人に答えを求めるのはがんの道

「治る確立が高い方を選びたい」

ガンになり、療法に悩んでいる方からそんな言葉をよく聞きます。

これがガンになった原因でもあるのです。

人に答えを求めてしまったり、委ねてしまう人

本当にそれでなおるのでしょうか。

人間の体に対して、他人が治せると言い切れるものはありません。

なおると言い切れるのは、体の声を聞ける自分自身だけです。

科学的根拠があるものでも、絶対という言葉はないでしょう・・・

人は、体、心、性格、体力、環境、生き方、細胞まですべて違います。

だから、確率など数字ほどあてにならないものはありません。

同じ病気でも、同じ治療をしても結果はみんな違います。

生存率がひと桁であった人でも克服している人もいます。

初期であっても命を落とす人もいます。

良いも悪いも、すべての可能性も秘めているのです。

結果は誰にも分からないことです。

大事なことは、自分の意思と責任です。

そして自分自身が、何を大切にしたいのかで選ぶ道も変わってきます。

本気でなおしたければ、もう一度、自分自身と向きうことです。

すると、おのずと自分が選ぶ療法が見えてくるのではないでしょうか・・・

人に答えを求めること、委ねること自体が、ガンの道

ガンは自分の生き方がつくった病です。

自分自身の愚かさに気付き、自分の直感を信じる

そして、コツコツと実践するのみです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ぶれない信念と自助努力が自然治癒力を高める

1年前ガン宣告を受け、手術、放射線治療経を経て再発、今は耐えがたい痛みと闘っていらっしゃる方がいます。

あのとき、ちゃんとしておけば・・・自分が甘かった、と言われたのがとても印象的でした。

手術をして、放射線をしたらもう大丈夫!と思っていたそうです。

そして、時間がない、お金がないを理由にしてきた結果だと言われました。

自分のために時間やお金を使うことが勿体なかったそうです。

手術や放射線でガンは消滅すると簡単に思っていたことも今となっては愚かだったと気付かれたそうです。

再発は、最初の宣告より大きな心の傷となり、不安も増してきます。

私たちの肉体は常に精神と調和をとっています。

心と体は繋がっていますから、心が崩れると体も弱っていきます。

病気をなおすには、まずは心を整えることから

肉体と精神の調和が健康を意味するように、常に心身一体となり自然治癒力を高めていくのです。

不安は、自然治癒力を下げていきます。

そして、ぶれる心は治癒への道を遠ざけてしまいます。

自分を信じて、決めたことをコツコツと続けることが大切です。

ころころと気持ちが変わってしまう人、途中で止めてしまう人は、結果に結びつきにくい人です。

ぶれない信念とコツコツの自助努力が、自然治癒力を高めていくのです。

生命の根源は、自然治癒力という働きから成り立っていることを大切に考えていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

オクラは夏野菜の中の優れもの

夏のお野菜だと知らない方も多いくらい、今は1年を通していつでも手に入るオクラ

オクラが露地栽培できるのは、6月から8月あたりですね!

オクラといえば、あのネバネバが特徴です。

オクラのネバネバには、ガラクタン、アラバン、ペクチン、といった水溶性食物繊維がたっぷり

水溶性食物繊維は、整腸作用を促すので便秘の方やガン予防にはいいですね!

そして、有り難いのが、オクラに含まれるβカロテンは、なんとレタスの3~4倍もあり、抗ガン作用を有すると言われています

ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・カルシウム・カリウム・マグネシウムなど、多くの有用成分をを含むオクラは、万能野菜といってもいいですね

免疫力をアップさせる効果もあり、夏のお野菜なかでもオクラはなかなかの優れものです

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

信念が夢を現実にする

女性として思うこと

キレイでありたい

家庭と仕事をしっかりと両立させたい

エネルギッシュに活動したい

母として、妻として、ひとりの女性として美しくありたい

例え、ガンであっても、病気であっても今までと変わらず

いえ、今まで以上に もっともっと元気に、そして自分を磨きたい

そんな私の想いに共感してくださった女性がたくさんいます

『もう一度、着物をきて仕事をしたい』 といってお電話を下さった方

当時の彼女の心のうちは、苦しく、すがるような思いだったでしょう。

あれから一年

着物をきて、生き生きとお仕事をされています

その姿は本当に美しいです

誰がこの方を見て病気と思うでしょうか・・・

彼女は心の持ち方を変え、プロポリスを愛し、今、夢を現実にしています

誰かに喜んで頂くために働く姿って本当に素敵です

これがまた、彼女の生命力にスイッチを入れ、毎日の活力になっているのでしょうね

彼女は私にいつも「みづほさんと出逢ったおかげで」 と言ってくださいます。

有り難いお言葉ですが、でもこれは彼女の信念と習慣があったからできたこと

私は、最初の一歩をお手伝いしただけ

彼女が生き生きと働く姿は、私にとっても大きな活力なのです

人の喜びは、我が喜びですね

彼女のような方が、もっともっと増えることを願っています

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

前向きと後ろ向きでは生存率に差が出る

私たちの精神は、生命力をも動かしています。

心の状態は自律神経と繋がり、常に心と体が一体となり自然治癒力が働いています。

心が前向きであれば細胞も前向きになる

心が後ろ向きであれば細胞も後ろ向きになる

つまり、明朗快活であることが健康の秘訣であり、病気なおしのキーワードとなります。

不安、恐れ、妬み、自分勝手な思考が病気をつくります。

失敗を恐れ、一歩が出ない

失敗をすれば引きこもってしまう

後ろ向きになると、人に対しても恩を仇で返すような身勝手な行動をとってしまう

上手くいかなければ、人のせい、環境のせいにしてしまう

なおらない人に多いですね。

なおる人は、常に前向きで心の持ち方、ものごとの捉え方、生きるあり方を学ぼうとします。

心の持ち方が変われば、ものの見方が変わってきます。

ものごとの捉え方が変われば、行動が変わってきます。

そして、生きるということの本質が明確になってきます。

本質をとらえた生き方や行動が身につくと、自然と不安はなくなり、自然治癒力を最大限に活かせるようになるのです。

約1300人の被験者を15年間 追跡調査した結果 「自律性がない」「引きこもる性格」の群は約46パーセントがガンで死亡した

一方、「自立性がある」 「前向き」の群は0.6パーセントしかガンで死んでいない

その差は77倍というイギリスロンドン大学 アイゼンク名誉教授の研究報告です。

自分をコントロールして前向きに生きる人と、常に人に頼り、後ろ向きに生きている人とでは、これだけの大差が生まれてくるのです。

どんな人でも不安はあり、みんな不安を乗り越えようともがいています。

この不安を手放していくことは、他人には出来ません。

失敗も認め、受け入れる

認められない人は、前に進むことは出来ません。

認められた人は、前に進めるのです。

失敗をしても起き上がる

反省と切り替えを大切にすること

落ち込む時間、不安になる時間を少しでも短縮させることが、自然治癒力を高めます。

そして、しっかりと自分と向き合っていくことで必ず見えてくるものがあるのです。

明朗快活は、不安を吹き飛ばし、失敗を恐れない自分になります。

明るいガンなおしでありたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

気づかぬところに遺伝子組み換えが使われている

遺伝子組み換えが体に良くないことは、今や誰でも知っている事実ですね

遺伝子組み換えのものは買わない、と言われる方がほとんどでしょう。

しかし、気付かないうちに食べているかもしれませんよ

スナック菓子・油など安全ですか?

『遺伝子組み換えコーンで、ネズミに巨大腫瘍・・・!』

ゴルフボール大の腫瘍が複数、ネズミに発生しています。

フランスのカーン大学研究チームが解明した遺伝子組み換えコーンの決定的発ガン性です。

200匹のマウスを用いて飼育実験でメス群50~80%に巨大腫瘍が出現したのです。

~いのちのガイドブック 新医学宣言より~

気付かないところで、子ども達に食べさせていたら大変ですね

スナック菓子など必要のないものは、摂らないことが一番ですね

出来る限り安心なものを・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

食べ過ぎとがんの関係

お休みが続くと楽しさのあまり、ついつい食べ過ぎたりしますね。

楽しさの反面、いつものリズムが狂うことで、体の弱いところに不調が出たりします。

特に、食事や運動、睡眠時間など生活を見直されてきた方

長いお休みで、外食が続いたり、運動不足になったり、夜更かししたり、逆に寝すぎたり・・・

少し体調に変化を感じていませんか?

リズムを狂わすことで体の不調を感じられるということは、日々の生活スタイルが自分にとっては良いスタイルであるとも言えます。

リズムを狂わすことは、決して良いこととは言えません。

しかし、自分にとって、体調の良い食事、生活スタイルが再確認が出来るきっかけには大いになるでしょう。

また、暴飲暴食によって吹き出物、アレルギー、下痢などの症状が出ていませんか?

これは、人間の免疫システムが働いているからこそ起きる症状のひとつです。

私たちの体は、免疫が働き、外からの細菌やウイルスから体を守ってくれています。

また、体内に入ってきた異物からも守る働きをしてくれています。

食べ過ぎると、食べ物ですら異物と判断され、異物を体外に出そう出そうとする体の防御反応が働きます。

この反応は、体を守ってくれるための反応だと捉えれば、本当に有り難いことです。

体のメカニズムと自分自身の体の反応の本当の意味に気付くことで、自分にあったガン治しが見つけらます。

体に合う物、合わない物は人それぞれ違いますが、食べ過ぎは病気をつくります

食べ過ぎが関係するのは生活習慣病だけだと思っていませんか

「なぜ、食べ過ぎがガンと関係するのか・・・」

食べ過ぎは体の免疫を下げ、酵素の働きも低下させてしまいます。

酵素は、食べたものを消化するときにも使われています。

また酵素は、ガン細胞など、細胞の修復を助けてくれます。

消化の方で酵素を無駄使いをしてしまうと、少ない酵素では正常な修復が出来なくなります。

そして、何より食べるということは自分が思う以上にエネルギーを使っています。

消化にエネルギーを使うと、体の悪いところを修復しようとする自然治癒力にエネルギーがまわせなくなり、回復が遅れてしまうこともあります。

食べ過ぎは、胃腸に負担をかけるだけでなく、このようなところでも影響を与えているのです。

心身共にキレイになるには、やはり少食です。

心豊かに美しく生き生きと輝くガン治し

心身共に、魅力的な女性を目指していきたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自分で軽減?がん治療の副作用

日本には130万人を超えるガン患者がいるといわれています。


突然、がんを宣告され、準備も出来ず、知識もない状態で治療が開始されます。


壮絶な副作用で衰弱してしまい、苦しい治療の末、亡くなる人が後を絶たないのは悲しい今の現実です。


副作用がつきまとう・・・

この副作用から自分の体を守れるのは自分しかいません。


【毒をもって毒を制す】


これが、がん治療の現状、だから、副作用は仕方ないと諦めてはいませんか?


副作用で苦しまないように、「自分で軽減する」

そこに、意識を向けることが重要です。


抗がん剤の副作用でお困りの方からのご相談はとても多いです。


入れた毒は出す。

排毒が重要です。


自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

 

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

白湯で内臓温度を上げる

内臓が冷えれば内臓機能が低下し、免疫力が下がり、様々な病気を引き起こしやすくなります。

特に胃ガン、大腸ガンは注意です。

ガン細胞は35度台の低体温を好みます。

ガン細胞にとって居心地の良い環境を作っていませんか?

体温が1度下がると免疫力は30%低下します。

逆に体温が1度上がると免疫力は5倍から6倍になります。

ガン細胞を増やさない、病気をつくらない、疲れない体を維持するには体温が大切になります。

体温を上げる方法はいろいろとあります。

特に内臓の温度を上げるには、白湯

白湯は消化に負担をかけず、内臓を温めてくれます。

白湯は、血液の流れを促し、代謝をアップさせるので体温は自然と上がってきます。

免疫力のアップにとても良い飲み物ですね。

排毒機能を高め、特に女性にとって、冷え症や浮腫み、便秘の改善にも効果的

内臓が温まることで、胃腸の働きも活性化され、消化や分解が促され老廃物の排泄もスムーズになります。

特に朝起きて一番最初に飲む白湯は、排毒効果がとても優れています。

白湯で内臓を温め、代謝を上げて、余分なものは出す

まずは、朝起きたら、ひとつまみの自然塩を入れた白湯をおススメします。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

カビに注意

ダニとともにカビがアレルギーを引き起こす最大の起因すると言われております。

アレルゲンの90%以上を占めています。

カビは結露などによって住宅内に繁殖します。

風邪や疲労などで免疫が低下している状況は、真菌への感染のリスクは高まります。

カビで恐ろしいのが真菌症です。

真菌症とはカビが人間の皮膚や体内に住み着き増殖することで起きる症状を真菌症を言います。

脳腫瘍と診断されたにも関わらず、実はカビ菌が肺に繁殖し血液を通じ脳に転移して亡くなる人もいます。

こういった症状の方は、脳にボコボコと穴が開いており、穴の中に溜まったゼリー状液を調べてみるとカビが脳で増殖していることがあるそうです。

たかがカビ、されどカビ・・・

これからは結露が気になる季節です

換気をしっかりしていきたいですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)