日本人に合った菌で活性酸素を除去

私たちの腸内に住む腸内細菌は、免疫向上に日夜働き続けています。

私たちの体内で発生する活性酸素を強い抗酸化力で除去してくれているのが腸です。

腸内細菌が減ると、抗酸化力が弱まり、活性酸素が除去出来なくなります。

活性酸素は必要以上に増えてしまうと、正常細胞の遺伝子に傷をつけてしまい、ガン細胞をつくっていきます。

腸内細菌を増やして腸内環境を整え、しっかりと抗酸化力を高めることが大事だといえますね。

そのアイテムが発酵食品です。

日本人には日本人にあった菌

お漬物や、納豆、味噌といった植物性のものがおススメです。

特に味噌は、生きた熟成期間が長いものを選ぶとよいでしょう。

熟成期間の長いお味噌ほど、発酵菌が豊富です。

菌が多いほど、抗酸化作用も高いと言われています。

味噌は、放射線の害も緩和させてくれる優れものです。

しっかりと熟成させた本物のお味噌を頂きたいですね。

食の改善は、人生の改善です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

活性酸素は腸で除去される

私たちの体は、常に活性酸素を発生させています。

この活性酸素は、正常細胞の遺伝子に傷をつけてしまい、ガン細胞をつくっていきます。

体が酸化すると、ガン細胞はどんどんと増えてしまいます。

強い抗酸化力で活性酸素を除去してくれているのが腸です。

私たちの腸内に住む腸内細菌は、免疫向上に日夜働き続けています。

この腸内細菌が減ると、抗酸化力が弱まり、活性酸素が除去出来なくなります。

ガンの原因である活性酸素から体を守るには、腸内環境を整え、しっかりと抗酸化力を高めることが大事だといえますね。

腸内細菌を増やすには、発酵食品です。

発酵食品でも、お漬物や、納豆、味噌といった植物性のものがおススメです。

特にガンの方は、腸内での腐敗を防ぐためにもヨーグルトなど動物性のものは避け、植物性の発酵食品で腸内細菌をしっかりと整えることが重要です。

日本人には日本人にあった菌を摂ることです。

腸内環境の乱れはガンだけく、不安神経症や鬱の原因にもなります。

幸せ物質であるセロトニンの9割は腸に存在すると言われています。

心と体の健康は、腸内環境で決まるといっても過言ではなさそうですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん細胞が大好きなもの

女性が大好きなスイーツ

砂糖をたくさん使ってあるものがほとんどです。

砂糖の摂りすぎは、糖尿病になるという感覚は多くの人が持っているでしょう。

実は糖尿病どころか、がん細胞も元気にしてしまうのです。

つまり砂糖は、病気をつくってしまうのです。

砂糖は典型的な酸性食品です。

体内で燃焼して代謝されると体液を酸化させてしまうのです。

また骨からカルシウムが溶けだしてしまうため、骨まで弱くなってしまいます。

そして砂糖は、白血球をも狂わせてしまうのです。

疲れたり、ストレスが溜まるとついつい甘いお菓子が欲しくなります。

ですが、砂糖は摂れば摂るだけ体を弱めてしまうのです。

砂糖をつかった甘いものを食べた数分後、菌やウイルスを食べる白血球の働きが弱まります。

免疫力が激減するということです。

体が疲れ免疫力が低下しているところに砂糖を摂る

さらに体の免疫力は低下

白血球が菌やウイルス

そして、がん細胞を食べる力を失ってしまうと、がんが発生してしまうのです。

砂糖は病気を発症する引き金となる

そして、がん細胞のエサになっているのです。

がんは、砂糖が大好きですから

砂糖を摂り続けていると、がんははどんどん大きくなっていきます。

さらには、白血球の働きが抑制されると、がんをなおすことが難しくなるのです。

疲れやストレスのために甘いお菓子に依存しないよう気をつけたいものです。

それでも甘いものが食べたいときは、天然のはちみつや黒糖を入れた紅茶を飲むなど、工夫するといいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った          女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

癌と闘う療法?癒す療法?

ガンなおしにも様々なやり方があります。

① ガンの三大療法(手術・放射線・抗ガン剤)など薬物療法をはじめとした治療を病院で受けている方

② 病院での標準治療をしながら副作用の軽減などを目的に健康食品などを併用される方

③ 代替療法、自然療法を組み合わせ、ご自身で取り組まれる方

④ 全く何もしない無治療の方

どれが正解なのかは、本人にしかわからないことです。

①、続いて②の療法が圧倒的に多いのが日本の特徴です。

というよりも、①② しか知らないと言った方が正しいかもしれません。

①②と③④は、ガンに対する考え方、捉え方が全くといっていいほど違います。

①②は、現代医学の考え方です。

『ガン細胞は宿主が亡くなるまで無限増殖する』

これは、19世紀のヨーロッパの細胞病理学者ウイルヒョウの定義です。

このウイルヒョウの定義は、200年間にわたり、私達の中に固定観念として定着してきました。

この学説では、人が本来持つ自然治癒力・免疫力の存在は残念ながらありません。

ガン細胞は、宿主である私たちが死ぬまで増殖し続けるのであれば、攻撃し続けるしかない。

③は、化学的な薬物を使わず、食事療法、温熱療法、気功や健康食品、ヒーリングなどを使います。

免疫を上げることでガン細胞の増殖を止め、自然治癒力でガンを退縮させる療法です。

『自然治癒力でガンが自然退縮するときに、腫瘍は増大し、マーカーが上がり、また転移をする』

ここだけ聞いても、真逆ですね。

転移ひとつとっても、捉え方は全く違うのです。

前者の学説通りであれば、毎日数千個から数万個と生まれてきているガン細胞は、どうなるのでしょうか・・・

死ぬときにはみんな全身ガンだらけになってしまいます。

私達は免疫力が働ているからガン細胞の増殖が食い止められているのです。

自然治癒力さえしっかりと働けば、ガンの自然退縮も充分可能ということです。

実際に、免疫を上げることでガン細胞の増殖を抑え、自然退縮させた方はたくさんいらっしゃいます。

免疫を上げるためには、体が喜ぶことをする。

つまり、癒すことです。

ガン細胞も大切な自分の体です。

ガン細胞を攻撃するということは、自分の体も攻撃してしまっていることを・・・

気付いて欲しい。

闘い、攻撃する生き方は、宿主の体力を奪います。

また、交感神経が過剰になり、免疫力が低下し、肺炎などの感染症を起こしてしまいます。

ガンなのに、感染症で亡くなる方が8割を占めている悲しい現状があります。

ガンも自分自身の大切な細胞。

闘う生き方をやめ、ガンを含め、自分を癒す生き方をしてみませんか・・・

ガンだって・・・

愛情を求めています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ミトコンドリアでがん細胞の分裂を抑制

体を動かすためのエネルギーをつくるシステムは、ミトコンドリア系と解糖系という2種類のものがあります。

この2種類のシステムが、バランスをとりながら私たちは年齢を重ねていきます。

どちらのシステムを主に使っているのかで体の状態や免疫力が変わってきます。

このシステムの使い方を間違えたり、バランスを崩したりすると、ガンを引き起こしてしまいます。

ガンになったら、自分が使っているシステムを年齢に似合ったシステムに戻してやらなくてはいけません。

解糖系の特徴は、細胞分裂しやすく、瞬発力に使われます。

急なエネルギーが必要な時に、血液中のブドウ糖を細胞内に取り込んで瞬時のエネルギーをつくります。

20歳までは、しっかり食べて活力をつけ、激しい運動が出来る解糖系のシステムを使って生きています。

上皮細胞、骨髄細胞、骨格筋、精子などの分裂の盛んな細胞は、解糖系システムからエネルギーをもらっています。

解糖系は、糖を必要とし、低酸素、低体温の環境でもしっかり働いてくれます。

一方、ミトコンドリア系の特徴は、細胞分裂はしにくく、持続力に使われます。

50代からは、長生きのためのゆっくりシステムであるミトコンドリア系で生きていきます。

非常に効率の良いエネルギーで、解糖系の18倍のエネルギーをつくることが出来ます。

ミトコンドリア系は、細胞分裂を抑え、ガン細胞の分裂も抑えます。

20歳までは、瞬発力、細胞分裂をする解糖系

20歳から40代までは、解糖系メインでありながらも、2つのシステムを調和させながら生きる時期

50代になると更年期に伴い、エネルギー生成を解糖系からミトコンドリア系に切り替えていきます。

更年期を迎えても解糖系でエネルギーをつくっているとガンなどの病気になってしまいます。

このシステムの切り替えに大切なことは、少食です。

若い時と同じように食べていると、いつまでも解糖系でエネルギーをつくり続けてしまい、ガン細胞の分裂が抑えられなくなります。

ガン細胞の分裂を抑えるのは、ミトコンドリア系です。

年齢と共に糖質の摂取を抑え、少食を心がけ、システムをミトコンドリア系に移行していかなくてはいけません。

そして、ミトコンドリアをしっかりと働かすために、絶対に忘れてはいけないことがあります。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

血液を汚しているものは何か

ガンをなおすつもりが、ガンを増やすことをしているかもしれません。

実は、よくあることなのです。

ガンを自分でなおすと決め、抗ガン剤もやめられた方

食事や運動、温熱など一生懸命されています。

しかし、抗ガン剤以外のお薬も一生懸命、飲まれています。

その代表的なものが、血圧の薬、血栓の薬ですね。

本当に必要でつかう薬と、そうでないものを冷静に考える必要はありますね。

そもそもなぜ、ガンになったのでしょう。

お薬の飲み過ぎということはないですか?

薬によって血流を悪くさせているということはないですか?

血液がドロドロになる生活をしていないですか?

薬によって体温を下げていないですか?

薬は、そもそも石油製品です。

飲めば飲むだけ、活性酸素を増やします。

毎日飲み続けていると当然、活性酸素が過剰になり、体を酸化させガン細胞が増えてきます。

そもそもなぜ、ガンになったのか・・・

血液が汚れているのから、ガンになったわけです。

それなのに、血液を汚す薬を飲む・・・

当然、血液が汚れたままでは、ガンはなおらないですね。

ちなみに・・・

大櫛先生は、血圧が200になっても血圧が破裂することはないと断言されています。

それどころか、180を超える高血圧治療は、死亡率が5倍という衝撃データーが出ていて、大櫛先生は声をからしてそれを訴えています。

治療することで5倍死ぬ。 治療しない方がいい。

高血圧で死ぬより、治療での死亡リスクの方がよほど高い。(病気はこうしてつくられるより)

歳をとれば、血圧だって高くなるのは当たり前です。

年齢プラス90だった時代があります。

それが、高血圧の基準が180と設定され、やがて147になりました。

このようにいつしか、年齢関係なく一律に基準値が設けられ、投薬の対象が増大したのです。

不思議ですね・・・

その分、痴呆やガンも増えています。

薬を飲むということは、必ずリスクがあることを覚悟しておかないといけませんね。

血液を汚しているものはなにか?

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

レンコンの特徴的な成分

穴があいているレンコンは、「先が見通せる」とされ、縁起物としてお正月料理などに使われます

レンコンの主成分は、デンプンで食物繊維を多く含有しています。

レンコンは、ビタミンCがとても豊富なうえに、レンコンのビタミンCは、加熱しても壊れにくいため、ビタミンCを効率よく摂取することができます。

そして、レンコンの特徴でもあるムチン、タンニンといった成分

レンコンの糸を引く粘りのもとが、ムチンといわれる成分で、納豆のネバネバ成分と同じです。

ムチンは、タンパク質が効率よく消化吸収され、細胞を活性化させ、疲労回復に効果があると言われています。

そして、タンニンはポリフェノールの一種で 体の酸化を防ぐ力を持っています。

過剰に発生した活性酸素を除去してくれので、悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌を守る働きとなり、ガンや生活習慣病を防ぐ効果があるといわれています。

またタンニンには、止血効果があり、生のレンコンをすりおろしてしぼった汁を飲んだり、鼻炎による鼻づまりには、しぼり汁を脱脂綿などに浸み込ませ、鼻腔にさすなど、レンコンは民間療法でも古くから使われてきました。

お試しくださいね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

癌が治る人、治らない人の思考癖(考え方)の共通点

癌が治る人、治らない人の共通の思考癖・・・

誰だって、ガンをなおしたい気持ちは同じです。

思いは同じなのに、なおる人、なおらない人がいるのはなぜでしょう。

思考癖に共通点があります。

【なおらない人の共通点】

生き方を見直さない人・全て人のせいにしている人・被害者意識が常に働く人・執着が強い人・頭で理解しようとする人・マイナス思考の人・不安が強い人・気分屋・感謝が出来ない人・ひとつのことが続かない人・欲が強い人

【なおる人の共通点】

生き方を見直した人・自分のつくった結果だと気付いた人・自分の愚かさに気付いた人・捉われない考え方・体の声が聴ける人・前向きな人・自分を信じることが出来る人・自分を見つめることが出来る人・本当の感謝を知っている人・諦めず続けられる人・充足を感じる人

ガンなおしは、生き方を見直すこと、思考癖をなおすことです。

これは、一時的ではなく、自分自身しっかりと根本から見つめ直す必要があります。

喉元過ぎれば熱さを忘れる・・・

このような言葉があるように、少し良くなると忘れてしまう方も少なくありません。

せっかく良くなっていても、また振り出しに戻ることも・・・

そして、また気付かされる・・・

しかし、出来れば同じことは繰り返したくないものです。

覚悟を決めて取り組まなくてはいけない時もあるでしょう。

癒すという意味と、我欲という意味をはき違えてしまうこともあるでしょう。

これは、癒しなのか、それとも自分の我欲なのか・・・

体の声を聴いて、考えてみる必要はありますね。

そして、ガンをなおすという観点から、自分の体を本来の姿に整えていくという観点に変えてみてはどうでしょう。

ガン細胞にばかり捉われていたことに、今になって気付くかもしれません。

本当のガンなおしは、ガンだけに視点を持っていくのではなく、自分自身にしっかりと視点を持っていくことが大切であり、秘訣です。

だから、ガン細胞を攻撃するのではなく

ガン細胞を正常細胞に戻してあげること

これが、本来の治癒への道だと考えます。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

フィトケミカルで癌予防?

ファイトケミカルとは、野菜、果物、穀物、海藻、お茶やハーブなど、植物性の食品の色素や香り、アクなどの成分から発見された天然の化学物質です。

果物や野菜の色素や辛味成分がフィトケミカルであり、体内で抗酸化物質として作用します。

米国立がん研究所は、1980年頃からフィトケミカル(生命を維持するために必要な栄養素としてはまだ分類されていない成分)の安全性と有効性、適用性についての評価が始まりました。

フィトケミカルには、抗ガン性を示すものも多くあり、疫学的研究によれば、果物や野菜に含まれるフィトケミカルはガンの危険性を減少させるといわれています。

まさに植物とガンの関係は大きいですね。

なかでもキノコ類はフィトケミカルを多く含む代表的な野菜です。

キノコに多く含まれるβ-グルカンは、免疫細胞を活性化して免疫力を高めてくれ、ガンをはじめとした生活習慣病やウイルスの感染予防に役立ちます。

そしてβ-グルカンは、不溶性食物繊維の一種ですので、便秘を解消してくれて腸内の環境を整えてくれます。

β-グルカンは、水に溶けだす性質がありますしっかりと溶け出したβ-グルカンを丸ごと無駄なく摂取するには、お味噌汁やスープが一番

β-グルカンは、直接、ガン細胞に作用するわけではないですが、キノコは低カロリーで酸化防止や免疫向上にはとても良い食べ物です。

動脈硬化を予防にもキノコ類は働きかけてくれるので積極的に摂っていきたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

体の冷えの原因は運動不足?

からだが冷えていませんか?

下半身が冷えていませんか?

手足が温かいのと、手足のほてりは違います。

体温が低いのに手足がほてる人

それは、体の熱が手足を通して外に逃げているからです。

その他、手のひらが赤い・生理不順・痔・下肢静脈瘤(血管のぼこぼこ)・浮腫みがある人は、からだが冷えている可能性があります。

冷えから体温低下が起きると、臓器の働きが悪くなるだけでなく、細胞、すべての代謝が悪くなります。

そして、静脈の小さな毛細血管の流れが滞り、さまざまな症状が表れてきます。

神経痛や肩凝り、頭痛、動悸などです。

お風呂や食事などを気を付けているのに冷えがなおらない、という方も・・・

とくに女性に多いですね。

その原因の多くは、運動不足にあります。

とくの下半身の運動不足です。

運動をして、足が温まると血流が良くなります。

足は心臓から遠いため、血液を送るために、ふくらはぎがポンプの役割をしてくれています。

足の筋肉が衰えると、ポンプの正常な役割が果たせなくなり、血液が隅々まで運ばれなくなります。

ですから、下半身の筋肉を鍛えることが大切です。

筋肉が鍛えられると、血流も良くなり体温も上がっていきます。

そして、血流がよくなると、体の毒素が下半身に移動し、体の外へ排出されやすくなります。

歩いたり、階段を上り下りしたり、また椅子座ったままでも足を持ち上げ上下させる運動など、自分の体調や環境に合わせ、考えてしてみると良いですね。

とくにガンの方は、体温が低く血流も悪く、浄化機能が衰えがちです。

運動に加え、湯舟のなかでふくらはぎをマッサージするなども良いでしょう。

この冷えを見逃してしまうと、ガン以外にも心筋梗塞や脳梗塞など、一瞬で命を奪うようなことにもなりかねません。

運動不足と体の冷えの関係・・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)