がんをなおす秘訣は夫婦仲良く

がん治しが順調に進まない人は、何らかのストレスを抱えています。
 

40代から50代、女性のストレスの原因は、夫婦間の悩みがとても多いようです。


 癌になって不安で寂しくてたまらない

それなのに夫に言えずひとりで苦しんでいる人

癌になって不安からイライラが・・・

その結果、夫に対して当たってしまう人


癌になって気持ちがふさぎ、家庭内が暗くなり会話がなくなってしまった人

 

上手く出来ない夫婦関係

とても大きなストレスになっているようです。

 

心の寂しさが癌をつくった

であれば、寂しさから脱出することです。

夫婦関係の不満が癌をつくったのなら、不満から脱出することです。

癌を克服した多くの人は、パートナーの思いがとても強い力になっていることを感じます。

夫婦関係が良い人は、夫婦関係が悪い人に比べ、回復スピードは4割も増すという報告もありますので、愛情に勝るものはないということですね。

しかし癌になると➡意味もなく孤独感が襲ってます。

経験した人は多いのではないでしょうか・・・

私も強い孤独感を経験した一人です。

家族がそばにいてくれて、一生懸命支えてくれても、孤独感が襲ってきます。

つらく家族に当たってしまった私です。

それでも家族は私を見捨てることはありませんでした。

それどころかいつも笑って、私の癌に手を当て、ありがとうを言い続けてくれました。

そして自分が変わろうと決心しました。

夫婦は常に自分を映し出す合わせ鏡、そして自分が変われば、相手も変わります。

自分が笑えば、相手も笑い、自分が幸せなら、相手も幸せになります。

それと同じように、自分が不満なら、相手も不満です。

自分が寂しければ、相手も寂しいのです。

常に夫婦は向き合い、自分を映し出しているようですね。

愛と感謝の心、

そして言霊が、がん治しの大きな力になるのです。

 がん治し➡生き方なおし

夫婦円満で癌が治るスピードが速まるなら

実践してみる価値は充分ありますね。

 常に相手は自分を映し出してる存在であることを意識してみると、自分が変わるしかないと感じます。

 自分が変わる

 自分が変われば➡相手も変わる

この連鎖が愛と感謝に満ち溢れた環境をつくります。

癌を治す秘訣は、愛と感謝の心で日々過ごすことです。

夫婦関係が良い家庭は➡明るく良い氣が流れています。

家庭の悩み、ストレスが右の乳がんをつくります。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った                                                 女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0869-92-4631 
(岡山県和気郡和気町)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す