ナチュラルキラー細胞の増える生活

嬉しい、楽しい、好き、ありがとう、などの愛の感情は、『幸せホルモン』 と言われる ドーパミンやβエンドルフィンという物質が脳内に大量に分泌されます。

これらの物質は血液にのって全身に流れていきます。

そして、ナチュラルキラー細胞をどんどん刺激してくれます。

幸せホルモンが分泌されると、心だけでなく、免疫細胞も活性化されるのです。

一方、悲しい、寂しい、不安、嫌いなど、負の感情は『ストレスホルモン』 と呼ばれるアドレナリンという物質を分泌し、活性酸素を発生さます。

ストレスホルモンが過剰に分泌されると、心と体の病気を引き起こすことになります。

ナチュラルキラー細胞の働きも弱めてしまいます。

ストレスホルモンは、適度に分泌されることで、心身のバランスをとっています。

ガンなおしには、ナチュラルキラー細胞の存在はとても重要ですね。

ナチュラルキラー細胞の働きを活性化するには、体が喜ぶ生き方をすることです。

野生動物を見てわかるように、人間は不自然な生き方をしているからガンになるのです。

食べ過ぎ、薬の飲み過ぎのような自然治癒力を低下させてしまう生き方がガンをつくります。

からだは、自然体に近づくと喜びます。

自然に触れると、不思議なほど愛の感情が出てきます。

からだが喜んでいる証拠です。

朝陽が昇る時間には目覚め、出来るだけ、緑を見て生活することも自然に近づく一歩です。

空気の良い早朝、朝陽を見ながら、河原や公園、神社など散歩をするのも良いでしょう。

この時間に道端ですれ違う人は、知らない人でも不思議なくらい普通に挨拶を交わします。

「おはようございます」 と言えば、必ず返ってきます。

とても心地よく、気持ちの良いものです。

これだけでも幸せホルモンは、分泌されていくのです。

幸せホルモンが分泌される生活を・・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

人の細胞が生まれ変わる生き方

『百日は心を込めて育てる、病気になれば百日は熱心に自分を精進すれば治る』

韓国では子どもが生まれたら、言われるそうです。

からだの細胞は、約百日で一巡りすると言われていることをよく知っている言葉ですね。

私たちのからだには、約60兆個の細胞があります。

絶えず古い細胞から新しい細胞に生まれ変わっています。

その数は、1日7000億個とも言われています。

そのすべての細胞が生まれ変わるには、最低3ヶ月かかるということですね。

さらに骨まで変えるには、3年かかると言われています。

元気な細胞に生まれ変わるには、汚れた血液を綺麗にすることですね。

これには、当然、血液を綺麗にし、免疫力を活性化する自助努力が必要でしょう。

ガンなおしにとっては、第1のステップ

大事な大事な100日間ですね。

残念ながら、免疫力を上げなくては!と言いながら、免疫力を下げることをしている方がほとんどです。

血液を汚すことは、免疫力を下げることになります。

そして…

運動をしたら免疫力が上がる

健康食品を飲めば免疫力が上がる

ではなく、総合的にみていかなければなりませんね。

「自分でなおす」という意識が、細胞に働きかけてくれます。

まわりの細胞を元気にし、そしてガン細胞は、アポトーシス(細胞死)へ

「免疫力をいかに活かせるか」は、自分次第です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

副作用を軽減するのも自分次第

ガン難民という言葉を聞いたことがありますか?

病院から見放された方

治療へ不安を持ち、自ら病院を離れる方

このように行き場の無くなった方々は、本当に不安な時間を過ごされています。

日本には130万人を超えるガン患者がいるといわれています。

そのうち半数が、治療への不安、不信感でさまよっているそうです。

突然の癌宣告で、準備も知識もない状態で治療が始まります。

つらい治療に耐えたにもかかわらず、数カ月で再発、転移

壮絶な副作用で衰弱し、治療の甲斐なく亡くなる人が後を絶ちません。

癌治療による感染症で亡くなる人が減らないのは悲しい今の現実ですね。

2人に1人が癌になり、3人に1人が亡くなっています。

自分の体は自分で守らなければ、誰も守ってはくれません。

治療と守ることは違います。

副作用で亡くなっている方はたくさんいます。

放射線や抗癌剤の副作用の軽減は自分でしていかなくてはなりません。

副作用は仕方ないことと諦めていませんか?

副作用は自分で軽減する

活性酸素を除去したり、免疫力を保つのも自分次第です。

ガン難民にならない為にも、学び、日々実践することが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

体の冷えの原因は運動不足?

からだが冷えていませんか?

下半身が冷えていませんか?

手足が温かいのと、手足のほてりは違います。

体温が低いのに手足がほてる人

それは、体の熱が手足を通して外に逃げているからです。

その他、手のひらが赤い・生理不順・痔・下肢静脈瘤(血管のぼこぼこ)・浮腫みがある人は、からだが冷えている可能性があります。

冷えから体温低下が起きると、臓器の働きが悪くなるだけでなく、細胞、すべての代謝が悪くなります。

そして、静脈の小さな毛細血管の流れが滞り、さまざまな症状が表れてきます。

神経痛や肩凝り、頭痛、動悸などです。

お風呂や食事などを気を付けているのに冷えがなおらない、という方も・・・

とくに女性に多いですね。

その原因の多くは、運動不足にあります。

とくの下半身の運動不足です。

運動をして、足が温まると血流が良くなります。

足は心臓から遠いため、血液を送るために、ふくらはぎがポンプの役割をしてくれています。

足の筋肉が衰えると、ポンプの正常な役割が果たせなくなり、血液が隅々まで運ばれなくなります。

ですから、下半身の筋肉を鍛えることが大切です。

筋肉が鍛えられると、血流も良くなり体温も上がっていきます。

そして、血流がよくなると、体の毒素が下半身に移動し、体の外へ排出されやすくなります。

歩いたり、階段を上り下りしたり、また椅子座ったままでも足を持ち上げ上下させる運動など、自分の体調や環境に合わせ、考えてしてみると良いですね。

とくにガンの方は、体温が低く血流も悪く、浄化機能が衰えがちです。

運動に加え、湯舟のなかでふくらはぎをマッサージするなども良いでしょう。

この冷えを見逃してしまうと、ガン以外にも心筋梗塞や脳梗塞など、一瞬で命を奪うようなことにもなりかねません。

運動不足と体の冷えの関係・・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

「がんは治った」その願望が大切

書店にはたくさんの健康本やガンの本が並んでいます。

「西洋医学の治療について書いてある本」

「様々な代替医療につて書いてある本」

学説、メカニズム、治療方法については大きくこの2つに分けられています。

読めば読むほど、何が正しいのか、どれをとればいいのか分からなる方も少なくないでしょう・・・

自分はこれが正しいと思っていても、真逆の療法を読むと、「私の選択は間違っている?」
とブレてしまうこともあるでしょう。

邪気が入ってしまい、せっかく取り組んできたことを志半ばで断念してしまうことも・・・

ゴールにどれだけ近づいていたかは、誰にもわかりません。

分かるのは、自分自身の直感だけです。

しかし、邪気という名の心のブレは直感を鈍らせてしまい、ゴールに近づいているという自分の直感すら分からなくしてしまいます。

特に三大療法をせず、自然退縮を目指してされてる方は、再発転移をしてしまうと、心がブレてしまいがちです。

自助努力をしてきたにも関わらず、間違っていたのではないかと考えだします。

当然、悩み、考えすぎると邪気がどんどん入ってきます。

そして、志半ばで自助努力をやめてしまい、化学療法にゆだねる方もいらっしゃいます。

しかし・・・

自然退縮前に、ガンは転移する。

自然退縮前に、腫瘍が大きくなる。

自然退縮前に、腫瘍マーカーが上がる。

この症状は、免疫学では、ガンの自然退縮前の反応と言われています。

良くなっていく体の反応として瞑眩反応(好転反応)が起きます。

一時的に顆粒球が増え、弱い部分が悪化したり、熱が出たり、倦怠感が現れたりします。

そして、次にリンパ球が増えてくるのが人間の体の自然な仕組みなのです。

ガンになったということは、血液が汚れていて、体の中は毒が溜まっている状態です。

瞑眩反応(好転反応)は毒を出そうとする反応でもあります。

血液が全て生まれ変わるには、およそ3カ月かかります。

どうしても、焦りがちなガン治しですが、ここはじっくりやった者が勝ちです。

直感で決めたら、その後はしっかりと信念を持ち続け、自分のペースで、ただただ黙々とやることです。

私は、必ず相談に来られた方にお伝えします。

疑いの気持ちが有りながらやっても、絶対に結果は出ないです。

信じる者は救われる・・・

まさにこの言葉通りです。

疑問を持つことをやっても、それは結果としてお金と時間の無駄になります。

これで本当に治る?と疑う気持ちや、本当にこれでいいのかな? という不安な気持ちが潜在意識の中に入っていきます。

繰り返しの思考が根付き、信念となり、それに伴った考え、行動を無意識にとるようになり、やがて現実化します。

良くも悪くもです。

本当に治るの?と疑えば、疑いが信念になり、現実化します。

同じ取り組むなら、自分が直感で感じ、信じたことをすることです。

そして、治った、治るという願望のイメージを持ち続けることはとても大切です。

ガンが治った、ガンは治るという思考と、黙々とする行動が、潜在意識にしっかりと根付き、疑いようのない信念となり、願望を叶えるための考えや行動を無意識に起こし、やがて願望が現実になります。

これは、スプーン曲げの信念と同じです。

ガンが治るという願望を現実にするためには、まず自分が変わることです。

ガンに治ってもらえる自分になることです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

心の内側と癌の関係

ガンとインナーチャイルドの関係

子どもの頃の記憶や心情、傷ついた心・・・

子どものころ経験したことが、大人になった今、潜在意識のなかでしっかりとインプットされていることをご存知ですか?

この子ども時代の内なる心が、今の自分に多くの影響を与えています。

これが、ガンと関係していると感じたことがあるでしょうか・・・

特に多いのは、子どもの頃の親との関係です。

お利口でいないといけない、親に嫌われたくないという思いから、自分の気持ちを抑え、親の顔色を見ながら過ごした子ども時代

親の期待に応えないといけない、人に負けたらいけない、というプレッシャーを常に背負って過ごした子ども時代

思い切り甘えることが出来ず、親の前で、本当の自分を出せなかった子ども時代

外に出ても、親の目を気にして、自分の思う発言も自由に出来ない。

子ども時代にさまざまな制限を受けると、自らが自分の行動に制限をつくってしまいます。

それらが潜在意識、(無意識)に入り込んで、私たちの行動パターンをつくっています。

これはダメ、これは良くない、と言われるごとに強くなるネガティブな意識

失敗すれば、怒られるという恐怖心

このような子どもの時の経験は、無意識に自分の生き方をつくっていきます。

ガンの経過も治療法も、人と比べたりしていませんか?

それは、人と比べられてきた経験があるからです。

ガンであることを、人に知られたくないと思っていませんか?

それは、失敗を責められた経験があるからです。

自分の心の持ち方がガンをつくった

自分の生き方がガンをつくった

そこに気付き、心の持ち方・生き方を変えることです。

次の世代に、ガンを引き継がせたくなければ、気付くことです。

ガン治しは、あるがままの自分を受け入れることからです。

インナーチャイルドが自分の生き方をつくったことも受け入れ、よく頑張ったね・・・と自分をほめてあげてください。

そして、人を許し、感謝すること

ガンが与えてくれた人生のリセットボタン

押すか、押さないかは自分自身です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

女性特有の悩みががんを作る

女性のガンがどんどん増えています。

私のもとに相談のお電話をくださる方は、多くは女性です。

もしくは、ガン患者さんの奥様です。

男性は、ホームページを見て、ご自身に必要なものをご自身で判断され、ネットからご注文下さる方が多いですね。

その差はなんでしょう・・・

女性は、感情と直感で行動するからです。

男性は、理論でしっかりと考えるからです。

それと、女性はとにかくお話がしたい・・・

これが一番かもしれません。

今の女性は、多くのストレスにさらされています。

ストレスが長期に渡り、自律神経のバランスを崩しています。

その結果

低体温、低酸素、高血糖のガン細胞が増殖する体をつくっています。

ストレスのその原因は

・夫との関係

・子育て後の寂しさ

・夫の親との関係

・家事と仕事の両立の大変さ

・家計のやりくり

・子どもや夫が優先で自分の自由がない

・社会的責任が大きくなった

これら女性特有の悩みが、ガンが増え続ける原因のひとつでもあるでしょう。

『自分でもストレスはわかっていたけど、ガンになって、このままではいけないと思いました。でも、どうしたら良いのかわからないです・・・』

と先日もお電話くださった方がいらっしゃいます。

ストレスは、心の持ち方で軽減することが出来ます。

これも毎日の訓練で、変わってきます。

ただし、同時に生き方を変えなくてはいけません。

今までのように、甘いものや、乳製品を摂っていたのでは、変わりません。

夜遅くまで起きていたのでは、変わりません。

心を変えるには、体の基本になる食事や生活の見直しが必要です。

なぜなら、心と体は繋がっているからです。

ガンもすべてと繋がっています。

首や肩がガチガチになっていませんか?

長い時間、悩んでたり、悲しんでいたりすると、常に神経が緊張状態になり、心のゆがみが体のゆがみへと進んでいきます。

首や肩のコリは、脳への血流を低下させ、自律神経の中枢である脳幹などの機能低下させてしまいます。

すると、免疫の低下が起きてしまい、結果ガンをつくってしまうのです。

ガンなおしには、心と体、両面のケアが必要です。

実践しなければ、好転もしません。

そして、いつまでも人任せ、病院任せにしないことです。

ガンを自分でなおした人

現在、自分でなおす取り組みをされている人

同じように悩んでいた方

再発転移を繰り返し、治療をやめた方

そんな方が、どうやってガンなおしをされてきたのか、お伝えしますね。

ひとりで悩まないことです。

前進している人の話を聞いて、良い思考、良い氣を自分に入れることは絶対に必要です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

豚肉との組み合わせで疲労回復効果アップ

お鍋が美味しいシーズンですね

疲労回復によいといわれる豚肉は鍋によく合いますね

疲労回復に効果的なビタミンB1

豚肉のビタミB1は、牛肉のなんと10倍にもなります。

この疲労回復効果を高めるためには、『クエン酸』 を含むものと一緒に摂ることが良いそうです。

例えば、梅やレモン・すだち・みかんなどの柑橘系、お酢などがクエン酸が多く含んでいます。

この相乗効果を活用したメニューが身近にもたくさんありますね

鍋に搾ったすだちやゆずなどを入れるのもそうですね

豚肉に梅肉も相性がよく、そして定番のトンカツにレモン

ビタミンB1とクエン酸の相乗効果で疲労を回復ですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自分と向き合うきっかけをくれたがん

ガンになる多くの方は、心の悩みを抱えています。

男性は職場での悩み、女性は夫婦間での悩みがダントツです。

男性と同じように重要なポストで働いていても、悩みが家庭であることはやはり女性の本能でしょうか。

男性であっても女性であっても、家庭のなかで心が休まる場所がないことは心に大きな負担をかけてしまいます。

そこで、ガンという宣告を受けるとどうでしょう・・・

ガンになったことで気付かされ、夫婦お互いが存在を認め、家族の協力を得ることが出来る人

ガンになったことでさらに夫婦関係が悪化してしまい、ひとりになることを選ぶ人

家庭のなかでは、少なからず何かしらの変化が起きます。

家族の協力を得て、ガンを克服出来た人

ひとりになったことで、ガンを克服出来た人

つまり何が正しいではなく、自分自身だということです。

自分の生き方に無理や不自然さはないか・・・

気付いたら修正をしてあげることで、ガンなおしも人生も前に向いて進むのです。

生き方はみんな違います。

感謝をもって修正をしてけばいいだけなのです。

悩みをずっと抱えているということは、自分自身との闘いの生き方になり、癒されることが出来なくなります。

しっかりと自分と向き合うきっかけをガンは与えてくれているのですから・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

苦しいがん治療の事実

苦しい、悲しい、つらい・・・

このままでは、良くなるどころか悪くなる気がする。

抗ガン剤、放射線でどんどん弱っていく自分がいる

そんな思いで治療を受けている人もいます。

化学療法をしたくない、と拒否し続けてきたものの病状が悪化してしまい緊急入院となったケース

家族の希望があり、本人が拒んできた化学療法が開始される

緊急時を乗り越えたら、本当は全部拒否して帰るつもりだったのではないでしょうか・・・

しかし、家族の考えと、これから先の生活のこと、病院との関わりを考えたら、拒否が出来ない苦しさがあるようです。

放射線後の焼けだだれた痛みでやつれ、激やせし、笑顔が消えていく・・・

放射線後、高熱で弱っているなかでも抗ガン剤が投与される・・・

体調など関係なく続く治療

痛みと苦しみで、離れている子どもを思う気持ちすら、失われていく日々・・・

どうやって前向きになればいいのか・・・

抗ガン剤で殺されそう・・・

彼女の苦しい訴えは、本当につらいです。

彼女が緊急入院をする直前に出会いましたが、本当に明るく元気な印象を受けました。

さまざまなことに気付かされ、「さあ、これから!」という時に緊急入院になってしまったようです。

今まで彼女が自分で取り組んできたことが、一瞬にして覆され、望まない方向で治療が開始され、毎日がつらく、悲しく、涙を流している日々だそうです

何が良い、何が悪いではなく、本当に必要かどうか、本人が望む道かどうか、そこが大切だと思います。

やればやるだけ弱っていく、本人が死の恐怖を感じる、希望感がないことをして、本当に良くなるのでしょうか・・・

もちろん、家族は彼女に良くなって欲しいという思いからでしょう、。

本人も同じことを望めばこういう苦しい、つらい思いは出ないでしょう。

しかし、家族と本人の考えが違うことから起きてしまいます。

以前にも同じような方がいらっしゃいましたが、耐えきれず病院を飛び出てしまいました。

家族が同じ方向をむけれることが一番の支えになります。

そうであれば、どんな結果になっても本人は納得出来るのではないでしょう・・・

他人ごとと思わず、いざという時のことを日頃から家族で勉強し、話し合っておくことが大切ですね。

こんな苦しみのなかでも、感謝の気持ちを大切にしたいという彼女の心には、本当に頭が下がります。

ただ、自分に嘘をついてまで感謝をするのは間違いですね・・・

素直に感謝出来ることに感謝をすることです。

彼女の心が少しでも穏やかに保たれることをせつに祈っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)