がん細胞の修復には何が必要なのか?

がん細胞も自分の細胞が変化したもの

そして、元々はがんも正常な細胞だったのです。

傷付いた細胞が、上手に修復出来なかったためにガンという塊になったのです。

がんは外から来たものではなく、自分の体のなかで起きた現象

だから、自分の体で元に戻していく

がん細胞は攻撃するのではなく、きれいに正常な細胞に戻してあげたいですね。

細胞の修復は、『栄養と体温と心』 でします。

つまり自分の体で行います。

細胞の修復、細胞が生まれ変わる時間は夜の10時~3時

スムーズな修復、そしていかにきれいな細胞をつくるか

そのために必要なこと、夜の時間に気をつけること

 

●夕飯が大事

●健康食品は夜

●お風呂で体を温める

●リラックスして過ごす

●夜10時~3時は寝る

●今日に感謝をする

●睡眠中は電気は消す

●枕元に携帯電話は置かない

 

夕食で摂ったものが、細胞の修復に働きかけます。

私は、夕飯に抗酸化力の強いキャベツの千切りや、酵素を働かす納豆、味噌汁などの発酵食品を摂っています。

納豆は付属のたれは使わず、抗酸化力のあるネギや大根おろし、ゴマなどを混ぜ、塩麹や生味噌などをのせて頂くと最高の細胞活性食になります。

 そして入浴前後 もしくは寝る前にプロポリスを必ず飲みます。

 細胞がスムーズに修復できる環境を整えていく

がんをなおす近道です。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す