慢性病は食源病?食生活の改善で癌細胞を減らす

牛肉を毎日食べる人は➡月に1回しか食べない人に比べ➡ガンの発症率が2.5倍も増える➡気になる話ですね・・・

牛肉を沢山摂ると➡大腸菌が異常に増加➡胆汁成分が粘膜を傷付け➡ガンの原因になるのです。

その他にも、動物性の食品は、有害物質であるインドール、スカトールなどを発生させ、腸のなかを汚してしまいます。

さらに、肝臓や腎臓にも影響を与え、解毒機能を低下させてしまいます。

「アメリカ人の食生活は命を奪う死病の元」 とした 「マクガバンレポート」が     全米に衝撃を与えました。

「マクガバンレポート」とは、1975年 アメリカ上院栄養問題特別委員会によってまとめられたもので

高カロリー、高脂肪の食品である動物性食品を減らし、野菜、果物、精白していない穀物を多く摂るように勧告したもので、レポートによると心臓病をはじめとする諸々の慢性病は、肉食中心の誤った食生活がもたらした 「食源病」 であると・・・


マクガバンレポートによる、食生活の改善で、アメリカは癌を始めいろいろな病気を減らすという成果を上げてきました。

日本でも食品が持つ怖さや病気の予防といった機能の研究は行われています

ですが、実際には100年以上も昔に提唱されたフォイト栄養学を推奨しています。

〝近代栄養学の父″と称えられるカール・フォイト氏(1831~1908)は、ドイツ、ミュンヘン大学(生理学部) で大変大きな存在

「肉類、牛乳、チーズ、卵などの高栄養のものを大量に食べよ。炭水化物は控えよ」

このようなフォイト氏の高カロリー、高たんばく、高脂肪の食事は、ドイツ国内の栄養基準からヨーロッパ基準に、そして世界標準へと広がっていったのです。

特に動物たんぱく質のなかでも、肉食を絶賛していたフォイト氏の背後には、世界的食肉産業が存在していたという話もあるようです。

しかしそれを覆したのが、アメリカ上院栄養問題特別委員会によってまとめられた 「マクガバン・レポート」 です。

その他にも、ハーバード大学のウォルター・ウィレット教授が1990年 牛肉の赤身と大腸ガンの関係を表す発表を行っています。


肝臓は毒素を集め、解毒する臓器でもあるレバーきになりませんか??

全身の毒素が集まっている部分 レバーって、動物の毒素を食べている??

どうなのでしょう・・・

アメリカのように食を見直し日本も、病気が減ること、そして病気をつくらない食卓が広まることを願っています。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                  女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

がん治しには心の毒を出すこと

【病の根源は心にある】

中医学の教科書にもある言葉です。

病は気からというように、不平不満、愚痴、恨みや妬み、悲しみが心をむしばみます。

そして、邪気をどんどん溜めてしまい体が毒化されていきます。

だから、病気になったときは、内面を含めたライフスタイルを見つめ直し、なぜガンになったのか、原因を探すことが大切です。

どんな行動をしてきたのか、どんな言葉を使ってきたのか

心の毒が積もるようなことはなかったでしょうか・・・

心の毒が溜まれば、やがて体の毒になります。

ガンなおしは、心と体の毒だしです。

ガンの方、ご家族の方の話を聞いていると、必ず不平不満、愚痴、恨みなど心の毒が出てきます。

なかには、強い不安から毎日が悲しみとなり、深く心に毒を積もらせている方もいらっしゃいます。

心の毒の原因がわかれば、毒を出していくサポートをしていくことができます。

そのためには、まずは自分自身の心にある毒に気付かなければなりません。

心にゆがみがあるときは、感謝が出来ないものです。

感謝したくても、わかっていても思うように出来ないのが人間です。

それも素直な気持ちとしてすべて受け入れてみるといいですね。

ある時には人を必要とし、ある時には必要としない

そんな身勝手な自分も認めてみるといいでしょう。

すべてを受け入れたうえで、何が自分をそうさせているのか・・・

心の毒の原因を素直な心で探してみると、きっと出てくるはずです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

半身浴で免疫を上げる

ゆっくりお風呂に浸かると体がポカポカします。

毎日の入浴は、ガンなおしの貴重な時間です。

お風呂に入ると、、気持ちが良くて、ホッとする感覚になりますね。

この瞬間、副交感神経に働きかけています。

お風呂で体の芯まで温まると、血管が広がり、血流が良くなります。

血流が良くなると、酸素と栄養の運びもスムーズになり、腎臓、肝臓、腸の動きが活発になると、老廃物の排出が促されます。

入浴は、心身共に癒される時間ですね。

体温が36℃未満の人は、40℃前後

体温が37℃近い人は、41℃前後がおススメです。

熱すぎるお湯は、交感神経を刺激してしまいますので、寝る前の入浴は高温になりすぎないよう注意してください。

そして、ゆっくりと時間をかけて半身浴がおススメです。

肩が冷える人は、肩にタオルをかけておくといいでしょう。

半身浴は、全身浴に比べ、毒素が排出されやすくなります。

好きな音楽を聴いたりしながら、リラックスで半身浴を楽しんで、免疫をあげていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

NK細胞は良質な睡眠から

良質な睡眠は免疫力を上げてくれます。

睡眠は最高のリラックスタイムです。

昼間はしっかり働き、夜はしっかり休む

このバランスが健全な免疫をつくります。

体をリラックスさせ副交感神経を働かせることは、免疫アップには非常に大切ななことです。

しかし、リラックス状態が必要以上に長くなると副交感神経が優位になり過ぎてしまい、免疫低下の問題が発生してしまいます。

自律神経のバランスが重要になりますね。

自然界のなかで生命を営む私たちは、太陽に合わせて生活することが健康の秘訣

朝陽が昇る前には起き、日暮れとともに活動を沈静していく

現実には難しいかもしれませんが、夜は早く休み、朝型の生活を意識することは出来ますね。

つまり、太陽が昇っている時間に交感神経を働き、太陽が沈む時間は副交感神経に切り替わる生き方が自然体であるということです。

寒い季節は、交感神経の緊張が強くなりがちです。

入浴でリラックスする時間、お布団でリラックスする時間をより大切にするとよいでしょう。

そして、夜はどんなに遅くとも、その日のうちに睡眠に入ることが大切です。

この時間にリンパ球を増やし、免疫を上げてくれます。

ガン細胞を攻撃してくれているNK細胞を増やすのは、良質な睡眠です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

癒すがん治し

ガンをなおすには、さまざまな方法があります。

どうしてガンになったのかを考えてみると、どんななおし方が良いのか見えてきます。

体を酷使し、闘う生き方をしてガンになった人

自然の摂理を無視し続けてガンになった人

自分らしくない、不自然な生き方をしてきた人

それぞれ違うと思います。

睡眠時間を削り働いてきた、石油製品である薬に頼ってきた、添加物がいっぱいの食品を食べてきた、自分の気持ちを押し殺してきた、生活が楽しめなかった・・・

何かしら思い当たる節があると思います。

いづれにしても自分の体が何かと闘っていたり、体をむしばむことをしていたから、ガンになったのです。

次は、闘う生き方ではなく、癒す生き方をしていかなくてはなりませんね・・・

ガンなおしも闘う治療だけでなく、癒す治療もあります。

つまり、私たち人間の生命体の法則にあわせた療法です。

ガン細胞も自分の大切な体の一部です。

だから、切り取り、焼き、薬品はガン細胞を痛めつけると同時に自分の体を痛めつけていることになります。

私たちは日々さまざまな面で、癒しというものを求めています。

これは生命体にとって自然なこと

ガンなおしにおいても同じではないでしょうか・・・

特に女性は、明るく美しいガンなおしでありたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

癌宣告で気付かされた当たり前ではない命

思いもよらない突然のガン宣告

薄々と感じていたのちのガン宣告

いずれにしても、自分がガンだと知ったら、頭のなかが真っ白になり、時が止まってしまいます。

私もそのひとりでした。

この場面が、現実なのか、それとも夢を見ているのかわからない・・・

時間を追うごとに、夢ではなく現実であることを実感していきます。

昨日まで考えたこともなかった この時間

ガン宣告と同時に、明日は無いかもしれないと思うようになりました。

今まで当たり前だった家族との時間

家族で一緒にご飯を食べれることも、ガンになるまでは深く考えたこともなかった・・・

それは、当たり前の日常だったからです。

命の大切さはわかっていても、自分の命をここまで真剣に考えたことはありませんでした。

そして、家族のことも、自分の生きてきた今までの人生も、これ以上に深く考えたことはありませんでした。

この時間を大切にしたい・・・

1分でも1秒でも家族と一緒にいたい・・・

子ども達に寂しい思いをさせてしまうのだろうか・・・

これからどれだけの負担を家族にかけてしまうのだろうか・・・

言葉に言い表せない不安が襲ってきます。

家族が必死で支えてくれているのに、なぜか孤独を感じる自分

時間は過ぎているのに、なぜか自分だけが止まっている感覚

死んだらこの魂はどこにいくのかと考えてしまう自分

その不安を隠し、人前で無理矢理 笑っている自分を、遠くから見ている自分がいたりします。

そんななかで気付かされたとこ

私は、生かされているということを・・・

人生の行く先は、誰にもわからない

だから、1日を大切に感謝をもって生き、目の前のことを黙々とこなしていくことです。

ガンでなくても、明日は誰もがわからない

何が正しいのかもわからない

だったら、豊かな気持ちで、自分らしく生きていける道、そしてこの時間を有効に使える道を選びたいと思いました。

それでも、幾度となく襲ってくる不安

潰されそうになりながらも、一歩ずつ、自分を信じて前に進む

そのためには、目標や希望が必要です。

希望をつくるのも自分自身

希望を見出せないでいる方

まだまだやっていないことはたくさんあるはずです。

私の経験がお役に立てれば幸いです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

転移は治るチャンスなのか?がんの見解は様々

転移した癌が消えた?

現代医療においては、進行ガンの自然退縮などありえないと・・・・

ですが、世の中には進行ガン、末期ガンを自然退縮させた人は沢山おられますます。

この方々は、病院から離れた人が多いといわれていることから、その後を病院側が把握できていないため、かもしれませんね。

どうやって、がんを自然退縮させたのでしょう・・・

一番気になるところです。

個人個人でやり方は違うのですが、生き方をまるで180度変えたことは共通しています。

考え方をはじめ、食事を変える・体温を上げる・体を鍛えるなど生活において様々な努力や工夫をされています。

副交感神経を優位➡血流を促し➡リンパ球を上げる

そして、免疫・自然治癒力を上げることで、突如としてガンが消失しています。

免疫が正常に働きだすまでに時間は必要そして、退縮にも一定の期間はかかります。

当然その期間には、転移、腫瘍の増大、腫瘍マーカーの上昇、などいろいろなことが起きるかもしれません。

転移した後からガンがよくなっていくのがはっきりと見て取れる、と福田医師は述べています。

免疫・自然治癒力を高めた人が転移後にがんが退縮する人が多いのは実際に感じます。

ですが、転移という壁があるなか

それでも自分を信じて持ちこたえることができるのか➡それによって道は大きく分かれます。

ここで薬物が入れば➡た毒素が溜まり➡治癒力は激減します。
                                                                                                                                                                  上げてきた自然治癒力が一瞬にして奪われてしまう・・・・

しかし、これも自分次第、自分で判断し決めるしかないのです。

がんにはさまざまな見解が・・・・

いったいどっちなのだろうか・・・と当然、迷います。

化学療法後の転移

自然治癒力を高める療法後の転移

同じ転移であっても➡見解は全く違うものとなるでしょう。

一喜一憂しない自分であるために、しっかりと自分で調べ納得することが大事ですね。
                                        なにが正しいかは➡世間が決めることではなく➡自分が決めることです。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                    女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

砂糖とストレスでがんを増殖させる

ストレスや疲れを感じるとつい食べたくなるのが甘いもの

体内にあるガン細胞は、糖を栄養として増殖します。

つまり、砂糖はガンのエサになり、ガンを元気にさせてしまいます。

このガンの性質を上手に活用しているのがPET検査です。

ぶどう糖がぐっと引き寄せられた場所がガンです。

ガンは糖が大好きですから・・・

ガンになっても、砂糖たっぷりのお菓子を食べていませんか?

つらい治療のご褒美に・・・といって甘いスイーツを食べる姿を見かけます。

せっかく頑張っても、自らガン細胞にエサを与えて活発にさせています。

いつまでたってもなおらないわけです。

そして、砂糖は血液をドロドロにして血流を悪くします。

血流が悪くなると低体温を招き、ガンが増殖しやすい状況をつくってしまいます。

砂糖はガン細胞のエサになるだけでなく、大切な正常な細胞を破壊させやすくします。

それによって免疫を低下させ、細菌感染やアレルギーなども引き起こしやすくなります。

甘いものを食べれば気持ちが落ち着くのは、砂糖の持つ依存性です。

砂糖を摂れば摂るだけ、糖分が無ければ落ち着かない心と体になっていきます。

砂糖でガン細胞を増殖させガンになり、ストレスで甘いものを食べ、またガンを増殖させる

まさに負のスパイラルに陥りやすくなります。

どうやったらストレスを回避できるのか・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

乾燥肌と体温の関係

乾燥肌で悩む女性は多いのですが、お風呂で体を洗いすぎていないですか?

ボディーソープやシャンプーはさまざまな化学物質が使われているものが多く、これらを使うと洗い流す回数が増えます。

ゴシゴシと洗い流すと、皮脂が剥がれ落ちてしまいます。

皮脂が剥がれ落ちると、肌が乾燥します。

水分が少なくなり皮膚の乾燥が起きると、血液がドロドロになり血流が悪くなります。

血流が悪くなると、体温も下がってしまいます。

体温が下がると、ガンを始めとしたさまざまな病気を引き起こしてしまいます。

単なる乾燥肌だと思わず、乾燥から肌を守る対策をとってみる必要はありますね。

頭皮はお湯だけでも汚れは落ちます。

湯舟につかるだけでも、ある程度の汚れは落ちます。

不必要な化学物質を使わないこと、必要以上に洗いすぎ、こすり過ぎをしないことです。

また、乾燥肌だと思い込んでいたいたのら、実は病気が隠されていることもあります。

甲状線機能低下症などは、ホルモンの分泌量の低下によって皮膚がカサカサ乾燥します。

乾燥を意識してもなおらない乾燥肌は、少し違う目線でみることも大事ですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                    女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

植物性醗酵食品で活性酸素除去

私たちの体は、常に活性酸素を生んでいます。

そして、この活性酸素が必要以上に増えると正常細胞の遺伝子を傷をつけ、ガン細胞をつくることはよく知られています。

ガンにならないためにも大量に放出された活性酸素は、体のどこかで除去していかなくてはなりません。

この役目を担っているのが腸です。

腸内の細菌は、活性酸素を除去してくれる強い抗酸化力をもち、重要な仕事をしてくれています。

腸内の細菌が減少すると、抗酸化力が弱まり、発生した活性酸素は細胞を酸化させていきます。

そこで、腸内細菌を増やすには、まずは腸のなかで腐敗しやすい動物性の食べものを極力避けることです。

腸のなかで腐敗しやすい食べ物は、有害なガスを発生させてしまい、血液を汚し、内臓の機能を低下させ、ガン細胞を増やしてしまいます。

腸に良いと言われてきたヨーグルトは、実は腸のなかで腐敗しやすい食べ物のひとつです。

ガンの人は特に注意ですね。

デメリットを考えると、植物性の発酵食品で腸内細菌を増やす方が腸にも優しく安全です。

植物性発酵食品といえばお漬物です。

お漬物は腸内細菌を増やすと同時に、野菜の繊維質も摂れる優れもの

腸内細菌は、不安神経症や鬱とも大きく関わっています。

腸内環境を整え、しっかりと抗酸化力を高めることが病気予防になりますね。

自分の手でつくったお漬物が、自分に合った菌をつくります。

自分に合った菌は、腸内にとどまりやすく腸内環境をより良くしてくれます。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)