手術のリスクを知る・がんがまた出来る理由

「検査で発見される癌は良性の癌もどき」

そんな言葉も耳にします。

本当は悪さもしないおとなしい腫瘍を、治療によって悪性化、狂暴化させているなどと言われている先生も最近は多くなったように思います。

がんを始めとした病気は、血液の汚れから起きています。

全身の血液が汚れきってしまうと、一瞬で命を落とすことになってしまいます。

そこで、命を守るために全身の血液の汚れを一ヶ所の集め、延命措置をしてくれているのが、癌なのです。

血液が汚れたまま癌を切り取っても、結局また新たなところに体は癌をつくってしまいます。

血液の汚れという元を解決しない限り、摘出しても同じことが繰り返されることになるのです。

そして、体にメスをいれる手術には大きなリスクが伴います。

手術で大量の薬品を投与した体は免疫力を落とすこととなります。

そして細胞を摘出したことによって、癌やウイルスなどから体を守ろうとする防御機能を失ってしまいます。

また本来、光に当たることのない臓器、空気に触れることのない臓器は、手術で開かれることにより光や空気に触れ酸化してしまいます。

体内に活性酸素が大量に生まれ、酸化すると何が起きるのか・・・

また血液が汚れ、新たな癌が出来てしまうのです。

これらをしっかりと踏まえたうえで手術を受けることです。

切れば治るといった考えは外した方が良いと思います。

そもそもなぜ血液は汚れてしまったのでしょう・・・

喫煙、睡眠不足、過食、強いストレス、体の冷えなどです。

これらによって粘膜が傷けられます。

すると傷の周辺の細胞が分裂して、傷ついた穴をふさごうとします。

しかし、粘膜が傷つく原因が長く続くと、細胞分裂ができなくなります。

そこで、生まれてくる修復細胞がまさに癌細胞なのです。

つまり、癌は生活習慣が引き起こした病ということです。

老衰で亡くなった方を解剖してみると、前立腺、胃、乳房などからだのどこかしらに、約8割の人が癌が見つかるという報告もあります。

人は常に癌と共生しているということですね。

生活習慣を改めることが、本当のがん根治療法です。

小林麻央さんも手術を受けられていましたね。

手術前後には、積極的に免疫を上げていくことをおススメします。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

湯たんぽで温め自律神経を整える

女性は男性に比べ筋肉量が少なく一度冷えるとなかなか温まりません。

さらに女性は子宮という袋状(空洞)の臓器があることで冷えやすくなっています。

さらに、膣を通して、内臓がとても冷えやすくなっています。

体が冷えれば免疫は低下させ、冷えた部分に癌が出来ます。

がんにならないために、がんをなおすためには、体を温めること、そして、免疫を上げるためには、体温アップが大切です。

体を温めることは→治療効果を高めることに繋がります。

常にお腹は冷えないように、ミネラルを沢山含んだな健康食品などを活用しながら、体温をあげていきます。

効率よく体を温めるには→筋肉の多い部分を温めることです。

特に女性は座っているだけで下半身が冷えてきますし、足の付け根や、ふくらはぎに痛みを感じる人も少なくないですね。

その場合、冷えの場所を直接 温めてもいいのですが、筋肉が多い太ももを温めると効率よく体を温めることが出来ます。

また、食後は全身の血液が胃に集まる影響で下半身がさらに冷やすくなります。

食事の最中や食後のゆったりとした時間など、太ももを温めると良いでしょう。

温めるのに湯たんぽがとっても便利です。

テレビを見る時→太ももの上に湯たんぽを

寝る時→電気毛布より湯たんぽがおススメです。

湯たんぽで温めると気持ちよく癒される感覚があり、気持ちよく感じると、副交感神経が刺激され、血管が開きます。

副交感神経が優位になると免疫細胞が増加、そして、血流を良くしてくれる食品を活用すればさらに体は熱を放出し、免疫細胞が増えていきます。

体が温まると心も温かくなります。

湯たんぽと電気毛布の大きな違いは、温度の低下、だから湯たんぽは嫌だという人もいるでしょう。

実はその温度の下がり具合が人間のリズムにぴったりなのです。

夜は温かい湯たんぽで副交感神経が優位になり→徐々に温度が低下し→明け方は交感神経に切り替わりやすくなります。

いつまでも温かいままでいると、交感神経にスイッチが切り替わらず、活動しにくい1日となります。

自律神経を整えるにもいいですね。

そして、湯たんぽは電気毛布のように電磁波を気にせず使えます。

しっかりと活用したいアイテムですね。

私は体を温める前にプロポリスを飲んでいますドキドキ

http://www.qualitypro.jp/health-food

詳しくはこちらアップ

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

食生活の改善で病気を減らした成果

「アメリカ人の食生活は命を奪う死病の元」とした「マクガバンレポート」が 全米に衝撃を与えました。

1975年 アメリカ上院栄養問題特別委員会によってまとめられたものが「マクガバンレポート」です。

そのレポートでは、心臓病をはじめとする諸々の慢性病は、肉食中心の誤った食生活がもたらした「食源病」であること。

高カロリー、高脂肪の食品である動物性食品を減らし、野菜、果物、精白していない穀物を多く摂るように勧告したものです。

これにより、食生活の改善で、アメリカはガンを始めとするさまざまな病気を減らすという成果を上げてきました。

日本でも遅れながら、食品が持つ怖さや病気の予防といった機能の研究は行われていますが、未だにフォイト栄養学を推奨しています。

〝近代栄養学の父″と称えられるカール・フォイト氏(1831~1908)は、ドイツ、ミュンヘン大学(生理学部) で学会の大ボスともいえる存在

「肉類、牛乳、チーズ、卵などの高栄養のものを大量に食べよ。炭水化物は控えよ」

このようなフォイト氏の高カロリー、高たんばく、高脂肪の食事は、ドイツ国内の栄養基準から、ヨーロッパ基準に、そして、世界標準へと広がっていったのです。

特に動物たんぱく質のなかでも、肉食を絶賛していたフォイト氏の背後には、世界的食肉産業が存在していたという話もあるほどです。

それを覆したのが、「マクガバン・レポート」です。

それ以外にも、ハーバード大学のウォルター・ウィレット教授が1990年 牛肉の赤身と大腸ガンの関係を示す発表をしています。

牛肉を毎日食べる人は、月に1回しか食べない人に比べ、ガンの発症率が2.5倍も増えるという。

牛肉を多く摂ると、大腸菌が異常に増えてしまいます。

それにより、胆汁成分が粘膜を傷付けてしまい、ガンの原因になるのです。

その他にも、動物性の食品は、インドール、スカトールなどの有害物質を発生させ、腸のなかを汚してしまいます。

これらは、肝臓や腎臓に影響を与え、解毒機能を低下させてしまうのです。

特に、レバーなどは尚更です。

レバーは肝臓です。

肝臓は、毒素を集め、解毒する臓器です。

全身の毒素が集まっているレバーを食べるということは、動物の毒素を食べているということです。

話は戻りますが、日本もアメリカのように食を見直し、病気が減ること

そして、病気にならない食生活が広まることを願いたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治しは、バランスの取り方で決まる

生きていくうえで大切なのは、バランスです。

なぜ、ガンになったのでしょう・・・

それは、生き方のバランスが悪いからです。

ガンになる人は、頑張り過ぎたり、心配し過ぎたり・・・

「〇○し過ぎ」は、偏ったバランスの悪い生き方をしています。

ガンになる人は、自律神経のバランスが悪く

交感神経、副交感神経どちらかに偏りっぱなしになっています。

ガンになる人は、白血球のバランスが悪く

顆粒球とリンパ球の割合によって免疫力が低下していきます。

ガンになる人は、エネルギーをつくるシステムのバランスが悪く

年齢を重ねても解糖系が優位のままで、ミトコンドリアが上手く働いていません。

すべてはバランスです。

人生も山あり谷あり

嬉しいこと、つらいこと、色々あってバランスをとっています。

都会で疲れたら、田舎で暮らす

これも人生のバランスです。

働き過ぎた人は、体を休めてみる

完璧主義だった人は、不完全な人になってみる

人のためばかりに生きてきた人は、自分のために生きてみる

愚痴ばかり言って生きてきた人は、喜びを見つけて生きてみる

泣いてばかりだった人は、笑って生きてみる

甘いものを食べてきた人は、砂糖をやめてみる

食に無関心だった人は、食の大切さを学んでみる

生き方を変えて、人生のシーソーのバランスをとるということです。

ガンという塊が、生き方の偏り、バランスの崩れを教えてくれたのです。

生き方の偏りがある人は、強いとらわれが必ずあります。

ものごとを考えすぎたり、出来ない自分につらく当たったり、ハードルが高かったり・・・

とらわれを捨て、自然体で生きることが、バランスをとった生き方になります。

バランスがとれるようになれば、すべてにおいて楽に生きれるようになります。

生き方を変えるためには、まず心と思考を変えなくてはなりません。

心と思考が変われば、体も変わってきます。

すべては繋がっていて、バランスをとろうとしているのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

酸化はがんを進行させる

酸素を吸い込むと必ず発生する活性酸素

強い酸化力をもつ活性酸素は、侵入してきた菌やウイルスをやっつけてくれます。

しかし、この活性酸素は酸化力が非常に強いため、増え過ぎると自らをも酸化させてしまうのです。

つまり、私たちの体は活性酸素によって酸化されていくのです。

そして、酸化した体はガンなどの病気を引き起こしてしまいます。

活性酸素が過剰に発生する原因には、ストレス、薬品、添加物などがあげられます。

なかでも大量に活性酸素を生んでしまうものは、ガンの三大療法です。

ガンの根本原因である体の酸化を引き起こす状況を自らつくってしまうのです。

酸化は、ガンの進行に大きな影響を与えます。

つまり、三大療法だけをしていてはガンはなおるどころか、進行させてしまう可能性が高いのです。

抗ガン剤、放射線は非常に強い酸化力にやってガン細胞を死滅へともっていきます。

しかし、それ以上に正常な細胞まで酸化させてしまいます。

体が酸化してガンになり、治療によってまた酸化が進む

ガンという塊だけに目を向けている結果です。

いくら塊を攻撃しても、切り取っても、体は酸化するだけ

酸化を促進すれば、再発転移、進行の道に進んでいきます。

酸化してしまった体をキレイにしていくことを考えなければ、どんな治療をしても、いたちごっこのままなのです。

塊が消えたからといって安心ではないのです。

塊だけにとらわれず、からだ全体に目を向けること

これが本当のガンなおしです。

溜まった毒素は出す

そして、酸化させない生活をすることです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

筋トレでホルモン分泌

筋肉から活性ホルモンがたくさん分泌されていることご存知ですか!?

その種類は、100種類のも及ぶそうです

活性ホルモンは、年齢と共にどんどん減ってきます。

活性ホルモンは、代謝を良くしたり、骨を丈夫にしたり、皮下組織の水分の含油量を高めるなどの作用があります。

また、ホルモンの中には、血液中の糖分を排除し、血糖値を下げる役目があるものもあります。

これらのホルモンは、ゆっくりとした筋肉運動をすることで、しっかりと分泌されるようになります。

スクワットやウオーキングなど、特に下半身を鍛える運動がいいですね!

足には大きい筋肉があるため、ホルモンの分泌が期待できますよ。

ガン治しにも下半身を鍛えることは有効ですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

再発リスク? がん手術のメリット・デメリット

がん宣告後、臓器摘出の手術を受けるか受けないか・・・

その選択に悩む人が増えてきました。

ひと昔前は、西洋医学的に手術が可能な状況であれば、迷わず手術をしていたでしょう。

しかし、少しずつ変わってきました。

特に、子宮頸がん、子宮体がん、乳がん、卵巣がんといった女性特有のがんは手術を選択しない人も増えています。

女性として手術後の自分はどうなっていくのか・・・と大きな不安を抱えています。

綺麗でいたい、美しくありたい、と思うのは女性として当然です。

そのために手術を拒むことは、わがままなことでしょうか・・・ 家族を困らせることになるのでしょうか・・・ 非常識なのでしょうか・・・

と切実な思いで苦しんでいらっしゃる方もいます。

手術をしたからといって再発転移をしない保証はない

それでも手術にかけてみる人

逆に手術をするだけ命を縮めると考え、手術はしない人

どう生きたいのか・・・が大切になってくると思います。

手術をすれば、組織はダメージを受け、がんに対する抵抗力が無くなります。

血液中に存在した癌細胞は、抵抗力を失った臓器で増殖することも考えられます。

手術にはメスが入り、切断された血管から、癌細胞はあちこちに散ってしまうという現象も考えておく必要はありますね。

今、必要な手術なのか、そうでないのか

手術後の免疫力の準備は出来ていますか?

手術のメリットとデメリット

そして、臓器に備わった防御力が失われ、がん細胞が増殖してしまうリスク

また、手術後の臓器や機能の喪失感

これら様々な面からよく考え、選択することをおススメします。

なにより、どの選択であれ、患者さん本人の意思、選択であることが最も大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

煮汁に溶け出す抗がん物質

野菜は生で食べることで酵素を破壊することなく体内に取り入れられます。

しかし、すべてを生でというわけにはいかないのが現実

加熱して食べる野菜は、煮ることをおススメします。

または、土鍋に少し水で蒸す状態がよいでしょう。

野菜の煮汁には、抗酸化作用のあるフィトケミカルが多く溶け出します。

ファイトケミカルとは、野菜、果物、穀物、海藻、お茶やハーブなど、植物性の食品の色素や香り、アクなどの成分から発見された天然の化学物質です。

果物や野菜の色素や辛味成分がフィトケミカルであり、体内で抗酸化物質として作用し、抗ガン性を示すものも多くあります。

ガンなおしや、免疫向上には欠かせない物質ですね。

なかでもキノコ類はフィトケミカルを多く含む代表的な野菜です。

キノコ類、タマネギ、キャベツ、ネギ、カボチャ・・・

これらの野菜から溶け出す貴重な抗ガン物質は、スープや味噌汁で摂ると良いでしょう。

ガン予防に働きかけてくれるフィトケミカルは積極的に摂っていきたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん民間療法で血流を促進・排毒

がんは血流が滞ったことで起きる病気です。

血流低下により、体の冷えが起きている場所にがんはつくられます。

そしてこの癌は、全身の血液の汚れを集め、毒素が塊となったもの

だから、がんを治すためには、血流を良くして、体温を上げ、がんの毒素を排出すること

長い期間をかけ、悪くなった血流を良くするには、時間や自助努力が必要です。

栄養、温熱、運動、心の持ち方など生き方を変えることで滞っている血流を改善していくことは充分可能です。

自分でコツコツと毎日出来ることはたくさんあります。

そのひとつが生姜湿布です。

血液の循環を促進し、毒性成分の解毒、浄化の作用があり、古くから愛される癌の民間療法です。

冷えや毒素からくる痛みなども鎮痛剤を使えば、また血流が悪くなり体温をさげ、悪循環となります。

体を温める民間療法を活用するすることをおススメします。

【生姜湿布】

用意するもの

・生姜(新生姜は除く)
・自然塩
・木綿のハンカチ
・鍋
・ゴム手袋
・タオル2枚

① 生姜をおろし金ですりおろします。

② すりおろした生姜を木綿のハンカチで包んで、紐または結んで口を締め袋状にします。

③ 鍋で沸騰させないよう約70度のお湯を沸かし火をとめます。

④ 70℃のお湯のなかに、大さじ1杯程度の自然塩をいれ、生姜を入れた木綿袋も入れます。

⑤ やけどをしない様に、ゴム手袋をして鍋のなかで生姜の袋を揉み絞り、お湯が白く濁る状態にします。

⑤ 2つ折りにしたタオルを生姜湯に浸け、しっかりとタオルに生姜湯をしみ込ませ、タオルを絞る。(あまり絞り過ぎないよう)

⑥ 少しタオルを叩いて温めたいところに箇所にタオルを当てます。

⑦ 保温のため、タオルの上に、アルミやバスタオルなどを覆い、すぐに冷めないようにします。

⑧ 1枚目のタオルが冷めてきたら、鍋のなかの新しいタオルと交換します。

【注意】

お湯が冷めたら弱火で温めても良いですが、生姜の酵素が死滅しないよう沸騰には気を付けること。

タオルの冷えが気になる場合は、保温シートをなどを使用しても良いが、毒素が出る通気の穴をあけておきます。

使ったタオルは、毒素が付着しているので、鍋に戻さず洗濯する。

生姜湿布の後は、お風呂に入らないこと

時間の目安は、1回のタオルで15分~20分

肌の赤みが目安です。

温まって毛細血管が拡張し血行が良くなると、肌が赤くなります。

生姜湿布の後、ガーゼや絆創膏にプロポリスを浸み込ませ、気になる場所に貼り、経皮吸収させている方も多いようです。

毎日コツコツ続けることが大切です。

がん治しの秘訣は・・・

なおるまで続けることです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ストレスと砂糖でがんを増殖させる

ストレスや疲れを感じるとつい食べたくなるのが甘いもの

体内にあるガン細胞は、糖を栄養として増殖します。

つまり、砂糖はガンのエサになり、ガンを元気にさせてしまいます。

このガンの性質を上手に活用しているのがPET検査です。

ぶどう糖がぐっと引き寄せられた場所がガンです。

ガンは糖が大好きですから・・・

ガンになっても、砂糖たっぷりのお菓子を食べていませんか?

つらい治療のご褒美に・・・といって甘いスイーツを食べる姿を見かけます。

せっかく頑張っても、自らガン細胞にエサを与えて活発にさせています。

いつまでたってもなおらないわけです。

そして、砂糖は血液をドロドロにして血流を悪くします。

血流が悪くなると低体温を招き、ガンが増殖しやすい状況をつくってしまいます。

砂糖はガン細胞のエサになるだけでなく、大切な正常な細胞を破壊させやすくします。

それによって免疫を低下させ、細菌感染やアレルギーなども引き起こしやすくなります。

甘いものを食べれば気持ちが落ち着くのは、砂糖の持つ依存性です。

砂糖を摂れば摂るだけ、糖分が無ければ落ち着かない心と体になっていきます。

砂糖でガン細胞を増殖させガンになり、ストレスで甘いものを食べ、またガンを増殖させる

まさに負のスパイラルに陥りやすくなります。

どうやったらストレスを回避できるのか・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)