がんを癒す・自然治癒力を活用する

癌が見つかった時、強いストレスを受け、転移と聞かされた時、さらに強いストレスを感じます。


癌は、私たちに人間にとって、死に至る病だと潜在能力にしっかりと刻み込まれているからです。

癌であることを公表した有名人が、抗ガン剤でやせ細り、疲れ切った姿を見ると本当衝撃を受けます。

 

自分もいずれはそうなっていくのか・・・と怖くなり、訃報ともなると、本当に強い恐怖感に襲われます。


このようなストレスが、がんを急激に大きくしてしまいます。


自律神経を乱してしまうストレスは➡体温も下がり➡呼吸も浅くなり➡がんが増殖する環境をつくっていきます。


追いつめられる時に受ける強いストレスは、急激に大量の活性酸素を生みます。

そして、ひと晩で髪の毛も白くなるといわれます。

 

がんもたった1日で、大豆ほどの大きさになることもあると言われており、ストレスは、がん以上に怖いのです。


 しかし、この逆で、囚われ、ストレスから解放されると、がんが一気に退縮することもあります。

どんな人でも、がん細胞は、毎日、数千個から数万個も生まれ続けています。


誰もが持っている癌細胞です。

検査をすれば、癌が発見されるのも不思議ではありません。


 事故などで亡くなり解剖をしてみると、あちこちにがんがあった、というのはよくあることだそうです。



知らずに元気に過ごしており、がんは出たり、退縮したりを繰り返しているのです。


元気な人も、癌があったり、がんがあっても知らないうちに消えている可能性も充分ありますね。

 

癌だと知り、恐れたばかりに悪くなってしまうケースも・・・・

 

癌から鬱や不眠症になる人も・・・・


恐れた分だけ、心と体にストレスを与えます。


がん治しは、恐れを手放すこと、そして、人間には、自然治癒力が備わっています。

治る力を持っているのです。


ただ、その力を活かせれているか、どうかが重要なのです。

 

自然治癒力を活性化するか、しないかは自分次第です。


私もがんになるまでは、病気になれば病院で治してもうのが当たり前と思い込んでいました。


だから、自然治癒力を発揮させることなど、考えてもなかったのです。


しかし、同じように癌になり、病院で手術、抗ガン剤、放射線の治療を受け

亡くなっていった友人や知人をみて、ショックと同時に疑問を感じました。


常識を覆さなければ・・・

 

癌はなおらない・・・


やっと目覚めたのです。

 

自然の摂理、そして頂いた生命の原点はなにか・・・

と考えたとき、自分の体に申し訳ないことをしてきた、と心の底から思うのと同時に自分の体に謝りました。


そして、がんも自分の細胞、身内細胞であることに気付かせて頂きました。
 

気付いたことで、生き方が変わりました。

 

自らが持つ自然治癒力をしっかりと活かして頂きたいと願っています。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った            女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す