を意味していますね。

その究極の状態が癌です。

子宮がんの検査は、細胞を採取します。

自然治癒力がない人が、検査で細胞を採取すればその傷口はどうなるでしょう。

自然治癒力の低い人は、傷口を再生する力もないため、細胞は酸化したままとなり、やがて癌化していくことも・・・

異形成が癌に変化する・・・

検査によって、細胞が傷つけられ癌が出来ていることも考えらえますね・・・

たとえ小さな傷でも、細胞を切り取ることは体にとって大きなダメージを与えています。

とくに子宮頸がんの円錐切除術

初期の子宮がんで円錐切除をした後、進行がんになったと言われる方は少なくないです。

なぜ、子宮がんになったのでしょうか・・・

免疫力が低いからです。

自然治癒力が低いからです。

傷口が癌化するのも理解できますね・・・

そもそもなぜ、免疫力、自然治癒力が低いのでしょうか・・・

栄養が偏っていませんか?

常にストレスを抱えていませんか?

体が冷えていませんか?

化学物質たっぷりの生理用品を使っていませんか?

まずは、自然治癒力が低下した原因知り、取り除く

そして、バランスのよい栄養、体温、明るく前向きな心で免疫力を高めていくことが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんの原因になる酸化現象を抑える

初期ですから取り除いてしまえば安心です、という言葉を鵜呑みにしていたら、

気付けば末期になっていた・・・という方から相談をうけます。

ガンになった原因を取り除かない限り、誰しもがそうなる可能性はあります。

必ず原因があって、ガンという塊が出来ています。

食生活の乱れや、睡眠の問題、体の冷えや、運動不足、そしてストレス・・・

原因はさまざまですが、これらは体の酸化を引き起こします。

そして体の酸化は、ガンをつくります。

体が酸化する原因をそのままにしていては、また同じことを繰り返してしまいます。

また、手術などで傷ついた臓器は酸化が進み、ガン化しやすい状態になります。

再発の原因になる酸化現象を出来るだけ抑えることが大切です。

初期のガンだけでなく、前がん病変でも同じですね。

特に、子宮頸ガンの前がん病変による円錐切除術をうけた数年後、進行ガンとなって見つかるケースが多いですね。

切り取ってしまったら安心ではなく、その分、リスクを背負っていることを知っておかなくてはいけません。

また、人の臓器には、ガンに対抗する防衛機能がそれぞれ備わっています。

体を守ってくれているものを取り除いてしまうのですから、生体の防衛機能を失い、自然治癒力を低下させてしまうことはいうまでもありません。

大切なことは、人任せにせず、体に対する自分の意識を変えることです。

初期であっても再発転移を起こし、残念な結果になる人はたくさんいます。

末期であっても、ガンになった原因をきちんと取り除き、今までの常識を覆し、生き方を変え、ガンを克服する人はたくさんいます。

ガンは自分がつくった病気ですから、自分の心と体にしっかりと向き合い、意識を変えて取り組むことが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

三大療法一辺倒からの変化

今や日本人の死因のトップとなっているガン

その治療方法も、三大療法一辺倒から少しずつ変化してきたように思います。

特に抗ガン剤の使用については、随分変わってきたのではないでしょうか。

抗ガン剤は使いたくない・・・という悩みはよく相談されます。

今は情報も多く、一般人でも知ることが出来るようになってきましたが、ガンで亡くなる人は後を絶たないのも現実です。

「抗ガン剤・多剤投与グループほど”命に関わる副作用”は7~10倍」

「腫瘍が縮んでも5~8ヶ月で再増殖」

「多剤投与グループは腫瘍は縮んでも生存期間が短い」

現在の癌の抗ガン剤による通常療法についてのアメリカ議会 ガン問題調査委員会 Office of Technology Assessment レポート

NCIでも通常療法による癌治療が新たなガンを生むことを3000頁もの報告書「ガンの病因学」で認めているとか・・・

今までの常識が覆されるようですが、納得が出来ます。

何が正しいのかは自分で判断するしかないということですね。

抗ガン剤をしているのに、元気にいる人もいます。

そんな方は、やはりご自身で免疫を高めることをされています。

つまり、人任せ、病院任せではないということですね。

結局は自分次第

ガンであっても健康であっても、免疫力を高めることが生命の鍵なのです。

急性期など、薬の力を借りなくてはいけないときもあります。

薬品は最低限にとどめ、自分の自然治癒力を活用して、元の体に戻していくことが健康を手に入れる近道です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

苦しいがん治療の事実

苦しい、悲しい、つらい・・・

このままでは、良くなるどころか悪くなる気がする。

抗ガン剤、放射線でどんどん弱っていく自分がいる

そんな思いで治療を受けている人もいます。

化学療法をしたくない、と拒否し続けてきたものの病状が悪化してしまい緊急入院となったケース

家族の希望があり、本人が拒んできた化学療法が開始される

緊急時を乗り越えたら、本当は全部拒否して帰るつもりだったのではないでしょうか・・・

しかし、家族の考えと、これから先の生活のこと、病院との関わりを考えたら、拒否が出来ない苦しさがあるようです。

放射線後の焼けだだれた痛みでやつれ、激やせし、笑顔が消えていく・・・

放射線後、高熱で弱っているなかでも抗ガン剤が投与される・・・

体調など関係なく続く治療

痛みと苦しみで、離れている子どもを思う気持ちすら、失われていく日々・・・

どうやって前向きになればいいのか・・・

抗ガン剤で殺されそう・・・

彼女の苦しい訴えは、本当につらいです。

彼女が緊急入院をする直前に出会いましたが、本当に明るく元気な印象を受けました。

さまざまなことに気付かされ、「さあ、これから!」という時に緊急入院になってしまったようです。

今まで彼女が自分で取り組んできたことが、一瞬にして覆され、望まない方向で治療が開始され、毎日がつらく、悲しく、涙を流している日々だそうです

何が良い、何が悪いではなく、本当に必要かどうか、本人が望む道かどうか、そこが大切だと思います。

やればやるだけ弱っていく、本人が死の恐怖を感じる、希望感がないことをして、本当に良くなるのでしょうか・・・

もちろん、家族は彼女に良くなって欲しいという思いからでしょう、。

本人も同じことを望めばこういう苦しい、つらい思いは出ないでしょう。

しかし、家族と本人の考えが違うことから起きてしまいます。

以前にも同じような方がいらっしゃいましたが、耐えきれず病院を飛び出てしまいました。

家族が同じ方向をむけれることが一番の支えになります。

そうであれば、どんな結果になっても本人は納得出来るのではないでしょう・・・

他人ごとと思わず、いざという時のことを日頃から家族で勉強し、話し合っておくことが大切ですね。

こんな苦しみのなかでも、感謝の気持ちを大切にしたいという彼女の心には、本当に頭が下がります。

ただ、自分に嘘をついてまで感謝をするのは間違いですね・・・

素直に感謝出来ることに感謝をすることです。

彼女の心が少しでも穏やかに保たれることをせつに祈っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん手術のリスクを知る

抗ガン剤は危険

放射線は危険

だから手術だけします。

と言われますが、外科的手術は抗ガン剤や放射線のように、リスクはないのでしょうか?

ガン手術で怖ろしいのは、手術によってガン細胞が他の組織に散ってしまうことも有り得るということです。

藪をつついて蛇をだす といっても良いかもしれません。

また、血液に流れ、すでに転移している状態で、原発巣だけをとってもどうでしょうか。

現代の手術では、細胞レベルまでガンを取り除くことは不可能です。

だから、多くの方が数年以内に再発転移をしています。

特にリンパ節の郭清(切除)をした場合は、どうでしょう。

子宮ガン、卵巣ガンに多いですね。

リンパ節は、網状の皮質とリンパ細胞で出来ており、ガンなおしにとって非常に重要なリンパ球が集まっています。

そのリンパ節を郭清してしまうと、リンパ球そのものを低下させてしまうということになります。

リンパ球が低下すると、免疫を上げることが難しくなり、ガンを乗り越える力すら無くしてしまいます。

リンパ郭清は、さらにリスクが大きくなることも理解しておかなければなりませんね。

実際、私が見てきた方でも、体を温め、健康食品などを飲んでいるとリンパ球が上がってくる方が多いのですが、中にはなかなか上がらない方がいらっしゃいます。

やはり、共通点は、リンパ郭清をされているということです。

リンパ郭清をしていない人に比べ、リンパ球を上げるのに何倍もの時間がかかります。

その間に、再発してしまうケースも少なくありません。

なかには、リンパ球が全く上がらなくなる人もいます。

そうなると、生命そのものが危険にさらされてきます。

『ガン治療を受けなかった人のほうが4倍以上長生きしている』

『手術などのガン治療を受けた人は、平均3年しか生きていないが 治療を拒否した人は平均12年6ヶ月も生きた』

アメリカの「ハーディン・ジェームス博士」の有名なエピソード

それを裏付けるようにスウェーデンの研究によれば、全く治療しない早期前立腺ガンの患者さんの10年間の経過観察結果では、ガンで亡くなったのは、わずか8.5%だったそうです。

切除してしまってからでは、元には戻せません。

切ることが当たり前ではなく、リスクも知り、何を優先するべきかきちんと考え、後悔の無いようされることを願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自分流のがんなおし・酸化させない

癌の進行具合は人それぞれ違います。

早期発見だから大丈夫! 早く見つかって良かった!

そんな会話をよく耳にしますが、数年後 思いもよらぬ再発に嘆き悲しむ人が多くいらっしゃいます。

初期だから取り除いてしまえば大丈夫ですよ!という言葉を鵜呑みにしていたら、気付けば・・・

癌になった原因をそのままにしていれば、当然また癌になります。

癌は細胞が傷つき出来ていくのですから、手術での切り口が癌化しやすいのは当然のこと

そして手術は体を一気に酸化させます。

体の酸化は癌の原因になります。

なかでも子宮頸検診で異形成と診断を受け、子宮頸部の円錐切除術をうけた人が数年後、進行がんになったというご相談はよくあります。

異形成は癌ではなく、傷ついた細胞です。

細胞は毎日 出たり引っ込んだり、傷ついたり修復したりを繰り返しています。

異形成を人工的につついてしまったため、細胞が傷つき、本当に癌になってしまった可能性も否定できませんね。

私たちの細胞は、日々変化し続けています。

例えば今日、高度の異形成であっても、来週は軽度の異形成、場合によっては正常細胞になっていることも充分考えられるのです。

これが私たちが持ち備えた自然治癒力です。

元気な人でも癌細胞は、毎日数千個から数万個生まれています。

だから、免疫が落ちたとき、自然治癒力が低下し、異形成が出来てしまうことは誰にでも起こり、誰にでもあることなのです。

しかし、検査で異形成(前がん病変)が見つかれば

過剰な診断による手術、薬剤の投与・・・

手術や投薬は、体に大きなストレスを与え、大量の活性酸素を放出します。

切り取った方が安心だと思いがちですが、同時に癌になるリスクも背負うことになるのです。

今、目の前にある癌や異形成を取り除くことばかりに気持ちがいき、手術で汚れ酸化してしまった血液を放置していると、また新たな問題が起きてしまうのです。

癌は血液の汚れ、体の酸化から起きる病気です。

そして必要でない臓器などはありません。

それぞれの臓器には、癌に対抗する防衛機能が備わっています。

どんな臓器でも、失うことはもちろん、一部が欠けただけでも生体の防衛機能は影響を受け、自然治癒力を低下させてしまうのです。

近年では、乳癌検診での誤診、過剰診断が非常に多く、問題となっています。

ほとんどの人は、癌や高度異形成が見つかれば常識に沿って病院に言われるがまま治療を始めます。

癌は病院で治すものという常識があるからですね。

先日も初期の子宮がんで手術、これで終わったと思っていたら半年後に再発、放射線治療後、さらに半年して転移が見つかったと泣きながら、お電話をしてこられた人

再発以降、治療で体力が低下してしまい、自分が間違っていたことにやっと気付いたそうです。

彼女はこれから、自分で治していくことを決断したそうです。

癌を自宅で、自分で治した人は意外なほどたくさんいます。

癌の種類、原因、生活環境、性格、体質、みんな違うのです。

人と比較すること自体が、癌の道

同じ部位のがんであっても皆違うのです。

自分の体は自分にしかわかりません。

常識にとらわれず、目先の癌だけを見るのでなく、からだ全体を見て、からだの声を聴き、自然の摂理にそって自分流のがんなおしを見つけることが大事です。

選ぶのも決めるのも自分自身です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)