がん細胞を正常細胞に!本気でがんなおし

二月八日は 『事八日』(ことようか) と呼ばれています。

この日は、針や人形など使い終わったものを供養するなどの風習があり、私たちのために働いてくれた物への感謝を込め供養します。

人形は、子ども達が元気に育つ願いが成就したとき、奉納、供養するものです。

私は、がんのとき支えになったプロポリスに感謝を込めました。

そして今、こうやって元気でいることを、すべてに感謝しています。

がんになったことで気付いたことです。

がんは、生き方を見直すきっかけを与えてくれた、私にとって感謝すべき存在となりましたが、それも最初からそう思えていたわけではありません。

がんになったことがとても大きなストレスになっていました。

ですが、ストレスががんを悪化させると知りました。

そして、愚かな自分に気付き➡思考、生き方を変える実践をしました。

現在、たくさんの方からご相談を受けていますが、ほとんどの方に共通すること

それは、精神的ストレスです。

どんなに良い治療、良い食材があっても、ストレスが強い状態では根本から体を癒すことは出来ませんね・・・

がんと心は繋がっており、心が癒されない限り、がんも癒されることはありません。

がんになれば多くの方が、がんを消すことだけに集中してしまいがちです。

しかし、がんを攻撃する生き方は➡自分の体をも攻撃する生き方であり、がんを殺すということは➡自分の体をも殺しているのと同じです。

それは、がん細胞も、大切な自分の体の一部であり、元々は正常細胞だったのです。

しかし、ストレスや、生活習慣の誤りで、がん細胞に変化させてしまったのです。

がんをつくった原因であるストレスや生活習慣を見直すことを教えてくれた存在なのです。

がんになっていなければ、体の負担に気付かぬまま➡突然死していたかもしれませんし

がん細胞は消すのではなく➡正常細胞に戻してあげること、が免疫細胞を減らさず、本来のがんなおしと思います。

がんだけに目を向けるのではなく➡心、体、環境、生き方 ➡全体に目を向けること

それこそが、がんを治す近道です。

自分の愚かさに気付き➡意識を変えること➡希望が見えてきます。

そのお手伝いをさせて頂いていることは、私も有り難いと感じます。

 すべては「感謝」・・・ですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す