感染症を防ぐ・がん根治は免疫を上げること

人間ドックは日本特有の検診です。

こんなに検診王国でありながら、癌が減ることはなく、増え続けています。

検診による過剰診断も癌が増えた理由のひとつでしょう。

また、近年では検診などによる過剰なレントゲン撮影が癌の原因のひとつになっているとも言われています。

病気を早期発見するためのレントゲン検査によって、被曝をしていることには矛盾を感じます。

放射線エネルギーはDNAを破壊してしまうためレントゲン検査を受けるとその分、発がんリスクは高まります。

こんなにX線を浴びている国は日本ぐらいでしょう。

人間ドックや検診では、病気を防ぐことは出来ません。

大切なことは、病気にならない体づくりを心がけること

また、病気になっても自己治癒力で元の健康な状態に戻せる免疫力をつけることです。

日本人の死亡原因のトップは癌で、年間約35万人が亡くなっているそうです。

癌でありながら、実は多くの方は癌以外の原因で亡くなっています。

それは肺炎、カンジダ菌などの感染症です。

その数は8割

なぜ、こんなにも多くのがん患者が感染症で亡くならなくてはいけないのでしょうか・・・

原因は、免疫力が極度に低下しているからです。

抗ガン剤や放射線によってリンパ球が激減し、免疫力は限りなくゼロとなり、感染症を起こしてしまいます。

今まで何ともなかった菌でさえ、免疫力がなくなると全身が侵されてしまいます。

がんを治すどころか命が危険な状態になります。

抗がん剤や放射線は、対症療法です。

一時的に良くなったように見えても、免疫力を上げない限り、ひとときすればまた、癌は活動を始めます。

しかも、抵抗する癌細胞は、前よりも力を増して活動を始めます。

これが再発転移です。

がんの根治を目指すなら、免疫力を上げるしかない

どんな人でも毎日数千から数万の癌細胞が新たに生まれています。

画像に写る腫瘍をたとえ全部きれいに取り除いたとしても、免疫がなければ、毎日生まれてくる癌細胞を抑えることができず、また新たな塊をつくってしまいます。

しかも抗がん剤や放射線によって体内に活性酸素が大量に発生していると、その可能性はさらに大きくなります。

体内に溜まった毒素をいち早く排出し、免疫を上げる生き方をすることが癌の根治への近道です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自然塩で塩麹を作る

我が家の必需品

手づくり塩麹

自然栽培玄米麹をつかいます

無農薬栽培だから安心です

お塩は、もちろん自然塩

麹と塩の割り合いさえ間違わなければ誰でも簡単に生きた塩麹がつくれます

麹に対して塩の割り合いは35%

後は、しっかり混ぜ合わせて麹がかぶるように水を入れます。

数時間したら麹が水を吸って水位が減るので、麹が水から出ないよう水を足します。

*麹が水から出ていると腐敗してしまいますので注意です

タッパーの蓋をして、このまま常温で、1日1回 塩が均等になるよう混ぜるだけ

夏場だと10日 冬場だと14日位で発酵が完了します

こんな感じに発酵したら冷蔵庫へ入れて保存します。

冷蔵庫で3ヶ月ほど保存できます

ぜひ、お試しください

今日も小さな喜びをたくさん見つけ ありがとうをいっぱい言いましょう

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん細胞の修復・睡眠中の代謝を上げる

体温を下げない食事の仕方とは・・・

冷たいもの、体を冷やす食品は避けること

そして寝る3時間前には済ませることです。

食べた物は酵素によって消化され、必要な栄養分が腸管から吸収されます。

胃で消化にかかる時間は、およそ3時間

炭水化物、タンパク質、脂質の順に消化されていきますが、この間、血液は胃に集められます。

特に冷たいもので胃が冷えてしまうと、胃を守りための体の防御機能が働き、全身の血液が一気に胃に集まってきます。

その間、腎臓、肝臓、脳、心臓などは、血液が不足した状態になっています。

血液が不足すると、体温が低下し代謝機能が落ちます。

体温が低下すると老廃物などの排出がスムーズにできなくなり、癌などの病気を引き起こしてしまいます。

とくに睡眠中は、体温が下がりやすくなります。

明け方は日中に比べて1℃近くさがってしまいます。

日中の体温が36℃なら、睡眠中は35℃になっているかも・・・

35度台はがん細胞が活発になってしまいます。

胃の中に食べ物があると、さらに体温は下がってしまいます。

睡眠中は、代謝機能が最も働く大切な時間です。

代謝を上げていくためには体温が必要

睡眠中も体温を落とさないよう、胃の中のものは消化してから睡眠に入るよう気をつけたいですね。

大自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

増え続ける子宮頚がん・円錐切除術後の再発

増え続ける子宮がん

子宮頸がん、子宮体がん、どちらも30代、40代といった子育て世代の方からのご相談が増えています。

子宮頸がんの原因とされるヒトパピロマウイルス

がんになるウイルスと聞けば怖くなりますね。

日本女性の約8~9割が感染しているといわれるヒトパピロマウイルスですが、通常は自然に排除されるウイルスであり、本来は怖がるものでもないようです。

怖いのはウイルスではなく、ウイルスが排除できない自分の体です。

つまり免疫力が低いということです。

これは、ヒトパピロマウイルスに限らず、カンジタなど菌も同じですね。

子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんの方は、カンジタ症に悩まされた経験がある方が多いです。

少し疲れいても免疫力があれば、自然治癒力が働き、真菌の増殖は防ぐことが出来るのです。

ウイルスや菌を排除できないのは、まさに免疫力、自然治癒力の低下を意味していますね。

その究極の状態が癌です。

子宮がんの検査は、細胞を採取します。

自然治癒力がない人が、検査で細胞を採取すればその傷口はどうなるでしょう。

自然治癒力の低い人は、傷口を再生する力もないため、細胞は酸化したままとなり、やがて癌化していくことも・・・

異形成が癌に変化する・・・

検査によって、細胞が傷つけられ癌が出来ていることも考えらえますね・・・

たとえ小さな傷でも、細胞を切り取ることは体にとって大きなダメージを与えています。

とくに子宮頸がんの円錐切除術

初期の子宮がんで円錐切除をした後、進行がんになったと言われる方は少なくないです。

なぜ、子宮がんになったのでしょうか・・・

免疫力が低いからです。

自然治癒力が低いからです。

傷口が癌化するのも理解できますね・・・

そもそもなぜ、免疫力、自然治癒力が低いのでしょうか・・・

栄養が偏っていませんか?

常にストレスを抱えていませんか?

体が冷えていませんか?

化学物質たっぷりの生理用品を使っていませんか?

まずは、自然治癒力が低下した原因知り、取り除く

そして、バランスのよい栄養、体温、明るく前向きな心で免疫力を高めていくことが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

今までの常識が変わった時本当のがん治しが始まる

【すべての常識が変わった時】

本当のガン治しが始まります。

心の持ち方がガンを治す?

少食がガンを治す?

運動してガンを治す?

体を温めてガンを治す?

そんなことでガンが治るわけがない、と思うかもしれません。

それは・・・

『ガンは自分を苦しめる悪い細胞、果てしなく増殖し続ける魔の病

だから少しでも早く、攻撃してやっつけなければならない』

この常識が根底にある以上は、ガンは医者や薬が治してくれるものだと当然思うでしょう。

日本では、ガンが見つかれば100%何らかの治療をすすめられます。

ですが、スウェーデンでは、前立腺ガンの治療は「何もしないこと」だそうです。

肺ガンも同じだそうです。

カナダで、もっとも多い治療法は「何もしない」「無治療が23%」

日本は国際的レベルに比べ、抗ガン剤20倍、手術は17倍も多いそうです。(船瀬俊介氏ご著書より)

日本は他国と比較をしても、ガン治療においては随分と違いがあることに驚きました。

アメリカでは、ガンの半数以上の人が代替療法に取り組み、ガン死亡率も減ってきています。

ガンは人任せでは、治せないということを認識しているでしょうか。

『自分で治す』 ためには、ガンに対する常識を変えていかなくてはなりません。

ガンは血液の汚れであり、これが続けば人間は命を落としてしまいます。

血液の汚れ、体の毒素が溜まった時、命の危険を察知して、汚れを1ヶ所に集め、塊となり知らせてくれるのがガンなのです。

ガンが知らせてくれなければ、一瞬で命を落としていたかもしれないのです。

ガンに感謝ですね・・・

ガンに感謝し、ガンを癒す自分になること

血液の汚れは、ストレス、食事、生活、冷えから起きてきます。

囚われを捨て、心身共にキレイになる。

心豊かに美しく生き生きと輝くガン治し

そんな方を応援しています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

食物繊維で免疫を上げられる?

腸のなかが汚れてませんか?

便秘や下痢は、ガンの原因にもなります。

便秘や下痢が原因で起こるガンは、大腸ガンだけだと思っていませんか?

すべてのガンの原因になると言っても過言ではないくらい腸のキレイ度は重要なことなのです。

なぜなら・・・

腸は免疫システムの中心的存在だからです。

それどころか、腸は膵臓などの臓器もコントロールしているのです。

免疫システムの中心的存在である腸が汚れていれば、免疫に支障をきたしてしまうことは当然のこと

健康でいたければ、腸内をキレイに保つということです。

腸をキレイに保つには、食物繊維の多いものを食べる

食物繊維は、腸内細菌のエサにもなり、腸内細菌の数も増やしてくれます。

食物繊維には、水溶性のものと不水溶性の2種類があり、それぞれに役目が違います。

水溶性の食物繊維は、発酵しやすく、より腸内細菌を増やしてくれます。

水溶性の食物繊維は、納豆、オクラ、山芋などネバネバした食品やゴボウ、海藻類などです。

不水溶性の食物繊維は、消化液で消化されないため、腸のなかのカスや細菌の死骸を繊維に巻き込み、便の量を増やして腸を刺激し、排出を促してくれます。

不溶性の食物繊維は、豆類、きのこ類、野菜、おからなどです。

上手に食物繊維を取り入れ、免疫システムの中心的存在である腸をキレイに保つことは、ガンの大きなメリットになるのではないでしょうか?

また、食物繊維は、腸内をキレイにしてくれるだけでなく、心の問題にも大きく関わっていることがわかっています。

ガンになり、体以上に、心が疲れてしまっている方が多いのが事実ですね。

食物繊維を多く摂る国は、自殺者が少ないという報告もあります。

食物繊維を上手に摂って、心も体もキレイになりたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

玄米を上手に活用するには

もみだけを取り除いた玄米

お米丸ごと玄米は、ビタミン、ミネラル、食物繊維がとても豊富です。

また、玄米にはガンマオリザノールという栄養素も含まれています。

このガンマオリザノールは、抗アレルギー作用、抗酸化作用、抗炎症作用にとても優れています。

その他、血行を良くしたり、コレステロールを抑えてくれる作用もある玄米は食物繊維が多く、血糖値の急激な上昇の心配も少なく、まさに健康食ですね。

生命を維持するための栄養素がぎっしりと詰まっています。

一方、白米は胚芽やぬかを取り除いています。

この胚芽やぬかの中に、ビタミン、ミネラル、食物繊維、たんぱく質、糖質など栄養素がたくさん含まれています。

精米することで、これらの栄養素を根こそぎ取り除いてしまうのですから勿体ないことですね。

これだけを考えると、断然 玄米の方がおススメですね。

しかし、玄米はお米を丸ごと食べる分、農薬の問題もあります。

玄米が体に良いからといっても、農薬をたっぷり浴びたお米を食べていては返って体に悪いこともあります。

また、玄米は消化が非常に悪いといった欠点があります。

玄米菜食をして体調が悪くなる人もいます。

リーキーガット症候群が気になるところではありますね。

慌ただしく食事をする方には向きません。

玄米食は、無農薬栽培であることと、しっかりと噛んで頂くことです。

ゆっくりと食事が出来る週末などに取り入れてみるのもいいかもしれませんね。

ここをクリアすれば、玄米は非常に優れた健康食です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんを自分で・・・・

切れば切るほど悪くなる・・・(福田医師)

「ガンを急速に悪くする筆頭は抗ガン剤です。放射線治療も免疫をガタガタに低下させてしまいます。抗ガン剤や放射線治療、手術、抗生物質、ステロイド、鎮痛剤などをやたらに使わなければ、ガンはちょっとやそっとでは進行しません。」

免疫力を弱める最悪最凶のクスリが、抗ガン剤なのだ。その正体は「生命細胞を殺す猛毒物質」
なのだ。ガン細胞との戦いで、気息奄々としているガン患者に、生命力(免疫力)を徹底的に弱らせる抗ガン剤・・・

(船瀬俊介氏 ご著書より抜粋)

これに気付かれた方から、相談があります。

抗ガン剤をやめたら何をすれば良いのか・・・

悩まれてますね。

免疫力、つまり自然治癒力を上げるだけです。

ですが・・・

その前にまずは、ガンになった原因を取り除くことです。

何か原因があり、免疫が低下し、ガンになったわけです。

その原因がそのままでは、免疫を上げることは出来ません。

ガンは自分で治す病だと気付いたのであれば、なぜガンになったのか、振り返ってみることです。

原因を取り除くということは、正常な体に戻すということ

そして、ガンを自然退縮に向かわせるために、生命エネルギーにスイッチを入れます。

そのスイッチを押すことが出来るのは、本人のみ

自然治癒力は、誰しもが持ち備えています。

その治癒力を生かさずして、ガンをなおすことは出来ません。

自然治癒力へ信念を持ち続けることが、自然退縮への最大の要

「心も持ち方」ひとつです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

子宮の冷えががんを誘う

心臓ガンって聞いたことありますか?

全身にわたり、さまざまな種類のガンがありますが、ガンにならない場所があります。

心臓と脾臓です。

なぜ、心臓はガンにならないのでしょう・・・

心臓は、24時間、365日 絶えず動き続けています。

絶えず動いている心臓は、発熱量は多く、とても温かい臓器です。

脾臓も同じです。

リンパ球などの白血球をつくっていて、温度が高い臓器です。

つまり、温度が高い臓器はガンにならないということです。

逆に、子宮、卵巣、大腸など袋状になった臓器は、内側に細胞が存在しないので、臓器の温度が低くなります。

特に、外に通じる子宮は体温がもっとも下がりやすい臓器

子宮を冷やすと、さまざまな病気を引き起こします。

むくみ、アレルギー、生理不順、生理痛、不妊、膠原病、肝炎、ガン・・・

また、痔も冷えのサインです。

冷えから血液の滞りを表していますね。

子宮を温めるには、毎日の入浴が大事になってきます。

外に通じているからこそ、温めることも可能な子宮

夏場でもシャワーではなく、全身浴、そしてその後、リラックスして半身浴を心がけると子宮の温度は変わってきます。

お風呂に自然塩を入れるとさらに効果的です。

子宮を温めることによって、肝臓、腎臓、胃腸などの血行が良くなり、新陳代謝とともに解毒機能が上がります。

子宮を冷やすと、さまざまな病気が起きるように、子宮を温めると計り知れない効果があります。

子宮を温めると、体全体が温まり、心にも良い影響を与えてくれます。

「子宮で考える」と言われる女性ですから、子宮を大事にして前向きな心をつくりたいですね。

気分が良くなることで、ナチュラルキラー細胞の働きも自然と促進されていきますね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

電子レンジの危険性

どこの家庭にもある電子レンジ

1日何回使ってますか?

1回使うごとに、ガンに近づいているかもしれませんよ

電子レンジは、食品の栄養を壊してしまいます。

電磁波によってビタミン、ミネラル、酵素が失われてしまうのです。

それどろか、食品に使っているサランラップやビニール袋、プラスチック容器からは、恐るべき発ガン物質が発生します。

電子レンジを使うと、その発ガン物質が食品に溶け込むのですから、怖いですね

電子レンジを禁止している国もあるくらいですから、危険なものであることは認識した方がいいですね!

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)