末期がんからの生還・決意が人生を変える

末期ガンを克服した人は、がん克服者の3割ほどを占めています。

末期ガンで動くことができないまでになっていた人が生還を果たす

病院での治療はすべて行い、手の施しようがないといわれた人の体から、なぜ癌が消えるのか・・・

以前、あるクライアントさんが言われました。

『ここまでなって、自分の命は自分で守っていくしかないと初めて気付かされました。

ハッと気付いたとき、今まで病院を頼り切っていた自分を情けなく思います。

これが私の生き方だったのでしょうね。

親からもらった大切な体をさんざん治療で傷み付けてしまったことを後悔しています。

このままでは、治らないのは当然です。

自分の生命力を信じて自分で治していこうと決心しました。

このままでも余命1カ月、同じ1カ月なら自分で感じるままやると決心しました。』

彼女は今も毎日の野菜ジュースにプロポリスを数ミリ落とし、1日の多くの時間を腹式呼吸で瞑想をして過ごしています。

治療法を探し、あちらこちらで聞き歩いていたころの彼女とは別人です。

迷うことなく、ブレることなく野菜ジュースをベースに自分に合ったものを組み合わせ、アレンジをされています。

彼女の決意が人生を変えています。

『私の体からがんが消えた』

『○○のおかげで元気になった』

しっかりと信念を定め、自分の体のなかに落とし込んでいます。

祈りが不動のものとなるとき

神と通じていくのです。

祈りは、成就したものと思うこと

これが目に見えない大きな大きな力となり、生命力が復活するのです。

彼女との会話を思い出すと、樹木希林さんと重なります。

大自然の恵み・自然界の波動をしっかりと受け取ることが出来れば、がんは治るのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

抗がん剤をする派・しない派

抗がん剤治療をどうするのか悩んでいる肺がんSさんは、抗がん剤で弱っていく人をみて不安になり、ご自身で色々と調べられ、そこで知ったのが、抗がん剤治療の是非

抗がん剤だけではなく、がん三大療法の賛否には驚いたそうです。

抗がん剤➡猛毒であること、癌が耐性を持つこと、投与から約100日後、癌が暴れ出すこと、副作用に二次発がんがあるなど知らなかったそうです。

正直、これが本当なのかもわからない・・・

しかし、抗がん剤治療をしたにもかかわらず亡くなっていく人や抗がん剤をした後に再発や転移を繰り返す人が多くいる以上、嘘ではないと思ったそうです。

そして医者は自分自身が癌になったときには、抗がん剤はしない、という事実を知りSさんは抗がん剤治療をしない決断をしたそうです。

そして、それに代わるものを探していたそうです。

船瀬俊介氏のご著書にもあるように、271人の医師に聞いたところ、抗がん剤治療を受けると言ったのはたった1人・・・

確かに私の知り合いの医師も、プロポリスは飲まれていますが、抗がん剤は一切していないしひとりではなく・・・

良いと思うか、悪いと思うかは個人の自由なのですが、抗がん剤の是非があることすら知らない人も多いのです。

まずは知り、知ったうえできちんと選ぶことが重要なのです。

がんは➡リンパ球の減少➡顆粒球の増加➡つまり免疫力の低下で発症します。

抗がん剤、放射線、手術は免疫を抑制してしまいますし、抗がん剤は、がん細胞と同時に正常細胞をも殺してしまいます。

そして免疫細胞がダメージを受け、免疫力が激減し、治療による極度な交感神経緊張状態が顆粒球を過剰にしてしまい、リンパ球は抑制され、感染症を引き起こす危険性も高くなってします。

抗がん剤後、肺炎などを引き起こすのがこのパターンですね。

がんになったということは、免疫が低い状態であり➡免疫を落とし➡感染症を引き起こしやすい環境をつくるのは➡がん以上に怖いことです。

再発や転移だけではありません。

命すら守れなくなる。

これらが抗がん剤の是非なのです。

賛否だけではありません。

自分の体にとって本当に必要なのか、安全なのか、をしっかり考えることが大事だと思います。

がんは、生活のなかで出来た慢性病なので、じっくりと生き方の見直しをすることも必要です。

後で、後悔のないよう、抗がん剤の対策をおススメします。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

夏風邪予防にカボチャにスープ

かぼちゃには、免疫力を高める働きがあります

暑さで弱り気味の体にとって、効果的な夏野菜のひとつ

かぼちゃに含まれるβ-カロチンには、粘膜などの細胞を強化し、免疫を高めてくれる効果があるので、夏風邪予防には最適です。

また、β-カロチンには、外から体内に侵入してくるウイルスや有害な細胞をやっつけてくれるパワーもあり、活性酸素を除去する働きがあります。

つまり、β-カロチンを多く含むかぼちゃは、体を酸化から守る抗酸化力の高い食材ということになります。

そして、かぼちゃには体を温める効果があるので特に冷え性の女性にはオススメの食材ですね

特にスープにすると、ガン予防に良いとされるフィトケミカルが煮汁に溶けだし、最高の抗酸化メニューになります。

しかも、かぼちゃは食物繊維がたっぷりなので、腸を整え、便秘予防にも効果的

西洋かぼちゃは、βカロチンがとても多く、ビタミンCは日本かぼちゃの2倍もあるそうです

この夏を乗り切るためにも、かぼちゃなどβ-カロチンが多い野菜を食べましょう

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんが消えて行く環境・偏らない生活

偏った生き方は、心と体に大きなストレスをかけています。

癌は、生き方の偏りがつくった病

働き過ぎ  ⇔ リラックスし過ぎ

頑固過ぎ ⇔ 人が好過ぎ

神経質過ぎ ⇔ 無神経過ぎ

このような神経過剰状態は、血行を悪くし、体温が低下させてしまい、さらには呼吸までもが浅くなります。

低体温、低酸素の体では、正常な細胞が生きにくくなります。

しかし私たちのからだは、低体温、低酸素という最悪な環境下であっても、命を守るために、その環境に適応する細胞をつくって生き延びようとします。

それが、がん細胞です。

宿主である私たちが、この低体温、低酸素という環境を変えない限り、がん細胞は生き続けるのです。

逆に環境を変えることで、がん細胞は住みにくくなり私たちの体からすーっと消えていくのです。

これが、自然治癒力による、がん自然退縮です。

そして、がん細胞がいた場所に、以前のように正常な細胞が住みだすのです。

つまり、がん細胞に気持ちよく出ていってもらって、また正常細胞に帰ってきてもらう環境を整える、ということです。

そのためには偏った生き方を見直すこと

低体温には、低体温になった原因が必ずあります。

低酸素には、低酸素になった原因が必ずあります。

まずは、原因を探り、取り除くことが必要

癌になったことで、異常な不安感、恐怖感に襲われ、神経がさらに過剰になってしまう・・・

そんなことはありませんか?

強い不安、恐怖に襲われたり、無理をした生き方をしていると交感神経が緊張状態になります。

私たちの体は、交感神経が緊張状態になると、アドレナリンを分泌し、血管が収縮してしまいます。

すると、さらに低体温、低酸素の状態になります。

体温は低くないのに、がん治しが上手くいかない方

酸素はしっかりと入っていますか?

ぜひ、再確認してみてください。

体温が低いと、糖の分解、必要な栄養素への変換もできなくなり、高血糖が起きます。

低体温・低酸素・高血糖はがんの道

毎日の食事を大切に、カロリーを栄養に変える体づくりをおススメします。

本気で治したい方・ご相談ください。 一緒に取り組んでいきましょう

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治しは決断力と実践力・再発を防ぐ

人間ドックは日本特有の検診です。

こんなに検診王国でありながら、癌が減ることはなく、増え続けています。

検診による過剰診断も癌が増えた理由のひとつでしょう。

また、近年では検診などによる過剰なレントゲン撮影が癌の原因のひとつになっているとも言われています。

病気を早期発見するためのレントゲン検査によって、被曝をしていることには矛盾を感じます。

放射線エネルギーはDNAを破壊してしまうためレントゲン検査を受けるとその分、発がんリスクは高まります。

こんなにX線を浴びている国は日本ぐらいでしょう。

人間ドックや検診では、病気を防ぐことは出来ません。

大切なことは、病気にならない体づくりを心がけること

また、病気になっても自己治癒力で元の健康な状態に戻せる免疫力をつけることです。

日本人の死亡原因のトップは癌で、年間約35万人が亡くなっているそうです。

癌でありながら、実は多くの方は癌以外の原因で亡くなっています。

それは肺炎、カンジダ菌などの感染症です。

その数は8割

なぜ、こんなにも多くのがん患者が感染症で亡くならなくてはいけないのでしょうか・・・

原因は、免疫力が極度に低下しているからです。

抗ガン剤や放射線によってリンパ球が激減し、免疫力は限りなくゼロとなり、感染症を起こしてしまいます。

今まで何ともなかった菌でさえ、免疫力がなくなると全身が侵されてしまいます。

がんを治すどころか命が危険な状態になります。

抗がん剤や放射線は、対症療法です。

一時的に良くなったように見えても、免疫力を上げない限り、ひとときすればまた、癌は活動を始めます。

しかも、抵抗する癌細胞は、前よりも力を増して活動を始めます。

これが再発転移です。

がんの根治を目指すなら、免疫力を上げるしかない

どんな人でも毎日数千から数万の癌細胞が新たに生まれています。

画像に写る腫瘍をたとえ全部きれいに取り除いたとしても、免疫がなければ、毎日生まれてくる癌細胞を抑えることができず、また新たな塊をつくってしまいます。

しかも抗がん剤や放射線によって体内に活性酸素が大量に発生していると、その可能性はさらに大きくなります。

体内に溜まった毒素をいち早く排出し、免疫を上げる生き方をすることが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

味噌汁は飲む点滴・夏だからこそ

夏は、寒い時期に比べ、味噌汁を飲まなくなりがちです。

ですが暑い時だからこそ味噌汁は飲むと良いのです

なぜなら、味噌汁は飲む点滴と言われるほど、栄養抜群な食べ物だからです。

麹で大豆が発酵分解され、最高の乳酸菌になるのです。

毎日、欠かさず味噌汁を飲む人は、腸のなかの善玉菌が多いですね。

野菜をたくさん入れたお味噌汁は、フィトケミカルがしっかりと溶け出し、活性酸素の除去にも働きかけてくれます。

そして、人間の体にとって必要な塩分を兼ね備えている味噌汁は、汗をかく夏だからこそ飲みたいものですね

減塩生活が、ガンや病気をつくっているのですから・・・

私は南の島にお味噌汁は持って行けれないので、
代わりに玄米の発酵液と、自然塩を持参しました

もちろん蜂粋ゴールドプロポリスも

おかげで夏バテしらずです

大自然の恵み・自然界の波動をしっかりと受け取ることが出来れば、がんは治るのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんを治す現実を信念んがつくる

がんを治しにとって、最も大事なことは自分を信ずる心であり、この信ずる力が、治癒力に影響を与えます。

体は常に正常を保とうとしますので、病気になれば、病気を治そうとする力、つまり治癒力をもっています。

毎日の生活で心の持ち方によって、その力がどれだけ発揮できるかが変わり、白血球をも支配します。

不安や恐怖は➡交感神経過剰となり➡がんを治すために必要なリンパ球を減少させます。

心の持ち方を変えたことで➡がんが自然退縮した報告はたくさんあります。

揺るぎない信念は➡大きく強いエネルギーを生み出し➡治る現実をつくっていき、念ずること、心に描いたことが現実となるのです。

「治る」「治りたい」と思う反面、、「治らないかも」・・・ 「本当に治るのか」・・・ 「再発するかも」・・・ と不安に思ってしまったりすることがとても危険なのです。

一瞬でも心に思ってしまうと、その現実を起こしてしまいます。

がんは治る➡信じ切ること➡成就したものとして念ずる

癌を克服した人や末期ガンが消えた人たちの結果を奇跡的なことと感じるかもしれません。

しかし、起こるべくして起きた結果だと、お話を聞いていつも感じます。

偶然ではなく必然的そして、あの人は治ったけど、私は・・・と思ってしまったら、治らないので、私は大丈夫、必ず治ると信じ続けることです。

そして日々の努力・・・・

だから、信じ続けることが出来るのです。

淡々と黙々と自助努力を重ねること➡信念は揺るぎないものになっていくのです。

がん治しにとって一番の敵➡ぶれる心

結果を急ぐが余り、療法をころころと変えてしまう、人の意見や情報に振り回されるつまり、何をやっても続かない人は結果が出せないのです。

焦らないことです。

焦れば焦るだけ心はブレてきます。

自分が直感で感じたことをやり続けること、私たちの思い、念ずる心は、物にも伝わっていきますので、がん患者さんの多くが健康食品などを飲まれていますが、念じて飲むことも大事ですね。

私も念じながらプロポリスを飲み、おかげで癌が治った、ありがとうと感謝しながら、とり続けました。

がんが小さくなる姿を描きながら、感謝して摂ること

それが、良い結果を導いてくれるのです。

一途に念ずる心は➡強いエネルギーを発し➡波動を高めます。

念ずる心は➡どんな人もみんな➡平等に与えられています。

それを生かすか、生かさないかは、自分次第なのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 


 

青じそジュースの役目

赤しそ

梅干しに漬けた後の赤じそは、陰干しにしたあと、小さく砕いてゆかりとしても頂けます。

カロテンの多さでいえば、野菜の中でもトップクラスと言われている赤じそ

葉の栄養価がとても高く、カルシウム、鉄分、ビタミンB1、B2、Cが豊富に含まれています。

実は、しそには、神経を鎮めてくれる働きもあります。

しそを陰干ししたものを、お茶のように煎じて飲むと、イライラを抑えてくれ、精神安定に良いとされています。

私も子どものとき、夏休みに、母が作ってくれた赤じそのジュースを飲んでいました。

食中毒などを起こしやすいこの季節

しその香り成分であるぺリアルデヒドが防腐・殺菌作用を発揮してくれます。

そして、食欲がなくなる季節ですが、このしその香りが胃液の分泌を促し、胃腸も整えてくれます。

旬のものって意味があるのですね・・・

しそジュースの作り方

<材料>

・赤じその葉 約500グラム
・はちみつ 800から1000グラム
・クエン酸 約30グラム
・水 2.5リットル

クエン酸の代わりにお酢を使っても良いです。

<作り方>

赤じその葉をよく洗い、水分をよくきってから、沸騰させた水のなかに入れ、5分ほどき煮ます。

煮たら、ザルで濾します。

そのなかに、クエン酸とはちみつを入れて混ぜ、完成

あとは、冷めるのを待って、消毒をした容器に移し替えます。

そのまま飲んでも、お酒や炭酸で割っても良し

健康ジュースですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

心を鍛え免疫を上げる

免疫を高めるためには、体を鍛えることは大切です。

しかし、それ以上に心を鍛えることが重要になります。

心を鍛えるということは、苦しみやストイックな生活を与えるということではありません。

だからといって、甘やかした生活をすることとも違います。

苦しみより喜びや幸せを多く感じる心をつくるということです。

ガンをなおすために必要なブレない心も、この喜び感、幸せ感によって形成されます。

ものごとの捉え方、心の持ち方ひとつで大きく変わってきます。

ガンになったことも、生命体の原理原則、ガンのメカニズムをきちんと知れば、決してマイナスではありません。

ガンを恐れるどころか、ガンに感謝する自分になります。

恐れは、体に大きなストレスを与え、免疫力を激減させてしまいます。

どうやって発想を変えるのか、どうやって心の持ち方を変えるのか・・・

喜び感、幸せ感が増すと、ナチュラルキラー細胞は活性化します。

つまり、ストレスをストレスにしない生き方をすることです。

きっとお役に立てます。

ご相談くださいね。

そして、自己イメージの訓練がナチュラルキラー細胞活性には良い効果をだします。

1日数分間、出来れば30分

目を閉じて、楽しいこと、喜んでいる自分をイメージしてみてください。

心が喜びを感じたとき、最もナチュラルキラー細胞は活性化されるのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

余命宣告をどう捉えるか

もし自分だったら、余命宣告をどう捉えますか?

必要か必要でないか、その賛否はさまざまでしょう。

しかし、それ以前に私は、人の命の長さを、なぜ人が判断出来るのか

不思議でなりません。

ガンじゃなくても、みんな与えられた時間、残された時間で生きています。

どんな人であれ、明日はわかりません。

人の人生を人が裁くような宣告に私は疑問を感じたりもします。

それもみんなそれぞれです。

余命1ヶ月、余命1年…

しかし、ガンの大きさ、検査結果だけで本当にそう言えるのでしょうか?

ガンの大きさは同じであっても、食事を始め、性格、環境、生き方、そして心の中、すべてがみんな違います。

人の心は、誰にもわかりません。

だから、他人が判断した余命なんて、あてにならないと私は思います。

しかし、人間の体は、余命宣告を受け、 命の期限を聞かされると脳がそれをインプットしてしまいます。

そして、体内時計が刻々と臨終時刻に向け、時を刻んでいきます。

すでに不安と恐怖を通り越し、生きる気力を失ってしまいます。

つまり生命のスイッチが切れるということです。

「だから、余命宣告なんて気にしなくていい!」
と言いたいところですが、残念ながらほとんどの方がこのパターンになっていきます。

しかし、真逆の方もいらっしゃいます。

余命を伝えられ、「だったら残りの時間をしっかり楽しもうじゃないか!」と考える方もいらっしゃいます。

開き直りです。

するとどうでしょう。

さまざまな執着が自然と手放されていきます。

執着を捨てると、愚かであった自分が見えてきます。

執着を捨てると、今まで見えなかった世界が見えてきます。

執着を捨てると、自分の周りには小さな喜びが、たくさん溢れていることに気付きます。

また、すべてに感謝して過ごすことが出来ます。

そして、この喜びと感謝ある生き方が、気付けばガンになる前より元気な心と体をつくっているのです。

余命宣告を受け、病院から見放されても、ガンを克服された方はたくさんいらっしゃいます。

見放され、「ありがとう」かもしれませんね。

私が2カ月前に出会ったクライアントさん。

私は、彼女が見直したい生き方や、ガンを癒す心の持ち方を導くことしか出来ません。

後は、執着を捨て、愚かさに気付き、修正をかけ、感謝して生きるのは自分自自身です。

今の彼女は出会った頃とは別人です。

以下、彼女の気持ちを記したものをご紹介します。

私は癌患者であります。
しかも、東京オリンピックまで生きてるのは難しいと医者から言われてます。
沢山たくさん泣きました。
これまでも色々あるたびに泣いては凹みまた復活して頑張ってきた。
いよいよだめかぁ~と落ちました。
でも2日で復活して毎日を元気に楽しく感謝をして生きてます。
乗り越えられることしか神様は試練を与えないとは言うけれど、その通りだと思います。
38歳で癌告知され治療をして、39歳で再発。40歳で厳しい宣告。
今までもなかなかのドラマチックな人生だったけれど、病気して更にドラマチックな人生となりました!
私は諦めてません。
状況は厳しいのかもしれないけど、毎日楽しく元気に生きてます!!
今年になり素晴らしい出会いも沢山あり宝と思っています。
私は確かに大病をして大変なこともあるけど、愛に関しては大変恵まれていると思う。
家族や友達、知人の支えがあり今日までやってこれました。皆さんに感謝をしています
ありがとうございます。
私が言いたいのは哀れんで欲しいわけでもなく、慰めて欲しいわけでもありません。
病気になったからこそわかったことが沢山たくさんありました。
家族が一つにまとまれたこと。
家族の愛を確認できたこと。
友達の大切さを知ったこと。
日常の生活がこんなにも素晴らしく楽しいことであることに気づけたこと。
食の大切さを知ったこと。
書ききれないけど気づけたことが沢山あり宝となりました。
こんなに元気でいるんだよ~を知って欲しいと思ったからあえて書きました(^_^) 確かに無理は出来ないし疲れやすいけど、今体力UPのために頑張ってます!
皆さんも日常生活の中で沢山不満はあるかもしれないけれど、元気に生きていられることは、何事にも変えられない財産です。宝です
病気になるまでは、呼吸が出来ているのも、ごく普通に起きて食事して排泄出来てが当たり前と思ってました。
全てが感謝だしごく当たり前にも思えることが1番の幸せだと思っています。
おんみたいせつ
以前知り合いがこの言葉をよく言ってました。そのまんま(;^_^A
健康第一です‼︎
私はもっと元気に輝くぞ~っ

*****************************************************

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)