男性乳がんが増える年齢

増え続けている乳がん

その乳がんも最近は男性も増えているようです。

発症年齢は、女性の30代、40代に比べると男性はやや遅めの50代が多いようです。

男性が乳がん??と驚く人も多いでしょう。

しかし意外にも男性の乳がん患者は多いのです。

女性に比べると脂肪が少ない分、見つけやすいようですが、しかし、しこりに気付いてもも乳がんだと疑うこともなく過ごしていたら、どんどん大きくなり、検査してみたところステージが進んでいた・・・というケースがみられます。

男性は50歳頃の発症が多いようですが、生活習慣病が増える年齢でもありますね。

年齢と共に胸に脂肪がつくためでしょうか・・・

乳がんの原因は、冷え、ストレス、乳製品の摂り過ぎなどと言われています。

脂肪が多く、しかも体から突起している乳房はとても冷えやすい場所です。

お風呂でしっかり温め、筋肉を鍛え血流を促します。

生きていると様々なことでストレスを感じますね。

仕事が忙しい人、仕事に悩んでいる人は、左の乳房を気遣ってあげてください。

親との関係に悩む人、夫婦の関係に悩む人は、右の乳房を気遣ってあげてください。

チーズ、バターをつかった洋食、生クリームたっぷりの洋菓子が好きな人は和食中心にしたり、甘いものは控え、食べるなら和菓子に変えてみませんか?

これは男性であっても同じですね。

家族で気をつけることで、みんなが救われるのでは・・・

自分の体は自分で守っていきたいですね。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

 

がんが教えてくれたこと・頑張りすぎ・考えすぎ・我慢しすぎ

がんになった多くの人は、悩みや強いストレスを抱えています。

悩み、ストレスの原因は、男性は職場でのこと、女性は夫婦間、親子間が多いようです。

しかし今は、女性も男性と同じように働く人が増え、女性であっても仕事のストレスを抱えている人は多いですね。

左の乳がんを患った人は、仕事の悩みを抱えていたといわれます。

ストレスだとは感じていなかったけれど、ずっと男性と同じように職場で戦ってきた、と言われる人

頑張り過ぎたために、がんは出来ます。

右の乳がんを患った人は、家庭の悩みを抱えていたといわれます。

夫婦の関係が冷めきっている、ケンカが絶えない、親に愛されていない、寂しい幼少期を過ごした、と言われる人

我慢し過ぎたために、がんは出来ます。

そこに、がん宣告を受けるとどうなるでしょう・・・

ストレスがさらに大きくなる人

仕事が出来なくなることに焦る人

イライラがさらに強くなる人

孤独感がさらに強くなる人

その気持ちはよくわかります。

ですが・・・

がんは、何か理由があって出来たことに目を向けて欲しいと思います。

頑張り過ぎ、我慢し過ぎ、働き過ぎ、考え過ぎ、気を遣い過ぎ・・・

心を少し休ませてあげるために、がんは出来たのかもしれません。

体を少し休ませてあげるために、がんは出来たのかもしれません。

がんになったことで気付かされたことも多いのではないでしょうか・・・

生きていることが、とても有り難いと感じます。

家族が元気でいることは、すごいことだと感じます。

私もがんになったとき、家族との時間は当たり前ではなかった、と気付きました。

感謝すべきことがたくさん見えてきました。

がんになったことで気付かされ、夫婦がお互いの存在を認め、感謝出来た人もいるでしょう。

当たり前ではなかったことに気付いたとき、悩みや迷い、ストレスが変わってきます。

不平不満、不安で生きている自分の愚かさと

そして、生きているのに、色々考え悩むことは、なんて贅沢なことなんだろう・・・と私は心から思いました。

教えてくれた癌に感謝しています。

がん治しは生き方なおし

感謝をもって修正をしてけばいい

悩みを抱えた生き方は、自分自身との闘いの生き方となり、癒されることが出来なくなります。

しっかりと自分と向き合うきっかけを癌が与えてくれています。

悩みもストレスも、自分の思い次第ですね・・・

前を向いていかれますことを心からお祈りいたします。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

がん治しで孤独を感じたら目線を変えてみる

ガンになると孤独感が強く表れます。

ひとりのときに寂しさからくる孤独感

家族でいるときに持つ孤独感

寂しく、悲しく、苦しく、ときには恐怖感すら覚えます。

私も孤独感に苦しんだ経験があります。

同じように孤独を感じ、苦しむ方は少なくないのではないでしょうか。

苦しいからこそ、我慢したり、隠したり、また孤独を感じる自分が情けなく、ただただ涙だが出続けることもあるでしょう。

家族がいるのに孤独を強く感じてしまう

ガンになると少なからず死というものが、どこかチラチラと存在します。

だからこそ、この世に自分が必要とされているという実感が欲しいのは誰しもです。

そこで起きるのが孤独という感情です。

しかし、孤独感というものは、自分を振り返る最大のチャンスでもあります。

この世に無駄なものはないとしたら、孤独という感情にも必ず意味があります。

感受性と想像力を持っている私たちは、ガンになった人に限らず、みんな孤独です。

人はひとりで生まれ、ひとりで死んでいきます。

これが命の自然な姿です。

孤独は感じることで自己を認識するきっかけになります。

家族が居ながら孤独を感じるのはなぜでしょう。

寂しいから・・・

それだけでしょうか?

幸せだから、家族が大好きだから、とめどもない不安が孤独を強く感じさせているのかもしれません。

今の現状をすべて受け入れ、少し目線を変えてみませんか?

小さな喜びや幸せがたくさんあります。

孤独を感じるとき、小さな喜びや幸せが見えにくくなっているときです。

今、孤独を感じているなら少し、目線を変えてみるとよいでしょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治しは心の持ち方が重要

不平不満、泣き言の生き方は心と体の塊をつくっていきます。

人間は自分の思い通りにならなければ、不足部分を要求してしまいます。

不足を要求し続けることは、不平不満となり負のスパイラルに陥りやすくなります。

そして、体に大きなストレスを与えてしまいます。

なぜなら、私たちの肉体は常に精神と調和をとっているからです。

心と体は繋がっています。

ストレスは大量の活性酸素を生み、血液を汚し、ガンをつくってしまいます。

ガンである人は、過剰に発生してる活性酸素を積極的に除去していかなくてはなりませんね。

ガンなおしは、常に心身が一体となり自然治癒力を高めていくこと鍵となります。

ストレスは、心の持ち方次第で軽減することが可能です。

ストレスからの脱出は、不足ではなく足りていると感じる心のあり方からです。

人の喜びや幸せの価値観はそれぞれ違いますが、今 生きていることにまず感謝することです。

ガンになり、生きていることそのものがどれだけ有り難いことか、痛感した方は多いでしょう。

この気持ちを忘れないことが、ガンなおしの大きな秘訣です。

そして、この感謝が正の連鎖を起こし、自然治癒力を高めていくのです。

私たちの生命の根源は、自然治癒力という働きから成り立っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

会員様からのメッセージ(^-^)

会員様からのメッセージ

【乳がん 30代女性】

こんばんは!
いつもありがとうございます。
仕事が忙しく、きちんとした食事なども出来ていないにも関わらず再発もせず過ごせているのがとても有り難いです。
抗ガン剤をたくさんしてきたので再発が怖くて怖くて仕方なかったのですがプロポリスのおかげで無事3年目を迎えることが出来ました。
あのとき何もしていなければ今頃再発をしていたでしょうね。
治療の時、同じように入院をしていた人は再発や転移が見つかっています。
私だけこんなに元気なのは申し訳ない気もしますね。
私もまだまだ油断は出来ないと思うのですが、恐れず毎日を楽しんで過ごしたいと思います。

【乳がん 50代女性】

この暑さにも関わらず、夏バテもせず過ごさせて頂いております。
最近、胸のしこりが変わってきました。先月の終わりから明らかに小さくなっています。触った感じも前とは違っています。
ホルモン療法ですら効果を示さなかった私の胸が初めて反応してくれてます。
一時期はしこりが急激に大きくなりどうしようかと思った時もありましたが、頑張って本当に良かったです。
プロポリスだけは何があっても続けようと思い、ずっと変わらず1日10mlをはちみつジュースにして飲んでいます。これからも長く続けていきたいと思います。

【卵巣がん 40代女性】

いつも気にかけて下さりありがとうございます(*^_^*)

台風の気圧の変化で痛みが出るかな、と少し心配もしましたが今のところ痛みもなく過ごしています。

肝臓や骨にも転移をしているのだから痛みがあってもおかしくないのですが、今は痛みが強くなることがないので助かっています。

家事も子どものことも元気だったころと変わらないように今、出来ていることが感謝です。

というよりもすっかり病人になっていたのでしょうね。

病は気からとは、本当にその通りですね。

プロポリスが私を救ってくれています。感謝です。

子ども達も喉が痛い時には飲んでます。

おかげで病院に行くことがなくなりましたよ。

本当に嬉しい限りです

人が人を治すことはできません。

医者であれ、治療かであれ、そして私もあくまでもサポート役なのです。

治せるのは自分だけ

バランスよく栄養を摂り、体を温め、おおらかに明るく過ごして、排毒に努める

最も大切なことは、自分を信じコツコツと続けることです

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

酸素をとり込み氣を上げる・がんをなおす生き方

私たち人間の体は氣が滞り血液の流れが悪くなると 「氣滞瘀血」 という状態がおきます。

この状態が続くと癌をはじめとした病気が起きてしまいます。

生命の根源である『氣』

氣が体の活動・生命エネルギーになっています。

だから病気になってしまった時は、氣滞瘀血を解消しない限り快方へは向かいません。

そもそも氣滞瘀血はなぜ起きるのでしょう・・・

それは、ストレスや過労、冷え、酸素や栄養の不足などです。

強いストレスが続くと、血液中の酸素が不足します。

酸素が不足すると冷えが起きます。

酸素が不足すると、カロリーを栄養に変えることが出来なくなります。

酸素不足は癌が住みやすい環境をつくってしまいます。

酸素をしっかりと取り込んでいくには、腹式呼吸が最も効果的

同時に心と体のバランスをとっていくために、呼吸で自律神経を整えていくと良いでしょう。

口からゆっくり息を吐き出すときには、自分のなかの悪いものをすべて吐き出すつもりで、出来るだけゆっくりと細く長く吐きます。

これが、副交感神経を優位にしていきます。

息を吸い込むときは、鼻からお腹にしっかりと空気を落としていきます。

このとき、交感神経が優位になります。

そして自分の望みは成就したものとイメージします。

ここで絶対に忘れてはいけないことは、感謝の気持ちです。

心のなかで 『ありがとうございます』 を唱え、良い氣を流していきましょう。

自分の体だけでなく、自分が居る場所の氣もあげていくことが大切です。

空気がキレイな早朝、窓を開け、朝陽のエネルギーをとり入れ、キレイな環境で氣をあげていきましょう。

バランスのとれた栄養と、体を温め、明るく前向きな心が、がんを治すのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治しは、決断と実践で決まる

以前ご相談を受けたことがある甲状腺ガンの方

あの頃も色々な療法を調べていらっしゃいました。

お話を聞く限りでは、さまざまな本を読んだり、セミナーに参加したり、とても勉強熱心な方と感じました。

あれから半年経った今・・・

甲状腺ガンは進行しているそうです。

あんなに勉強熱心な方がなぜ・・・?

というところですが、実は、彼女は学びはとても素晴らしいのですが、決断と実践がないからです。

半年前、相談をされたとき、本気ならきちんと取り組むことも大切であることをお伝えしました。

ライフスタイルの改善と共に、健康食品も今は使った方がいいことも・・・

しかし、彼女は決断をすることはなく今に至ったようです。

女性に多いのですが、自分への投資が出来ない人

こんなになっていても自分への駆け引きをしてしまう・・・

悩む期間が長く、結局何も出来ず、しかしその間にも病気はどんどん進行しています。

あっという間に1日、1週間、1ヶ月とときは過ぎます。

気付けば、進行していることも・・・

そうなると、心が弱ってしまいます。

体と心が弱ってからでは、取り返しがきかないことも・・・

悪くなってしまったものを、取り返すには大変な努力が必要です。

悪くなってからでは、お金も時間もエネルギーもそれ以上のかかってきます。

早いうちに決断して取り掛かる

学びだけ、知識だけでは何にもなりません。

ガンなおしはそんに甘くないのです。

実践して初めて結果は現れます。

療法を選べれないのも自分の責任

また新しい情報が入れば、目移りしてしまう

見て聞いて、また悩む

これを何度も繰り替えしているだけで、結果、何にもしていない

半年後、1年後にどうにもならなくなっている方が多く、残念です。

ガンなおしには、本気が必要です。

そして、自分の命としっかり向き合い、駆け引きをしないことです。

素直に実践して生きてみませんか・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

数値より自分の体の声が大切

私たちは生活のなかに様々な制限をされています。

血圧、血糖、塩分、カロリー

そのほとんどが、数値というものによって制限をされています。

しかも、常識という範囲の数値によって

そして、その常識の数値というものにおどらされ、薬の摂取量が増えています。

その結果、ガンという病が増えています。

また、ガンになれば血液検査、画像など、今以上に数値に支配されます。

特に腫瘍マーカーには敏感になります。

体調が悪くなくても、数値が上がればそれだけで異常な恐怖感に襲われ、気持ちが落ちてしまう

ガンが大きくなっている画像を見れば、絶望してしまう

これで本当にガンがなおるのでしょうか・・・

数値が上がれば悪化している

大きくなっていれば悪化している

この固定した概念がマイナスへと引っ張られていく原因です。

仮にマイナスの事態であっても、マイナスのまま終わらせない

何が原因だったのかを考え、生活を見直し体を痛めている原因を取り除くことです。

人は皆それぞれ違います。

ガンが転移したのち、自然退縮していく人もいます。

ガンが肥大したのち、自然退縮していく人もいます。

今までの固定した概念や、世の中の常識にとらわれる必要はないのです。

とらわれることが、そもそもガンの道であると言えるのではないでしょうか。

数値はあくまでも参考であり、大切なのは自分の体の声です。

体の声を聴けるのは自分しかいません。

家族であっても名医であっても、人の体の声は聴くことが出来ないのです。

自分の体の声は自分で聴く

感覚をつかみたい方

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自分に合ったスローエクササイズ

運動が苦手な人でも出来るゆっくりとした動きのスローエクササイズ

ゆっくりとした筋肉運動は、成長ホルモンを出し、血圧や血糖値を下げてくれます。

成長ホルモンとは、若返りのホルモンです.

ゆっくりとした筋肉運動は座ったままでも出来ます。

数秒間、筋肉にグッと力を入れる

椅子に座って足を床と水平に持ち上げる

数秒間、肛門に力を入れグッとしめる

1日1回するだけでも随分ちがいます。

筋肉の衰えは生命活動を弱めてしまいます。

自分の体、体調に合ったスローエクササイズを楽しみましょう.

筋肉は使わなければ退化します。

使うことで成長ホルモンが分泌され、自然治癒力も高まってきます

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

人はみな違う・執着を手放し焦らず1つ1つ丁寧に・・・

一生懸命やったのに、なおらない

がんはなおったのに、元気にならない

頑張りすぎた人、勉強家の人に起きやすいのです。

頑張り屋さんは、徹底します。

だから、○○はダメ、が多くなりがちです。

良いものをとり入れるという思考から、いつしか、生活の中の悪いもの探しに変わってしまうことも・・・

否定的になっていませんか?

生活が楽しめなくなっていませんか?

とらわれが強くなっていませんか?

勉強家の人はどんどん色んなものを吸収します。

治療家や療法に依存してしまいがちです。

がんをなすために毎日を生きている、そんなふうにもみえます。

自分の体が喜んでいますか?

自分の心がガチガチになっていませんか?

心や頭にゆとり(空間)が残っていますか?

執着が強くなっていませんか?

もしかすると、気付かぬうちに自分で自分の体を縛っているかもしれません。

人はみんな違うのです。

心も体も、環境も成長の過程もぜんぶ違うのです。

細胞が違えば、なおす方法も違うのです。

価値観が違えば、ものごとも捉え方も違うのです。

すべての人に当てはまる療法などないのです。

自分の体は、自分が一番知っています。

だから、自分の体の声をしっかりと聴く

がんなおしは、生き方なおし

愚かな自分に気付き、反省することは必要

気付いたら

柔軟な思考で、楽しんで生きる

また愚かさに気付いたら修正する

そして柔軟な思考で、楽しんで生きる

小さな修正を繰り返し、変化していくものです。

執着を手放し、焦らず、1つ1つ丁寧に・・・

そのためには、心の空間(ゆとり)をとっておいてくださいね!

がんをなおした人たちの生き方(抗がん剤・放射線・手術だけに頼らない)

がんは血液の汚れ・だから血液をキレイにする

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

~ 自分の大切な体だから ~

『酵素・ミネラルが豊富なプロポリス』 こちらから

https://www.qualitypro.jp/health-food/

明るい未来に向けて・・・女性の味方/クオリティ・プロ

プロポリス活用法・お問い合わせは

☎0869-92-4631  (8時~20時 土日祝も受け付けております)

混み合う時間帯:18時~20時

※混み合っている場合は、こちらから折り返しお電話させていただきます。

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)