天然の抗がん剤を活用する

天然の抗がん剤、ご存知ですか?

【食がガンをつくり、食でガンをなおす】

食は生きる源であり、ガンの原因にもなります。

アメリカのマクガバンレポートでも報告があるように動物性の食べ物がガンを増やしています。

そして、食べ過ぎは体の免疫を下げ、酵素の働きも低下させてしまいます。

酵素は、食べたものを消化するとき、また、排毒やガン細胞など、細胞の修復に使われています。

消化の方で酵素を使いすぎると、残った酵素だけでは正常な排毒や修復が出来なくなります。

癌は、病ダレに口3つ(品)に山と書きます。

品のあり過ぎ、食べ過ぎがガンとなったということでしょうか。

昔の人は、ちゃんとわかっていたということでしょうね。

ガンになり、初めて食について考え、見直しをしたいと相談をされます。

絶対に食べてはいけないもの、食べない方がよいもの、毎日必要なもの、食べた方がよいもの

このラインをもってお伝えしていますが、なかでも絶対に食べてはいけないものは強く言います。

直接命にかかわることだからです。

それによって、食の改善をされるのですが、ここでもうひとつ大切なことを忘れがちです。

それは、しっかり噛むことです。

しっかり噛むことは、食べものを細かく砕くという意味だけではありません。

私たちは、毎日たくさんの活性酸素を生んでいます。

ストレス、添加物、電磁波、薬剤などで過剰に発生した活性酸素によって、正常な細胞を傷つけ、ガンを引き起こしているのです。

私たちの唾液に含まれる酵素は、活性酸素を除去する働きがあります。

つまり、抗酸化作用があるということです。

唾液は天然の抗ガン剤とも言われ、蜂の唾液を混ぜ合わせたプロポリスがガンに好まれるのは、こういったこともあります。

しっかりと唾液を出すと、消化もスムーズに進み、食べたものが胃腸で腐敗することを防ぎます。

そして、噛むことは、脳への刺激もあり、ひとくちひとくち、感謝して頂くことで心も体も癒され、自律神経をのバランスを整えていくことが出来ます。

天然の抗ガン剤をしっかりと活用してくださいね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ゴボウは毎日食べたい根野菜

土のなかで育った根野菜は体を温める性質があり、その他にもさまざまな効能があり、積極的に食べたいお野菜のひとつです。

ごぼうの食物繊維は、腸を刺激し、繊維質が発ガン性物質を巻き込み、有害物質を排泄する働きがあります。

便秘の方にはおススメです

便秘解消には、常食することが大事ですね

また植物繊維には、イヌリンという多糖類が含まれています。

このイヌリンは腎臓や肝臓の機能を活発にしてくれます。

だから、ごぼうは免疫力を増強するとして、中国では薬用として愛されています。

そして、ごぼう特有の歯ごたえは、噛むことで血流を促し、脳へも酸素をしっかりと運び、脳が活性化され、興奮した精神を鎮めるのにも有効と言われています。

噛むと唾液もしっかりと分泌されますね

毎日食べたい根野菜はごぼうです!

ごぼうのあく抜きは、長時間、酢水にさらさないことがコツです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

不安の中に眠るものとは・・・

『寂しい自分・出来ない自分』

そんな自分を受け入れてみませんか!?

幸せな人は、みんな前向きで、いつも明るく、周りにいっぱい人がいて

そんな風に思ったりしますよね

その人たちは、本当にいつも前向きなのでしょうか

同じように、出来ない自分に悩んだり、人が羨ましく見えたり、前に踏み出せない自分が嫌になったりしてきたはずです。

それなのに幸せになれたのなぜでしょう・・・

寂しい自分、出来ない自分をすべて受け入れよう!と気付いたからです

認めたくないけど、認めちゃう

自分をごまかさない、だまさない

しなければならないという自分の常識にとらわれない

これが幸せになるこつですね

幸せドキドキ健康は自分でつくるもの

不安のなかに眠る 【豊かな人生への鍵】 を早く見つけていきましょう

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

コレステロールの値は低いより高い方がよい??

コレステロールの真実はいったいどちらでしょうね・・・!?

病院へ行けば、コレステロール値が高いとすぐに薬が処方されます

しかし、近年では、真逆の意見も言われるようになりました。

「コレステロール値が高いほど、死亡率が低かった」 という研究報告が世界で数多くあげられています。

世界各国の総コレステロール値の上限は260~270㎎/dl

日本は、2007年まで220㎎/dl で、これを超える人は治療の対象となっていたとか・・・

これは、他国に比べ、コレステロール値を下げるための治療をする人が多いという結果になるでしょうね

コレステロール値は、高いと体に悪い

こんなイメージも出来上がってしまっています。

しかし、コレステロールを下げる薬を飲む方が問題だという専門家の声もたくさんあがっています。

不必要な薬を長期に服用すれば、当然、免疫機能を破壊され、ガンへの道になるということ

人任せだななく、自分で学ばなければいけませんね

そして、薬に頼らず、自分でコントロールするのが一番です

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

癌の原因と活性酸素過剰

私たちは、酸素を吸うことにより、代謝が行われています。

そこで発生するのが、活性酸素です。

呼吸で取り入れた酸素のうちの約2%が活性酸素になるといわれています。

活性酸素は毒性が強く、体内の細胞を酸化させてしまいます。

これが、老化やさまざまな病気を引き起こす原因となります。

このように悪いイメージの方が強い活性酸素ですが、実は、私たちの体を守るための働きもしてくれているのです。

適量の活性酸素の働きは、白血球やマクロファージなどの「免疫機能」の一部として、体内に侵入した細菌などを取り除いてくれることです。

しかし適量を超える活性酸素は、体を酸化させてしまいます。

活性酸素を過剰に生んでしまう原因には、さまざまなものがあります。

ストレス・食品添加物・電磁波・紫外線・薬品・放射線・激しい運動などなど・・・

私達の周りは、活性酸素を大量に発生させてしまう物質で溢れかえっています。

過度の活性酸素は免疫機能をを狂わせ、細胞を傷つけ、ガンなど様々な病気の要因になります。

大切な免疫器官ある胸腺も活性酸素と加齢が原因で機能低下していきます。

活性酸素を除去する機能も40歳辺りを境にどんどん低下していき、体内のスーパーオキシド・ジスムターゼなど抗酸化酵素をつくる力も年齢とともに低下していきます。

抗酸化力が衰えるということは、活性酸素は増える一方になります。

だから、年齢とともにガンになるリスクが高くなるのです。

なかでも薬品や放射線は、活性酸素を大量に発生させてしまいます。

活性酸素が過剰になると免疫も低下します。

放射線治療をした方は、抗酸化食品をしっかり摂ることをおススメします。

そして、活性酸素を増やさない生活をしていくことが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

農薬でがんになる?

農薬は体に良くないことはわかっているけれど、いったいどんな悪さをするのでしょう!?

日本では、有機リン酸やグリホサート系の農薬がよく使われています。

グリホサートは、モンサント社のラウンドアップの成分名であり、世界でもっとも多く使われている除草剤です。

日本では、農家だけでなく家庭用としてもホームセンターで販売されていますね。

このグリホサート系は、強力な作用をもつ農薬で発ガン性が多くの調査で指摘されています。

世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(本部フランス・リヨン、IARC)は2米モンサントが開発した除草剤「グリホサート」に発がん性の恐れがあるとする報告書を公表した。

そんなこともあり、農薬の怖さは少しずつ意識するようになってきました。

農薬を浴びた野菜を、どんなに洗っても完全に除去することは出来ません。

有機リン酸も同じです。

有機リン酸は、サリンと同じ系統で、脳や神経を麻痺させる強い作用があります。

農薬が使われた野菜やお米を摂ることの怖さを痛感しますね

ガンや神経系の病気が増えていることも関係しているかもしれませんね

野菜は自然農法栽培がいいですね・・・

味はもちろん、栄養値も違いますから

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 (岡山県和気郡和気町

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

継続は力なり

毎朝3時から3時半に起きる私ですが、どうしてそんなに元気なのですか?

とよく聞かれます

私が、ガンになってからずっと愛用している『蜂粋ゴールドプロポリス』

大自然の神秘を感じ、そして恵みに感謝する日々でございます

私の場合は、ガンになった時は1日15㎖

もちろん、食事、運動、心の持ち方も改めましたよ!

それでも気分が落ち込む日は20㎖は飲んでたかな・・・

最初の半年はこれを続けました

その後は、体の声を聞きながら調整し・・・

そんなこんなで、今は、1日2~3㎖

何ごとも継続は力なり・・・です

そして、信じる心が大切なことを痛感しましたね・・・

ご参考までに・・・

ご愛飲者はこんな方です

上から多い順です。

・ガン
・薬品、放射線での酸化
・血液ガン
・肝炎、肝硬変(ウイルス性をを含む)
・糖尿
・高血圧・低血圧
・アレルギー
・炎がつく疾患(副鼻腔炎、歯周炎、口内炎、胃炎)
・低体温、冷え性
・動脈硬化
・鬱
・肌荒れ
・肺炎 など・・・

『蜂粋ゴールドプロポリス』のこだわりはこちらから

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

9割の病気は自分で治すもの

「イスラエル全土で病院がストをしたら、死亡率が半減し、再開したら元に戻った」

1973年、イスラエル全土で病院ストが決行されました。

診察する患者の数は、1日65,000人から、救急のみの7000人と約10分の1に激減。

「ストは1か月間続いたが、エルサレム埋葬協会によると、イスラエルでストの期間中、死亡率が半減した」

「医者が医療行為の9割をやめて、救急医療だけに取り組めば、人々の健康状態はまちがいなく改善されるはずである」

その理由は・・・

「現代医療の治療は効果がないことが多い。逆に、当の病気より治療の方がはるかに危険ということがよくある」 (メンデルソン博士)

新医学宣言より一部抜粋しましたが、イスラエル全土の病院ストは、有名な話です。

耳を疑いたくなるような話です。

しかし、納得いく言葉でもあります。

ここでいう9割が慢性病を示しています。

そして、なおす医療ではなく、症状を抑える医療となっている現代医療をメンデルソン博士は効果がないと言われたのでしょう。

薬で無理やり抑え込むことで本来持ち備えている治癒力を低下させてしまったり、薬の副作用で新たな病気をつくってしまったり、再発を繰り返したりし・・・

一方、救急医療で救われる命もたくさんあります。

必要なこと、必要でないこと、自分でしなくてはいけないことを、私たち個々が、しっかりと判断していくことが大切です。

そうすることで、真の健康となり、長寿と幸せを満喫できるのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

抗ガン剤  医薬品添付文書   その3

抗ガン剤の中身はどんな成分なのですか?

多少なりとも抗ガン剤に対して不信を持っていれば、副作用の重大性からして当然、気になる部分ですね・・・

「毒には毒で制す」

この言葉通りです。

******************* 以下 船瀬俊介著書より一部引用 *****************************

アルキル化剤 毒ガス兵器が起源、DNA破壊する 発ガン剤

毒ガス兵器マスタードガスが起源

これらは、もっとも歴史の古い抗ガン剤である。

ガン細胞のDNA(遺伝子)合成を阻害して、増殖を抑えようとするもの。つまりDNAを損傷する強い作用がある。

ガンはDNA損傷、破壊、切断によって発生する。

つまり、これら古典的アルキル化剤の抗ガン剤は、まぎれもない強烈発ガン物質なのだ。

「本剤は、第一次世界大戦中にドイツ軍が毒ガスとして使用したマスタードガスが起源を発し…」と記述はガ然、きな臭くなる。

「その後、制ガン作用が検討され、とくに1952年、石館らによって開発され・・・アルキル化剤を含めた制ガン剤開発の発端となった」 医学大辞典

「医学辞典」は正直である。

「粘膜皮膚に付着すると、みるみる爛れ(びらん)を起こす」

よってこの毒ガス兵器は びらんガス とも呼ばれ、恐れられた。

************************************************************************************

これだけの毒が体内に入るのですから激しい吐き気に襲われるも当然です。

DNA破壊ですから様々な機能を失います。

亡くなっていく方は、実はガンで亡くなるのではなく、8割以上の人が抗ガン剤によって免疫が破壊され感染症を起こして亡くなる。

これも某大学病院のインターンが、亡くなっていく患者さんの死因に疑問を感じ、独自でカルテを調査したという有名な話です。

これがまさの毒による副作用です。

毒には毒で制する

ガンは宿主が死ぬまで増殖し続けるというウイルヒョウの学説を未だに使っている西洋医学では、当然ながらガンは毒なのでしょう。

ガン細胞は本当に増殖し続けるのでしょうか。

そこがそもそも違うのです。

ガンは自分の体の細胞の一部です。

だからガンは温めて癒してあげることが一番なのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

生理痛がある人はがんになりやすい

女性の体は、毎月、赤ちゃんが出来た時のための子宮内膜というものがつくられています。

着床しなければ、つくられたものが体の外に排出するのが生理の経血です。

この時 『プロスタグランジンE2』 という物質が、子宮を収縮させ、炎症を起こしています。

『プロスタグランジンE2』が過剰に分泌されることで、生理痛が起きます。

生理痛がある人は、ガンになりやすい人です。

生理痛が重い人は、ガンの道です。

生理痛もガンと同じ

体の冷え・ストレスから起きていることがほとんどです。

体が冷えると、血行が悪くなり子宮の機能が下低下します。

血行が悪くなると、生理という排出する作業がスムーズに出来なくなります。

すると体は、『プロスタグランジンE2』を大量に分泌し、生理痛が起こります。

生理痛のなかに、腰痛、頭痛、吐き気などがありますが、これも体が冷えて起きる現象です。

また、ストレスも同じです。

ストレスは体が緊張状態になり、自律神経のバランスを崩し、冷えを引き起こし血流を悪くします。

自律神経のバランスが乱れると女性ホルモンも乱れやすくなり、子宮機能は低下します。

すると、毎月の経血がスムーズに出来なくなり、『プロスタグランジンE2』を過剰に分泌してしまい、生理痛がおきてしまいます。

ストレスは、自分でも気付いていないことも・・・

生理痛がひどい人は、自分でも気付かないストレスがあるのかもしれませんね。

生理痛を軽減することは、ガンのリスクを減らすということです。

また、生理痛を悪化させやすい食べ物を摂らないことです。

生理の前には特に気を付けたいものは、カフェイン

カフェインは、神経を刺激し、血管を収縮させてしまいます。

また、体を冷やす性質があるので、血流を悪くさせてしまいます。

生理痛がない人でも、カフェインの摂取量には気を付けたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)