カンジタ菌を増殖させないライフスタイル

冷えなどで血流が悪くなると、カンジタなどの感染症を招いてしまいます。

カンジダは、口の中、消化管、腟に常に生息していてます。

しかし、免疫が下がると、カンジタ菌は過剰に増殖します。

また、抗生物質やステロイド剤を飲み続けると、口の中の細菌の変化が起き、カビ菌の一種であるカンジダ菌が増え、舌が変色したりします。

舌を見ると、体調がわかりますね。

カンジタ菌が増殖するということは、免疫が下がっているということです。

免疫が下がるということは、血流も悪くなっています。

カンジタは、なおったと思っていてもまた繰り返してしまう人が大半

これは、薬で真菌を抑えているだけであって、カンジタ菌が増殖する原因をそのままにしているから、また発症してしまうのです。

そして、薬を飲むということはさらに免疫を下げしまうことになります。

血流を良くして、免疫を上げていかない限り、悪循環が生まれてしまいます。

そして、なにより怖ろしいことは・・・

ガンは、このカンジダ真菌感染症であると、主張するトゥリオ・シモンチーニ氏の言葉

「特に真菌とカンジダは、宿主の体を分解し、それを食べることで成長します。単独では繁殖できないので、そのためにも人体を必要とします。慢性疲労の健康状態が、多くの場合、カンジダのコロニー形成に起因することは驚くに値しません。患者は、身体的にも精神的にも非常に心地悪くなります。」

確かに、子宮頸ガンの方に共通すること

「膣カンジタになりやすい」

ちょっと油断すると膣カンジタになっていたと皆さん言われます。

通常は免疫系が真菌の増殖を抑制しています。

しかし、何らかの原因で、免疫が低下すると、カンジダは強力な菌に変異し、重大な健康問題が発生することにもなりかねないのです。

ストレスや疲れをためない

運動などで血流をよくする

体をあたためる

薬だけに頼らない

殺菌作用の高い食品を摂る

真菌から体を守るライフスタイルは、結果、ガン予防にも繋がります。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

食の欲・がんを招く原因に・・・・

『アメリカ人を悩ませるガン、心臓病、糖尿病などの病気の大半は、食事の間違いから起こっていた』

アメリカのマクガバン・リポートより 今村光一さん翻訳

間違った食がガンをつくります。

【食が病をつくり 食が病を治す】

これを裏付けるさまざまな報告があげられています。

肉好きの人は、ガン死の危険性が4倍、5倍と高くなります。

長い腸を通過していくうちに、肉や乳製品は腐敗してしまいインドールやスカトールなどの有害物質を発生してしまいます。

その結果、有害物質で血液が汚れ、抗酸化力も弱まり、活性酸素の除去が出来なくなります。

必要以上に増えた活性酸素は、正常細胞の遺伝子に傷をつけ、ガン細胞をつくっていきます。

ガンになっても、動物性のものを摂っているとガン細胞はどんどん増えていきます。

このくらいは、いいかな・・・

という甘い考えが、知らないところで活性酸素を増やし、ガン細胞を元気にしてしまっています。

【人間の三大欲】

人間、動物が、それを満たすために何らかの行動・手段を取りたいと思わせ、それが満たされたときには快を感じる感覚のこと

① 食欲

② 睡眠欲

③ 性欲

欲がすべて悪いわけではなく、プラスにもマイナスにも働きかけます。

しかし、欲が優位になったとき、病気など災いが起きてしまいます。

欲を認め、反省することは大切ですね。

欲を認め、反省することで、人生の選択肢も増えます。

つまり、自己顕示欲をプラスに働かせ、人生には辛抱しないといけない時もあることを知る

ガンを克服の成功を掴むためには必要なことです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

癌を作る生き方とは?子どものころからの偏った生き方が・・・

ガンは長い期間をかけつくられた病気です。

毎日の積み重ねでもあります。

日本人は、とても真面目であり、無理をしてでも、深夜になってでも働きます。

長時間の交換神経緊張状態は、ナチュラルキラー細胞の活動を抑制してしまい、ガン細胞がどんどん増える環境をつ
くってしまいます。

また細胞が修復される時間に起きて活動していると、ガン細胞を正常細胞に修復できなくなります。

ストレス社会で無理をしたことによって、働き盛りの年齢にガンが増えているのです。

しかし、子どもたちは逆です。

豊かな暮らしが出来る今の子ども達は、運動不足と食べ過ぎ、過保護状態で副交感神経が常に優位に偏ってしまい、病気に対する能力が低下しています。

副交感神経が優位に偏り過ぎると低体温になります。

また、冬場は暖房などで体を温め過ぎるため、体が自ら体温を上げようとしなくなるのです。

子どもの頃の生き方は思う以上に、大人になった今でも影響を与えています。

体を鍛えられ育った人は、体温も高く自然治癒力も高くなっています。

過保護に育った人は、自ら体温を上げることが出来ず、自然治癒力も低下しています。

この長い期間の積み重ねが、やがてガンをつくってしまうのです。

大人になって変えていくことは大変ことです。

変えていくことに気付けばまだよいのですが、気付かなければ病気の道にどんどん進んでいきます。

2人が1人ガンになる時代です。

2人子どもがいたら、そのうちの1人がガンになるわけです。

そして、今の子ども達が大人になる頃は、もっと増えていることでしょう。

これも私たち親の責任ではないでしょうか・・・

無理をした生き方は、交感神経が過剰となり、体を壊してしまいます。

また、楽すぎる生き方は、副交感神経ばかりが働き、機能低下で体を壊してしまいます。

すべてはバランスです。

これ以上、ガンを連鎖させないためにも偏り過ぎた子育てにならないよう気を付けたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

癌克服した人の共通点

ガンを克服した人には共通する点があります。

ガンを克服した人は、生き方を変えています。

ガンなおしには、発想の転換と新たな価値観の構築が必要です。

それによるライフスタイル革命が人生を大きく変えていきます。

ガンを克服した人のライフスタイル革命の共通点

・食を見直す (野菜が基本・添加物は摂らない)
・体を温める (体温を上げる)
・体を動かす (血流をよくする)
・健康食品を使う(高める)
・心の持ち方を変え、全てを前向きに
・直感を信じ自分に責任を持ち黙々と実践
・全てに感謝し、今を楽しんで生きる
・早寝早起き 朝陽を浴び、そして拝む

ガンなおしには、揺るがぬ信念が必要

正しいと信じる自分の考えを、魂からの思いで貫くことです。

ここで気を付けなければならないことは、信念が執着へと変わることです。

執着ほど恐ろしいものはありません。

執着は、古いエネルギーを溜め込み固くなり、さらに物事に固執してしまい、その結果、自分の体を痛めてしまいます。

信念と執着は全く別物であることを認識することは大切です。

しっかりと信念が持っているだろうか・・・

ガンなおしが執着となっていないだろうか・・・

立ち止まって、自分自身を再確認してみるのもいいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治しの秘訣・・・正の連鎖を起こすこと

私たちは、自然界と人間界で調和をとりながら生きてます。

自然界と人間界で生かされていることに気付けばすべての見方が変わってきます。

見方が変わることで、自然界に溢れる愛を実感出来るのです。

そして私たち人間は、喜びを分かち合うために存在し生きています。

人様の喜びが自分の喜びになると、喜びの数はどんどん増えてきます。

人様が喜ぶことをしてみませんか?

自分がしたことで人様が喜んで下さると心から嬉しくなります。

人様から頂く 『ありがとう』 の言葉は、最高の細胞活性剤になるのです。

私はガンいなったとき、色々なことを振り返り考えました。

自分は、どんな生き方をしてきたのだろうか。

自分では一生懸命生きてきたつもりでしたが、家族に対して、世間に対して、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

同時に愚かな自分に気付かされました。

気付かされたとき、これからは、『人のために生きたい』 と思いました。

人様から 『ありがとう』 を頂くと笑顔が出てきます。

仮に寂しい気持ちになっていても、人様から 『ありがとう』 を頂くと安心に変わります。

この瞬間、生命エネルギーにスイッチを入れます。

人が喜んで下さることで、自分の細胞が活性化するのですから、これは最高の喜びですね。

これこそが正の連鎖です。

私たちの命は、人様に活かされています。

心から人のために施せたらいいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

植物性の食品で腸内環境を整える

日本人には、日本人に合った食事が必要です。

お肉などの動物性食品を消化することは向いていない日本人の胃腸

なぜなら、日本人は、農耕民族で穀物菜食をしていたため腸が長いからと言われています。

消化に時間のかかる肉は、腸のなかで腐敗し、毒素を発生させてしまいます。

その結果、血液が汚さてしまい、血流が悪くなります。

毒素が溜まると、悪玉菌が増え、腸内環境が悪くなります。

これは、免疫機能の7割が集中する腸にとって、大きなダメージとなります。

そして、内臓の働きが低下し、細胞も正常に働かなくなり、ガン細胞が増えていきます。

また、ガンだけでなく、心臓、脳の病気も招きやすくなります。

肉だけでなく、卵、牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品も同じですね。

では・・・

たんぱく質、鉄や亜鉛はどうしたらいい?

豆類、高野豆腐、のり、ひじき、玄米、ごま・・・

植物性のたんぱく質は、抗酸化力も強く、活性酸素を除去してくれます。

カルシウムはどうやって?

切り干し大根、みず菜、小松菜、ちんげん菜、おくら、パセリ・・・

これらの野菜も抗酸化力に優れ、食物繊維も摂れます。

乳酸菌はどうすればいいの?

納豆、塩麹、味噌・・・

通常、乳酸菌は胃酸に弱いとされていますが、納豆菌は胃酸に強いという特徴があります。

そのため、納豆菌には乳酸菌を増加・安定させる効果があるそうです。

塩麹は、乳酸菌を増やすだけでなく、麹に含まれる分解酵素は、食べ物をやわらかくして、胃腸の働きを助けます。

味噌も同じです。

植物性の乳酸菌は、厳しい環境で育っているため、胃酸などで死滅することもなく、ほとんどが生きたまま腸に届いてくれます。

このように、腸は、植物性のもの、野菜、発酵食品を好みます。

しかし、腸に良い発酵食品をどんなに摂っても、腸のなかが冷えていたらどうでしょう。

腸内細菌は、活動することなく元気をなくしてしまいます。

腸内細菌を活発にさせるには、深部温度37.0℃~37.2℃が必要です。

この温度は、腸内細菌だけでなく、酵素、代謝など、生命活動が最も活発に働く体温です。

これらが働くのも腸

ガンになりたくなければ、腸を整える

ガンになったら、腸を整える

ガンと、腸内環境は切っても切れない関係ですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

信念が夢を現実にする

女性として思うこと

キレイでありたい

家庭と仕事をしっかりと両立させたい

エネルギッシュに活動したい

母として、妻として、ひとりの女性として美しくありたい

例え、ガンであっても、病気であっても今までと変わらず

いえ、今まで以上に もっともっと元気に、そして自分を磨きたい

そんな私の想いに共感してくださった女性がたくさんいます

『もう一度、着物をきて仕事をしたい』 といってお電話を下さった方

当時の彼女の心のうちは、苦しく、すがるような思いだったでしょう。

あれから一年

着物をきて、生き生きとお仕事をされています

その姿は本当に美しいです

誰がこの方を見て病気と思うでしょうか・・・

彼女は心の持ち方を変え、プロポリスを愛し、今、夢を現実にしています

誰かに喜んで頂くために働く姿って本当に素敵です

これがまた、彼女の生命力にスイッチを入れ、毎日の活力になっているのでしょうね

彼女は私にいつも「みづほさんと出逢ったおかげで」 と言ってくださいます。

有り難いお言葉ですが、でもこれは彼女の信念と習慣があったからできたこと

私は、最初の一歩をお手伝いしただけ

彼女が生き生きと働く姿は、私にとっても大きな活力なのです

人の喜びは、我が喜びですね

彼女のような方が、もっともっと増えることを願っています

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

余命宣告を受けても元気になる人は

余命宣告を受けたことで本人はもちろんのこと、ご家族にとっても大きな衝撃となります。

途方に暮れ、相談してこられる方が多いのですが・・・

まだまだやっていないことがたくさんあり過ぎます。

出来ない理由をつくっている方もたくさんです。

出来ないのではなく、やっていないだけのことも多くあります。

命と本気で向き合うときは、出来ない理由などないはずです。

ガン宣告を受け、今まであれだけの時間があったのになぜ?と思うところですが・・・

自分次第であることにまずは気付いていかなくてはいけません。

そして、何かのせいになっていませんか?

方法は人それぞれですが、なおる人は覚悟を決め、自分の信じた道を徹底して取り組んでいます。

なおらない人は、どれもが中途半端になっている人です。

上手くいかなければ何かのせいになったり、すぐに結果を求めてしまい途中でやめてしまうなど、何もかもが中途半端になっています。

なおしたいといいながらも、優先順位が違っていたりします。

人生には、我慢をしなくてはいけないときもあります。

人生には、必死に取り組まなくてはならないときがあります。

人生には、自分と徹底して向き合い、孤独に耐えないといけないときもあります。

それが、ガンになった今であることに気付かなければ、また同じことが繰り返されてしまいます。

長い期間をかけつくってきたガンです。

克服、共生される方は、徹底しています。

新たな価値観を構築すること

ライフスタイルを徹底して改善していくことです。

どんなに周りが騒いでも、やるのは自分しかないのです。

すべては自分次第です。

余命宣告を受けても、元気になられる方はたくさんいます。

キーワードは、気付きです。

そして、執着を手放すことです。

何より実践です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

乾燥肌の裏には

乾燥肌で悩む女性は多いですね

乾燥肌だと思い込んでいたいたのら、実は病気が隠されていることも・・・

例えば、甲状線機能低下症など・・・

甲状腺ホルモンの分泌量が低下して起こる病気です。

・記憶力が悪くなる

・基礎体温が低くなる

・手足がよく痺れる

・瞼が腫れぼったく全身が浮腫む

・皮膚がカサカサ乾燥する

皮膚がカサカサして腫れて赤くなりボロボロと剥がれ落ちる・・・

思い当たる節はないですか?

乾燥を意識してもなおらない乾燥肌は、少し違う目線でみることも大事ですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

プロポリスの御愛飲者

私がおススメするプロポリスには300もの栄養素と80余りの有用成分が含まれています

蜂粋ゴールドプロポリス

体を構成する栄養素アミノ酸
(ロイシン・イソロシン・リジン・チロシン・アスパラギン酸等)

体の機能を正常に働かせるビタミン
(A・B1・B2・B6・ナイアシン・パントテン酸・D・E・K・P等)

生体に欠かせない元素ミネラル
(カルシウム・カリウム・ナトリウム・鉄・マグネシウム・亜鉛・リン等)

必須脂肪酸脂質
(リノール酸・リノレン酸・yリノレン酸・アラキド酸等)

生命活動に深く関係する酵素
(アミラーゼ・カテプシン・リパーゼ・トリプシン等)

【注目】フラボノイド
(ケルセチン・ケンフェロール・イソフラボン類・カテキン類等)

だから・・・

ご愛飲者はこんな方です

・ガン(血液がんを含む)

・薬品、放射線での副作用の軽減

・ガン再発防止

・肝炎、肝硬変(ウイルス性をを含む)

・糖尿病・高血圧・低血圧・アレルギー

・炎がつく疾患(副鼻腔炎、歯周炎、口内炎、胃炎、膀胱炎・肺炎)

・低体温、冷え性・動脈硬化・鬱・肌荒れ・疲労 (上から多い順です)

自然界の生命の力を借りて、

『心豊かに生き生きと輝いて』

生きてみませんか

飲み方等は、私が直接詳しくお伝えしますね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから                                                      https://www.qualitypro.jp/

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)