下半身を鍛えて頭寒足熱に

がん患者さんで手足が冷えているかたはとても多く、温めても温めてもすぐに手足は冷えてしまいます。

特に末期がんの人は、かなり手足が冷たいといわれるのですが、頭が熱くなってのぼせてしまいおでこに冷却シートを貼っている姿もみます。

がん患者さんの多くはこのような 【頭熱足寒】 状態にあります。

字の通り→足が冷え頭部に熱がこもり→うっ血しています。

この状態では、がんの力に負けてしまいます。

逆に 【頭寒足熱】 状態の人は、がんになりにくい人です。

この状態に近づけていきたいですね。

手足を動かし➡筋肉を鍛え➡血流を良くする

更に、ふくらはぎは第二の心臓ともいわれ➡ふくらはぎで血液を押し上げていますので
血液を循環させるにもふくらはぎの筋肉が必要です。

冷えは筋肉さえも衰えさせ➡筋肉の衰えは血流を低下し➡体内の毒素が排出できない状態になり➡この冷えがやがて全身の冷えとなり➡低体温の体になっていきます。

特に子宮がん、乳がんは、冷えが原因になります。

だから、がんにならないためには 【頭寒足熱】 を目指していきたいですね。

頭寒足熱の医者いらず、と言われるくらい手足を温めることは大事なことで、体を温め、下半身を鍛え、特にふくらはぎの筋肉をつけたいですね。

下半身の筋肉を鍛えると➡血流がよくなり➡全身に酸素と血液が➡しっかりと巡っていきます。

すると、足は温かくなり、全身の体温も上がっていきます。

しっかりと全身に酸素を運び、体温を上げていくことが、がん予防、がんなおしに繋がっていきます。

乳がんについて➡http://www.qualitypro.jp/nyuugan

 

子宮がんについて➡http://www.qualitypro.jp/sikyuugan

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す