発酵食品で放射能除去,抗酸化食品

原発事故以降、発表された急性白血病は、7000件から16000件までこの数年間で跳ね上がっています。

最近は、千葉、茨城、埼玉、東京方面からの癌のご相談がとても増えています。

放射能との関係性があるのかどうかははっきりとはわかりませんが急激に増えてきたことには疑いをもってしまいますね。

放射能は5年後から急激に病気を増やすことがわかっています。

今がその時期に入ってきているのではないでしょうか・・・

低線量の被曝は、実は一番怖ろしいともいわれていますが、低線量であるがゆえに知らずに過ごしているのが現状です。

放射能と言えば、甲状腺ガン、白血病と思いがちですが、リンパ腫や乳ガン、また精神にも影響をもたらすと言われています。

放射能は怖いですね。

しかし、検診で自ら放射線を浴び、癌になっても放射線治療を受ける・・・

矛盾を感じます。

癌を防ごうと思ったら、自ら体内に放射能を入れないこと

そして、入ってしまった放射能は早く体外へ出すことです。

低線量の放射線を長時間に渡り体内に入れると、遺伝子の異常が起きます。

高線量の放射能被曝より進行すると言われています。

野菜などの放射能は、発酵食であるお漬物にしたり、酢漬けにすることである程度、除去できます。

放射能を除去出来るのは、抗酸化物質です。

生味噌などの抗酸化食品を毎日摂られることが放射能除去に役立ちます。

また、健康食品など有効に活用されることをおススメします。

関東ではこれからガン発症が急激に増えることは予測されています。

自分の体は自分で守るしかありません。

抗酸化物質を毎日摂り入れ、栄養、運動を心がけ、体内に入れた放射能を常に出すことをおススメします。

私の愛用品はこちらから

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す