抗がん剤の辛い副作用を軽減するには

がん治療中の方で、行き場の無くなった方が増えているみたいです。

現在日本には「130万人」を超えるがん患者がいるといわれています。

その中の半数くらいの方が、治療への「不安」や「不信感」でさまよっているそうです。

抗がん剤の副作用で地獄をのような体験をした・・・といわれた卵巣がんのK様

その副作用はとてつもない苦しさで、生きることが嫌になった時期もあったくらいです。

突然のがん宣告を受け、準備も知識もない状態で治療に進んだのでしょう。

つらい治療に耐え抜いてやっと終わったと思ったら、今度は考えてもいなかった後遺症に悩まされているそうです。

白血球、血小板の減少に始まり

身体症状➡手のしびれ、体の冷え、倦怠感、味覚障害、頭痛・・・

気持ちがとても落ちているようで、そんな時に再発を告げられ、すぐにお電話をしてこられました。

月末には、また抗がん剤が始まるそうです。

しかし壮絶な副作用で衰弱され、治療の甲斐なく命を亡くす人が後を絶たない現実が、脳裏によぎり、彼女はとても苦しそうでした。

がんで亡くなる人が本当に多い時代、そして、がん治療による感染症で亡くなる人が減らないのも、悲しい今の現実ですね。

2人に1人が癌になり、3人に1人が亡くなっています。

 副作用で亡くなっている方はたくさんいますので、自分の体は自分で守るしかないのです。

抗がん剤、放射線治療の副作用対策➡自分できちんとする

している人と、しない人とでは、大きな違いが出ています。

副作用は仕方ないことと諦めていませんか?

副作用は自分で軽減する➡これが命を守ることに繋がっていくと思います。

活性酸素の除去、免疫力の持続も自分次第、準備とケアが先を決めるのです。

K様もこれからすぐに対策をされるそうです。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す