手足のほてりは体の冷えのサイン

手足が温かく感じることと、手足のほてりは違います。


手のひらが赤い人、体温が低いのに手足がほてる人、それは、体の熱が手足を通して外に逃げています。


からだが冷えていませんか?


生理不順・痔・下肢静脈瘤(血管のぼこぼこ)や浮腫みがある人は、からだが冷えている傾向があります。


下半身が冷えていませんか?

 

冷えから体温低下が起きると➡臓器の働きが悪くなり➡細胞、すべての代謝が悪くなります。


そして静脈の小さな毛細血管の流れが滞ります。

そして、その影響でさまざまな症状が起きてきます。


神経痛や肩凝り、頭痛、動悸など・・・


とくに女性に多いのです。


その原因は、運動不足が多いと言われています。


とくの足腰の運動不足です。


運動をして、足が温まると血流が上がります。


足は心臓から距離があるため、血液を送るために、ポンプの働きをふくらはぎがしてくれています。


足の筋肉が衰えると➡ポンプの機能が低下し➡血液が隅々まで運ばれなくなりますので、ポンプ役の下半身の筋肉を鍛えることが大切です。


筋肉が鍛えられると➡血流も良くなり体温➡上がっていきます。


血流がよくなれば➡体の毒素は下半身に移動➡体の外へ排出されやすくなります。


歩いたり、階段を上り下りしたり、また椅子座ったままでも足を持ち上げ上下させる運動など、自分の体調や環境に合わせ、考えてしてみると良いですね。

 

とくにがんの人は➡体温が低く➡血流も悪く➡浄化機能が衰えがちです。


運動±湯舟のなかでふくらはぎをマッサージするなども良いでしょう。


この冷えを見逃してしまうと➡がん以外にも心筋梗塞や脳梗塞など➡一瞬で命を奪うようなことにも・・・


気付いたら改善していきたいものです

 

私は運動をする前もしくは、入浴前にプロポリスを飲んでいます。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す