人に答えを求めるのはがんの道

「治る確立が高い方を選びたい」

ガンになり、療法に悩んでいる方からそんな言葉をよく聞きます。

これがガンになった原因でもあるのです。

人に答えを求めてしまったり、委ねてしまう人

本当にそれでなおるのでしょうか。

人間の体に対して、他人が治せると言い切れるものはありません。

なおると言い切れるのは、体の声を聞ける自分自身だけです。

科学的根拠があるものでも、絶対という言葉はないでしょう・・・

人は、体、心、性格、体力、環境、生き方、細胞まですべて違います。

だから、確率など数字ほどあてにならないものはありません。

同じ病気でも、同じ治療をしても結果はみんな違います。

生存率がひと桁であった人でも克服している人もいます。

初期であっても命を落とす人もいます。

良いも悪いも、すべての可能性も秘めているのです。

結果は誰にも分からないことです。

大事なことは、自分の意思と責任です。

そして自分自身が、何を大切にしたいのかで選ぶ道も変わってきます。

本気でなおしたければ、もう一度、自分自身と向きうことです。

すると、おのずと自分が選ぶ療法が見えてくるのではないでしょうか・・・

人に答えを求めること、委ねること自体が、ガンの道

ガンは自分の生き方がつくった病です。

自分自身の愚かさに気付き、自分の直感を信じる

そして、コツコツと実践するのみです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す