生き方、思考グセを変えて、がんを治す

ガンの療法を決められない人

駆け引きをしていませんか?

すぐに効果があるか

何%の人が良くなったのか

効果があるなら試したい

これでは残念ながら、なおらない人がほとんどです。

思ったような結果にならないと、人や環境、物のせいになってしまいます。

ガンは、自分に責任を持ていないとなおせません。

そもそも10年以上かけて出来た塊ですからそんなに甘くないのです。

「自分がなおす」 という意思と、覚悟をする

これがない限り、いつまでたっても同じことの繰り返しをします。

考えれば考えるだけ、踏み出せなくなります。

悩めば悩むだけ、直感が鈍り何が正しいのかもわからなくなります。

自分の直感をどれだけ信じることが出来るか

これが別れ道ですね。

勿体ない時間だけが過ぎていきます。

時間には限りがあり、1日はとても貴重な時間です。

もっと大切に生きてみませんか?

直感、つまり自分を信じることが出来る人は、素早く実践が出来ます。

ガンは、頭で考えてなおるものではありません。

悩み、考えてなおるものでもありません。

自分の生き方、思考癖に気付くことそのものが、ガンなおしなのです。

少し、俯瞰してみてみませんか?

離れたところから自分を見てみると、何かに囚われている自分が見えてきます。

それに気付いた人は、生き方を変え、思考癖を変えていけるのです。

ガンは自分の生き方、思考癖がつくった塊です。

まずは、自分を信じることから

自分を信じることが出来たら、次の行動へ移せるのです。

そして、ガンに心から感謝が出来るようになるのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す