笑いで治す・ナチュラルキラー細胞活性化

『笑いに勝る良薬なし』

笑うとアセチルコリンという物質を分泌し、リンパ球を増やします。

リンパ球が増えると、ナチュラルキラー細胞が活性化され、がん細胞を退治してくれます。

そして、笑いは心を和ませ、緊張もほぐし、血液の流れがよくなります。

血流が良くなると、ナチュラルキラー細胞も血液の流れに乗って全身をくまなくパトロールしてくれます。

がん患者さんは、顆粒球の比率が高く、リンパ球が非常に低いことが分かっています。

これは、がん患者さんの交感神経緊張状態を表しています。

副交感神経を優位にして、リンパ球を増やすには笑いです。

しかし、癌になったことで笑うことを忘れてしまっている方がたくさんいらっしゃいます。

人前で笑顔を見せていても、心から笑う、喜ぶということが出来なくなった人も少なくないでしょう。

乳ガン闘病中の小林麻央さんのブログでもありましたね。

「知らぬが仏」

知らないで生きていられたら穏やかで幸せなこともたくさんあると思います。

と心境が語られていました。

癌であることを知らなければ、素直に楽しめ、喜べ、笑って過ごせたのに・・・と私も嘆いたことを思い出します。

人間の体の中では、健康な人でも毎日、数千から数万個の癌細胞が生まれています。

毎日、楽しく笑って過ごすことで、ナチュラルキラー細胞が活性化され、自己治癒力が働き、がん細胞を正常細胞に戻して健康な体を保っています。

私たちの体は、がん細胞が出たり引っ込んだりを繰り返しています。

笑って過ごすことで、出来てしまった癌も気付かないうちに自然退縮させていることもあるのです。

しかし、癌であることを知れば、笑えなくなる・・・

でも、笑いで癌が治った人がいる、と聞いたら、泣くより笑ってみようと思いませんか?

笑いは、周りの人にも喜びを与えます。

つらいときこそ笑って、リンパ球を活性化していきましょう。

そして、自分も周りも幸せになること、人生を楽しむことが、がん治しの秘訣です。

バランスのとれた栄養と、体を温め、明るく前向きな心で、自分の自然治癒力を高める生き方をすることが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

感染症と二次発がん・免疫力を上げる

がんになっても元気に長生きしている人

そのほとんどに人は、治療は手術のみで終わっています。

なかには、抗がん剤をしても10年、20年と元気な貴重な方がいらっしゃいます。

生還率が1%も無いと言われている抗がん剤ですから、それでも元気でいらっしゃる方は相当な免疫力、生命力のの強さがうかがえますね。

多くの人が、抗がん剤の副作用に悩んでいます。

また、抗がん剤のリバウンドで、二次発がんに苦しんでいる人がたくさんいます。

がんを治すための薬といわれていますが、その副作用によって新たな癌(二次発がん)をつくってしまうのもおかしな話です。

抗がん剤でがんを治そうと思うなら、抗がん剤に勝つ、相当な免疫力、生命力が必要だということです。

そこに気付かなければ、感染症や二次発がんを起こしてしまいます。

最後には、手の施しようがない、助かる見込みが無いといわれ、余命宣告を受け、途方に暮れている人が溢れているのが現実です。

もしも、自分が癌という病にかかったとき、どんな療法があるのか、どれを選択するのか、なにをすれば良いのか、を知っておく必要があるでしょう・・・

つらい渦中のときは、なかなか冷静に見れなかったり、受け入れられなかったりするものです。

がんを治す知恵を持ち備えていれば、たとえ病院で、手の施しようがないと言われようと、助かる見込みが無いと言われようと、途方に暮れずにすむのです。

また、抗がん剤などの治療に対する知識も持っていれば、必要かどうかの判断も自分で出来ます。

副作用の危険性も自分で察知できます。

今の時代、癌の人で溢れかえっていても、それでもどこかで他人ごとになっているのでしょうね。

私もそのひとりでした。

がんを治すのは薬や手術だと思っていました。

自分の免疫が癌を治すなど、考えもしなかったのです。

栄養があるものを摂ったり、甘いものや添加物は避けることは知っていましたが、絶対に食べてはいけないものがあるなど知る由もなかったのですから、本当に自分の愚かさを痛感しています。

がんは自分がつくった病気

『がん治しは、生き方なおし・クセなおし』 です。

免疫力、生命力を上げる生き方を・・・

がん治しはあきらめない・・・・必ず治ると信じて

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんを家族に連鎖させないために

ガンになった原因

心のなかにありませんか?

ガンになった方、ほとんどの方がそうです。

夫婦の関係

親子の関係

金銭的な問題

仕事の問題

悩みはさまざまでしょう。

こんなはずじゃなかった・・・

と思うでしょうが、実はこの人生は、自分の思った通りになっているのです。

夫が相手にしてくれない

子どもが言うことを聞かない

収入が少ない

仕事が上手くいかない

悩みに対して、こんな風に思ったり、言ったりしていませんでしたか?

この思ったことが、現実になっているだけなのです。

負の思考が負の現実を起こし、さらには負の連鎖を起こさせています。

そして負の思考は、体にまで影響を及ぼします。

負の思考は、自律神経のバランスを崩してしまい、交感神経が緊張状態となり、

血流が悪く、体温が下がってしまいます。

呼吸も浅くなり、白血球の中の顆粒球が増えてしまいます。

この状態は、ガンをつくる環境そのものなのです。

この負の思考のままでは、ガンはまず治りません。

それどころか、自分だけの問題で終わりません。

一緒に暮らす家族にも同じように影響を及ぼしていることを忘れないで頂きたい・・・

自分が出す負の思考は負の環境をつくっていきます。

愛する子どもまで、ガンにさせたいですか?

そんな人はいませんよね?

ガンなおしは、喜びのある生き方が絶対に必要です。

笑いのある暮らしをすること

笑いがある生活は、家族にも幸せをつくります。

自分のガンなおしのため

そして愛する子ども達、家族にガンをつくらないためにも、喜びと笑いある生き方をしてくださいね。

喜び、笑いある生き方は、夫でも妻でも子どもでもなく、自分がつくるものです。

夫が相手にしてくれない ➡ 居てくれてありがとう

子どもがいうことを聞かない ➡ 生まれてきてくれてありがとう

このように原点に返ってみませんか?

すると、小さなことが喜びとなります。

人生は、苦労するためにあるのではありません。

人生は、喜びを見つけるためにあるのです。

一緒に喜びを見つけていきませんか?

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんの常識の違い

ガンの常識と言えば・・・

ガンになると、さまざまな検査をし、手術、放射線、抗ガン剤、ホルモン剤などの治療をします。

これが、いわゆるガンの常識です。

しかし、最初から三大療法をしない人もいます。

また、三大療法をした結果、人任せではガンは治らない、と気付く方もいます。

つまり、今までの常識一辺倒では、いけないことに気付きます。

常識からの打破 『新たな価値観』 を構築する

今の自分のままでは、なおらない

まずは、そこに気付くこと

ガンをなおすことだけに執着を持っていると失敗します。

自分の生き方を見直すことで、ガンがなおる自分になるのです。

これによって、ガンを克服している人はたくさんいます。

そしてこれらも、ガンの常識の違いです。

「ガンは、腫瘍が大きくなっていると、悪化している」

「ガンは、転移すると、大変危険なこと」

「ガンは、腫瘍マーカーが上がると、動き出している」

これは、西洋医学的に、ガンが進行している判断されます。

しかし、真逆の常識があります。

「ガンは、自然退縮する前に腫瘍が大きくなる」

「ガンは、自然退縮する前に転移する」

「ガンは、自然退縮する前に腫瘍マーカーが上がる」

これは、安保先生、福田先生方を始めとするガンの常識です。

同じガンなのに、なぜこんなに違うのでしょう・・・。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

人からのありがとうで細胞が元気になる

誰のために生きていますか?

自分の人生ですから、当然自分のために生きています。

ガンになり、自分のことだけで精一杯の方も多いでしょう。

そこで、少しだけ人が喜ぶことをして生きてみませんか?

何でも構いません。

人から『ありがとう』 の言葉を頂くととても嬉しく、気持ちが良いものです。

喜んで頂けて良かった~と心から思いますよね。

人の喜びが我が喜びとなり、この瞬間が細胞の活性のときなのです。

人に喜びを与え、なおかつ自分のためになっているのですから、これは最高の喜びです。

ありがとうと感謝は、人間の感情の中での最高峰です。

『ありがとう』は自分が発するだけでも大きな効果を出す言霊ですが、人から頂くとさらにパワーアップします。

実際の実験があります。

同じ食品を2つ並べ、ひとつには『ありがとう』という善い言霊をずっと聞かせます。

片方には、「バカ、死ね、憎い」などマイナスの言霊をずっと聞かせます。

数日経つとこの2つの食品は全く別物になっています。

傷み方が全く違っているのです。

ご想像通り、善い言葉を聞かせた方は、ほとんど傷んでいないのに対し、マイナスの言葉を聞かせた方は、ひどく腐敗が進んでいました。

そのくらい言霊の影響を受けているのです。

目に見えない宇宙の神秘です。

私達の生きている世界は、目に見えるものだけではありません。

生命エネルギーは目に見えない世界の力もたくさん頂いて働いているのです。

ガンを克服した人は、この生命と目に言えない宇宙の神秘の関係に気付き、目を向けられた方が多いですね。

小さなことで構いません。

人に喜びを与えられる自分になってみるのもいいでしょう。

きっと何かが変わってきます。

ありがとうを頂いた分だけ、細胞も元気になります。

そして自分の喜びにつながります。

人生は喜びを見つけるゲーム

何より神様が応援してくださいます。

信じるか、信じないかも自分自身です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

リフレッシュして展望を見る

お仕事の合間に

ちょっとひと息・・・

生姜紅茶

紅茶と生姜の相乗効果で体がポッカポカ

長時間ず~っと同じ姿勢でお仕事してると血流が悪くなってきますから

ストレッチして、プロポリス飲んで

生姜紅茶で心と体のリフレッシュタイム

ゆったりとした気持ちでお仕事すると、どんどんと今後の展望が見えてきて楽しい~

ずっと泣いていたあの人が

目標をもったことのないあの人も

輝いてきっと幸せになれる

幸せになるお手伝いができることが、これまた幸せです

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自分の常識を探すがん治し

あんなにつらい治療をしているのに、なぜ良くならないか・・・

なぜ、再発すると異常なスピードでガンは大きくなるのか・・・

疑問を持つことが出来ただけでも、有り難い気付きです。

進行したガンは、死ぬ病気だと思っているから、良くならないことに疑問すら持たない

この固定観念は、正しいのでしょうか・・・

ガンなると、抗ガン剤、放射線、手術が常識の日本

医療は進歩していると言いながらも、日本のガン患者はどんどん増えています。

死亡者数も増えています。

アメリカでは、ガンは減少傾向にあり、死亡率も低下してます。

アメリカと日本の一番の違いは、なんでしょう・・・

それは、アメリカは代替療法先進国だということです。

代替療法とは西洋医学以外の、医学・医療の総称です。

鍼灸・気功・ホメオパシー・食養生・健康食品など・・・

免疫力を高め、自然治癒力を最大限に活かすこと

すなわち 『自分の体は自分で治す』 という考えです。

アメリカでは、健康食品の必要性も積極的に説いています。

私も、健康食品で救われたひとりです。

アメリカの「ハーディン・ジェームス博士」の有名なエピソードによれば

『抗ガン剤・放射線・手術などのガン治療を受けた人は平均3年しか生きていないが 治療を拒否した人は平均12年6ヶ月も生きた』

とある。

それを裏付けるようにスウェーデンの研究によれば、全く治療しない早期前立腺ガンの患者さんの10年間の経過観察結果ではガンで亡くなったのは、わずか8.5%だったそうです。

患者さんというより、臓器をみる西洋医学には、限界があることをしらしめている結果のように思います。

だから、自分の体の声をしっかりと聞いて、総合的に取り組むことが大切です。

西洋医学で限界にきた末期ガンの方が、代替療法で元気を取り戻すことは珍しくありません。

三大療法が常識となっている日本人にとって、治療をしないことは、異常な人のように扱われまます。

しかし、性格、環境、細胞、体質、みんな違うのに、なぜ常識だけを当てはめたがるのでしょうか。

常識にとらわれている間は、なおりません。

自分だけの常識を探してみることが大切です。

常識からの打破 『新たな価値観』

体験をきっかけに、思索の積み重ねで、独自に新たな価値観が構築されます。

その人が抱く価値観は、具体的な行動となり、新たな生活、新たな生き方となっていきます。

ガンなおしは、生き方の見直しです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

信じるか、信じないかは自分自身

毎日たくさんの方にご訪問頂き感謝でいっぱいでございます

アクセス数を見ても本当に有り難い限りです

それ以上に嬉しいことは、皆様からの心温まるメッセージ

心から感謝いたします。

そして、私のブログを読まれて、何かに気付かれ、お電話を下さる方

ご縁は大切にしたいと思っています。

自分の愚かさを認めるということは、しんどい思いもします。

しかし、常識を捨て、新しい価値観が生まれた事で、どんどん元気に、そして明るくなられる姿は本当に嬉しく思います

そして、何事においても賛否はあります。

私の記事、情報においても賛否があるのは当然と思っています

信じるか、信じないか

正しいか、正しくないか

疑問に思うことは自分で調べることが大切ですね

そして判断するのも自分自身です

信じた道、自分が正しいと思う道に進めば良いだけのことです。

今日も皆様が心豊かに美しく生き生きと過ごされることを祈っています

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

民間療法を活用・自然治癒力を妨げない

私たち現代人は、主食に白米やうどんを食べるようになり、体質が陰性に傾いています。

ですから、陽性化してくれる根菜類を意識的に摂る必要があります。

根茎、球根、土壌中にある部分を食する野菜は、体を温める作用や、その他にもさまざまな薬効を持ち備えています。

これからの季節でいえば、大根

大根は、殺菌作用が強く、胃腸病に有用とされ、古くから民間療法としても使われています。

炊いても良し、生でも良しの大根は重宝します。

大根は、すりおろすことで出る辛み成分「イソチオシアナート」に、解毒作用や殺菌作用があります。

「大根おろしに医者いらず」といわれるように、この辛み成分を利用した民間療法があります。

【大根おろしを飲む】

体のむくみを取る効果がある。

【大根をおろした汁でうがい】

口の中で起きる炎症・口内炎や虫歯などの症状緩和効果

【大根おろしに生姜、醤油を加え、熱い番茶を注いで飲む】

解熱剤・発汗剤として効果

【脱脂綿を大根をおろした汁を浸し、鼻に詰める】

鼻の粘膜の炎症を緩和し、鼻の通りをよくする

【大根をおろした汁に、はちみつを混ぜて飲む】

粘膜が強くなり、喉の炎症を鎮める

大根に含まれるビタミンⅭは、大根の中心部分よりも皮のほうが約2倍も多く含んでいると言われています。

皮はむかずに、丸ごと使うことをおススメします。

ビタミンCは、風邪予防やストレス緩和に効果があり、また、発ガン性物質の生成も妨げると言われています。

季節の変わり目のこの季節は、風邪を引かれている方・喉が痛む方が多いですね。

風邪の引きはじめや、のどの痛み、炎症などの改善に大根飴といわれる民間療法がとても有用です。

すぐに薬に頼らず、自己治癒力を活用した民間療法などで試されることをおススメします。

【大根飴の作り方】

大根を皮のまま、さいの目に切り、タッパーなどの容器にいれます

大根がかぶるように、はちみつをたっぷりかけ、ひと晩おきます

大根のエキスがしみ出たはちみつを飲みます。

紅茶や番茶に入れて飲んでもよし

また、水か、ぬるま湯で薄めて、うがいに使ってもいいですね。

もちろん大根も食べれます。

特に、薬を避けたい小さなお子様の咳などには、ぴったりです。

陰性に体質が傾くと、からだの不調が多くなります。

そこに薬など体温を下げてしまうものが入ると、さらに陰性化され、病気をしやすい体質になっていきます。

つまり、自然治癒力を妨げてしまうのです。

せっかく持ち備えた自然治癒力を活かすことを考え、出来るだけ自然のもので対応していきたいですね。

がん治しはあきらめない・必ず治ると信じて

大自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自分の愚かさに気付くことが、がん治し

自分の無知に気付けるか、気付けないか

自らの無知を自覚することは、真実を知る最初の一歩です。

私もガンになる前は無知だったと思います。

自分のなかの常識を疑うこともなかったですね。

しかし、自分がガンになったとき、少し冷静に周りのガンの人達を見てみると、初期だから大丈夫、と言われた人が放射線治療後、転移していたり、抗ガン剤投与後、感染症を起こし亡くなってしまったり、ガンが見つかるまでは普通に元気に仕事をしていた人が手術後、急に弱り亡くなったり・・・

なんでだろう・・・という疑問のなか、私もこのまま人任せでは死んでいくのかもしれないと思い恐怖に震えました。

そこで私はプロポリスを必死で飲みはじめ、自分でなおす意識を持ち、自然療法を学びました。

ガンになれば抗ガン剤、放射線、手術が当たり前と思っていましたから、自然療法の世界は最初は驚きましたが、生命の根源を知れば、納得できることばかりでした。

そして、化学療法の怖さも知りました。

なぜ再発転移するのか、なぜ亡くなるのか、これも納得出来ました。

無知であることに気付かないままであれば、今の私はなかったでしょう。

真実を知ったあと自然療法のなかにも様々な療法があり、何が正しいのかわからず不安を感じた時もありました。

実際に、菜食でなおした人、肉を食べた方が体調が良い人、玄米でなおした人、玄米で体調が悪くなった人・・・さまざまです。

ですから、どれが正解というものはないですね。

一般的にはそうであっても、体はみんな違いますから、常識も変わってきます。

自然療法をやっていくうちに自分の体の声が聴こえてくるようになるのです。

体が喜ぶことをするだけです。

多くのガンの方を見てきて共通することは、良くならない人は、体を痛めつけることをしてしまっています。

無知であることは非常に怖ろしいと感じますね。

自分の生命、家族の生命を守るためには、まずは常識を疑ってみることです。

ガンなおしは、新たな価値観の構築から始まります。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)