がん治しは愚かな自分に気付くことから

ガンの方からご相談を頂いていますが、共通する悩みがあります。

それは、心の葛藤です。

不安から抜けられない

定期的に襲ってくる恐怖感

恐れから起きる迷い

焦りから起きる苛立ち

理由のない孤独感

ガンを宣告された人なら一度は経験しているのではないでしょうか。

自分の愚かさに気付いた人はこの葛藤を糧にします。

自分の愚かさに気付かない人、気付いていても変えようとしない人は、さらに心は病み、体を蝕みます。

不安、恐れ、迷いから孤独感が強くなり、ときには被害者意識が過剰になり、さらに心の孤立が起きてしまいます。

悩み考え、良い選択をしたとしても、自分自身に責任を持たなければ、依存が始まります。

依存をすれば、自分を向上させるという意思も薄れ、常に精神は乱れます。

とらわれが強くなれば、頭で考え、正しいか、正しくないかだけにこだわるようになります。

この世の中で、絶対的に正しいもの、なおる保証があるものはないと私は考えます。

正しいものは人によって違うのです。

環境、性格、細胞が違うように、すべて正しいものも違うのです。

しかし、不安から安心材料を集めようとします。

なおると言って欲しい、大丈夫と言って欲しい、正しいと言って欲しい・・・

これが依存なのです。

そこに気付かない限り、いつまでたっても変わることはないでしょう。

安心は人から受けとるものではなく、自分がするべきことをして自分が自分に与えるものです。

ガンを克服したり、上手に共生している人は、自分を信じる訓練を積み重ねるといった自助努力があるのです。

ガンをなおせるのは自分自身でしかないことを知ること

愚かな自分に気付き、生き方を変えて初めて好転するのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

右の乳がんは家族に感謝・左の乳がんは闘うことをやめる

がんの人から話を聞くと、大半の人が強いストレスを抱えていた、ストレスを感じやすい、などと言います。


●夫婦関係が悪く、ケンカが絶えない

●親との仲が悪く、寂しい

●人間関係が上手くいかず、傷ついている

●仕事が上手く回らず、休めない

●お金に追われて、不安が拭えない


8割以上の人が何かしらの心の悩みを抱えています。

それはつらく、しんどかったと思います。

 

ストレスが強いいうえに、がん宣告を受け、さらにストレスが上乗せされ、交感神経が緊張状態となっています。

 この状態のままでは、がん細胞は増殖するばかり、だから勇気を出して脱出して欲しいと思います。

私たちの体の中では、毎日数千~数万もの癌細胞が生まれています。


がんにならないのは→生まれてくるがん細胞を→リンパ球たちが→こまめに排除してくれているからです。


リンパ球の働きが弱くなり、がんになる細胞を排除することが出来なくなった人ががんになるのです。


がんを増やさないためには、リンパ球を増やすこと

そして、活性化する生き方をすることです。

心身のストレスは、交感神経を緊張させ、顆粒球を増やし、リンパ球を減少させます。


だから、まずは心身のストレスを軽減していくことが大切です。

 

●がんは怖い、治らないという潜在意識を取り払い生きていることに感謝して、許すこと

●自分のために体を休ませる勇気をもち薬ばかりに頼らないこと



右の乳がんは、特に家族に感謝する

左の乳がんは、闘う生き方をやめる

 

がんの原因である心身のストレスを取り除き→副交感神経を優位にしてリンパ球が増えれば→がんは自然退縮してくれるのです。


がんを攻撃することは、自分の体を攻撃しているのと同じ

さらに心身のストレスは強まるばかり

そして、交感神経過剰になります。


がん細胞も自分の大切な細胞です。

 

自分の体に感謝

がんにも感謝してみては・・・

 

感謝をすれば→細胞が喜び→活性化されます。

心が穏やかになれば→副交感神経が優位になり→リンパ球が増えます。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

 

転んだ時こそ足元を見る

転んだとき

自分の目の前にある大切なものに気付くもの

ありのままをしっかりと受け止め

転んだときこそ、足元を見てみる

すべて意味があって起きているのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自分がわからなくなったとき

自分がわからなくなったとき

離れた場所から

視点を変えて

外から自分を見てみる

同じものでも視点が変わると、違ったものが見えてくるのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんを癒す→夫婦の愛情   夫婦関係→回復スピード差がでる

がんを克服した人の多くは、夫婦の愛情でがんを癒すことが出来るとパートナーの思いがとても大きな力になっていると感じます。

夫婦関係が良い人は、夫婦関係が悪い人に比べ、回復スピードは4割も増すと証明する報告もあります。

愛情に勝るものはないということなのです。

愛と感謝の心、そして言霊が、がん治しのキーとなるのです。

一方、夫婦間の悩みを抱えていらっしゃる方は大きなストレスとなっているようで40代から50代の女性が多いようです。

がんになって不安で寂しくてたまらないときでも、本音が夫に言えずひとりで苦しんでいる人

また夫に対する不満が更に強く以前より関係が悪くなり

結果、ストレスが頂点に達してしまう人も・・・

がんになるとほとんどの方が経験する孤独感

この孤独感は突然、襲ってきます。

そんなとき、夫婦関係が悪いとさらに寂しさは強くなります。

心の寂しさががんをつくった原因であれば、寂しさから脱出することです。

夫婦関係の不満ががんをつくった原因であれば、不満から脱出することです。

夫は自分を映す鏡

妻は自分を映す鏡

自分が不満なら、相手も不満です。

自分が寂しければ、相手も寂しいのです。

自分が笑えば、相手も笑います。

自分が幸せなら、相手も幸せになります。

自分が変われば、相手も変わります。

相手も同じ

がん治しは、生き方をなおすこと

夫婦仲良くすることでがんが治るスピードが加速するなら、自分のために自分が変わってみることも必要ですね。

 夫婦関係が良好な家庭は、明るく良い氣が流れています。

暗く淀んだ氣は、負の病気を引き寄せてしまいます。

 まずは、自分が変わること

 自分が変われば、相手も変わる

この連鎖が愛と感謝に満ち溢れた環境をつくります。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への                         ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 





 

 

 

 

 

癌に・・・自分で治す意識が大切

現代医学の大きな問題点のひとつ

治療を受ける患者に治療を選ぶ選択権がない

治療を行う医師、つまり治療者側が一方的に治療内容を決めてしまうことがあります。

医師が決めた治療通りにしないのであれば、診れないとすべてを断られるは珍しくありません。

診れないと言われると困る患者は、自分の意思を言えずにいます。

これらは、科学を基礎においた西洋医学的な概念が根底にあるからかもしれませんね。

科学で理解出来ないことは受け入れられにくいのでしょう。

目に見える箇所、痛む箇所だけにフォーカスして対処療法を施すので、本人の自然治癒カというものは軽視され、置き去りになってしまいます。

その結果、かえって病状の悪化を招くこともあります。

逆に、治療を受ける患者側が自分の病気でありながらまるで他人事のように無関心な人もいます。

医師など治療側にすべてを委ねてしまい、心も体も生活もそのままで病気になった原因など振り返ることもない

しかし、病気が治らなければ病院への不信感を抱いてしまうことになります。

これは人に委ねた結果であり自分の責任です。

患者自らが「病気は自分でなおすこと」を意識することが大切です。

患者が自分を治療をし、治療者といわれる人はサポートをするのが本来の姿です。

そこで自分を癒す治療法が大きな役割をしてきます。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への                         ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

症状を抑えた薬は毒素として体に溜まる

ガンを再発する人の多くは、自分でなおすという意識がないように思います。

病院任せ、人任せで、食生活も今までと何も変わらず・・・

治療したにも関わらず、再発転移をして初めて食を始めとしたライフスタイルに目を向けるようになります。

しかし、今までの生活や治療で体には大量の毒素が溜まっています。

まずは、溜まった毒素を排出することです。

添加物や農薬は体に悪いと認識があるようですが、意外と認識が薄いのが薬です。

「薬が病気をなおす」というそもそもの間違った考えがあるからでしょう。

薬は病気をなおすものではなく、症状を抑えるものです。

急性期には、素晴らしい力を発揮してくれます。

しかし、いつまでも薬に頼っていると、なおるどころか、ガンや病気を招く毒素が溜まっていきます。

結果、再発などを引き起こしてしまうのです。

病気をなおすのは、自分自身の自然治癒力

つまり免疫です。

自然治癒力を高めるには、体をキレイにすること

毒素を出すことからです。

症状を抑えた薬は、代わりに毒素となって体に溜まっていきます。

次なる病気を防ぐには、いち早く毒素を出すことです。

苦しみも毒素のひいとつ

心も体もキレイになって、ガンを自然退縮に導いていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自分を変えるためには思い込みを解き放す

過去の経験が思い込みをつくります。

思い込みは自分を縛りつけ

行動を制限していることを知る

自分を変えたいならば、自分を縛りつけている思い込みを解き放す。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ありのままの自分を認め、愛する

人を愛せないときもある

人に感謝できないときもある

そんなときは、まずは自分を見つめてみる

ありのままの自分を認め

ありのままの自分を愛してあげる

自分を愛せれば、自然と人も愛せるのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った          女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

人生を決定づけるもの

克服・成功をした人は、

常にポジティブな言葉を使い

自己イメージが高い

イメージトレーニングに励み

ビジョンを現実にします。

自己イメージは人生を決定づけるものになるのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                         女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)