早寝・早起き、太陽に合わせた生き方でがんをなおす

早寝早起をきをしてるでしょうか??

週末の夜は遅くなったりしませんか??

私たちの細胞は→夜の間につくられ→修復します。

夜の10時~3時です。

眠っている時間に細胞は活動し、免疫細胞を強化していくのもこの時間

そして、がん細胞が修復されるのもこの時間です。

健康な細胞をつくるためには、この時間は寝ていることが大切なのです。

質の良い睡眠は免疫力を上げてくれます。

睡眠は最高のリラックスタイム

そして、朝は早起きを心がけます。

朝陽とともに活動を始め、昼間はしっかり働き、夜はしっかり休む、このバランスが健全な免疫をつくります。

体をリラックスさせ副交感神経を働かせることは、免疫アップには非常に重要なことなのですが、リラックス状態が必要以上に長くなると、副交感神経が優位になり過ぎてしまい、免疫低下の問題が発生してしまいます。

自律神経のバランスが重要です。

そのためには→朝は早起きをし→交感神経にスイッチを入れます。

私は朝陽を浴び、拝むことでスイッチをいれています。

自然界のなかで生命を営む人間は、太陽に合わせて生活することが健康の秘訣

だから、朝陽が昇る前には起き、日暮れとともに活動を沈静していく

太陽が昇っている時間に交感神経を働かせます。

そして、太陽が沈む時間は副交感神経に切り替わる生き方が自然体です。

がんは不自然な生き方がつくった病です。

お仕事などで難しいかもしれませんが、夜は出来るだけ早く休むことを心掛けて、朝型の生活を実践することが大切です。

寒い季節は、交感神経の緊張が強くなりがちなので、入浴でリラックスする時間やお布団でリラックスする時間を今まで以上に大切にすると、リラックスタイムにリンパ球が増え、免疫を上げてくれます。

がん細胞を攻撃してくれているNK細胞を増やすには睡眠の時間と質がポイントになります。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す