がん治しは発想を変えるところから

日本には130万人を超えるガン患者がいるといわれています。

そのうち半数が、治療への不安、病院への不信でさまよっているそうです。

そのなかには、選択をすることすら知らない人もいます。

ガンなおしには、さまざまな療法があります。

どれを選んでも、なおすのは自分である意思を持つことが絶対的です。

なおらないと言われた人が、なおっているのはなぜでしょう。

余命宣告を受けとき、抗ガン剤や放射線、また手術をする方が良いのか

それとも、体を温め、体に良い食事をし、穏やかな心で過ごす方が良いのか

自分の体は、どちらの選択を好むでしょうか・・・

体を痛めつけてきたから、ガンが出来たのです。

だから、ガンなおしは体が喜ぶことをすることです。

このように発想を変えなければ、何も変わりません。

これが、新たな価値観の構築です。

治療をしても再発転移を繰り返す人がほとんどです。

再発転移を繰り返している方は、本当に不安な時間を過ごされていることと思います。

しかし、今までと同じことを繰り返していては 不安の渦からは抜けられません。

せっかく生きているなら、体が悲鳴をあげることよりも、体が喜ぶことをした方が良いに決まっています。

体が喜ぶことをすることで、人間が本来持ち備えている力を最大限引き出せるのです。

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝くガン治しでありたい

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す