クセのある野菜で血管浄化・がんは血液の汚れ

がんは血液の汚れから起きた病気です。

だから、癌を治すには血液の浄化が必要です。

野菜は血液をサラサラにすると言われますが、クセのある野菜ほど血液の浄化作用が強くあります。

ニンニク、ネギ、春菊、生姜など・・・

これら匂いのある野菜は、フィトケミカルが多く含まれており、活性酸素を除去する作用があり、抗酸化力が非常に優れています。

がん治しには有り難い存在です。

私のフィトケミカルはこちらから

また、春菊は肉や卵といった動物性の食品の毒性を軽減する作用があります。

春菊は葉緑素を豊富に含んでおり、腸を活発にさせて老廃物の排泄を促し、血液の酸化防止に役立ちます。

春菊も血液浄化にはとても優れた野菜ですね。

これからの季節、肉や魚介類の毒性を軽減してくれる春菊は鍋のなかに必須

また体力が落ちたとき、風邪ぎみのときは、みじん切りにしたネギとすりおろしたニンニクを湯呑に入れ、番茶を注ぎ、最後に醤油を少し加え、熱いうちに飲むといいでしょう。

ニンニクには、強力な抗菌・殺菌、解毒作用があります。

クセのある旬の野菜をしっかり摂って、血液の浄化し、癌が住みにくい体にしていきたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す