酸素をとり込み氣を上げる・がんをなおす生き方

私たち人間の体は氣が滞り血液の流れが悪くなると 「氣滞瘀血」 という状態がおきます。

この状態が続くと癌をはじめとした病気が起きてしまいます。

生命の根源である『氣』

氣が体の活動・生命エネルギーになっています。

だから病気になってしまった時は、氣滞瘀血を解消しない限り快方へは向かいません。

そもそも氣滞瘀血はなぜ起きるのでしょう・・・

それは、ストレスや過労、冷え、酸素や栄養の不足などです。

強いストレスが続くと、血液中の酸素が不足します。

酸素が不足すると冷えが起きます。

酸素が不足すると、カロリーを栄養に変えることが出来なくなります。

酸素不足は癌が住みやすい環境をつくってしまいます。

酸素をしっかりと取り込んでいくには、腹式呼吸が最も効果的

同時に心と体のバランスをとっていくために、呼吸で自律神経を整えていくと良いでしょう。

口からゆっくり息を吐き出すときには、自分のなかの悪いものをすべて吐き出すつもりで、出来るだけゆっくりと細く長く吐きます。

これが、副交感神経を優位にしていきます。

息を吸い込むときは、鼻からお腹にしっかりと空気を落としていきます。

このとき、交感神経が優位になります。

そして自分の望みは成就したものとイメージします。

ここで絶対に忘れてはいけないことは、感謝の気持ちです。

心のなかで 『ありがとうございます』 を唱え、良い氣を流していきましょう。

自分の体だけでなく、自分が居る場所の氣もあげていくことが大切です。

空気がキレイな早朝、窓を開け、朝陽のエネルギーをとり入れ、キレイな環境で氣をあげていきましょう。

バランスのとれた栄養と、体を温め、明るく前向きな心が、がんを治すのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

放射能と増え続けるがん

放射能によるガンが心配されています。

放射能と言えば、甲状腺ガン、白血病と思いがちですが、リンパ腫や乳ガンなど、また精神病にも影響をもたらすと言われています。

原発事故以降、発表された急性白血病は、7000件から16000件までこの数年間で跳ね上がっています。

放射能は5年後から急激に病気を増やすことがわかっています。

今がその時期に入ってきているのではないでしょうか・・・

特に、茨城、千葉、東京、埼玉からのお問い合わせやご相談がこの5年間で急激に増えています。

目に見えない放射能を甘くみると取り返しのつかないことになります。

低線量が実は一番怖ろしいことも知らず、毎日、浴び続けているわけです。

また、放射能は怖いといいながらも、検診で自ら放射線を浴び、ガンになれば放射線治療を受ける・・・

不思議な話ですが、日本のガンの1割が放射線の検査による発ガンであろうと言われています。

ガンを防ぐには、自ら体内に放射能を入れないこと

入ってしまった放射能はできる限り体外へ出すこと

このような努力が絶対に必要です。

放射能問題は他人ごとと思っていませんか?

放射能を除去出来るのは、抗酸化物質です。

生味噌などの抗酸化食品を毎日摂られることをおススメします。

また、お仕事の都合などで毎日摂ることが出来ない人は、健康食品など有効に活用されることをおススメします。

自分の体は自分で守るしかありません。

子どもたちの体を守ってあげれるのは親しかありません。

関東でもこれからガン発症が急激に増えることは予測されています。

食事など気をつけ、積極的に予防されることが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

電磁波が、がんを促進させる

私たちは多くの電磁波のなかで生活しています。

この電磁波が、血清内のガン細胞が増殖したという報告もあります。

電磁波の代表的なものは、どこの家庭にもある電子レンジ

電子レンジが強い電磁波を発生させ、体に良くないことは多くの方が知っていると思います。

しかし、どの程度なのか、また何に影響するのかは意外と知らない人も・・・

「電子レンジで調理された食品のタンパク質は、L型アミノ酸が自然界にはないD型アミノ酸に変化しており、代謝不可能となっている。それが原因となり、きわめて有害な活性酸素の発生が促進される。」

天才学者ライナス・ポーリング博士より

電子レンジで温めると、食べ物の化学変化が起き、リンパ組織内にの機能不全が起きるなど、免疫能力を低下が起こると言われています。

マイクロ波を浴びると食べ物の栄養価は著しく減ることが研究結果としてあげられています。

また、電子レンジで調理された物を食べた人は、末梢細胞組織の変質や消化機能や排泄機能が悪く、統計学的に胃がんや腸がんなりやすいと出ているそうです。

異常な活性酸素が発生すれば、ガン細胞が増殖するのは当然のこと

ガン治療をしながら、食事を電子レンジで温めていませんか?

あるガンの方から、電子レンジが動いているそばに近づくと、腫瘍が痛むと聞いたことがあります。

電子レンジだけでなく、強い電磁波を出すものはたくさんあります。

携帯電話、IHクッキングヒーター、ホットカーペット・・・

これら電磁波の強い電気製品を使用禁止、使用制限をしている国もあるほどです。

電子レンジは使わずひと手間かけて鍋で温める、携帯電話はイヤホンを使う、寝る時も枕元から離して置く、ホットカーペットより湯たんぽ

ガン細胞を増殖させない生活を心がけたいですね。

特にガンの人は、電磁波を遠ざけることをおススメします。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

アルカリ性の体でがん細胞を阻害

アルカリ性の体は、ガン細胞の成長を阻害します。

天然多種のビタミン、ミネラルを中心に、後は微量栄養素(200種以上)で体をアルカリ性に保つことです。

体をアルカリPH7.5以上に保ち、自己治癒力を高める必要があります。

ビタミン、ミネラルを補うには、自然塩を摂るといいですね。

食卓塩(精製塩)を摂ると、塩の結晶が血管の膜を傷つけ血管内部に出血を生じてしまいます。

この出血を止めるために、血管内の傷ついた部分をコレステロールが覆い、結果的にコレステロールで血管が狭くなり高血圧になります。

ですから、必ず自然塩を使うことをおススメします。

人間の体をしっかりと機能させるには、体に電気を流す必要があります。

電気を発するにも塩が必要なのです。

体内に塩分がないと、体温も上がらず、解毒もしにくくなります。

ガンをなおすには、体のなかに溜まっている毒素の排出が必要

朝起きてトイレを済ませたら、まずは自然塩をひとつまみ入れた白湯を飲むとよいでしょう。

程よい塩分が体内に入ると、血流がよくなり、解毒効果も高まります。

緑色の葉の野菜に含まれるクロロフィルの効果で、栄養素だけでなく、体内に酸素をしっかりと取り入れることも大事です。

血液に酸素がしっかりと運ばれるガン細胞が生きにくい体になります。

自然界の問題は、自然界が解決してくれるのです。

天然のサプリメント、健康食品を摂ることをおススメします。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

手足の冷えはがんの道

夏なのに足だけが冷える

体温は低くなのに足だけ冷たい

その原因には・・・

運動不足による筋肉量の低下

座るときに足を組む癖がある

塩分不足

ストレスが多い

腸内環境が悪い

子宮の冷え

など心当たりはありませんか?

足が冷たくなっている時は、これらの原因で、血管の収縮が起こり、血の流れが停滞していると考えられます。

足の冷えは、意外にも動かすことで改善されることがほとんど

私たちの体は、心臓がポンプの役割をし、血液によって酸素を運んでいます。

酸素は、まずは生きるための大切な内臓へと運ばれます。

そして、最後に手や足などの末端へと運ばれていきます。

運動不足や一定の姿勢などで、足の筋肉が凝り固まっていると、血管を圧迫し、血の巡りが悪くなり酸素が運ばれなくなります。

低酸素はガンの道

ストレッチをしたり、ウオーキングなど足を意識して動かすし、血流を改善して、手足などの末端まで酸素しっかりと運べるよう心がけましょう。

ウオーキングが出来ない人は、足の指を動かすだけでもしてみる価値は充分あります。

また、下着や靴下は、血行が悪くならないように、体を締め付けないものがいいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

農薬が母乳から?

ちょっと怖いお話

農薬を気にする人は多いですね

ですが、農薬の約95%は牛乳や肉から入ってくるとか・・・

これは、エサになる大豆やコーンに大量の農薬が残留しているからです。

飼料用作物への農薬には制限がありません。

ですから大量に農薬が使われています。

それを裏付けるように、通常の食事の女性とベジタリアンの女性の母乳を調査した報告があります。

驚くことに、通常の食事をしている女性は、ベジタリアン女性の約100倍残留農薬が母乳から出たそうです。

そんな母乳を飲ませているとは、お母さんんも衝撃だったでしょうね・・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

生命活動に欠かせない体温を上げる

免疫力があるのかどうか

最もわかりやすいのは体温です。

私たちの生命活動に欠かせない酵素などの働きを担っているのも体温です。

そして、血液検査では白血球分画を調べると免疫の状態がわかります。

リンパ球の割合が30%~50%の範囲が理想です。

これよりリンパ球の割合が低いと免疫も低下していて、ガンなど病気を引き起こしやすいといえます。

免疫力に不安がある人は、一度 調べてみるといいですね。

このリンパ球の比率を上げていくにも適切な体温が必要です。

脇の下で36.8℃

舌下で37.2℃が理想な体温です。

体温を上げる方法はいろいろあります。

そのなかでも即効性があるのは入浴です。

体温+4℃のお湯に自然塩を入れ、30~1時間の半身浴

音楽などを聴いたり、アロマキャンドルを使うなどして、リラックスすると副交感神経も優位になり、リンパ球が増えます。

この時にハチミツと自然塩のパックをするなど時間の活用も工夫するといいですね。

ただし、上半身を冷やさないよう注意が必要です。

そして、最も大事なことは自分が心地よいと感じることです。

心と体が連動して体温も自然と上がっていくのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

トウモロコシは髭も使えます

トウモロコシの 『ひげ』

どうしていますか?

ほとんどの方が、皮と一緒に捨ててしまっている 『ひげ』

トウモロコシのひげは、意外にも、昔から漢方薬の材料として使われています。

おうちでも、トウモロコシのひげ茶をつくってみませんか!?

まずは、トウモロコシのひげを、綺麗に洗って天日に干します

茶色っぽくなってきたらOK!

後は、お茶パックなどに入れて、煮出します

トウモロコシのひげ茶は、利尿作用があり、むくみ改善や老廃物排出の効果もあります。

そして、女性に嬉しい・・・

生理前のイライラや不安な気分の緩和させてくれる効果があるそうですよ

野菜は、やはり自然農法が安心ですよ

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

転移の時が治るチャンス?

現代医療においては、進行ガンの自然退縮などありえないと言われています。

しかし、実際には進行ガン、末期ガンを自然退縮させた人は多くいます。

この方々は、病院から離れた人が多いので、病院も把握できていない人たちであるからかもしれません。

どうやって、ガンを自然退縮させたのか・・・

人それぞれやり方は違いますが、生き方を180度変えたことが共通しています。

思考をはじめ、食事を変える・体温を上げる・体を鍛えるなど生活において様々な努力をされています。

副交感神経を優位にして、血流を促し、リンパ球を上げる

そして、免疫を高めて自然治癒力を上げることで、突如としてガンが消失しています。

免疫が正常に働きだすまでに時間は必要であり、退縮にも一定の期間はかかります。

その間には、転移や腫瘍の増大、腫瘍マーカーの上昇などさまざまなことが起きるかもしれません。

このとき、自分を信じて持ちこたえることができるか・・・

ここで大きく道は分かれます。

転移した後からガンがよくなっていくのがはっきりと見て取れる、と福田医師は述べています。

転移はなおるチャンス

これもガンがなおる仕組みを知れば、当たり前の現象ですね。

転移はガンがなおるチャンスととるか、それとも、転移は悪化したととるか・・・

しかし、残念ながら、多くの人が心がブレて、抗ガン剤、放射線、手術に流れていきます。

抗ガン剤は、急速に免疫力を落とします。

放射線は、免疫力をズタズタにしてしまいます。

手術は、本来、体が備え持つ病気をなおそうとする力を奪います。

せっかく免疫を上げてきたのに一瞬にして奪われてしまうのは、とても悔やまれます。

しかし、これも自分次第ですね。

ガンは自分でなおしやすい病気です。

だから、退縮が起きも不思議ではないのです。

ガンができる仕組み、ガンがなおる仕組みをきちんと知れば、恐れることもないのです。

ガンに学んでくださいね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                  女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんにならない野生動植を見習う

人間はガンを始めとしたさまざまな病気になっています。

しかし、野生動物はガンになることなどほとんどないと言われます。

この違いはなぜ起きているのでしょうか・・

自然体で暮らす野生動物

不自然体で暮らす人間

野生動物の世界には、病気をなおす薬もなければ、予防と言われるワクチンもない

野生動物は、仮に病気になっても、自己の治癒力を活かして自分でなおすしかない

人間も野生動物と同様に自己治癒力というものを持ち備えています。

しかし、知恵を使っていないのです。

物があり溢れている世の中だから、知恵をしぼろうともしないのかもしれません。

また、病気は病院でなおすもの、という固定概念が自己治癒力の活用を遠ざけてしまっているとも言えるでしょう。

薬が治癒力を奪っていることも

人間の長い歴史のなかでつくられてきたことです。

野生動物を見習えば、ガンになることも、心の病気になることもないのではないでしょうか・・・

野生動物は、本能で生きています。

人間は、本能より知恵をつかいます。

そして私たち現代人は、知恵より科学的根拠や数字に頼り生きています。

病院や薬が病気をなおす、という考えを疑うこともしない

私もそのひとりでした。

愚かな自分に気付くと、昔の人の知恵や野生動物の本能に納得ができます。

ガンをつくらない野生動物を見習えば、ガンが私たちから遠ざかっていくことは間違いないのではないでしょうか・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)