生命エネルギーを入れるのも切るのも自分

ガンと聞いて恐怖を感じない人はいないでしょう。

なぜなら、それは私たちのなかで、【ガン=死】 であると潜在意識にしっかりと刻み込まれているからです。

そして、余命宣告を受けたり、もう出来る治療は何もないと言われると、誰でも心が折れそうになります。

余命が脳に記憶されてしまい、カウントが始まります。

本当に余命通りでいいのでしょうか?

本当にこのままでいいのでしょうか?

このような強いストレスは、またガンに大きな影響を与えてしまいます。

限られた命をどう生きるのか・・・

今までガンに囚われ、ガンをなおすことにエネルギーを使っていまんでしたか?

一度、がんというものから執着を手放してみてはどうでしょう。

時間を豊かなものにする

限られた時間ならば、喜びを感じる生き方をしてみませんか?

喜びは、生命エネルギーにスイッチを入れます。

スイッチを入れるのも自分・切るのも自分です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんの原因は自分にあることを自覚する

ガンなおしで一番大切なことは、食事療法でもなく、運動療法でもありません。

ガンが出来たのは、自分に原因があると自覚することです。

ガン家系だから・・・そんなことを言っている間はガンはなおりません。

なおらない、なおらない、と嘆いている人もなおりません。

自分に原因があるから、なおらないのです。

誰のせいでもなく、なおらないのは自分に原因があるということをしっかりと見つめることは大事ですね。

その治療を選択したのも自分

それも自分の責任です。

食事療法に毎日励んできたけど、転移をしてしまった・・・と相談してこられた方がいます。

毎日笑ってますか・・・? とおたずねすると、笑うことを忘れていたと言われました。

その方にとって食事は、ガンをなおすためのものであり、感謝して頂くことなど忘れていたそうです。

どんなに完璧な食事をしても、毎日しかめっ面をしていては、ガンはなおらないですね。

ここにもなおらない原因があったわけです。

また、健康食品でガンがなおった、温熱療法でガンが消えた

ここに興味を持たれますが、ガンを克服した人たちは、決してこれだけでガンをなおした訳ではありません。

愚かな自分を見つめ、覚悟をもって自助努力に励んでいます。

ガンという塊をつくったのは自分

だから自分でなおすしかないことを覚悟して取り組んでいます。

そして、生きていること、今ここのいることに心から感謝をしています。

私たちは、決してひとりではなく、ご先祖様をはじめ、多くの人に守られ支えられて生きています。

感謝することは数えきれないほどあります。

心から感謝を持てたとき、恐怖心や不安は自然と薄れていきます。

ひとつでも多くの喜びを見つけ、『ありがとう』 をたくさん言ってみませんか?

『ありがとう』 は感情のなかの最高峰です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

瞑想と呼吸法で細胞の活性化

私たちは、無意識に息をしています。

自分の呼吸が深いか、浅いかはなかなか気付くこともないでしょう。

ストレスがかかっていると、交感神経が優位になり知らず知らずのうちに浅い呼吸になっている可能性があります。

悩みごと、ストレスを抱えていると、顔色も悪く、血流の悪さがうかがえ、低酸素状態をつくっています。

これは、ガン細胞が増殖する原因です。

ガンは、酸素が不足すると増殖します。

人間は、恒温動物であり生きていくためには一定の酸素と体温が必要です。

私たちの呼吸によって、体の中の60兆個の細胞も呼吸をしています。

細胞にも酸素が届けられ活性化することで、健康が守れているのです。

酸素をしっかり取り込むには、副交感神経を上手に使って生きることです。

1日1回 瞑想しながらしっかりと酸素を取り込む呼吸を意識的にしてみると良いでしょう。

リラクッスして、目を閉じ、口からゆっくり息を吐き出します。

副交感神経を優位にしていきます。

自分のなかの悪いものが抜け出ていくようなイメージを描きながら、出来るだけゆっくりと長く吐きます。

吐き出したら今度は、なりたい自分をイメージしながら鼻でゆっくりと息を吸い込みます。

胸にしっかりと空気が入っていくことを意識していきます。

心のなかで、ありがとうを唱えるといいでしょう。

瞑想は、無理に無になる必要はありません。

なりたい自分をしっかりイメージして、自分にコミットメンとすることで、現実の自分の行動を変えていきます。

瞑想、呼吸法をすると体温が上がってきます。

朝は朝陽に向かい瞑想すると、エネルギーに満ち溢れた1日を過ごせます。

夜は、照明を少し落とした静かな落ち着いた空間でを活用すると副交感神経がしっかりと優位になっていきます。

心と体の毒だしにも瞑想や呼吸法は効果的です。

また、お休みの日は森林浴をなどを楽しみ、樹木の香り感じたり、新鮮な空気を取り入れるなど、癒し効果のある場所に身を置くことは非常に有用的になりますね。

リラックスすると、自然と酸素がしっかり入ってきます。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

生存率もとらえ方なの?

生存率・・・

 

がんになると、最も敏感になる言葉・・・


治る可能性を知りたいのも当然です。


可能性はどんな人にでもあると思います。

 

なぜなら・・・

➡生存率ゼロ%といわれた人が数年経った今もなお生きていたり

➡余命1週間といわれた人が、3年経った今、元気で暮らしていたり

 

人の命は計り知れません。

常識を超えることは数多く起きているのです・・・

 

そもそも常識とはいったいなんでしょう・・・

 

常識とは人間が決めたもので、数字に当てはめた常識など、当てはまらに人はたくさんいるのです。

 

がんは、人がつくった常識です。

自分の価値観を変えた人が治っています。

 

確率や可能性を求め、常識にあてはめている間は、残念ながら難しいのです。

80%の生存率と言われても、5人に1人は亡くなっています。


自分がどちらに当てはまるかなど

誰にもわかりません・・・


おごってもいけません。

そして、絶望することもないのです。

 

大切なことは、確率や可能性ではありません。

自分ががんを治す意識を持つこと

そして、行動するか・しないかです。

 

自分でなおる可能性をあげていく


対策に取り組んでいる人、いない人

当然、治る確率・生存率は変わってきます。

 

だから、他人の統計に振り回される必要はないのです。


確率を変えるのは自分自身です。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

克服、成功するためには、克服、成功した人をお手本に・・・

克服、成功した人は、自分の直感を信じた人

克服、成功した人は、なおった自分、成功した自分を常にイメージしている人

克服、成功した人は、信念が人生を変えることを知っている人

全ては自分自身

克服、成功するためには、克服、成功した人をお手本に・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治しは家庭治し

心が体をつくります。

病気は、ライフスタイルの警告

このすべては、家庭生活からつくられています。

生活のなかで楽しみや喜びを感じることが大切です。

愛し合い、認め合う父と母の間に生まれた子は、多くの祝福を受け、愛され認められ、心身共に健全な成長をします。

人が愛し合うことも、認め合うことも、その子どもにとっては当たり前のこと

社会に出ても、親と同じように人を愛し、認めていくことが出来ます。

そして、親となっていきます。

逆に、いがみ合い、けなし合う父と母の間に生まれた子は、孤独を感じ、悲観的で自分に自信が持てず、いつも寂しさと不安を抱えています。

社会に出ても、人間関係がうまくつくれなかったり、何より自分を愛すことが出来ない人になります。

そして、悲観的な思考癖が根付いてしまい、現実をつくってしまいます。

すべては、家庭です。

どんな人でも、毎日数千から数万のガン細胞が生まれてきています。

ガン細胞を退治してくれているナチュラルキラー細胞の働きが活発だと、ガンになりにくいとされています。

そして、ナチュラルキラー細胞を活性化するのは笑い

笑うと生成される神経ペプチドは、血液やリンパ液から流れ、ナチュラルキラー細胞にくっつき、ガン細胞だけでなく免疫に働きかけ、病気を防いでくれています。

真の健幸美の絶対的条件は、明るい家庭

病気をなおしは、家庭なおしから・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

前向きと後ろ向きでは生存率に差が出る

私たちの精神は、生命力をも動かしています。

心の状態は自律神経と繋がり、常に心と体が一体となり自然治癒力が働いています。

心が前向きであれば細胞も前向きになる

心が後ろ向きであれば細胞も後ろ向きになる

つまり、明朗快活であることが健康の秘訣であり、病気なおしのキーワードとなります。

不安、恐れ、妬み、自分勝手な思考が病気をつくります。

失敗を恐れ、一歩が出ない

失敗をすれば引きこもってしまう

後ろ向きになると、人に対しても恩を仇で返すような身勝手な行動をとってしまう

上手くいかなければ、人のせい、環境のせいにしてしまう

なおらない人に多いですね。

なおる人は、常に前向きで心の持ち方、ものごとの捉え方、生きるあり方を学ぼうとします。

心の持ち方が変われば、ものの見方が変わってきます。

ものごとの捉え方が変われば、行動が変わってきます。

そして、生きるということの本質が明確になってきます。

本質をとらえた生き方や行動が身につくと、自然と不安はなくなり、自然治癒力を最大限に活かせるようになるのです。

約1300人の被験者を15年間 追跡調査した結果 「自律性がない」「引きこもる性格」の群は約46パーセントがガンで死亡した

一方、「自立性がある」 「前向き」の群は0.6パーセントしかガンで死んでいない

その差は77倍というイギリスロンドン大学 アイゼンク名誉教授の研究報告です。

自分をコントロールして前向きに生きる人と、常に人に頼り、後ろ向きに生きている人とでは、これだけの大差が生まれてくるのです。

どんな人でも不安はあり、みんな不安を乗り越えようともがいています。

この不安を手放していくことは、他人には出来ません。

失敗も認め、受け入れる

認められない人は、前に進むことは出来ません。

認められた人は、前に進めるのです。

失敗をしても起き上がる

反省と切り替えを大切にすること

落ち込む時間、不安になる時間を少しでも短縮させることが、自然治癒力を高めます。

そして、しっかりと自分と向き合っていくことで必ず見えてくるものがあるのです。

明朗快活は、不安を吹き飛ばし、失敗を恐れない自分になります。

明るいガンなおしでありたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんに対する価値観が変われば生き方が変わる

不平不満、愚痴、恨み、妬み、泣き言の生き方は、心と体に塊をつくってしまいます。

この生き方がガンの道であり、塊がガンなのです。

ガンになった後も、同じ生き方をしていませんか?

人は自分にとって都合の悪いことが起きれば、落ち込んでしまいます。

ガンになって良かったと捉えられる人がどれだけいるでしょう。

しかし、これをマイナスとするか、プラスと捉えるかで人生が大きく変わってくるのです。

きちんと法則を知れば、ガンになって良かったと捉えることが出来るのです。

ガンは、全身の汚れを1ヵ所に集め塊となり、生命を守ってくれています。

塊にならなければ、全身の汚れで命を落としていたかもしれません。

ガンは、生きるために猶予を与えてくれているのです。

だから、ガンを恨むのは間違い

ガンは、感謝するべき存在なのです。

このようにガンに対する価値観が変われば、ガンになった後の生き方が変わってきます。

ところが私たちは、自分の思い通りにならなければ不足部分を要求してしまいます。

不足を要求し続けることは、不平不満となり負のスパイラルに陥りやすくなります。

そして、常に精神と調和をとっている体は大きなストレスを受けます。

しかし、このストレスも思考も自分がつくりだしたものである限り、自分が気付き変わるしかないのです。

自分の考えたこと、発した言葉、行動が自分に返ってきているのです。

角度を変えてみてみると、不足にしか見えなかったものも、足りていると気付くものもたくさんあります。

悪いことであっても、起きたことによって、気付かされることも多いはず

これで済んだからよかった、有り難い・・・と思うか、不平不満で終わってしまうか・・・

自分がどう捉えられるかで、発する言葉、行動が変わってきます。

そして、その言葉や行動が、自分の体に返ってくるのです。

ガンなおしは、常に心身が一体となり自然治癒力を高めていくこと鍵となります。

まずは、今ここに生きていることに感謝をしてみませんか?

この気持ちを忘れないことが、ガンなおしの大きな秘訣です。

小さなことでも有り難いと感じ、感謝することで正の連鎖を起こし、自然治癒力を高めていくのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん細胞を阿弥陀様のように思うこと

現代医学は、ガン細胞のことを、外界から入ってきたエイリアンのようにせん滅し叩き潰す思想です。

ガン細胞は自分の体の弱い部分よりももっと弱い細胞なんだから、自分の意思によって統制できるものなのです。

自分の体に入ったガン細胞は、阿弥陀様かエンジェルと考えれば、とてもおとなしくなります。

自分の敵にするのではなく、「味方」と考えればとても扱いやすくなると思います。

そういうやりかたで、多くの人が治っています。

以上 船瀬俊介氏ご著書 奇先生のお言葉を引用

素晴らしいお言葉だと思いませんか?

私は、ガンは阿弥陀様であり、自分の分身だと考えています。

自分の分身を攻撃したり、切り取ったりしたい人なんていません。

分身であるから、大切にしたいと考えます。

分身だけを治そうとしても、必ず無理がきます。

大元の体が汚れている状態では、また分身が汚れて苦しむことは目に見えています。

まずは、大元である自分の体からなおしていくことが先ですね。

大元の体が浄化されれば、分身もキレイになります。

大元の体が浄化されれば阿弥陀様も喜ばれます。

体を温めること

体が喜ぶ日本古来の食事をすること

体を癒す心を持つこと

体を冷やす生き方をしていませんか?

日本人の体に合わない食事をしていませんか?

不平不満、愚痴、恨み、悪口で心と体を苦しめる生き方をしていませんか?

血液がすべて生まれ変わるのに約90日

骨まで生まれ変わるのには約3年かかると言われます。

これを証明するかのように、韓国では

「病気になれば100日は熱心に自分を精進すれば治る」

と言われているそうです。

阿弥陀様は、必ず見ていらっしゃいます。

自分を信じて、精進することです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。

笑いとがん療法・ナチュラルキラー細胞活性化

『笑う門には福来る』

まさにその通りで、笑うといいことがたくさんおきます。

笑いは善い氣を引き寄せてくれます。

『笑いに勝る療法はなし』

笑うとアセチルコリンという物質を分泌し、リンパ球を増やします。

リンパ球が活性化されると、NK細胞が元気になりガン細胞をしっかりと退治してくれるのです。

笑いは心を和ませ、緊張もほぐし、血流を良くしてくれます。

血流が良くなると、NK細胞も血液の流れに乗って全身をくまなくパトロールしてくれます。

さらに良い効果が生まれますね。

笑いは副交感神経を優位にし、リンパ球を増やす。

副交感神経が働かなければリンパ球が減り、顆粒球が増えます。

交感神経過剰は、組織破壊を起こし、さらに免疫は下げてしまいます。

交感神経優位になっている状態を脱出するためには

笑うことです!!

たとえ、笑えることがなくても、笑顔です。

出来てますか? 笑顔を忘れがちです。

自分から少し離れたところから自分を見てみる

癌が治りそうな生き方をしていますか?

笑いのない生活は、負を引き寄せやすくなります。

常に俯瞰することです。

渦中にいると見えていないことがたくさんです。

いつもと見る位置、目線を変えてみると見えないものも見えてきます。

今日は空からいつもの街を見てみました。

まさに俯瞰です。

空から見る景色は、いつもと違うものが見えます。

小さな世界で生きてることを感じます。

常に自分の行動を上から見てみる

空から見ているような感覚で、自分の行動を見てみることが重要です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)