習慣が心と体をつくる

【今日の心の持ち方】

毎日の習慣が、心と体をつくります。

絶えず習慣を強化していく人が克服できる人

習慣には大きな大きな力があり

そして、念があるのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

お乳と心の関係

女性の象徴ともいえる乳房

女性ホルモンの感受性がある乳房

乳房は常にホルモンの影響を受けています。

卵巣ホルモンであるエストロゲンと黄体ホルモンであるプロゲステロン

この2種類のホルモンの量によって乳房も変化をしています。

また、女性の乳房は、生理前には大きくなり、生理後には小さくなります。

張りや大きさの違い、痛みなど 感じたことありますよね?

大きさでいえば20%も増量するという文献もあります。

排卵後に分泌される女性ホルモンであるプロゲステロンが、排卵から約7日後あたりにピークを迎えます。

このプロゲステロンが乳腺に働きかけることで乳房は大きくなります。

実は、この乳房の増量は、乳房の浮腫みなのです。

プロゲステロンは水分を体内に溜め込む性質があり、乳腺と乳腺の間に水分を溜め込んでいるのです。

だから胸の張りが出たとか、大きくなったと感じるのです。

そして生理を迎えるとその水分は経血と共に排出され、乳房が小さくなるのです。

このように乳房は常にホルモンの影響を受け、子宮や卵巣と繋がっているのです。

女性は子宮でものを考える、などと言われるように心配ごとやショックがあると子宮がきゅんとします。

子宮と繋がっている乳房も影響を受けています。

右のお乳と左のお乳

女性は、幼少期の親との関係、夫婦の関係など、家族間の悩みを抱えている人が多いのです。

右の乳房の異変は家庭の悩み

左の乳房の異変は仕事の悩み

心理的ストレスに影響され乳房に異変が生じます。

お乳に出た症状は、心の表れ

つらいことをたくさん抱えてきたのではないでしょうか・・・

心の冷えは、乳房の冷え

そんな自分を知り、受け入れ、今があることに感謝して、心を温め乳房も温めてあげたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

追いつめられたとき人は変われる・がんをなおす生き方

【今日の心の持ち方】

追いつめられたとき

人は成長します。

追いつめられたとき

人は生きる知恵を出します。

追いつめられたとき

人は本物となります。

だから苦難を避けず、危機に立ち向かう心を養っていく

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

体に悪いことは避け、体にいいことで癌を癒す

体を傷めていることに気付いた、と卵巣がんの方が言われました。

抗がん剤の副作用で髪の毛が抜け、爪が黒くなり、抗がん剤は怖さは怖いと感じていた

だけど・・・癌を治すためには仕方ないと思っていたそうです。

こんな方は本当に多いですね。

浮腫みはひどく、腎機能、肝機能はどんどん低下し、体を動かすことがとてもしんどくなってきたそうです。

体に痛みも出てきたことで、さらに不安は増してきたとのこと

先日、転移を告げられ、はたと気付いたそうです。

そして、抗がん剤はやめると決心し、抗がん剤に変わるものを探していたそうです。

体に悪いと思いながらも、やめることは出来なかった・・・

抗がん剤に限らず、自分で納得できていないことは、体にとって決していいものではないのです。

がんの原因であるストレスが強くなるだけ

ですが・・・悪いという人がいても、自分がいいと思う人はすればいい

自分にとってよいか、悪いかです。

癌は不自然な生き方によって心身にストレスがかかったために出来たもの

元々は健康な正常な細胞だったわけです。

だから、体が喜ぶこと、体にいいことをすれば、おのずと癌は消えていきます。

癌だって自分の大切な細胞のひとつ

癌細胞は攻撃するのではなく、元の正常細胞の戻してあげれるといいですね。

こうすることで生命力を削ることなく、免疫力を守りながら癌を消していくことが出来ます。

健康な正常細胞に戻すには、体が喜ぶことをすることです。

バランスのとれた栄養で、体温を上げ、前向きな心で明るく過ごすことで体は喜びます。

必要な栄養が摂れれば、血流が良くなり、体温が上がります。

前向きな明るい心は、全身に酸素をしっかりと運んでくれます。

癌が消える環境をつくっていくことが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自分の弱さに気付き見つめる

【今日の心の持ち方】

頑張ろう!と思ったのに出来ない自分

自己嫌悪に陥ってしまう自分

出来ない自分を否定してしまうより

自分の弱さを見つめながら生きる方が大事

自分の弱さに気付き、見つめられたとき、人は成長できるのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

再発転移を繰り返すのはなぜ?

抗がん剤をやめたい、抗がん剤をやめた・・・よく聞きます。

ステージⅠa の子宮頸がんだったHさん

全摘後、6ヶ月後 再発 ➡ 抗がん剤開始

抗がん剤終了~4ヶ月後、大腸への転移が見つかった ➡ 抗がん剤再開 

肝臓への転移が確認されたそうです。

たった数ヶ月の間に、癌は次々と広がりました。

抗がん剤治療の副作用は日常の生活にも影響を与えていたそうです。

脱毛、食事が出来ない、下痢、急激な筋力低下、筋肉の痛みなどで、起きれない日もあったようです。

ある日、船瀬俊介さんの本を目にして、愕然としたそうです。

抗ガン剤は、造血機能を破壊する?

白血球の中のナチュラルキラー細胞や免疫細胞も破壊する?

白血球が破壊されるということは・・・?

抗がん剤が怖くなったそうです。

そして癌細胞は抗がん剤により、約100日ほどで耐性を獲得します。

1985年にアメリカ国立ガン研究所(NCI)デヴュタ所長がこれに気付き『抗ガン剤は無力である』 と米議会で発表しています。

以下、船瀬俊介氏の記事より一部抜粋します。

「抗がん剤は無力」  というデヴュタ証言 

実は、抗がん剤が有害無益であることは、海外ではとっくの昔に常識となっている。
1985年、米国立がん研究所(NCI)のデヴュタ所長が、米議会でこんな衝撃的な証言をした。「抗がん剤による化学療法は無力だ」というショッキングな内容だ。デヴュタ所長の証言はこうだ。
「抗がん剤を投与すると、一部の患者には腫瘍縮小がみられる。
しかし、がん細胞は自らの遺伝子を変化させ、たちまち抗がん剤の毒性に耐性を獲得してしまう。だから抗がん剤はがん細胞に対してまったく効力を失う。がん患者はただ、抗がん剤の毒性をこうむるのみだ。私は深く絶望している」
これは、害虫が農薬に対して耐性を獲得する現象とまったく同じだ。

デヴュタ所長は、がん細胞が耐性獲得する遺伝子を「アンチ・ドラッグ・ジーン」(ADG:反抗がん剤遺伝子)と命名している。
 NCIはアメリカ政府の最も権威のあるがん研究機関だ。その最高責任者が「抗がん剤は無力だ」と、議会という公の場で認めたのだ。

*******************************************

始めてこれを知ったとき、私も大きな衝撃を受けました。

抗がん剤を投与すると一部の患者さんに腫瘍縮小はみられる

しかし、がん細胞は抗がん剤の毒性に対して、たちまち遺伝子を変化させ、その毒性を無力化にしてしまう

抗がん剤に勝った癌細胞は、再発転移をします。

そして今度は種類を変えて、また抗がん剤を投与します。

その度に癌細胞も力を増し、狂暴化してしまう

その間に、宿主の体力、、免疫力は奪われ、生きる気力すら薄れていく・・・

それに気付いた彼女は、温熱や健康食品を使い、抗がん剤で溜まった毒素の排出に励んでいます。

そして、最近は抗がん剤の副作用もやっとなくなり、落ちた体力を回復させながら、今はがんを癒す生活を送られています。

Hさんのご健康を心からお祈りいたします。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

余分なものは捨てる

【今日の心の持ち方】

いっぱいになった頭と心には何も入りません。

余分なものは捨て

頭に空間をつくる

心に空間をつくる

凝り固まったものを捨て、新鮮な風を入れてみる

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治療の不安

がん治療の不安

悩み、迷い、悶々とした気持ちで過ごしている人も少なくないと思います。

その理由の多くは抗がん剤への不安のようです。

多くの人が、治療の副作用で亡くなっていると聞けば、当然怖くなります。

実は癌そのもので亡くなる人は少なく、ほとんどの人が感染症や敗血症など、他の症状で亡くなっていると知り、私も怖くなったのを覚えています。

抗がん剤多投与グループほど短命(米東海岸リポート)

この報告にもショックを受けました。

これは治療によって、免疫機能が削ぎ落された結果ですね・・・

抗がん剤の毒性は、がん細胞だけでなく患者さんの全身細胞を攻撃します。

脱毛、嘔吐、倦怠感、下痢・・・

これらは表面に出てきた症状です。

これら以上に、自分でも気付かないことが、体のなかで起きています。

がんなおしに必要なNK細胞などの免疫細胞たちも、抗がん剤によって攻撃されています。

その結果、起きるのが二次発がんや感染症です。

免疫機能を失った体は、様々なウイルスや菌に感染してしまうのです。

通常なら自分の免疫力で跳ね返すことの出来る菌であっても、感染してしまうのです。

免疫細胞が激減した体は、ウイルスや菌と闘う力はなく、肺炎など重い症状を起こしてしまいます。

「癌を叩く」 と表現される抗がん剤

叩いているのは癌細胞だけでなく、自分の体も叩いてしまっていることを頭に入れておく必要がありますね。

免疫力を削ぎ落とさないよう、自分で自分の体を守る

せっかく頂いた命を縮めないよう、切に願っています。

自分の命は自分で守る

しっかりとした栄養成分で、体を温め、おおらかな心で過ごすことが、癌を治す近道です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

人生を決定づけるもの

【今日の心の持ち方】

克服・成功をした人は、

常にポジティブな言葉を使い

自己イメージが高い

イメージトレーニングに励み

ビジョンを現実にします。

自己イメージは人生を決定づけるものになるのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんをなおす揺るぎない信念

がんをなおすには、自分を信ずる心が必要です。

私たち人間には持ち備えた治癒力があります。

この治癒力は生活や心のあり方で発揮出来るか、出来ないか決まってきます。

揺るぎない信念は、大きく強いエネルギーを生み出し、がんがなおる現実をつくっていきます。

念ずること、心に描いたことが現実となるのです。

なおらないかも・・・ 本当になおるのか・・・ 再発するかも・・・ とわずかでも心に描くとその現実を起こしてしまいます。

がんはなおる、と信じ切ること

成就したとして念ずることが大切です。

がんを克服した人、末期がんが消えた人たちは、奇跡的なことと感じるかもしれません。

これは、実は起こるべくして起きた結果なのです。

偶然ではなく必然的なのです。

あの人はなおったけど、私は無理かも・・・と思えば、なおらない

これで本当になおるの・・・?と思えば、なおらないのです。

私は大丈夫、必ずなおる!と信じ続けること

そして信じ続けるためには、日々の努力が必要です。

淡々と黙々と自助努力を重ねることによって、さらに信念は揺るぎないものになっていくのです。

がんなおしにとって一番の敵は、ぶれる心です。

結果を急ぐが故に、療法をころころと変えてしまう人

人の意見や情報に振り回される人

何をやっても続かない人は結果が出せないのです。

焦らないこと

焦れば焦るだけ心はブレてきます。

自分が直感で感じたことをやり続けること

念ずる心は、物にも伝わります。

がん患者さんの多くが飲んでいる健康食品も、念じて飲むことで結果を出してくれるのです。

逆に、本当になおるの?と疑いを持って飲むと、どんなに良い健康食品であっても効果は表れないのです。

がんが小さくなるイメージを描きながら、感謝して摂るといいですね。

私もがんになったとき、プロポリスに思いを込め、必ずなおる、と念じながら

そして、私はプロポリスのおかげでがんがなおった、ありがとう、と感謝しながら、とり続けました。

物にも念ずる心は伝わります。

一途に念ずる心は、強いエネルギーを発し、波動を高めます。

念ずる心は、どんな人もみんな平等に与えられています。

それを生かすか、生かさないか

がんを克服する人たちは、根拠のない自信をもっています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)